就職活動をしているそこのあなた!

または、新しい仕事を始めたいなぁなんて転職活動をしているあなた♪

この世界には、たくさんの種類の仕事がありますよね。

そのなかでも不動の人気を持っているのが”事務職”なんです。

人によっては、営業さんのように外に出回るのはイヤだ。

静かに仕事をしたい!なんて考えている方もいるのではないでしょうか。

そんなあなたには”事務職”がオススメ♪

いや、すでに「私は事務職につくんだ!」と計画している方もいらっしゃるかもしれないですね。

そうはいっても、事務職っていったいどんな仕事なのか全く知らずにそのようにイメージしている人も多いはず!

この記事では、事務職につきたいと考えているあなたのために事務職とはいったいどのような仕事なのかをご紹介します☆

事務職にはどんな種類があるのか、どんな人が向いているのか、また事務職をするにあたって取得しておいた方がいい資格はなんなのかをノンストップでお伝えします。

この記事を読んでおけば、事務職について詳しくなれること間違いなし!

また、今は事務職につきたいわけではないけれど、仕事の種類として知っておきたいという方も要チェックです!

事務職につきたい!内容を把握しておこう

あなたは、「事務職につきたい!」きっとそう思われているんですよね。

または、まだ就職したいとは考えていないけれども、ちょっと興味がある!なんていう方もいるのでは?

たくさんの仕事があるなかで自分にあった仕事を見つけるのってなかなか難しいですよね。

だって、自分にあっているかどうかなんて会社説明をきいたって、その会社の先輩にきいたって、口コミをみたってわからないからです。

だからこそ、事務職とはいったいどういうものなのかをしっかり把握することをオススメしています。

どの会社にいったとしても、事務職についてしまえば基本的に行なうことは同じになってきます。

その基本的な役割をしつつも、それぞれの会社にある特色のある仕事をこなしていくことになるんです。

それに事務職というのは、外を回ったりする営業さんに比べると「静かに」「体力を温存しながらできる」仕事なために、女性にとても人気があるんです。

そのため、大学生の希望する就職の部署というのは、ダントツで”事務職”が上位に君臨しているものです。

また、転職を行なっている女性にも人気があるのが”事務職”なんですよね。

最近では、”草食男子”なんていう男性のジャンルが増えており、ガツガツと働きたい!という意欲のある方が減っています。

そのため、事務職は女性だけではなく男性にも人気のある仕事になってきているんです。

ということは、当然のように競争率があがってしまっているんですよね。

しかし、そんな高い競争率のなかであっても事務職とはいったいどのような役割を担う仕事なのかをしっかり把握しておくことによって、これから訪れるであろう就職試験でも活かすことが出来るようになるのです。

この記事では、事務職の基本的な役割だとか内容をご説明しているので、「事務職につきたいけれど、なんとなくしかしらない」「就職のために有利な情報をしりたい」という方に特にオススメです。

あなたが事務職につくことができるよう、編集者一同願っておりますよ!

きっとあなたも「事務職につけますように」なんて祈っているかもしれませんが、この記事を読んで今から対策で着ることは実践するようにしてください。

なんでも行動あるのみ!です。

事務職の役割

あなたは、事務職といってどのようなイメージを持っているでしょうか?

ほとんどの方は、パソコンやデスクに向かって1日中仕事をしているイメージを抱いているのではありませんか?たしかにそのイメージで全く問題ありません。

上司や同僚のお茶をいれてあげたり、給湯室の掃除をするのも事務の仕事としてしている会社は多いですよね。

また、他の社員さんのお手伝いとして印刷を頼まれたり、ちょっとしたデータを作成するのをお手伝いすることもあります。

これらはテレビドラマなどでも行なわれていることなので、想像しやすいでしょう。

そのように他の社員のサポートをすることもあれば、その会社の専門分野の書類を作成すること・調査を行なうのも事務の仕事なんです。

また、経理などお金に関する事務などもあり、そのジャンルはさまざまです。

そのため、少しでもらくがしたいから事務職につこうかなぁなんて考えているのであれば、仕事をスタートさせたときに「こんなに大変な仕事だったのか」とギャップを感じてしまうことも。

とはいっても、データ入力・資料作成などが終われば達成感を感じることも出来ます。

自分との戦いの中で、書類作成・経理管理・お茶くみなどを行ないます。

会社には事務職がいるからこそ、あらゆる仕事の均衡がとれているといってもかまいません。

事務職の種類

そんな会社には欠かせない仕事である”事務職”ですが、いったいどのような種類があるのでしょうか?

種類といわれただけで驚いてしまった方もいるかもしれませんが、事務職というのは会社それぞれで行なう仕事がまったくちがうんですよね。

そのため、事務職といって種類がつきものなんです。

既にどこかの会社の求人広告を読んだ際に、「営業事務」「一般事務」など分かれていてハテナ?になってしまった方もいるのではないでしょうか。

そんな疑問をここで晴らしてしまいましょう♪

また、これから会社の求人広告を閲覧しようとしている方は、必須項目!

