何かを頑張ろうと思うとき、誰かに期待されていると考える時、人は誰でも”プレッシャー”というものを感じてしまう物です。

ときにプレッシャーを感じることによって、実力以上の力を発揮することができるのですが、あまりにもいきすぎたプレッシャーを感じてしまうとその人の実力を発揮することができなくなってしまうものです。

そのプレッシャーに自分の力を食い散らかされてしまうんですよね。

そのようにしないためにするには、プレッシャーについて詳しく知っておくべきです。

既にプレッシャーを感じるのはストレスになるもの。

そんな生活をするのは誰でも苦しいですよね。

そんな既に今この瞬間にプレッシャーを感じているあなたのために!この記事では、どうして人はプレッシャーを感じてしまうのか?また、プレッシャーを解消する方法をお伝えします!ぜひ参考にして、あなたのプレッシャーを解消してくださいね!

️プレッシャーに弱いのは損!

「わたし~にきた~いしなーいでー♪」なんてとあるアイドルが”プレッシャー”なんていうタイトルで楽曲を発表していましたね。

たしかにプレッシャーというのは、誰かに期待されていると思いその期待に沿うことが出来なかったり、その相手が期待していること以上のことを行なう自信がないときなどに現われるものです。

誰かが期待するから、またはそのようにされていると感じてしまうから”プレッシャー”となって降りかかってしまうのです。

だからこそ「期待する人」さえいなければ、自分の実力を100%出すことが出来るし、「できなかったらどうしよう」「期待に応えることが出来なかったらどうしよう」なんて思ってしまうんですよね。

でも、逆に自分に期待してくれる人がひとりもいなくなってしまったら、やりがいがなくなってしまうかもしれません。

何かほしいのあれば、何かを失わなければならないんですよね。

でも、プレッシャーだけは受けずに誰かに期待はされたいもの。

だったら「プレッシャーに強くなれば」いいだけなんです。

この世界には、プレッシャーを感じてもそれを”心地よい”と感じる人もいれば、”イヤだな””負担だな”なんて感じてしまう人がいるんです。

この記事をお読みいただいているということは、きっとあなたはプレッシャーに弱いんですよね。

そんなあなただからこそ、プレッシャーに弱い人だからこそ「プレッシャーや期待されていることに対して、弱いのは損をしている!」「もっとプレッシャーに強い自分だったらよかったのに」なんて感じているはずです。

そうなんです。

たしかにプレッシャーに弱いのはもったいないですし、損をすることになります。

なぜならば、あなたの本来の力を100%出すことが出来なくなってしまうからなんですね。

プレッシャーに飲み込まれず成功を勝ち取ろう!


では、どうして「自分はプレッシャーに弱いなぁ」「もっと強くなりたいなぁ」なんて感じてしまうのでしょうか。

それはズバリ「プレッシャーに飲み込まれている」からなんですよね。

あなたもそうなのではありませんか?少しのプレッシャーであれば、乗り越えることは出来る。

でも、大きなプレッシャーになればなるほど、それを感じれば感じるほどに「アカン!もう耐えられない!」と勝手に心の奥深くで感じてしまうからなんですよね。

そのようにプレッシャーに飲み込まれることさえなければ、プレッシャーに打ち勝つことができるんです。

でもそれができない?そう感じていませんか?「もともとこんな性格だから」「昔からプレッシャーには弱いほうだったから」なんて考えているのではないでしょうか。

いいえ!あなたは今からでも変わることが出来るんです♪それはあなたが本当に”プレッシャーに強い人になって、プレッシャーに飲み込まれることなく、強い自分になりたいかどうかハッキリと感じることが出来るかにかかっています。

誰だってプレッシャーを小さく感じることが出来れば、少なからずどんなに大きなプレッシャーだったり周りの期待にも応えることができるようになるんです!そのためには、今回ご紹介しているプレッシャーに打ち勝つための秘策を実践してみれば変わっていきます。

️なぜプレッシャーを感じるのか

すぐにでもプレッシャーを解消して、ストレスのない生活を送りたい!何も気にせずに自分の実力を発揮したい!そんなことを感じているのでしょうか?もしもそうであるならば、今すぐにでも「どうすればプレッシャーに強くなれるのか」という方法を知りたいはず。

