駅周辺やカフェなどに喫煙所はありますが、まだまだ路上喫煙など他者へ迷惑をかける喫煙を続けている方の姿が目につく日本ですが、ここ数年は禁煙に向けた動きとマナーのある喫煙方法に向けた動きが活発になってきています。

とは言え、すぐに禁煙しろと言われても、なかなか喫煙者には難しいですよね。

そこで今回は、周りに迷惑をかけずに喫煙をするための方法をご紹介します。

喫煙者の方のマナーが良くなれば、社会からの冷たい目も減りますよ。

禁煙者だから関係ないと思った!あなた、これを知っておいて喫煙者の方に指摘ができれば喫煙マナーも良くなり、あなたにとっても害は減りますよ。

ぜひ、日本の喫煙マナーを良くするためにみなさんに覚えていただきたいと思います。

私は禁煙者ですが、どちらの方にも理解できるように説明できるように努めますのでよろしくお願い致します。

喫煙を辞めてストレスが増えて癌になったということもあるので、ストレスを貯めさせないためでもあります。

快適でみんなが安心して生活できる日本をぜひみんなで目指しましょう。

やっぱり喫煙がやめられないあなたへ

禁煙ブームではありますが、なかなかタバコをやめられない方は多いです。

一時期値上がりなどでやめられた方もいらっしゃいましたが、結局戻ってしまったと言う方も良く見ます。

では、タバコをやめることは難しいことなのでしょうか。

ここからは禁煙に向けた日本の動きを説明します。

喫煙をやめられる人の割合

喫煙をやめられる割合として年々高くなってきています。

喫煙率の調査を始めてから今年までに50%近く喫煙率は減ってきているので、禁煙に向けた動きは出てきていますが、これは吸っている、吸っていないのデータであり、喫煙を辞めたかどうかは怪しいところであります。

傾向としては、男性の場合は歳を重ねるごとに禁煙に走る傾向があり、健康のことを考えているのかと思われます。

逆に女性の場合は年齢など関係なく、法則性のようなものがありません。

やめられるかどうかはその人次第であり、禁煙へ走るには健康の面もあれば、値上げなどによる経済的な影響もあるようです。

日本の喫煙率は減っている

前文で示した通り、日本の喫煙率は減少傾向にあるのは間違いないです。

ここ数年は1%ずつですが、男女ともに減少してきています。

特に20代は、ここ数年はずっと減少の傾向があります。

逆に増えたり減ったりしているのが40代と50代で、この世代になるとずっと吸っていた人もいれば、仕事などでストレスを感じやすい年代でもあるので喫煙に走ってしまう傾向があるようです。

また、吸うのが当たり前として見てきた世代でもあるので、喫煙に対して悪い印象もないので、簡単に喫煙してしまう感じがします。

ただ、日本の全体の流れとしては減少傾向にあり、今の20代が40~50代の時はもっと喫煙率は減っていると思われます。

この世代は喫煙に関しては良い印象を持っていないので、喫煙に走ることはあまりなさそうです。

では、なぜ、喫煙が減少し始めたのかを次に説明します。

1.社会的風潮

そもそも日本では喫煙はカッコいいイメージがあり、大人になったらしてみたいことの1つにもなっていました。

隠れて吸う学生も多くいたので、先生も手を焼いていたのを覚えています。

ではなぜ禁煙の風潮が強くなったのかと言うと、1つはエイズと言う病気の出現が上げられます。

これはタバコと全く関係がないのですが、エイズをはったんに他の病気もピックアップされ、それまで日本では最も恐れられていた癌と言う病気がクローズアップされ、主な原因の一つにタバコであり、それも吸っていない人にも副流煙で影響を及ぼすことが大きく報道されたために喫煙に対し、良い目を向けなくなりました。

また、日本が強く影響を受けやすい国の1つであるアメリカが喫煙に向けて国として動いていたこともあり、さらに世界保健機構が「たばこ規制に関する枠組条約」を採択したことにより、2004年に日本の国会でも可決されたことから一気に禁煙への動きが強まりました。

