ゲップは外国からしてみれば、おなら同様に恥ずかしいもの。

日本人にしてみれば、他人の前でゲップをすることはしません。

しかしチョット気心が知り合う関係であればゲップは許されるもの?

たまたまゲップが出てしまっても「ごめん」で済まされる程度です。

正直なところゲップを汚いという認識は、あまりない人もいるかもしれません。

しかしゲップは汚いものです。

消化不良から起こるゲップは酸味もわきあがり、独特の臭いがあります。

喉を刺激するような違和感をかんじることでしょう。

しかし、ゲップが日頃から出てしまう人は注意した方がいいかもしれません。

ゲップが出てしまうときは、コントロールができないものです。

食事をしていたり、大切な人と会っているときにゲップが出てしまったら大変です。

ゲップが出る原因を知って対処しましょう。

ゲップがたくさん出て困る…!

何故、ゲップは出てしまうのでしょうか?ゲップがよく出る人と、あまり出ない人がいます。

それは食事が大きく関係しているようです。

例えば、食事の食べ方や普段食べている物によりゲップは多く出てしまうことがあります。

一番わかりやいと言えば、炭酸水です。

炭酸水を日頃からよく飲む人はゲップが出やすい人と言えるでしょう。

炭酸水には二酸化炭素を含んでいます。

胃の中で温まることで二酸化炭素が気体となり溜まって溢れます。

そうするとゲップが起る。

それだけじゃなく食事時に空気をたくさん吸ってしまう人もゲップが出やすくなります。

また、もしかしたら病気の可能性もありえます。

そもそもゲップの正体は?

