今の時代、理不尽な事やルール違反が横行していて正直者が本当にバカをみる時代かもしれませんね。

例えあなたが正直者ではなかったとしても、1日24時間のうちに受ける煩わしい事や怒りに震える事をいちいちそのまま受け入れていてはストレスが溜まるばかりで、とてもやっていけないかもしれませんね。

そこで今回はそれらのストレスからどうすれば解放感を感じる事が出来るようになるのか。

それをじっくりと見ていく事にしましょうね。

解放感を感じてスッキリしたい!

現代社会はまさにストレスとの戦いです。

時間に追われる現代人は「時」という概念がそれほどうるさく言われなかった時代の人に比べれば、想像以上のストレスを抱えていると言わざるを得ません。

でも、人間観気がますます希薄化している現代では、誰も気易くストレスの発散方法など教えてくれません。

ストレスの発散方法すら、ビジネスに変えてしまおうというくらいのしたたか者が白虎している時代ですからね。

しかし、例え有償化だったとしてもその方法に従えば、スカッとした解放感に浸れるなら、それでもいいと思う人も多いでしょう。

そこで本記事では後程、どうやったら解放感を味わえるようなスカッとした体験ができるか、そこにスポットを当てていきますからね。

解放感を感じるメリット

ではまず各方法をご紹介する前に、解放感を感じたらどのようなメリットがあるのか。

それを紹介して参りますね。

全部で5つです。

ストレス解消

解放感を感じるメリットの1つ目は「ストレス解消」です。

そうですよね。

気持ちの中にストレスがいつも溜まっていたのでは本当の意味での解放感など、感じようがありませんからね。

ストレスというものは自身がやりたい事もできず、他人から受ける精神的な苦痛、けなされたり叱られたり、あるいは肉体的な暴力を受けているにもかかわらず、それに抗えず、屈服させられて凡そ人間的な自由なモノの考え方を強制的に奪われてしまった状態の時に自然発生してきます。

元来、人間の心というのは褒められたり評価されたりすることを望んでいます。

そうやって誰かの力になれている時が最も人として誇らしく、そして生きている実感を味わうことが出来るひと時、だと言えるでしょう。

こんな厄介なストレスがあなたの心からすっ飛んでなくなってくれれば、それは確かに爽快ですよね。

ずば抜けた「解放感」を味わえるという訳なのです。

気持ちのリフレッシュ

開放感を感じるメリットの2つ目は「気持ちのリフレッシュ」です。

気持ちが解放的になるということは、それまでのモヤモヤ感が一掃されリフレッシュされる、という事に集約できるでしょう。

人間、気持ちに開放感がなくなると気が陰湿になってきてイライラし、ちょっとしたことでも周りの人に当たってしまうなど対人関係を一気に険悪にさせてしまう可能性があります。

そういった鬱積した気持ちを何らかの方法でリフレッシュさせることができたなら、これほどその人の精神状態を健全な方向に導いてくれるものはないでしょう。

人の「気」というものは常にリフレッシュさせておかないと、これからの長い人間関係が全くしっくりいかなくなってしまうのです。

自由を感じられる

開放感を感じるメリットの3つ目は「自由を感じられる」です。

気持ちが開放感を感じれば、それまで「何ものか」によって拘束されていたがんじがらめ感が一気になくなり、物凄い自由感を味わうことが出来るでしょう。

例えばあなたが実家でご両親と一緒に暮らしていたとして、何をするにせよ干渉してくるのがあなたのご両親かも分かりません。

勿論、あなたも親が自分の事を心配してくれているから、いろいろと言ってくるのだ、ということくらいは頭では理解できています。

しかし、頭で理解している部分と、実際に感じる部分とでは到底、比例させたり納得させたりすることも出来ないでしょう。

却って親からの干渉をうっとうしく思うようになり、悪い言い方ですが「家来か奴隷」のような束縛観を感じる事もあるかも分かりません。

そういった意味では、人間には自由を感じられ開放感がないことには、何時かは精神が爆発してしまうのかも分からないのですよ。

ポジティブになれる

開放感を感じるメリットの4つ目は「ポジティブになれる」です。

ポジティブ思考になろうと思えば、自分の気持ちが健全で前をしっかり向いている必要があります。

ちょっとやそっとの事では気持ちがイライラせず、常に笑顔を絶やすこともなく周りの人の幸福がイコール、自分の幸せに直結できる神経を持っているような状態です。

このような精神状態になろうと思えば、自分の気持ちが常に開放的になっていないとできない芸当です。

人からの親切や好意をそのままそうと取れず、何か裏があるのではないか?

