今この世の中に存在している仕事はたくさん存在しています。

むしろありすぎてすべてを知っている人間はあまりいないのが事実です。

それほど多くの仕事が存在しており、なぜ知っている仕事と知らない仕事が存在するのかと考えると、その仕事の知名度があるかないかという事も大きな違いとして存在しています。

知名度が高い仕事はもちろん知られていて当たり前ですし、知名度が低い仕事に関しては当然知らないのは当たり前です。

今の世の中は複雑な世の中になっているので、新しい職業などがどんどん生まれてきているのも事実です。

昔は存在しなかった仕事が存在するようになったりするのは時代の変化が大きく関連しています。

そんな新しく生まれた仕事の中にはサービス業が含まれています。

主に仕事は第一次産業、第二次産業、第三次産業と分けることが出来ますが、サービス業は第三次産業に分類されています。

サービス業はその名前の通りサービスを販売する仕事なので、特に様々な仕事が存在している事でも知られています。

しかし、そのサービス業に関しては特に他の仕事と比べてどのような仕事があるのか具体的に把握していない方が多いのも事実です。

なので、今回はサービス業をテーマにしてサービス業の種類について詳しくご紹介していきたいと思います。

サービス業は世の中にこんなにたくさん!

あなたはサービス業と聞いて具体的にどの様な仕事を思い浮かべることができますか?

自分自身がサービス業についている方であればある程度サービス業について考えることができるかもしれません。

しかしながらサービス業以外の仕事についている方からすればサービス業がどのような仕事があるのか考えた時に、具体的に思いつくことができない方もたくさんいると思います。

それはある意味仕方がない事であり、先ほどご紹介したようにサービス業は様々な職業が存在しているので思いつきにくいのも事実です。

しかしサービス業という名前からヒントは存在しており、サービスをメインに販売している仕事を想像してみればある程度考え着くことが容易になるかもしれません。

昔はサービス業というものは存在しておらず、物を販売して形に残る様な商売が比較的割合としてはかなり大きいものでした。

例えば農業に関しても米を売る代わりにお金をもらったり、車を売る代わりにお金をもらうなど、何かしらの物が残るという事が一般的でした。

しかし、時代の変化とともにサービス業という仕事が確立してからは大きな業種であると世間でも認められるようになり定着したと考えることが出来ます。

良く考えてみると私たちは日常生活において様々なサービスを購入していると考えつく事が出来ます。

なので、この機会にサービス業について詳しく考えてみてください。

基本的なサービス業6種類

サービス業についてどの様な仕事があるのかご紹介をしていきたいと思いますが今回はサービス業を基本的なサービス業の6種類に分けてそこから派生して様々な仕事をご紹介していきたいと思います。

比較的サービス業に関してはそのままサービス業として負けられている場合が多いのですが、よくよくサービス業を考えてみると大きく6つに分けることが可能になります。

その上でそれぞれの仕事内容について詳しく知っていただければより詳しく理解することができると思いますので、この機会にたくさん存在するサービス業について知っていただき視野を広く持っていただきたいと思います。

今現在学生の方で将来的にサービス業に就きたいと思っている方や、将来どんな仕事に就こうか悩んでいる方については今回ご紹介する仕事の内容の中でやってみたい仕事があるならば目指すきっかけとして活用していただければと思います。

販売職

まずはじめにご紹介する基本的なサービス業の一つ目は販売職です。

販売職に関しては主に自社製品や取り扱い商品を直接消費者に販売する仕事に分類されます。

しかしながらサービス業の販売職に関しては物だけではなくサービスを販売する場合も多く含まれます。

なので、先ほどサービス業は販売した時に形に残らないものとご紹介しましたが、場合によっては自社製品や取り扱い商品などが手元に残る様な形になります。

しかしながら手元に何も残らない場合も多く含まれるため販売職と一言に言っても様々な業種が考えられると定義することができます。

では具体的にサービス業の販売職がどの様な仕事があるのか具体的にご紹介していきたいと思います。

スーパー、コンビニなどの店員

まずはじめにご紹介する販売職のサービス業はスーパーやコンビニなどの店員です。

これらに関しては人生において必ず一度は対応してもらった経験がある職種に分類されると思います。

年齢が比較的幼い場合でもスーパーやコンビニなどには足を運んだことがあると思いますし、スーパーやコンビニなどでお会計などは一度してもらった経験があると思います。

スーパーやコンビニなどの店員の主な業務に関してはレジを中心とした接客業務であったり。

売場管理などが存在しています。

接客業務に関しては例えばコンビニであれば公共料金の支払いや宅配便の受付などのレジ以外の業務は少なめになりますが、売り場に関する商品の問題などに関してのクレームに関しては最初に対応するのはレジスタッフに対してである場合が多いです。

