ヤンデレという言葉についてご存知ですか?

漫画やアニメの中で使われているのを聞いたことがあっても、実際には意味を全く知らないという方もいるのではないでしょうか。

ヤンデレやツンデレ、メンヘラなど、色々な言葉があって混乱してしまうという方もいるでしょう。

実際に、ヤンデレはツンデレやメンヘラと同じように、ある種の精神状態を持った人間のことを表します。

また、この言葉は恋愛と関連付けて使われることが多いようですね。

もちろん、知らなくても普段の生活には全く支障がないかもしれません。

ですが、知っていた方がコラムなどを読むときにも面白いですし、会話の最中に首を傾げることもなくなりますよね。

それでは、このヤンデレについて詳しく見てみることにしましょう。

ヤンデレを解き明かそう!

そもそもヤンデレとはどのような意味を持った言葉なのでしょうか。

どこかツンデレと似たような単語ですが、実態は「ツンデレ」とはかなり違います。

何となく語感から「病んでいる」というようなことは想像がつくという方も多いでしょう。

ですが、実際に意を聞いてみると、「細かいことはよく分からない」という方もいるのではないでしょうか。

ここでヤンデレについて詳しく解き明かしてみましょう。

1.ヤンデレの意味

ヤンデレの意味について見てみることにしましょう。

ヤンデレとは、恋愛によって止んだ行動を繰り返してしまう人のことを指します。

一般的に「ツンデレ」は、ツンツンしたところと、二人きりの時にはデレデレした人という意味になりますよね。

ヤンデレの場合には「病んでいるときもあればデレているときもある」という意味ではなく「病んだような愛情を持っている人」だということができます。

これだけではとても広い意味になってしまいますが、一般的には「恋愛によって病んでしまう人」という意味で使われることも多いようです。

病んだような行動には様々な種類がありますが、そのどれもが、相手の気持ちを考えていないものであり、ヤンデレが歓迎されることは滅多にないでしょう。

相手への愛情が病的なほど強く、それが病んだ行動を引き起こしていることになります。

「病んでいる行動」の中には犯罪的なものもあり、その軽重は人によって異なりますし、ヤンデレにも「危険なヤンデレ」から「比較的安全なヤンデレ」まで様々ですね。

どちらにしても、自分の持っている愛情が暴走した状態になることにより、理性的な行動ができなってしまっていることをヤンデレと呼びます。

ヤンデレとは?を詳しく知りたい人はこちらをチェック! →

2.ヤンデレの語源とは

ヤンデレは「病んでいる」という言葉に「デレる」という言葉が組み合わさったところから生まれました。

これらはアダルトゲームのキャラクターから発生したと思われているようですが、実際にどこで生まれた言葉なのかははっきりしません。

昔から、ヤンデレと言われるキャラクターはあったようですが、それがはっきりと「ヤンデレ」と呼ばれるようになったのは21世紀に入ってからのようですね。

3.正式な精神医学用語ではありません

ヤンデレとはもちろん、精神医学的な専門用語ではありません。

どこか揶揄するような意味がこめられることもありますし、ネット上で発達した言葉だと思ってよいでしょう。

「境界性パーソナリティー障害」といわれることもありますが、これはメンヘラの病気名であって、ヤンデレとは少し違うという認識ですね。

ヤンデレの場合には、確かに精神的に危ない状態にあることは間違いありません。

ですが、一般的にヤンデレのケースでは、医療的な背景があるわけではなく、色々な診断が下るようです。

メンヘラが一般的に境界性パーソナリティー障害であるのとは異なり、ある特定の名前がつく病気であるということはないようですね。

4.「闇化」「黒化」とは?

