人によっては仕事の影響で昼夜逆転の生活をしている人もいるかもしれませんが、基本的には体の健康を考えるのであれば規則正しい生活が求められます。

しかし、規則正しい生活を心がけていても時には時間が狂ってしまうような事がありますよね。

例えば、土日が休みだとするならば、金曜日にお酒を飲んで土日は昼まで寝てしまい、夜通常の時間に眠気が来ずに結局朝を迎えてしまったという事もあるでしょう。

また、寝る前にスマホなどを延々いじってしまってなかなか規則正しい時間に睡眠に就くことが出来なかったりするなど、今の時代は私たちの時間を狂わせてしまうような誘惑がたくさんあります。

なので、結局睡眠時間がくるってしまったまま朝を迎えてしまい、眠気が覚めないまま仕事場に向かう事などもしばしばあると思います。

時にはアラーム設定をしても起きられないような事を経験した人も多いのではないでしょうか。

そこで、どうしても朝が弱い人や、生活習慣が狂いがちという人に向けて、今回はおすすめの起床方法をテーマにして、アラームが鳴っても起きられない人に実践してほしい方法をご紹介していきます。

️アラームをつけても起きられない…

これまでの人生でアラームが鳴っても起きられなかったという経験をしたことがある人は意外と多いのではないでしょうか。

それには様々な理由が考えられますが、睡眠時間が足りていないことから体が起床する準備ができておらず、アラームに気づかないで深い眠りのままその時間を迎えてしまい起きられないのかもしれません。

または、朝目覚めること自体が得意ではないということや、アラーム自体があまり高性能ではなく音も小さくて気づくことができないといった理由が挙げられると思います。

基本的にはアラームが鳴れば目覚めることが出来る人が多いのですが、あまり音に敏感ではなくアラームの音に気づくことなく寝坊してしまう人もいるでしょう。

アラームで起きることができなければ非常に困ったことになってしまいますよね。

おそらくアラームをセットするという事は何かしら予定が入っているということです。

それが仕事だとしたなら、会社が定めている時間までに出社しなければいけないはずですよね。

時間に間に合わないと遅刻扱いになってしまい、意識が低い人間であると判断されてしまいます。

そもそも会社に遅刻をしてしまう事自体許されないことで、自分を不幸に陥れてしまう行為なので、誰もが必ずアラームをセットして会社に遅刻しないように気を付けているはずです。

起きるためには対策が必要


人はそもそも仕事をするために生きている生き物ではありません。

今の時代は決められた時間に仕事を行ってその対価として賃金をもらい、そのお金を使って生活をしていますが、大昔はそうではありませんでしたよね。

昔は仕事といえば農業などの生きるための自給自足の生活であったり、食べる為の狩りなどを行う事が仕事だったので、今私たちが生きている世界の方が少し特殊であると判断することが出来ます。

もちろんある程度の生活サイクルなどは繰り返し行えば決まりますが、それでも正確に何時には会社にいて~というような細かい決まりを守れるほど精密な体ではないはずです。

だとするならば、起きるためにある程度の工夫を行う事は当然の話ですし、工夫を行うのはむしろ必然であると考えることが出来ますよね。

だからこそ、起きるための工夫は行わないといけない事なので、今のアラームで起きれないならもう少し工夫を行う必要があるのかもしれません。

️アラームがなっても起きれないあなたの9個の起き方

人によってはとても音の大きいアラームの目覚ましを購入しても、それでも起きるのが辛く毎日眠い目をこすりながら活動を始めていると言う人もたくさんいると思います。

その様な人は物理的なものではなく、人間本来が持っている自然の性質について目を向けていただく必要があるかもしれません。

確かに物理的に起きようと思えばいくらでも工夫ができるのですが、それでは体のことを考えた時に楽に感じることはないと思います。

言ってみれば強制的に起きる状態を作っているだけであり、体が自然な眠りから覚めている状態にはなっていないので、朝起きるのが辛い原因の一つになっていると考えることができますよね。

なのでここからは、どのようにすれば朝気持ちよく目覚めることができるのかという起床方法のおすすめについてご紹介をしていきたいと思います。

悩んでいる人は今日から実践してみてください。

スヌーズ機能を使わない

あえてスヌーズ機能を使わない方法もおすすめです。

目覚まし時計やスマホにはスヌーズ機能というものがあり、英語でスヌーズと言う言葉は居眠りという意味を表しています。

この機能を使えば、目覚まし時計で一旦アラームを止めてもしばらくして再びなり出し、二度寝してしまっても寝坊を防ぐことができるというわけです。

利用している人もたくさんいると思いますが、スヌーズ機能は起きる上で非常に便利なのでどうしてスヌーズ機能がダメなの?と疑問に思うかもしれません。

その理由としては、スヌーズ機能を使ってしまうと目覚ましで起きて、また寝て…ということを何度も繰り返してしまう可能性があるからです。

おそらくスヌーズ機能を日常的に利用している人はこの現象に心当たりがあるのではないでしょうか?

