人間はよく不平等だということを耳にしますよね(^_^;)

立場、環境、才能など、天に二物を与えられた人はたくさんいるじゃないか!と思うことがよくあります。

でも不平等だと思えることは、だいたいがその人自身が努力で手に入れたものが多いように思えます。

例えばです。

ルックスが整っていて、性格も良く、スタイル抜群の女性がいたとしましょう。

そしてこの女性は表向き、特にこれといった努力をしていないように見えます。

その女性よりも、美しくなる努力をしてるにも関わらず、劣等感を感じている周囲の女性は、不平等だと思っていることでしょう。

「特に努力しないであんなにキレイな人もいるんだから人間不平等だよね」と。

確かにルックスという一点においては、不平等だとは思います。

どうしても顔の造形には「持って生まれたもの」が関係しますから。

ただしその一点のみ、です。

性格やスタイルは、その人は見えない場所で磨いています。

表に出さないだけです。

しかもそのルックスという一点でさえ、絶対的なものではありません。

他人との比較、自分との比較によって判断される相対的なものです。

なので、外見における「不平等さ」があったとしても、それはあまり問題になることではないように思えます。

それは努力ではどうしようもない「不平等さ」をあっさりと覆すほど「絶対的に平等なもの」がこの世界には二つあるからです。

一つは時間です。

誰にとっても平等ですよね?

今回のテーマはもう一つのものです。

「可能性」

でございます(・ω・)ノ

時間と可能性だけは誰にとっても平等です。

この二つと比較すれば、とある一点において「不平等」と感じても、それらは全て些細な問題と言っても過言ではありません。

もしかしたら、不平等さによって劣等感を感じ悩んでる人がいるかもしれません。

が、悩むことはありません(>_<) もし悩むなら、時間と可能性の使い方で悩んだ方があなたの為になります(・ω・)ノ 森を眺めて、その森の価値を計る時、一本一本の木の優劣はさほど問題ではありません。 その森全体が調和してるかどうか、だけが問題になりますよね?仮に一本だけ、世界遺産並みに価値がある木があったとしても、その森の美しさにはあまり影響しません。 さらに言うならたとえ全ての木が劣っている木でも、調和しているなら、その森の価値は非常に高いと言えます。 一本一本の木は不平等で相対的なものですが、その森の価値を決めるのは調和という絶対的なもの、というわけですね。 この理屈は人間にも置き換えることができると思います。 おそらく人間にとって最も大切なことは先に挙げた絶対的な二つでしょう。 時間と可能性。 この二つはかなり密接に関係しているので二つで一つ、と言うこともできます。 前置きが長くなってしまいましたが、今回はこの「可能性」の秘密に迫りたいと思います。

️よく聞く可能性は無限大というフレーズ

これこそが今回のテーマの論点です(・ω・)ノ

可能性は無限大です。

生きている「時間」の中で、無限かつ平等です。

人は皆、「あれが正しいこれが間違っている」という議論を交わしますよね?僕もついよく言ってしまうのですが(;・∀・)

この議論は実際は不毛です。

本来正しい間違いなどはありえません。

ただの個人主張のぶつかり合いで答えなき論争です。

「絶対にこれが正しい!!」と言うことが可能なのは、このフレーズのみではないでしょうか?

可能性は無限。

もしこのことに関して「いや、そうじゃないよ」と思えない人がいるならば…

今の状況、心境に具体的な原因があるかもしれません。

可能性は無限大だと思えない原因

たった一つの真理、とさえも言える可能性ですが、そうは思えない人もたくさんいます。

これにははっきりとした原因、理由があります。

諦めようとしている


根本的な原因はこれに尽きるでしょう。

その時々において、やはり心持ちは変化します。

それまで生きてきた中での経験則もあります。

それらを照らし合わせると、これは無理と判断することも、往々にしてあるでしょう。

概ねそれは無理、ではなく無理という判断をしているだけです。

0か1か?

たったそれだけのことで大きく意味が変わってきます。

当然0では無理ですね(;・∀・)

70才のおじいちゃんが、「わしゃ、今からイタリアに渡ってセリエAのサッカー選手になるぞい!!」

は0ですね(^_^;)

でも1は可能性が低いだけで無理ではありません。

セリエAの選手は無理でも、イタリアに渡ってサッカーすること自体は70才のおじいちゃんでも0ではありません。

1を無理と判断するか、1あるならチャレンジするか?