ヤンデレという言葉とつながりがあるのが「闇化」「黒化」という言葉です。

これにはいったいどのような意味があるのでしょうか。

「闇化」「黒化」は読んで字のごとく、「闇に染まっていく」「黒くなっていく」という意味です。

つまり、ヤンデレ化していくという意味です。

生まれつきヤンデレという人は少なく、そのほとんどは何かきっかけがあってヤンデレとなっていくのです。

もちろん、きっかけのほとんどは恋愛がらみであり、好きな人ができたことがきっかけであったり、好きな人から裏切られたことがきっかけであったりと様々です。

このきっかけから、完全なヤンデレとなってしまうまでの道のりのことを「闇化」「黒化」といいます。

あまり一般的に知られた単語ではありませんが、知っておくと「ヤンデレ化のこと」と理解することができるでしょう。

最も、病んでしまうことを一般に「闇化」ということもありますので、一概にヤンデレ化していることだと断定することはできないのは難しいですね。

5.メンヘラとどう違うの?

ヤンデレとよく似た単語にメンヘラという単語もあります。

メンヘラとヤンデレを同一視している方もいますし、確かによく似た症状を出していることもあります。

ですが、この二つは決定的に違うのです。

ヤンデレについては上述の通りですので、ここではまず、メンヘラについて見てみることにしましょう。

メンヘラは、自己愛が強い人間のことを言います。

メンタルヘルスという言葉を語源に持っており、その言葉が変化してメンヘラになったようです。

メンヘラの場合には、自分に構ってくれないということが一番の問題になるのです。

もちろん、精神的に病んでしまっているところは変わりませんが、相手との関係を重要視するヤンデレとは異なり、自分が世界の中心にいるというのがメンヘラです。

とにかく自分が中心であり、自分がないがしろにされていると感じると問題のある行動を起こすのです。

ヤンデレは世界の中心が、自分の愛する人だという違いがあります。

そのため、メンヘラの場合とは行動も大きく異なるのです。

メンヘラは自分を大事にしてくれる人が好きなので、別にそれがだれであっても構わないと思っています。

一方で、ヤンデレの場合では、相手が唯一無二であるという違いもあります。

メンヘラはいわゆる「かまってちゃん」なので、自傷行為なども繰り返しますが、ヤンデレは相手との関係を大切としているので、自分を傷つけて満足するようなことはありません。

混合されやすい二つですが、「何を大事にしているのか」という部分で分類すると、すぐにその違いが分かるようになりますね。

【メンヘラの症状については、こちらの記事もチェック!】

ヤンデレはどれくらい病んでいる?

ヤンデレとはそもそもどれくらい病んでいる人のことを言うのでしょうか。

また、具体的にはどのような行動をとるとヤンデレだと言われるようになってしまうのでしょうか。

ヤンデレは「萌えキャラ」と呼ばれるものではありますが、実際に自分の恋人がヤンデレであった場合には面倒くさいことこの上ありません。

現実的には「メンヘラ」の方が多い気もしますが、どちらにしても、恋人が面倒くさいと感じたときにはヤンデレかもしれないと疑ってみた方が良いかもしれませんね。

ヤンデレの行動について見てみることにしましょう。

1.愛情が熱狂的すぎる

ヤンデレの場合には、とにかく愛情が熱狂的すぎるというのが問題です。

愛情が強すぎるがゆえに、病んだような行動を繰り返してしまうのです。

愛情は、大抵はポジティブな意味で使われる言葉です。

愛情が素晴らしいものであるという描き方をしている本や映画は少なくありませんし、温かみのある愛情に憧れている人も少なくありません。

ですが、愛とは人を狂わせるものでもあり、その顕著な例がヤンデレなのです。

愛情は、そう簡単に自分でコントロールできるような感情ではありません。

熱くて理性を奪ってしまうようなものが愛情なのです。

それでも普通の人は自分の愛情をコントロールすることができるので、相手が自分を見てくれていないと分かっても強硬手段に出ることはありません。

また、コントロールできないほどの愛情を抱えて、暴走してしまうようなこともないでしょう。

相手が嫌がるようなことは当然しようとは思いませんし、どんなに愛情を求めていても、「周囲に何がなくなってもこの人は私のものだ」という極端な考えに至ることは滅多にありません。

