何もしていないのに、「なぜか疲れている…」今回は、疲れの原因について詳しく調べていきたいと思います。

あなたは、普段無意識に体を疲れさせていませんか?

意識している部分では自分でも治す事は出来るかもしれませんが、

癖や無意識に体を疲れさせてしまっていては、そのサイクルからも抜け出すのは大変かもしれません。

今回は、まず自分の体をいたわる事と、疲れの原因について詳しく調べていきましょう。

当てはまる項目は、改善が必要と思われますので、早めの治療や病院の専門医に受診される事をお勧めします。

こんな疲れ、ありませんか?

寝ても寝ても眠たい。

なんとなく体がしんどい…朝、なかなか起きられない。

はたまた、夜中に目が覚めて眠りが浅い。

など、症状は人により様々なケースがあります。

まずは、自分がどのパターンの疲れなのかを把握する必要があります。

また、具体的に分からなければ紙にメモ程度でよろしいので、どのような疲れがあると感じるのか具体的に書き出してみるのもいいでしょう。

それにより、普段無意識に体を疲れさせてしまっている原因もわかるかもしれません。

まずは、体と心の健康を同時に改善していく事が大切です。

出来ることから一つずつ、コツコツ始めてみてはいかがでしょうか。

不思議な疲れ

原因不明な「疲れ」。

自分では思い当たる節が無いのが怖いですよね。

しかし、必ず何処かに原因はあるはずです。

今一度、生活の乱れがないかを調べると共に、仕事面でも見直しが必要になってくるかもしれません。

まずは、「生活の乱れ」である衣・食・住を見直してみましょう。

睡眠はきちんと取れていますか?睡眠不足は、イライラの原因にもなりますし判断も鈍くなってしまいます。

また、偏った食生活や、不規則な食生活になってはいませんか?

偏食や不規則な食生活は内臓の働きが不規則で休まらなかったり、内臓が調子悪ければ肌荒れや便秘などの原因にもなりかねません。

更に、服装は自分のサイズに似合った服装ですか?

極度に締め付けのある服装は血行不進にもなりますので、締め付けのある長時間の服を着るのはオススメできません。

どうでしょうか。

心当たりはありますか?

なんとなく身体がだるい

なんとなく身体がだるいのであれば、まずは先ほどあげました生活の乱れを確認するとともに、

生活の乱れ以外に仕事などで残業が続いていないか、気を遣いすぎていないか、他人の顔色ばかりきにしてしまってはいかいか、よく考えてみましょう。

まずは、「他人からどのように思われているのか」と、考えてしまうようであればあなたはきっと、真面目な方なのでしょう。

そのように、他人ばかりを優先させてしまい、自分が苦しくなっていても後回しにしてしまっているのかもしれません。

時々、あなた自身を甘やかしてみてもいいのかもしれません。

確かに、職業柄、営業をしている為、付き合いは外せない、売り上げに繋がる…確かに、そうかもしれません。

しかし、あなたの身体が一番大切です。

身体が健康でなければ仕事もできません。

会社はあなたの一生を面倒みてくれるわけではありません。

自分の身体が正直に「疲れた」とサインを出した時には、しっかり休息をとりましょう。

なぜかやる気が起きない

「何をやっても、最近楽しくない」と感じているなら、少し心が風邪気味なのかもしれません。

そのような症状の時は、なぜかやる気も出ないので、今の現状から少し離れてみることをオススメします。

現実逃避をしてみてもいいですし、マンガや映画、ゲームなどに思いっきりのめり込んでみてもいいと思います。

何かを感じる事で、少しでも現実から離れられる状況を作りましょう。

など何かに集中したり、現実から少し離れる事で気持ちにも余裕が出てくるようになるかもしれません。

時間のかかるジグソーパズルや謎解きロジック、クロスワードや大人の塗り絵なども、趣味として高額な金額もかからず、手軽に始められるかもしれません。

病気なわけではない

熱があったり、風邪のような症状ではないが、なぜかだるい。

こちらも、先程同様、心が少し風邪気味かもしれません。

まずは、現実から離れる事を最優先に考えましょう。

身体が「えらい」「だるい」と感じる場合、ストレスにより呼吸が浅くなっていたり、呼吸が乱れていたりする場合があらります。

このような場合は、脳に酸素が足りていない状態かもしれません。

このような場合、腹式呼吸や大きく鼻から息を吸い、口から吐くような呼吸法を何度か繰り返し実践しましょう。

そうする事で、脳に酸素が行き渡り身体のだるさや、疲労回復に繋がる可能性がありますので、ぜひお試し下さい。

食欲はちゃんとあるのに・・・

食欲がきちんとあるのであれば、問題はありません。

しかし、「暴飲暴食」をしているのであれば、それは却ってストレスが原因であったり、体調不良や心が風邪気味のケースがほとんどです。

まずは、きちんとした規則正しい食生活が出来ているのか、チェックと改善をして行きましょう。

また、食生活が安定しているのであれば、他に原因が考えられます。

睡眠不足や人間関係に悩んでいるなど、他に原因がないかチェックしておきましょう。

もし、心あたりがあるのであれば、適切にアプローチをしていく事が大切です。

そのままにしておかない、ほったらかしが一番危険です。

疲労がたまっている?

