まわりの友人たちがどんどん結婚していくのに、どうして自分は結婚できないのだろう、とあなたは悩んでいませんか?

結婚適齢期ともなれば周囲から急かされたり、既婚者の友人に対して劣等感を感じたり、苦しい思いをしている独身女性は多いと思います。

周りが結婚しているのに自分は出来ない

ある程度の年齢になると、結婚ラッシュがやってきます。

まわりの友人がたちが1人、2人と結婚しはじめ、気づいた頃には独身は自分だけ。

いつも仕事や恋愛の話題で盛り上がっていた飲み会も、いつの間にか旦那の愚痴や育児の話がメインになっていきます。

会話にもついていけなくなり、自分だけが取り残されているような孤独感で友人たちと距離をおくようになってしまう人も少なくありません。

これはアラサー、アラフォーの独身女性にありがちな話ですよね。

幸せそうな友人をみて、自分もはやく結婚しなけければと焦るものの、結婚は人生の一大イベント。

そう簡単に上手くいかないの現実なのです。

婚活も頑張ってるのに…


とにかく相手を見つける努力をしよう!と婚活に踏み出し、街コンや婚活パーティーに出会いを求めて参加する人がいます。

しかし、実際に婚活パーティーに参加したところで、タイプの男性がいない、気になる男性がいても上手く話が進まずいつの間にか終わっていた、など期待していたイメージとのギャップに驚くことがあります。

それでもめげずに出会いを求めますが、思ったような成果は得られない。

「こんなに頑張って婚活しているのにまたダメだった…」

結婚へ向けてポジティブに活動していたはずが、消費した時間やお金のことを振り返り「婚活鬱」になってしまうケースもあるのです。

婚活で結婚相手を見つけるのは想像以上に難しいということです。

恋人が居ても踏み出せない・踏み出してくれない

もう何年も付き合っているのに彼がなかなかプロポーズしてくれず、いつまでも結婚に足踏みした状態が続いているような人もいますよね。

恋人として過ごす時間が多くなるほど、結婚を意識するのは当たり前のことです。

しかし、長く付き合った恋人同士が必ずしも結婚に至るのかというと、そういうわけではありません。

結婚に対して男女には温度差があるのが事実です。

女性は結婚に対して強い憧れを抱くので、「好きな人とずっと一緒にいれる」「いずれは彼のこどもを生んで楽しい生活が待っている」などポジティブなイメージを持っています。

しかし、男性にとって結婚は「責任を負う」という重い決断なのです。

将来的に家族が増えることで金銭面に不安を感じたり、趣味や遊びに使っていた自由な時間が奪われるなどマイナスなイメージを持つ人が多いのです。

そのため、男性はまだ自由でいたい、責任を負いたくないと結婚を先延ばしにしたがる傾向があるのです。

結婚できない人の8個の原因


なぜ自分は結婚できないのか、あなたはその原因を考えたことがありますか?

先に結婚した友人たちを見て、あの子は見た目がかわいいから、と結婚できた理由を見た目で判断していませんか?それでは、なかなか結婚できない女性はみんな容姿が悪いのでしょうか?そんなことはありませんよね。

美人さんだろうがぽっちゃりさんだろうが、結婚する年齢に見た目は関係ありません。

結婚できない人は、なにかしら性格に問題があるかもしれません。

1、受け身で消極的な性格

内心では、はやく結婚したいと焦っていながら、男性と出会うきっかけや結婚のタイミングをただ待っているだけの受け身タイプの女性は早期結婚が難しいでしょう。

女性は意中の男性に話しかけたり、デートに誘うなど自分からアクションを起こすことに対して消極的です。

恋愛や結婚にガツガツした女性に見られたくないのが本心でしょうが、ただ受け身を貫いてまったく行動を起こさないのでは何も始まりません。

相手任せだと進まない

意中の男性からなかなかデートに誘われない、彼が結婚に踏み切ってくれないなど、この先の大事な決断を相手に委ねてしまっているとしたら、それは問題です。

なぜ受け身ではいけないのか?その待ち時間のリスクを考えてみてください。

これからその相手とお付き合いを考えている場合、最初のデートを取り付ける段階で時間をかけていたのでは、その後のデートを重ねて恋愛関係に発展するのは何ヶ月後になるのでしょう。

