暑い夏といえばあなたは何を想像しますか?

人によって答えは様々だと思いますが、暑い夏の時期だからこそ魅力的に感じる事はたくさんあります。

例えば、海を想像される方もたくさんいるでしょうし、花火を想像される方もいるでしょう。

それ以外にもスイカやかき氷、お祭りや肝試しなど、様々な楽しい事や魅力的な食べ物を想像されると思います。

どれも暑い夏だからこそ楽しめるようなものばかりです。

しかし、人によっては夏は暑くて汗をかいて苦手な季節だと感じる方もいるかもしれません。

日本は四季が豊かな国ですので、たくさんの季節に対応しなければいけない大変さはありますが、それぞれの季節の醍醐味を味わうことが出来る素晴らしい国でもあります。

だからこそ過ごしにくい夏だったとしても、楽しい夏にしたいですよね。

そんな夏の暑い時期に私たちを元気づけてくれる物といえば、ジュースがあります。

子どもから大人まで幅広い人が好むのは夏にキンキンに冷えたジュースです。

そこはビールだろと思う方もいるかもしれませんが、時にはジュースを飲むのも良いですよね。

今回はそんな夏にぴったりなジュースをテーマにして、ジュースのおすすめのブランドをご紹介していきたいと思います。

夏にピッタリのジュース

暑い夏といえばやはり私たちをいつも元気付けてくれるのはジュースです。

もちろん暑い夏に限ったことではなく涼しい秋が寒い冬家過ごしやすい春に関しても美味しいジュースはいつ飲んでも美味しいです。

しかしながら暑い夏は何をしていなくても汗が自然と垂れてきますし、汗をかけばかく分だけその後に摂取する水分はとてつもなく美味しく感じることができます。

たくさんの汗をかいてたくさんの水分を出して喉がカラカラに乾いた状態で飲むジュースは1年の中でも一番美味しく感じることができます。

子供の頃からジュースに慣れ親しんでいる方であればジュースは必需品と言えるほど好んでいる方もたくさんいると思います。

特に夏にぴったりなジュースといえば炭酸飲料のジュースなどは特に人気がありますよね。

普段あまりジュースを飲まないような人でも炭酸飲料が飲みたいと衝動に駆られる方はたくさんいると思います。

あのスカッとする爽快な感覚は炭酸飲料でしか味わうことができませんので病みつきになる方も多く存在して当然です。

人によって好きなジュースは異なりますが一つぐらいはあなたが愛してやまない愛飲しているジュースが存在しているはずです。

冷蔵庫でキンキンに冷やして!

暑い夏に飲むジュースは基本的にどんなものでも美味しく感じますが冷蔵庫で冷やしたキンキンのジュースはたまらなくおいしいですよね。

人によっては冷蔵庫で冷やすにもこだわりをもって冷やしている方を見受けられる場合が多いです。

と言いますのは冷蔵庫ではなくあえて冷凍庫に入れてジュースが固まる寸前まで冷やしてそれを一気に喉の奥に流し込むという技です。

冷蔵庫でどんなに冷やしたとしても冷凍庫よりは冷たくならないので、一度でも冷凍庫で氷に固まる寸前の超キンキンに冷えたジュースのおいしさを体感した事がある方はあの冷たさと味は忘れられないと思います。

キンキンに冷やしたジュースを暑い夏にカラカラの喉に流し込むと、キンキンに冷えたジュースが胃の中を駆け回っていくのがわかりますよね。

身体全体に冷えたジュースが回って火照った体も段々と温度が下がって汗が引いてくるはずです。

外に外出をする時も会えて冷凍庫に入れて凍らせた状態で持ち運びをすることによって常に冷たい状態で外で飲むことも出来ますし暑い時にはタオルを巻いて首筋に当てたりして、体温を下げたりしながら、時には自分の熱で氷を溶かして飲めるようにするなどの工夫もできて様々な活用方法が存在しています。

ジュースは贈り物にもピッタリ!

