女性の身体の悩みの中でも大きなものの一つが”ムダ毛”ですよね!

もう本当に、ムダ毛の処理に苦戦していたり、肌を露出することへの抵抗を持たせていたりする原因となっています。

もともと体毛が薄くて、そんなに処理に時間と苦労をかけずとも、つるつるスベスベでいられる人もいますけど、もともと体毛が濃くて思春期からムダ毛が多いことですごく悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

いくらオシャレにしていても、いくら素敵な洋服を着ていても、いくらスタイルがよくたって、ムダ毛がボーボーでは女性としての魅力がガタ落ちしてしまいます。

それに最近では、女性だけでなく男性もムダ毛の処理に力を入れていますよね!

女性も男性も美容意識が高くなったからこそ、ムダ毛の処理は絶対に手を抜きたくないし、
失敗もしたくありません。

よく言われるのが、「間違ったムダ毛の処理をしていると肌がボロボロになる」ということですけど、確かに一度剃っただけではたったの一週間、あるいは数日しかつるつるの状態をキープできないとすると、一か月に何度も処理をしていることになります。

そのくらい頻繁に肌に負担をかけることだから、やはり正しい処理の仕方をちゃんと理解して、お肌を守りながらつるつるの自信を持てるお肌になりたいですよね!

なので、今回はムダ毛の処理について、上手に処理をする方法をいろいろとご紹介していきたいと思います!

自分のお肌に合った方法で、お肌にも自信を持てるようになりましょう♡

正しいムダ毛処理、できてますか?

デートの時、出会いの時などきっとみなさんは自分の見た目を、隅から隅までチェックするのではないでしょうか?

オシャレな服、自分を盛るメイク、ヘアーだって完璧にしたとしても、なんと剃り残しのムダ毛があったらもう台無しですよね!

男性が女性を見てがっかりする箇所の上位に必ずランクインするのも、ムダ毛の剃り残しとか、処理忘れです。

ムダ毛って、自分の意思とは関係なく体のサイクルで生えてきてしまいます。

特に体毛が濃い人にとったら、ムダ毛の処理はかなりストレスになるところでしょう。

体毛の濃さも遺伝的なことなので、自分では選べなくて、そこがコンプレックスになってしまうことも多いですよね。

だから、一生懸命ムダ毛の処理をしてキレイを保つ努力をしている人は多いでしょう。

男性から見て、女性のムダ毛ほどロマンチックな気持ちが萎えてしまうものはあまりありません。

せっかくのいいムードでのキスも、彼女の口にヒゲが生えていたら最悪ですし、彼女を触ってジョリジョリしていたらショックです。

男性にとったら、つるつるでスベスベの女性のお肌こそ、ずっと触れていたい、キスしたいボディなのです。

だから、体毛の濃い女性はいつもムダ毛と闘いながら恋愛をしている、と言っても過言ではないでしょう。

さらに、美意識の高い男性のなかにも、体毛が濃いことがコンプレックスでムダ毛の処理をしている人も多くなりました。

男性のムダ毛処理に関してはいろんな意見があるし、人それぞれつるつるが好きな人も、体毛は男らしいから処理する必要ない、と考える人もいますけど、今ではムダ毛の処理に関しては男性も関係がない、とは言い切れない時代になっているのは確かです。

現代の日本人はどんどんと美への意識が高まっているわけですね♪

しかし、そんな美意識の高い男性女性のみなさん、あなたはちゃんと正しいムダ毛処理を行っていますか?

今、どんなムダ毛処理をしているでしょうか??

間違ったムダ毛処理は肌を痛める

なぜ、自分のムダ毛処理の方法について考えたほうがいいのかというと、間違ったムダ毛処理をしていると、お肌がどんどんと傷ついて、ボロボロになってしまう可能性があるからです!

みなさんも、ムダ毛処理をした後に、毛穴が赤くなったり、かゆみがでたり、毛穴の黒づみや色素沈着がおこってしまった経験がないでしょうか?