コレを知っているだけで求人項目を見る時間を短縮することが可能です。

営業事務

まずは、営業事務からご説明いたしましょう。

簡単にいうと、営業部にある事務職のことです。

営業といっても、自ら外回りなど契約を行なう仕事は一切行ないません。

そのように働いてくれている社員さんのために、見積書の作成をおこなったり、営業さんがスムーズにお仕事をすることが出来るように営業用の資料を作成したりします。

営業部の縁の下の力持ちといっても過言ではありません。

そのため、営業として関わっている会社についても詳しく知っていたり、数字に強いほうが有利なこともあります。

一般事務

皆さんが「事務職つきたい!」といって想像しているのは、この一般事務です。

一般事務とは、会社内における一般的な資料を作成するお仕事になります。

また、それだけではなく事務処理なども行ないます。

一般事務とは、基本的なデータ入力など。

しかし、その会社が特化している内容になるので「事務職であればどこでもいい!」という考えは捨てた方がいいかもしれません。

貿易事務

貿易関係の会社には、必ず貿易事務があります。

貿易事務とは、その会社が行なっている輸出入のデータをまとめるお仕事になります。

そのため、もちろんのように外国語を解読しなければなりません。

貿易事務の募集要綱には、英語のスキルが求められていることがありますのでもしも貿易事務になりたいのであれば、英語を勉強しておくべきでしょう。

秘書

社長の側について、社長のサポートをするお仕事になります。

社長の1日のスケジュール管理はもちろんのこと、会社関係者との会談のアポイントメント、また社長がスムーズに仕事が出来るようになにかとサポートをするお仕事です。

秘書をじかに募集している会社もありますが、引き抜きによる採用が多いとのこと。

そのため、一般事務として仕事をすることになっても気を抜かずに仕事をしたいですね!

経理事務

会社の経理を管理するのが経理事務です。

会社というのは、毎日・毎月・毎年のように多大な売り上げをあげているものです。

その支出入を管理することによって、会社の財産を守っています。

また、社員たちの定期券などの計算、経費として使われたお金の管理も行ないます。

正義感の強い方であれば、楽しく取り組むことが出来るでしょう。

管理事務

この名前の通りで資材などを管理する事務になります。

経理とは違うのですが、会社に保存されている商品や資材などの在庫管理を行ないます。

また、資材などの発注を行なうこともあり、営業部や建築部などと連携してお仕事がされるのでコミュニケーション能力が良く使われます。

事務職に求められる要素

これまでに事務職の種類をいくつかお伝えしてきました。

そのなかでやりたい!と思えるような事務職はありましたか?それぞれに必要なスキルなどがある場合には、少し触れてきましたね。

たしかにそのような特別なスキルを必要とする事務職もあるのですが、全ての事務職において必要だといわれている要素があるんです。

いってみれば、求められる要素ですね。

もしも、事務職で仕事をしたいのであればぜひその能力を生かせるようにしてください。

また、まだその能力を持ち合わせていない!というのであれば、意識をしながら生活をするようにしてみて。

そうすることで今はその要素を持っていなかったとしても、就職をする時には少しでもその要素を持ち合わせることが出来るようになるからなんです。

ではさっそく、事務職に求められる要素を3つみていきましょう。

先の行動を読めるかどうか

事務職というのは、ほぼ他の社員のサポートを行なうお仕事になります。

そのため、その人たちから「これをやっておいてほしい」といわれてやるのもいいのですがそのように言わせることなく、先を読んで行動しておくことが重要になります。

このような先を読むチカラというのは、事務職だけでなくあらゆる職業に必要とされていることですので、今ここで身に付けておいて損はありません。

また、仕事というのは全て与えられた物を行なうということではありませんよね。

もちろん、自分で考えて自ら行動を起こしておく必要がある仕事もあるんです。

ずばり、それこそ「後になったら必要になるかもしれない」「今これをやっておけば後でこれをやるときにスムーズになる」なんて、考えることなんです。

先を読むチカラというのは、未来の視点にたったり想像することでその時に必要なことをあぶりだしておくことです。

私生活で身についている人もいるかもしれませんね。

もしも、まだ身についていないというのであれば、まずは1時間後の行動を意識して今を過ごすようにして見ましょう。

例えば、2時間後には見たいテレビ番組がある。

それまでにお風呂も入っておきたいし、夕飯も食べ終わっておきたい。

なおかつ髪の毛も乾かしておきたい。

となれば、それを逆算しておこなうようにすればいいのです。

そうやって先に起こりうること、起こるとわかっていることを意識して行動するようにしてみてください。

気配りできる

事務職では、他の社員さんたちにお茶をくんであげたり、場合によっては仕事をお手伝いすることなんてザラです。

そのため、気配りを出来る人ほど仕事が出来ると思われます。

だっていつまでも自分のことしか考えるような人と、そうではなく他人のこともしっかり見ている人といったら誰だって後者のほうに良い印象をもつことができますよね?

それに気配りというのは、他人のことをしっかり見ていることを象徴しています。

これは先を読むチカラ、先の行動をよめているということにもなるんです。

要するに他人や他の仕事に注意を払うことが出来ているのか、ということなんですね。

この気配りができれば、他人からも悪く思われることはありませんし、すぐにちょっとした失敗やミスを見逃さずに発見することができるんです。

もしも、自分に気配りが足りないと思っているのであれば、今からでも遅くありませんから自分のことだけではなく周囲のことにも目を光らせるようにしてください。

そして困っている人を見つけたらほうっておくのではなく、助けてあげるクセをつけるようにしましょう。

なんでも引き受けられる

事務職は、会社にも寄りますがさまざまな仕事を頼まれることが多いです。

それは営業さんがスムーズに仕事をこなすために、サポートをすることかもしれません。

そのための資料をすぐに作成することかもしれません。

ときには、誰でもいやなことだってあるでしょう。

しかし、そこは会社でありプライベートではありません。

事務職というのはどこか簡単でラクできるイメージがあるからこそ、なんでも引き受けるようにしたいものなんです。

それもジャンルとわずやってみる。

そうすることで会社の風通しがよくなり、業績アップできるなんてことも。

しかし、皆が引き受けるのを拒んでいれば、その仕事は進まなくなってしまいますよね。

そして業績は下がり、リストラになってしまうなんてことも。

これはとても極端な悪い例ですが、会社の循環をよくするためにも、なんでも引き受けられる人のほうが大切にされますよ。