ジュースに関しては様々な活用方法があり、私たちが好んで自分のために飲むだけではなくて、誰かにあげたり贈り物として送ったりする場合も考えられます。

おそらく大部分の方がお中元という形でお盆時期に親戚や友人からジュースを送ってもらった経験があると思います。

お中元としてジュースはとても人気が高く子供から大人まで様々な人が飲むことができますので家にたくさんのジュースを準備しておけばいつでも好きな時に飲むことも出来ますし、カンの状態であれば保存なども困ることがありませんので、時間をかけながら美味しく飲むこともできます。

子供の友達が家に遊びに来た時にあげたりすることも出来ますし、外出する時に冷えた飲み物を一本だけ持って行ったりしても出先でわざわざ飲み物を買う必要もありませんしとても利便性が高い贈り物として利用されています。

お中元に関してはジュースの詰め合わせなどが比較的高くない金額で販売されているので、送る側としてもお財布が痛まないというメリットもありますしある程度見栄えがある贈り物にもなりますので大きさとしてもそれなりの存在感があり恰好がつきますので、たくさんの方から愛用される理由のひとつにもなっています。

お中元などで送る物に困った場合は、老若男女需要の高いジュースを送ってみるとはずれがないと思いますよ。

ジュースのおすすめブランド12選

ここまではジュースがいかに素晴らしい飲み物にあるのかという事と、同時に夏の時期に最もたくさんの方が喜んでくれ、愛されている存在であるという事をご紹介しました。

家に帰って冷蔵庫を開けた時に一本だけでも自分の好きなジュースが入っているとなんとなく安心を覚えますよね。

普段はあまりジュースを飲まない方でも時々飲んだりすることでそのおいしさを感じる瞬間は誰にでもあると思います。

そんなたくさんの方から愛されているジュースですが日本で販売されているジュースにはたくさんのブランドが存在しています。

ジュースと一言に言っても清涼飲料水として幅広いブランドの会社からたくさんの種類のジュースが販売されているので、人によっては普段から愛飲しているジュースブランドがある方もいれば、毎回新しく発売されているジュースを試しに飲んでいるという方もいると思います。

そんなたくさんあるジュースのブランドですが、人によっては毎回たくさんのブランドの商品が陳列してあるので、何を飲もうかついつい迷ってしまうという方もいると思います。

そこで、ここからはおすすめのジュースブランドについて詳しく特徴などを踏まえた上でご紹介していきたいと思います。

普段からコンビニなどでジュースを選ぶ時に迷ってしまっている方は、これを機に自分自身が好きなブランドを見付けて、ある程度把握しておけば迷う事も少なくなりますので、ブランドの特徴などを覚えておくようにしてください。

ミニッツメイド

まずはじめにご紹介するジュースのブランドがミニッツメイドです。

ミニッツメイドは果実飲料のブランドであり、日本においては日本コカコーラと明治が販売を行っています。

元々ミニッツメイドはアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンにて1945年に生まれたブランドです。

ミニッツメイドに関してはコンビニなどでもよく見かける方が多いと思いますが、有名な商品としては「朝の健康果実」シリーズがとても有名です。

果実飲料のブランドなのでその件に関してはオレンジブレンドやアップルやピンクグレープフルーツ、カシス&グレープなどが主なラインナップとなっています。

その他にもたくさんの商品シリーズが存在しており、「ホットレモネード」「はちみつゆず」「朝ゼリーシリーズ」「アロエ&白ブドウ」「アップル100%」「オレンジ100%」「大人の贅沢ぶどう」などの商品が販売されています。

果実飲料が好きな方であれば絶対に一度は飲んだことがあるであろうラインナップばかりです。

果実飲料が好きな方の中には100%でなければ絶対に購入しないというこだわりを持った方もたくさん存在しているのでそのような方にとってはミニッツメイドはまさに愛されているブランドであると判断することができます。

