あなたは最近疲れやすくなっていませんか?常に疲れている、いつも眠いという状況なのでしたら要注意です。

疲労は溜めると良いことは一つもありません。

回復できる間に回復しなければどんどん疲労が溜まっていき、ついには病気になることだってあります。

また、人は疲労感を感じると、神経もナーバスになりやすいですし、どうしてもマイナス思考になってしまいます。

気が付くといつもため息ばかり。

そんなことでは、いつまでたっても元気に生活することはできません。

今回は、最近ちょっと疲れている、疲労がかなり溜まっていてどうにかしたいという方にお役立ちできるお話しをしてみましょう。

疲労を回復させるために自分でどんなことができるのでしょうか?

️最近、疲労が溜まってない?

最近、疲労が溜まっていませんか?毎日仕事や生活していると当然日々疲れる瞬間はありますよね。

その小さな疲れが溜まっていくと、取り返しのつかないことになる場合があります。

ですので、最近疲労が溜まっているな。

寝れば治るかななんて簡単に考えずに、もっと自分の体を大事にしてあげましょう。

自分で自分は疲れが溜まっていると思うと言うことは、結構重症です。

疲れているかどうかは、着の持ちようである部分もあるため、疲れていても気力で乗り切ってしまう人もいますよね。

もちろんそれもあまりよくないのですが、普段そんなに疲れに対して気が付かない人でも、「ちょっと最近やばいかも」と思っているのでしたら、かなり疲れていると言えるでしょう。

疲れは溜めると、それを分散させるのにはかなりの時間がかかります。

また、歳を取っていくと、疲れが取れる速度が断然遅くなってしまうのです。

️疲労を回復させるためにやりたい12個のこと


では、疲労を回復させるために、あなたにできることはなんでしょうか?もちろん、マッサージなどお金をかけて疲労を回復させる手立てはありますが、その前に、日々自宅で手軽にできる疲労回復方法がないか、調べてみました。

疲労回復の為にできることがいくつかありますが、あまりたくさんお伝えしても、迷ってしまって結局何もできないと言うのでは困りますので、ここでは疲労回復の手段として特にやっておきたい12個のことについてお伝えしたいと思います。

疲労回復のためにできること、結構いろいろあるんですよ。

「へぇ~こんなことが疲労回復になるのか」という新しい発見があるかもしれませんね。

何はともあれ睡眠

疲労回復の為にできる最善の方法はずばり「睡眠」です。

たんに寝るだけでなく、質の良い睡眠をとらなければ全く意味がありません。

例えば会社から帰って来て疲れてそのまま寝てしまうと言うような場合は、体がそのようにスイッチオフにすることを指令しているので、バタンキューな睡眠は体にとっては正解だと言えます。

ただし、やはり日頃から睡眠については良質な睡眠ができるよう心がけておかなくてはなりません。

若い頃は1日寝たら治るというようなことであっても、年齢を重ねるごとにいわゆる「寝だめ」はできなくなります。

休日や週末に思い切ってかなり睡眠を摂ったとしても、それが疲労回復に繋がるかどうかは別の話です。

毎晩きちんと規則正しい睡眠ができるように調整しましょう。

食事で栄養を摂る


疲労回復の一番の近道は何と言っても栄養を摂取することです。

人は生きるために食事をします。

ですので、疲労を回復するのも食事なのです。

もちろん食事の内容は重要です。

インスタントや栄養過多のものは避けて、栄養価の高いものを取るようにします。

なお、疲労の際は少々カロリーが高いものを食べても、全てエネルギーとして消費されるでしょうから大丈夫だと思います。

あなたが疲れていると感じる場合は、身体だけでなく脳も疲れていると予想されます。

脳の疲れには糖分が良いとされています。

普段あまり甘いものを食べない方でも、疲労回復のために、甘いものが嫌いでなければ少し口になさっても良いのではないでしょうか?もちろんきらいなのに甘いものを食べる必要はありません。

お風呂で温まる

疲労回復=お風呂とも言えるほど、ポピュラーな疲労回復方法です。

疲労回復の為にお風呂で温まる場合は、シャワーでさっと済ませるのでは意味がありません。

きちんと湯船につかって、じっくり身体を温めましょう。

あまり長時間入っているとのぼせてしまいますので、できれば出たり入ったりを繰り返すのが良いのですが、面倒な方は、身体の一部分だけ冷やしておけばのぼせずにすみますよ。