そもそもゲップの正体は何?ゲップは胃の中にたまった空気がガスとして口から排出される現象を言います。

人間は食事や会話をする度に自然に体内に空気を吸い込みます。

人間は生きているかぎり、呼吸をします。

息を吸って吐いてを繰り返し、体内に入った空気の一部は胃に溜まります。

通常は体内で吸収されますが、胃に溜まる空気の量が多くなると空気は食道に逆流してゲップとして口から排出されてしまいます。

それは身体そのものが、胃の負担を軽減しようとするからです。

ゲップを我慢してしまうこと、それも身体にとっては良くないことです。

後々、ゲップを排出しない為に胃の不快感をかんじるようになることもあります。

胃に溜まった空気やガスが口から出てきたもの

ゲップは胃に溜まった空気やガスが口から出てきたものです。

本来、食事をすることで口から食べ物を運びます。

胃は食べ物を一時的に貯留して消化液によって分解します。

もともと胃は通常でも、ある程度の空気が入っています。

食事をすると更に口から食べ物と一緒に空気を取り込み、消化分解する過程でガスが発生するのです。

この一連の動きがスムーズに出来ないとゲップは過剰に出て多くなります。

その原因は胃の不調、ストレス、食生活などが原因と言われています。

ゲップの8の対策法

ゲップは生理現象と言われていますが、やはり人前でゲップを出すことは恥ずかしいこと。

欧米ではもちろんですが、日本でも品格を失われることになります。

ゲップが出そうになったときに、自分では止めることができないのでしょうか?ゲップは生理現象ですが、ゲップの対策法は、いくつかあります。

極端な話、ゲップが出そうになったときに息を押し殺すことでゲップが口から出ることは防ぐことができます。

しかし急遽、息を殺してゲップを無理やりに抑えることは体にも良くないですし、後々我慢できないほどの大きなゲップが逆流してくることもあります。

もっとより効果的な対策法を身につけましょう。

水を飲む

ゲップ対策として、過剰に摂取したガスの中和には、水分補給も効果的と言われます。

逆流性食道炎の場合は逆流した胃酸を水を飲むことで胃袋に押し流すことができるからです。

要は、食道を洗浄することが出来るのです。

ゲップをすると胃酸が逆流して酸っぱいものが込み上げてくるのが、逆流性食道炎です。

ゲップを我慢しても口の中は酸味や刺激が残り不快感を残りします。

そんなときに水を飲むことで、嫌な不快感を失くすことができます。

ゲップをした時に水を飲む場合は、常温の水をゆっくり飲むことがおすすめです。

冷た過ぎる飲み物、温かい飲み物は胃に刺激を与えてしまい、胃がビックリしてしまいます。

また水を一気に飲むことで余計な空気を吸い込んでしまうことがあります。

極力、胃に刺激を与えない常温の温度で、ゆっくりと水分を飲むことがゲップを抑えることができます。

カフェで大事な商談やデートの時でも水をさりげなく飲むとゲップを回避できるかもしれません。

カフェの水は氷が入っている場合が多いので、氷を抜かして水だけ少し含み、ゆっくり飲むことがおすすめです。

気道を抑える

ゲップが出てしまいそうになるとき、気道を抑えることもおすすめです。

特に水などが側にないときは、とっても役に立つゲップ対処法だと言えます。

本来、口で呼吸すると空気は食道に送られる前に気道に流れ、肺へ取り込ます。

ですが食べ物と一緒に空気を飲み込むと気道ではなく食道に送られていきます。

そのときにゲップが思わず出たくなる場合はあります。

炭酸水を飲んだときにゲップが出やすくなります。

そんなときに気道を抑えるとゲップが出なくなります。

と言っても気道を防ぐと言っても、どうすれば良いか分からない人もいます。

気道を抑えるポイントとしては喉を閉めるイメージです。

分かりやすく説明すれば顎を引くと気道は狭くなります。

意識的に行うことで効果的にゲップを抑えることができるでしょう。

胸を張る

ゲップが出てしまいそうになるとき、胸に何かが引っかかるような圧迫感をかんじる人も多いと思います。

それは食べ物を口に入れたときに食道まで送ることができないことが原因です。