それ以降に喫煙所を設置するなど、喫煙者が排除されるような感じになり、また、喫煙者に対して良いイメージを持てなくなりました。

その後、喫煙者のマナー違反などもピックアップされるようにもなってきたので、さらに禁煙に拍車をかけブームにもなりました。

最近ではまだ喫煙しているのと言う言葉も飛び交うようになり、完全に喫煙が時代遅れの行動であるように見られています。

2.たばこの値上げ

さらに禁煙に拍車をかけたのがたばこの値上げです。

昭和の時は100円ぐらいだったのが現在は440円前後まで値上がっています。

これは家計に響くぐらい深刻なものになってしまいました。

また、値段のほとんどが税金であることからも価値がないものにように見えてしまうこともあり、禁煙にならざるを得ない人も出たらしいです。

喫煙者の方は1日1箱吸うペースらしいので、それで計算すると、現在では1カ月で13200円であり、100円だった時代から約1万円もタバコにお金をかけていることになります。

それを知ってしまうと、1万円もあればあれもこれもできたなと考える人もいるので、必然的に禁煙になった人もいます。

懐事情を考えるとタバコの値上げがきっかけで禁煙になられた方が多い感じはします。

また、最近では収入も減ってきているので、タバコの負担は大きいので、辞めざるを得ない人もいます。

しかし、世界的に見るとまだ日本のタバコは安い方でアメリカなどの国では1000円前後なので、いずれ日本もそれぐらいになるのではと言われています。

それぐらいになればおそらくもっと禁煙者が増えると考えられています。

喫煙を周りに迷惑をかけずにするための5個の方法

それでは喫煙者の方も禁煙者の方も知りたい周りに迷惑をかけずにするための方法をご説明します。

これを知っていれば喫煙者の方も禁煙者の方もストレスを感じに済みますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

1.家では換気扇の下だけで吸う

こちらは家の中で喫煙する場合の方法です。

換気扇は空気を循環してくれるので、タバコのニヤや臭いを軽減してくれる働きがあります。

これなら周りに分散することがないので、周囲に不快な思いをさせることなく、喫煙をすることができます。

ただ、この場合、ダクトから隣家にタバコの煙と臭いが行く可能性があるので注意が必要です。

壁紙が黒くならない

換気扇により空気が循環されタバコのヤニや臭い、煙が分散され外へ排出されるので、部屋の壁の変色を防ぐことができます。

また、それにより部屋でタバコを吸ったことがばれない可能性もあります。

ある意味、家庭内に迷惑がかからないので、家族環境も壊すことがないのでおススメできる方法ではあります。

ベランダは近隣住民から苦情が来る

一軒家の場合はあまり気にならないのでしょうが、マンションやアパートの場合は、換気扇を通じて隣の方にタバコのヤニや臭い、煙が行ってしまう場合があり、苦情を喰らう可能性があります。

吸うタイミングにも寄りますが、周囲との関係を壊すとそこにいられなくなる可能性があるので、隣人に迷惑をかけるようならば禁煙せざるを得ない可能性もあります。

2.電子たばこにする

最近、喫煙者に人気が出てきているのが電子たばこです。

乾燥葉や液体を電熱線で発熱させることでエアロゾル(霧状)化させるたばこで、煙を吸うのではなく蒸気を吸うたばこで、従来のたばこと同じでリラックスできると考えられています。