言ってみればこの機能を使うということは、はじめに鳴るアラームで起きなくても大丈夫という前提のもとでスヌーズ機能を使っているのです。

当然ながら二度寝することや三度寝ですることを前提として考えて行動していると判断することができます。

つまり本当に意思が強い人であれば1回の目覚ましできちんと起きれます。

スヌーズ機能をつけているということ自体が、自分に言い訳をして何度も起きて寝てを繰り返すことを認めてしまっていると言うことに他なりません。

なので、自分を変えたいと思うのであればスヌーズ機能は今後利用しない方がいいかもしれません。

そうすることで、このアラームで起きなければ寝坊してしまうという危機感を持つことができ、二度寝を防ぐことができるでしょう。

寝る環境を整える

次におすすめする起床方法は、寝る環境を整えるということです。

まず考えていただきたいのは、どうしてスムーズに起きることができないのかという根本的な問題です。

もちろんたくさんの原因が考えられますが、一番大きな理由としてはやはり睡眠が不足していると考えることができます。

夜更かしをしたり、夜中に何度も目が覚めてしまったりして、睡眠時間が短くなっているから朝起きられないと言う人もたくさんいるはずです。

なのでその点を考慮するとまずはどうやって起きれば良いのかと言うことではなく、どうやって十分な睡眠時間を確保するかということを考えることが大切ですよね。

では、快適に眠る上で欠かせない事をといえば、やはり睡眠環境です。

特に寝る環境を整えることはとても大事な事です。

例えば、睡眠のために寝る前にはスマホをいじらないようにしたり、枕の高さがあっていないならば合わせる、お風呂に入るのは睡眠導入前の1時間以上前にする、など良質な睡眠のためにできることはたくさんあります。

朝目覚めよく起きたいのであれば、どうすれば良い眠りにつくことができるのか、睡眠環境に何が足りないのか考えてみてください。

寝る前はリラックスを意識する

次におすすめする起床方法は寝る前はリラックスを意識することです。

これは先ほどご紹介したように、朝快適に起きるのであれば必ず寝る準備をしなければいけないと言うことにつながりますが、その大事な要素のひとつとして、寝る前はリラックスを意識する事が大切であるといえます。

人は眠るときには体がリラックスしている状態になければいけません。

緊張状態にある時は眠気なんか感じるわけがありませんよね。

学校の授業などでも食事をして午後一番の授業は眠たくなりますが、運動する体育の時間に眠くなったりはしないですし、びっくりするようなことが突然起きれば眠気は覚めますよね。

これは体がリラックスしていると副交感神経が働き、緊張状態や活動している時には交感神経は働くからという理由に起因しています。

そのため、眠るときには必ず副交感神経が優位になっている状況でなければいけません。

なので、寝る時にはいかにリラックスできるかが質の良い睡眠をとれるかという事に繋がるのです。

朝起きられない人は、寝る前にリラックスできるように意識する事で気持ちの良い目覚めになる可能性が高まります。

スマホパソコンの画面は見ない

リラックスを意識する上で必要な事として、スマホやパソコンの画面を見ることはやめましょう。

画面を見ていると必ずライトの光で覚醒状態になってしまいます。

人によってはスマホを持っていないと落ち着かないと言うような若干依存症気味になってる人もいますが、どこかで区切りをつけなければ延々とそれが癖になってしまい、止められなくなってしまいます。

そのため、寝る前くらいは自分の手の届かないところにスマホを置いてみてください。

そうすれば、スマホをいじる可能性を低くすることも出来ますし、朝起きた時に布団から出なければアラームを止めることができない状況にすることが出来ます。

そうするとアラームを止める為に歩くという作業を生み出すことができるので、より朝目覚めることができる可能性を高くなります。

カフェインとアルコールはとらない

リラックスしたいのであれば、寝る前にカフェインとアルコールをとるのはやめましょう。

人によってはカフェインの影響を受けない人もいますが、一般的には寝る前にカフェインを摂ると脳が覚醒して眠りを妨げると言われています。

質の良い睡眠のためには、夕方以降にカフェインを摂取するのはやめた方がいいかもしれませんね。

そして、アルコールに関しては飲んだ方がすぐに寝ることができると思っている人もいるかもしれません。

ですが、実際はアルコールを摂取した上で眠ることは、質の良い睡眠の妨げになってしまうのです。

アルコールを飲むことによって体の血液の流れが良くなり、心臓がドキドキし始めますので逆にリラックスとは反対の状況になってしまいます。

日常的にアルコールを摂取しなければ眠ることができない人もいるかもしれませんが、もし朝目覚め良く起きたいのであれば、できるだけアルコールは飲まない方がいいでしょう。