ところが、ヤンデレの場合には愛情が熱狂的すぎて、相手に迷惑をかけていることにも気づかないということがあるのです。

2.好きすぎて相手を殴るなどする

好きすぎて相手を殴るようなことをすることもあります。

これはDVに当たりますね。

好きだという気持ちと、相手に対する暴力が結びつかない人もいるかもしれません。

もちろん、普通の人にとって、その二つはとても結びつくようなことではありませんよね。

ですが、ヤンデレの中には暴力と愛が結びついている人もいるのです。

相手の体に傷をつけることで、所有欲を満足させることができるというのがその理由です。

また、相手に言うことを聞かせるために殴るという理由もあるかもしれません。

ヤンデレの人に「なぜ殴るのか」ということを聞いてみると、普通は暴力の理由となる「裏切られたから」「相手が憎かったから」というようなものとは、全く違う言葉が返ってくるはずですよ。

3.相手のことを全て知りたがる

ヤンデレは基本的に、とても執着的です。

相手に対して偏執的な愛を抱いており、相手の全てを知り尽くさなければ気がすみません。

相手の細かいことまで知りたがり、それこそプライバシーの侵害になりそうなことまで知ろうとします。

それは、恋人同士でなくても同じです。

恋人同士でない場合には相手の情報を手に入れることは当然難しくなりますが、ヤンデレはそのようなことは気にしません。

相手の全ての情報を手に入れる溜めに周囲をうろつくようなこともしますし、情報を手に入れるためにネットを駆使することもあります。

とにかく相手の情報を知りたいという気持ちが大きいので、まるでストーカーのように付き纏われることもあるかもしれませんね。

4.妄想力が異常

ヤンデレは妄想力が異常だという特徴もあります。

相手とのバラ色の未来を妄想する力が強いのです。

その妄想の中には「相手と付き合っている」というようなものも含まれ、時には、それを本当だと信じ込んでしまっているようなヤンデレもいます。

普通の人は、妄想するようなことがあっても、それを本当のことだと信じるようにはなりません。

ですが、ヤンデレの場合には、それを信じ込んで行動するから怖いのです。

「好きな人の恋人になった」という妄想が膨らみ、その全てを本当のことだと信じるようになると、当然行動も変わってきます。

付き合った覚えもないのに、まるで付き合っているかのように振舞ってくる人は、ヤンデレであり、自分の異常な妄想力に溺れてしまっているような状態なのかもしれません。

5.周囲の目を気にしない

ヤンデレの世界の中には、好きな人と自分しかいません。

究極的に言うと、自分さえもどうでも良いと思っているようなところがあるでしょう。

とにかく好きな相手が世界の中心であり、それさえあれば他はどうでも良いのです。

つまり、ヤンデレにとって周囲の目など、気にしても仕方がないものなのです。

周囲の目が自分の視界の中に入っていない以上、どう見られていようとも気になりません。

自分の行動がおかしいかどうかをチェックする指標は、大抵は周囲の目ですよね。

ですが、ヤンデレは周囲の目を全く気にしないので、自分の行動のおかしさに気づくことができません。

6.相手にとことん尽くしたい

ヤンデレの人は、相手に対してとことん尽くしたいという人が多いようですね。

好きな人が一番なので、とにかくその人に対しては自分のできる限りで尽くそうとするのです。

ここがメンヘラとは違うところですね。

メンヘラは、自分に尽くしてもらうのが当たり前です。

自分のことが好きだからです。

ヤンデレの場合には、相手への愛情が行動をおかしくしているので、相手に尽くしてもらうことは求めていません。

とにかく大好きな相手にとことん尽くすことで、自分の愛情を認めてもらおうとするのです。

時には、「そこまではしなくても良い」ということまでしてくれる人もいます。

7.愛情表現や言葉が過激

ヤンデレの特徴は愛情が熱狂的過ぎるというところです。

そのため、愛情表現や言葉も過激なものとなりかねません。

もちろん、その愛情表現に耐えられる人間もいるでしょう。

ですが、多くの人間にとって過剰な愛情表現は「重い」と感じるものです。

また、愛情を表現する言葉も「あなたがいなければ死んでしまう」というような過激なものを選ぶなどの特徴があります。