スーパーの店員であれば必要であればスーパー内の事務所で事務作業を行ったりする場合もありますし、電話対応や生産業務や従業員の管理などそれぞれのポジションにおいて幅広い仕事を行ったりする場合が存在しています。

スーパーやコンビニなどの店員になろうと思った時に求められる必要な資格やスキルなどは特に存在していませんが、やはりサービス業に分類されるのである程度お客様の目線に立った対応や言葉遣いなどが求められます。

もちろん他に存在するサービス業に比べて求められるレベルはそこまで高いものではありませんが、今の世の中はある程度お客様対応やサービスなどがしっかりしていなければに限られてしまう世の中にもなっていますし、場合によっては大きなクレームにつながりかねませんので、やはりサービス業と呼ばれる上ではある程度のサービスを心がける必要があります。

ホテルスタッフ

次にご紹介する販売職のサービス業はホテルスタッフです。

ホテルスタッフといっても様々なポジションが存在しています。

ホテルの受付カウンターで利用客のチェックインやチェックアウトの対応であったり宿泊予約の管理などを行ったりするフロントのポジションや、ロビーに待機しチェックイン手続きを終えたお客様を客室まで案内するベルパーソンと呼ばれる仕事があります。

他にも、ホテルの正面玄関に立ち車のドアを開けたりホテルの入り口でドアを開けたりスムーズにお客様の管理をするドアマンと呼ばれる仕事や、お客様のあらゆる様問い合わせに答えるホテルの何でも屋であるコンシェルジュ、客室の清掃やベッドメーキング備品の補充など部屋の点検を主に仕事としているハウスキーピングなど、様々なポジションが存在しています。

もちろんホテルの中にはレストランがついてる場合もありますのでレストランの入り口に立ってお客様を席まで案内する様なレセプショニストと呼ばれるポジションなども存在しています。

それぞれのポジションに求められる適性などが存在していますので、それぞれのポジションにあった適正を持っていなければ務まらない仕事であると考えることができます。

しかしながらやはりサービス業と呼ばれる上ではどの仕事に関してもある程度持つサービス精神がなければ務まらない仕事です。

物を販売するだけではなくサービスを販売する仕事にもなりますので、ある程度お客様の立場に立った考え方や行動を行うことが出来なければ良いホテルであるとは考えることができません。

特にホテルスタッフに関しては高級なホテルになれば高級なホテルであるほど質の良いサービスを提供しなければいけない場合が多く、特に日本に関してはサービスに厳しい国であることも知られていますので、上質なサービスを提供することが出来なければ高級なホテルであるとは言えません。

難しい仕事ですがそれなりにやりがいがある仕事にもなりますので、一流のサービスを提供することができればそれなりに成長することが見込める仕事としても判断することができます。

美容師

次にご紹介する販売職のサービス業は美容師です。

美容師の仕事に関しては主にシャンプーやカット、パーマ、カラーリングなどを行う髪の毛の専門家です。

これまでの人生で美容室に行ったことがある経験をしている方はほぼ存在していると思います。

当然ながら髪の毛は伸びますので、定期的に切らないといけませんし、素人が髪の毛を切っても綺麗にはなりませんので、プロにお願いする必要性があるため、幼い頃から美容師のサービスを購入している方はたくさんいらっしゃるはずです。