それは、間違ったムダ毛処理によってお肌が痛んでいる証拠です。

そして、それによって本来ならキレイなお肌になりたくてムダ毛処理をしているのに、人に見られると恥ずかしいくらいにお肌が荒れてしまったことがあるかもしれません。

つまり、ムダ毛処理って小学生でもしているくらい、みんな普通にしているし、身近で誰でもすることなのですが、間違った方法でしていることも多く、その結果お肌をすごく傷つけていることがあるのです。

間違ったムダ毛処理のせいで、お肌を露出できない、人に見られたくない、自分に自信が無くなってしまう、そんなことになるのはすごく辛いことです。

正しいムダ毛処理ですべすべボディに!

それで、お肌自体もそうだし、さらにはキレイになりたいと思っているその気持ちや努力などさえも傷つけられないように、ぜひとも正しくムダ毛の処理を行っていきたいですよね!

正しいムダ毛処理ができれば、きっと自分の身体にもっと自信をもって、もっと大胆に笑顔で過ごせるはずです。

では、ムダ毛の処理にはどんな方法があるのでしょうか?

それぞれの方法のメリット、そしてデメリットをご紹介していきたいとおもいます。

さらに、正しくムダ毛処理をするためのポイントなどもチェックしてくださいね!

ムダ毛処理に使うモノ

ムダ毛を処理するときは、皆さん何を使っているでしょうか?

日本ではカミソリが多いかもしれません。

毛抜きで抜いている、という人もいますね。

さらに、世界的にはワックスを使って処理をするのが一般的なところもあります。

ムダ毛処理というのは、いろいろなやり方があるわけです。

では、それぞれの方法について詳しく、さらにその方法で行うメリット・デメリットを見てみましょう♪

カミソリ

たぶん、毛の処理といったら一番多くの人が行っているのが、カミソリを使った処理でしょう。

ドラックストアに行けば、顔用のカミソリから、手足などボディ用のカミソリがいろんな種類売っていますね。

多分、女子の家には必ずと言っていいほどカミソリが置いてあるでしょう。

体毛で悩んでいる女子にとってカミソリは欠かせないアイテムです。

体毛が気になる年頃になって一番初めに行う処理の多くは、カミソリで剃る、ということかもしれません。

メリット

カミソリでムダ毛を剃る方法の一番のメリットは、なんといっても簡単!ということでしょう。

時間もかからないし、お風呂に入った時にそのままムダ毛処理ができるので一番やりやすい方法なのではないでしょうか?

それも、カミソリ自体高いわけではありません。

数百円で買えるものですので、費用を安く抑えることもできます。

デメリット

デメリットは、剃るとお肌が痛むということです。

確かに毛はないかもしれません。

でも、じつはカミソリで剃った後のお肌には目には見えなくても、すごくいっぱい傷がついているんです。

だから、毛をカミソリで剃った後のお肌ってくすんでいたり、透明感がなかったりします。

さらに、角質を剃り落としてしまっていることで、肌のバリア機能が低下してしまう、というでめりっともあります。

それで、最近が入ってしまって赤く炎症を起こしたり、できものができてしまうこともあります。

繰り返し傷つけられた肌は、どんどんと黒ずんでしまい毛穴が目立つほどになってしまうこともあります。

毛が太いと剃った断面が見えて、黒いポツポツが目立つという難点もあるでしょう。

さらに、ただ剃っているだけなのですぐにまた伸びてきて、そこがチクチクしてしまうということもあります。

夜に毛をキレイに沿ったのに、朝にはチクチクしていてテンションがた落ちってこともありますよね。

毛抜き

毛抜きで抜くこともできます。

一本一本ピンセットでつまんで引っ張り、毛を毛根から引き抜くという方法です。

さらに、電動毛抜きもあります。

これは、電動で毛をつまみ取り引き抜くという道具です。

メリット

毛抜きで毛根から引き抜けば、カミソリで剃った場合よりも長く毛が生えてこないというメリットがあります。

抜いたらもうそこにはないので、黒いポツポツもありません。

それに、伸びてきたとしてもカミソリで断面をカットしているわけではないので、毛先が細くなっていてチクチクしにくいです。

さらに、この方法で必要なのは毛抜き一本です。

高級な毛抜きもありますけど、百均などでも売っているので、とにかく安くすみます。

どこでもできるのもいい点ですね。

毛をスルッと引き抜くのが楽しくなって、クセになってしまう人もいるようです。

デメリット

ただ、この毛抜きで引き抜くという方法はものすごく毛穴へのダメージを与えるもので、一番やってはいけない方法とも言われています。

皮膚自体にはダメージを与えないかもしれませんが、毛穴へのダメージはかなり大きいです。

毛を引き抜くことによってダメージを与えるほか、毛穴から最近が入ってしまって炎症をおこしやすくなります。

さらに、埋もれ毛(埋没毛)が起きやすいので、毛穴の内部が変化してしまうこともあるようで、その結果毛穴がどんどんと汚くなって、毛穴がポツポツと目立つようになることがあります。