好きな人からの愛情表現は、誰にとっても嬉しいものです。

ですが、それが過剰であった場合には、必ずしもうれしいものではありません。

そして、ヤンデレの愛情表現は基本的に重くて過剰なものなので、両想いであっても、いつか相手が耐えられなくなってしまうというようなことが起こります。

8.自分の愛情表現は正しいと思っている

ヤンデレの愛情表現は、基本的に間違っています。

間違っているからこそ、ヤンデレは世間からおかしな目で見られることになるのです。

ですが、ヤンデレの人は自分の愛情表現の正しさを信じて疑うことがありません。

もし、自分の愛情がおかしいと思っていたら、その行動をしないはずですよね。

わざわざ、好きな人に嫌われてしまうようなことをするはずがありません。

自分の愛情表現が正しいと思い込んでいるからこそ、その行動を当たり前のように続けることができるのです。

周囲の目を気にすることもありませんし、相手が嫌がっている態度を見せても、妄想力と誤解でカバーすることができるのがヤンデレです。

そのため、自分の愛情表現をおかしいと思うきっかけがないのでしょう。

9.相手を束縛する

ヤンデレは相手を強く束縛する傾向にあります。

なぜなら、自分が愛している人を他の人に取られたくないからです。

また、相手が他の人を少しでも見ると、それに対して激しい怒りを覚えます。

どんな人でも、恋人に対してある程度の束縛はするでしょう。

それはもちろん、「異性と二人きりでデートしないで」というような、ごく普通の一般的な束縛であるはずです。

ですが、ヤンデレの場合には、仕事の連絡もしてはいけない、少しでも話してはいけないなど、束縛の度合いが強すぎます。

酷い場合では「異性を視界に入れてもいけない」と言うこともあります。

10.嫉妬の深さが異常

束縛が強いヤンデレは、嫉妬の強さも異常なものがあります。

少しでも相手が異性のことを気にしている様子を見せるだけで嫉妬します。

時には、無生物に対しても嫉妬することがありますし、家族に対しても嫉妬を見せるでしょう。

そして、激しく怒るでしょう。

ヤンデレと付き合って一番面倒くさいのが、この部分なのではないでしょうか。

相手に嫉妬した時には、その感情が向くのが必ずしも好きな相手であるとは限りません。

「好きな人の視界に入ったあの人が悪い」というように、全く関係のない人にまで被害が及ぶ可能性があります。

11.自分で感情がコントロールできない

ヤンデレは基本的に自分では感情をコントロールすることができません。

ヤンデレの多くは、自分のしていることが正しいと信じ込んでいるため、理性で制御しようと思えないでしょう。

ですが、少しまともなヤンデレである場合には、自分のしていることがおかしいことであると気づくこともあります。

それは、好きな人の表情や行動で察するのです。

ですが、たとえ、相手が自分の愛情表現を歓迎していないと気づいたとしても、それをやめることはできません。

自分では自分の行動をコントロールすることができないからです。

ヤンデレであっても、何とも恋愛に失敗しているとおかしなところがあるのかもしれないと主用になるでしょう。

ですが、おかしいと気づいていても自分の行動をやめられるわけではないので、結局同じようなことを何度もしてしまいます。

ヤンデレに「君のやっていることはおかしい」と指摘しても意味がないのは、もちろん、耳に入っていない可能性が高いですが、それ以外には、「おかしいことは既に知っている」ということが挙げられるかもしれません。

「おかしいことは知っているけれど、でも……」という状態になってしまっているのです。

12.歯が浮くような甘い台詞を言う

ヤンデレの人は、歯が浮くような甘いセリフを言うこともできます。

普通の人間なら口にすることができないような恥ずかしいセリフも、当たり前のように口にすることができます。

それは、過剰な愛情表現のうちの一つだからです。

ヤンデレは、「甘い言葉を駆けることで、相手の愛情も刺激される」という一般論は知っています。

ところが、その限度を知らないのがヤンデレです。

「好きな人の心をゲットできるかもしれない」という想いが行動を暴走させてしまうので、甘い言葉をかけると良い、と思い込んだのなら、普通は口にできないような歯の浮く甘いセリフも言うことができます。

