皆さんは論理的な思考で物事を考えるのは得意ですか?この思考はどちらかと言うと理系の人がそのような考え方が得意な人が多いですよね。

著者は文系ですので、そこら辺の自信はいまいちありません。

また、最近は論理的な思考する方が良しとする傾向がありますよね。

それはいったいなぜなのかと言うと、今日女性も社会進出をして働く時代だからなのではないかと思われます。

確かに人間は感情的でものを考えるところがありますので、何でもかんでも論理的に考えるっていうのはふさわしくないのかもしれません。

また、最近いろいろなブログや掲示板などを見ても、例えば専業主婦の方やパート主婦の方が、「子供のそばにいてやりたい。」と言うようなことを言うと、感情的であまり良くないイメージを持つ人が多く良いようで、そのような書き込みを見ることがあります。

それは、やはり働かないと将来の学費に困ると言うことで、論理的に考えると子供のときの精神的なフォローより働いてお金を得るほうがずっと重要だと考える人が増えてきているのです。

その良し悪しは何とも言えませんが、このように論理的な思考をする人がもてはやされる時代になっており、またそれを必要とする時代です。

では、論理的思考についていろいろと見ていきましょう。

論理的思考を鍛えるために学びたい10個のこと

では、この論理的な思考が苦手という人もいる事でしょう。

ですが、それも決して悪いことではありません。

ですが、もし論理的思考を鍛えたいと言うことであれば、この考え方は後天的に伸ばすことができます。

では、この論理的思考を後天的に伸ばすにはどうしたら良いのでしょうか?

1.短く端的に要点をまとめる練習をする


なるべく端的に要点をまとめる練習をすることで、論理的思考を鍛えることができます。

ついついダラダラと長く説明してしまう事はありませんか?もしそうであれば、そのような練習をすることで、人にわかりやすい説明することができるようになります。

そうはいっても、短く端的に説明と言うとどうしたらいいか悩んでしまう人がいますよね。

そこで調べてみましたが、1番簡単に論理的な説明をしようと思ったら、枠組みをあらかじめ決めておくと大変便利なのだそうです。

後に触れますが、まず大切なのはスタートに結論を先に伝えるのです。

それも、あれこれもっと説明しようとせず、まずは端的に結論からいきましょう。

そしてその次に理由を説明します。

その結論理由の説明というのが時と場合にもよりますが、なるべく1文2文で終わるようになったらいいですね。

そして、終わりにもう一度結論を言うようにすると非常にわかりやすいです。

「以上の理由で〇〇です。」と言うようにすると良いでしょう。

このようにあらかじめ形を決めてしまえば、論理的思考に基づいてプレゼンすることができるようになるのです。

2.説明する相手の特徴をよく理解する

つい、あれもこれもと説明しないとと思ってしまうかもしれませんが、必ずしもそのような説明は必要ないことがあります。

説明する相手の方が、ある程度そのことについて知っている人であれば、細かく色々と説明しなくても理解してもらうことができます。

ですが、それに対しお客様に説明するなど、そのことについてあまりご存じでない方に説明するのであれば少々丁寧な説明が必要になります。

このように説明する相手によって、どれぐらい説明がいるのかどうかということをつかんでおく必要があります。

3.事実や具体的な数字を多く混ぜる


論理的思考に1番大切なものは、数字や客観性に基づいたデータに基づいた説明です。

ですので、その説明の際は客観的事実や数字を混ぜるようにしましょう。

事実については、例えば2017年4月現在でFacebookを利用している人は、日本人で27,000,000人です。

海外に関しては、月間のアクティブユーザに関しては20億人となっています。

Facebookは多くの人が利用しているのもまた事実ですが、説明するときに多くの人が利用していると言う説明では論理的思考に基づいた説明としては弱いです。

先ほどのように、具体的な数値を挙げて説明すると、こんなにもたくさんの人が利用しているのかと思うことができます。

このように、たくさんと言う言葉に対して何人かというのは人それぞれ思う人数が違います。

もちろん27,000,000人など、正確に想像できる人もいるのかもしれないけれどたくさんと言う言葉を聞いただけでは10,000,000人と思うかもしれないし、5,000,000人と思うかもしれません。

でも、数字で説明することで、多くの人に正確な人数を知らしめることができます。

1.根拠を示せると強い

また、データに関して根拠を示せるようにするとさらにその説明の裏づけができるようになり、強くなります。

ですので、何かをプレゼンするときはその根拠示せる客観的なデータを準備しましょう。

その時も、先程のFacebookのように具体的な人数を示せるようにするなど、多くの人にわかりやすい根拠を示すようにすることが大切です。

ただ、最近論理的思考を気にしているようなブログを見ることがありますが、時折見ていると根拠のところに関しては、「〇〇だと思った。」とか、「〇〇の可能性があった」と言うような根拠の示し方をする人がちらほらといます。

