皆さんはやりたいことをやれていますか?

時間を言い訳に、ただ何となく日々を過ごしていませんか?

やりたいことをやるには、行動力と実行力が必要です。

自分から動かなければ、やりたいことをやれる人生は手に入りません。

筆者の私は、「やりたいことをやる」のが人生の目標です。

色々なことに興味があるので、それを片っ端から全てやることを、目標に過ごしてきました。

これを目標に掲げ、意識して行動するようになったのは20歳のころです。

ひとつひとつ、やりたいことをクリアしてきました。

その大半が仕事に関わることなので、転職もかなりの数をしてきましたし、それに伴い引っ越しの回数もなかなかの数です。

そのため、お金は貯まらなかったのですが、気持ちの充実感はあります。

本来は、やりたいことをやりながら、金銭面でも充実することが、バランスのとれた生き方なんですよね。

今は、どちらも充実させながらやりたいことを叶えていく、道の途中です…

やりたいことをやれる人生を送りたいですね

バランスのとれた充実した人生を送るためには、計画性が必要です。

筆者の場合、行動力と実行力はあるのですが、計画性がありません。

その時思いついたこと、やりたいと思ったことを、とにかくやってみる!というやり方をしてきました。

そのため、金銭面とのバランスが上手く取れていなかったりもするのですが…

それでもやりたいことをやれる人生って、充実するんです。

金銭面の事はあまり人に話さないので、友人や知り合いからはよく羨ましがられます。

そんな時は「でもお金はないよ?」なんて言いますが、「でも楽しそうだし、いいな~」って言われます。

みんな、やりたいことをやれる人生を送りたいけど、実際にそうできる人ってきっと少ないんですよね。

女性は、結婚すれば家庭や子供を優先せざるを得ません。

男性も、仕事との兼ね合いで、自由にやりたいことをやれる環境ではないかもしれません。

時間にもお金にも、制約があるものですからね。

でも筆者が思うに、やりたいことをやれないのは、勇気が足りないからだと思います。

えいっ!と、いろんなものを乗り越える勇気。

またはそうしてでも、やりたいという情熱が持てるかどうか…

あのスティーブ・ジョブズも言っています

『もし今日が最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?』

…アップルの創業者スティーブ・ジョブズも言っています。

また、『「自分はいつか死ぬのだ」と意識することは、何かを失うかもしれないという思考の落とし穴にはまらずに済む最善の方法』

というのもスティーブ・ジョブズの言葉だそうです。

今日が最後の日かもしれない、明日自分は死ぬかもしれない…と考えるのは、究極な考え方かもしれません。

でも、そう思えば何も怖くないし、やりたいことをやらなければ勿体ない!とも思いませんか?

筆者は、この記事を書くまでこの名言を知りませんでした。

聞いたことがあったかもしれませんが、覚えていませんでした。

偉人の名言には学ぶことも多いのだろうけど、個人的にあまり興味がない…

というよりは、立場がかけ離れすぎていて、自分に置き換えられないのかもしれません。

でもこのスティーブ・ジョブズの言葉…実は筆者の私も同じ考えの元突き進んできたのです。

私もいつか偉大な人になれるのかな(笑)

私が「やりたいことをやろう!」と心に決めたのは、やはり死を意識しているからです。

なぜ死を意識しているかというと、それなりの出来事が自分の身に起こったからです。

とはいっても、重苦しく考えているわけではありません。

人はいつか死ぬんだし、自分もいつか死ぬ。

それがずっと先かもしれないし、明日かもしれない。

自分が死ぬ瞬間、後悔するような生き方をしたくない!って、とても前向きな気持ちです。

なので、本当に明日死んだとしても後悔はありません。

そういう生き方を実践してきたのですから。

日々の生活に追われる中で、こんな究極な考え方にまでは行きつけないかもしれません。

でも、やりたいことがあるのなら、やらなきゃ勿体ない!って、思いますよ!