ここで人の道は左右します。

この左右分かれてる道のどちらに進むか?にも、もちろん正解はありません。

石橋を叩いて渡るなら無理ですし、進んでから考えるという人には大きな可能性となるでしょう。

あきらめる、というとひどく言葉が悪いように感じられますが、これは「別の可能性」を模索するという意味でもあるので、決してネガティブな要素ばかりではありません。

1を無理と判断して、別の2を探す

ということも、無意識のうちに無限の可能性を信じてる行動の結果でしょう。

もし可能性は無限じゃないよ、と言う人がいるのなら、2を探す為ではなく、1を無理と判断して止まってしまった人でしょう。

もしくはプロのサッカー選手を目指すおじいちゃんですかね(;・∀・)

パワーが尽きた

あきらめてしまった理由の一つですね。

根性論にも限界はあるので、パワーは補充しないと、いずれ尽きてしまいます。

パワーが尽きて、もう無理とあきらめた場合、もしかしたら「結局何をやってもダメだったな…可能性なんてしょせん言葉上のものなんだ…」と思うかもしれません。

でも、これは「パワーの補充に失敗した」だけです。

残念ながら、可能性とは全く関係ないところで心が折れてしまったのですね。

個人的意見ですが、僕はあまり「何事も全力」というのが好きではありません。

まず継続できないし、パワーの補充も難しいからです。

響きはとても美しく、その場、その場は対応できますが、いずれバランスは崩れていくように思えます。

パワーが尽きる前に優先順位をしっかりと確保することが、何事も継続できる秘訣なのかなあと僕は思っております。

疲れてしまった


そしてパワーが尽きると、深いため息とともにこう言います。

「なんか疲れた…」

心身ともに枯れる寸前ですね(>_<) そこまで疲れると人は間違いなくネガティブになります。 一度このネガティブの流れにはまるとなかなか抜け出すのは困難です。 休息をとって疲労は回復しても、一度負った「精神的なネガティブな流れ」を変えるのはそうできるものではありません。 可能性は無限?そんなのキレイごとだよ と半ば怒りにも似た気持ちを抱え続けることでしょう。 そしてそう考えている自分にもストレスを感じてしまう日々。 本来キレイなものを「キレイごと」と侮蔑を込めて感じた時 それは心が曇っている証拠です。 肯定より否定の方が意識は強いものですから、最近の自分は否定ばかりしていると感じた時は、細心の注意をしてください。 気付かないうちにどんどん心が黒くなっていきますよ(;・∀・)

才能の壁を感じた

才能とは何か?というテーマもなかなかディープなのものになりますね。

ここで書くのは辞めておきましょう笑。

壁を感じる時は概ね結果が伴わない時でしょう。

頑張って頑張って頑張り続けたのに、結果がまったく出ない

こんな時は誰もがくじけそうになります。

「才能がない」「何をやっても無理だ」と心はネガティブ一色になることでしょう。

確かに人間には向き不向きがあります。

向いていること、それを才能と呼ぶのかはまた別問題ではありますが、結果がなかなか出なければ、いずれ不向きだと自分で感じることはまず間違いないでしょう。

それでもやはりやり続けている限り0ではありません。

えてして結果というものは、ふとした時についてくるもので、いつどんな形で舞い降りるか、それは誰にも分かりません。

なので問題は「才能がないかも…」と考えた時にどうするか?ですね。

きっぱりあきらめるか?しがみついて踏ん張るか?

その判断は非常に難しいところですが…どちらにしても可能性はあります。

きっぱりあきらめて、別の可能性を模索した方が賢い選択なのかもしれません。

時間は有限ですから、出来る限り可能性が高い道を歩いた方が人生が効率的になります。

「才能はないし、結果も出ないかもしれない。けど、好きだからまだまだやり続ける。
やってる限り可能性はあるから!!」という不器用で前向きな姿勢の方が、賢くはなくても、人の生き様として素敵に思えます(^_^;)

自分に自信がない

特にネガティブになってるわけでもないのに、性格として、自信が持ちづらい人も世の中にはたくさんいますよね?

