私たち人間は活動をする時間はある程度決まっています。

例えば、日が出ている時には活動し、日が沈むと家に帰り睡眠をとって休息を迎える。

これは昔からわかっている事であり、ごくごく当たり前のことでもありますよね。

子どもの頃からこの習慣を続けているので、これが一般的な生活サイクルであると誰もが認識していますし、人間の体もそう感じるように体内時計なども存在しています。

人によっては仕事の影響で昼夜逆転の生活をしている人もいるかもしれませんが、基本的には体の健康を考えるのであれば規則正しい生活は求められます。

しかし、規則正しい生活を心がけていても時には時間が狂ってしまうような事がありますよね。

例えば、土日が休みだとするならば、金曜日にお酒を飲んで土日は昼まで寝てしまい、夜通常の時間に眠気が来ずに結局朝を迎えてしまったという事であったり、寝る前にスマホなどを延々いじってしまってなかなか規則正しい時間に睡眠に就くことが出来なかったりするなど、今の時代は私たちの時間を狂わせてしまうような誘惑はたくさんあります。

なので、結局睡眠時間がくるってしまったまま朝を迎えてしまい、眠気が覚めないまま仕事場に向かう事などもしばしばあると思います。

しかし、時にはアラーム設定をしても起きられないような事がある場面を経験した方も多いと思います。

どうしても朝が弱いという方や、生活習慣が狂いがちという方に向けて、今回はおすすめの起床方法をテーマにして、アラームが鳴っても起きられないような人に向けた起床方法をご紹介していきます。

️アラームをつけても起きられない…

これまでの人生でアラームが鳴っても起きられなかった様な経験をしたことがある方は必ずいらっしゃると思います。

アラームが鳴っても起きられない場合は様々な理由が考えられますが、一般的にはそもそも睡眠時間が足りていないことから体が起床する準備ができておらず、アラームに気づかないで深い眠りのままその時間を迎えてしまい起きられないという場合や、そもそも自分自身の気持ちが足りておらず朝目覚めること自体がそこまで得意ではないということや、アラーム自体があまり高性能ではなく音も小さくてそもそも気づくことができないと言うことなどが挙げられると思います。

基本的にはアラームが鳴ればある程度目覚めることが出来る方が多いのですが、人によってはあまり音に敏感ではなくアラームの音自体に気づくことなく時間が過ぎ去ってしまうという方はたくさんいると思います。

アラームで起きることができなければ非常に困ったことになってしまいますよね。

おそらくアラームをセットするという事は何かしら予定が入っているということであり、一般的に多いのは自分自身が携わっている仕事に関係することだと思います。

世の中に存在している大多数の方が会社員として会社に所属して仕事を行っていると思いますので、会社が定めている終了時間までに出社しなければいけないはずですよね。

時間に間に合わないと遅刻扱いになってしまい、意識が低い人間であると判断されてしまいます。

時には遅刻をしてしまったがためにあり得ないほど不憫な思いをしてしまう事などもあります。

そもそも会社に遅刻をしてしまう事自体は許されない行為なので、自分を不幸に陥れてしまう行為なので、みんな必ずアラームをセットして会社に遅刻しないように気を付けているはずです。

起きるためには対策が必要


会社に遅刻しないために決まった時間に起きる必要がある方が大多数だと思いますが、そもそも人が起きるためには何かしらの対策が必要です。

なぜならば、人間はそもそも仕事をするために生きている生き物ではありません。

今の時代は決められた時間に仕事を行ってその対価として賃金をもらってお金をもらい、そのお金を使って生活をしていますが大昔はそうではありませんでしたよね。

昔は仕事といえば農業などの生きるための自給自足などの生活であったり、食べる為の狩りなどを行う事が仕事だったので、今私たちが生きている世界の方が少し特殊であると判断することが出来ます。

もちろんある程度の生活サイクルなどは繰り返し行えば決まりますが、それでも正確に何時には会社にいて~というような細かい決まりを守れるほど精密な身体ではないはずです。