トロピカーナ

次にご紹介するジュースのブランドはトロピカーナです。

あまりジュースに詳しくない方でもトロピカーナと聞けばある程度想像することが出来る方がかなり多いと思います。

それだけ知名度のあるブランドであり、広く愛されているブランドです。

トロピカーナはアメリカ合衆国フロリダ州にある、トロピカーナプロダクト社が販売しているジュースです。

厳密に言えばトロピカーナは会社名ではなく商品名であり元々は1940年代にカットフルーツビジネスで成功した会社であり、そこからオレンジジュースの瞬間殺菌技術を見てトロピカルのブランド名でジュースビジネスに参入したという背景を持っています。

日本においてはキリンビバレッジと合弁会社を設立しており、そこからライセンス生産による販売が開始されています。

トロピカーナに関してもミニッツメイドに負けない知名度と実績を持っており果実飲料に関しては絶対的な存在を誇っています。

トロピカーナも100%の果実飲料販売しており、種類としてはオレンジやピーチ、パイナップル、アップルなどが基本的には存在しています。

しかしながらトロピカーナシリーズを愛している方にとって嬉しいのはその季節ごとに限定商品を販売してくれることです。

例えば過去の商品として夏の時期には夏限定としてトロピカルアセロラテイストという味を販売しており、女性の方が大好きなマンゴーやアセロラやパイナップルやオレンジなどをミックスしたトロピカルな味を演出しています。

それ以外にはドラゴンフルーツペーストの商品を販売していたり、秋の季節には緑のマスカットテイストということで、マスカットと梨、アップルなどをミックスした商品を販売しています。

また、美容に気を遣っている女性から絶大な支持を得ているのは紙パックシリーズの商品で、鉄分、食物繊維、カルシウム、マルチミネラル、マルチビタミンなどの商品を販売しており、これらもフルーツの味でありながら、足りない栄養素を補ってくれる商品として知名度を誇っています。

一般的なシリーズ以外にもたくさんの限定商品や様々な果物をミックスした味を販売しているので、自分自身が好きな味をその時の気分次第で選べるという面が非常に優れているブランドです。

Sunkist

次にご紹介するジュースのブランドはSunkistです。

Sunkistは元々はアメリカのキャドバリーシュウェップスの子会社であるキャドバリーシュウェップスアメリカズヴェバレッジズが生産、販売している商品であり、日本においては森永乳業が販売しているブランドです。

Sunkistは果実飲料のブランドであり、基本的な商品として、Sunkistの名前でアップルやオレンジなどの味の商品を販売しています。

Sunkistに関しては紙パックシリーズなどで商品を販売している事も多く、それ以外にはペットボトルなどでも様々な味のシリーズを展開しています。

Sunkistはジュースだけではなく、アイスやゼリーなどでも果実の味を最大限に引き出してくれる商品をたくさん発売しています。

果実飲料に関してもかなりの実績があるブランドなので、Sunkistしか飲みたくないと思っているほどの根強いファンがたくさんいます。

バヤリース

次にご紹介するジュースのブランドはバヤリースです。

バヤリースは元々1951年に販売が開始されておりアサヒ飲料から発売されており、相当な実績を持っている商品です。

バヤリースに関しては様々な味を発売しておりオレンジやアップル、マンゴー、ライム&グレープフルーツ、シークァーサー、トマトなどなどたくさんの味の商品を展開しています。

基本的な味は全て販売しているのですがバヤリースといえばやはり欠かせないのはオレンジ味です。

バヤリースといえばオレンジ、オレンジジュースといえばバヤリースだと思っている方はたくさんいるはずです。

昔からあるという意味でもそうですが、普段から飲みなれている味が一番好きだという方にはバヤリースは根強い人気を誇っています。

すっきりとした甘みがあり、いつまでも飲んでいられるような味なので、若い方から大人の方までたくさんの方が求めているジュースであると断言できます。

カゴメ

次にご紹介するジュースのブランドはカゴメです。

カゴメは自然をおいしく楽しくカゴメというキャッチフレーズでたくさんの方から知られている飲料や食品や調味料の大手総合メーカーです。

カゴメと聞けばどちらかといえば食品や調味料などを思い浮かべる方がとても多いと思います。

トマトソースやウスターソースなどが主力な商品であり、その中でもカゴメといえばやはりトマトの存在感がとても大きいブランドだとたくさんの方が認識していると思います。

カゴメの歴史を考えてみると、とても実績ある会社であると判断することが出来、もともとは1899年に創業者の蟹江一太郎さんが西洋野菜の栽培に着手し、最初のトマトの発芽を見ているなどの実績があります。