美容師の仕事はかなり幅広く存在しており、時と場合によってはメイクやネイルケア、冠婚葬祭の際の着物の着付けなども担当したりする場合があります。

また似ている仕事に理容師が存在していますが、理容師に関してはハサミやバリカンで髪の毛を刈り上げたりひげやムダ毛を剃ったりする場合もあります。

美容師の仕事に関してはやはり外見を形成する仕事にもなりますので、ある程度世の中の流行りなどを熟知していなければ勤められない仕事です。

また美容師として活躍する場合は国家資格が必要になっており、これは理容師に関しても同等です。

また美容師として働き始めても、すぐに美容師としてデビューすることはできずに、大抵の場合は美容室に勤めながら下積みから初めて、最終的にお店によりますが約3年ほど時間をかけてプロのスタイリストとしてデビューすると言う流れが一般的です。

美容師の仕事はやはりサービス業に含まれますので上質なサービス、つまり技術と接客を提供する必要があります。

人によっては事実よりも接客も重視している人間もいるため、お客の立場に立って物事を考えたり言葉を選んだりする必要性があります。

手に職がつけられる仕事であり、美容室は全国どこでも存在しているので、プロのスタイリストとしてデビューした後は全国どこでも仕事ができるという点では安定した仕事であると考えることができます。

CA

次にご紹介する販売職のサービス業はCAです。

CAはキャビンアテンダントと呼ばれる仕事であり客室乗務員と呼ばれています。

客室乗務員は旅客機に搭乗し、乗客の登場から到着まで様々な業務を行う仕事です。

キャビンアテンダントという言葉は和製英語であり海外ではフライトアテンダントまたはキャビンクルーと呼ばれています。

航空会社に関しては主に4つの部門に成り立っており、運行部門やサービス部門、整備部門
、営業部門の4つに分かれています。

このサービス部門の中には客室本部が存在しており客室乗務員はその本部に属していると考えることができます。

客室乗務員の主な仕事に関しては2つに分けられ機内サービスと保安管理に分けることができます。

具体的には飛行機に乗ったことがある方であれば体験したことがあると思いますが、乗客が機内で安心で快適に過ごしてもらえる様に、一人一人に気を配りながら食事やドリンクの提供、子供の世話であったり乗客からの問い合わせに対応したりする場合があります。

また保安管理に関しては乗客の安全を守る業務であり、期待に異常がないかどうかの安全確認や機内で何かトラブルが起こった際は客室乗務員が対応したりする場合が多いです。

犯罪や事故が起こりそうになった場合は客室乗務員が乗客誘導などを行ったりする場合などもありますし、常に冷静に対応しなければいけない難しい仕事です。

キャビンアテンダントになるためには各航空会社の採用試験を受験する必要があり、新卒既卒にかかわらず専門学校以上の学歴が必要となり、学歴以外にも身体条件やTOEICのスコアの方が必要される場合もあり、高度なスキルが必要になる仕事です。

その分収入なども高い上、やりがいも大きい仕事になりますのでかなり人気の職業であると考えることができます。

技術職

次にご紹介する基本的なサービス業の二つ目は技術職です。

技術職に関しては様々な領域のプロフェッショナルたちが協力し合い連動して進められて行われる仕事であり、お客様の当たり前を支える製品を生み出し世の中に届けていく仕事になります。

具体的には技術職といえば開発や製造などがメインで行われている場合が多いです。

技術職に関してはまさにプロの仕事が求められる仕事であり、専門の高度なスキルがその人自身の価値を生み出すと考えても間違いはありません。

では世の中に存在している技術職にはどの様な仕事が存在しているのかと言うことを具体的にご紹介していきたいと思います。

整備士

まずはじめにご紹介する技術職のサービス業は整備士です。

整備士は主に自動車の整備士が指されている場合が多く、自動車整備士は不具合がある箇所を抱えた自動車の診断や修理または定期的なメンテナンスや調整、分解や組立などを専門的に行う技術を持った人のことを指し示しています。

整備士の仕事内容に関しては大きく分けて3つに分けることができます。

具体的にどの様な仕事なのかといいますと、点検整備、緊急整備、分解整備の3つに分けることができます。

まず点検整備については目に見えたトラブルがなかったとしても自動車は走行距離や経年で少しずつ部品などが劣化していくことが判明していますので、定期的に点検を行って消耗した部品の交換やチェックなどを行ったりすることが求められる仕事です。

