社会に出れば楽しいことばかりが起こる訳ではありません。

時には辛い状況になる事もあるでしょう。

そんな時、もし頼りになる上司が自分の周りに居てくれたらどうでしょうか。

それだけで、救われた思いになる事があるかもしれません。

社会で働くと行く事は様々な人と関わっていくという事になります。

その中には、自分と合わない人もいる事でしょう。

意見が合わず、喧嘩になる事もあるかもしれません。

そんな事が続けばそれがストレスになってしまう事だって充分に考えられるのです。

しかし、一方そんな中に一人でも分かってくれる人が居たらどうでしょうか?孤独になるのでは無く、その人が居てくれるだけで考え方を前向きにする事が出来るかもしれないのです。

人間、どんな状況になったとしても誰か一人でも分かってくれる人が居てくれるだけで頑張る事が出来るものです。

その人が橋渡しをした結果、合わないと思って居た人ともなんとかやって行ける事もあるかもしれません。

味方になってくれる人は、どんな人であっても構いません。

ですが、会社の中で考えるのであれば上司が見方になってくれる事によってより多くの部分が救われる事があるかもしれません。

自分のやり方を否定するんでは無く、きちんと評価してくれる人が居てくれる。

それだけで辛い仕事にも向かって行く事が出来るようになるからです。

今の社会は、昔に比べてとにかくストレスが多いと言われています。

だからこそ、上司に対する期待は高く多くの人が『こんな上司がいてくれたら』と考えて居る物です。

その為、上司となる人は部下からの信頼を勝ち取る為にも多くの努力をしなければならないのかもしれません。

そこで今回は、理想の上司になる為のポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

多くの部下に信頼される上司になる事が出来れば、お互い気持ちよく仕事をこなす事が出来るようになります。

その結果、会社としての結果を出す事が出来皆が気持ちよく仕事に向かう事が出来る事もあるでしょう。

良い上司になる事で、損をする人は誰も居ません。

多くの人の希望を叶える為にも前向きな気持ちをもって行動して行きましょう。

理想とする上司になれていますか?

あなたは今どんな立場でしょうか?下に部下がいる人は、間違いなく上司になるのでしょう。

ですが、それ以外にも例え立場は同じだとしても後から入社した人が自分の周りに居るのであればそれは『後輩』と言うものになり、自分は先輩となります。

先輩・後輩は上司と部下という関係とは少し違うかもしれませんが、それでも似たような関係性はあるのでは無いでしょうか。

その為、入社して間もない方には『部下』と呼べるような相手はいないかもしれませんが、それ以外の場合には誰かしら思い当たる人が居るのでは無いでしょうか。

自分が上に立つと言う事は、その人を教育する義務があります。

あなたの教えたかによって、その人の今後の仕事ぶりが大きく変わる事もあるかもしれないのです。

その為、自分の仕事をきちんとこなす事はとても需要なポイントですが、それ以上に後輩や部下を育てるという事はとても重要な役割となるのです。

後輩や部下を育てる事は、自分が仕事を頑張る以上に大変な事の連続です。

自分が出来るかったと言って、同じ事を後輩や部下が出来るとは限りません。

相手の力量に合わせて様々な指導をして行かなければならないのです。

それは、時にストレスとなりつい大きな声をだしてしまう事もあるかもしれません。

ですが、大声をだしたからと言って、仕事を出来るようになる事はありません。

むしろ萎縮してしまい、より多くのミスを出してしまう事もあるでしょう。

良い上司になる為には、まずは忍耐を覚えることが重要です。

相手の立場に立って、物事を考えるのです。

そうする事によって、頭ごなしに怒鳴るような事は無くなる事でしょう。

ですが、だからと言って、全く怒らない事が正しい事だとは言えません。

何も言わない上司は、単に楽な上司であり良い上司では無いからです。

その為、臨機応変に意見をきちんと伝えることが重要なのです。

上司になると言う事は、本来ただ仕事が出来れば良いと言う事ではありません。

人の事をよく見て
、相手の気持ちに寄り添う事が出来るかどうかが重要なポイントとなるのです。

その為、私たちは、相手の事を見る力を養って行かなければならないのです。

歴代の理想の上司とは?


