結婚…それは大好きな人を一生を共にするための大切な契約です。

また、自分たちが結婚したことを祝福してもらう結婚式は、恋愛を経て結婚にたどり着いたカップルが自分たちの恋愛が1つの形として完成し、それをみんなに祝福されるという嬉しいイベントですよね。

女性なら誰もが1度は憧れたことのある結婚ですが、「結婚する」ということは彼と永遠の愛を誓い合うだけでは完全ではありません。

結婚は2人が当事者ですが、両家のことであったり結婚式のことであったりと、考えることややらないといけないことはたくさんありますよ。

ここでは、幸せな結婚をするための結婚準備についてご紹介していきます!

さぁ、結婚準備を始めよう!まず何から手をつける?

彼からプロポーズを受けて、もう目の前がバラ色だという人も多いでしょう。

愛する彼から「奥さんになってください」というお願いは、これまで生きてきた中で1番という人もいるでしょうが、いつまでも幸せなお花畑の中にいてはいけません。

彼の奥さんになる(結婚する)と決めたのなら、社会人として、彼の奥さんとして恥じないように結婚準備を進めていかないといけません。

ここでは、結婚準備はまず何から手をつけたらいいのかについてお伝えしていきます!

結婚準備でやっておくべきこと

結婚するには2人の意思のほかにもどんなことが必要だと思いますか?

もちろん、1番大切なのは結婚する2人の意思なのですが、幸せな結婚をするためにはほかにも色々とやらないといけないことがたくさんあるのです。

今回は、結婚準備でやっておくべきことについてご紹介していきます!

両家の親に挨拶する

結婚しようと決めたら、まず最初にやっておきたいのが「両家の親への挨拶」です。

しっかりと顔を合わせて結婚の報告をしましょう。

相手のご両親とはまったくの初対面だという人もいれば、何度か会ってすでに面識があるという人もいるでしょう。

後者の場合はすでに面識があるので相手のご両親がどんな人かということは知っているかもれませんが、結婚の挨拶となると緊張してしまいますよね。

相手にご両親の好みを事前に聞いておいて、ちゃんと手土産を用意し、清潔でキチンとした服を選ぶなど身なりにも気を遣うようにしましょう。

「結婚したら娘を親の関係になるのだから、自分を飾らずにありのままの自分を見せたい」という人もいるでしょうが、結婚の挨拶はとても大切なものです。

この時くらいはおしとやかに、安心して息子を任せられるような落ち着いた女性としてご挨拶に伺いましょう。

また、相手にも自分の両親に会ってもらわないといけません。

女性サイドのご両親は結婚の挨拶にはちょっとうるさい人もいるので、相手にはちゃんとした言葉遣いをお願いしておきましょうね。

婚約指輪の購入

最近では婚約指輪は買わないという人も増えてきましたが、女性にとっては婚約指輪は憧れのものですよね。

愛する人の誓いが込められてた指輪はとてもうれしいものです。

結婚指輪はシンプルなデザインのものが好まれますが、婚約指輪は比較的自由度が高いので自分の好きなデザインを彼にお願いしちゃいましょう!