例えば洗面器に冷たい水を張っておいて、そこに手を入れておけば比較的のぼせないで長時間湯船につかっておくことができます。

また、お風呂に浸かる際には半身浴が良いでしょう。

さらに、水分を取りながらの方がベストです。

長風呂は注意しなければ危険な目に遭うこともあります。

気をつけましょう。

ストレッチをする

疲労するということは、身体の筋肉が疲れると言うことでもあります。

ですので、その疲れている筋肉をゆっくりと伸ばしてあげることで、筋肉疲労から回復することができます。

無理なストレッチはもちろん禁物ですが、ストレッチというよりも、使った筋肉をほぐしてあげる感じですね。

ストレッチと言っても、どんなものをすればいいのかわからないと思います。

検索すれば疲労回復のストレッチが動画でも紹介されていますので、それを見ながらやってみてください。

ただし、くれぐれも無理は禁物です。

ストレッチを行っている際に、痛いなと思ったらすぐに辞めましょう。

疲労回復のためのストレッチは本来、気持ちよくなるのが正解です。

痛いのはどこかに無理がかかっているということになります。

適度に運動をする

疲労回復と言うよりは、普段から疲労を溜めないことが重要です。

それには、毎日適度に運動することが大切です。

毎日適度に運動していれば、身体の回復も早くなってきます。

日頃あまり運動せずにだらだらしていると、いざ動いた時に疲労が倍になってのしかかって来てしまうのです。

毎日激しい運動をしたり、アスリート並みのトレーニングをしろというわけではありません。

あくまでも適度に身体を動かす程度で構いません。

それよりも、毎日続けることが大切です。

ラジオ体操を毎日するというだけでもずいぶん違います。

ランニングできる方は、軽いランニングを続けられると良いと思いますが、毎日の散歩・ウォーキングだけでも十分です。

日頃から疲労を溜めないからだ造りをしておきましょう。

マッサージに行く

少しお金はかかりますが、プロに癒してもらうことも良いでしょう。

疲労回復のツボなどもあり、自分でもケアは可能ではありますが、他人に触ってもらうことで効果が倍増します。

昔から手当という言葉があるように、人の手というのは科学では証明できないエネルギーを発することができるのです。

また、マッサージ師はプロですから、要望を伝えることができますよね。

身体全体が疲労しているのか、部分的に回復させたいのかで施術も変わってきます。

ですので、同じ疲労回復の為にマッサージをしてもらうのでも、どの部分を重点的にしてほしいのかきちんと伝えましょう。

ただし、マッサージは慣れない方がいくと、揉み返しといって余計に疲れてしまう場合もありますので、注意してくださいね。

サプリを飲む

疲労回復の為のサプリメントなども販売されていますよね。

また、栄養ドリンクなんかもサプリメントにあたります。

ただし、これらを飲んでも根本的な解決にはなりません。

またすぐに疲労が溜まってしまいます。

サプリメントや栄養ドリンクだけで疲労が回復してしまえばかえって怖いですよね。

でも、サプリメントはもともと何か行動を起こした際に、補助をしてくれるものです。

ダイエットのサプリメントも、それを飲めば痩せるのではなく、それを飲むことで痩せやすい身体を作る手伝いをしてくれるというもの。

ご本人がダイエットに対して何か行動を起こさなければ意味がありません。

疲労回復サプリメントにしたって同じことが言えます。

例えばぐっすり眠れるようになるサプリ、寝ている間に疲労回復を助けてくれる栄養ドリンクなどが挙げられます。

これらも、実際にご自身が「疲労回復したい」と強い気持ちを抱いて実行しなければ無駄な行為になってしまいます。

瞑想する

瞑想って何かご存知ですか?瞑想とは目を閉じて、静かに考えることを言います。

さらに、目の前の喧騒から離れて、ひたすら想いにふけるという意味もあります。

つまり、妄想する、別世界にいくというような意味でもあります。

瞑想と疲労回復は一見何の繋がりも無いように思えますが、瞑想は脳の働きを落ち着かせてくれます。

脳と身体は一体化していますので、脳のストレスを緩和することで、身体のさまざまな疲労部分が改善されるということもあるでしょう。

日頃から瞑想の癖をつけておき、心身ともにリラックスできる環境を自分で作りだすことはとても重要なことであるといえます。

 

