夏だけではなく、ちょっと暑かったり緊張する場面に出くわしてしまうと大量の汗をかいてしまっていて困る・・・。

そんな悩みを抱えていませんか?汗をかくのは、誰にでもおこる生理現象です。

しかし、通常かくといわれている涼より大量の汗をかいてしまうのは、もしかして病気なんじゃないか!?なんて心配してしまうもの。

それに汗がくさいともっと心配ですし、イヤですよね。

このように汗をかいてしまって困っているあなたのために、この記事ではどうして脇汗をかくのか?また、汗を出しにくくする”あること”をお伝えしています!

また、おすすめの制汗剤などもご紹介していますのでぜひ参考になさってくださいネ!

恥ずかしい!?あなたの脇汗は大丈夫?

ちょっと緊張するだけでビックリするくらい汗が出て困っている!

それも洋服に汗じみができちゃうもんだから、他人にばれないようにするので一苦労なんだよなぁ・・・。

そんな悩みを抱えていませんか?ちょっと汗ばむくらいであれば、洋服に汗シミを作ることもないので恥ずかしい思いはしません。

その場合は「汗をふくのがめんどくさいなぁ」くらいにしか思わないでしょう。

しかし、自分だけではなく他人にも分かってしまう汗の量ですと「他人におかしく思われていないか」なんて精神的にまいってしまうとなるとそれは大問題。

あなたの脇汗はどうでしょうか?

そんな風に人目を気にするくらいに大量の汗が出ているのではないですか?もしも、そうであるならばそのままにしておくべきではありません。

だって、対処する方法がたくさんあるのですから。

いつでも恥ずかしい思いをして「汗なんかでなければいいのに」なんて思いがちですが、そんなこと思わなくていいように汗が出ないように行動すること、ケアすることは誰にでも出来るんです!

また、あなたがその方法を使って汗を抑えることが出来れば、同じ悩みを抱えている人に出会ったときに体験談としてアドバイスすることができますよね☆

あなたのために、そしていつか出会う誰かのために、この記事でワキ汗についてしっかり勉強しておきましょう♪

脇汗をかく原因

きっとすぐにでもワキ汗を止める方法が知りたい!汗をとめて、この滴るような気持ち悪い感覚をなくしたい!・・・そんな風にお考えのことでしょう。

しかし、その前にあなたはどうしてワキ汗が出るのかを知っていますか?それにワキ汗ってとめてしまっても人体には、なにも悪い影響を及ぼさないのでしょうか。

そんな疑問も持っている方だっているはず。

ここで結論をお話してしまいますが、ワキ汗を止めるのは全く悪いことではないんです。

汗は、体内の水分を出しくれているものですから、もしもそこで水分として体内から放出されなくても他の体の部分からの汗や尿となって、流れでる仕組みになっているんです!

さすがに尿をガマンして出さない人はいないでしょうから、全く問題ないですよね♪

では、本来なら出なくてもいいワキ汗がどうして大量に出るのか?また、洋服をにじませてしまうほどになってしまうのか・・・。

ワキ汗をかいてしまう原因をお伝えしていきます!あなたの生活にあてはまるかどうかもチェックし、改善できるところから改善していきましょう。

精神的な負担を感じやすい

あなたは、もともとストレスに弱い体質ではありませんか?また、何かの出来事がきっかけでストレスに弱い性格になってしまったのかもしれません。

精神的な負担が多いと、それがストレスになり過剰に汗を分泌してしまうことがあります。

そのため、”人前に出ると過剰に緊張して汗だくになる””嫌なことがあった後には汗がすごい””怒られるなどはりつめた感情を経験したあとにはワキ汗がぐっしょりしている”状態を作ってしまうんですよね。

また、自分では気づいていないけれども極度のストレスを感じていることもあります。

それこそ、うつ病などの大きな精神疾患をわずらう原因にもなりますが、ワキ汗が大量にでることによってそれらの精神疾患を早期発見、くいとめることもできるのです。

また、あなたは日ごろから精神的な負担の大きい(ストレスの感じやすい)環境に身をおいていませんか?それは、慢性的な精神的負担を招き、次第に汗の量が増加してしまうなんてこともあります。