なので事故を未然に防ぐために欠かせない仕事であると考えることができます。

緊急整備に関しては運転中に突然エンジンがかからなくなってしまったということや衝突事故にあって車体が破損してしまった場合など急を要する事故や故障に伴う整備や修理を行うことを指し示しています。

分解整備に関してはいわゆるオーバーホールと呼ばれる作業になります。

具体的にはエンジンやミッションなど自動車の中でも特に重要で機械的な部品を分解したり故障した部品を見つけて整備したりする仕事になります。

整備士の仕事は主にこの3つから成り立っており整備士として仕事をする場合は自動車整備士の国家資格が必要となります。

また自動車整備士に関しては3級や2級などの等級別に分かれており、さらに扱う車種別にもガソリンやディーゼル、シャシ、二輪などに分かれています。

なので、まさに技術がなければできない仕事であり、高い技術さえ持っていれば学歴がなくても大手で働く事が出来るような仕事です。

運転手

次にご紹介する技術職のサービス業は運転手です。

運転手は主にトラックの運転手などが差し示されることが多く、トラック運転手はその名前の通りトラックを運転して荷物を荷揚げ場所から荷卸し場所へ運ぶ仕事です。

一言でトラックと言っても軽トラと呼ばれる小型のトラックであったり普通のトラックもあればタンクローリーやミキサー車などの大型トラックまで種類が様々存在しています。

運ぶ荷物も個人のお客様が利用する宅配便もある場合もあれば、危険物に指定されるガソリンであったり飲料水や高圧ガスなど様々な種類のものが存在しています。

トラック運転手は全国各地を走り回って日本の物流を支えるとても大事な仕事であり、まさに国の血液であると言っても過言ではない仕事です。

ただトラック運転手はトラックを運転すれば良いと言う仕事ではなく当然荷物をトラックに積むことからスタートするため、ある程度の力仕事が求められることも理解しておかなければいけません。

基本的に運転は1人で行う場合がありますが、地域密着型の宅配ドライバーを務める場合は直接お客様から依頼を受けて荷物を引き取りに行くこともあるなどお客様と直接接する機会がある場合もあります。

トラック運転手として活躍する場合は当然ながら大型や中型小型など様々なトラックを運転する技術が求められ、小型であれば普通免許で問題ありませんが、大型や中型などは専門の免許がないと運転する事自体が出来ません。

なので、運転免許がないと仕事ができませんので、実質必要な資格であると考える必要があります。

トラック運転手はかなり長距離の運転をすることが求められ、なおかつ労働環境もトラックの中で寝泊まりを行ったりしなければいけないだろ過酷な仕事になります。

会社によってはかなり給料が良い会社はありますが、その分相当な過酷な仕事であることは覚悟しておかなければ務まらない仕事であるということは覚えておく必要があります。

専門サービス職

次にご紹介する基本的なサービス業の三つ目は専門サービス職です。

専門サービス業と聞くと想像するのが難しいかもしれませんが、具体的には法務に関する事務であったり、助言、相談、その他の法律的サービス、財務および会計に関する監査や調査
助言など多岐にわたるサービス業です。