それに、処理するには一本一本抜かなくてはいけないので、かなり時間がかかります。

毛を引き抜くときに痛みを感じる、というデメリットもあります。

カミソリで剃るよりも、抜くほうが刺激が強い、つまりダメージが大きいようです。

特に、電動毛抜きは手で抜くよりは早く処理が終わるとはいえ、毛穴に重度のトラブルを抱える原因となることもあります。

シェーバー

電気シェーバーは、電動で毛を剃る道具です。

電池式のものと、受電式のものがあります。

電池式であれば2000円くらいで買えますし、充電式であれば4000円くらいで購入できるでしょう。

メリット

一番のメリットは肌への負担が少ない、という事です。

電気シェーバーは、刃が直接肌に当たらないようになっています。

だから肌へのダメージが少なく、傷つかないようになっているので子どもたちでも使いやすいと言えます。

肌を痛めにくいので、VIOなどのデリケートゾーンにも使用できます。

Iライン用のものや、フェイス用のものもあります。

さらに、どこでもすぐに処理ができるのも便利です。

お風呂に入る時でなくても、肌が乾燥している状態でも処理が可能なので、気づいたときにいつでもどこでも手軽に使えます。

充電式であれば、電池を購入しなくてもいいので経済的にもいいでしょう。

しかし、電池式であればすぐに使用できるし、充電器などもいらないので持ち運びにも便利です。

デメリット

刃が肌に直接当たらないようになっているということで、深剃りができません。

それで、やはりカミソリで剃るよりも毛が目立つ、というデメリットがあります。

さらに、毛がすぐに目立つようになるので頻繁に処理をしなくてはいけないでしょう。

肌に優しいのですが、頻繁に使うならそれはやはりダメージとなってしまいます。

さらに、音があるので秘密で毛を処理したい、という時には使いにくいですね。

シェーバーの手入れも必要です。

除毛クリーム

除毛クリームは、毛を溶かして除毛する方法です。

クリーム状のものだけでなく、ジェルだったり乳液やローションタイプもあります。

お肌に除毛クリームをヘラなどで均一に載せて、時間を置くと薬剤によって毛が溶けます。

その後にふき取ったり、洗い流すだけでつるつるのお肌になれます。

敏感肌用、香り付き、除毛の強さなど種類も豊富です。

メリット

除毛クリームは、毛穴の仲間で薬剤が入って毛を溶かしてくれます。

それで、カミソリとか電気シェーバーで剃るよりもお肌がつるつるの仕上がりになります。

あのチクチク感がない、というのはうれしいですよね。

さらに、人によっては除毛クリームを使っているうちに毛が細くなるというひともいるようです。

デメリット

やはり、薬剤を使っているということで肌に合わない人もいるようです。

なので、除毛クリームを使用する場合にはまず皮膚の一部でパッチテストをする必要があります。

少しのクリームを肌につけてみて5分ほど置いてからふき取り、その後にお肌に何かかゆみとか赤みなどが起きないかをテストしてみましょう。

いつもは問題なくても、その時のお肌の調子によっては、赤みや炎症が起きてしまうということもあるようです。

さらに、めんどくさいというデメリットもあります。

お肌にクリームを乗せてから時間を置くので、時間がかかります。

さらに、薬剤の独特のにおいが気になるというひともいるでしょう。

除毛タオル

除毛タオルもあります。

使ったことがない、という方も多いかもしれませんが、ドラックストアなどで簡単に手に入ります。

背中のムダ毛の処理などに使うことが多いかもしれません。

除毛タオルは、すごく細かい繊維が複雑に編みこんであるタオルで、そこに毛が絡まって毛を処理するという方法になります。

タオルは、化学繊維や綿、さらにはシルクのものなどいろんな素材のものがあります。

使い方は、普段使っているボディータオルと同じです。

メリット

背中など、なかなか手が届きにくい部分の産毛を処理することができることがメリットでしょう。

背中など自分では見えないところってカミソリなどを使うのが恐いですよね。

でも、この除毛タオルは普通のボディータオルと同じように、背中を擦るだけで毛が絡まってつるつるになる、というものなので簡単です。

さらに、角質などが取れて毛穴などのつまりが改善された、という方もいるようです。

背中などは皮脂や汗が多く分泌されるところでもあり、背中ニキビなどに悩んでいる人もいるでしょう。

そのような人にとっても、毛穴の汚れや皮脂などを取り除くことができるので、ニキビ予防にもなるでしょう。

デメリット

タオルに毛を絡めて処理する、ということでカミソリで剃るなどの方法のようにいっきにつるつるにならないで、ムダ毛処理としてはあまり効果が実感できない、というデメリットがあります。