(以前、そのようなやり方で攻め立てられたことがあり、少し恨みに思っています^^;。


このような不確かな根拠を用いて色々と議論をするのは、論理的思考としては正しい方法ではありません。

ですので、根拠を出すと言うのなら確実なデータに基づいた根拠示すことこそが大切です。

4.先に結論を話す

まず、先ほども触れたように結論から話すと非常にスマートです。

人間はついついあれこれと理由を説明したいと言う思いに駆られることがあり、結論が最後になることが多いです。

特に、少々醜い提案であったりすると、ついついその結果を後回しにしたい気持ちに駆られるのは著者も経験があります。

ですが、やはりすぐに結果が分かるということこそが、わかりやすい説明には必要です。

ビジネスの場では、そのような対応が良いのですが、プライベートに関して言うと良くない提案である場合はあまり先に結果を話さない方が良いケースもあります。

例えばですが、彼女と別れたいと言うシチュエーションの時に、「君と別れたい。その理由は…。」と話したところで、取り乱して話にならないようなこともよくあるからです。

確かに論理的思考は仕事の場においても、非常に大切ではありますがプライベートで対応すると少々生きにくいかもしれません。

ですので、ビジネスとプライベートの場では分けて考えましょう。

5.多くの人の前で話す機会を増やす

大勢の人の前で話すと言うとついつい緊張してしまって、たとえ論理的に話す枠組みをあらかじめ決めていたとしても、パニックになって頭が真っ白になってしまうこともあります。

緊張しすぎると、一体何を話したかということさえも忘れてしまうこともありますね。

そのような事はやはり人間である以上あります。

ですので、そのような経験を積むことで、そこまで緊張しないようにすることが大切です。

もしかしたら、大きく失敗してしまうこともあるかもしれません。

でもその失敗を糧にどんどんと成長していくこともできます。

ですので、そのような機会を増やし、経験を積んでいくことでだんだんそこまで緊張しなくなってきます。

そのようにすると、骨組みを決めておけば大体その通りに話すことができるようになります。

6.質問された時のために理由をたくさん用意する

やはり、色々とプレゼンをする時に質問されることもあります。

思いもよらぬことを質問されるとパニックになってしまうこともありますよね。

それに備えて、質問された時にその質問された時のための理由をたくさん用意することが大切です。

こちらも経験がある程度必要になってくるのかもしれませんが、思いつく限りの質問される内容について色々と事前に考えておきましょう。

それに対しての答えを準備することができます。

もし、プレゼンをする時もチームでやっているということであれば、他の方に色々と相談してみるのも良いでしょう。

自分1人では考えつかなかったことを、提案してくれることもあるかもしれません。

そうすることで、いろいろな質問に対し対応することができるようになります。

7.普段から考えを掘り下げる練習をする

やはり、人間ですのでついなんとなく考えてしまうこともありますよね。

でも、論理的思考を身に付けるためには、そのなんとなくと考えてしまうことについて、その考えを掘り下げる練習をすることで論理的な説明ができるようになります。

では、この考えを掘り下げると言うのは一体どうしたらいいのかですが、自分の過去などを振り返ってなぜそのような考えに至ったのかということをメモに書いておくなどして、深く考える練習をしましょう。

この自分を掘り下げる方法ですが、調べてみるといろいろな場面で役に立ちます。

例えばですが就職活動の時は、そのような考えを掘り下げていって、自分の強みなどを知っておく必要があります。

また、どのようにキャリアアップしていきたいのかということも、掘り下げて書いていくことで自分のことを深く知ることができるようになります。

落ち込んでしまった時、何を心の支えにしたらいいのかというのも掘り下げる練習をすることで負のスパイラルを防ぐことができると言われています。

ですので、いろいろな場面で自分の考えを掘り下げるのは役に立つのです。

まずは練習がてら、色々と自分の考えを掘り下げてみませんか?