エアロゾル化していることで、たばこよりも周囲へ煙が発生することがないのと有害な物質の発生も防ぐことができます。

また、意外とコストパフォーマンスも良いことから値上げしたタバコよりもお安く済みます。

周囲への害は大幅に減る

煙や有害な物質を抑えることができるので、周囲への害は大幅に減ります。

しかし、世界的に見てもしっかりとして研究結果が出ていないので、もしかしたら発生している可能性もすてきれません。

また、たばこ本来の味と違うという意見もあるので、喫煙者すべてを満足させるものとも言えないので、こちらへ移り変わる可能性が大きいとは思えません。

コストの削減など魅力的な部分はいっぱいあるので、ぜひ、研究結果をしっかり出して体に大丈夫なのか、周囲に影響がないのかの判断材料がほしいです。

ただ、喫煙を不快にさせるイメージの払しょくになっているので、一概に悪いとも言えないので活用方法を見いだしたいです。

3.無煙たばこにする

噛むことやかぐことでタバコの味と臭いを楽しむものとしてJTも進めているタバコの1つです。

煙が発生しないので周囲への悪影響はかなり防げると思います。

また、火を必要としないので従来喫煙を禁止していた場所でも利用することができる画期的なタバコと言えます。

ただ、煙が発生しないからと言って有害でないかというとその点はまだ解明されてなく、一概に安心してタバコを楽しめるものだとは言えないものでもあります。

次に無煙タバコである噛みたばこと嗅ぎたばこの説明をします。

4.噛みたばこにする

ガムような感じでタバコの葉を直接噛むことによって香料や味を楽しむタバコです。

火を使用しないというメリットがあるために火災の心配もないので、世界的に見ると弾薬を扱う兵士や動物を扱う職業の人たちに人気があるタバコです。

ただ、注意しないといけないのは噛んでる最中に発生する唾はニコチンなどの猛毒を大量に含んでいるので飲みこんではいけないことです。

吐き出す際も周囲を見て判断しないといけません。

周囲への迷惑を考えてかタオルに吐き出す方もいました。

日本では副流煙も出ないので周囲に迷惑をかけないとして一時期流行りましたが、日本人の口に合わなかったのかそんなには流通していません。

周囲には迷惑をかけてないので、唾の問題さえどうにかすれば喫煙の悪いイメージをなくすことができそうです。

5.嗅ぎたばこにする

こちらも煙が発生しないというメリットがあり、周囲に迷惑をかけない吸い方のできるタバコです。

従来の嗅ぎたばこは鼻にたばこ葉を押し込みそれで臭いをかいでタバコを楽しむスタイルでしたが、最近では口から吸いこむものもあり、進化の一途をたどっています。

安心して楽しめるような印象はありますが、本来のたばこよりもニコチンの量が多く、濃度も高いと言われているので、周囲に迷惑はかかりませんが、ご自身の健康を害してしまう危険性が高いです。

それでも良いと言う方にはおススメします。

日本のタバコ産業の大手であるJTもこちらを奨励してはいます。

周囲の迷惑だけを考えたら確かに一番良い感じの無煙たばこかもしれません。

周囲が悪影響と感じるのは煙や臭いであり、それを防ぐことで喫煙の悪いイメージを払しょくできると思います。

そのためにいろいろなタバコが出てきていますが、出るだけでちゃんとした研究結果が出ていないことに少し問題があると思います。

一番は、ちゃんと喫煙所で喫煙することが正しい喫煙方法ではないでしょうか。

喫煙所を探すのが面倒臭いと思う方もいらっしゃると思いますが、そこは最低限守るべきことだと思います。

それが無理なら、やはり電子たばこや無煙たばこを利用する方がいいかと思います。

いずれにせよ、喫煙者の方のマナーがよければ問題にされることもないので、そこはマナー良く喫煙することに心がけましょう。

それは同じ喫煙者の方のためでもあります。

一人の喫煙者の方がマナー違反をすることで、喫煙者みんなに悪いイメージがつきますので、そこは気をつけましょう。

続いては喫煙が辞められないことに関してご説明します。

喫煙がやめられない原因はニコチン依存症

喫煙をやめられない原因として大きく取り上げられているのがニコチン依存症です。

タバコを吸うことで、脳に存在するニコチン受容体と結合し、快感を生じさせるドパミンという物質を放出させます。

これによって、「落ち着く」「ほっとする」などの効用が生まれます。

しかし、30分も満たないうちに体内のニコチン作用がキレるのでそれがイライラやストレスの原因になっていて、タバコを吸わないと落ち着かなくなります。

これがニコチン依存症であり、なかなか自分の意志で辞めること難しい原因となっています。

ニコチン依存症の症状とは

先に説明したように喫煙することで得られるニコチンによって生まれる快感がなくなり、ストレスやイライラしたりしてタバコを吸わないと落ち着かないといった症状であり、体のメカニズムをタバコを吸うことでそうしてしまっているのでなかなかこれから抜け出すのは難しいです。