今まで行なってきた生活習慣をいきなり変えると言うのはとてもストレスがかかることかもしれません。

ですが、いつまでたっても行動できないのであれば改善のしようがありませんので、これを機に少しずつ実践してみてくださいね。

音楽やアロマでリラックス

リラックスをするのであれば音楽やアロマを使うこともおすすめです。

動画投稿サイトなどでもリラックスBGMとして音楽がアップロードされていますので、癒しのBGMを流してみましょう。

歌詞があるものだとつい口ずさんでしまいやすいので、歌詞がない音楽だけでのものをチョイスするようにしてください。

アロマに関しては、ラベンダー、ローズ、オレンジ、クラリセージなどのアロマオイルがお勧めです。

お風呂にアロマオイルを数滴たらしてみてもいいですし、お風呂上りにオイルでマッサージするのもリラックスできるでしょう。

自分の好きな香りを見つけて夜のリラックスタイムを楽しみましょう。

タイマーで暖房をセットする

これは暑い夏であれば必要ありませんが、冬の場合は寒さで体が活動するまでに時間がかかってしまいます。

人間の体は暖かい状態から温度が低下する時に眠りにつくといわれているので、逆に一定の温度があった方が活動しやすくなります。

寒い冬は布団から出たくなくなりますので、起きた時には温かい部屋の状態を作り上げることがおすすめです。

寝る前にタイマーで暖房をセットしておけば、起きる時の負担が減りますよ。

「◯時に起きる」と唱える

「◯時に起きる」と唱える方法もおすすめです。

これは心理的な部分になりますが、起きる時間を唱える事によって◯時に起きるという事を脳により深く認識させることが出来ます。

人は精神的な力を大きく受ける生き物なので、高い意識を持ちたい時には起きる時間を唱えて絶対に起きるという強い意志を持ちましょう。

美味しい朝ごはんを用意する

美味しい朝ごはんを用意するという方法もおすすめです。

美味しい朝ごはんが用意されていれば、それが楽しみの一つになるので朝起きる事に対しての苦痛が和らぎます。

何の楽しみもないのに眠たい目をこすりながら起きるのはどうしても苦痛に感じるでしょう。

そのため、何かしら一つ楽しみを設定することによって朝起きることを楽しみにするのです。

例えば、前日に美味しいと評判のパン屋さんで朝食を買っておいたり、好きなフルーツを用意しておくのもいいでしょう。

朝食に大好物を用意しておけば、気持ちよくベッドから起き上がれるのではないでしょうか。

早めに寝る

結局朝快適に起きるためには十分睡眠をとっている状況であれば自然と目が覚める様になります。

十分睡眠をとれば体が活動を始めようと自然のサイクルで目が覚める様になっていますので、早く寝る事で朝快適に起きられるのです。

そのためには早く寝るための工夫をしたり、何時間睡眠をとりたいのかを考えて、意識的に早く寝るようにしましょう。

早起きの理由をつくる

次におすすめする起床方法は早起きの理由をつくるということです。

朝早く起きるためには結局は自分の気持ちが重要になります。

強い気持ちがあれば、多少眠くてもそれを凌駕する楽しみや理由さえあれば起きられるようになるものです。

朝早起きをしなければいけない理由を設定する事で、精神的な面で起きなければいけないという意識を高めることが出来ます。

例えば、カフェで朝食をしてから出社する、30分早く起きて趣味の時間に充てる、健康のために軽くランニングや散歩をするなど、前日に朝起きてやりたいことを決めてから寝るようにしましょう。

忙しくてやりたいことをする時間がない人も、朝活動することによって自分の好きなことに使える時間が多くなります。

そんな理由から朝活をする人も増えているのです。

自分なりに朝早起きしなければいけない理由を作ることで、毎日気持ちの部分から変えていけば朝苦労せずに起きられるようになりますよ。

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることによって私たち人間の体にはセロトニン神経を活性化させるスイッチが入ります。