食生活の乱れ

私たちは、食事を通して体へのエネルギーを確保しています。

そのため、食事をしないわけにはいきません。

しかし、その食事の栄養バランスが崩れていたりするとワキ汗の量が増える傾向があります。

特にジャンクフード(ポテトやハンバーガーなどのファストフード)や肉ばっかりの食事、お菓子など甘いものばっかりを摂取する生活を送っていると人によっては、ニキビがたくさん出てしまったり、体臭がくさくなりますよね?

それと同じように汗の機能にも異常をきたしてしまうことがあるんです。

また、1日3食を食べずにいるとそれが血糖値の過度な上昇の原因にも繋がり、汗の分泌をより促してしまうなんてことも。

最近汗がひどくなった…というのであれば、緑黄色野菜やフルーツを中心に肉や魚をバランスよく食事で摂取するようにしましょう。

特にスイーツやお菓子などが好きな方は、その種類にもこだわってみてください。

肥満体質

太っていると汗をとてもかきやすくなります。

急に汗がひどくなったなぁ。

そのように感じるのであれば、まずはあなたの最近の体型を思い起こしてみてください。

またはスタンドミラーなどで全身をくまなくチェックしてみてください。

太っていませんか?体重計に表示される数字も驚くような数字になっていませんか?ずばり、肥満体質になってしまっているんです。

肥満になってしまうのには、食生活の乱れ、運動不足などが考えられます。

それに生活習慣病ともいえる肥満ですから、汗だけではなく大きな病気の原因になることも。

特にメタボリックシンドロームなんかになっていると、体内の循環がとても悪くなってしまっていると考えられます。

そのなかで汗が大量に出てしまうとどこか「クサイ」、どこか「べたべたしている」なんていうサラサラの汗が出にくくなることも。

まずは、肥満を改善してみてください。

そのなかで食生活の乱れを改善することになりますから、肥満を改善しながら汗を改善しやすくなります。

体内バランスの悪化

食生活の乱れ、そして運動不足、また精神的な負担を抱えたままで生活をしていると体内のバランスが崩れます。

というのは、私たちは安らいでいる時には副交感神経が優位になっていますよね。

だからこそ、もっと癒されたり休むことが出来るんです。

しかし、精神的な負担を感じている・ストレスを感じている・緊張状態にあるときには、交感神経が優位になってしまっているんです。

そういうときこそ、食事から取り入れた栄養素を使うことでカラダを守ってるのですが、既に汗の出る量がひどくなっている方というのは根本的に食生活が乱れているのでそれができません。

そうするとカラダのなかはどんどん悪くなるばかり。

運動でもしておけばそれがストレスの発散に繋がることもありえるのですが、それもしていない。

そんな悪い要素がたっぷり詰まっているからこそ、体内バランスが悪化してしまうんですよね。

体内バランスが悪化してしまうということは、体内循環が悪くなるということ。

やっぱり汗の質までも悪くなってしまうんですよね。

家族がワキガ

ワキガとは、ワキのニオイが通常よりも強烈になってしまう病気です。

家族にもしもワキガ体質の人がいたら、あなたも隠れワキガかもしれません。

また、ワキガ体質の人というのは、とにかく汗が出やすいんですよね。

そこに毛穴にある物質と混ざり合うことであの強烈なニオイを発してしまうのです。

発し”続けて”しまうんです。

また、ワキガの人というのは自分がワキガだと気づいていないことが多いんです。

ですから、もしも家族にワキガ体質の人がひとりでもいるようであれば、自分もワキガかもしれないと疑うようにしてください。

チェックの仕方としては、お風呂に入った後などにその日きていた洋服のにおいをかく方法がおすすめ。

他人にきくのもいいですが、クサイといわれたときのショックはひとたまりもありませんから、出来れば自分でチェックを済ませるようにしましょうね!