最近では、毎年『理想の上司ランキング』と言うものが発表されています。

対象となるのは、メディアの中で活躍している人々であり、世の中の人はその人たちのイメージを考えて投票を行って居る用です。

その中には、ドラマなどのイメージによって上位に来ている場合も多々あり、毎年様々な人がランクインしています。

勿論、現実とメディアの世界では大きな差があります。

誰もが、テレビの中のヒーローのようにカッコよく活躍したいと考えていたとしても、現実的に考えれば様々なしがらみのせいで上手くでき無い事だってあるでしょう。

理想だけで生活する事は出来ず、多くの人がその部分と葛藤師ながら日々の生活をしているのです。

だからこそ、そんなしがらみに全く囚われず、自分の気持ちだけで活躍する事の出来る人々に共感を持つのかもしれません。

どんな社会にも、理想と現実はあり物です。

理想ばかりを追い続けて入れば、現実の社会で潰れてしまう事もあるかもしれません。

ですが、余りにも現実しか見ない生活も少し寂しく感じる物でしょう。

現実と理想のはざまで、様々な選択をしながら生活をして行く。

そんなことが私たちには必要な事なのかもしれません。

理想の上司になる条件10個

何をもって理想の上司と言えるのかは人によって違うでしょう。

その意見は、立場によっても違い、管理者の立場から見る理想の上司としたの立場から見る上司ともまた違います。

どちらが正しいと言う事は無く、どちらの意見も正しいのです。

その為『上司』になる人は自分はどんな上司になりたいかを考え、それに従い行動して行く事が重要です。

誰しも、最初は理想に溢れやる気に満ちた状態で仕事をスタートする事でしょう。

しかしながら、いつの間にか目先の事に追われ、ついつい自分の理想とする場所を見失ってしまっている事もあるかもしれません。

自分ばかり頑張っているつもりでも、いつの間にか周りに誰もいないと言う事もあるかもしれないのです。

そうなってしまう前に、もう一度自分自身を振り返ってみてはいかがでしょうか。

自分が理想とする上司になる事は出来て居ますか?人によって目指している事は違うかもしれませんが、少なくとも自分が納得する姿になる事が出来て居るかどうかは大事な判断基準でしょう。

何が理想だったかも分らなくなってしまった方は、これからご紹介する条件をもう一度しっかり見る事によって自分の気持ちを思い出す事が出来るかもしれません。

責任感がある


上司の大事な仕事の一つに、仕事に対して責任を持つと言う事があります。

例え、部下の失敗だったしてもそれをカバーし、守るだけの力が必要なのです。

その為、上司になる人は自分自身で仕事をバリバリとこなすというよりは、部下の仕事ぶりを観察し統括する事が重要な仕事となるのです。

その為、自分自身は勿論部下の行っている仕事に対しても責任感を持つ事はとても重要な事です。

もし何か大きなミスをしてしまったとしても、その時上司に当る人が一緒に謝罪をしてくれたりフォローをしてくれる事によって、仕事に対する気持ちを持ち続けることが出来るでしょう。

ミスをする事は良い事ではありません。

ですが、完璧な人間などこの世にはいないのです。

時には、ミスが出てしまうことだってあるのです。

その時、上司が自分に対してどのような行動を取ってくれたかどうかによって、今後の信頼関係は大きく変わって行く事でしょう。

上司になる方は、例えどんなミスが発生したとしても見放す事は行けません。

まずはしっかりと原因を究明し、その後どうしたら良いのかを一緒に考える事が必要でしょう。

思いやりと気遣い

上司となる人は、部下と同じ仕事をしていればそれでいいと言う事はありません。

むしろ、その他の仕事をしなかったとしても、その部署が円滑にまわるように統括する事が最大の仕事であり、自分仕事をするのでは無く、多くの人の様子を見て社内を円滑に回す事が重要なポイントなのです。