結婚となればさらに慎重になるので、少し発展しては待つ、と足踏みを繰り返し、1年、2年と時間は過ぎていきます。

待ち続けても結婚できる確証はない

恋人がいても「結婚はまだ考えられない」と、彼氏が先延ばししている場合ですが、これを鵜呑みにし待ち続けるのはとっても危険。

相手はあなたと違い、今すぐに結婚に踏み切れない何かしらの理由があるのです。

それがお互いの間にある何かなのか、彼自身の問題なのかはそれぞれですが、時間をかければ結婚できるという確証はありません。

ひたすら時間だけが過ぎていき、寛容だった女性側もだんだんと焦りが増していきます。

「いつ結婚してくれるの?!」「いつまで待たせるの!」とイライラをぶつけてしまい状況は悪化していくことでしょう。

男性は女性が思うよりもずっと繊細な生き物です。

男性にとって結婚は責任だと言いましたが、そんな大切なことを任せっきりにして、決断ばかり迫ってしまうと、男性が疲れてしまうのは当たり前です。

時間が経過するにつれて、結婚はさらに遠いものになってしまうかも。

2、結婚相手に求める理想が高い

結婚できない女性は理想が高すぎると言われることも多いです。

代表的なのが年収。

婚活パーティーに参加する女性の多くが年収400万以上の男性を希望しているそうですが、25歳〜30歳で年収400万を超える男性は30人に1人という現実。

女性が男性に求める「普通」は、実際のところ現実とはかけ離れているのです。

結婚には妥協も必要

恋愛心理の話ですが、男性は加点方式、女性は減点方式で恋人候補を選ぶそうです。

例えば、はじめは容姿がタイプであっても、話がつまらない、頼りない、など想像と違った部分を欠点として捉え恋人候補から除外していきます。

理想を持つのは大切なことです。

しかし、年収が低い、身長が低い、この職種は嫌、趣味が合わない、などと男性の欠点ばかり探していても意味がありません。

結婚したいのなら、100%想像通りの男性が実在する可能性は0だということを念頭において相手を探しましょう。

例え理想と違ったとしても、「細かい気づかいができる人だな」「なんでも真面目に取り組む人なんだな」など、ふと発見した相手のいいところを心に留めておきましょう。

【結婚の妥協については、こちらの記事もチェック!】

年齢は女の武器

年齢を重ねると、人を見る目が養われる分、恋人候補を選ぶ基準も高くなります。

さらに、ここまで結婚しなかったのだからと、より優れた相手との結婚を望むようになります。

しかし、それは男性も同じこと。

いくら容姿がキレイな30代女性だとしても、同じように容姿のいい20代女性がいれば負けてしまうのです。

ずばり婚活の場面で男性の武器は年収、女性の武器は若さ。

厳しい現実ですが、年齢を重ねるにつれて女性の結婚は難しくなるのです。

もし、なかなか婚活がうまくいかない場合、自分の理想を冷静になって見つめ直すべき。

33歳を超えると同世代男性の候補からは外れてしまうので、+15歳年上まで視野を広げた方がいいともいいます。