食べ物と一緒に入った空気が胸で溜まってしまっています。

そのまま逆流してゲップが出やすくなります。

胸を張ることで気道が確保されて食べ物が食道に流れやすくなり、同時に空気も流れて生きます。

とくに早食いの人は、胸が苦しくなり、引っかかるような状態が続きゲップが発生しやすくなります。

胸を張るだけで食べ物の通りも良くなるのでおすすめです。

顎を引く

常に顎を前に出し口を開けたままの体勢をとっていると気道が開き過ぎてゲップは出やすくなります。

顎を前に出しやすい体勢はデスクワーク作業が中心の仕事の人に多いです。

全体的に猫背など姿勢が悪くなる、無意識に歯の噛みしめを繰り返していることが多いです。

このような体勢の方は消化不良を引き起こしやすくなりゲップが出やすくなります。

顎を引くことで姿勢も自然と伸ばされ改善することができます。

チョットした姿勢の変化でゲップは出にくくなります。

とくに歩いていても、猫背の人は顎を前に出ていることが多いです。

また若い人に多いのがスマホを年中しているスマホ首です。

スマホをしていると顎が前に出てしまう、口を終始開けていることで鼻呼吸ができずに口呼吸をすることで空気をたくさん取り込んでしまいます。

食べ過ぎない

食べ過ぎる人はゲップの回数も多くなります。

通常でも飲食をすれば空気は飲み込んでいるものですが、食べ過ぎることでより多くの空気を飲み込んでしまうことが原因です。

ゲップは食べ方など食事方法で回数も減らすことができます。

食べ過ぎる人は過剰に身体の中に空気を取り込んでしまってゲップが出やすくなります。

それだけじゃなく、たくさん食べることは消化不良の原因にもなります。

消化不良はゲップを引き起こしやすくなります。

食事をするときは、極力、腹八分目を心がけることで食べ過ぎることはなくなります。

満腹感を少量で感じることで胃酸の量も適切にでて、逆流するようなことはなくなります。

ゲップが出やすい人は食べ方に注意することが必要です。

ゆっくり食べる

食べ過ぎイコール早食いの人が多いと思います。

食べ過ぎと早食いはゲップを引き起こす大きな原因のヒトツです。

改善していきましょう。

早く食べることは胃に負担をかけてしまいます。

胃酸を多く分泌してしまい、消化不良を引き起こしゲップが出やすくなるのです。

食べ過ぎはもちろんですが、脂っこい食事、刺激物、なども注意が必要です。

またダラダラと時間をかけて食事をすることも胃に負担を与えてしまいます。

飲食店などサービス業の人は特に早食いが多いです。

職業柄、早食いをしてしまいがちの人は注意をしましょう。

良く噛み、飲み込むことでゲップ対策はできます。

炭酸を飲まない

ゲップイコール炭酸水と言っても過言じゃない程、ゲップが出る要因になる炭酸水。

炭酸水を飲んだ後は自分からゲップを引き出さないと胃の不快感をかんじるものです。

炭酸水には二酸化炭素を含んでいます。

口の中に入り、胃の中で温まることで二酸化炭素が気体となり溜まって溢れ出ます。

そして逆流してゲップを引き起こすのです。

もっと詳しく説明すれば、胃の中のガスは体外からの空気と胃の中で発生するガスの混合物です。

通常、飲食物や唾液を飲み込むときに、胃の中は空気も飲まれていきます。

胃の中は酸性です。

そこで炭酸を飲むことにより二酸化炭素が発生します。

発生した二酸化炭素は一気に吸収されることはありません。

ゲップとなり口から出るようになるのです。

また炭酸を多く飲むことでゲップだけじゃなく、おならも多くなることもあります。

炭酸を飲むとき、ほとんどの人は一気に流し込むことが多いですよね。

それも吸収されずにゲップを引きこす原因のヒトツかもしれません。

ストレスを溜めない

ゲップとストレスも深い関係があります。

人間は緊張や不安を感じると自分では気づかないうちに空気を余計に飲み込んでしまう傾向があります。

これを呑気症と言います。

空気は唾液と混じり、胃の中で過剰なガスとなるのです。

またストレスを感じると無意識の歯の噛みしめ、溜息も唾液を増加させてしまいます。

