皆さんは注意深いタイプですか?確かに人生注意するばかりでは面白くないかもしれませんが、注意しないと何かと不利な状況になりやすいです。

また、中には健康状態など注意していなかったばかりに命に差し障ることがあります。

用心しすぎて何もできない方でしたら時には思いきってみては?とご提案するかもしれませんが、そうでなければできるだけ注意をしたほうがいいです。

健康状態のみならず、金銭にまつわることや人づきあいにおいても注意してみていれば防げるトラブルも多数あります。

では、注意が必要なシチュエーションなどについても見ていきましょう。

注意しないと人生で損をしてしまう6個のこと

では、注意をしなかったばかりに人生において損をしてしまうことが起きては良くありません。

ですので、どのようにして注意をしていけばよいのでしょうか?
いろいろなジャンルの注意事項がありますので、一つ一つ見ていきましょう。

1.交際相手の選び方


交際相手というと、ただ好きだから付き合いたいなどという純粋な思いをもってお付き合いをすることが多いでしょう。

ですが、好きばかりでは続かないことがあります。

ですので、交際相手の選び方には気を付けましょう。

例えば女性が男性を選ぶ時は横柄なところが見受けられる人は避けたほうが無難です。

例えば食事に一緒に行っていて店員さんに横柄な態度を取る人は、将来DV加害者になる可能性が高いです。

なぜかというと、立場が下の人間にはどのように接してもいいという気持ちで接しているからです。

最近は男女平等にはなってきていますが、そのようなパワーバランスを異様に気にする人は危険です。

同じくらいに稼ぎ出す共働きの時だったらいいかもしれませんが、もし妊娠出産をして収入が減った時にその本性を出すことがあります。

そして、共働きであっても自分より稼いでいないからという理由で、家事も子育ても仕事も!と強要し尚且つ横柄に接してくることがあります。

男性が女性を選ぶ際は、金遣いの荒い女性の方は気を付けたほうがいいです。

もちろん、女性自身が大きく稼ぎ出しそれを使っているという事でしたらまだ良いのですが、将来は専業主婦になりたいと言いつつ金遣いが荒い女性だと女性の娯楽費が家計を占め、生活が苦しくなることがあります。

また、見栄を張る女性だと男性は苦しくなるようです。

例えばですが「絶対に持ち家一軒家!」とか「車は絶対に普通車!」というような人です。

こちらも自分で稼いだお金で手に入れているのでしたら良いのですが、そうでなければ結婚はやめておきましょう。

2.高い買い物をする時

また、高い買い物をするときは気を付けましょう。

使ってみて気づいたという事であれば返品ができないことから大きく損をしてしまいます。

もちろん、それが何かにもよりますが、昨今は大きさがそこまでなければフリマアプリに出すこともできるかもしれませんし、車などのそこそこ大きいものでも売ることはできます。