3、相手に多くを求め過ぎる

恋愛初期はもっともっと相手に好かれたいとさまざまな努力をしますよね。

もし相手が自分と違った考え方を持っていたとしても、柔軟な気持ちで彼の話を聞き、何とか理解しようとします。

しかし、一緒に過ごす時間が長くなってくると相手への敬意が薄れ、自分への理解ばかりを求めるようになってしまうのです。

「私は間違っていない!」「もっとこうして欲しいのに!」と、いつの間にか相手への不満で頭がいっぱいになり、結局うまくいかずに別れてしまう。

女性の恋愛は減点方式といいましたが、減点方式からマイナスの方向に発展したのが、この「相手に求めすぎた恋愛」なのです。

「一緒にいてくれるだけでありがとう」の精神で

女性に結婚相手に求める男性像は?と質問すると「優しい人」と答える人がダントツで多いそうです。

どんなことで優しさや思いやりを感じるかは人それぞれですが、結果的に「自分に優しくしてくれるかどうか」を重視しているのではないでしょうか。

しかし、言うことを何でも聞いてくれるのは優しさではなく、甘やかされているだけなのです。

彼と意見が食い違ったり、言い争いが増えてきたなら少し冷静になって「彼への感謝」を考えてみましょう。

自分のことを認めて欲しい、理解して欲しい、それほど相手に求めるということは、あなたにとって彼の存在はとても大きなものだということですよね。

もし、彼がいなかったら自分はどうなっていただろう?と、彼のいない日々を想像してみてください。

彼と過ごしてきた中で起きた些細なことが今のあなたを支えているかもしれません。

相手があなたと違う意見や考え方を持っているからこそ、新しい価値観が見つかる。

誰かに影響を受けるということは、甘やかされるよりもずっと幸せなことだということを忘れないでください。

彼と出会えたこと自体が素晴らしいこと、一緒にいてくれるだけで嬉しい!ありがとう!という感謝の気持ちを意識していれば、今まで言い争っていたことが、いつの間にか気にならなくなっているかもしれません。

4、ワガママ

我が強かったり、自分の意見が曲げられない女性は婚期が遅れることが多いようです。

自分が結婚できないのは、周りの男に既婚者が多いせい!いい出会いがないから仕方ない!など相手がこうだから悪いんだと、どこかで他人のせいにしていませんか?

もしかしたら、原因はあなたの性格にあるのかもしれません。

本能的に男性は「優しさ」や「やわらかさ」を女性に求めているといわれます。

いくら容姿を磨く努力をしていたとしても、性格がきつい、主張が強いといった「ワガママ女」の印象を持たれると結婚相手の候補からは外れてしまうのです。

ワガママだと相手も一緒にいるだけで疲れてしまう

「ワガママ女」の特徴とは

- 上から目線
- 自己中心的
- 負けず嫌い

「私が◯◯してあげる」「それやめた方がいいよ」と、何事も教えてあげている、というスタンスを崩さず、ついつい上から目線で発言してしまったり、相手の気持ちを考えずに自分の意見が先行してしまうタイプの女性です。