8.物事を漠然と、ボーっと考えない

ついつい、物事を漠然とぼんやりと考えてしまうこともあるかもしれません。

ですが自分の論理的思考を育てるくためには、なるべくデータに基づいており、根拠があるものと参照にして考えていくことが大切です。

著者もそうですが、妻もまた、どちらかと言うと部屋の片付けが苦手な方です。

ですので、何かが欲しいと思ったら、漠然と手に入れるということをしているとだんだんとそれがごちゃごちゃしてきて散らかってくるところがあるのです。

ですが、ほしいかどうかではなく、本当に必要かどうかということを考えて買うことで、だいぶ部屋の片付けが楽になりました。

このように、漠然とこうしたいからと言うことでするのではなく、本当に自分に必要なことなのかということをしっかりと考えることで、より良い選択をすることができるようになります。

もちろんこのような買い物だけではなく、しっかりと物事を考える事は何事においても重要です。

ですので、常日頃そのようにしっかりと考える癖を身につけましょう。

9.感情をコントロールすること

やはり感情というのは時々人を狂わせます。

怒りや不安についても、コントロールをしないと時々思いもよらぬ行動起こしてしまうことがあります。

また、感情的になった人は、理論的な説明などは大変難しいものがあります。

中には中に怒りを秘めながら冷静にと言う人もいるのかもしれませんが、やはり感情的になった人はそのような思考は大変難しいのです。

最近は論理的な思考がもてはやされていることから、感情的な人を叩き、自分が論理的な思考ができる人だと自負する人も増えていますが、その一方で何とかして攻撃をしたいと言う怒りを感じることがあり、結果的にあまり論理的な話ができていない人もちらほらといます。

最近は、専業主婦に関することに関すると冷静さを失う人が多いようですね。

専業主婦の方もいるのかもしれないけれど、たいていは共働きの女性の方の負の感情が現れた書き込みが多いです。

やはり、最近は専業主婦になりたいけれどそうできない人もいて、心に余裕がない人が多いという事かもしれません。

10.優先順位を意識する

やはり、論理的な思考をするにあたって大切な事は冷静に考え、物事を適切に対処することです。

そのためにも優先順位は常に意識しましょう。

例えばですが、いろいろなタスクがあると思いますが、締め切りはどうなっていますか?その重要度はどれぐらいでしょうか?その重要度を意識し、何を先にこなしていけばいいのかを考えてやっていけば仕事は滞りなく流れていきます。

仕事に関することだけではなく論理的な思考を用いて説明する際も、何が重要なのかを考えることが非常に大切です。

論理的思考は人生の武器になる!

論理的な思考は、やはり人生においては大変大切なことですね。

仕事面でも大切ですが、やはり人生全体を考えたときに論理的な思考が大変大切になってくるのです。

例えばですが、先ほどもあげたように著者のように家庭を持っている人だと、奥さんが働き続ける方が良いのか、専業主婦になった方が良いのかと言う事は大変な議論になっています。

ですが論理的思考ができる方は、どちらかと言うと奥さんに兼業主婦になってもらうことを選ぶ人が多いようです。

それは、例え男性側に収入があっても同じで、もし、自分に何かあっても奥さんも働いていればリスクヘッジになると言う考え方です。

このような論理的な思考ができる人は人生において、色々と得をすることもできるようになります。

1.論理的思考とは?

今、論理的思考が大事だと言われていますが、この論理的思考とは一体どのような考え方のことを言うのでしょうか?
それは理路整然とした論理公式で説明することができる考え方です。

英語であるロジカルシンキングとも言われていますね。

まず、筋道を立て、客観的なデータに基づいた根拠を示した考え方です。

感情的な憶測や希望的観測に基づいた考え方ではありません。

ですので、仕事の場では、このような理論的思考が非常に大切です。

確かに、そのロジカルシンキングができると仕事の場でも役立ちますし、人生においても役立つ事はありますが、人間は感情の生き物ですのですべてに論理的思考を当てはめるのは大変危険です。

基本的に女性は共感を求める傾向があります。

論理的思考で成敗してしまうと、異性関係はうまくいかなくなるかもしれません。

2.論理的思考の反対の思考とは?

論理的思考の反対の考え方は、感情的な考え方です。

確かに、人間は感情の生き物です。

それは何故かと言うと、言うまでもなく人間も動物だからです。

動物はまず問題解決のためにこうするべきだと言う考え方はあまりしません。

危険なら本能的に近づかない、食べ物を見たら本能的に食べると言うふうに本能で生きています。

今は、論理的思考をテーマに取り上げているので感情的思考が悪のように言われていますが、決して悪いことばかりではありません。

論理的思考をするとすれば、子供つい叩いてしまうと悩んでいる母親に対し、「それは良くないことだ!」と説教する、親と子を離すと言うような解決策を考えだすのが論理的な思考です。

確かに正しいことなのですが、正しいことが全て良いと言うわけではありません。

そのようなことをすれば、虐待をしてしまった人が、影に隠れてそのようなことをするだけで根本的な解決にはならないのです。

その時は、母親に「疲れているんじゃない?」「子どもは見てあがるから少し休んだら?」と思いやりの言葉をかけるだけで、ぴたっとそのようなことが止むケースも多々あるのだそうです。

ですので、感情的思考で寄り添ってあげることで解決する問題もまたあるのです。

3.論理的思考ができる人の特徴とは?