ですが、損失がましになるという程度で決して利益が出る状態ではありません。

ですので、高いものを買うときは注意をしましょう。

また、家具などを買うこともあるかもしれませんが、その時はくれぐれも寸法を測ってください。

著者の妻がそれでよく誤ってしまうのですが、大きなもののサイズ違いは致命的です。

ですので、高い買い物をするときは本当に必要なのかはもちろんですが、サイズ的に問題がないかや自分に使いこなせるかなども注意しましょう。

1.補償の有無

多くの人はポイントが付くからという事でクレジットカードで買い物をされると思います。

クレジットカードには「ショッピング保険」があるのはご存知ですか?高い商品をクレジットカードで購入するとそのような保証が付くことがあります。

ですので、もし購入した商品が思いがけず壊れてしまった場合もあきらめずに調べたうえで補償の相談をしてみましょう。

条件を満たせば保証してもらえることがあります。

その条件は購入後90日以内、故障や壊れた時に30日以内に問い合わせをしたかどうか、自己責任の有無などがあります。

気になる補償額ですが、普通のカードで50万円くらい、ゴールデンカードで数百万くらいです。

ですが、商品によってはその補償が使えないことがありますので、注意が必要です。

食品、自転車などの乗り物、コンタクトレンズなどです。

また、スマートフォンも補償の対象から外れるようです。

そのような傾向はありますが、もし少しでもお金が戻ってきたら助かりますよね。

補償の有無の確認は怠らないようにしましょう。

2.支払い方法等の条件


上記の補償についてはクレジットカードで購入している場合に限ります。

ですので、支払い方法も当然条件に入ります。

もし高いものを購入するときはクレジットカードで購入すると安心かもしれませんね。

3.自分の健康管理

金銭的なことも損失が出ると確かに落ち込みますが、お金はまた努力して稼ぎ出すという選択肢があります。

ですが、健康状態については軽症であればまだしも重篤な病気になると取り返しがつきません。

健康はお金で買うことができないのです。

だからこそ、大切なのは日々の健康チェックです。

皆さんは検診はしていますか?例え健康状態に不安がなくてもできるだけ検診をしましょう。

昨今若い方がガンにかかり、そこから残念な結果になるニュースを良く見ます。

だからこそ、若いから大丈夫は大変危険です。

それに対し症状がないうちに健康診断で早期発見ができれば、患部を切除してそこから回復できる可能性もあります。

ガンを例に挙げましたが、がんは様々ですので一概には言えませんができるだけ選択肢が多い状態で発見できたほうがいいのは言うまでもありませんね。

著者も妻に検診は強く勧め、年に1回は受けさせるようにしています。

1.変だなと思ったら早めに病院へ

できればそのように症状がないうちから早期発見ができたら、治療次第で感知を目指せることがあります。

でも、「あれ?変だな。」と思った段階で行ってもまだ間に合う可能性もあります。

ですので、少し違和感を感じたらできれば早めに行きましょう。

仕事が忙しい世代だったり女性であれば家事や子育てなどで忙しい世代の方はついつい自分の健康状態や体調について後回しにしがちです。

でも、この時期だからこそ、自分の体はとても大切です。

仕事については半休を頼んででも病院に行ってみませんか?休みにくいほどに皆さんが頼りにされているのはすごいことです。

が、その頼りの皆さんが病気で長期入院をしたりもしものことがあったら非常に困ってしまいます。

それに比べたら半休くらいと思いませんか?

子育て中の方も同じです。

もし、ご自身に何かあったら悲しむのはお子さんです。

公立の保育園などで一時的に預かってくれるサービスはありませんか?変だなと思ったらぜひ早めに病院に行きましょう。

それで異常なしだったり大したことがなかったら、「大丈夫なんだ。」という安心感が得られますよね。

4.入学試験など大事な試験の回答

入試試験については中には一生を大きく作用するような場面もありますよね。

高校受験や大学受験もそうですが、お仕事内容によっては資格がないと仕事が難しいために試験を受けに行くこともあるでしょう。

その時にケアレスミスをしてしまうのは大変惜しいことです。

著者の上の子が結構不注意でして(汗)。

彼女の解答用紙を見ると「あっちゃー」な間違いをしていることが結構あります。

今でこそ高学年になり改善しましたが、四年生くらいまで百という漢字の白の部分に横線がもう一本入っているなどで点数を落としていることが結構ありました。

普段のテストですので「あっちゃー」ですみますが、高校受験などでそれをやってしまうとシャレになりません。

確かに焦りますし、中には問題数が多すぎたりするのかもしれませんが、終わったら見直すことも大切です。

そのためにも受験対策をするときは自分の弱点をしっかりと把握するようにしましょう。

5.就職先の選び方

確かに仕事先はもし失敗をしてしまったら転職をするという道もあります。

確かに最近は終身雇用制度が崩れているので、昔ほど転職に関して悪いイメージは少なくなってきました。

ですが、ブラック企業に入ってしまうと心身ともに疲れ果て、次の仕事を探すことができなくなってしまうことがあります。

最近はうつ病になり、長く就労できないことがあります。

ですので、できれば入る前にある程度リサーチをしたほうがいいです。

1.ブラック企業に注意

先ほども触れたように一度ブラック企業に就職してしまうと、心身ともに疲れ果てて冷静な判断ができなくなります。

また、一人暮らしの方であったら低賃金で長時間拘束があるとなると仕事が忙しいわりにお金がたまらず生活費に消えるので、副業をすることも難しく、もしその会社を辞めるとなると実家に帰るなど人の助けが必要な事態になります。