みたいな疑心暗鬼な考え方が心を占領していたのでは、到底、ポジティブ思考など身につきません。

気持ちの解放感は、人の気持ちをポジティブにするための必須条件なのです。

リラックスできる

開放感を感じるメリットの5つ目は「リラックスできる」です。

人は人知れずリラックスしないとやっていけません。

1日24時間、ずっとハイテンションで頑張れる人間はいません。

オンとオフのスイッチを常に入れ替えないと、とても神経が持ちません。

開放感は人の心にリラックスを与えてくれます。

都会の喧騒の中で不意に小鳥がさえずる森の湖畔のような環境に身を置きたくなったような経験はありませんか?

人間の心には休養が必要です。

解放感を感じられる時というのは、休養がしっかり取れている証拠ですよね。

だから、時には無理をしてでも自然の憩いの中に身を起きに行く行動を起こした方がよりリラックスでいるという事になるのですよ。

解放感を感じるためにしたい21個のこと

それではここからは、開放感を感じ取るために行いたい行動を21個、ご紹介して参りましょう。

いずれも疲れたあなたの心身に人知れない開放感を与えてくれる事でしょう。

全身マッサージを受ける

開放感を感じるためにしたい最初の1つ目は「全身マッサージを受ける」です。

マッサージは凝り固まった患部をもみほぐす事によって血行を促進し体中の血液循環を改善する効果があります。

特に人間の体で凝ってしまう部分、肩や首、腰、脚を行ってもらえるだけでもその効果は多大なるものを感じるはずです。

それを全身で行ってもらえれば気分はまさしく別世界。

何ともいえない開放感に浸れる事は間違いないでしょう。

全身マッサージは定期的に行えばいいのですが、不定期に行ってもその効果の程は絶大です。

日頃のストレスの鬱積を全身マッサージで取り払いましょう!

ゲームアプリに課金をする

開放感を感じるためにしたい事の2つ目は「ゲームアプリに課金をする」です・

スマホで時間潰しにゲームをやる事も多いかも分かりませんが、短い時間内でやっていても中途半端で終わってしまうため、スッキリしない気分になってしまう事も多いのではないでしょうか。

そこで休みの日などを利用して思いっきりゲームアプリを堪能しましょう。

しかも無料ゲームでお茶を濁すのではなく課金するゲームアプリを楽しみましょう。

人間、不思議なもので普段はお金を使うのがもったいない、とは言ってせっせと貯金したり節約に走ったりしているものですが、たまに「パアッー」とお金を使うと気分が良くなって開放的になってしまう事があります。

いかに日頃から「お金」というものに縛られ束縛されているかが分かりますね。

その鬱積した気持ちを一気に課金したゲームアプリで楽しみましょう。

何とも言えない開放感があなたを覆ってくれる事でしょう。

但し、毎日こんな事をやっていると「破産」してしまいます。

課金アプリゲームも計画的に行いましょうね。

お部屋の断捨離をする

開放感を感じるためにしたい事の3つ目は「お部屋の断捨離をする」です。

「断捨離」は今、流行りのトレンドですね。

あなたの部屋に眠っている不要なものを思い切って捨てる事によって、あなたに良い運気をもたらしてくれるのが断捨離の本来の目的です。

しかし、そこまで運気を当てにしないまでも、あなたの周囲にある本当に不必要だな、と思えるものは結構あるのではないでしょうか?

「まだ使えるから置いておく」「捨てるのはもったいない」とおっしゃられる方も多いでしょうし、その気持ちも分かります。

元来、日本という国民性はモノを大事にしてきました。

少々のものならば修繕してでも使う、という気概が幼い頃より親から受け継がれてきたと思いますので。

しかし、不要なものがあなたの部屋を覆ってくると、何か心まで重っくるしく感じたりしませんか?

何か要らないものに支配されたような気になりませんか?