アロマを焚く

アロマを焚くのも疲労回復の一つの手段です。

ただし、アロマを行うにはある程度専門的知識が無いと危険です。

アロマは色々な精油を混ぜて使うこともありますが、混ぜ合わせるのが危険なものももちろんあります。

アロマの知識は無いけど手軽にしたいという人は、必ず専門家に調合してもらったものをそのまま使うようにして下さい。

また、精油を直接手で触ると、そこから血管をつたって肝臓に到達します。

最悪の場合は肝不全になることもありますので扱いには十分注意なさって下さい。

疲労回復のためにアロマを焚いたのに、身体を壊してしまったなんて元も子もありませんから。

もし、アロマを焚くのがちょっと何かあったら怖いなと思われるようでしたら、アロマキャンドルはいかがですか?アロマを染み込ませたろうそくに火をともすだけで同じような効果が得られます。

自然に触れる

疲労回復するのに良いとされるのが、マイナスイオンを浴びることです。

それには、森林浴に行く、自然に触れるのが一番良いのではないでしょうか?自然の中でも、マイナスイオンを浴びるのには、滝がある場所に出向くのが良いでしょう。

また、大自然に触れることで、日頃の小さな悩みや人間関係の悩みなど、どうでもよくなるということもありますし、人は当たり前ですが生き物ですので、自然に触れることで本来の自分を取り戻すこともできます。

人は緑に触れることが大切であるとされています。

忙しくて大自然の中にでかけることはできないと言う場合は、近くの公園にいくだけでも違いますよ。

にんにく注射

疲れがピークに達して、どうにも動けなくなった場合よく医者で「ニンニク注射」をしてもらうといいと聞いたことはありませんか?実はこれ、ニンニクが成分の注射というわけではないんです。

世に言う、ニンニク注射は、注射の中にニンニクが含まれているわけではなく、ビタミンB1が鼻の粘膜に達したときに硫黄のような臭いがすることから、「ニンニク注射」の名前が付いたとされています。

さてこのニンニク注射、本当に効き目があるのでしょうか?実はこの注射が疲労回復に効くのかどうか正直なところわかっていないのが現状です。

「あまり効果は無いし、注射だけあって痛いので勧めない」というお医者様もいますし、「別に害は無い。気分的な問題なので、患者さんがそれで元気になると思いこんでいるなら、そういう意味での効果はあるので、やってあげる」など、医師によってもさまざまな意見があります。

病は気からというように、実際に効くかどうかというのではなく、注射してもらうことで「これで元気になれるはず」と本人が思っていれば良いようですね。

動物に癒やされる

疲労回復のポイントは、心の回復でもあります。

ですので、何かに癒されるのも効果的です。

例えば動物好きな方やペットを飼われている方は、ご自身のペットや動物の動画などで癒されますし、何よりの疲れ緩和となるでしょう。

また、人間の赤ちゃんに癒されるという人もいますよね。

対象は何でも良いのですが、とにかく疲れが溜まってきたら自分にとっての癒しを求めてそれに救われると言うのは非常に効果があるようですね。

いずれにせよ、身体の疲労を取るだけでは疲労回復にはなりません。

頭も体も疲れから解放されてやっと疲労回復できたと言えるのです。

️こんな症状には注意!疲労のサイン

他人に対して、「あの人最近疲れているな」と感じることができる人は多いと思います。

しかし、いざ自分の疲れとなると、倒れるまで気づかない、もしくは気付かないようにしているというケースが多いのではないでしょうか?人間には、何もしなくても睡眠をとるだけで多少の疲労は回復できる力を持っています。

しかし、それも追いつかないである日急に倒れてしまうということは、よほど疲れが溜まっていると言わざるを得ません。

これを「過労」と言います。

過労による死亡例は年々増えています。

疲れすぎて人生を終えてしまったなんてことがないように、日頃から疲れを溜めないことがもちろん重要です。

しかし、多忙のあまり自分の調子に気がつかない人が多いのも事実です。

では、疲労が溜まって危険な状態になると、身体にどんな異変が現れるのでしょうか?こんな症状には注意すべき!というような、疲労のサインを少しご紹介しましょう。

寝ても寝ても眠い

先程も申し上げましたが、人はある程度睡眠で疲労回復できるものなんですが、どれほど眠ってもすっきり目覚めない、昼間必ず眠たくなるというような症状が起これば要注意です。

寝ても寝ても眠いということは、きちんとした睡眠をとれていない、睡眠としての機能を果たしていない可能性があります。

自分ではよく寝ているつもりなのに、何故かいつも眠いと言う場合は、もともとの生活習慣を見直してみましょう。

何時に起床して、何時に食事を摂り、何時から何時まで仕事・家事などをこなし、何時に就寝するのか、一度自分自身でグラフに直してみるなど統計のようなものをとってみるのです。