それにワキガは治療で直せますし、こまめに汗ふきシートなどでふき取ること、さらには食生活の改善によってにおわなくすることもできるのでたとえワキガだといっても、そんなに落ち込む必要はありません。

ケアをすればいいだけなんです!

脇汗をほうっておくと・・・?!

ワキ汗は誰でもかくものだから、そんなに気にしていないよ!

なんていう方もいるのではないでしょうか?また、拭いても吹いても湧き出てくるワキガにもうこりごりしていて、放置してしまっている。

体質なんだし、なおりっこない。

そんな風に思っているのは超キケン!
実は、ワキ汗を放っておくと他人からの印象がとても悪くなってしまうんです。

あなただって、朝の通勤電車のなかで汗だくだくの人が満員電車のなかで近くにいたらどう思うでしょうか?ちょっとイヤじゃありませんか。

いや、その濡れている肌を朝の清潔なからだにつけないで!なんて朝から嫌な気持ちを感じてしまって、その日1日ブルーになってしまうなんて方もいるのではないでしょうか。

そうなんです。

ワキ汗って汗をかいている人にも、それを見る人にとってもとても不快なものなんですよね。

それにワキ汗をずーっと放っておくと、ワキガになってしまうことも。

では、具体的にワキ汗をほうっておくとどうなってしまうのか?チェックしておきましょう。

もしも「ワキ汗なんてとまればラッキーくらいに思っている」なんて軽く受け止めている方には、必見です。

清潔感がないと思われる

まずは、清潔感がないとおもわれてしまいます。

さきほども例としてあげましたが、朝の満員電車のなかで汗びっしょりの人が近くにいたら、とっても不快な気持ちを感じてしまうはずです。

だって気持ち悪いからです。

汗をかきすぎてワイシャツにしみこんでいる他人の汗が自分につくだけでとっても気色悪いじゃないですか。

また、スポーツをした後などに汗をかいていると「爽快感」を感じさせてくれるものですが、いつでもどこでも汗をかいていると「この人は汗を拭く気持ちもないの?」「いつもなんか濡れてて気持ち悪い」なんて思われてしまうことがあるんです。

汗に悩んでいる人にとっては、拭いても吹いてもあふれてくるから仕方ないと思っているのですが、それを見ている第3者にとっては不快で仕方ないんですよね。

それにニオイを発していることもあるので、余計に清潔感がないなぁなんて思われがち。

モテない

モテる人はみんな清潔感があります。

人はきれいなものが大好きだからなんですね。

ですから、もしもあなたが「もてたい!」と考えているのであれば、その汗を改善する必要があります。

「汗をかいていて、どこか野性的でワイルドだろぉ~」なんて自分のアピールポイントにしてるかもしれませんが、そんなこと感じているのはあなただけです。

異性は、いつでも汗びっしょりでワキの部分には汗ジミができているし、そこだけでなく背中にもできているとちょっと引いています。

また、髪の毛にも汗がしたたっていることがありますよね。

それってちょっと気持ち悪いんです。

どんなに素敵な人であっても、他人の汗を共用することはできません。

特に気になる相手がとても清潔感のある方であれば、なおさらあなたも清潔感を保ち、汗をなくすほうがいいでしょう。

避けられる

汗びっしょりの人は、清潔感がないとお伝えしましたね。

満員電車でも出来ればそんな人の側には、誰も寄りたくありません。

なぜならば、暑苦しいし、それにくさいし、ベトベトしたその人の汗が体に付着するのがいやだからなんですよね。

汗に悩んでいるあなただって、そのように感じたことがあるのではないのでしょうか?

特に夏場の満員電車なんてサイアク!ちょっとでも汗ばんでいる人がいたら、その車両の列には並ばないなんて人も。

また、知り合いであっても汗びっしょりの人と一緒にいるとなぜだか自分までもそのような人と思われるような気がして近くによりたくないという人もいるんです。

要するに”避けられ”てしまうんですよね。

避けられるようになってしまったら、恋愛なんかできませんし、仕事や生活のイベントにも支障がでがち。