だから思い切って捨てましょう。

捨てるのがもったいないならオークションサイトなどを利用してお小遣いにしても構いません。

とにかく身軽になりましょう。

断捨離を断行した時の広々とした開放感は、あなたの部屋がスッキリして広くなったことだけの開放感ではありませんよ。

あなたの心が軽くなり知らず知らずのうちに開放感に浸っていますよ。

これはやった事のある人にしか分からない開放感なのです。

【断捨離については、こちらの記事もチェック!】

ノーブラで外出する

開放感を感じるためにしたい事の4つ目は「ノーブラで外出する」です。

なんとも刺激的な方法なのでしょう。

しかし、やった事のある人は必ずや物凄い開放感に酔いしれるようですね。

朝起きてから帰宅するまでの間、ずっとあのきついブラがあなたの胸部を締め付けているのです。

冬場ならまだいいかもしれませんが、汗をかく夏場などは女にしか分からない地獄でしょう。

これには少々、勇気がいるかも分かりませんね。

スケベな男性からの視線もあるかも分かりませんから。

ただ、常識だ、と言われている事の正反対をしてみるという事は、抑圧されている人ほど、すこぶる心地いい開放感を味わったりするものです。

何もノーブラだからといって逮捕されるわけではありません。

最初のうちだけ少々、恥ずかしいだけです。

度胸がついてしまえばこの解放感はたならないスリルになるかも分かりませんよ。

1日家で裸で過ごす

開放感を感じるためにしたい事の5つ目は「1日家で裸で過ごす」です。

これはまた若い女性にとったらとんでもない方法が出てきましたね。

いくら自分の家の中とはいえ、さすがに丸裸になって過ごすのはどうのようなものか…、とまごつく方も多いかも知れませんね。

しかし、この方法はノーブラで外に出るのと同じ、あなたの「羞恥心」というものを抹殺して開放感を得ようというちょっと毒のこもった方法なのです。

ですが、案外、やってみたら別にどうってことないかも分かりませんよ。

さすがに親と同居ではやれないでしょうが、外からの監視を完全に遮断してしまえば誰からも見られていません。

きっと日常を逸脱した至上の開放感を味わえるかも分かりませんね。

好きなものを好きなだけ食べる

開放感を感じるためにしたい事の6つ目は「好きなものを好きなだけ食べる」です。

これもとんでもない方法ですね。

「そんな事をしたらせっかくのダイエットが台無しじゃないか!」と、お怒りの声も聞こえてきそうな感じです。

ところがこの方法、物凄い説得力なのです。

何せダイエット中のほとんどの女性は食欲を我慢しています。

それを食べたいだけ食べるのですから、そりゃあ、気分爽快になり開放的になること間違いないでしょう。

人間、無理を強いた我慢がいかに体によくないか、よく分かります。

ただ、毎日やると今度はとんでもない体重増加に苦しみます。

強い気持ちが求められる方法なのです。

映画を見て思いっきり泣く

開放感を感じるためにしたい事の7つ目は「映画を見て思いっきり泣く」です。

映画はいいものです。

2時間の作品だったら、その2時間は完璧に作品中の世界にあなたを引き込んでいってくれます。

完全に現実から逃避できます。

そしてどうせ見るならば家庭でDVDではなく、映画館に足を運びましょう。

あの広い空間が非日常感を醸し出してくれます。

そしてタイトルにもあるように思いっきり泣ける映画を選ぶのです。

作品内容は別にして、思いっきり泣く事により日常の嫌な事や煩わしい事は全て涙と一緒に排出されます。

泣き終わったあとはとてもスッキリに。

何ともいえない開放感があなたを待っていてくれるでしょう。

まあ、泣ける映画をやっていない時は、思いっきり笑える映画でもよいでしょう。

とにかくあなたの五感を麻痺させてくれる題材を選びましょうね。

高速道路をスイスイ走る

開放感を感じるためにしたい事の8つ目は「高速道路をスイスイ走る」です。

車の免許を持っている事が前提となってしまいますが、誰もいない無人の道を高速で走らせるのは何ともいえないスカッとした気分にさせてくれます。