そこからトマトを主力の商品として様々な商品にトマトをベースにして展開しています。

なので、カゴメのジュースといえばトマトジュースを想像される方はたくさんいると思います。

もちろんトマトジュース以外にも様々な商品ラインナップを展開しておりたくさんの方が解求めている「野菜生活」シリーズもカゴメが販売している商品です。

「野菜生活」シリーズは野菜の健康的な成分に着目し、それをジュースで手軽に摂取してほしいという事で知られており、味に関してもわかりやすいように色分けされており、紫の野菜や黄色の野菜、緑の野菜など、色ですぐに入ってる野菜がわかるように工夫されているのもわかりやすく、さらに一番の特徴は野菜ジュースなのにとても飲みやすく、ジュースを飲みたい時に野菜もついでに摂取できるという健康に気遣った方にとってはまさに理想のスタイルを提案してくれるジュースです。

年々、健康志向が高まる中でこの様な商品が販売されているのは非常に喜ばしいことです。

アサヒ飲料

次にご紹介するジュースのブランドはアサヒ飲料です。

アサヒ飲料は日本のジュースのブランドの中でもゆるぎない地位を持っているブランドです。

元々は1982年に設立されたアサヒグループホールディングスの清涼飲料水部門の子会社です。

元々は三ツ矢フーズという名前でしたが、紆余曲折あり現在の会社名となっています。

アサヒ飲料に関しては、その名前の通りジュースをはじめ様々な飲料の商品を販売しており、果実飲料以外にもコーヒーや炭酸飲料、お茶などの商品をたくさん販売しています。

例えば、コーヒーであれば「WONDA」炭酸飲料であれば「三ツ矢シリーズ」「ウィルキンソン」お茶であれば「十六茶」「六条麦茶」「食事の脂にこれ一本」シリーズなどが主に販売されています。

どの商品も全てコンビニなどに置いてありますので、普段コンビニで飲料水を購入される方は聞き覚えがある名前ばかりだと思います。

特にアサヒ飲料に関して大きな力を持っているのは三ツ矢サイダーシリーズであり、基本的な味以外にも様々な果実とコラボした様な商品が存在しています。

季節によって様々な味が存在しますが、「レモンを絞った三ツ矢サイダー」や「澄み切るオレンジサイダー」「新絞りグレープ」など、様々な商品ラインナップが存在しており、シンプルでありながら、きりっとした飲み口で炭酸の爽快感弾ける商品ばかりです。

炭酸飲料といえばサイダーなので、まさに日本を代表するブランドであると判断することが出来ます。

たくさんの方が夏の時期になるとキンキンに冷えたサイダーなどが飲みたくなると思います。

特に、お風呂上がりの冷えたサイダーは格別ですよね。

ダイドードリンコ

次にご紹介するジュースのブランドはダイドードリンコです。

ダイドードリンコは日本の清涼飲料メーカーであり、元々は1975年にダイドー株式会社として設立された背景を持っています。

様々な飲料水の商品を販売しており非常に実績がある会社ですが、ダイドードリンコといえば一番馴染みのある商品としてはコーヒーが主力商品となっています。

よく道端を歩いていると、ダイドードリンコが展開している自動販売機を目にすることがあると思います。

様々な商品があるなかでコーヒーの割合はとても多くなっており、たくさんの方が愛してやまない商品です。

特に、「ダイドーブレンドコーヒー」シリーズはかなり認知度が高く、コーヒーならダイドードリンコしか飲まないという方もいると思います。

そのほかには「デミタスコーヒー」や「Mコーヒー」などが販売されており、デミタスコーヒーは缶コーヒーの中でも特に小さめの缶ですが、その深い味わいに虜になっている方がたくさんいます。