昔は、某芸能人の発言から婚約指輪の予算は「給料の3ヶ月分」とよく言われていましたが、今はそういったこだわりを持っていない人が多いです。

安くても2人で気に入って購入する人もいますし、一生大切にしたいからととても高価なものを選んでる人います。

自分たちにとって負担のないことが一番なので、相手とよく話し合い、よく調べてからステキな婚約指輪を購入するようにしましょう。

【エンゲージリングについては、こちらの記事もチェック!】

婚姻届を提出

婚姻届は、2人が戸籍上で夫婦になるためのとても大切な届けです。

これを提出すれば2人が公で夫婦と認められて誰の目から見ても家族になります。

結婚式の前に提出する人と、結婚式が落ち着いてから提出する人の2パターンがありますが、結婚式の前に提出したほうが何かと手続きがスムーズだったりします。

法律上の夫婦は一心同体ともいえる関係なので婚約者という立場より、「妻」「夫」という立場のほうが色々と動きやすかったりするものです。

また、ロマンチストな人は「2人の記念日に」「相手の誕生日に」など、思い入れのある日に入籍したいという思いがあるでしょう。

結婚のスケジュール的に問題がなければ、大切な日に婚姻届を提出するのもいいですね。

そして事務的な部分ですが、婚姻届には2名の保証の署名が必要です。

誰にお願いするのも自由なので悩んでしまう部分ではあります。

気持ち的には夫婦が信頼している人物にお願いしたいものですよね。

職場で出会った夫婦なら職場の上司にお願いしてもいいですし、共通の友達にお願いしても問題ありません。

もちろん、自分たちの両親でもまったく問題ありませんよ。

保証人になってもらったからといって、署名以外は相手にはなんら負担はありませんし、迷惑をかけることもありませんのでご安心ください。

両家顔合わせ

結婚とは愛し合う2人が夫婦になるものです。

そしてその結婚によって両家にはご縁が出来ることになります。

お互いの実家同士が親せきになるのですから、結婚前にしっかりと両家の顔合わせをしておくようにしましょう。

特に女性サイドのご両親は自分の子供が嫁ぐ先のご両親がどんな人なのかというものが気になるものです。

「嫁いびりしなそうなお姑さんか」「嫁を大切にしてくれるお舅さんか」など、娘がちゃんとやっていけるか知りたいのです。

また、男性サイドの親も、お嫁さんがどんなご両親の元で育ったかが気になるものです。

結婚する2人だけが色々気を付けるのではなく、自分のご両親自身も相手のご両親に信頼してもらえるように立ち回ってもらうようにしましょう。

そして、顔合わせを行う場所はホテルのレストランや落ち着いた料亭などをチョイスする人が多いです。

基本的にはどこでやってもいいのですが、せっかく両家全員揃うのですからちゃんとした場所のうほうがいいでしょう。

【顔合わせについては、こちらの記事もチェック!】

結納

結納とは、婚約が決まったら「両家が結びついたお祝いに、男性サイドが女性サイドに品物をおさめる」という日本の風習です。

親世代の人たちは、子供が結婚するとなると「結納はどうするのかな?」と真っ先に気になっている人が多いです。

地方によって結納の品物の内容が異なることがありますが、現金を持参することがよくあります。

しかし最近では結納を辞退する新婦が多いです。

「現金なんか渡されても…娘はモノじゃない」と感じるご両親も実際にいらっしゃいます。

結納は両家がかかわることなので、片方の意見で結納をするかしないかを決定してしまうのではなく、新郎新婦が両家の間に立って意見調整をしっかりと行いましょう。

もし、結納をするのであれば女性サイドは「結納返し」をする必要があるので、そこもしっかりと忘れずに押さえておきましょうね。

結婚式のスタイルを決める

ひとことで結婚式をするといっても、結婚式にも色々スタイルというものがあります。

ここ最近でよく選ばれているスタイルは参列者全員に結婚の証人となってもらう人前式です。

宗教などが絡まないし、参列者にも関係してもらえるのでとても人気があります。