一般の人ですらこういう感覚に陥るのですから、俗に言う「族」の皆さんがスピードに命を賭けるのもある意味、正しいのかもしれませんね。

どちらにしても高速道路をスイスイ走れるというのは、すこぶる気持ちがいいですし言い知れない開放感を味わうことができます。

高速道路のいいところは信号がないこと。

それとやはりある程度までスピードを出せる事にあるでしょう。

但し、くれぐれも安全運転でお願いしますね。

運転中の脇見運転は勿論、ご法度です。

そしていくらスピードを出せるといっても法定速度をよく意識して走行してくださいね。

高速道路だからと言ってスピードを無制限に出していい訳はありませんからね。

それと渋滞情報もよく調べましょう。

折角、料金を払ったのに道路がいきなり渋滞では開放感を感じる事が全くできなくなってしまいますからね。

大きな海を眺める

開放感を感じるためにしたい事の9つ目は「大きな海を眺める」です。

人は時として広々とした光景や景色を無性に見たくなる時があると思いませんか?その格好の景色が大きな海となるわけです。

広大な海は私たちの疲れた気持ちやササクレだったとげとげしい気分を一掃させてくれる不思議な力があります。

どこまでも続く水平線、青く澄んだ海原、そして力強さを与えてくれるどっしりとした重量感。

どれをとっても大きな海は開放感の賜物です。

小高い丘からでもいいですし、砂浜からでもいいでしょう。

大きな海を眺めればそれだけであなたの心は無性の開放感に浸る事ができますよ。

丘から町を見下ろす

開放感を感じるためにしたい事の10個目は「丘から町を見下ろす」です。

海を眺める効果と同じくらい私たちにとっておきの開放感を与えてくれるのが、丘から町を見下ろすことです。

人は何故でしょうか?高いところから下界を見下ろす事によって、自分は「征服者」になったんだ、という錯覚を覚えることができます。

しかし、この錯覚、とても気分がいいんですよね。

確かに気持ちが晴れ晴れとし、物凄い開放感を感じるのです。

高いところから小さくなった下界の景色を見る事によって、人間はそれまでのストレスやイライラが吹っ飛んでしまうようです。

だから高いところはいつになっても人気があるのです。

高い丘がなかなかないのなら高層ビルの展望台や東京タワーやスカイツリーなどのシンボルタワーでもいいでしょう。

スカッとすること請け合いです。

ただ本当の開放感を感じたいのならば安全ガラスに守られた場所から見るのではなく大地の空気を感じられる場所の方が遥かにいいでしょう。

肌を打つ風の勢いや空気の温度感が、あなたの開放感をどんどん高めてくれることでしょう。

芝生にゴロゴロ転がる

開放感を感じるためにしたい事の11個目は「芝生にゴロゴロ転がる」です。

この方法もキーワードは「広さ」ですね。

芝生がひいてある場所って、だいたい広大な敷地です。

野球場の外野の芝生なんていうのは代表的ですね。

大学のキャンパスにも広大な芝生が用意されていたりします。

転がらなくても見ているだけで気持ちに開放感が溢れてきそうです。

でもやはり本格的な場所でゴロゴロ転がりたいのなら、少し遠出をして家族揃って野外の施設を訪れることですね。

晴れた日の広大な芝生の上でゴロゴロ転がってごらんなさい。

浮世の嫌な事が全て一度に吹き飛んでいきますよ。

ただ、お気をつけていただきたいのは自然界ならではの生き物の「糞」。

せっかく開放感に浸っているのに背中にべチャッとくっつぃいたら…。

まあ「運」が付いたと思えばいいでしょう

山で「ヤッホー」と叫ぶ

開放感を感じるためにしたい事の12個目は「山で『ヤッホー』と叫ぶ」です。

「ヤッホー」は日本に古くから伝わる開放感を呼び起こす方法ではないでしょうか?

日頃の都会での生活はストレスの連続です。

開放感の「か」の字もないような生活を続けていたら知らず知らずのうちに息することもできなくなり、金魚が水面でアップアップしているような酸欠状態に陥ってしまうでしょう。