太陽の光を浴びる時間は5分程度で構いませんので、朝起きた時に太陽の光を浴びるように自分なりに時間を作ると、より目が覚めて行動的になることができますよ。

️おすすめ目覚まし商品

ここまでは朝起きられない方におすすめの起床方法についていくつかご紹介しました。

こうして考えてみると朝快適に起きるためにはたくさんの工夫できることがありましたね。

どうしても朝起きられずに悩んでいる人は、今回ご紹介した内容を実践できる範囲内ですぐに試してみてください。

しかしどうしても体が疲れてしまっていて起きられないということがあるかもしれません。

そんな時にはこれからご紹介するおすすめの目覚まし商品を使ってみてください。

あくまで先ほどまでにご紹介した内容は起きやすくするための方法でしかありません。

結局一番強力な方法は物理的に起こすことなので、目覚まし商品が一番のポイントになります。

inti4s

まずはじめにご紹介するおすすめの目覚まし商品はinti4sです。

inti4sは普通の目覚まし時計ではなく、より「起きやすく」するために特化した目覚まし時計となっています。

どこが違うのかといいますと、先ほど光が目覚めに良いという事はご紹介しましたが、inti4sは光目覚まし時計と呼ばれていて、光を発してくれるという機能が備わっています。

先ほどお伝えしたセロトニンを効果的に生成してくれる目覚まし時計となっていますので、起きた時に光が目に入るようにすれば自然と起きやすくする効果があるのです。

明るさも安価なものに比べてきちんと朝起きるための必要な光の基準量を満たしているので、太陽と同等の光の強さとなっています。

価格は税込み「29,916円」とある程度高額となっていますが、こちらの商品は満足いただけない場合は一定条件を満たせば全額返金となっています。

なので初めて購入する方でも安心して購入することが出来、フジテレビなどの始めとしたメディアや番組で紹介されていますので、信頼性は抜群の商品ですよ。

https://item.rakuten.co.jp/moonmoon/inti-sq-02/

シェイクン・ウェイク

次にご紹介するおすすめの目覚まし商品はシェイクン・ウェイクです。

シェイクン・ウェイクは振動目覚ましという新しい起床方法を提案してくれる商品です。

一見するとただの腕時計のような見た目となっていますが、腕に巻き付けておく事で振動で起こしてくれます。

アラームではいため、他人を巻き込まずに済みますし、きちんと振動で起きることが出来ますので、耳が遠い方や迷惑をかけたくない人には安心の商品です。

持ち運びなども簡単に出来ますし、腕を占め付きすぎないので睡眠の邪魔にもなりません。

価格は税込「4,060円」となっています。

https://item.rakuten.co.jp/sky-group/125-1-t/

ベルマンアラームクロック

次にご紹介するおすすめの目覚まし商品はベルマンアラームクロックです。

ベルマンアラームクロックは正確な時間を強力な音と振動で知らせてくれるデジタル式目覚まし時計となっています。

実際に購入された高齢者の方の口コミでも、耳が聞こえなくても協力な振動で起きることができるので助かるとの声が多数あるほど強力な振動で起こしてくれます。

口コミを見る限りでは音よりも振動を中心に評価されている商品なので、音だけでは物足りないという方には強力な振動付きのベルマンアラームクロックがおすすめです。

価格は税込「15,400円」と安くはありませんが、効果は折り紙付きですので、朝起きられないと悩んでいる人には強力なパートナーとしておすすめです。

https://item.rakuten.co.jp/nayami-kaiketu/j1127g1/

逃げる目覚まし時計

次にも紹介するおすすめの目覚まし商品は逃げる目覚まし時計です。

逃げる目覚まし時計とは、その名前の通り逃げながら起こしてくれる目覚まし時計なのです。

時間が来れば音を発しながら目覚まし時計についた車輪を使って逃げ回りながら音を発してくれますので、それを追いかけることで目を覚ましてくれる効果があります。

素晴らしい点として、ただまっすぐに逃げ回るのではなく、左右に曲がったり、急に回転したりと不規則な動きを伴う事によってこちらも集中しないと捕まえられないようになっているので、より目が覚めやすい効果があるのです。

️これでアラームが鳴ったらスッと目覚められる!

今回は朝起きられない人に朝起きやすくするための方法や、おすすめの商品についてご紹介していきました。

誰にでも朝起きるのがどうしても辛い時は必ずあります。

飲み会や久々に友達と集まった時などは時間を忘れて過ごしたい時もあるでしょう。

夜更かししてしまうのは時にはしょうがないと割り切り、いかに朝起きやすくするかという事を重点に置いて考える事が大切です。

いつも朝起きられなくて困っている人は、今回ご紹介した内容を踏まえて自分なりに出来る事からはじめてみてください。