今までの疲労が、ずっと溜まってしまっていると感じる場合、熱や風邪ではなくともリフレッシュ休暇を取りましょう。

会社や上司、同僚に「サボりか?」なんて思われる!なんて事はひとまず置いておいて、心と身体の疲れを取りましょう。

温泉や旅行へ行く事ばかりが疲れを取る事にはなりません。

却って旅行や温泉へ行く事で、お金もかかりますし、遠く知らない町へ行き、疲れてしまうなんて事もあるかもしれません。

もちろん、旅行や温泉が癒されるのであればそれでも構いませんが、

以前から気になっていた映画を観に行ったり、美味しい料理店へ行ったり、思いっきり好きなだけ寝てみてもいいかもしれません。

どのようなカタチでも、自分が「癒される」と感じられる事が大切です。

自分なりの癒し方を見つけてみましょう。

忙しすぎると寝ても疲れが取れない

今日は、後輩の指導。

明日は大事な会議のプレゼン、明後日は他県へ営業出張…

何て、毎日分刻みのスケジュールや気が抜けない毎日を過ごしている方であれば、プレッシャーや緊張感が続いてしまい、

夜も夜な夜なプレゼンや会議の事などを考えてしまい眠りが浅くなってしまったり、夜中に何度か起きてしまうような事は続いていませんか?

それは、おそらく脳が興奮した状態のまま眠りに入ろうとしているため、思うように身体が休む事が出来なかったり、脳が起きてしまっている状態にあるのかもしれません。

きっちり割り切る事が出来る方なら、夜もぐっすり眠る事は可能かもしれませんが、

真面目な方で「失敗は出来ない」といつまでも悩んでしまったり、自信がなく悩んでしまったり…

そのような場合、思考回路に考えてしまう癖がついてしまっているので、上手く切り替えが出来るように練習をしていきましょう。

例えば、寝る前に明日の事を考えてしまうなら、「あ。

今仕事の事を考えている」と気付いた時点で考えるのをやめる。

それを繰り返す事で、思考回路を変えるというやり方です。

一度、試してみてはいかがでしょうか?

自分の好きなことをやってみよう

自分の好きな事を思う存分楽しんで、夢中になる。

これが大切です。

自分の今までやってみたかった事や、最近趣味から遠ざかってしまっていた方なら、また趣味を出来る時間を確保する。

多忙な方こそ、自分の時間がありませんので、確保しないと難しい方も多いかと思います。

休みの日は、家族サービスをしたりして、結局疲れが取れないなんて方も、月に一度でもいいので、自分の時間を確保してみて下さい。

自分の心も身体もリフレッシュが出来なければ、家族サービスもできません。

一度、家族に相談してみて、可能な限り自分の時間を確保できるよう、試みて下さい。

何かに夢中になっている時は、嫌な事も全て忘れていますので、「疲れた」と感じている方には、自分の好きな事をしている時間が疲れを忘れる時間になるかもしれません。

一度お試ししてみて下さいね。

ひょっとすると、うつかも

「もしかして、うつ病?」と、感じているならまずは専門医に相談することをオススメします。

まだ、自覚してうつ病と感じているなら、うつ病も浅いのかもしれません。

うつ病になられる方の多くは、自覚症状がほとんど無くやる気もほとんどありません。

このような状況になってしまっては、なかなか「うつ病」と向き合っていくのは大変です。

まずは、少しでもうつ病の可能があるのなら、早めの受診をオススメします。

先に先に伸ばしてしまえばしまう程、行く気持ちが薄れたり、「ま、どうせまた治るからいいだろう」なんて、思っていてもなかなか行く機会ができません。

忙しいを理由にしてしまえば、いつまで経ってもうつ病状態から解放されないかもしれません。

きちんと予定を立てて受診予約を入れてもらうといいかもしれません。

心が疲れてしまっている

心も、体も疲れきってしまっている状態も、「うつ病の一歩手前」という可能性があります。

こちらも、早めの受診が必要かもしれません。

しかし、場合によっては回復するケースもございます。

まずは、しっかり「心が疲れている原因」と向き合いましょう。

まずは、あなた自身の心を癒す事を中心に行います。

まず、仕事や家族の事、または恋人の事などで悩んでいるのであれば、それはひとまず考えなうようにしましょう。

色んな事を沢山考える方は、とても心が繊細で傷つきやすい方が多いのです。

いわゆる真面目な方が多いのです。

人に厳しくなっている分、自分にも厳しい方も多いので、難しい事や自分が憶測で考えている事は一旦考えを止めましょう。

そして、考えてしまった時はそこで思考停止して下さい。

「考えてしまう癖を止める」このように考えて訓練していけば、心が疲れきってしまう事を防ぐことが出来るかもしれません。

最近あった嫌なことを引きずっている

なかなか嫌なことを忘れられないのであれば、あなたの心が弱いせいではありません。

確かに、人から嫌な態度を取られたり、嫌な事を言われれば、どんなに強い人でも傷ついたり、悲しい気持ちになるのは当たり前ですよね。