ほかにも神前式や教会式など色んな結婚式のスタイルがあります。

ウエディングドレスを着てバージンロードを歩きたいという人もいるでしょうし、白無垢を着て格調のある厳か空気で愛を誓いたいという人もいるでしょう。

どのスタイルがいいかは2人でしっかりと話し合って決めましょう。

式場を探す

結婚式を行うには式場の決定が不可欠です。

特に女性は式場のこだわりがあることでしょう。

昔から人気のある格式高いホテルでのウエディングや、オリジナリティが高くて自分たちだけのとっておきのウエディングが出来るゲストハウスなど色々希望があるはずです。

ホテルにはホテルのいいところがあり、ゲストハウスにはゲストハウスのいいところがあります。

自分たちのこだわりを優先するものいいですが、状況によって選ぶというのもありです。

ゲストが遠方から多数来られるから、宿泊に便利なようにホテルでウエディングするという人もいますよ。

職場・友人に招待状を送る

結婚式場や日程が決まったら、招待する人たちに結婚式の招待状を送付しましょう。

招待状を送る前に事前に結婚の報告と一緒に「◯月◯日に、◯◯で結婚式をするので来てくださいますか?」と本人にお知らせしておくのがスムーズですよ。

なんの予告もなく突然結婚式の招待状だけが届くととても驚かせてしまいますよ。

ブライダルエステに申し込む

結婚式は女性にとっては人生で1番大きな舞台と言えるでしょう。

自分が主役の大舞台なので出来るだけベストな自分の姿を周りの人に見てほしいですよね。

写真にも残るし、とにかく人生で1番美しい自分になりたいものです。

そんな結婚式を控えた女性の美しいを提供するのが「ブライダルエステ」です。

普通のエステとはなにが違うのかというと、結婚式に特化したエステであることです。

結婚式にはドレスを着る女性がほとんどですので、ドレスによって露出する背中の産毛をケアしたり、二の腕やフェイスライン、ウエストなどの痩身ケアをしたり、全身のお肌をピカピカにしたりと、来る日のために全身をケアしてくれます。

普段はエステに通っていないという人も、ブライダルエステだけはやるという人は結構多いですよ。

1回で終わらず、結婚式の数ヶ月前から通うプランが多いので結婚が決まったら早めにブライダルエステの申し込みをするようにしましょうね。

ゲストをピックアップする

結婚式で大切なのは新郎新婦はもちろんなのですが、当日参列してくださるゲストもとても大切です。

2人の幸せな門出を祝福してくださるのはとてもありがたいですよね。

お互い呼びたいゲストをピックアップして、ちゃんと漏れがないように確認しておきましょう。

また、結婚式の招待するゲストは、相手のゲストの人数と自分のゲストの人数が5:5になるのが理想的です。

しかし、どうしてもバランスがとれないときってありますよね。

相手が仕事付き合いの人や友達をたくさん呼びたいのに対し、自分サイドは招待するゲストが少なくなってしまうとバランスが悪くなってしまします。

よく相手と話し合って、呼ぶゲストの人数が大きく乖離しないように気を付けましょう。

前撮り

結婚式当日はとてもバタバタするものです。

お色直しをしてもすぐに会場に戻らないといけません。

せっかくのウエディングドレスやカラードレスなのでちゃんとした写真に収めたいですが、忙しい中でやると表情に余裕がなくて後で見返してちょっと後悔してしまうこともあるでしょう。

そんなことを防ぐためにも、結婚式より前の日に前撮りをしておくことをお勧めします。

結婚式の日じゃなければ時間や気持ちにも余裕があるので納得いくまで写真を撮ることができますよ。

衣装試着

結婚式では新郎新婦は間違いなく主役です。

人生で一番自分が注目されるときなので、衣装にはちゃんとこだわっておきたいところです。

特に女性は和装でも洋装でも衣装の種類が多すぎて選ぶのがとても大変でしょうが、決して妥協してはいけません。

ちゃんと実物を見て、必ず試着するようにしましょう。

男性は衣装選びや試着を軽視しがちですが、サボらずにしっかりと試着するようにしましょう!