だとするならば、起きるためにある程度の工夫を行う事は当然の話ですし、工夫を行うのはむしろ必然であると考えることが出来ますよね。

だからこそ、起きるための工夫は行わないといけない事なので、今のアラームで起きれないならもう少し工夫を行う必要があると認識しなければいけません。

️アラームがなっても起きれないあなたの10個の起き方

規則正しい時間に起きるためにはある程度工夫をしなければいけないということをご紹介しました。

工夫をしなければいけないということは理解いただけたと思いますので人それぞれ自分なりにどうすれば工夫できるのかということを考えると思いますが、どうしても人によっては起きるための工夫の方法が思いつかないという方もいると思います。

また、人によってはとても大きいアラームの目覚ましを購入してもそれでも起きるのが辛く毎日眠い目をこすりながら活動を始めていると言う方もたくさんいると思います。

その様な形にとってはもっと物理的なものではなく人間本来が持っている自然の性質についても目を向けていただく必要があるかもしれません。

確かに物理的に起きようと思えばいくらでも工夫ができるのですが、それでは体自体の楽さを考えた時にあまり楽に感じることはないと思います。

言ってみれば強制的に起きる状態を作っているだけであり、身体が自然な眠りから覚めている状態にはなっていないので、朝起きるのが辛い原因の一つになっていると考えることができますよね。

なのでここからはどの様にすれば朝気持ちよく目覚めることができるのかという起床方法のおすすめについてご紹介をしていきたいと思います。

毎日大きなアラームをセットしていたを毎回寝過ごしてしまったり、朝気持ちよく起きることはできなくて悩んでしまっているという方にはお勧めの方法ばかりですので、悩んでいる方は今日からいますぐ実践してみてください。

いつまでたってもやらない、行動しないでは改善するものもしませんので、やるならすぐに実践してみてくださいね。

寝る前に一杯の水を飲む


まずはじめにご紹介するアラームが鳴っても起きられないあなたにおすすめする起床方法は寝る前に一杯の水を飲むという事です。

どうして夜寝る前に一杯の水を飲むことで朝起きられる様になるのかといいますと、理由としては単純にトイレに行きたくなるからという理由につながります。

かなり単純な理由で驚いている方もいるかもしれませんね。

もちろん水を飲む際は必ず気をつけていただきたいのは水を飲みすぎてしまうと逆効果になってしまうということです。

なぜ逆効果になるのかといいますと、水をあまりにも飲み過ぎてしまうと逆に夜中にトイレに行きたくなってしまい目覚めてしまう可能性が高くなるからです。

逆に目覚めるようになってしまうと逆効果なので、かならず飲みすぎには注意してコップ一杯程度くらいにしておきましょう。

なので寝る前にやることをまとめるとまずはトイレ行った後に飲み物を飲んでいただいて、飲む量としてはコップ一杯かもしくは二杯程度まで。

たったこれだけです。

本来人間は寝ている時にコップ一杯から二杯程度の汗をかいていますので、量にすると大体200~400ml程度となります。

なので、寝る前に水分を取るという事は美容効果としても良い効果がありますので、美容効果と目覚めの効果を意識して生活習慣の中に取り組んでみてください。

スヌーズ機能をつけない

次にご紹介するアラームが鳴っても起きられないあなたにおすすめする起床方法はスヌーズ機能をつけないということです。

そもそも人によってはスヌーズ機能がないどういう意味なのかわからないという方もいるかもしれませんね。

目覚まし時計のスヌーズ機能とは、実は英語でスヌーズと言う言葉が居眠りという意味を表しており目覚まし時計で一旦アラームを止めてもしばらくして再びなり出す機能のことをスヌーズ機能と表現しています。

利用している方もたくさんいると思いますが、スヌーズ機能は起きる上で非常に便利なのでどうしてスヌーズ機能がダメなの?と疑問に思う方もたくさんいると思います。

しかし、きちんとした理由が存在しており、スヌーズ機能を使ってしまうとだらだらと起きて寝て…を繰り返してしまう可能性があるからです。

おそらくスヌーズ機能を日常的に利用している方はこの現象に心当たりはあるのではないでしょうか?
恐らくスヌーズ機能を利用している方ほど毎回スヌーズ機能で起きて寝てを繰り返していると思います。