すると、生活リズムが崩れていることに気付く場合があります。

もし覚えているようでしたら、きちんと睡眠をとれていた時代、つまり寝ても寝ても眠いということが無かった時期と比較してみて下さい。

不摂生が表に浮き出てくるかもしれません。

眠れない

人は疲れていると、自動的に身体が睡眠を求めるようにできています。

しかし、この疲労が回復できない状態、ピークに達してしまうと今度は眠れなくなります。

なぜ疲労が限界を超えると人は眠れなくなってしまうのでしょうか?それにはさまざまな原因があります。

まずは、精神的なものです。

疲れている場合は同時に悩みを抱えていることも多く、心因性のものでなかなか眠りに入れないということがありますよね。

無理に目をつむっても、やはり色々なことが気になって目覚めてしまう、寝ていても浅い眠りが続くというようなことがあります。

これはストレスが原因の可能性が高いです。

また、身体の疲れが原因であることももちろん考えられます。

例えば昼間かなり運動した、よく歩いたなど日頃運動に慣れていない人がある日突然ものすごい運動量を行った場合、身体の筋肉が興奮状態にあるままで、それが邪魔をして眠りを妨げるというのが原因です。

短時間で目が覚めてしまう

このストレス社会ですから、夜中熟睡できるという方は少ないのではないでしょうか?寝ても短時間で目覚めてしまったり、夜中いきなり目覚めてそこから眠れないという方も多いでしょう。

歳を重ねると余計にこういうことが起こって来るようです。

なお、昼間にどうしても眠くなってしまい仕事や作業に集中できないと言う場合は、思い切って寝ることが効果的です。

椅子に座ったまま、楽な姿勢をとり15分間だけ寝るのです。

そうすると意外と頭がすっきりして、その後の時間は効果的に作業ができるようになります。

夜中の睡眠中に短時間で目が覚めてしまう方も、全く眠れないよりはましですので、目が覚めてもすぐに眠れるように努力するなど、けっして目が覚めてもそのまま起きてしまうということがないようにしてくださいね。

ため息が出る

ため息をすると、「幸せが逃げる」と言う人もいますが、近年になってため息はストレス緩和の一つの方法であることがわかってきました。

つまり、ため息で悩みやストレスを外に吐き出すイメージをすることで、プラス思考になっていくという持論です。

ですので、ため息をしてはいけないとストレスを溜めてしまうのではなく、思い切りため息を吐いて身体の中の負のエネルギーを吐きだしてしまうのが得策だと言えるでしょう。

ただし、人は他人のため息を聞くとイライラすることもあります。

横であまりにも「はぁ~」とやる気の無いため息を吐かれれば「いったいなんなの?」と腹が立つこともありますよね。

ですから、社会人のマナーとして、ため息を吐くときは人が見ていない場所で行う、ため息ではなく深呼吸にきりかえるなどTPOをわきまえて行うのが基本です。

自分のストレスを解消するために他人に嫌な思いをさせないようにしましょう。

肩こり

人は疲労が溜まって来ると、肩コリや腰痛、眼精疲労に悩まされることが多いですが、直接命にかかわらないからといって、甘く見てはいけません。

特に肩こりは早めに解消した方がいいと思います。

肩にこりがあるということは、その部分に血液が溜まってしまって循環していないということです。

血液の滞りが悪くなりますと、血行が悪くなります。

肩は頭の近くの部分ですので、これが原因で頭痛を起こしてしまう可能性もあります。

肩こりは、酷くなると自分はなかなか解消することができません。

ですので、整骨院にいってほぐしてもらうか、マッサージをしてもらう、場合によっては鍼で治療をしてもらうなど、他人にお願いする方が早い場合があります。

その他は肩こりにならないように日頃から適度な運動をしていきましょう。

頭痛

頭痛には、心因性のものと何らかの身体の原因の不調の両方が考えられます。

心因性のものはその原因が取り除かれればわりとすぐに治ってしまいます。

しかし、身体の不調による頭痛はなかなか解消が難しいです。

痛みどめを飲めば緩和にはなりますが、根本的解決にはなりません。

薬が切れればまた痛くなります。

頭痛のための痛みどめは、比較的身体に優しいものが多いのですが、かといって常用すると今度は効かなくなってしまいます。

また薬には違いありませんので、長期にわたって飲み続けるのは危険です。

特に身体に原因が無い場合は心のケアが必要ですので、専門家に相談するようにしてください。

微熱

疲れが溜まってくると、微熱が出ることもあります。

しかし、ずっと微熱が続いている、なかなか下がらないということでしたら医師の診断を受けるようにしてください。

微熱が続くことは既になんらかの病気の症状が出始めている可能性もあります。

更年期障害などによる、身体のほてり、微熱なども考えられますね。

この場合も医師に相談することで完治することはないまでも、楽に過ごせるようなサプリメントを紹介してもらえたり、薬を処方してもらえたりしますので、相談して損は無いでしょう。

