2017年、ますます勢力を増しながらその影響力を拡大し続けている塩顔男子、彼らがまだ世の女性を魅了し、モテ続ける秘訣は何なのでしょうか?

塩顔男子が一番モテる5個の理由をご紹介します。

塩顔男子が一番モテる5個の理由

塩顔男子はなぜそんなにモテるのでしょうか?その理由を探って行きましょう!

1. 顔が濃すぎないので飽きない

塩顔男子は若い女の子たちからだけではなく、60代のおば様達からも「あんな子を彼氏にしたい」「再婚するなら絶対塩顔男子」と人気を集めています。

なぜ彼らは幅広い年齢層に人気があるのでしょうか?

塩顔男子の顔は薄いので自然と清潔感が感じられ、ずっと見ていても飽きない魅力があるといいます。

確かに濃い顔の人って、一見男らしくてかっこいいのですが、暑い日にたくさん見たくなかったり、ずっと一緒にいると飽きてしまいそうな雰囲気がありますよね。

ソース顔はすぐに見飽きる

事実、ソース顔の代表といわれる出川哲郎さんやデーブスペクターさん、ルー大柴さんなんかは、友達としては最高に面白いと思いますが、2時間も顔を見れば飽きてしまいそうな雰囲気です。

【ソース顔については、こちらの記事もチェック!】

2. 一見ソフトなので男らしさが際立つ

塩顔の代表といえばディーンフジオカさんですよね。

彼の顔立ちは一見ソフトな印象ですが、中身は男らしくて、喧嘩しても強そうですし、内面的な部分もとても強いイメージです。

言動の男らしさ

このディーンフジオカさんですが、本名は「藤岡竜雄」というかなり男らしい名前を持っていて、その経歴はとってもハングリー、香港でスカウトされてデビューしたり、インドネシア人の奥さんと結婚したりと国際色がとても豊かなんです。

塩顔男子は「一人で生きていけるのかな?」と女性が心配してしまうような雰囲気がありますが、ディーンフジオカさんはそれとは正反対、世界のどこでも一人で生きていける塩顔男子なんです。

ディーンフジオカさんについて、もっと深く調べてみると、どうやらディーンフジオカさんのお父さんが中国系の方のようです。

元々そういう血が入っていたから、外国人と接しやすいDNAを持っていたのかもしれませんね。

このディーンフジオカさんは、奥様と一緒に貧しい子供たちなどを積極的に援助する団体に参加、忙しい合間をぬって、精力的活動されているようです。

彼は、このように世界で困っている子供たちなどをサポートすることはとても大事だと考えていて、それを堂々と公言しています。

細マッチョ

塩顔男子の共通点は、何かというと、実はみんな「細マッチョ」なんです。

塩顔男子で今人気バリバリの坂口健太郎さんもそうですし、「過保護のカホコ」で人気が爆発した竹内涼真さんも細マッチョです。

スポーツ選手ではバレーボールで人気の石川祐希さん、最近ご結婚された内田篤人さんなんかも細マッチョですよね。

そういえば塩顔男子と呼ばれる人の中に、太っているとか、ぼちゃっとしている人っていないんですよね。

3. 安心感がある

塩顔男子にはどことなく優しい・受け止めてくれる・怒鳴ったりしない・おっとりと包み込んでくれるような安心感があります。

女性に対してガツガツしていないイメージ

濃い顔の人、例えば沢村一樹さんのようなタイプは女性にがつがつしていそうなイメージですが、塩顔男子のディーンフジオカさん、坂口健太郎さん、竹内涼真さんたちは、ガツガツしていないイメージです。

そもそも彼らを女性が放っておくわけがないので、中学生くらいの時からモテまくってモテまくって・・・だから女性にガツガツしないのかもしれませんね。

4. 雰囲気が優しそう

塩顔男子のディーンフジオカさん、坂口健太郎さん、竹内涼真さんたちの雰囲気は、いつも優しそうな印象です。

24時間365日、イライラしたり怒鳴ったりしているよりも、自分のペースで淡々と過ごしていそうです。

女性っぽい外見

その代わりに、黙っていると女性っぽい外見が色っぽくて、女性から見てもついうっとり見とれてしまうくらい綺麗な顔、綺麗な肌を持っているんですよね。

女性のように毎日顔のパックをしているわけでも、uvケアを念入りにしているわけでもないのに、塩顔男子たちはどうしてあれだけ白くて綺麗な肌をキープすることができるのでしょうか?