しかし、すぐにそれを実践したところであなたのそのプレッシャーの弱さは改善することができないかもしれないんです。

それは「どうしてプレッシャーを感じているのか」という”根本的な原因”を突き止めていないからなんですよね。

ずばり、敵をやっつけるには敵がどんなものなのかを詳しく知っておいたほうがいいんです。

勉強だって、スポーツだってそうですが「ここが弱点!」というところを分かっておけば、それだけに集中して対処することができるのでその弱点を改善しやすくなるんですよね。

これまでに何かの勉強やスポーツなどに打ち込んだ経験のある方だったら、どこかでそのようなことを感じたことがあるのではないでしょうか。

それって、プレッシャーにも同じことが言えるんですよね。

では、どうしてあなたはプレッシャーを感じているのでしょうか?また、これまでには感じたことがなかったのに急に感じようになってしまったのでしょうか?その原因を詳しくみていきましょう!

不安を感じている


ずばり不安を感じている人は特にプレッシャーを感じやすいといわれています。

これからすることに不安を抱いていると「本当にできるのかな?」「思っているように進めることができるのかな」なんて未来を悲観しがちです。

不安を感じるからこそ、その不安を取り除くために色々な対策をすることができるものです。

でもやっぱり不安に感じすぎてしまうと、そのせいで何も出来なくなってしまうんですよね。

あなたも、悪いことばかりを想像して不安な気持ちに押しつぶされそうになっていませんか?

失敗が怖い

失敗が怖い人もプレッシャーを感じがち。

それは「絶対に成功させなければならない」と力みすぎているからなんですよね。

人は時に間違えるものです。

だってロボットじゃないのですから、当たり前のことなんです。

それでもこれまでにたくさんの失敗を繰り返してきてもう失敗が許されない状況になっていたり、追い込まれていると失敗できないという気持ちでいっぱいになり不安になってしまうのです。

責任感が強い

今からやることを成功させたい、失敗したくないという気持ちになり不安になるのはその事柄に対して責任感を感じているからです。

もしも責任感を感じていなければ、どんなに悪い上京になったとしても「自分には関係ない」こととして、全くプレッシャーなんて感じないものなんですよね。

自分のなかでは全く関係のないことと思っているのに少しでもプレッシャーを感じてしまうのは、そこに自分の責任感があると感じているからなんです。

ある意味”オトナ”な人なのかもしれないですね。

周りからの評価が気になる

自分ひとりでやることがあったとしても、そのあなたの行動の結果を楽しみにしている人はたくさんいるはずです。

その人たちに思っているような期待している結果を残したり、見せてあげることが出来なければ悪く評価されてしまう!と感じてしまうためにプレッシャーに感じてしまう人も。

要するに周りの人からの評価が気になってしまうんですよね。

生きている上で周りの評価を少しは気にするほうがいいかもしれませんが、プレッシャーを感じてしまう人というのは過剰に周囲の人の期待に応えようとしてしまう人なんです。

認められたいのは分かりますが、あなたにはあなたの基準というものがあるはずですよ。

プレッシャーに慣れていない

これまでに何かに期待されるようなことがなかったり、なんとなく知っていることだとかチャレンジしたことにトライしていたから「全く緊張せずに物事を進めることが出来た」なんていう方もいるのではないでしょうか。