過剰な空気の飲み込みが結果的にゲップの回数を多くしてしまっているのです。

ただ、ストレスの場合は自分自身で空気を余計に飲み込んでいることに気づかない。

だからこそ、なかなか治すことが難しいのです。

「最近、ゲップが多くなってきた」と思ったとき、ストレスを溜め込んでいないかチェックしてみましょう。

ストレスの解消には身体の緊張をほぐすことが大事です。

便秘を解消する

ゲップは口から出る「おなら」とも外国では認識されているほど汚いもの。

ゲップは飲み込んだ空気がガスとなり口から出るため、たしかに匂いも感じます。

特に注意しないといけないことは便秘気味の人です。

便秘は腸内バランスを崩し、食べ込んだ物を送り出すことができない。

腸内に食べ物や老廃物が滞る現象です。

その為、便秘になると身体の中にガスも溜まりやすくなります。

便秘の人がゲップをすると臭いもきつくなりがちです。

身体の中に滞った物をスムーズに送り出すことが大事になってきます。

ゲップの回数と便秘は繋がっているので、まずは便秘解消を心がけましょう。

規則正しい生活

基本的に生活バランスが乱れると内臓に影響を及ぼしてきます。

暴飲暴食を繰り返し、運動をして消化しないままだと運動不足になり胃腸の働きの低下を招きます。

また夜更かしなど睡眠バランスを崩すと自律神経も乱れてストレスとなります。

これらの行為はゲップを引き起こす原因になるのです。

とくにストレスを感じると夜眠ることが出来なくなりますし、食事のバランスも崩してしまいます。

ストレス解消には散歩やウォーキングが一番良いです。

身体を動かせば、食生活も変化して行きます。

規則正しい生活を心がけることで体内バランスは正常に戻りゲップの回数も減っていきます。

ゲップの原因

ゲップは身体の中に過剰に空気を入れ込んだことにより、ガスが発生する自然現象と言われています。

呼吸をしたり、食事をしたりすれば空気は自然に入り込みます。

しかしゲップが出てしまうのは、空気が口の中に入り過ぎることです。

それは、通常の食べ方や通常の呼吸では過剰には入り込まない。

食べ方に原因がある、または食べているものに原因があるのです。

これらが原因であれば自分の癖を治すことはできますが、体調を崩していると自分で治すことは困難です。

何か、別の病気と繋がり症状としてゲップが多く発生している場合も充分にあります。

自分自身のゲップの原因を知ることが、ゲップの回数を減らす一番の対処法です。

食べたり飲んだりが基本的な原因

人間は誰でも食事をします。

その時に口を開けるので当然、空気も入り込みます。

しかしゲップが出てしまう人とゲップが出ない人と分かれるのは何故でしょうか。

それは食べたり飲んだりするときの食べ方です。

食べ方が特徴的な人はゲップも出やすくなります。

また食べる物によってもゲップは出やすくなります。

食べたり飲んだりがゲップの原因だとすれば、自分で治すことはできます。

食べたり飲んだりした後に必ずゲップが出てしまう方は注意しましょう。

飲食時に空気を多く飲み込む

では、食べたり飲んだりした後にゲップが出てしまう人は、どんな食べ方をしているのでしょうか?基本的に「大食い」「早食い」の人はゲップが出やすくなります。

たくさん食べようとすると大きな口を開ける、丼物などを口にかきこむときに食べ物と一緒に空気もたくさん吸い込んでしまいます。

早食いの方は、食べた物を消化しないうちに次の食べ物を口に入れてしまいます。

そうすると胃の中は消化不良を起こしてガスが発生して食べ物と一緒に逆流するのです。

「早食い」イコール「大食い」は、共通点があります。

たくさん短時間に食べたいから早食いになり大食いになります。

どちらも消化不良を招くものです。

早食い、大食いは自分が意識すれば改善することができます。

また、ダラダラと「ながら食い」をしていることや雑誌を読みながら食事をしていることもゲップを引き起こす食べ方と言えるでしょう。

食事の後にゲップが何度も出てしまう人は食べ方に注意しましょう。

胃の不調

ゲップが出やすくなる病気はあります。

ゲップは胃と繋がっているため、胃の不調を感じている人は注意が必要です。