やりたいことをやるために今週末に決めておくべき7個のこと

熱く語ってしまいましたが…

「やりたいことをやりたい!」そう思ったのなら、頭の中で何となく考えているだけでは現実は何も変わりません。

一日はあっという間に過ぎていきます。

思っているだけでは一年もあっという間ですよ。

やりたいことをやる為には、実際に行動を起こすことが大切です。

でも、筆者のようにただ闇雲に行うと、途中でお金や時間の問題に、道を阻まれてしまうこともあります。

中途半端なまま断念…なんてことになりかねません。

そうならないためには、きちんと計画を立てる事をお勧めします。

具体的な計画を立てれば、完遂するイメージができて、「自分にもやれる」と思えるでしょう。

そして、実行する意欲も沸いてくると思います。

ここからは、“やりたいことをやるために決めておくべき7個のこと”をご紹介していきます。

この7個を決めることが、やりたいことをやるための第一歩です!

1. タイムスケジュールを決める

まずは、タイムスケジュールを決めましょう。

やりたいことによって、1日で出来るものもあれば、1ヶ月、1年単位など長期的に行うものもあるでしょう。

1日で出来るものであれば、まず「今週末の日曜日にやろう」と実行日を決めて、その一日で完遂するタイムスケジュールを立てましょう。

長期的に行うことであれば、「毎週末の日曜」や「第一、第三日曜」などと、行動出来る日を洗い出し、長期的なスケジュールを立ててください。

一日の細かいタイムスケジュールは、長期的なスケジュールと照らし合わせながら、実行するその週やその月に考えます。

また、月単位で見直したり、途中で計画を組みなおしたりしながら、進めていくイメージをしましょう。

2. やるために必要な道具を揃える

そして、実行する日までに“やるために必要な道具”を揃えておきましょう。

実行する日は、やりたいことを行うことだけに集中出来る環境を整えておいたほうがいいです。

筆者の経験から言っても、実行する日に“道具を買い揃える”ことはオススメしません。

それで一日が終わってしまったりしますし、買い出しに行けば疲れたりもします。

また、必要な道具が見つからなかったりもするでしょう。

スケジュールを立てるときは、実行日と別に、買い出しの日を計画しておくといいと思います。

特殊な道具によっては、近所で見つからなかったり、ネットショップでも取り寄せで、揃うまでに時間がかかる場合もあります。

その点を考慮して、実行日を決めましょう!

3. お金を用意する

やりたいことをやるために一番大切な“お金を用意”するということ。

これは筆者も強く言いたいです(笑)

スケジュールを立てる際には、併せて金銭面の計画も立てておいてください。

お金なんか気にしなくても大丈夫!という人はいいかもしれませんが…

筆者は無計画のまま実行してしまうタイプです。

最近はだいぶ学んだので気を付けていますが、やることに対してかかるお金があれば使ってしまうという、無謀なやり方をしていた時期もありました。

すると、やることは出来ても、生活にちょっと困る…ということも、あったり無かったり。

それほどお金のかかることで無ければいいかもしれませんが、まとまったお金がかかる場合は特に、先々の生活を見据えたお金の確保をしていたほうがいいですよ!

4. ひとりでやるのか、誰かと一緒にやるのか決める

また、“ひとりでやることなのか、誰かと一緒にやることなのか”で、スケジュールの立て方も変わってきますよね!

ひとりで行うことなら、自分のスケジュールだけ考えればいいですが、

誰かと一緒に行うこと、誰かに手伝ってもらうことであれば、その人とのスケジュール調整も必要です。

案外、人とスケジュールを合わせるのって、難しいんです。

上手く合わなくて、今すぐにでもやりたいことなのに、進まない!なんてこともありますよ。

また、金銭面の管理にも影響があります。

誰かと協力して行うのなら、どうお金を出し合うのか。

誰が管理をするのか…。

お願いして手伝ってもらうことなら、お礼の品や食事、またはお金の支払いが必要なのか…。

それにかかる金額も、スケジュールの中に組み込んでおく必要があります。

5. やる項目をノートに全部書き出しておく

やりたいことをやると決めたら、実際に“やる項目を書きだす”こと。

これは最初にやったほうがいいですね。

この項目をタイムスケジュールに落とし込んでいくのです。

出来れば、タイムスケジュールとやる項目の両方を、ひとつのノートや、一枚の紙にまとめておきましょう。

スケジュールとやる項目を一緒に確認出来るようにしたほうが、管理しやすいですよ。

また、やる項目を書きだすことで、必要な道具や必要な時間、そして必要なお金なども分かってきます。

頭の中だけでイメージしていると、それは具体的にはなっていきません。

計画も穴だらけになってしまい、思ったように進まなかったりします。

やる項目の一覧を作り、やるごとにチェックをしていったり消して行くことで、進んでいる実感や、達成感も得られますよ!