その名前の通り、比較的専門性が高いとされているサービス業が当てはまる仕事であり、具体的にどのような仕事が該当するのか簡単にご紹介していきたいと思います。

医師

まずはじめにご紹介する専門サービス職のサービス業は医師です。

医師は知らない方はいないと思いますが、患者さんに接して病院で診察や治療を行う姿を想像される方が多いと思い。

これはいわゆる臨床医と呼ばれる医師であり、不調を訴える患者さんの症状を聞いたり心音を引いたり体温を測ったり皮膚の状態を確認したりして不調の原因を探る仕事です。

主な役割としてはこの様な症状判断する行為を行う医療スタッフに的確な指示を出すことがメインの仕事となります。

もちろん病名が特定できなかった時には精密検査を行うこともありますし、大きな病気の場合に関しては手術が必要になることもあります。

なので手術を行うと考えた時に場合によっては相手の人の命の責任を持つ必要がある為、かなり高度なスキルと精神力がなければできないような仕事です。

一歩間違えれば自分のミスで人の命を奪ってしまうことにつながりかねませんので、当然ながら簡単になれる職業ではありません。

医師になるためには医師免許を取得している必要性があり、医師免許を取得するためには医科大学や医学部のある大学に進学することが絶対条件となっています。

医学部を設置している大学は国立大学が公立大学、私立大学等様々存在しており全国の都道府県に設置されています。

医師を目指す場合は6年かけて必要な知識を学習する必要性があり、難易度の高い医師国家試験を受ける必要があります。

人の命を司る仕事なので当然ながら簡単になれるわけではありませんが、その分収入としてはかなり高い金額を得ることができる仕事でもあります。

人気の仕事であり沢山の方がなりたいと思っているやりがいのある仕事であると断言することができます。

看護師

次にご紹介する専門サービス職のサービス業は看護師です。

看護師の仕事に関しては主に医師が患者の診察や治療を行う際に補助をしたり病気や怪我の患者のケアを行う仕事です。

具体的に説明するとすれば血圧や体温や脈などを測定したり、注射、点滴、採血などの治療補助などを行ったりする場合もあります。

そのほかには食事やお風呂、ベッドメーキングなどの世話をする場合もあるなど、まさに行う仕事としてはたくさん存在している仕事であると考えることが出来ます。

また1日の終わりに関しては担当の看護師のためにその日の担当の患者の記録を付けたりするなどまさに多くの仕事を行う必要がある難しい仕事です。

また大手の病院に関しては手術の文字を専門としている看護師も存在しています。

手術室において手術の準備はや執刀医へ器具を手渡しする業務などを担当する場合もあるなど、まさにドラマで見たりするような仕事を行っています。

看護師の仕事は体力的にも精神的にもきつい側面をもって仕事であり簡単になることはできません。

看護師になるには看護師の資格が必要であり看護師国家試験を受験する必要性があります。

主に看護専門学校、看護短期大学、看護大学へ通う必要性があり、医療機関で働きながら目指す道なども存在しています。

なので慣れる方法などは複数ありますが、なってからも相当大変な仕事になりますので、理想と現実のギャップが大きい大変な仕事である事を覚悟しておかないと続けることが難しい仕事であると理解してください。

公共サービス職

次にご紹介する基本的なサービス業の四つ目は公共サービス職です。

公共サービス職と聞くと想像が難しいかもしれませんが、主に政府から市民に対して直接公的セクター又は民間機関への出資を通して提供されるサービスのことを指し示されています。

つまり簡単に言えばそのサービスが納税額に関わりなく地域の方全員に提供されるべきであるという意味が含まれています。

ではこの様な公共サービス職にはどの様な仕事があるのか具体的にご紹介していきます。

消防士

まずはじめにご紹介する公共サービス職のサービス業は消防士です。

消防士の仕事は地方自治体の消防本部や消防署に所属市火災の消火や救急によって人々の安全を守る仕事です。

消防士の仕事は主に5つの活動が主な任務となっており、消火、救助、救急、防災、予防の5つの任務が主な活動になっています。

具体的には火災現場からの出火を食い止める仕事であったり、119番の通報を受けて交通事故や一般事故で怪我を負った人に対して応急手当をおこなったりする仕事、災害現場などで人命を救助したりする仕事、火災が起きない様に未然に防ぐために被害を最小限に食い止めるために必要な仕事、建物の防火上の安全性や消防用設備などの設置などを厳格に審査検査しその結果に基づく指導を行う業務など、様々な仕事が存在しています。

消防士として活動するためには消防士採用試験に合格する必要があり、消防士採用試験と言っても4つの種類に分けられ、それぞれの区分によって受験資格が異なる場合があります。

具体的には大学を卒業していなければいけない、短大卒でなければいけない、高校を卒業していなければいけない、専門知識を持っている人でないといけないなど、細かい区分が存在しています。