そしてそういったタイプの人は「自分には無理だよ!!」と、ごくごく自然に判断します。

その姿勢はあまりにも自然なので、卑屈な感じもあまり受けません。

こういう人は自信がないわけではなく、自分の向き不向きを自然に理解して、賢い選択をしている、ということが多いようです。

本当に自信がない人は謙虚を越えて、卑屈に見えてしまいます。

何事にもネガティブで、「どうせ自分なんて…」「どうせやっても無理だし…」と

「どうせ」という言葉をもっぱら使います。

生理的に周囲をイライラさせてしまう人ですね(;・∀・)

確かにこういった人であれば可能性の神秘にはまったく気が付かないでしょう。

とはいえ、その人がほんとに無理かどうかはもちろんやってみなければ分かりません。

案外、あっさりと結果が出るということも充分にあり得ます。

行動に移せれば…ですが(;・∀・)

年齢や社会的な目を気にしている

可能性に関してネガティブになるのは、もしかしたらこれらが最大の理由かもしれません。

さっきのセリエAを目指すおじいちゃんではありませんが、現実的に年齢は大きく影響しますよね。

肉体的な問題において、可能性が0ということは残念ながら大いにあり得ます。

例えばプロのアイドルを目指すとしても、事務所では年齢制限があります。

いかに可能性は無限といっても現実的に不可能なことは存在します。

じゃあ可能性は有限じゃないか!?

と言われれば、そうかもしれません…(-ω-)/

一言に可能性が無限大といっても、こうした現実的なルールや物理法則を無視することはできません。

あくまで「ルール」を守ったうえで初めて無限、と言えるのが可能性です。

比喩ではよく使いますが

頑張れば人は空を飛べる!!だって可能性は無限だから!!

というのはあまりにも幼い考えですよね(>_<) 羽がないので人は空を飛べません(・ω・)ノ 少し話はずれてしまいますが、根本的に人間は自由です。 ただし、その自由は「何でもやっていい」という意味ではありません。 法律というルールを守った上で主張できる「自由」です。 これと同じ意味です。 土台になるルールを無視して、「可能性の無限」を叫ぶことはできません。 言い換えるなら「常識的に考えて不可能ではないこと」において「可能性は無限」となります。 なんだか、理屈っぽい話ですが(;・∀・) なので「常識的には不可能ではない」のであれば、その場合、年齢や社会的な目は些細な問題となります。 僕の知ってるおばあちゃんで70才の方がいらっしゃるのですが 先日ご結婚されました(・ω・)ノ 70才で結婚??と社会は思うでしょう。 本人は婚姻届けを出しに行くのが恥ずかしかったと言ってましたが、残りの人生を好きな人と過ごしたいという気持ちに比べたら、そんな社会の目は些細な問題です。 全く気にする必要はありませんよね(*´▽`*) サッカー選手は無理でも結婚はできる 可能性の神秘とはこういうことですよね(・ω・)ノ

でも努力を続けていれば可能性はまだまだ無限大

今も書いたとおり、常識的に不可能ではなければ、可能性は無限大です。

あきらめなければ、努力を続ければ

結果はついてくるでしょう。

もしかしたら望んだほどの結果ではないかもしれません。

イメージできる中で最悪の結果、ということも充分にありえます。

でも、やり続けてる過程でそれを考えても不毛なことです。

良い結果をイメージすることはとても大切ですが、イメージと期待は違います。

姿勢として、イメージは能動で、期待は受動です。

良い結果を想像するのと、良い結果を待つのでは、その後のモチベーションを大きく左右します。

元旦にひくおみくじのようなものですね。

待ち人来る

と書いてあって来ないと、落胆しますよね笑。

それは想像どおりになることを期待しているからです。

可能性は無限大ですが、その言葉に「期待」するのはあまりおススメはできません。

期待は落胆を生み、焦燥感に変わります。

そしていずれ疲れます。

つまり「こうなればいいな」が受動で

「こうなる」がイメージですね(・ω・)ノ

学生の試験勉強のように一夜漬けでなんとかなるものではありませんから笑。

いかに継続してその可能性を信じることができるか?これもまた可能性における大きな問題の一つです。