そもそもスヌーズ機能を根本的に考えてみるとスヌーズ機能を使っている方は意志が弱いかたが多いのです。

言ってみれば初めに鳴てしまうアラームで起きることはないという前提のもとでスヌーズ機能を使っているので、 当然ながら二度寝することや三度寝ですることを前提として考えて行動していると判断することができます。

つまり本当に意思が強い方であれば1回の目覚ましできちんと起きれますし、スヌーズ機能をつけているということ自体が自分に言い訳をして何度も起きて寝てを繰り返すことを認めてしまっていると言うことに他なりません。

なので、自分を変えたいと思うのであればスヌーズ機能は今後利用しない様にしてください。

寝る環境を整える

次にご紹介するアラームが鳴っても起きられないあなたにおすすめする起床方法は寝る環境を整えるということです。

まず考えていただきたいのはどうしてスムーズに起きることができないのかという根本的な問題です。

なぜスムーズに起きることができないのかということを考えた時に、もちろんたくさんの原因が考えられますが一番大きな理由としてはやはり睡眠が不足していると考えることができます。

そもそも睡眠時間を短くしているから朝起きられないと言う方もたくさん存在しているはずです。

なのでその点を考慮するとまずはどうやって起きれば良いのかと言うことではなく、どうやってたくさんの時間十分に睡眠時間を確保するかということも考えることが大切ですよね。

では、快適に眠る上で欠かせない事をといえば、やはり睡眠環境です。

特に寝る環境を整えることはとても大事な事です。

例えば、有名な話としては寝る前にスマートフォンをいじりっぱなしにしていると目がライトの刺激でさえてきて眠気が無くなってしまうという事は有名な話ですので、スマートフォンをいじらないようにしたりだとか、枕の高さがあっていないならば合わせる、お風呂に入るのは睡眠導入前の1時間以上前にする、など細かい項目がたくさんあります。

ゆっくりと睡眠時間を確保する寝る環境を整えるして朝起きられないというのは言ってみれば全くもっておかしな話です。

朝目覚めよく置きたいのであれば、どうすればよい睡眠時間が導入できるか睡眠環境に何が足りないのか考えて行動してください。

寝る前はリラックスを意識する

次にご紹介するアラームが鳴っても起きられないあなたにおすすめする起床方法は寝る前はリラックスを意識するです。

これは先ほどご紹介したように、朝快適に起きるのであれば必ず寝る準備をしなければいけないと言うことにつながりますが、その大事な要素のひとつとして、寝る前はリラックスを意識する事が大切であるといえます。

人間は睡眠を行う時には当然体がリラックスしている状態になければいけません。

例えば、緊張状態にある時は眠気なんか感じるわけがありませんよね。

学校の授業などでも食事をして午後一番の授業は眠たくなりますが、運動する体育の時間に眠くなりはしないですし、びっくりするようなことが突然起きれば眠気は冷めますよね。

これは体がリラックスしていると副交感神経が働き、緊張状態や活動している時には交感神経は働くからという理由に起因しています。

簡単に言えば、交感神経は興奮するとき、副交感神経はリラックスと考えることが出来、眠るときには必ず副交感神経は優位になっている状況でなければいけません。

なので、寝る時にはいかにリラックスできるかが質の良い睡眠をとれるかという事に繋がるのです。

なので、寝る前にリラックスできるように意識する事は朝起きられない方が実践する事で気持ちの良い目覚めになる可能性が高まります。

画面は見ない

リラックスを意識する上で必要な事として、先ほどご紹介したようにスマートフォンなどの画面を見ることは絶対にやめてください。

画面を見ていると必ずライトの光で覚醒状態になってしまいます。

またスマートフォンのみに限らず寝る前にパソコンをいじってしまったりゲームをしてしまったりということは必ず行わない様にする必要があります。

人によってはスマートフォンなどを胸に手に持っていないと落ち着かないと言う様な若干依存症気味になってる様な人もいますが、どこかで区切りをつけなければ延々とそれが癖になってしまい、止められなくなってしまいます。

なので、寝る前くらいは自分の手の届かないところにスマートフォンを置いたりすることによって、スマートフォンをいじる可能性を低くすることも出来ますし、朝起きた時にある程度一定の距離を歩かなければアラームを止めることができない状況にすることが出来ます。