ゲップが出やすくなる胃の病気は「胃炎」「胃十二指腸潰瘍」です。

病気になり胃の働きが低下すると消化不良の症状を引き起こします。

もちろんゲップも多くなりますが、胸やけのような息苦しさも同時に感じることでしょう。

「逆流性食道炎」の原因と考えられる「食道裂孔ヘルニア」もゲップの症状が見られます。

ゲップと同時に胃酸が逆流して独特の喉の刺激や異臭、酸っぱさを感じます。

逆流性食道炎は食べ方が悪い、食べる物で影響してきます。

このような病気になると自分で治すことは難しくなり、放置するとドンドン悪化して症状も重くなります。

消化器系の病院に行き、診察することをおすすめします。

自律神経の乱れ

ストレスが溜まると自律神経の乱れを引きこします。

自律神経の乱れは、交感神経と副交感神経のバランスが上手くとることができなくなることです。

興奮や緊張など活動をつかさどる交感神経とリラックスさせてくれる副交感神経。

これらは自律神経として自動調整してもらうものです。

ですがストレスが溜まりすぎると自律神経の自動調整が上手にできません。

溜息を穿く回数も増え、歯を噛み締めたりと無意識にゲップを引き起こす行動を増やしてしまうのが自律神経の乱れであり、ストレスです。

自律神経が乱れると、自律神経失調症を引き起こします。

自律神経失調症は身体の器官に不調が表れます。

消化不良によるゲップだけじゃなく、便秘や下痢など腸内バランスの乱れ。

疲労感、眩暈、不眠症、頭痛、肩コリ、顔のほてり、動悸、息切れなどです。

自律神経は、生命の維持に関わるあらゆる器官です。

神経をコントロールする大切な場所です。

循環器、消化器、呼吸器など24時間働き続けている神経です。

副交感神経と交感神経の2つをバランスよく保つことが大事になります。

夜更かしによる睡眠障害、人間関係のストレスが自律神経を乱してしまいますので注意するようにしましょう。

胃の筋肉が弱い

胃下垂等が原因で胃の筋肉が弛み弱くなると胃の機能が低下します。

このような病気を「胃アトニー」とも言います。

胃の筋肉が弱い人の特徴は痩せているタイプが多いです。

痩せていることで腹の筋肉が柔らかくなります。

時に胃の形状が変わってしまうことがあるのです。

ゲップが多くなる症状の他にも、お腹がゴロゴロと音立てることもあります。

基本的に不快感は差ほどありませんが、便秘や食詰まりを感じる人もいます。

症状が酷い人はゲップ以外にも頭痛や眩暈を感じる人もいます。

胃の筋肉が弱い人は食事療法が必要になります。

栄養は白身魚等のタンパク質を中心にして消化がしやすい食べ物がおすすめです。

また水分摂取を少ない方が良いでしょう。

時には、胃の運動を活発にする薬や消化剤を病院で処方してもらうことも可能です。

自分自身でも適度に運動するとより効果的に胃の筋肉を鍛えることができます。

ストレス

ストレスが溜まると自律神経の乱れを引き起こすことを説明しましたが、それ以外にもストレスは身体中の血管を収縮させる作用があるのです。

不安や緊張が強くなると急激に血管が収縮します。

同時に胃も収縮するため、腹圧がかかりゲップを引き起こします。

ストレスは自分では気づかない間に空気を飲み込んでしまいます。

普段の呼吸とは異なる動きをしているのです。

ストレスが溜まると喉も渇きやすくなり、唾液で喉を潤すことが多くなります。

唾液や水分と一緒に空気も一緒に飲み込んでしまいます。

ストレスは交感神経が優位となるため、胃の働きが低下して余分な空気がゲップとなり出てしまいます。

ているので、まずは便秘解消を心がけましょう。

病気

ゲップの回数が多いことは仕方ないと思って放置すると病気を引き起こししまうこともあります。

また同時に「胃もたれ」「食い合わせが悪い」など自己判断をしていると病気だということに気づかないこともあるのです。

病気の症状のヒトツにゲップがあります。

代表的な病気は胃潰瘍、胃下垂、十二指腸潰瘍、胃酸過多症、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニアなどです。