ですので、できれば入る前にそれを見分けたいですよね。

最近は「ブラック企業 〇〇(都道府県名)」と入力をするとそこにある企業の評判を見ることができます。

また、企業名を検索すると評判がイマイチであれば、内科につけ書き込みをされていることがありますので、チェックをしてみましょう。

ワ〇〇がブラック企業であるとわかったのはそのようなインターネットの力もあったのです。

6.人間関係の構築

人間関係の構築ですが、最近は人づきあいが苦手でそれを避ける人も少なくありませんが、もし良い人間関係を築く力があるのであれば人間関係に恵まれているほうがいいのは言うまでもありません。

妻は人づきあいが苦手ですが、妻の母は非常に社交的です。

彼女はシングルマザーのようですが、近所の奥様友達と助け合ってうまく生活をしているようです。

このように人間関係を保つ力があればそのような構築をしたほうがいいのは言うまでもありません。

また、仕事関係においても人脈を築くことで良いお仕事に恵まれることがあります。

ですので、できる限り努力をしましょう。

ですが、だまされやすい人など人間関係の構築があまり得意でない人は人間関係を広げるごとにトラブルが増える可能性があるので、ほどほどにしましょう。

ちょっとした不注意で人生が大転換することも

不注意があると中には人生がガラッと変わってしまうこともあります。

もちろん、逆にいいほうに転がることもあるかもしれませんし、あまり深く考えず思い切った行動をすることで幸せを手に入れることも無きにしも非ずです。

ですが、失敗が多いという事であればなるべく治すようにしましょう。

1.注意力が足りない人の特徴

注意力が不足している人はなるべく改めたほうがいいのは言うまでもありません。

ですが、どのような特徴があり、どのような気を付け方をしたらいいのかがわからない状態で藪から棒に努力をしてもどうにもなりません。

ですので、まずはその特徴を抑え、どのように改善していったらいいのかを見ていきましょう。

1.反射神経が鈍い

反射神経が鈍い人は注意力も不足している傾向にあります。

いろいろな人がいるので一概には言えませんが、もしかしたら脳に関係していることもありますので、気になるようでしたら病院に行ってみるのも手です。

それはどのような物かというと、具体例を挙げると発達障害の可能性があります。

不注意と反射神経の鈍さを挙げると、不注意優勢型の発達障害の可能性があります。

片づけが苦手であったり、運動神経が非常に鈍いという事はありませんか?
心当たりがあり、尚且つ日々の生活に支障をきたしているのであれば、大人であれば心療内科などを受診してみるのも手です。