では、論理的な思考ができる人にはどのような特徴があるのでしょうか?
その特徴を一つ一つ見ていきましょう。

1.落ち着いている

やはり、冷静に考えて答えを導き出すことから落ち着いている人が多いです。

ともすれば、あまり喜怒哀楽が表に出ないタイプの方かもしれません。

最近はそのような思考がもてはやされていることから、そのような思考を身に付けているような人が多いですが、実際は怒りに任せて発言するようなこともあり冷静さに欠いている人がいるものもまた事実です。

ですので、どちらかと言うと後天的にそのような力を身につけようとしている人は、怒り等の感情を持つと一気に冷静さを欠くことがあります。

もちろん心がけるだけでだんだんとできるようになりますのでそれは良いのですが、やはりもともと落ち着いている人にはそのような論理的な思考ができやすい傾向にあるようです。

もし、これから論理的思考を身につけたいと思っているのであれば、怒りに任せて発言するようなことがないように気をつけることでも大分違います。

2.自分に自信がある

論理的思考がある人は、基本的に自分に自信がある人が多い傾向があります。

やはり、客観的なデータに基づいて話をしている人が多いですので、もし批判をされても、客観的に反論することもできます。

ですので、自分の主張は揺らがないからこそ、自信があってそのような理路整然とした考え方ができる人が多いようです。

やはり、何かを発言するとしても、自分の発言を否定されると思うとつい落ち込んでしまったり、かっとなってしまうこともあるかもしれません。

ですがそのような感情に左右されないこともまた、理論的な思考ができる人になるためには大切です。

ですので、自分に自信を持ち、自分の発言に自信を持つことが理論的な考え方ができる人になるには必要なことなのですね。

3.起承転結を意識している

作文を書く時も言われませんでしたか?「起承転結をしっかりと意識しましょう。」と…。

小学生の作文でも取り上げられる位に、話し方としては大変大切な書き方です。

ですが、この起承転結も知ってはいるけれど、具体的にどのようなものかを忘れてしまった方もいるかもしれませんし、著者も実際に起承転結を説明しようと思ったら難しかったので調べてみました。