そうすると自然とアラームを止める為に歩いて止めに行くという作業を生み出すことができるので、より朝目覚めることができる可能性を高めることができます。

なのでちょっとした工夫を自分なりに生み出すことによって様々な場面で朝起きられる様に工夫することができると考えることができます。

カフェインとアルコールはとらない

リラックスしたいのであれば必ず注意していただきたい点が存在しており、そもそもカフェインとアルコールは絶対に取らない様にしてください。

なぜカフェインとアルコールを摂取してはいけないのかと考えた時にカフェインについてはある程度たくさんの方も知っていると思いますがカフェインは眠気とは逆の作用を促す効果を持っており、眠い時に飲むと眠気を妨げてくれる効果を持っていますので体を休める時には絶対に飲んではいけない成分と考えることができます。

人によってはアルコールを飲んだ方がすぐに寝ることができると思っている方がいるかもしれませんがアルコールを摂取した上で睡眠を行ってしまいますと、質の良い睡眠をとることができなくなってしまいます。

アルコールを飲むことによって体の血液の流れが良くなり心臓がドキドキし始めますので逆にリラックスとは反対の状況になってしまいます。

日常的にアルコールを摂取しなければ眠ることができない方は必ず今後はアルコール摂取しないで眠りにつける様に練習する必要性があります。

今まで行なってきた生活習慣をいきなり帰ると言うのはとてもストレスがかかることかもしれませんが、いつまでたっても行動できないのであれば改善のしようがありませんので、気づいた時に必ずすぐに実践する様にしてください。

音楽やアロマでリラックス

リラックスをするのであれば音楽やアロマを使うこともおすすめです。

音楽やアロマに関してはリラックスをする上で効果的な方法として知られており、
音楽に関しては動画投稿サイトなどでもリラックスBGMとして音楽がアップロードされていますので癒しのBGMなどを流しながら眠りにつくこともおすすめできます。

出来れば歌詞がないものがお勧めであり、歌詞があるものだとつい口ずさんでしまいやすいので、歌詞がない音楽だけでのものをチョイスするようにしてください。

アロマに関してはアロマオイルがおすすめで、ラベンダー、ローズ、オレンジ、クラリセージなどがお勧めですが、基本的にはどれも癒しの効果が備わっていますので、自分が好きな物をチョイスすれば問題はありません。

タイマーで暖房をセットする

次にご紹介するアラームが鳴っても起きられないあなたにおすすめする起床方法はタイマーで暖房をセットするという事です。

これは暑い夏であれば必要ないかもしれませんが、寒い冬の場合は寒さで体が活動するまでに時間がかかってしまいます。

人間の体は体が暖かい状態から温度が低下する時に眠りにつくといわれているので、逆に活動するには一定の温度があった方が活動しやすくなります。

寒い冬は布団から出たくなくなりますので、起きた時には温かい部屋の状態を作り上げることがおすすめなので、タイマーで暖房をセットするように工夫すれば行動しやすくなり、起きる時の負担が減りますよ。

「◯時に起きる」と心で唱える

次にご紹介するアラームが鳴っても起きられないあなたにおすすめする起床方法は「◯時に起きる」と心で唱える方法です。

これは心理的な部分になりますが、自分自身が心から起きる時間を唱える事によって精神的に◯時に起きるという事をより深く認識させることが出来ます。

人間は精神的な力を大きく受ける生き物なので、高い意識を持ちたい時には起きる時間を心で唱えるようにしてください。

美味しい朝ごはんを用意する

次にご紹介するアラームが鳴っても起きられないあなたにおすすめする起床方法は美味しい朝ごはんを用意するという方法です。

なぜ美味しい朝ご飯を用意すれば朝起きられる様になるのかと言いますと美味しい朝ごはんが用意されていれば、当然それが楽しみの一つになるので朝起きる事に対しての苦痛が和らぐ効果を持っています。

何の楽しみもないのに眠たい目をこすりながら起きるのはどうしても苦痛に感じる方が多いので何かしら一つ楽しみを設定することによってより朝起きやすくすることができます。