ただ、脳の機能の問題ですので病気というわけではなく基本的に「完治」はありません。

ですが、対処していく事でうまくいくことがあります。

対処療法でうまく日常生活を送れるようにしましょう。

2.人に頼ることが多い

こちらは鵜が先か卵が先かの範疇になりますが、人に頼ることが多い方は注意力不足な傾向があります。

注意力不足だから人に頼るのか、人に頼ることによって注意力が足りない状況になってしまったのかは一概には言えません。

ちなみに著者の妻は注意力が足りないから著者に頼る傾向にあります。

妻なりに頑張ってはいるのですが、かなり漏れがあります。

ですが、妻なりに学習もしておりまして、最近はスマホのアラーム機能を使って、やるべきことを時間ごとにアラームでお知らせするように設定しているようです。

例えばですが、どこかに行くときは著者の父に送迎をお願いしているのですが、父に電話をすることから事細かにアラームが鳴るようにしています。

やはり、仮に注意力不足で人に頼ることが多い人は本来失敗をして学ぶべき点を学んでいないところがあります。

著者の妻は自身の母親と兄がしっかりしていることもあり、自分で何かをする経験があまり得られなかったようです。

ですので、仕事などはいきなりそのようにするのは危険かもしれませんが、比較的支障がない事柄で何かの装置を使ってもいいので自分で遂行できるようにするのが一番です。

3.行動がゆっくり

注意力が足りないからなのかもしれませんが、やはり行動はゆっくりめである傾向が高いです。

確かにただでさえ注意力が足りない状態なので急ぐと失敗することがあることから、行動をゆっくりにしていることもあるのかもしれません。

こちらは改めると言っても大変かもしれません。

比較的行動をゆっくりにすることで失敗を回避している可能性もあるからです。

この場合は早く行動をしないといけないシチュエーションを避けるほうがいいのかもしれませんね。

例えばですが、仕事に関してもスピード勝負なところは避けましょう。

接客などてきぱきとすることを求めらえる仕事も避けたほうが無難です。

そうなると仕事の幅が狭まりなかなか仕事が決まらないようであれば、どうにか続けられそうなものを選ぶようにしましょう。

できれば車の運転も避けれるのであれば避けたほうが無難です。

安全運転ができるという意味ではゆっくりも悪くないのですが、車はスピードが出ますので瞬時の判断に苦手意識を感じている人もいることでしょう。

できるだけ徒歩や自転車で生活できるところを選ぶほうがいいですね。

4.すぐ自分の世界に入る

妄想癖がある方だと自分の世界に入ってしまったがために周りに注意を払うことが難しく、結果的に注意力不足になってしまいがちです。

できれば歩きながら考え事をするのは避けましょう。

昨今はスマホを持っている人も多く、歩きスマホをしている人に激突してしまう可能性があります。

ですので、安全のためにも歩きながら等、〇〇しながらの妄想はやめましょう。

5.掃除が苦手

掃除が苦手な人が多いのも注意力不足の人に多い特徴です。

皆が皆そうとは申しませんが、発達障害の傾向を抱えている人も少なくありません。

ですので、先天的な部分で苦手なことは克服をするのは並大抵ではありません。

でも、努力をしていくことで自分に合った掃除方法を見つけることができます。

まず、掃除が苦手なのであれば管理するものを減らしましょう。

例えばですが、毎日洗濯をするのであれば衣類は半そで4着、長袖3着、ズボン3着、羽織るもの2着などでも事足ります。

その代わり部屋置きの乾燥機は必須です。

本も結構貯まりますが、本は図書館で借りるか電子書籍にしましょう。

もし捨てることに強い抵抗感を感じるのであれば、なんでも買い取ってくれるようなリサイクルショップがおすすめですよ。

あと、環境が許せば物を最小限にした上で、そこまで広くない部屋に引っ越しましょう。

掃除が苦手な方は管理するスペースが狭いほうが断然有利です。

その時はスーパーなどのお店が近いとストックも最小限で済みます。

考え方としてはスーパー全体をストック保管所にするような感じです。

このような工夫次第で掃除が苦手な人も比較的管理しやすくなります。

でも、今ゴミ屋敷状態でどこから手を付けたらいいかと途方に暮れている方でしたら、この際外注して清掃してもらうのも手です。

6.非論理的

論理的に考えられない方も注意力不足な傾向にあります。

著者の趣味は掲示板鑑賞ですが、ものに囲まれて暮らしている人の書き込みをみましたが、同じものを買ってしまうのはないと不安という漠然とした不安で尚且つパニックになるからたくさんのストックを買うという方でした。