これは、例え付き合っていなくてもすることができます。

13.本当に心の底から愛しており、浮気はしない

ヤンデレとメンヘラの大きな違いですね。

ヤンデレの場合には、相手のことを本当に心から愛しています。

そのため、他の人からアプローチされても、そちらに靡くようなことはありません。

相手のことを本当に心から好きだという気持ちが大きいので、それ以外の人には興味がないのです。

絶対に浮気することがありませんし、好きな人への愛情が揺らぐこともありません。

14.一生ラブラブでいたいと思っている

ヤンデレの中で最高なのは、いつまでも相手との愛情が続くことです。

いつまでも二人で思いあっているような状態が最高であり、できれば、共依存の状態になっていることが理想であるとも思っているかもしれません。

もちろん、実際に相手とは恋愛関係になくても関係ありません。

一生ラブラブで相手のことを愛し続け、そして、相手からも愛されて生きていくことが何よりの幸せであり、希望なのです。

15.自分の価値観を相手に押し付けようとする

ヤンデレは自分の価値観を相手に押し付けようとします。

最も、これは押し付けられた方からの主観かもしれません。

ヤンデレは、自分の考えや価値観を相手に押し付けているようなつもりはありません。

相手に自分と同じ考えになってもらいたいのです。

相手のことが好きだからこそ、少しでも違いがあると、それが許せないのです。

また、相手に同じだけの愛情を持ってもらうためには、価値観をそろえる必要があるのです。

相手と自分との関係を、いつまでもラブラブなものにするために行っていることなので、相手に価値観を押し付けているとは微塵も思いません。

ただ、恋人同士としての関係を円滑にするために行っているのだと思っているでしょう。

16.頻繁に連絡をしてくる

ヤンデレは頻繁に連絡をしてきます。

常に世界の中心には好きな人がいるので、いつでもその人のことを考えていられますし、相手にもそうであってほしいので連絡してくるのです。

恋人同士なら、ある程度頻繁にやり取りを交わすこともあるでしょう。

ですが、ヤンデレの場合にはその頻度が普通とは違います。

一般的には「迷惑」「怖い」と感じるような頻度で連絡することもあるのです。

17.自分が精神的に病んでいるという自覚はない

ヤンデレの多くは、自分が精神的に病んでいるというような自覚を持っていません。

自分は正常であり、相手に対する愛情は少し強いだけの普通のものだと思い込んでいます。

だからこそ、その「普通の愛」を否定されると怒るのです。

また、相手にも同じだけの愛情を持ってほしいと思うのです。

18.細かいところまで指摘してくる

ヤンデレの人は、好きな人のことを細かいところまで見ています。

相手のことが好きだからこそ、どこまでも見ているのです。

だからこそ、他の人に比べて細かいところまで指摘してきます。

自分が相手のことをよく見ており、相手のことを良く知っていると思うからこそ、細かいところまで指摘するのです。

普通の人なら気づかないようなところにまで気づいて指摘するのは、一般人にとってはとても怖いことですよね。

19.ストーカー化する可能性がある

ヤンデレは、自分と自分の好きな人との関係を何より大切にします。

相手の愛情を何よりも欲していますし、相手にも自分と同じだけの愛情を持ってほしいと思っています。

当然、相手からフラれるとは思ってもいません。

アプローチし続けていれば、相手も自分のことを好きになってくれると思っています。

また、好きな相手のことなら、どんな細かいことでも白りたいと思うのがヤンデレです。

好きな人のためなら労苦を惜しまないので、どんなこともすることができますし、いつでも好きな人のためになら動くことができます。

これらの特徴を聞いて思い浮かぶのはストーカーという言葉ではないでしょうか。

ヤンデレは、簡単にストーカーになることができます。

偏執的な愛情を常に相手に向けているので、その恋愛感情が成就しなかったときには、ストーカー的な行動に出ることもあります。

偏執的で熱狂的な愛情が本当に狂った方向に行ってしまうと、あっさりとストーカーになる可能性が非常に高いので、ヤンデレに近い人に目を付けられてしまったら慎重に行動するしかありませんね。

