世の中にはたくさんの職業が存在しています。

私たちが知っているものもあれば、知らないものも存在しており、たくさんの仕事を知るという事は視野を広くするだけではなく、様々な面で役に立ちます。

知識として知っているだけでも話題として出す事もできますし、ある程度知っていれば突然話が出た時に対応も出来ます。

また、それぞれの仕事内容を知るという事は世の中の仕組みを知るという面でもとても役に立ちます。

人によっては職業の存在を知っている知っていないが人生の分岐点となり、その職業に就きたかったと知らない事を後悔する事もあるかもしれませんね。

なので、結果的に世の中に存在している職業はある程度知っておく事が社会経験でも自分の人生にとっても大きな影響を与える可能性があるという事です。

今回はそんな職業の中でも知っている人と知らない人の差が激しい職業としてガールスカウトの仕事をテーマにしてご紹介していきたいと思います。

厳密にはガールスカウトの活動内容であったり、ガールスカウトになる為の方法などについて詳しくご紹介していきます。

存在を知らない方はこの機会に詳しく知り、自分の子どもに貴重な経験をさせたり、もしくはガールスカウトの魅力を知り、将来的にこの仕事につきたいと考えるなどの有意義な考え方に結びつかせてみてください。

ガールスカウトって何?どんな事をしてるの?

ガールスカウトの仕事は人によっては詳しく知っている方も多いかもしれませんが、存在自体を知らないという方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

先ほどもご紹介したように知らないという事は言い換えてみれば非常にもったいないということにつながります。

なぜなら物事を知っているか知っていないかで時によっては人生が大きく変わる場合も存在するからです。

全ての方がそうとは限らないかもしれませんが、このガールスカウトの活動内容を知って大きな魅力を感じる方もなかにはたくさんいらっしゃると思います。

まだガールスカウトの仕事を知らないからその存在自体知らなかったという方については知識としてだけでもこの機会に吸収して、どのような活動内容を行っているのか、どの様にすればなれるのかということを知り、役立てる機会がある際には十二分にその知識を活用してみてください。

ガールスカウトとは?


そもそもガールスカウトという仕事がどういう仕事なのかということをまずはじめにご紹介していきたいと思います。

人によっては勘違いする方もいるかもしれませんので始めにご紹介しておきますと、ガールスカウトという仕事は夜の仕事をする女性の勧誘の仕事ではありません。

繁華街なので女性に声をかけて夜の仕事をしないか?と女性をスカウトする仕事が存在していますが、このガールスカウトとは全く別物の仕事になりますのでその点は最初にご説明させていただきます。

ではガールスカウトと呼ばれる仕事はどういったものかと言いますと、他の呼び名でガールガイドと呼ばれる仕事にもなります。

ガールスカウトは国際的な規模でスカウト運動と呼ばれる団体活動を展開している団体として認識されています。

具体的には団体活動を展開している中で少女のための教育団体であり、その呼び名としてガールスカウトという言葉が用いられています。

男性であれば小さい頃にボーイスカウトを行ったことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

分かりやすく言えばボーイスカウトの女性版と考えていただければわかりやすいかもしれません。

しかしボーイスカウトを経験したことがない方もたくさんいると思いますのでボーイスカウトとの厳密の違いについては今回ご紹介する内容の最後の部分でご紹介します。

「自ら考え行動できる女性」の育成

ガールスカウトの概要について簡単にご紹介をしていきました。

ガールスカウトが教育団体として団体活動を展開していると言うことは先ほどご紹介しましたが具体的にどういうことを行っているのかと言うことがなかなか分かりづらいかもしれませんね。

具体的にはガールスカウトの仕事は少女と女性の可能性を最大限に伸ばすことを目的としてその行動が展開されています。

日本においては過去女性はあまり仕事をしたり表に立ったりすることはありませんでした。

しかしながら時代の変化とともに女性の活躍が目まぐるしく目立つ様になり、今では男性と女性が平等の社会で特に女性の社会進出は非常に企業にとっても重要視されている部分になっています。