6. どういう順番でやるか決める

やる項目を書きだしたら、どういう順番でやるかも決めましょう。

やることによっては、ある程度決まった工程があるかもしれません。

それでも、順番をきちんと確認しておけば、スムーズに進行することが出来ます。

また、やる項目がいくつかあるのなら、優先順位を考えて順番を決めておきましょう。

筆者は、日々のやることも、項目を書きだして優先順位を決めておいたりします。

今月やりたいこと、今週やるべきこと、今日実行すること…と、手帳に書きしるしていて、今日やることに優先順位をつけて実行しています。

絶対にやらなきゃいけないことを実行し、終わらなかったことは、翌日や翌週に持ち越す。

と言った感じで、一日単位、週単位で計画を見直しています。

筆者はもともと無計画な人ではあるのですが、今の仕事がイレギュラーな性質で計画通りに進まないし、やりたいことがありすぎて、書きだしておかないと忘れてしまうんです。

思いついたことを全部やりたい!それをやるには、優先順位を決めないと進まなくなり、自然と計画を立てるようになりました。

筆者の場合、綿密なタイムスケジュールというよりは、やりたいことを書き出して、優先順位を決めるだけ。

それでもこれで、実行できる数は増えたと思います。

7. 必要な情報を集めておく

必要な道具を揃えておくのと同じで、“必要な情報”も集めておきましょう!

何かを作る時などは、レシピが必要ですよね?今はネットで検索すれば、さまざまな情報が出てきます。

その中からどれを参考にするのかを選ぶだけでも、時間を要します。

そこから自分なりにアレンジしたりするのなら、どう変更するかを考えておきましょう。

作り方を一度頭の中でイメージしておくことも大切です。

実際に行うときに、「あれ?道具がない!」「材料が足りない!」「どうやってやるんだっけ?」ってなってしまうと、作業が中断されて一気にやる気を失ってしまいます。

計画を立てて行い、完遂すること!

やり遂げたときの達成感を、ぜひ味わってください♪

やりたいことをやるための心構えとは


計画を立てることで、やりたいことをやるための行動は始まっています。

計画を立てている時、どんな気持ちでしたか?

計画が出来たとき、ワクワクしてやる気がみなぎってきましたか?

あとは実行に移すのみです!計画倒れにならないように、最後までやり遂げられるように…心構えもしておきましょう。

せっかくやりたいことに向けて動き出したのに、やりきることが出来なければ、達成感は得られません。

充実した人生の第一歩で挫折してしまったら、その後に、やりたいことをやる意欲も自信も失ってしまいます。

そうならないように…ここからは“やりたいことをやる為の心構え”についてお伝えしていきます。

人生は一度きり、ということをしっかり自分に言い聞かせる

「人生は一度きり」って、きっと誰もが分かっていることだと思います。

でも、それをどれだけ理解しているか…どれだけ意識しているか…

これは人によって大きな差があると思います。

一度きりの人生をどう送りたいのか、しっかりイメージ出来ていますか?

その一度きりの人生は、誰のものでもなく自分のものです。

自分の人生を他人が生きることは出来ません。

自分にしか、自分の人生を生きることは出来ないのです。

筆者の私も20歳で価値観を変える出来事が起こるまでは、親の人生を生きていたと思います。

親が望むもの、喜んでくれるもの…自分の人生を生きているようで、親の価値観で生きていました。

「人生は一度きり」です!これをしっかり自分に言い聞かせましょう!

「時は金なり」を自覚し、時間を無駄にしないこと

「時は金なり」…よく聞く言葉ですよね?