しかしながらあくまで試験の難易度を示すものであり最終学歴が伴っていなくても受験をすること自体は不可能ではありません。

この区分によって将来的な出世のスピードや幅などが違いが出るため、ある程度事前に勉強しておいた方が将来的には有利になるということは理解しておく必要性があります。

警察官

次にご紹介する公共サービス職のサービス業は警察官です。

検察官は警察庁と都道府県警察の大きく二つに分けることができ、検察庁は国の行政機関であり、都道府県警察とは各都道府県が管理する警察組織です。

警察官には様々な部分が存在しており、地域警察部門や生活安全部門、刑事警察部門といった様々な部門別に分かれています。

警察官になるためには当然ながら警察庁になるのか皇宮警察本部、都道府県警察になるのかで大きく分かれます。

警察庁勤務はいわゆるキャリア警察官と呼ばれるもので国家公務員として働きます。

皇宮警察本部も国家公務員の身分となり、都道府県警察は地方公務員として働く形になります。

警察官になるためには警察官採用試験を受験し合格する必要があり、身長要件なども存在する為、誰もがなれるわけではありませんが、やりがいのある仕事であるため、かなり需要も高い仕事であると考えることが出来ます。

事務・営業職

次にご紹介する基本的なサービス業の五つ目は事務・営業職です。

事務職や営業職に関してはあまり仕事に関して詳しくないからでも聞いただけである程度想像することができると思います。

どんな会社に関してもある程度人数が存在している会社であれば事務や営業の人間などは存在する場合が多く、むしろその仕事を専門に行っている人がかなり多い割合で存在しています。

具体的な仕事内容については説明するまでもないかもしれませんが簡単にご紹介していきます。

営業

営業の仕事に関してはある程度想像することがしやすいと思いますが、一般的に会社は自社製品を商品技術サービスといった様々な形で販売して利益を得ています。

栄養はそれらの製品を多くの人に知らせる必要があり購入するように促すことで対価を得て会社に売上利益をもたらすことが仕事となっています。

営業と一言に言っても企画営業などが存在しており、企画営業はクライアントの課題を見つけ解決するための戦略を考えて企画提案を行ったりする仕事です。

なので営業と一言に言っても様々な仕事が分類することができると考えられます。

どれだけ高品質の製品であったとしても影響力がなければ得ることができませんので、まさに営業の仕事は学歴ではなく能力次第でいかようにでも利益を上げることが出来る実力主義の仕事であると考えることが出来ます。

営業の仕事を行うにあたって特に求められる資格はありませんが、絶対的にコミュニケーションスキルが求められ、会話のキャッチボールなどが出来なければ相手に対して信頼関係を築くことができません。

信頼関係が築けなければ当然ながら商品を販売することができませんので、自然とコミュニケーションスキルがある人間が求められると考えることができます。

クリエイティブ職

次にご紹介する基本的なサービス業の六つ目はクリエイティブ職です。

クリエイティブ職と聞くと具体的に想像するのが難しいかもしれませんが、簡単に言えばテレビ番組や広告雑誌やwebなどの編集、デザインを行ったりする仕事が含まれる場合が多いです。

そんな仕事の中でも私たち一般人が憧れる仕事としてテレビの中で活躍する人間なども含まれています。

具体的な仕事内容なども簡単に改めてご紹介していきます。

俳優

クリエイティブ職のサービス業として俳優の仕事が存在しています。

俳優がサービス業であるということに関して知らなかった方も多いかもしれませんが、俳優の仕事に関しては主にテレビドラマや映画などの舞台に出演することが多いです。

テレビ番組などでバラエティなどで活躍したりする姿を見かけることがあるかもしれませんが、テレビ番組などで活躍する場合はそもそもテレビドラマなどの宣伝で出演する場合が多く、それを専門に出ている俳優さんは基本的にはあまりいません。

仕事の内容としては当然読み合わせの仕事から始まり、演じる役者に近づくために努力を行ったり、その人間になりきるために様々な工夫を行ったりする必要性があります。

ただ演技をすれば良いと言うわけではなくその演技をするために様々な知識や技術を身に付ける必要があり、人の心を動かすためには様々な経験を行わなければいけません。

ただ演じるだけで良いと考えている人は俳優に関しての認識が甘いといっても過言ではありません。

華やかな世界の一面を見て勘違いしてしまいやすいですが、実際はかなりつらい仕事でもあり、拘束時間などはかなり長い時間行われる可能性があるなど、非常に体力的にも精神的にも難しい仕事であると考える必要性があります。