朝起きるのが辛いと感じている方は自分なりに朝ごはん以外でも何でも良いので何か楽しみを一つ工夫して設定することで起きやすくすることができますよ。

しかし注意していただきたいのがあまり糖質などが多い朝ごはんを作ってしまうと、糖質を取る事によって血糖値が上昇し血糖値を下げるために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されるのですがインスリンが大量に分泌されてしまうと臓器への負担が大きくなってしまい、体の調整が追いつかずだるさ眠気を感じてしまうことになります。

なので糖質をなるべく極端にあげないような食事にする必要がありますので、この点は注意してください。

早めに寝る

次にご紹介するアラームが鳴っても起きられないあなたにおすすめする起床方法は早めに寝るという方法です。

この点に関しては先ほどご紹介した通りですが、結局朝快適に起きるためには十分睡眠をとっている状況であれば自然と目が覚める様になります。

十分睡眠をとれば体が活動を始めようと自然のサイクルで目が覚める様になっていますので、早く寝る事で朝快適に起きられるようになります。

なのでそのためには早く寝るための工夫をするなど、それに基づいた工夫を行う必要があります。

それが先ほどご紹介した早く寝る環境づくりや身体をリラックスさせるための工夫を行う必要に結びつきますので、その因果関係をよく理解しておいてください。

早起きの理由をつくる

次にご紹介するアラームが鳴っても起きられないあなたにおすすめする起床方法は早起きの理由をつくるということです。

これは先ほどご紹介した朝ごはんの項目でも似ていることですが朝早く起きるためには結局は自分の気持ちが重要になります。

強い気持ちがあれば多少眠くてもそれを凌駕する楽しみや理由さえあれば起きられるようにになるものです。

なので、朝早起きをしなければいけない理由などを設定する事で精神的な面で起きなければいけないという意識を高めることが出来ます。

自分なりに朝早起きしなければいけない理由を作り、毎日気持ちの部分から変えていけば朝苦労せずに起きられるようになりますよ。

太陽の光を浴びる

次にご紹介するアラームが鳴っても起きられないあなたにおすすめする起床方法は太陽の光を浴びるということです。

なぜ太陽の光を浴びることで朝起きられる様になるのかといいますと、太陽の光を浴びることによって私たち人間の体にはセロトニン神経を活性化させるスイッチが入るようになります。

ちなみに勘違いされやすいのが、太陽の光を浴びるというのが肌に光を当てると考えている方がいるしれませんがそうではなく、自分自身の目に太陽の光を浴びさせるということが大切です。

太陽の光を浴びる時間については5分程度で構いませんので、朝起きた時に太陽の光を5分間浴びるように自分なりに時間を作ると、より目が覚めて行動的になることができますよ。

️おすすめ目覚まし商品

ここまでは朝起きられない方におすすめの起床方法についていくつかご紹介しました。

こうして考えてみると朝快適に起きられる様にするにはたくさんの工夫できることが存在していることが理解いただけたと思います。

どうしても朝起きられずに悩んでいる方は今回ご紹介した内容を実践できる範囲内で結構ですのですぐに実践してみてください。

しかしどうしても人間ですのでどんなに気をつけていても体が疲れてしまっていて通しても起きられないということがあるかもしれません。

そんな時には気をつけていただきたいのが目覚まし商品をいくつか購入しておくということです。

あくまで先ほどまでにご紹介した内容は起きやすくするための方法でしかありません。

結局一番強力な方法は物理的に自分自身を起こすことなので、目覚まし商品が一番のポイントになります。

目覚まし商品と言ってもたくさんの商品がありますので、どんな商品が良いのか分からない方も多いと思います。

なのでここからはたくさんの目覚まし商品の中からよりおすすめの商品についてご紹介していきます。

inti SQUARE

まずはじめにご紹介するおすすめの目覚まし商品はinti SQUAREです。

inti SQUAREは普通の目覚まし時計ではなく、より「起きやすく」するために特化した目覚まし時計となっています。

どこが違うのかといいますと、先ほど光が目覚めに良いという事はご紹介しましたが、inti SQUAREは光目覚まし時計と呼ばれていて、光を発してくれるという機能が備わっています。