ブーケ・会場装花の決定

結婚式場を鮮やかに彩る生花はとてもステキですよね。

内装や新郎新婦の衣装に合うようにチョイスするようにしましょう。

会場のお花は結婚式終わりにゲストに持ち帰っていただくこともあるので、ちょっとこだわっておきたいところですよね。

特にブーケはドレスに合うように徹底的に考える必要があります。

ブーケは自分の好きな花や色味、形など細かいところにまでこだわりが出るものです。

ブーケを結婚式の記念として持ち帰る新婦もいますが、やはりブーケトスすることが多いですよね。

花嫁のブーケを受け取った人は次に幸せになれる人という意味もあるので、ブーケトスをする場合は、受け取った人の事も考えてステキなブーケにしたいですよね。

ヘアメイクの決定

ドレスは徹底的にこだわるという人もいますが、ヘアメイクについては後回しになって適当にしてしまうという人が意外と多いです。

ヘアメイクもドレス決めと同じくらい大切なものです。

むしろ、ドレスと合わせて考えておく必要があります。

ドレスとヘアメイクがうまく調和しなかったら、どちらも単品では素晴らしくても何だかおかしな感じになっていますよね。

スタイリストさんとよく話し合って、全体的にマッチするよなヘアメイクを決定するようにしましょう。

当日のプログラム・演出

ステキな結婚式にするには、結婚式のプログラムをよく考えて組む必要があります。

スピーチをしていただく順番や友人による出し物など色んな予定があるでしょうが、どの順番をどのようにしたらいいか、お色直しのタイミングはどこがいいかなど2人だけでなくウエディングプランナーさんも交えてよく話し合う必要があります。

結婚式は2人とも初めてなので、プロの意見もよく聞いておきましょう。

また、どんな演出をするかということも考えないといけません。

スライドショーをしたりメッセージビデオを流したいという人はプロジェクターを手配しないといけません。

「◯◯をやりたい」という希望はたくさんあるかもしれませんが、式場によっては実現できないこともあるので、事前にウエディングプランナーさんに確認しておきましょう。

引出物・引菓子を用意する

披露宴につきものなのが「引き出物」や「引き菓子」ですよね。

結婚式時に参列したことのある人なら誰もが1度はもらったことがあるでしょう。

最近の引き出物の傾向は「カタログ」が選ばれることが多いです。

カタログの中から好きなものを自分で選べるというのは相手にとってもとてもうれしいポイントです。

何より結婚式の帰りに重たい引き出物を持って帰らせるということがないものも高ポイントです。

カタログだとコンパクトですし、重さもそんなにありません。

そして引き菓子は今も昔もバームクーヘンが人気があります。

樹木の年輪のようなそのビジュアルは、まさに年輪を表しており、夫婦が長く繁栄できるようにという意味が込められているとても縁起のいいお菓子なのです。

引き出物や引き菓子の予算は人それぞれですが、あまり予算を抑えすぎるとちょっと寂しい感じになってしまうので気を付けるようにしましょう。

「祝福に来ただけなので引き出物とかはどんなものでも気にしないよ」と言っても意外とゲストは引き出物や引き菓子の内容を見ているものですよ。

二次会会場を準備

結婚式、披露宴が終わったら、式には参加できなかった友達や仲間も呼んで二次会を開催したいという人もいるでしょう。

二次会の会場は結婚式場と離れていない場所を選ぶのがベストです。

また、新郎新婦は結婚準備でてんやわんやになっているので、親しい友人に二次会の幹事をお願いするのもアリです。

負担をかけてしまいますが、親しい友人であれば喜んで受けてくれることでしょう。

お願いするときは夫婦そろってお願いをしに行き、お礼を渡すことをお忘れなく!

お願い後も丸投げしっぱなしではなく「忙しいのに頼んじゃってごめんね、大丈夫?」「こちらで手伝えることある?」など時折声をかけるようにしましょう。

新婚旅行先を決める

夫婦になってから初めて行く2人だけの新婚旅行。

とても楽しみにしている人も多いことでしょう。

いつもはなかなか固まった休みが取れない会社でも、新婚旅行だといえば長期の休暇も取りやすいので海外に行かれる夫婦もたくさんいます。

せっかくの2人だけの旅行なので2人でとことん話し合っていきたい場所を決めましょう。

ステキな思い出を作って帰ってきましょうね!

また、海外に新婚旅行に行く場合はパスポートの申請や名義書き換えなどを忘れないようにしておきましょうね!