だからこそ「自ら考えて行動できる女性を育成する必要がある」という考えにつながります。

ガールスカウトはこの「自ら考えて行動できる女性を育成する」という部分に力を入れて活動している団体です。

責任ある世界市民となれるように活動を行っており、自分自身と他の人々の幸福のためにできることを自分自身で率先して考えて、なおかつ行動につなげられる様な実践的なプログラムを通して一人一人の力を伸ばして行くという事を主な活動内容と定義しています。

まさに今の時代を象徴するかのような、とても有意義な活動内容であると考えて間違いありません。

ガールスカウトで得られるもの


ここまではガールスカウトの存在意味は活動内容について簡単にご紹介をしていきました。

ガールスカウトという存在がいかに素晴らしいものであるのかここまでの簡単なご紹介で既におわかりいただけた方もたくさんいると思いますが、現実的にガールスカウトの経験をしたことがない方や、まだまだ詳しい内容を知らない方にとってはまだまだ未知数な存在かもしれませんね。

なのでここからはガールスカウトを行うことによって具体的にどういうことを得ることができるのかということを簡単にまとめてご紹介していきます。

ガールスカウトを行うこと若しくは経験することで具体的にどういうことを得ることができるのかと言うことを知ればその存在意味などがより理解いただけると思います。

得られるものを知ることで時には自分の子供がガールスカウトに入れたいと思う方や、ガールスカウトという仕事に携わりたいと考える方も増える可能性もあります。

ガールスカウトを通じて何を得ることができるのかということを知り、その魅力を十二分に感じてください。

自ら考え行動できる力

まずはじめにご紹介するガールスカウトで得られるものの1つに「自ら考えて行動できる力」が存在しています。

具体的には少女の発達段階に合わせて年齢別に様々なプログラムを提供しているという事が大きく関与しています。

どうしても小さい女性のお子様を育てている家庭は男性のお子様に比べて危険なことなどを避けてしまう様な考え方を持っている方もたくさんいると思います。

しかし仲間や家族以外のいろんな人との関わりの中でこそ自分の持っている様々な可能性を伸ばすことができると考えており、活動の中で自分で考えて迷いそして物事を決定していく体験を行っていく過程の中で成長することができます。

何事に関しても自分で考えて行動してうまくいくことだけでなく、うまくいかないことも経験する中で自分で調整したり修正していく経験を比較的幼い段階から積み重ねていくことで、どんな状況下においても自分自身で判断し行動できる様な力を身につけることができるということがガールスカウトで選べる大きな一つの経験として存在しています。

女の子は男の子と比べてあまり活発な事などを割けて育ててしまいたいと考える方も中にはいるかもしれませんが、心配するあまりに過剰なまでにお世話をしてしまうのは成長を妨げてしまう可能性もあります。

特に今の世の中は女性の力なくしては絶対にありえないほど女性の社会進出も目まぐるしいものがありますし、日本は不景気なので女性も家庭を守るだけではなく、仕事を行ってお金を稼がなければ仮定が成り立たないという状況も存在しています。

だからこそ自ら考えて行動する力を早い段階で身につけておくということは人間としても大きく成長するきっかけにつながりますので、とても有意義な活動内容であると考えることができます。

リーダーシップ

次にご紹介するガールスカウトで得られるものの1つに「リーダーシップ」が存在しています。

昔はリーダーと聞くとどうしても男性の存在が結びついていたと思います。

しかし今の世の中では女性のリーダーを広く存在しています。

女性の社会進出という女も大きく関わっており、女性もリーダーシップを身につけなければいけない時代になっています。

どうしても力を持っているリーダーが一人で何事も決定しがちになる面をこれまで社会経験や学生時代に経験してきた事を踏まえると想像してしまいがちになるかもしれませんが、これは言ってみれば人任せになってしまっており、自分の可能性をつぶしてしまっている行為にもなりかねません。

なのでリーダーに全て任せるのではなく、それぞれがリーダーとしての意識を持ちながら何事も考えて行動していくということの大切さをガールスカウトでは学ぶことができます。

なかなか普通の生活をしていればこのようなことを学ぶ機会は絶対的に今の日本には少なくなっていますので、リーダーシップを学ぶことができるということは非常に魅力的な側面であると考えることができます。