特にタバコをいつもはこのくらいと思いながらもそれ以上に吸ってしまっている。

喫煙の本数を減らそうと思っても減らすことができない。

タバコが原因で健康問題が起きていても吸ってしまう。

などこのような症状がある人はニコチン依存症にかかっている可能性があります。

次にニコチン依存症の2種類をご説明します。

1.身体的依存

これはニコチンを薬のようなものとして捉えていることであり、タバコを吸うことで目が覚める、気持ちが落ち着くなどタバコに依存していることです。

このような状態になるとニコチンなしでは生きられない状態になり、ニコチンが切れるとイライラしたりして集中力の低下につながります。

まさに喫煙をしないと正常な状態をキープできない感じになっています。

こちらの依存対策としては、禁煙して体や脳から完全にニコチンをなくすことで解決できます。

ただ、禁煙に耐えきれるかどうかは本人次第なので、禁煙をしてもストレスに負けてしまうケースも多いです。

2.精神的依存

こちらはタバコを吸うことで気分がよくなる。

ストレス解消になっている。

イライラが解消される。

集中力アップにつながっている。

と脳が錯覚している状態であり、タバコが効用があるものと脳が覚えてしまっていて危険な状況です。

また、「禁煙=人生の楽しみを奪う」という認識になっていることも多く、なかなか禁煙をしようとは思いません。

解決策としては、喫煙によるこの錯覚に早く気づくことです。

中には癌などの重い病気になって、やっと「錯覚」に気づいたというケースもあるので、かなり厄介な依存症です。

受動喫煙が問題化している

タバコの煙には「主流煙」という直接吸う人が吸いこむものと、「副流煙」という火のついたつま先から発生するものがあり、副流煙が主流煙に比べて有害物質が倍に含まれているので、自分の知らないところで周囲の人が吸いこんで害を及ぼしている可能性があります。

これが大きくピックアップされたのが、喫煙者と禁煙者が一緒に接していて、禁煙者の方が癌にかかり喫煙者の方より先に亡くなられたというケースが起きて、そこから分煙などの対策がされましたが、現在は分煙だけでも対策になっていないという声もあり、受動喫煙が社会問題化しています。

周囲にいる人が煙で健康を害している

タバコを吸っている人の近くにいるだけで自分の意志とは関係なくタバコから発生する有害物質を吸ってしまうという受動喫煙ですが、特に問題とされるのが妊婦さんや子供などへの影響が心配されていて、脳卒中、肺がん、中耳炎、喘息など重い病気を引き起こす原因にもなっています。

何よりもタバコを吸っていないのに自分に害が来るという悪循環が禁煙者には納得いかないようで、また喫煙自体に良いイメージがないために、自分の幸福のために他人が不幸になるという図式でもあるために受動喫煙が問題化されています。

分煙や無煙タバコなどの対策は講じられていますが、喫煙者のマナー違反などもあり、あまり良い対策ではないのではと言われています。

禁煙外来が増えている

近年では喫煙が自分一人の力ではどうすることもできないという人のために、病院や医師らのサポートを受けて禁煙を目指すといった治療法があります。

禁煙ブームが起きたこともあり、こちらを利用される方も多くいて、禁煙に成功したという方も多く一定の効果があるようです。

禁煙外来は、総合病院のほかに、内科、循環器科、婦人科、耳鼻科などでも多くの診療科で行っているので、気軽に診断しやすい部分もあります。

1.禁煙外来では何をするの?