「時間はお金と同様に大切なものだから、決して無駄にしてはいけない」という格言です。

ボーっとしていても、忙しく動いていても、寝ていても、起きていても…時間は同じように進んでいきます。

巻き戻すことは出来ないし、ロスタイムの分を延長することも出来ません。

生きるている限り、時が止まることはありません。

生と時はイコールでもあると、筆者は思います。

その時間のなかで、どれだけのことをやれるのかは、自分次第で大きく変わってきます。

無駄にするのかしないのか…やりたいことをやるのかやらないのか…よく考えてみましょう。

でも決して、時間が勿体ないから急いだ方がいいとか、寝る暇も惜しんでとか、言っているのではありません。

大切に使っているかどうか…です。

私は私!という強い気持ちを持つ

人生は一度きり…のところでもお話したように、自分の人生は自分のものです。

世の中の価値観とちょっと違ったとしても、親に小言を言われたりしても、「私は私!」という強い気持ちを持ってください。

これは、自分の人生を自由に生きるということであると同時に、自分の人生に、自分で責任をとるということでもあります。

他人の価値観や希望で自分の人生を生きたとして、それが上手く行かなかったとしても、親が責任を取ってくれるわけではありません。

でも、親のせいにして、責任転嫁することは出来ますよね?

だけど、責任転嫁したところで、自分の人生は取り戻せません。

「時は金なり」です。

だったら、自分で自分の人生を、自分の責任で生きたほうがいいと思いませんか?

失敗しても諦めないという強い意志

そして、やりたいことをやり遂げるには、失敗を恐れない事。

そして“失敗しても諦めない”と、強い意志をもって取り組むことです。

初めての事には失敗がつきものです。

大がかりなことほど、途中で何度も失敗するかもしれません。

長期に渡ることほど、失敗によって最初のやる気を失ってしまう可能性があります。

でも失敗は、道の途中であって、通過点に過ぎません。

それに、決して無駄な時間ではありません。

失敗の時間は、むしろ必要な時間だと思ってください。

もし、途中で諦めてしまったらそれこそ、そこまでに費やした時間も、お金も、全て無駄になってしまいます。

諦めてしまいたくなったら、最初にお話しした「人生は一度きり!」「時は金なり」を思い出しましょう!

いつもワクワクしていること

やりたいことに対し“いつもワクワクしていること”って、大切ですよね。

やりたいことですから、自然とワクワクしていると思います。

でももし、途中でこのワクワクが消えていたら?やる気を失ってしまいますね。

長期間のことだったり、失敗を繰り返していたりすることで、最初のワクワクを同じように持ち続けられない…。

そんな時もあるかもしれませんね。

ワクワクした気持ちというのは、自然に沸いてくる感情です。

感じてもいないのに、無理やりワクワクすることなんて出来ません。

でも、やりたいことをイライラしながらやっているなんて、おかしいですよね?

筆者はそんな時、お休みを取ります。

やりたいことに嫌な気持ちで取り組みたくないからです。

一旦中断して、「やっぱりやりたい!」という気持ちになるまで待ったりします。

やりたいことなのですから、絶対にワクワクした気持ちは蘇ってきます。

それまで待つ。

時にはそんな時間も必要だと思いますよ!

言い訳をしないこと

やらない言い訳って、いくらでも出来ちゃうんです。

探せばいくらでも見つかるし、でっち上げられるのが言い訳です。

やりたいことを、本当にやりたいのなら「言い訳をしない」と誓ってください。

愚痴は言ってもいい、疲れたら休んでもいいけど、やらない言い訳はしない!

筆者はこう意識しています。

やらない言い訳を探しているうちは、やらないほうがいいと思います。

言い訳で自分を誤魔化さない事ですよ!

やりたいことをやれた時のあなたをイメージして


やりたいことをやる心構えとともに、モチベーションを保つためにもう一つ、“やりたいことをやれた時の自分をイメージ”しましょう。

やりたいことを達成した自分は、どんな気持ちですか?また、どう変化しているでしょうか?

その時の自分は、どんな顔をしている?充実した人生を送っている?