なので、先ほどお伝えしたセロトニンを効果的に生成してくれる目覚まし時計となっていますので、起きた時に光が目に入るようにすれば体が自然と起きやすくしてくれる効果をもたらしてくれます。

明るさも安価なものに比べてきちんと朝起きるための必要な光の基準量を満たしているので、太陽と同等の光の強さとなっています。

価格は税込み「27.880円」とある程度高額となっていますが、こちらの商品は満足いただけない場合は一定条件を満たせば全額返金となっています。

なので初めて購入する方でも安心して購入することが出来、フジテレビなどの始めとしたメディアや番組で紹介されていますので、信頼性は抜群の商品ですよ。

https://item.rakuten.co.jp/moonmoon/inti-sq-02/

シェイクン・ウェイク

次にご紹介するおすすめの目覚まし商品はシェイクン・ウェイクです。

シェイクン・ウェイクは振動目覚ましという新しい起床方法を提案してくれる商品であり、一見するとただの腕時計のような見た目となっていますが、腕に巻き付けておく事で振動で時間が来れば起こしてくれるので、他人を巻き込まずに済みますし、きちんと振動で起きることが出来ますので、耳が遠い方や迷惑をかけたくない人には安心の商品です。

持ち運びなども簡単に出来ますし、腕を占め付きすぎないので睡眠の邪魔にもなりません。

価格は税込み「3.990円」となっていますので、安くはありませんが、そこまで高額でもありませんので、朝起きられない人には購入していただくと快適な朝を迎えることが出来ますよ。

https://item.rakuten.co.jp/sky-group/125-1-t/

ベルマンアラームクロック

次にご紹介するおすすめの目覚まし商品はベルマンアラームクロックです。

ベルマンアラームクロックは目覚まし時計になりますが正確な時間を強力な音と振動で知らせてくれるデジタル式目覚まし時計となっています。

強力な音と振動で時間が来たことを知らせてくれるので、実際に購入された高齢者の方の口コミでも、耳が聞こえなくても協力な振動で起きることができるので、助かるとの口コミが多数あるほど強力な振動で起こしてくれます。

口コミを見る限りでは音よりも振動を中心に評価されている商品なので、音だけでは物足りないという方には強力な振動付きのベルマンアラームクロックがおすすめです。

価格は「14.000円」と安くはありませんが、効果は折り紙付きですので、朝起きられないと悩んでいる方は強力なパートナーとして購入してみてください。

https://item.rakuten.co.jp/nayami-kaiketu/j1127g1/

ランニングアラームクロック

次にも紹介するおすすめの目覚まし商品はランニングアラームクロックです。

ランニングアラームクロックはとてもユニークな商品として知られており、なぜかと言いますとその名前の通りランニングをしてくれる目覚まし時計なのです。

どういう事かといいますと、時間が来れば音を発しながら目覚まし時計についた車輪を使って所どころ逃げ回ってくれながら音を発してくれますので、それを追いかける家庭で目を覚ましてくれる効果を持っている目覚まし時計です。

素晴らしい点として、ただまっすぐに逃げ回るのではなく、左右に曲がったり、急に回転したりと不規則な動きを伴う事によってこちらも集中しないと捕まえられないようになっているので、より目が覚めやすい効果を持っています。

そして嬉しいのがこんなに素晴らしい機能がついて価格はなんと税込み「514円」となっていますので、お金に余裕がないという方にとってはかなりおすすめの目覚ましグッズなので、前向きに購入を検討してください。

https://item.rakuten.co.jp/donya/69177/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_103_0_10001231

️これでアラームが鳴ったらスッと目覚められる!

今回は朝起きられない方に朝起きやすくするための工夫できる方法やおすすめの商品についてご紹介していきました。

人間ですので朝起きるのがどうしても辛い時は必ず存在します。

飲み会や久々に友達と集まった時などは時間を忘れて過ごしたい時もあるでしょう。

なので、夜更かししてしまうのは時にはしょうがないと割り切り、いかに朝起きやすくするかという事を重点に置いて考える事が大切です。

いつも朝起きられなくて困っている方は、今回ご紹介した内容を踏まえて自分なりに出来る事から初めてみてください。