まずはニコチン依存症のチェックから始めてそこから禁煙日などの目標設定をして禁煙補助薬の使い方を学び、医師と相談していきます。

12週間で5回の通院を必要とされ、自分でできると思い通院を辞めると、禁煙を達成できない人も多いので、まずは必ず通院することを念頭にいれなければいけません。

なぜ、5回も必要かと言いますと、禁煙を始めたことで起こる症状やストレスなどの相談を医師としながら的確なアドバイスを受けられるからです。

この時に自分でどうにかしようとすると、相談もできず良い解決方法なども見つからないので、禁煙を達成できずに終わってしまう可能性があります。

タバコに関する相談だけでなく生活の相談もできるので、ある意味カウンセリングを受けているようなものなので、難しく考える必要はありません。

禁煙をすることは喫煙者にとって難しいことかもしれませんが、禁煙のためにすることに難しいことはないので、軽い気持ちで取り組んでみましょう。

2.禁煙外来で禁煙に成功する人はどれくらい?

禁煙外来で禁煙に成功する人の割合としては50%であり、これはちゃんと5回通院した場合の割合です。

1回しか通院しない場合は10%以下とかなり低くなっています。

50%が高いかどうかと言われると曖昧ではありますが、一定の効果はあるようで、禁煙外来を利用することで禁煙を達成できるということが証明されている数字でもあります。

しかも禁煙外来に通うと、すぐに禁煙をしないといけないと考えている方が多いと思いますが、そんなことはなく、禁煙外来に通いながらも喫煙はできます。

一酸化炭素の濃度によっては本数に制限がかかりますが、すぐにストレスを感じなくて済むのである意味ゆっくりじっくりできる処方かと思います。

あとはこのゆっくりじっくりに耐えられるかが問題になると思います。

たばこに依存しないために

たばこを吸うことが悪いのではなく、タバコに依存してしまうことが悪いことであって、そこを改善できれば喫煙者の方もストレスを感じることがなくなり、また、タバコの回数を減らすこともできるでしょう。

場合によっては、禁煙に成功する可能性もありますので、ここからはたばこに依存しないための方法をご紹介します。

すべてが正解とは限りません。

あなたができそうと思った方法から試してみると良いと思います。

1.没頭できる趣味をみつけよう

これは少しでも頭からタバコのこと忘れさせるための手段です。

ただしパチンコや競馬などのギャンブルのように、タバコが少しでも頭をよぎりそうな事柄は避けた方が良いと思います。

おススメなのは、タバコと縁の遠い事柄です。

最近ではスポーツなどを趣味にして、タバコの依存症から脱却したというケースも良く聞きます。

スポーツとタバコは遠い事柄なので、タバコのことを思い出すこともないようなので、効果はあるみたいです。

他にも料理なども効果があるようです。

タバコを吸わなくなったことで料理の味を美味しく感じることができるようになったというケースもあります。

とにかく、タバコを思い起こさせない事柄で趣味を見つけて没頭するのが良いでしょう。

両手がふさがる作業のものが良い

また、趣味としても両手がふさがるもの、もしくは両手を使うものが良いでしょう。

それは、片手が空いていると、その部分でタバコを持つという仕草を生んでしまうためです。

少しでもタバコにとっての余裕があると依存症の高い人はタバコを思い起こしてしまう可能性があるので、両手をふさぐことによってタバコを持つ機会も減らせるので、タバコを思い起こさせることが減ります。

2.ガムや飴で気を紛らせよう

これは、普段タバコを吸っている口へのタバコの依存を減らすための手段です。

また、ストレスを抑えるためでもあります。

ガムは噛むという仕草でストレスを解消させる作用があり、飴は舐めるというしぐさで心を落ち着かせることができます。

タバコを吸えないことで発生するストレスやイライラを解消させるために良く使われる手段ですが、効果があるかは実証されていません。

では、なぜこのようなことがピックアップされるかというと、アニメやドラマなどでタバコを我慢する際にガムを噛んだり、飴を舐めたりするという仕草を見てきた人が多いために対策として使えると思い、喫煙者に勧めているようです。