20.自分に都合の良い解釈をする

ヤンデレの人は自分に都合の良い解釈をする傾向にあります。

少し目が合っただけで相手との運命を感じる、少し話をしただけで愛情を感じるなどの勘違い傾向が強いのがヤンデレです。

少しの交流を自分に都合の良い解釈をして愛情を持つようになり、一度愛情を持ってしまうと、その人に執着するようになります。

もちろん、こういったタイプの人はストーカーともなりかねません。

少し接しただけで相手の愛情を確信することができるような勘違いタイプは、自分が間違っているとはつゆほども思いません。

また、「勘違いだと思うよ」という周囲の忠告も耳に入れることができないのがヤンデレです。

「ヤンデレと恋愛しないようにしよう」と注意して人を見るようにしていても、勝手に恋に落ちられてしまうというのが難しいですね。

ヤンデレとの恋愛は、突然降ってきた隕石のようなものかもしれないと思うと、なかなか避けがたいということがよく分かると思います。

21.視野やキャパが狭い

ヤンデレの人は視野やキャパが狭いという特徴もありますね。

そもそも、とても狭い視野の中で生きているので、自分が好きだと思った人がいると、その人のことしか見ることができなくなってしまうのです。

そして、その人に愛情が向いてしまうと、その人のことしか考えることができなくなります。

その人が以外のことはどうでも良くなってしまうというところがヤンデレの怖さでもあり、特徴でもありますが、一度好きになるとその人のことしかできなくなってしまうというのはキャパの小ささを示しているようにも思えますね。

そうしたヤンデレの人は、一度こうだと思い込むと他のところを見ることができません。

常に狭い視野の中に好きな人のことを入れようとしているので、当然、行動も偏執的になってしまいます。

ヤンデレな人と上手く付き合うためには

いかがでしたか?

ヤンデレな人とうまく付き合うのはとても難しそうに思われますよね。

実際に、ヤンデレな人と付き合っていると、自分の精神も削られていくように感じることがあるでしょう。

それは、たとえ恋愛関係になかったとしてもです。

ヤンデレな人とうまく付き合うためのいくつかのコツを最後にご紹介します。

ヤンデレな人に自分のメンタルを乱されることがないように、コツを掴んで相手と接するようにしてくださいね。

1.プライバシーをあまり話さないようにする

ヤンデレな人とうまく付き合うためには、まずはプライバシーに関わるプライベートなことをあまり話さないようにしましょう。

少しでもきっかけがあると、ヤンデレの人は恋愛的な意味で興味を抱いてしまう可能性があります。

また、手に入れた情報をどう活用するか分からないので、少しでも興味を抱かせないために、プライバシーに関わる部分は秘密にしておくことにしましょう。

それについて聞かれたときでも「プライベートに関わることは秘密なので」と口にしておいた方が良いかもしれません。

あまり深く知り合うようなことがなければ、愛情を抱かれる可能性もそれだけ減ります。

下手に深い情報を与えてしまうと「これだけのことを教えてくれるのだから、特別な感情を持っているに違いない」と思われてしまうのです。

気を付けてくださいね。

2.言いたいことを率直に論理的に、淡々と話す

ヤンデレの人と話すときには、感情的になってはいけません。

病んだ人と話して言いるときには、全く話が通じずに感情的になってしまうこともあるでしょう。

ですが、感情的になっている人間というのは、理論的な考えかたから外れてしまいがちになるものです。

そもそもヤンデレの人は理論的に考えることができないのに、二人とも感情的になって理性的な頭で考えることができなくなってはどうしようもありません。

ヤンデレと話すときには言いたいことを率直に理論的に落ち着いて話しましょう。

話は遠回しにするのではなく、単刀直入に言うのがおすすめです。

どうとでも解釈することができるような婉曲な表現を使っていると、どこかで話が拗れてしまう可能性があるからです。

何かを主張したい時には、一般的には率直すぎると思われるくらいに率直な言葉で思いを伝えるようにした方が良いでしょう。

普通の人と話すよりも誤解が生まれやすいものなのだということは頭に置いておいてくださいね。