いずれにせよ、ちょっとでも自分でおかしいなと気づいたらそれは「サイン」なのです。

身体からの悲鳴をきちんと自分でキャッチしてあげてくださいね。

ずっと風邪気味

ずっと風邪気味というのも、本来ありえない現象です。

風邪は万病のもとという言葉を聞いたことはありませんか?風邪は病気なのですが、もっとも軽視される病気のひとつでもあります。

しかし、風邪が原因・発端で命を落とすことももちろんあります。

人間は風邪をひきますが、自分の免疫力で治します。

免疫力がしっかり働いている人は、傍に風邪のウイルスを持った人がいても、うつる可能性もは低いですが、弱っているところに風邪のウイルスが入り込むと厄介なことになる場合もあります。

風邪がずっと治らないということは免疫能力が低下していることになりますので、早めの養生が必要です。

肌の調子が悪くなる

疲れてくると特に女性はすぐに気が付くと思いますが、肌の調子が悪くなり、化粧のノリが悪くなります。

ご自身でも「今、肌がぼろぼろ」と思うことがあるかもしれません。

ではなぜ疲労が溜まると肌の調子が悪くなるのでしょうか?

実は、肌に密接に関係している臓器があります。

それは腸です。

腸の調子が悪いと肌にすぐに影響が出ます。

ここで仕組みをお伝えすることは割愛しますが、簡単に言えば腸の調子を整えると肌もきれいになるということです。

便秘になると肌の調子も悪くなるなんていいますよね?

ですので、最近疲れて肌に影響が出て来たなと思ったら、まずは腸を整えることをしてみましょう。

いわゆる流行りの腸活です。

ビフィズス菌を多く含む食品を積極的に食べるようにしましょう。

クマができる

目の下にクマができるというのは、貧血状態でもあります。

要するに血の循環が悪いということです。

これも身体からの重要なサインですので、十分に注意しましょう。

血の循環が悪い上に血液量が低下しているとも言えますので、良質な血を身体の中で作りだす機能を活性化させる、血を増やすということをしていくと良いでしょう。

鉄材サプリメントを飲むのも良いですし、鉄分が多く含まれている食材を積極的に摂るようにしてください。

お化粧などでは隠しきれませんし、解決にはなりません。

口内炎ができる

口内炎ができるのも疲労の証です。

口内炎ができる原因もさまざまですが、口の中を噛んでしまってそこが口内炎になってしまう、胃腸の調子が悪いサインであるなどです。

イライラしやすくなる

わけもなくイライラしてしまうのも、疲労が原因であることがあります。

落ち着ける環境が整っていないので、イライラは更に悪化してしまいます。

このイライラしやすいことについてもきちんと対処できなければ、疲労回復には繋がりません。

集中力が低下する

疲労困憊になると、当然集中力は低下してきます。

集中しているつもりでも、何故か違うことに目がいってしまったり、違うことを始めてしまったりしてしまいます。

落ち着きなくうろうろしてしまうこともあるでしょう。

また、サラリーマンの多くはパソコンを使って仕事をすることが大半だと思いますが、画面をじっと見つめながら何時間も座って仕事をすることは普通は無理です。

人の集中力は45分が限度と言われています。

ですので、できれば45分ごとにちょっと席を離れる、休憩とまではいかないまでも、パソコンから目をそらしてみる、座席でできるストレッチをするなど、工夫してみましょう。

このように、45分ごとに少し気分を変えるだけで、逆に仕事に集中することができるようになります。

気分を変えると言うことは人にとってとても大切なことなのです。

️疲労はこまめに回復させよう!

疲労を溜めないように日頃の生活を心がけることが重要です。

疲労はこまめに回復させていきましょう。

疲労回復させるためにできることをお伝えしてきましたが、他にもあなた自身で疲労回復方法、疲労を溜めない方法を見つけ出してみて下さい。

一番良いのは好きなものに囲まれていること、好きなことを思い切りできる環境を作っておくことです。

例えそれが毎日できなくても、「これがあるから頑張れる」というものを自覚しておくのです。

健全な身体にしか健全な魂は宿らないとも言われています。

身体と心のバランスをしっかり保って、疲れの無い人生を目指しましょう!