勝ち負けにこだわる傾向があるので、言い返されればとことん意見をぶつけ続けます。

もともとの性格という場合もありますが、責任ある仕事に就いている女性はついつい主張が強くなりがちです。

ただ、あなたが仕事同然の態度で向き合っていれば。

常に意見されてばかりなのでは相手の気も滅入ってしまいます。

自分と友人との会話を普段から客観的に見てみてください。

知らず知らずに上から目線になっていたり、相手を否定する発言が多いようなら、きちんと改めるべきです。

仕事とプライベートを混同せず、しっかり切り替えていきましょう。

幼稚な女性はパートナーとして失格

友人同士で集まっても、「聞いて聞いて!」「私はこんなことがあった!」とずっと自分の話ばかりしている女性がいます。

とにかく自分が一番でなければ気がすまないので、他の人の意見に関心がなく、自分が会話の中心でなくなるとあからさまにつまらなそうにしたり、機嫌が悪くなったりします。

こういった女性はお姫様体質と呼ばれ、チヤホヤされたくて仕方がないのが丸わかり。

つまり幼稚なのです。

お姫様体質の女性は周りの人のフォローが入ってこそ場が成り立っているため、他人への強い甘えが垣間見えるのです。

恋愛であれば、かまってあげたい!と男心をくすぐりますよね。

ただ、結婚相手は同じ目線で日々を共に過ごしていくパートナーなのです。

男性側に求めるばかりでは、子どもが駄々をこねて甘えているのと同じ状態。

小さな子どもであれば可愛いものですが、大人同士のお付き合いとしてはただのストレスになりかねません。

家族や友人たちに「カワイイ!」とチヤホヤされたことがある、と自覚のある人は要注意。

自分の言動がワガママ女になっていないか、一度は客観的に見てみてください。

ただ、そういった可愛らしい女性が意外としっかり者だったりすると男性はギャップにやられてしまうんだそうですよ。

5、恋愛が苦手

彼氏いない歴=年齢という女性もたくさんいます。

また、過去に辛い恋を経験していたり、長い間恋をお休みしている人も恋愛に対して苦手意識を持ってしまう人も多いのではないでしょうか。

自分に自信が持てないことで、一歩進むのをためらってしまう。

しかし、問題なのは恋愛経験ではなく、ネガティブなことを考えるあまり態度や素振りが暗くなってしまうことなのです。

どうやって上手くお付き合いしたら良いかわからない

恋愛経験が少ない人は、自分に知識不足を感じて後手に回りがちです。

こんなことをしたら重いと思われるのではないか、嫌われてしまうかも、と頭の中で常にネガティブなことを考えてしまいます。

しかし、はっきり言ってそういった悩みは捨ててしまって問題ありません。

まず、男性は結婚相手に男性遍歴を求めないということを知っておきましょう。

男性には支配欲があると言われているので、本気になった女性なら逆に喜ばれることの方が多いのです。

せっかくいい出会いがあったのであれば、物怖じせずに自分の素直な気持ちに向き合っていきましょう。

恋愛は一緒にいて楽しめているかどうかが一番肝心なのです。

6、過去の栄光を引きずっている

結婚できない女性の中には、結婚相手を選んでいる内に月日がたってしまったというパターンも多く見られます。

若い頃に多くの恋愛経験を重ね、独身が長くても、過去を振り返れば彼氏がいない期間は少ない、というタイプの女性です。

変な自信が結婚を遠ざけている

「私、恋愛体質だから、彼氏いない期間がほとんどないんだよね」という女性がいます。

常に周りに異性がいる状態が当たり前ですし、どう接すれば男性が喜ぶのかを知っているからモテるのです。

ただ、恋愛経験が豊富な女性は、男性に対する目が肥えてしまっているため、結婚を先延ばししようが自分はいつでも結婚できるという自信を持っています。

しかし、その自信にはなんの根拠もなく、気づいたら40代、50代になってしまった、というケースも少なくありません。

こういった女性の多くはファッションやメイクなど容姿に気をつかっていて、「年齢より若い」と言われることを武器だと思っている節があります。

しかし、それが行き過ぎていることもあり、年甲斐もなく若作りしているおばさん、と実は引かれている場合も…

過去にどんなに素敵な恋愛をしていようと、大切なのは未来のことです。

本気で結婚したいのなら、過去の自分は捨て、今の自分が男性にとってどう映るのか客観的に見つめ直す必要があります。

「彼氏いない時期がない。結婚はもう少し後でもいいや」と安心している20代女性の皆さんも、10年後の自分を現実的に想像してみてください。

結婚出来るようになりたい!

結婚できる女性になるためにいったい何をするべきなのか。

まずは、先にあげた結婚できない人の原因に自分が当てはまっていないか、自己分析から始めましょう。

自分の性格や態度を見直し、結婚するためにやめるべきことがわかったなら、次は結婚するためにするべきことを考えましょう。

それは結婚への戦略を立てること。

やみくもに焦っているだけでは結婚なんてできません。

本気で結婚したいという意思があるのなら効率も考えていくべきなのです。

明確な目標を設定する

まずはじめにやらなければいけないのは目標設定です。

ただ結婚したい、と漠然と考えているのは目標とは呼べません。

もっと具体的に、なぜ自分は結婚したいのか?どんな相手と、いつ頃までに結婚する、という目標を立ててみましょう。

ゴールを設定することで、あなたにとっての結婚は「期限の決まった課題」になります。

目標を達成する、という行動はモチベーションにも繋がるのです。

期限を決める

時間は無限にあるわけではありません。

特に出産を望む女性にとって、できるだけ早く結婚した方がいい、というのは逃げられない現実です。

婚活すると決めたら、あとあと後悔しないよう明確な期限を設定しましょう。

期限があれば、時間を逆算できます。

予定通りにことが進んでいるかが明確になり、自分の決断力や行動力もおのずと向上していきます。

相手を探す段階からはじめる人は、1人の男性にかける時間に目安ができるため、縁がないと感じた相手にかける時間が惜しくなり、無駄な時間をかけないようになります。

自分を追い込んで婚活に力を入れる!