自己肯定感

次にご紹介するガールスカウトで得られるものの1つに「自己肯定感」が存在しています。

そもそも自己肯定感という言葉が難しいので理解できない方もいるかもしれませんので簡単に自己肯定感という言葉の説明からさせていただきます。

自己肯定感とは自分の在り方を積極的に評価できる感情であったり自らの価値は存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉です。

つまりその名前の通り自分の存在価値を認めることができるという大切な感情です。

この感情を強く持つことができなければ自分自身の存在価値を認めることができない人間に育ってしまいます。

自分自身の存在価値を認めることができなければ、自分を大切にすることはできませんので、自分が必要ない人間であるとマイナス的な思考になってしまうということが考えられます。

ガールスカウトの活動を体験していく中で少女たちに他者を認めるという事を身につけて、自分が大切であることを認めることができ、肯定的に思う心を育んでいくということも得ることができます。

比較的早い段階で自己肯定感を身につけておくと言うことは後々の経験で必ず良い効果を発揮してくれるはずです。

ポジティブな思考に加えてポジティブな行動をとることもできるようになりますので、必ずこの経験は社会に出た時に役立つ経験であると考えることができます。

グローバルな視野

次にご紹介するガールスカウトで得られるものの1つに「グローバルな視野」が存在しています。

具体的にどういうことかと言いますとガールスカウトが運動は世界146の国と地域で展開されています。

こうして考えてみるとかなり世界的な規模で活動している団体であると認識することが出来ます。

なかなか幼い年齢でグローバルな視野を持つということは難しいことであり、簡単に経験できる様なことではありません。

だからこそ早い段階でこの視野を身につけておくことで、後々に経験する全てのことについて広い視野を持って取り組むことができるということにつながります。

ガールスカウトになると世界中の約1000万人の会員と仲間になることができます。

一緒にならこの世界を変えられるという思いのもと様々なプロジェクトを通して貧困や教育や環境問題などの世界的課題に取り組んでいくことができます。

今の時代はとてもグローバルな時代になっており、以前と比べてグローバルな視点であったり、グローバルな考えを持つことは大切なことになっています。

日本においても英語を用いなければできない様な仕事も段々と増加傾向にあり、グローバルな仕事をしたいという方も多く存在しています。

だからこそ考え自体もグローバルが考えを持つ必要があるので早い段階でこの考えを身につけておくという事は自分にとっても大きな成長の要因に繋がると考えることが出来ます。

ガールスカウトの成り立ち

ここまではガールスカウトを行うことによってどの様なことを身につけることができるのかということについて具体的にご紹介していきました。

ご覧いただいた方にはガールスカウトの活動を行う中で様々な力を身につけることができ、もちもちの社会経験において必ず役に立つスキルであると理解頂けたと思います。

さらにガールスカウトの存在意義を知って頂くために、この内容を踏まえた上で次にガールスカウトがどういう経緯で存在するようになったのかという成り立ちについても知っていただきたいと思います。

そもそもガールスカウトの成り立ちは少女たちの声から始まりました。

当時イギリスで人気を高めていたボーイスカウトの存在があり、そのボーイスカウトの創始者の前に突然少女たちが押しかけて、「私たちも活動したい」と訴えたそうです。

そこから創始者であるロバートベーデンポウエルは少女には少女に合ったやり方があり、運営は女性に任せるべきと考えガールスカウトを作ることにしたのです。

そこからガールスカウトは正式に組織化されて後々にガールスカートを委ねられた創始者の妻であるオレブには女性は男性と同等のパートナーであること、そして自信を持ち積極的に社会参画することを尊重して活動を行っていきました。

そこから最終的に1920年にイギリスから日本にも伝わり全国各地に広がっていき今戸ガールスカウト日本連盟が2年後に正式に誕生したという経緯が成り立ちます。

2020年には日本のガールスカウトは100周年を迎えることができ、これだけ長く実績を誇っている団体というのは圧倒的な実力を持っているからであり需要があるからであると考えることができます。