未来の自分に問いかけてみてください。

これから先の自分をイメージすることで、やりたいことを成し遂げた、実際の自分を見てみたくなるはずです。

未来の自分を想像出来なければ、失敗した時、ワクワク感がなくなった時、最初のやる気を取り戻すキッカケを掴めません。

人生を劇的に変えよう

大袈裟かもしれませんが、やり遂げれば「人生は劇的に変わる!」くらいの大きなビジョンを描いてみてもいいと思います。

人生は一度きりで、やりたいことをやった自分と、やらなかった自分を比べることは出来ません。

劇的に変わったかどうかは、自分の気持ち次第でもあります。

今の自分をどう感じていて、どう変わりたいのか…

劇的に変わったら、その時の自分はどんな気持ちなのか…

それをイメージしておくことで、自分の目的が果たせているのかどうかが分かると思います。

生活が大きく変化しているようには見えなくても、充実感や満足感を感じている自分がそこにいるのなら、その道は間違っていないはずです!

自信のある自分になれる

やりたいことをやれた時、そこには自信に満ち溢れた自分がいるはずです。

達成したことで得られる充実感は、自分への自信に繋がります。

また、達成するまでの道のりがあったことも忘れてはいけません。

それまでに努力したこと、失敗したこと、時間をかけたこと…その全てが財産です。

そのためにも、スケジュールを組み、やる項目を書き出しておくことが必要だと思います。

完成形として手元に残ったもの以外にも、ひとつひとつのやることをクリアしてきた証が、スケジュール表として残るのです。

計画を立てることから始まり、買い出し、準備、情報調べ…ひとつひとつの作業をクリアしてきたから今がある!

それが、自分の自信になるのです。

やりたいことがあるとこんな人になれますよ!

ここまで、やりたいことをやるために必要なことについて解説してきました。

でもまだ、やりたいことをやれる自分になるイメージが掴めなかったり、やりたいことをやっている人って、どんな人なのか分からなかったりする人も、いるかもしれませんね。

今のままでもそれなりに満足してるし…変わることって必要なのかな?

やりたいことをやれるのはいいなって思うけど、自分には無理だと思う…

そんな風に、二の足を踏んでいる人も多いかもしれません。

筆者は、絶対に変わったほうがいいとも思わないし、やりたいことをやる人生のほうが絶対にいい!とも思いません。

今の幸せを守り、それを継続していくことだって、充実した人生だと思います。

でも、やりたいことがあるのにやれていない…そこに迷いを感じているのなら、変わりたいんじゃないかな?って思うんです。

ここからは、やりたいことがある人ってどんな人?実際にやっている人ってどんな人?

そんな疑問に迫ります!