以前からパスポートを持っている人は入籍によって氏名や住所が変わってので、特に注意が必要です。

結婚が決まったら考えたいこと

結婚が決まるととても浮かれてしまうものです。

大好きな人と家族になって一生一緒に暮らしていけると思うとこの上ない幸せですよね。

しかし、いつまでも浮かれていてはいけません。

結婚とは、生活なのです。

好きな気持ちがあるといのは大前提ですが、ちゃんとこの人と結婚して生活しているのかということを考えていかないといけません。

ここでは、結婚が決まってから考えることをご紹介していきます。

仕事並行して準備できるか

最近では、結婚しても仕事を続ける女性がとても増えました。

昔は結婚が決まると「寿退社だ!」と仕事を辞めて家庭に入り専業主婦となる人がたくさんいました。

現代では女性が社会進出して仕事で活躍するチャンスが多くなったので結婚によって仕事を諦めなくてもよくなりました。

それはとてもステキなことなのですが、問題は仕事と並行して結婚準備が出来るかということです。

結婚準備はやることがたくさんで時間もとても取られます。

仕事をしていると準備に使える時間が少ないのでとても負担がかかってしまいます。

仕事にばかり集中していると結婚式も準備がおざなりになったり、結婚式の準備に追われていると仕事のパフォーマンスが落ちたり…器用に立ち回らないとどっちもグズグズになってしまうことがあります。

仕事も結婚準備も効率よくこなしていけるか、ちゃんと計画表を作って考えておくようにしましょう。

2人で協力できるか

ドレスの衣装合わせや結婚式場との打ち合わせ、ゲストの調整や入籍関係…とにかく動き回って決めていかないといけないものばかりです。

結婚式の準備はどうしても女性主導になってしまいがちなので、時に「なんで私ばっかり!!」と爆発してしまうこともあるでしょう。

そうなってしまうと、せっかくの幸せな結婚が台無しです。

男性は仕事を理由に「キミがやっておいて」「俺抜きでもある程度は打ち合わせを進めておいて」など女性に投げがちです。

女性だって仕事をしているとそんなわけにはいきませんよね。

ドレス選びだって一緒にやりたいのに「俺が行ってもすることないから」とスルーしたり、ついには「俺の衣装は適当でいいから、ついでに決めといて」なんて丸投げされたり…たまりませんよね。

結婚前に大ゲンカしないよう、どちらか1人に過度に負担がいくのではなくちゃんと2人で協力し合えるかをよく考えましょう。

お互いを思いやり、負担のない方法を2人でしっかりと話し合って決めるようにしましょうね。

後悔はしないか

結婚式は一生に1度の大きなイベントです。

そのため、できるだけ自分の理想に近い結婚式をあげたいと思いますよね。

ですが、その理想に近寄せようとすると予算的な限界があったり、何らかの理由で無理があったりと、妥協しないといけないときがあるかもれません。

それによって自分のしたかったことを諦めないといけなくなったときに、のちのち後悔をしないかということをよく考えておきましょう。

「もっと違う方法があったかもしれない」「工夫をすればできたかもしれない」と後から色々思い返して悶々とするのは精神的によくありません。

また、結婚自体に後悔がないようにすることも大切です。

「結婚しよう」と言われたときは、大好きな彼からのプロポーズに舞い上がって2つ返事でイエスと答えた女性は多いでしょう。

この先も彼と一緒にいられると思うと嬉しくてたまりませんよね。

しかし、ちょっと時間が経って落ち着いてくると「簡単にOKしちゃったけど…本当に私たちうまくやっていけるのかな?」という不安な気持ちも芽生えてきます。

恋愛と結婚は違うというし、一緒に暮らすとケンカしても同じ家にいないといけないなど色んな考えが頭をよぎりますよね。

そんなときは「せっかく結婚するんだしこんなマイナス思考ではいけない!」と無理に気持ちを切り替えるのではなく、不安な気持ちはうやむやにせずに、しっかりと最後まで悩み抜きましょう。