さらに、擦りすぎると肌への摩擦が大きく肌が赤くなったり、黒ずんでしまうということもあるようです。

背中などは皮膚がうすいので、あまり力を込めて擦らないほうが良いでしょう。

あと、毛が太いとあまり絡らないので効果が出ません。

除毛シート

除毛シートは、シートを肌に張り付けてベリッとはがして、毛を抜く方法です。

脱毛ワックスがシートに塗られていて、毛に密着しやすいようになっています。

肌に直接貼って、毛をシートに絡めてそれを剥がしとります。

メリット

除毛シートがすごいのは、広い範囲のムダ毛をいっきに取り除くことができます。

張って剥がすだけで、かなりキレイになります。

そして、毛を抜いているので処理した後は、けっこう長く持ちます。

人によって違いますけど、だいたい2~4週間くらいはお手入れをしなくてもいいと思われます。

デメリット

この方法を想像するだけでお分かりいただけるように、痛みがあります。

だって、毛をいっきに抜くわけですからね・・・。

痛みに弱い人には向いていないでしょう。

さらに、肌に直接貼って剥がすわけですので、肌への負担はかなり大きく角質を剥がしてしまいます。

そして、毛穴にも大きなダメージを与えます。

それは毛抜きで抜くよりも大きなダメージと言われています。

毛の向きに関係なく無理やり引き抜くわけですので、ダメージがないわけがないですよね。

さらに、費用はそれほど安くありません。

全身をそれで手入れしようと思うと、けっこう値段がかさむでしょう。

さらに、短い毛はあまりとれません。

埋もれ毛もできやすくなってしまいます。

除毛スポンジ

スポンジで除毛?と思うかもしれませんが、スポンジを肌の上でくるくるするだけで、ムダ毛が取れるというアイテムがあります。

ヒルナンデスでも紹介されて、かなり話題になりました。

肌を擦るだけで、毛が無くなって肌もつるつるになる、というアイテムです。

表面がヤスリのようになっているスポンジで肌をこすると、摩擦によってムダ毛が絡まりこすり取ってくれます。

ドラックストアでも売っています。

メリット

ヤスリと聞くと、肌にすごく悪そうと思うかもしれませんが、カミソリで剃るのよりも肌に優しいというメリットがあります。

さらに、安いといううれしさもあります。

かわいい形のものが多いです。

毛を取るだけではなくて、角質を除去してくれるので肌がピカピカになります。

テレビなどを見ながら、くるくるとしているだけで肌がツルツルになるので手軽さも魅力でしょう。

処理後は毛先が丸くなるので、チクチクしません。

カミソリや薬品などを使用しなくていいので、小さいお子さんやペットなどがいるご家庭でも安心して使える、というメリットがあります。

デメリット

デメリットは時間がかかる、ということですね。

なので、広範囲を除毛するのには向いていません。

使い方に慣れるまで、つまり毛が良くとれるようになるまでちょっと時間がかかる人もいるみたいです。

なので、今すぐにツルツルにしたい、という時には向いていません。

強くこすらず、正しく使えば肌への負担は軽いですが、太い毛を処理しようと力を入れてしまうと肌を痛めてしまうでしょう。

産毛や細い毛に効果的なので、毛が太い人にはあまり向いていないでしょう。

さらに、毛がある程度伸びてからでないと絡めとれませんので、そこもマイナスポイントでしょう。

ブラジリアンワックス

VIOの毛を処理したい時によく使われているのがブラジリアンワックスですね。

日本はとかくアンダーヘアのお手入れへの意識が遅れている、といわれていまいますが、海外ドラマなどの影響で、ブラジリアンワックスも人気になりました。

欧米では当たり前の脱毛方法です。

ブラジリアンワックスは、かなり原始的な方法で、はちみつが原料となっているドロドロの液体を肌に塗り、ペーパーを上に張ってべりっと剥がして、絡まっている毛を引き抜くという方法です。