きっと日頃の行い、生活習慣の流れが綺麗なんでしょうね。

色白で毛が薄い

塩顔男子といえば色白で毛が薄い人ということが必須です。

色白×毛が薄い=だからこそ塩顔男子と呼ばれる理由になっているんだと思います。

この色白で毛が薄いという要素ですが、どちらか一方だけだと、気弱なイメージとか、男らしくないイメージを持たれそうですが、両方持ち合わさると、なぜか「超かっこいい」要素に早変わりしてしまうんです。

5. 自然体で一緒にいても疲れない

塩顔男子の人も色んなキャラクターがあるし、人それぞれなはずなんですが、なぜか共通して、自然体で一緒にいても疲れない雰囲気を持っているんですよね。

話し方もソフト

塩顔男子の話し方は、塩顔男子の中でも男くさいディーンフジオカさんでさえも、ゆっくりとしたペースで、とてもソフトな印象です。

大阪弁とは真逆のイメージで、テンポもなければ、ほとんど強弱もありません。

一見「男らしさに欠けるのでは?」と思いますが、これが今、世の女性たちから「品がある」「王子様みたい」「こういう人と結婚したら「おい!ばばあ、水!」とかいわれないんだわ!」などど、人気を集めているんです。

気性が荒くない

塩顔男子の気性が荒くないという性質は元々DNAが関係しているからそうなったのでしょうか?

調べてみたところ、実は気性はうまれつきのものなんだそうです。

生まれた後にすぐに癇癪を起しやすい子は、お母さんがそう育てたわけではなく、元々生まれ持ったその子の性格なんだそうです。

しかし、その後お母さんがうまく育てることで、その子の気性は穏やかなものに変わってくれます。

つまり塩顔男子の落ち着いた気性は、育てたお母様方のやり方が上手だったということなのかもしれません。

「塩顔男子=品がある=育ちがいい」説はやはり本当のようですね。

ナルシストではない

塩顔男子は大人しくて優しい性格と、薄い見た目のせいもあって、「それってナルシストじゃん」と嫉妬してしまう男性も多くいますが、彼らは決してナルシストとは違います。

ナルシストといえば、稲垣吾郎さんなどのイメージで、男性なのにも関わらず、必要以上に容姿を気にして、何度も何度も鏡を見ては「やっぱり俺はかっこいい!」と思っている人のことをいいます。

例えば、芸能人のようなファッションが好きで、テレビをみながら、「あ、あのシャツかっこいいな~。

俺も欲しいな」とつぶやいていたり、自分は芸能人と同じようなファッショナブルな服装が似合う男なんだと思っている雰囲気が出ていたら要注意です。

いつも自分の話ばかりして、相手の話をあまり聞かない人、誰かがかっこいい場所、例えばイタリアとかスペインに旅行に行ってきたよ、なんて言えば、「俺も俺も、今度カナダのバンクーバー行って・・・」とすぐに自分の話にすり替えてしまうタイプも要注意です。

塩顔男子はまだまだ熱い!