でも、話をよく見てみるとすべてを把握できていないのです。

ですので、死蔵になっているのもかなりあります。

ストックでしたらまだ分かりますが、賞味期限が切れた食材に関しても捨てられずとりあえず取っておいてしまうようです。

論理的に考えると明らかに要らないもので、尚且つ管理もうまくいっていないのだからこの際捨ててしまえばいいのにと思ってしまうけれど、なかなか感情的に難しいようです。

このように非論理的な方はいろいろなケースがありますが、論理的に考えるのが苦手な方も多いようです。

7.飽きっぽい

飽きっぽい人は常に新しいものにアンテナを張っていて、今あるものに注意を払うのが難しいようです。

こちらも発達障害など先天的な特徴を抱えていることもあります。

もし、仕事や日常生活に支障があるようなら病院に行って服薬をするのも手です。

ただ、その診断は余程でないとつかない傾向にあるので、服薬をするのはハードルが高いです。

もし必要な作業を仕上げないといけないようであれば、テレビなど余計なものをすべて排除した部屋などですると良いでしょう。

8.コツをつかむのが遅い

新しいことを覚えるのが苦手な人も多いですよね。

やはりどうしても注意力を駆使してコツをつかむところがありますので、注意力がものをいうところがあります。

できれば、コツコツと一つのことを実直に取り組めるお仕事に就けたらいいですよね。

ただ、最近は一つのことをコツコツとというタイプのお仕事は機械がしていたり、日本に出稼ぎにきた海外の方がする傾向にあり、日本の方でそのような仕事を安定的にするのは難しい世の中になりつつあります。

そのような方は年収は低くなりがちですが、そのようなお仕事をしつつ副業をするなど収入の間口を増やすことで対策をしましょう。

9.記憶力が低い

注意して物を見ていないからか、記憶力も低い傾向にあります。

このような人はメモを取るようにして対処するしかありません。

ただ、注意力散漫な人に多いのは、そのメモを紛失するようなケースです。

のちに触れますが、そのような人も対処次第ではできますので、その努力は怠らないようにしましょう。

10.物事を軽く見がち

こちらは著者の妻がそうです。

「なんとかなる。」と言って悲観しないところは良いのですが、物事を軽くとらえるところがあり、結構後に困っていることが多いです。

それで子供会の役員は大変だったようです。

ただ、初めての仕事を引き継ぎ資料だけで進めていくので非常に大変だったようです。

著者はこういうのが苦手で妻に任せましたが、やはり注意力が不足している人がそんな仕事をするのは大変なようですね。

ただ、非営利団体の活動ですので努力している姿勢が見られたら皆優しかったようです。

話がそれましたが、このように物事を軽く見るばかりに大変になってしまう人もまた、注意力が不足している傾向にあるようです。

11.緊張し過ぎることがある

緊張をしていると見落としをしてしまうのはよくあることです。

何かを注意されたら委縮してしまって、できていたことが急にできなくなるようなことはありませんか?ですので、緊張は注意力にとって大敵です。

もし、普段はそつなくいろいろなことができるのに仕事だけはできないという事があれば緊張しすぎの可能性があります。

緊張しないようにと言われても難しいところがあるかもしれません。

そのような場合は緊張してもいいので場数を踏みましょう。

何度も経験しているうちに緊張感も和らぐ可能性があります。

2.注意力を改善する方法とは?

注意力不足はやはりある程度先天的な部分がある可能性もあり、改善をするのは並大抵ではないところもあります。

ですが、最近そのような傾向にある人は脳に原因があることが分かりつつあり、その支援の手も伸びてきています。

成人の方に関しては難しいところがありますが、それでもそのような特性を抱えた方が相談できる窓口があるなど、相談できるところもありますのでそのような場所を活用しましょう。