まず起承転結の「起」はまず事実や出来事について触れ、「承」では、起で述べたことに関することの補足をしたり問題点をあげたり、感想や意見について書きます。

そして、「転」では起と承とは関係のない事を挙げ、「結」で起承転全体を関連付けて終わりにすると言った方法です。

4.無駄なことを考えない

そして、そのような論理的思考するときは、無駄な事はあまり考えないようにすることも大切です。

少し重い話になりますが、著者の母はなくなったのですが、亡くなる際に延命をどうするのかというような問題になりました。

結果としてはわかってはいるのです。

やはり無理矢理生かされるのは良い事では無いのだ…、と。

ただ、感情論がそれを邪魔をするのです。

やはり母が死んでしまうと言うのは嫌でした。

どうにかして生きてほしいと思いました。

ですが、延命をしないと生きられない状態ですし、その延命措置自体にも経済的負担は大きな物であるのは簡単に予想ができました。

ですので、延命はしない方向性が正しいと言うことで、そのような方向性にしましたが、時折本当にこれでよかったのかと思うようなこともあります。

少々話が大きくはなりましたが、このようにな事態になった時にそのような感情論を排した考え方ができれば楽なのだろうな思うことがあります。

命に関することですので少々重い話になりましたが、日々の生活においてそのような事態がたくさんあります。

無駄と良いかと言う言い方はおかしいですが、感情論を排した考え方ができることで、スムーズに問題を解決することができるのは言うまでもありません。

5.女性よりも男性に多い

最近女性差別に大変敏感なので、女性は感情論で考えると言うと女性から非難轟轟ですが、やはり脳の構造的には男性の方がそのような思考が得意である人が多いようです。

それはなぜなのかと言うと、やはり昔からの習性が関係します。

基本的に男性は狩りをしますので全体を見回す力が必要です。

ですので論理的な思考に基づき、落ち着いた行動こそが大切だったのです。

それに対し女性は木の実を拾って子供を育てたり、人の面倒を見ることに特化していました。

ですので女性は人に寄り添うのが大変得意ですし、子供の顔色や人の顔色を見て健康状態を判断したり、何か変化があったら鋭く見る力があるのです。

よく、男が浮気をすると女性にすぐに見破られると言う話がありますよね。

それもどうやら普段のご主人と今のご主人の違いを瞬時に判断できるからだと言われています。

男性はそのような細やかな部分は苦手ですが、全体を見通す力は非常に強いです。

ですので論理的な思考を得意とする男性が多いのです。

6.知識が豊富

また、論理的な思考するためにはたくさんの知識が必要です。

ですのでその思考を得意とする人は知識面も大変に豊富です。

もし、論理的な思考をこれから身に付けたい方でしたら、新聞を読み、ニュースをチェックするなどいろいろな方法で情報を手に入れましょう。

最近は情報過多の傾向にあるので、本当に正しい知識を選んでいく必要があります。

本当に客観的なデータに基づいた結果なのかということも考えて、知識を選びとっていきたいものですね。

7.他人の話もよく聞く

論理的な思考をすることができると自負している人の中には、自分の気持ちばかり押し付けて他の人の話はあまりよく聞いていないような人もいます。

ですが本当に論理的な思考が出来るような人は、人の話もよく聞き、それに関する考え方もしっかりとしています。

論理的思考を身につけたい人は、人の話もしっかりと聞く練習をしましょう。

8.計画性がある

論理的な思考ができる人は、計画性がある人です。

先ほども論理的な思考と感情的思考について調べてみましたが、問題解決においては論理的思考が生きてきます。

ですので、問題解決のために何が良いのかというのを感情論を配して考えることができ、その解決のために計画を立てることもできます。

それに対し、感情的思考価値型は、問題解決の力が少々弱い傾向にあります。

「いや!」と言う感情で止まってしまうので、そこから逃げ出すか、問題を先送りするかなどでなかなか解決に至らないのだとか。

確かに感情的思考も悪くは無いのですが、問題解決力で言うと論理的思考ができる方の計画性に軍配が上がります。

9.バランス感覚が良い

論理的思考ができる人は、冷静に客観的にものを見ることができるためにバランス感覚の良い人が多いです。

ブログや掲示板を見ているといろいろな人がいて面白いのですが、論理的な思考を武器に人を攻撃するような人は、相手を言い負かすことに趣旨を置いているためあまりバランスが良いように見えない人が多いです。

そもそも論理的思考の良い点としては、相手を言い負かす武器にするのではなく、物事を単純化し、相手を納得させたり協調するための方法です。

10.数字に強い

論理的思考には数字が必ず必要です。

例えばですが、「たくさん」と言うとどれぐらいたくさんなのかと言う数字が必要です。

やはり客観的なデータには数字がつきものなのです。

ですので論理的思考が得意な方は数字に強い方が多いです。

数字に強いですので、数字で背景を見ることができるようになります。

これは、何か投資する時にも大変役に立ちます。

4.論理的思考のメリット

では、論理的思考するメリットとは一体何でしょうか?
いろいろな論理的思考のメリットについて見ていきましょう。

1.問題解決能力が高くなる

やはり論理的思考の大きなメリットとしては問題解決能力が高くなることです。

感情的思考する人の中には、そのような問題を冷静に判断し解決する力があまりない人がいるのです。

著者の妻の友人にも仕事を転々としてしまう人がいるようです。

やはり、妻から聞いた話すると、嫌だからやめてしまうということが非常に多く、人間関係でつまずくことが多いようです。

嫌だと言う感情で逃げる選択を繰り返すことから、仕事を次々と変えてしまうところがあるようです。

やはり、今の日本において、職を転々とする人はあまり良いイメージで見てもらえないところがあります。

ですので、最終的になかなか仕事が決まらない事態にまで陥ったようです。

こちらは感情的思考の例ですが、論理的思考ができるようになると、何が問題でどのように解決したらいいのかということを考えることができるようになります。

確かに逃げるのは良くないということも言えますが、ただ苦手な事から遠ざかる事は決して悪いことではありません。

例えばですが、接客業が苦手だから接客業以外の工場内での仕事にするといったように、苦手を遠ざけるという選択肢も問題解決の1つです。

確かに逃げと言うと聞こえは良くないのかもしれないけれど、冷静に考え解決するための方法を冷静に考えることが大切なことです。

2.プレゼンが上手くなる

プレゼンにおいては、このように論理的にしていく必要がありますので、その能力は必ず必要です。

ですのでプレゼンをする機会が多い方は、論理的思考を身に付ける練習してみてはいかがでしょうか?

きっと、プレゼンが上手くなり、仕事上で評価されること間違いなしです。

3.文章が上手く書ける

仕事上においても文章書く事はありますし、文章を書く事はこれから増えていくでしょう。

その時に文章がうまいと大変いいことが多いです。

ですので、論理的思考を身につけるととても役に立ちます。