塩顔男子が人気になってからもう5年以上も時間は経過していますが、依然として塩顔男子の人気は衰えを知りません。

それどころか、「次の塩顔男子はまだ?」「もっともっと塩顔男子が観たい!」と世の女性たちは塩顔男子に飢えている模様です。

確かに塩顔男子代表のディーンフジオカさんはここのところあまり姿を見かけませんし、そもそも既婚で子持ち、きゃ~というよりは「いい男」と落ち着いてみれるタイプです。

坂口健太郎さんはどうかというと、相変わらず色んなドラマや映画に出演して、その姿を見るのは毎回楽しみですが、まだまだ露出は足りないところです。

やっと一人塩顔男子がでてきてくれた!と世を沸かしてくれたのが、高橋一生さんですよね。

思いっきり塩顔なのに、細マッチョ以上の筋肉美を持っていて、彼の身体はまるでヨーロッパ彫刻のようなんだとか。

あの声もめちゃくちゃ最高、演技も最高、とにかくもっともっとテレビでみたい塩顔俳優の一人です。

もっともっと他に誰か塩顔男子、出てこないかな~、そんなところに出てきたのが、竹内涼真さんですが、彼は生粋の塩顔男子とはちょっと違う雰囲気です。

竹内涼真さんはどことなく、反町隆史さんの再来?!のような雰囲気で、ちょっとだけ濃いイメージがあると思うのは私だけでしょうか・・・。

他には、「もしかして近じか結婚とかしちゃう予定あり!?」とその動向に目が離せないのが、星野源さんです。

彼のイケメン度はやや劣るものの、その才能はやはり凄いところがありますよね。

昨年の新垣結衣さんとのドラマ出演以降も、別のドラマの主題歌を歌うとか、そのPVでお母さん役をこなして話題になるとか、とにかくやることなすこと成功されています。

1. 塩顔とは?

塩顔とは、とにかく薄い顔の人のことで、目は大き過ぎないサイズが鉄板、肌の色が白く、ひげはなし(剃っているのではなく、元々生えない)、美しいフェイスライン、一見ひ弱そうな雰囲気なのに、手やのど仏に男らしさが見え隠れするタイプのことをいいます。

2. 語源は?

まだ世の塩顔男子が森山未來さんくらいだった時代、塩顔男子ブームが来ていたのかというとそうではありません。

恐らく「塩顔男子ブーム」を決定的にし、さらに定着させてしまったのが、「坂口健太郎さん」です。

それまで人気だった塩顔の俳優・男性といえば、福山雅治さん、でしたが彼が「塩顔男子」というカテゴリーを誕生させたのかというと、きっとそうではないはずです。

映画「クローズゼロ」で一大ブームとなった小栗旬さんや山崎賢人さんらは、塩顔男子ではないものの、それぞれ確固たる地位を確立しています。

それを追うかのように、人気があるのは福士蒼汰さんや窪田正孝さんらの若手俳優です。

塩顔男子はこれらのどこにも属さないけれど、グループとしては今や最高地位を確保した、最強イケメングループなのです。

メンバーは、ディーンフジオカさん、坂口健太郎さん、竹内涼真さん、綾野剛さん、高橋一生さん、羽生結弦選手、長谷川博己さん、岡田将生さん、そうそう及川光博さんも塩顔男子ですよね。

やはり旬の男がずらりと並びますね。

3. 塩顔の特徴

塩顔男子の大まかな特徴はご紹介してきましたが、細かい部分の特徴はどうなのでしょうか?

目元は一重か奥二重が多い

実は塩顔男子かどうかのチェックポイントとして、最も重要なポイントなのが「目」なんです。

いくら顔が白くても、目がくりっとしていたり、大きすぎると、それは塩顔男子ではありません。

分かりやすい例が、千葉雄大さんですね。

彼は限りなく塩顔男子に近い、清楚な雰囲気・品のある王子様気質を持ち合わせているのですが・・・目が塩顔男子ではないんです。

髭が薄い

塩顔男子の人って、男性なのに髭が生えているところを見たことがありません。

もしかしたら元々生えないタイプの人もいるのではないかと思います。

なぜなら私は昔、イケメンではないけれど塩顔男子とお付き合いしていたことがありますが、その時妹の彼氏はEXILE風で毎日髭を剃ったとしても、夕方には少々髭が見えてくるという状態だったにも関わらず、塩顔男子の方は、1週間髭をほったらかしでもほとんど生えてこなかったのです。

メガネが似合う

塩顔男子の最強アイテムといえば、メガネですよね。

塩顔男子とデートで待ち合わせして、ふと現れたかとおもえば、「今日はメガネ」なんて日があったとしたら、もうそれだけでメロメロになってしまいそうです。

塩顔男子のメガネといえば、ハイブランド過ぎず、個性的過ぎない、さっぱりしてシンプルだけとちょっとおしゃれ、みたいな感じが1番いいと思うのは私だけでしょうか?

かっこいい顔はあまりごちゃごちゃしたアイテムを合わせなくても、十分かっこいいということですね。

なんか塩顔男子は日常生活そのものが爽やかですよね。

もうしばらく塩顔男子の人気は続いて行きそうな予感です。