VIOのお手入れ方法として有名ですが、同じワックスは顔意外であれば使えるようです。

メリット

ブラジリアンワックスをすると、2~3週間はキレイなままでいられます。

さらに、古い角質も取ってくれるので肌のトーンがあがり、根本から毛を抜き取るのでスベスベのお肌でいられます。

さらに、VIOのお手入れでは光・レーザー脱毛などでは粘膜に近いところは脱毛ができなかったりしますが、ブラジリアンワックスならギリギリまで脱毛できるので、すっかりキレイになれます。

アンダーヘア―を好きな形に整え、永久脱毛ではないので形を変えたりするすることができます。

デメリット

原始的な方法ゆえ、とにかく痛いというのが本音です。

特にデリケートゾーンは、最初はびっくりするくらい痛いことが予想されます。

人それぞれ差はありますが・・・。

さらに、埋もれ毛ができてしまうこともあります。

ムダ毛処理を上手にするための4個の方法

ムダ毛処理にはいろいろな方法がありますよね。

それぞれにメリット・デメリットがあるのですが、どんな方法で毛を処理するにせよ、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。

ここでは、ムダ毛を上手に安全に処理するために注意しておきたい4つのポイントについて見ていきましょう!

ムダ毛処理グッズは清潔に

ムダ毛を処理する時は皆さんどこで行っていますか?

カミソリを使って剃っている方は、お風呂場で処理をしているでしょう。

それで、カミソリなどをお風呂場にそのまま置いておく、という方もいるかもしれません。

でも、それは絶対にNGです!
なぜなら、お風呂場はカビや雑菌でいっぱいの場所です。

カミソリにはお肌のたんぱく質が付着します。

そんな刃をそのままお風呂場に置いておくなら、またたくまに雑菌が繁殖してしまうでしょう。

それで、カミソリを使っている人はお風呂場にそのまま置くのではなく、しっかりと乾燥できる場所に保管しましょう。

あるいは、カミソリは一度使ったらまた新しいものに変えるなどして、いつも清潔にするしましょう。

カミソリだけでなく、どんな脱毛グッズを使うにしても、まずはそれ自体を清潔にしましょう。

脱毛処理をする前には、お風呂に入って体を清潔にするとともに、脱毛グッズも消毒してから使うようにしてください。

それで、消毒用のスプレーなどを1つ用意しておくといいでしょう。

シェービングにはクリームを

シェービングするときには、石鹸で体を洗ってそのままカミソリで剃る、という方法を取っている人も多いのではないでしょうか?

ボディーソープの泡があれば滑りもいいし、そのまま流して終了なので簡単だしということなのですが・・・、じつはこの方法はすごく危険がいっぱいなんです!

身体を洗った後の泡って、目には見えないけど身体の汚れをいっぱい吸っているんです。

シェービングしてお肌を傷つけた後に、そのような汚れがいっぱいの泡がついてしまうと、それで雑菌がたくさん傷に入り込んでしまいます。

さらに、お風呂場の湿気と石鹸の洗浄成分でお肌がふやけている状態で、カミソリを当てていると必要以上にお肌を傷つけていることになり、乾燥というトラブルも起きてしまいます。

それで、シェービングをする時にはお風呂場ではなく、お風呂に入った後にお部屋などでシェービングクリームを使って行うのがベストです。

シェービングクリームが肌と刃の間のクッションとして、お肌を傷つけにくくしてくれます。

処理後、シェービングクリームは清潔なタオルなどでキレイにふき取るか、洗い流す必要のあるタイプのものはぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