そのほかには茶系飲料の「おいしい麦茶」や、スポーツドリンク系では「miu」「エスカップ」「アスパラドリンク」「アリナミンゼロ7」果実飲料では「ゆずれもん」などが主力商品として販売されています。

ダイドードリンコの商品は一風変わった商品などが展開されているので、子供からも根強い人気があり、例えば新しい商品としては炭酸とゼリーの食感が合わさった「ソーダゼリー」シリーズなどを展開しており、それ以外には果肉がたくさん入っている炭酸飲料やおしるこやコーンポタージュなどの商品が販売されています。

夏の暑い時期に関しては炭酸飲料でぐいっと行きたいですが、寒い時期に関しても体が温まる様な商品がたくさん販売されているので、まさに季節を問わずトップクラスの実力を打ち出しているブランドであると考えることができます。

Dole

次にご紹介するジュースのブランドはDoleです。

Doleはもともとアメリカ合衆国の多国籍農業食品企業であり、通常はドールと呼ばれています。

Doleに関しては、果物や野菜中心の商品を販売しており、Doleと聞けばたくさんの方が想像するのがバナナを思い浮かべると思います。

実際にDoleのシールが張られたバナナがたくさん販売されているのを見かけた事がある人もいると思います。

それ以外にも紙パックの商品が主にコンビニなどでも販売されており、商品ラインナップとしては「Dole」という名前でオレンジやアップル、グレープ、ピーチ、ミックス、グレープフルーツ、パインナップルなど基本的な味が100%ジュースとして販売されています。

果物ジュースの中でもその存在感はひときわ大きくなっており、かなり根強いファンがたくさん存在しているのも人気の理由の一つです。

Welch

次にご紹介するジュースのブランドはWelchです。

Welchはアサヒ飲料が販売している果実飲料の商品であり、もともとはアメリカのブランドです。

アサヒ飲料からそのまま「Welch」の名前で販売されています。

色々な味がありますが、Welchといえば一番有名なのはグレープ100です。

そのほかにはピンクグレープフルーツ100や、マスカットブレンド100、オレンジ100などがあります。

なんといってもWelchの特徴はその濃厚さにあります。

果実まるごと入った濃厚な味が楽しめるのが特徴であり、キャッチフレーズに関しても濃厚なひと時を提供するという言葉で締めくくられている通り、まさに濃厚な味わいを感じることができます。

果汁製品づくり140年以上のノウハウをいかした厳格な品質基準で作られており、健康志向に基づいた健康成分をたっぷり含んだジュースに本格的なおいしさが備わっているのでまさに敵なしの商品です。

グレープといえば「Welch」という人は多いと思います。

元々アメリカの国民的飲料となっていたのも、その味わいを確かめてみれば納得の一言に尽きます。

セブンプレミアム

次にご紹介するジュースのブランドはセブンプレミアムです。

セブンプレミアムは知っている方も多いと思いますが、スーパーのイトーヨーカドーやコンビニエンスストアのセブンイレブンなどを経営するセブンアンドアイホールディングスのプライベートブランドです。

2007年より販売が開始されており、今やセブンイレブンの商品はほとんどがセブンプレミアムの商品ラインナップばかりです。

コンビニの中で一番力があるのはどのコンビニかと問われれば間違いなくセブンイレブンだと答える方が多いと思います。

セブンプレミアムに関してはたくさんの商品が発売されており、「飲むヨーグルト」シリーズ、「カフェラテ」シリーズ、「グリーンスムージー」、「ジョージアセブンプレミアム」「ホットレモン」「午後の紅茶セブンプレミアム」お茶各種など、様々な商品が販売されています。

セブンプレミアムはジュースだけではなく、セブンイレブンに置いてある商品のほとんどを製造したりしているので、日用品はもちろんお弁当やサラダやデザートなど幅広い商品を販売しています。