病気が原因の場合はゲップ以外にも他の症状が必ず現れます。

ゲップが出ると言う事は身体が何かしらのSOSを発していることになります。

自分自身の自己判断は病気の症状を遅らせて悪化させることに繋がります。

ゲップが起りやすい病気を知って、体調管理をしましょう。

呑気症

簡単に説明すると、呑気症は空気をたくさん飲み込んでしまう病気です。

呑気症は別名で空気嚥下症ともいいます。

大量の空気を飲み込んでしまうと胃や食道、腸に空気が溜まります。

ゲップが起りやすくなることはモチロンですが、腹部膨満感や胸焼けの症状もあります。

空気を大量に飲み込んしまう程度だと支障がないように思われますが、慢性化してしまうと胃や腸にガスが充満して息苦しさを終始感じるようになります。

呑気症は癖になりやすい病気です。

息苦しさや胸焼けを感じている人は注意しましょう。

食事の仕方、早食い、不安や精神的ストレス、歯を噛みしめ、口呼吸が多い
義歯の不適応、姿勢が悪さ等など原因です。

呑気症の治療は、これらの原因を治すことだけじゃなく、薬物療法やカウンセリング、マウスピースなども必要になることがあります。

胃下垂

胃下垂は大きな症状がなく、病気とも思われていません。

無症状の人もいますが、腹部の不快感や吐き気等の症状が起こる人もいます。

胃下垂は胃が骨盤内にまで落ちてしまうことが原因で胃の機能が低下してしまいます。

胃は胃酸を分泌して、食べ物の分解を助ける作用と運動をしています。

食べ物を胃から小腸へと送り出す重要な役目があるのです。

しかし胃下垂になると胃の機能も低下するため、胃の中に食べ物が長く溜まり消化できない状態となります。

その結果、消化不良になりゲップや胃もたれを引き起こしてしまいます。

また胃下垂になると便秘の症状にも悩まされます。

まずは便秘解消を心がけましょう。

胃潰瘍

胃潰瘍の人は、みぞおちあたりを手で押さえていることがよくあります。

それは胃潰瘍になると、みぞおちあたりに痛みを感じるからです。

胃潰瘍は食べ過ぎた場合や食後に起こりやすい病気です。

胃潰瘍の痛み方は個々に違います。

胃潰瘍も胃の機能が低下によるもので、基本的には食べ物をあまり食べることができなくなります。

その為、職場の付き合い等で無理に食べてしまうと食後に胃潰瘍の症状が現れるのです。

消化不良のため、ゲップ、胸焼け・吐き気等の症状がでます。

ゲップの場合は胃酸が逆流するため、酸味を感じます。

十二指腸潰瘍

十二指腸は小腸の一部で胃から下る最初の腸の部分です。

十二指腸潰瘍は更に胃と十二指腸とを繋げる幽門から出た部分に潰瘍ができます。

十二指腸潰瘍は胃潰瘍と合わせて消化性潰瘍とも言われます。

胃液によって胃の粘膜を傷つけてしまう病気です。

胃酸分泌が多くなり胃から食道にかけて逆流することでゲップの症状が起こります。

十二指腸潰瘍と言うと胃が痛くなるイメージですが、十二指腸は胃よりも背面に位置しています。

そのため、胃ではなく背中が痛みます。

胃酸過多症

胃酸過多は、その名の通り胃酸が多くでる病気です。

食べ物を口に入れて飲み込んだとき胃酸が分泌されますが、通常より過剰に分泌されてしまう病気が胃酸過多症です。

症状は胸焼け、喉に圧迫感をかんじる、ゲップが数十分置きに頻繁に出るなど様々です。

ゲップが頻繁に出てしまうほど進行してしまうと完治するまでに1ヶ月以上かかってしまうこともあります。

胃酸過多症の原因は食生活が乱れ、暴飲暴食が多いです。

また運動不足や早食いも原因のヒトツ。

猫背など姿勢が悪い人も胃酸過多症になりやすいので注意してください。

逆流性食道炎

逆流性食道炎も名前のごとく、胃酸が逆流することで食道が炎症する病気です。

食道と胃の繋ぎがうまく作用せずに胃酸が胸の方へ上がってしまいます。

本来、1日2リットル以上分泌されている胃酸が逆流しないように閉まっている胃と食道の境目が何らかの原因で開いてしまい胃液が食道に逆流することで生ずる食道の炎症です。

そのため、逆流性食道炎になると胃酸が逆流してくるので酸味のあるゲップや喉が痛くなります。

症状はゲップ以外にも胸焼けなどを感じて胃に不快感を覚えることでしょう。

逆流性食道炎になる原因は過度のストレス、肥満、食生活、暴飲暴食、運動不足など様々です。

逆流性食道炎の場合、あまり刺激物を食べたり、アルコールやタバコはおすすめしません。

食事もゆっくりと消化の良いものを食べるようにしましょう。

胃の不快感をかんじるので、病院に行き薬を処方してもらうことが良いでしょう。

食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニアは食道だけが通るべき裂孔から、胃の一部が胸部に飛び出てしまう病気です。

食道裂孔ヘルニアになりやすい人は肥満タイプに多く見られます。

腹の圧力があることや加齢によって食道裂孔が緩くなることなどが原因です。

食道裂孔ヘルニアの症状は軽い消化不良程度なため、ゲップが多くなることが多いです。

しかし胸の痛み、胸の不快感、お腹の張り、悪心、吐き気、嘔吐を感じる人もいます。

食道裂孔ヘルニアの多くの場合は治療等がありません。

しかし、逆流性食道炎や消化器症状の場合には、治療が行われることになります。

ゲップはバレると恥ずかしい!

ゲップは、やはり汚いイメージが大きいです。

ゲップを好きな人や大切な場面で出ることは恥ずかしいことです。

思わずゲップが出てしまいそうになるとき、唾液を飲み込んで押し殺すことがありますが、やはり胃酸が逆流して何とも嫌な不快感をかんじます。

水がある場合は水で流し込むことが一番の素早い対処法かもしれません。

しかし頻繁にゲップが出ることは人と会うことも避けてしまいたくなるほどです。

ゲップが頻繁に出ることは身体の中でSOSを送っていることと一緒です。

何故、ゲップが頻繁に出るか、一度よく考えてみましょう。

ゲップだけじゃなく、身体の不快感をかんじているはずです。

ゲップが頻繁にでる人は一度、消化器系の病院に行き相談することをおすすめします。

ゲップが出てしまうことは食事、生活環境、ストレス、病気によるもの。

いずれにせよ、ゲップが口から出てしまうと取り返しができません。

たかが、ゲップと思って放置してしまうと慢性化になる自分の意志では止めることができなくなります。

ゲップは消化不良によるもの、身体の中から湧き上がってくる空気とガスです。

そのため、慢性化すれば酸味や臭いも強くなります。

ゲップが慢性化しないためにも早めに手を打ちましょう。