そこで山へ行くのです。

そして遥か彼方の山の稜線に向かって「ヤッホー」と叫ぶのです。

まあ叫ぶのが主目的ですから「ヤッホー」以外でも構いません。

とにかく叫ぶのです。

人の迷惑を全く顧みなくて済む山だからこそ大声を出せます。

大声を出せば人間、スッキリします。

開放的になれます。

都会の片隅では出来ない事を山に行って行いましょう。

展望台から下界を見下ろす

開放感を感じるためにしたい事の13個目は「展望台から下界を見下ろす」です。

少し前に出て来た「丘から町を見下ろす」と少々、」被っているかもしれませんね。

両者に共通するのは、高いところから下の世界を見下ろす、という行為です。

都会の生活では組織のルールに従って働く方がほとんどでしょう。

組織では必然的に上下の関係が厳しく徹底されています。

ほんの一握りの勝利者が多くの人間を使う、という構図の中で生きています。

結果、見下される事に慣れてしまった現代人は何かのきっかけで高いところから下界を見下ろす事の爽快感を発見しました。

誰にも知られずに密かに日頃のストレスを発散できる素晴らしい場所の発見だったのです。

それが展望台のような高いところなのです。

まあ、展望台は安全ガラスで身の安全さは守られています。

スリル感は少々足りないかも分かりませんが開放感を感じるには何の不足もないでしょう。

スポーツで思いっきり汗をかく

開放感を感じるためにしたい事の14個目は「スポーツで思いっきり汗をかく」です。

あなたが何かのスポーツに打ち込んでいる方ならば、その効果の程はいちいち説明する必要もいないでしょう。

スポーツは素晴らしいものです。

フェアプレー精神で勝負の決着を求めます。

両者の間には何物も邪魔する事は出来ません。

まさに1対1の真剣勝負。

そんな場で思いっきり汗をかいてごらんなさい。

勝敗は別にしても清々しさが残り、お互いの健闘に双方が心から納得した感謝の気持ちを起こすでしょう。

スポーツで思いっきり汗をかく快感、本当にやった事のない人にしかわからない、清々しさなのです。

露天風呂でボーッとする

開放感を感じるためにしたい事の15個目は「露天風呂でボーっとする」です。

ううん、いいですねえ。

これぞ日本のとっておきのストレス発散法、という感じです。

また自分はスポーツは苦手だから、もっとお手軽な開放感を味わう方法はないのか?という方にもうってつけの方法と言えるでしょう。

温泉の温浴効果は多くの方々が実際に体験済みでしょう。

おうちのお風呂では味わえない広々感と充実感を味わえるのが「温泉」なのです。

泉質にもよりますが、温泉は様々な身体のトラブルに対応してくれます。

だから日本では古くから「湯治」という、とっておきの名湯が存在してきました。

毎日、温泉に浸かっている方のお肌はそうでない方よりもはるかにみずみずしいのもそのおかげでしょう。

露天風呂で一日、ボーっとしてみましょう。

温泉の独特の香りと湯気とあの広々感があなたを至福の時に運んでくれる事は間違いありません。

露天風呂でボーっとすれば、極楽気分に一気になって、至上の開放感を味わえるでしょう。

1人で気ままに旅をする

開放感を感じるためにしたい事の16個目は「1人で気ままに旅をする」です。

「旅は道連れ、世は情け」、と昔から言われているように、旅というものは一人で行くよりも誰かと道連れで行った方が良い、といった解釈が一般的なようですね。

確かに気心の合った者同士で行く旅は格段の楽しさを提供してくれます。

楽しさの連続で一日の経つのもあっという間でしょう。

しかし、一人旅だからこそ味わえる風情もあるのです。

一人ならば誰に気兼ねすることなくのんびりと開放感を味わうことが出来ます。

宿も自分一人でくつろげますし、その時に素っ裸になって部屋の中をウロウロする事も出来るのです。

初めて入る異空間で自分一人という気分は一種独特な雰囲気にさせてくれます。

これぞ1人旅の醍醐味!という感覚を味わえるでしょう。

この解放感は道連れ旅では味わえないものなのですよ。

絶叫マシンで思いっきり叫ぶ

開放感を感じるためにしたい事の17個目は「絶叫マシンで思いっきり叫ぶ」です。

絶叫マシン。

苦手な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、全く意に介さない人も結構いらっしゃいます。

そういった人ならば思う存分、開放感を味わうことができる方法なのです。

そもそも、遊園地の高速アトラクション。