コンビニを利用してる方がたくさんいると思いますので、今更説明するまでもありませんがたかがコンビニのブランドと侮っていてはいけません。

デザートなどに関しても下手なお店よりも断然美味しく作られているので、コンビニに行くならセブンイレブンにしか行かないと決めている人もいます。

味も高い人気を誇っているのに価格も求めやすい値段で販売されているので、まさに気軽に購入することができる人気のジュースのブランドです。

伊藤園

次にご紹介するジュースのブランドは伊藤園です。

伊藤園は東京都渋谷区に本社を置いているお茶製品や野菜飲料、コーヒー飲料などを扱っている飲料メーカーです。

伊藤園に関しては様々な商品がたくさんありますが、いちばん有名なのは日本ならではの緑茶が一番人気な商品となっています。

日本人であれば当然ジュースや炭酸飲料などは大好きだと思いますが、最終的に落ち着くと感じるのはやはりお茶ではないでしょうか。

伊藤園の販売してる商品の中で一番有名な商品としては「お~いお茶」です。

やはりその一番力を入れている部分は鮮度です。

鮮度に関しては3つの部分に分けて力を入れており、まずは①鮮度茶度(お~いお茶専用茶葉の加工時間を約半分に短縮している)②鮮度抽出(抽出前に茶葉を温めて香りを閉じ込めている)③鮮度充填(お茶に含まれる酸素量を0….3パーセント以下に抑制しており、酸素による味の変化などを防止しています)という三つのこだわりから製造されています。

お茶の味に関しても、様々な細かいこだわりの味が存在しており、濃茶や抹茶入り玄米茶、氷水だし抹茶入りなどの細かい味の商品を販売し、広い世代から人気を誇っているお茶ばかりです。

また、健康志向にもこだわっており、「ヘルシールイボスティー」「充実野菜」「一日分の野菜」「理想のトマト」「太陽のスーパーフルーツ」といった健康に優しいような商品もたくさん販売していますので、まさに日本人ならではのブランドであると考えることが出来ます。

日本コカ・コーラ

次にご紹介するジュースのブランドは日本コカ・コーラです。

日本コカ・コーラは、もともとアメリカに本拠を置いているザ・コカ・コーラカンパニーの日本法人です。

元々日本商品が多様かつユニークであるという特徴を有していることから日本から学ぶべきことがたくさんあるということで、健康志向や炭酸飲料の販売量が低下傾向にあるコカコーラにとって重要拠点として設置されたという背景があります。

日本コカ・コーラが販売している商品がたくさん存在しており、まずは忘れてはいけないのが「コカ・コーラ」です。

一年を通してたくさんの方から愛されている商品であり、これがないと生きていけないという方もいます。

特に夏の暑い時期にキンキンに冷えたグラスに氷をたっぷりと入れてグイっと飲むのは爽快極まりないです。

綾瀬はるかさんのCMなどでも知名度を誇っており、あのCMを見ただけで飲んでみたくなるような商品だといえます。

それ以外にも有名な商品がたくさんあり、「GEORGIA」「爽健美茶」「Aquarius」「綾鷹」「FANTA」「いろはす」「spraite」「大要のマテ茶」「紅茶花伝」など、有名な商品ばかりです。

どれも相当知名度があり、たくさんの方が愛飲している商品ばかりで、子どもから根強いファンタなども大人になっても時々飲みたくなる衝動に駆られてしまいますよね。

先ほどご紹介したように、日本ならではのお茶シリーズや健康意識が高い商品などもラインナップに含まれているので、日本人にとっては欠かせないブランドであると判断することが出来ます。

お気に入りのジュースブランドはどれ?

今回は様々なジュースのブランドについてご紹介していきました。

たくさんのブランドが存在する中で、それぞれのブランドの商品をひとつくらいは飲んだことがあると思います。

どれもおいしい商品ばかりで、コンビニなどに行っても迷ってしまうと思いますが、色々試しに飲んでいただいて、いちばんおいしいと思った商品を決めておけば迷う事もなくなると思います。

同じような商品でもブランドによって味や香りなども全く違いますので、あなただけの一本を決めて頂きたいと思います。

まだこれ!という商品に出会っていない方は、色々飲みながら楽しんでみてくださいね。