口寂しさに慣れさせるため

いつもならタバコを吸っていたことで口もその感覚を覚えているので、それがないとどうしたのだろうと口から脳に指令が行きます。

これがストレスやイライラの原因になっているとも言われているので、それをなくすためにガムや飴でごまかすようにしています。

効果があるかどうかは行う人がどう思っているかによるようで、効果があると思ってガムを噛んだり、飴を舐めたりすると口寂しさを減らすことができるみたいです。

逆に効果がないと思っている人には効果はあまり感じられないようです。

要は気持ちが作用する対策のようです。

3.肺がんについての画像などを見よう

これは肺がんなど、タバコによって生じる害の実態を見せることで、リアリティを感じさせ恐怖心を抱かせて依存症をなくそうとする働きで、ある意味脅しのようなものです。

禁煙者の方の肺と喫煙者の方の肺は如実に違いがあり、それによって癌が発生するとわかると喫煙者でも良い思いはしません。

それを見て知らないうちに自分を破壊していたことに気づいて禁煙を目指すといったケースも多いです。

逆のパターンとしては、もう十分満足するくらい生きたから、体の1つや2つ破壊しても構わないと割り切る人も中にはいます。

ただしこれは結構効果があるようで、年齢が高い方などには特に効果があるようです。

患者の体験談は心に刺さる

肺がんにかかった患者さんや喫煙が原因で重い病気にかかった方の体験談はかなり効果があります。

それは、喫煙を続けた場合のあなたの未来がそこに表されているからです。

そんなことはないと疑う人もいますが、原因が喫煙と明らかになっているので、このまま喫煙を続けるといずれ発症する可能性が高いです。

脅しにも近いですが、心に刺さることでもあるので、最も効果がある方法ではないかと言われています。

タバコをやめられない人の中には先が見えていない人が多いので、このように先を見せることで、タバコの恐怖を覚え、それが今自分に起きていると感じるので依存症を解消させることができる可能性はあります。

自分事として捉えると、人間はたちまちはっとする本能があり、また考えるようになります。

要は今の自分に何が起きているかを理解させ、起こる可能性の高い未来を見せて、リアリティーを感じさせるので効果があるようです。

まとめ

最近では禁煙が当たり前の風潮になってきてはいますが、約50年前の日本では成人した人が特に男性は80%の人が喫煙をしていたという資料があり、喫煙が当たり前のような時代もあったことが分かります。

しかし、いろいろなデメリットが明らかになってきたことによって、時代とともに喫煙=悪というイメージが強くなってきました。

なぜ、悪のイメージが強いかと言うと、一番は副流煙による影響が大きいと思われます。

吸っている本人より吸っていない近くにいる人に悪影響を与えることが、日本人にとっては許せない感情になっているのではないでしょうか。

もともと和をもって尊しと言われているように、共同体を大事にする国民性なので、タバコによって周りに迷惑がかかるとなると日本人の国民性が許せなくなったのかもしれません。

また、最も影響を受けやすい国であるアメリカが禁煙を奨励したことも大きく影響していると思います。

ただ、一概に喫煙が悪いとは言えず、喫煙者のマナーが悪いだけであって、喫煙者の方がしっかりマナーを守って喫煙をすれば、副流煙などの悪影響も受けなくて済むので、解決策としては喫煙者のマナーに目を向けるべきだと思います。

もちろん、近年の値上がりなどから家計などに負担が大きくかかることもあるので、必然的に禁煙を目指さないといけない方もいらっしゃいます。

どちらにしろ大きくはタバコに依存さえしなければ問題のないことです。

求められる対策としてはタバコの依存を大きくしないこと、タバコを生活に欠かせない物という認識を外すことが必要です。