叫んでもらうために設計されています。

絶叫マシンが作動している約数分間は絶好の「お叫びタイム」でもあるのです。

高速の瞬間に刹那な叫び声をあげるのもよし、とにかく大声で叫び続けるのもよし、絶叫マシンに乗って今日も嫌な事を忘れて開放感を味わいましょう。

但し、苦手な人は要注意ですよ。

絶叫以前の騒ぎになるかも分かりませんからね。

カラオケでワンマンショーをする

開放感を感じるためにしたい事の18個目は「カラオケでワンマンショーをする」です。

最近、一人カラオケが脚光を浴び始めています。

大声を上げて声を出す事によって脳の老化を防いでいるようだからです。

そうと分かれば、早速やってみましょう。

一人カラオケでワンマンショーなのです。

聞いている人は誰もいません。

歌がどれだけ下手でも一向に気にすることもありません。

日頃歌いたかったお門違いのジャンルの歌も遠慮なく歌えます。

自分だけのワンマンショー。

もう最高の舞台ですよね。

2時間のワンマンショーが終わった頃には解放感もマックス。

活力充実で明日も張りきろう!という気持ち、満々でしょう。

迷惑をかけない程度に飲んではしゃぐ

開放感を感じるためにしたい事の19個目は「迷惑かけない程度に飲んではしゃぐ」です。

とにかく手軽に手っ取り早く開放感を味わいたいなら、お酒の力を借りてはしゃぐのが一番です。

職場の同僚と行く飲み会は、あなたをエコな料金で心地よい開放感の世界に誘ってくれるでしょう。

勿論、飲み会では楽しく飲むのが鉄則です。

お酒のせいで絡み上戸になったり泣き上戸、愚痴上戸になったのでは、あなたはよくても周りの者はシラケてしまうでしょう。

お酒の力を借りて、はしゃいで開放感を得るためには参加メンバー全員がそういう気分になれるように配慮すべきなのです。

とにかく気持ちよく寝る

開放感を感じるためにしたい事の20個目は「とにかく気持ちよく寝る」です。

そう、人間は眠る事によってそれまでの疲れを一掃し、脳に十分な休養を与えることが出来ます。

そういった質の高い睡眠を行う事によって、寝起き時の解放感は、それまでの苦労を全くどこかに置き忘れてきたかのような爽快で爽やかな目覚めが訪れるのです。

質の良い睡眠を取るためには規則正しい生活やバランスの取れた食事も重要です。

また寝る時の枕な度も自分の癖にあったものを使用することです。

人間の身体のメカニズムは睡眠が十分でないとどこまで支障をきたしてしまい、その結果、解放感とは無縁の生活を送らねばならなくなるようです。

とにかく気持ちよく寝るための工夫を早速、凝らしていきましょうね。

不満や愚痴を全部吐き出す

開放感を感じるためにしたい事の21個目は「不満や愚痴を全部吐き出す」です。

そうですね、私たちがスッキリとした気分になれないのは、不満や愚痴などを胸にため込んでしまっているからでしょう。

これらが胸に溜まってしまうと、考え方がマイナス思考に走ってしまい何もいい事が起こらなくなってしまいます。

これではとても開放的な気分になるなんてことは出来ないでしょう。

そこで職場の同僚でもいいですし、友人でもあるいは家の誰かでも構いません。

自分のうちに溜めてしまったこれらの不満や愚痴を聞いてもらって全部吐き出すのです。

勿論、ただ聞いてもらうだけでは相手も迷惑でしょう。

そこで居酒屋さんや他の飲食店などに誘ってお酒を交えて話すのです。

胸のつかえが降りるまで。

人間、言いたいことを無事に言えた時は、そこはかとなく解放感に浸れます。

無論、根本的な解決にはなっていませんが、我慢して溜めるよりもはるかにいい事は間違いないでしょう。

そしてちゃんと聞いてくれた相手の人に対しては支払いは自分持ちでいきましょうね。

愚痴は聞かされるは、居酒屋の支払いまであったのではその人もたまりませんからね。

たまには思いっきり解放感を感じてみよう!

如何だったでしょうか?解放感を感じるためにしたい行動を21個、ご紹介致しました。

今回、ご紹介した内容は実行してこそ効果があるものばかりです。

もしあなたが何らかの事が原因で解放感を全く感じられていない生活を送っているとしたら、早速にでも何かやれそうなものからピックアップして実行していくべきでしょう。

ストレスを発散させずにずっとため込んでしまうと、いずれどこかのタイミングで身体に支障をきたします。

実行はなるべく早く、そして思いっきり行うことです。

解放感に浸れる素晴らしい生活を送れる日が来ることを心から祈っておりますよ。