1. 人生を楽しんでいる人

やりたいことがあったり、やっている人は“人生を楽しんでいる人”です。

でも決して、楽しいことだけが起こっている人というわけではありません。

辛いことも、苦しいことも、楽しいことも…その全てを楽しんでいる人です。

もちろん辛いときは、辛い気持ちにもなるし、苦しいときは苦しい。

それは当然です。

その全てを受けとめて、自分の人生を生きている人ということです。

楽しいだけが、いい人生じゃないと筆者は思います。

時には困難もトラブルもあって、でも、それを含めて自分の人生に責任をもっていること。

それが人生を楽しんでいる人です。

2. ポジティブな人

やりたいことができる人は“ポジティブな人”も多いです。

ポジティブシンキングが無ければ、困難な出来事を受けとめられないからです。

苦しいこと、辛いことを乗り越えるには、ポジティブ思考が必要です。

前向きに考えることで、人生の切り返しが出来るのです。

筆者も基本的にポジティブ思考です。

もちろん落ち込むこともありますが、最終的には前向きに切り替えることが出来ます。

それに、自分に自信を持っています。

それは根拠のない自信だったりもしますが、「大丈夫!乗り越えられる」と、いつも思っています。

3. 自分のことが好きだと言い切れる人

「自分のことが好きですか?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

やりたいことをやる人は、「好き」と言い切ると思います。

「自分が好き」だと言えるのは、自分を信じているからです。

これもやはり、自分で自分の人生に責任をもって生きているからだと思います。

自分で決めたこと、それに向かって行動している自分を、信頼しているのです。

自分で自分を好きでいられると、誰かに依存しなくても心は充実するものです。

自分の人生は、自分にしか生きられません。

自分の一番のファンは自分!それが、やりたいことをやる人なのです。

4. 計画を立てることが好きな人

やりたいことをやっていても、筆者の場合は違いますが…

“計画を立てることが好きな人”も、やりたいことをやれる人です。

“やりたいことをやるために必要なことと”してもお話しましたが、計画性のある人は、やりたいことに対し、ビジョンを描ける人です。

ビジョンが描ければ、実際に行動を起こしてみたくなるはずです。

「計画に沿って行動すれば出来る!」という自信も持てるでしょう。

計画を立てることが好きな人は、それだけ、やりたいことを計画的に実行できる人なのです。

5. 時間を大切にしている人

「時は金なり」とお話ししましたよね?
やりたいことをやる人は“時間を大切にしている人”です。

やりたいことが沢山あるほど、時間の大切さをよく理解しています。

筆者もやりたいことが沢山あるタイプです。

そうなると、本当に時間はいくらあっても足りません。

「寝ている時間をロスタイムにしてくれないかなぁ」なんて、いつも思ってしまいます。

時間をどう有意義に使うかは、自分次第です。

やりたいことがある人は、自然と“時間を大切にする”ようになるのです。

6. 人生の価値を深く理解している人

また、「人生は一度きり」と何度もお伝えしてきましたよね?
やりたいことをやっても、やらなくても、同じように時間は過ぎていくし、どちらも自分の一回限りの人生です。

やりたいことがある人は、一度きりの人生を「やりたいことをやりたい」と思っています。

“人生の価値を深く理解している人”なのです。

筆者もこれは強く意識しています。

やりたいことが沢山あって、その時々でやっていることが変わるので、移り気な人と見られることもありますが…

「やりたいことをやる」という人生のモットーがブレたことはありません。

自分の人生の価値を、自分の価値を、どう捉えるか…

やりたいことをやる人は、その価値を深く理解しています。

7. 何事も本気でやろうとする人

“何事も本気でやろうとする人”は、やりたいことが出来る人です。

たとえやりたくないことだとしても、何かをやる時は常に本気で全力投球です。

本気で取り組むことで、そこから学ぶことも沢山あるのです。

それを、やりたいことにも活かしていく力を持っているのです。

筆者も、沢山の転職をしましたが、在職中に手を抜くことはありません。

最後の日まで、本気で取り組んできました。

本気なぶん、人とぶつかることが多いのもこのタイプの人だと思います。

8. 考え方が柔軟な人

やりたいことをやる人は、考え方に柔軟性も持ち合わせています。

計画性をもってやりたいことに取り組むことも大事なのですが、計画通りにいかないことも多々あります。

そんな時、柔軟な考え方が出来ないと、そこで挫折してしまいます。

立てた計画は都度見直したり、計画通りにいかなくても、それは失敗だと考えない事です。

“考え方が柔軟な人”が、やりたいことをやれる人です。

9. 一本気で真っ直ぐ目標に向かう人

また、“一本気で真っ直ぐ目標に向かう人”が、やりたいことをやっています。

ひとつの目標に向かって、真っ直ぐ取り組めなければ、やりたいことをやり遂げることが出来ません。

筆者は、やりたいこと、やっていることがその都度変わっているので、一本気が無いように見られることもあるのですが、

仲の良い友人や家族は、筋が通っていることを理解してくれています。

一本気だから、やりたいことをやれているとも言えますね!

10. 失敗してもすぐに起き上がる根性がある人

そして最後にご紹介するのは“失敗してもすぐに起き上がる根性がある人”です。

失敗をしてもそこで諦めず、それを糧に次へ進める人。

その根性があって、やりたいこと、計画したことを完遂出来るんです!

やりたいことが大きなことであればそれだけ、失敗することも沢山あります。

立ち止まってしまうこともあるかもしれません。

それでも、根性ですぐに起き上がることが出来るのが、やりたいことがやれる人なのです。

最後に

今回は「やりたいことをやる」そのためにやるべきことについてお伝えしてきました。

少しはやりたいことをやっている自分を、イメージすることが出来たでしょうか?

やりたいことをやるには、行動力と実行力、それに勇気と情熱が必要です!

きっとあなたにも出来るはず。

やりたいことをやる!そんな人生を、自分の手で掴みとってください♪