そのような人は、ある意味これまでの人生のなかで「プレッシャー」を感じたことがありません。

誰かの評価を気にすることもなかったのかもしれないですし、そのようなことをする必要のない環境にいたのかもしれないですね。

しかし、環境が変われば人は変わります。

これまでプレッシャーなどを感じたことがなかったのに、プレッシャーを感じるようになってしまうんです。

そして、これまでの人生のなかでプレッシャーを感じたことがないためにどのように対処すればいいのかもわからない。

それに「この重ったるい気持ちはなんなんだ」なんてその感情を気にしてしまい、すべきことまで手に付かなくなってしまう人もいるんですよね。

期待に応えたい

プレッシャーを感じてしまう人というのは、周囲の人の目線を過剰に感じています。

周りの人から「がんばってね」「応援しているよ」なんていわれたら、それだけでプレッシャーになってしまうんですよね。

要するにその言葉は「君の成功する姿をみたい」という意味として受け取ってしまうからなんです。

周りの人はたしかに応援はしているけれどもそのような過剰な期待はしていないかもしれません。

しかし、応援してくれた人、そして見守ってくれている人の期待に応えたいと感じてしまうのが”プレッシャーを感じる人”なんですよね。

期待に応えることが出来なかったら、悲しい思いをさせてしまうだとか怒らせてしまうかもしれないなんていう気持ちがあるがためにもっともっとプレッシャーが大きくなってしまうのです。

自分で自分のプレッシャーを大きくしてしまっているってことなんですよね。

️プレッシャーを乗り越えるための20の方法

プレッシャーを感じてしまう原因がわかったところで次は、ようやくそのプレッシャーを乗り越えるための方法をご紹介していきます♪
誰でも感じる可能性のあるプレッシャーだからこそ、その対処法を知っておけば自分だけではなく誰かが困っている時にアドバイスすることができるかもしれないですよね。

プレッシャーにまた負けた。

なんていうことのないように、今回はそのプレッシャーに対してできることからやっていきませんか?そうしたら、そのプレッシャーに飲み込まれることなく、成功の道をビューンッ♪とまっすぐ進むことが出来るかもしれません。

また、どんなときでも諦めないでくださいね。

自分に自信を持つ

まずは、自分に自信を持ってください。

というと、誤解をさせてしまうのですが・・・。

あなたには、自信がありますか?自信がある人だってない人だって、ときにはプレッシャーを感じてしまうものです。

自信がある人はもう少し自信をつけることができればずいぶん変わりますし、自信がない人は少しだけでも自信を持つことが出来ればもっと人生が変わりますよね。

そんな自信のつけ方ってしっていますか?自信という言葉は、自らを信じると書きます。

自分を信じるからこそ、それが自信につながっていくんですよね。

では、どのようにすれば信じることが出来るのでしょうか?もしかしたら未来の姿を想像してそうなっている自分を信じて、その自分に近づくために行動する人がいるかもしれません。

しかし、ほとんどの人はそのようなパターンでは自信をつけることはできないはずです。

だってその目標としていたものに近づいても近づいても、自分の求めている”自信”が手に入らないからなんですよね。

実は、自信というのは「行動したあとについてくる」という性質があります。

まぁナルシストでいつでも自分に自信を持っているのであれば、これはあてはまらないのですが。

何事も「これできるかなぁ」なんて心配になるのが人間です。

そんなときに「自信がないから」って諦めるのではなく、なんでもいいからその近いことをしてみるんです。

そうすると「こんな自分にもできるんだ」とか「できた!」なんて、あなたの気持ちに切り替わります。

それが自信なんです。

自分を信じることができるのは行動するから。

ずばり、自分に自信を持つためには、そのプレッシャーを感じている物事に似たことをトライしたり、もうなんでもいいからチャレンジしてみることです。

そうするとアレレ。

不思議なことに成功しなくても、たとえ失敗したとしても「チャレンジしたこと」自体があなたの自信に繋がり、次へのステップへ繋いでくれることになるんです。

しっかりと目標を持つ

あなたは、目標を持っていますか?プレッシャーを感じてしまうのは、こんなことをいうと反感をかってしまうかもしれないのですが”暇”なんですよね。

あなたは、きっとあなたなりの目標に向かって突き進んでいることでしょう。

その目標を達成するために1日のノルマを決めているかもしれません。

そんなノルマをこなしてしまったらそこで終了にしていませんか?また、やることはあるのにそれをほったらかしにして他のことをしようとしていませんか?そんな風だから、プレッシャーを感じてしまうのです。

まずは、しっかりとあなたの目標を明確にすること。

とっても細かく設定してください。

もしも国家試験を受験しようとしているのであれば、”来年の国家試験には受かる!”でもかまいません。

そうやって来年に設定したのであれば、今すぐにやらなければならないことが明確になってきますよね。