逆剃りや力の入れすぎに注意

シェービングするときなどに、毛の流れに沿って剃るということも忘れないようにしてください。

どうしても、根元から剃りたいと思うと、毛の流れに逆らって剃りたくなってしまうかもしれません。

でも、そのようにするとお肌もすごく傷つきます。

それで、お風呂上りや蒸しタオルを当てたりなどして、毛やお肌を柔らかくした状態で毛の流れに沿ってシェービングをするようにしてください。

もちろん、お肌にぐっと刃を当てるようにして力を入れてはいけません!
刃でお肌をゴリゴリと傷つけることになってしまいます。

処理後の保湿は念入りに!

なんといっても、ムダ毛の処理後のお肌は乾燥してしまいますし、敏感になっています、
それで、保湿が絶対に欠かせません!

保湿をしないと、そのままお肌が傷ついた状態で放置され、トラブルを起こしやすくなってしまいます。

そして、肌のバリア機能を失って、黒ずみや弾力のなさ、シミやしわなどの原因になってしまうこともあります。

それで、保湿クリームや乳液などをたっぷりとつけて、バリア機能を失ったお肌を守りましょう。

刺激の強いものは避け、乾燥しやすいのか、炎症を起こしやすいのか、それとも色素沈着が気になるのかなど、自分のお肌の傾向やトラブルに合ったクリームを使用してください。

ムダ毛処理には脱毛がおすすめ!

ここまではムダ毛処理の中でも、セルフケアについていろいろとご紹介してきました。

でも、セルフケアにはたくさんのトラブルがつきものだったり、処理をするたびにお肌を傷つけてしまうという危険があります。

それで、最近では脱毛サロンが全国に増え続けています。

脱毛サロンは、専門の機器を使って脱毛を行い、セルフケアがほとんど必要ないほどにムダ毛をなくすこともできます。

全国に広がる脱毛サロン

最近では10代の女性たちも脱毛サロンに通っているようですね。

今までは、モデルさんとかお金持ちの人がするもの、という意識が合ったかもしれませんが、現代ではそんなことは全くありません!
キレイになりたい、と思う女性であればだれでも通えるところになりました。

値段もリーズナブルで、さらに全国にサロンは広がっていますので、わざわざ遠いところまで通う必要もないでしょう。

キャンペーンなどをやっているときなんかは、とにかくお安く試してみることができますので、ムダ毛のセルフケアに疲れちゃった人、さらにはお肌への負担をかけ続けることが心配な人は、一度カウンセリングなどに行くといいかもしれません。

ほとんどの脱毛サロンでは、カウンセリングは無料、それにお試しコースなどもありますので、自分に合ったサロンを見つけることができると思います。

肌がキレイになる

脱毛サロンでムダ毛の処理をすることのメリットとしては、サロンで施術をするたびにムダ毛がどんどんと薄くなります。

そうなると、毛穴も小さくなって目立たなくなっていくんです。

だから、見た目もキレイになります。

毎週何度もカミソリで処理し続けていると、お肌が黒ずんできたり乾燥してきたりすることもありますけど、それがなくなります。

さらに、脱毛器によっては脱毛と共にお肌のくすみなどを取る美肌効果があるものもありますので、それで照射してもらえばお肌がもっときれいになるでしょう。

処理の手間が省ける

なんといっても、自分で処理をする手間が省けることが、脱毛サロンに通って本当に良かった、と思う点でしょう。

サロンに通うとなると、それなりの金額が必要になりますが、長い目で見ればセルフケアをするとストレスや頻度と、費用を考えると、高いものでもありません。

いつもムダ毛に悩まされていて、せっかくキレイに剃ったのに次の日にはもうチクチクしてすごくストレスを抱えている人は、その煩いから解放されると思えば、今思い切ってサロンでキレイにしてもらうのも一つの方法ではないでしょうか?

回数を重ねるとどんどん薄くなる

先ほども言ったように、施術を繰り返していくうちにどんどんと毛が薄くなります。

それで、全く生えてこなくなるまでには回数が必要になりますが、通っているうちに自分の毛深かった腕や脚などの毛が、どんどんと細くなったり、生えてくる頻度が遅くなったことを実感できるでしょう。