無理に気持ちを切り替えると、あとから「こんなはずではなかったのに…」と後悔することになります。

しっかりと不安と向き合い、「この結婚をして自分は後悔しないのか」ということをよく考えるようにしましょう。

こういったことも、れっきとした結婚準備ですよ。

資金は十分かどうか

結婚するには愛だけではやって行けず、それなりのお金が必要です。

夢のないことを言ってしまっていますが、これが現実なのです。

結婚式を挙げるにしても、結婚して2人の新居を借りる(または、購入する)にしても、とにかく大金が動きます。

「まったく資金はないけど何となる!」なんて楽天的な考えだととても苦しい思いをしてしまいますよ。

また、親から資金サポートの申し出がある人もいるでしょう。

これから結婚していくらでもお金が必要になるので、その申し出はとてもありがたいですよね。

しかし、そのサポートをあてにして色々計画を立てすぎてはいけません。

もしそのサポートはやっぱり無理になったといった場合や、思っていた額よりサポートの金額が少なかったとなると一気に計画が無茶苦茶になります。

また、結婚式を挙げる資金に「ご祝儀」の額に期待する人もいます。

ご祝儀は結婚式に参列されたゲストが持参するものですが、それを事前に予測して結婚式の予算を組むという考え方があります。

とても効率のよい考えではあるのですが、額があくまで予測であることがとてもリスキーです。

まさかゲストに「いくら包んでくれる?」なんて失礼極まりない質問を事前にするわけにも行きません。

基本的にはご祝儀は予算に入れずにやっていくのが無難でしょう。

ご祝儀をアテにしないと式ができないようであれば資金不十分と言わざるをえません。

土壇場になって「こんなはずでは…」とならないためにも、自分たちの資金でやっていける範囲でも準備を進めるようにしましょう。

【結婚資金の貯め方については、こちらの記事もチェック!】

リスクも考えておく

結婚はとても幸せなことなのですが、ちゃんと結婚したときのリスクを考えるようにしておきましょう。

例えば、結婚することによって自分の時間や自由に使えるお金に限りが出来てしまうということ。

これまで趣味に時間やお金をかけて気ままに暮らしていたという人もいるでしょう。

しかし、結婚すると家庭を持つことになります。

家庭のために使う時間やお金が必ず必要になります。

それなのにこれまで通り自分の好きなように時間やお金を使っていると夫婦の関係に亀裂が入ってしまうこともあります。

もう自分は完全な自由人ではないということを踏まえてよく考えておきましょう。

スケジュールは念入りに

結婚をすると決めたら、しっかりとスケジュールを夫婦で決めて動けるようにしておきましょう。

婚約から結婚まで1年くらい余裕を持たせたカップルでも、ちゃんとスケジュールを組んでいなかったから最後の1ヶ月にパニックになったなんて話を聞いたことがあります。

「時間はたっぷりあるんだから、ゆっくり決めていこう!」という考えは危険です。

結婚までの時間が長かろうが短かろうが、ちゃんとした感覚を持って計画的に動くということはとても大切です。

まずは夫婦2人で話ある必要があります。

自分のやるべきこと、2人で協力してするべきことなどと洗い出した上で、スケジュールを組み立てていきましょう。

周囲にも協力してもらう

結婚準備は本当に大変なものです。

お互いが仕事をしている場合、どっちも忙しいのでどうしてもかゆいところに手が届かない…なんてこともあるでしょう。

そういう時は、周囲に協力を仰いでみてはどうでしょうか?

「自分たちのことなのに、誰かに助けてもらうなんて…」と思うかもしれませんが、誰かにお願いできるようなことであれば協力してもらって自分たちの負担を出来るだけ軽くするようにしましょう。

結婚準備は大変だけど、何かと達成感がある!(まとめ)

いかがだったでしょうか?簡単に「結婚する」するといっても、やることがありすぎて大変ですよね。

面倒くさがりの人なら「入籍して終わりじゃダメなの?」と思うかもしれませんが、そういうわけにも行きません。

もともと他人だった2人が結婚によって家族になるというのはとてもスゴイことです。

基本的に2人がよければ(幸せであれば)何でもいいものですが、場合によってはお互いの両親が関係したり、周りを巻き込んで協力してもらうシーンがよくあります。

そういうときは、相手に感謝をしつつ、相手の意見を聞いて、気持ちよく協力してもらえるように努力しましょう。

こうしたことをしていく中で2人の関係や絆はさらに深くなるものです。

結婚式や結婚手続きが終わったあとに「いい結婚式だったね」と2人で達成感を感じることができるように、後悔のない結婚をしましょうね。