期限を決めることで結婚は達成するべき目標になったとはいえ、順調にいかない時はくじけてしまうこともあるかもしれません。

ただ、そんな時も落ち込んでる暇はありません。

世間一般で言われる20代のうちに子供を産む、親を安心させたい、など他者に関わる理由をつけて自分にプレッシャーをかけましょう。

婚活仲間を作る

婚活をきっかけに結婚することは思った以上に難しいものですが、2年、3年、5年と長丁場になるば場合もあります。

長い期間1人で頑張り続けるのは難しいことですが、味方がいると人は強くなれます。

自分と同じように結婚に向けて頑張っている相手がいれば、相談したり励まし合ったりお互いにいい影響を与えることができます。

また、婚活パーティーなど、初めて顔を合わせる人に囲まれるような場では緊張するのが当たり前。

一人では知らない人と話すだけで精一杯かもしれませんが、近くに友人がいるというだけでも気持ちが楽になるはずです。

安心感を与えてくれる仲間の存在があれば、婚活を有利に進めることが出来るでしょう。

結婚アドバイザーなどにも相談してみる

結婚について本気で悩んでいても、結婚相談所などプロに相談するのは恥ずかしいと感じてしまう人もいますよね。

ただ、最近では「婚活」という言葉が浸透したこともあって、こういった感覚を持つ人も少なくなっているんだそうです。

例えば就職や転職をする際、転職サイトで情報収集したり、プロへの協力を求めるのと同じです。

多くの情報があるほど、選択肢も多く、専門的な知識を持っている人に頼ることが結婚への近道になる可能性もあります。

今や「婚活してる!」と男性の前で明るく言える女性だっています。

それほどオープンな世の中になっているので、悩んでいるのであれば気軽にプロに頼ってみるのもひとつの手です。

小さな報酬に目を向ける

友人の紹介で出会いを求めたり、婚活パーティに参加しているのに、なかなか気になる男性に出会えない場合もありますよね。

ただ、そういった出会いの場に参加するメリットはタイプの男性に出会うことだけではありません。

自分が今まで出会ったことのない人と知り合ったり、普段は知り合えないような面白いタイプの人と話ができたりしますよね。

思いがけず自分の知らなかった世界を知れると思えば、それは自分の人生にとってプラスの要素でしかありませんよね。

それに、婚活パーティーでは「思っていたタイプとは全く違うタイプの人と進展した」というケースも珍しくないそうですよ。

そうすると婚活が楽しくなる!

婚活という場を堅苦しく考えず、ある意味ゲーム感覚で楽しんでみるのもいいと思います。

例えば、話す時の距離感ってこのくらいが喜ばれるのかな?こういったタイプの男性はどんな話題が好きかな?など実践で情報収集してしまうのもありです。

それは自分の経験として蓄積されていくので、この人!という相手が見つかった時に役立たないわけがありません。

初めてのパーティーでタイプの人に出会えるなんて稀なことなので、もっと気楽に婚活を楽しんでみましょう。

自分磨きを怠らない

結婚はしたいけど、見た目で男性ウケを狙うのは媚びているみたいで嫌だ、という人もいますよね。

でも、素敵な人と出会う準備ができていないままではせっかくのチャンスも台無しにしまうかもしれません。

男性は女性に対して「女性らしさ」「清潔感」を求めるといわれます。

服装やメイクも適当でだらしない見た目では男性から女性として見てもらえません。

愛されたいと思っているなら、男性に好かれる要素をしっかり取り入れ、自ら努力するのはとても大切なことです。

例え年齢を重ねていても女性としての自分を楽しむこと、そんな心がけが一番大切なのです。

結婚相手としての魅力も磨く

結婚へ向けて、見た目を気遣うのも大切ですが、自分磨きとはそれだけではありません。

最近では、男性が求める理想の結婚相手のイメージも大きく変わってきていて、家事全般を完璧にこなす家庭的な女性を求める人もいれば、バリバリ働く女性は長い人生を一緒に過ごしていくパートナーとして頼もしいという人もいます。