その上で対処次第ではそのような特徴を抱えていても日常生活をうまく営めるようになります。

ですので、その改善方法を見てみましょう。

1.論理的思考を身につける

いきなり論理的思考を身につけよと言われても困惑してしまう人も多いことでしょう。

もちろん、そこまでお金をかけることなく身に着けることができる方法はたくさんあります。

論理的思考に大切なことは具体的な数値です。

「たくさん」「見直しをする」「適切な」などあいまいな表現は多くあります。

でも、このあいまいな言葉は人によってとらえ方が違います。

例えば「たくさん」も「1億」等と具体的な数値でいえば、個人個人の受け取りの差はなくなります。

「見直し」も「どんなことをするのか」というとらえ方はそれぞれ違いますよね。

また、新聞を読みながら事実とそうでない部分を分ける癖を身に着けるのもいいでしょう。

また、様々な書籍も出ていますので、図書館で借りてもいいですし購入しても良いですので読んでみるのもいいでしょう。

論理的思考の基礎ともいえる方法ですが、まずは結論から話すこともそのような思考に近づくことができる方法です。

ネット上にいろいろな方法があるのでそれを参考にしましょう。

そして、それらを行うのは何時間もする必要はありません。

一日たった10分でいいので毎日時間を取るようにしましょう。

2.指さし確認する

ついうっかりが多い人は指差し確認をするようにしましょう。

電車に乗るときに指差し確認をしていますよね。

そのような確認を仕事や日常生活の場でも取り入れるのです。

その確認作業が抜けてしまう人は、事前に確認事項を書いておくといいでしょう。

ガスの元栓を閉めたかどうかが心配になってしまう人はいませんか?そのような人はスマホなどで撮影をするといいそうですよ。

もし「あれ?」と思っても画像を見直せば「大丈夫!」と自信を持つことができます。

ですので、事前に時間を取って気になる箇所を確認し、それを画像で取るのもいいかもしれませんね。

3.きちんとメモを取る

記憶力が低い人には非常に大切なのですが、メモを取るのは必須です。

書いているものを見て思い出すのはもちろんですが「書く」という作業が記憶をさらに留めやすくします。

ただ、注意力不足な人にありがちなのですが、そのメモ用紙をなくすという人はいませんか?もしそうなら、ノートなどある程度存在感があるものをメモとして使いましょう。

紙屑だったらどこかに行ってしまいますが、ノートだったら仮に落としていてもついうっかり捨てることはありません。

もし、スマホなどを触るのが許される環境であれば、スマホのメモ機能であったり、アラーム機能を使うといいと思います。

スマホであればもし紛失してしまっても、自分の携帯番号に電話をかけたら音でお知らせをしてくれます。

また、紛失時に役立つアプリもありますので、対策は立てやすいです。

ですので、メモ書きの徹底をしましょう。

始めはメモを書くことすら忘れてしまうこともあるかもしれませんが、そこであきらめないことが大切です。

4.計画を立てて行動する

注意力不足な人は細やかに気づいて、その都度実行していくのが苦手な人が多いです。

ですので、あらかじめ計画を立てられることは計画を立てましょう。

著者の妻も注意力不足な人ですが、計画を立てるのが非常に苦手な人です。

ですので、旅行の計画ももっぱら著者です。

彼女に計画を立てさせると移動時間が丸々抜けて居たりツアーの申し込みも時間がブッキングしていたりといろいろとあります。

もし改善するとしたら、旅行の計画を例に挙げるとパッケージツアーなどを確認するのもいいでしょう。

テンプレート化しているという事は、多くの人に人気がある汎用性があるツアーだからともいえます。

ですので、もううまくいっているものを手本にして基礎を固めつつ、徐々に応用していくのも手でしょう。

ツアー以外にも、あらかじめうまくいっている人をインターネット上で調べたり、経験者に話を聞いて計画を立てるようにするといいかもしれませんね。

5.推測や見通す癖を付ける

ついつい自分に都合よく進むと思ってしまうけど、思いのほかうまくいかないことも出てきます。

ですので、もしこうなったらと推測する癖を身に着けるようにしましょう。

そうすることで計画の失敗を未然に防ぐことができます。

ですが、やはり経験のないことだと推測をしていたとしても思わぬ事態に陥ってしまうこともあります。

そのような時はどうしてそうなってしまったのかを冷静に見直すようにしましょう。

そして次の時があるのであればどうしたらいいのかを対策することで、2度目以降は失敗が減ります。

そうこうしているうちに気を付けるべきポイントが分かるようになってきます。

失敗は成功の母とはよく言ったものです。

失敗はしてはいけないのかもしれないけど、たくさん失敗すればどうしたら良くないのかというデータが集まります。

それをもとに対策をしていけば成功への道筋になります。