ただ、多くの男性は女性は家事全般ができるもの、と思っているようです。

女性の手料理に愛情を感じるというのはいつの時代になっても変わらないものなのでしょう。

今は料理が趣味という男性も増えていますが、やはり料理上手は女の武器。

できないよりもできる方が圧倒的に好かれるのが事実なので、家事が苦手な女性は目を背けてはいけません。

また、大事なのは何も料理だけではありません。

男性があなたを「生活を共にする相手」として想像できるかどうかを考え、足りない部分はしっかり補っておきましょう。

【自分磨きのポイントは、こちらの記事もチェック!】

不安をから逃げない

ファミレスに行けば隣の席に自分と同世代の家族連れ、一人で見に行った映画館の席がカップルだった。

結婚適齢期の女性はこういったシチュエーションに置かれると、自分が惨めに感じその場から逃げ出したくなります。

何もかもうまくいかない気がしてしまい、「もうこのまま結婚しなくてもいいかな…」「結婚だけが全てじゃないし…」と投げやりにもなってしまうかもしれません。

でも不安から逃げたところで、状況はよくなりませんよね。

ここで挫折して諦めたとして、1年後にさらに辛い気分を味わうのも自分です。

結婚に正面から向き合う

マイナスな気持ちをそのまま受け止めていると、不安に飲まれて先へ進めなくなってしまいます。

ネガティブに考えたところで時間は過ぎていくだけ。

その気持ちを原動力に変え現状打破できるかどうかが鍵になります。

他人は他人、自分は自分。

考えるべきは自分が結婚できるかどうか、ただそれだけです。

今のあなたにとって最良の選択とは、落ち込んで立ち止まることではなく、自分が今の状況から結婚に至るまでに何をするべきなのか、先を見つめて考え、行動することです。

悩む時間はムダ!限られた時間を有効に利用し行動に移しましょう

結婚したいのであれば、その場で立ち往生していても何も始まりません。

女性の武器は若さといいましたが、それは見た目の若さではなく実年齢です。

アラサー、アラフォーの女性となれば、たった1日や1週間も貴重な時間だということを忘れてはいけません。

この人という相手が見つかり、付き合うという流れになったら、これを最後の恋愛にするつもりだと伝えてください。

結婚前提の付き合いでないのなら、私はあなたと付き合う意思はないんだと事前に
意思表示をするのです。

もし、相手が「結婚はじっくり考えたい」というスタンスだったとしても、あなたの結婚に対する本気度を相手にも知っておいてもらう必要があります。

そこで渋るような相手であれば、その恋は縁がなかったのだと諦めましょう。

また、付き合っている彼氏が結婚への意思を明確にしてくれず、だらだら関係を続けている人は「ここまでに結婚しなければ別れる」と、きっぱり期限を言い渡しましょう。

今まであなたの寛容さに甘えていた彼氏も、いよいよ決断を迫られるため、一気にことが進む可能性だってあります。

それでもうだうだ言っているような相手だとしたら、きっちり見切りをつけるべき。

恋に期限をつける、ということに抵抗があるかもしれません。

二人の将来のことを自分一方的に決めていいのかと後ろめたさを感じるかもしれません。

でも、二人の恋にきちんと決まりごとを作るのは、それだけ真剣に向き合いたいという気持ちの表れですから、ちっとも自分勝手なことじゃありませんよ。

この人と結婚する!と信じいつまでも待ち続けた結果、相手にフラれてしまったら?結婚適齢期での失恋のダメージは相当なものです。

そんな状態からすぐに立ち直り、あなたは新しい恋愛に踏み出せるでしょうか?

時には辛い選択もしなくてはならないかもしれません。

でも、それはあなたの人生においてとても大切なことなのです。

結婚できる女性になるためには、限られた時間を無駄にせず今より一歩でも前に進む気持ちを持ち続けることです。

あなたが幸せをつかめるかどうかは、あなたの頑張り次第でどうにかなるもの。

結婚したいのならとにかく行動あるのみです!