その為には、周りの人の事を良く見て行動する為の思いやりと気遣いが必要となります。

思いやりと気遣いは、上司という立場に立っていなかったとしても多くの方が必要とするスキルの一つです。

その為、どんな人でも持っているべき物です。

ですが、これらかはそう簡単に出来るようになる物ではありませ。

相手の様子をきちんと見て、何を求めて居るのか・何をして欲しいのか。

それを考え、行動する為には自分自身にも多くの経験が必要となりそれを得る為にはとても多くの時間が必要となるからです。

思いやりと気遣いが出来るようになるには、子供の頃からの練習が必要となるのかもしれません。

その為、今子育てをしている方はその気持ちを子供に伝える事も重要なポイントと言える事でしょう。

また、今既に上司という立場になってしまっている人はとにかく周りの人の事を良く見るようにしましょう。

そうする事によって、少しづつでも相手の気持ちを読み取る事が出来るようになるかもしれません。

思いやりがあり気遣いの出来る上司は、ついつい優しいだけの人になりがちです。

ですが、仕事をする為には、時には厳しさも必要なのです。

その見極めをする事は難しい事ですが、相手の気持ちを考えて行動する事が出来て居れば相手にもその気持ちが伝わるようになることでしょう。

すぐにお互いの事を分かり合う事ができなかったとしても、互いの気持ちを考え行動する事を止めなければ必ず分かり合う時がやってきます。

その為にも、まずは前向きに部下と関わって行く事をお勧めします。

感情的にならない

人間いつもいつも笑顔でいる事は出来ません。

時には怒りが爆発して、自分の感情をコントロールする事が出来なくなってしまう事もあるかもしれません。

その怒りを自分の心の中に留めて置くことが出来ない場合には、つい人に八つ当たりをしてしまう事もあるかもしれません。

ですが、勿論それは良い事とは言えないでしょう。

いつでも笑顔でいる事が出来ない事は当たり前かもしれません。

人間には色々な感情があり、その感情があるからこそ、人間は人間らしく居る事が出来るのです。

ですが、その感情を素直に表現する方法を待ちあえると相手に嫌な印象を与えてしまう事もあるでしょう。

もし、自分の上司が自分のその日の気分に合わせて意見がコロコロ変わって居たらどうでしょうか。

この間良かった出来事が、今日になったらダメになっているかもしれません。

常に意見が変わってしまうと、部下や後輩はどこに合わせて仕事をしたら良いのか分らなくなってしまうでしょう。

更には、その理不尽な態度に嫌気が指し、話を聞く事すらしなくなてしまう事もあるかもしれません。

例え、怒らなければ行けない理由があったっとしても感情的に怒ってしまうと相手に自分が伝えたい本当の気持ちを伝えることが出来なくなってしまいます。

そればかりか、お互いの間に壁が出来てしまい上手くコミュニケーションを取る事が出来なくなってしまう場合もあるでしょう。

その為、円滑な人間関係を作って行く為にも自分の感情をコントロールする事は大事な事です。

自分の気持ちのままに怒りをぶちまける事は簡単な事なのかもしれません。

ですが、それをいつまでも繰り返していては何の成長も無いままに過ごして行く事になってしまうでしょう。

そうならない為にも、自分の気持ちをしっかりとコントロールし、部下や後輩だけでは無く様々な人から好かれる人になる努力を続けて行きましょう。

怒鳴らない

社会に出れば様々な人間がいます。

その中には、自分には全く合わないと感じる人もいるかもしれません。

特に。

部下や後輩の場合は年下の場合が殆どです。

そうなった場合、世代間のギャップなどと言うものもあり、お互いの気持ちを、理解する事は難しい部分もある事でしょう。

そのせいで、お互いの気持ちが行き違い、いざこざに繋がる事だってあるかもしれません。

そのせいで、時には言い合いになってしまう事もあるでしょう。

同じ立場の人であればそれもまた良いかもしれません。

お互いの意見を伝え合う事によって、切磋琢磨して行く事が出来るでしょう。

ですが、そこに上下関係がある場合は、必ずしもその言い合いが良いとは限りません。

上司の人が、自分が思ったままの言葉を口に出したとしても部下や後輩は、それに対して本気で言い返す事は出来ません。

必ず、受け身の形になってしまいます。

そのため、それは言い合いにはならず一方的な意見の押し付けになってしまうのです。

また、自分の意見を主張する先につい声が大きくなったしまう事もあります。

それが人によっては怒鳴られたと感じる事もあるでしょう。

自分の意見を否定してくるだけでなく、怒鳴ってくる人の事を誰が信頼する事が出来るでしょうか。

例え、上司の言い分が間違っていなかったとしても怒鳴ってしまった時点でそれは上司の方の落ち度であり、相手に気持ちは伝わらないでしょう。

自分の気持ちをしっかりと相手に伝えたいと思うのであれば、まずは冷静に話をする事が大切です。

そうすれば、相手もきちんと話を聞いてくれるでしょう。

そこに感情をぶつけてしまえば相手もまた感情をんじゃぶつけてしまい、話し合うことすらできなくなる可能性もあります。

良い上司とは、自分感情に振り回される事なく冷静な判断をする事が出来る人の事を指すのでしょう。

好き嫌いで判断しない

人間、必ず好みというものがあります。

それは、異性などとは関係なく人間同士の好みの話になります。

その為、例え他の人にどんなにアドバイスをされたとしても、嫌いな人は嫌いなままの事もあるでしょう。

子供の頃は、誰とでも仲良くしなさいと教えられてきました。

ですが、大人になれば誰でもかれでも仲良くする必要はありません。

もちろん、あからさまに敵意を向ける必要はありませんが、必要以上に関わる必要はなく、自分が選んだ人とだけ関わりを持っていけば良いのです。

そう考えれば、大人になった事によって自由が増えたとも言えるでしょう。

社会に出れば色々な人がいます。

時には、自分の常識では全く理解できない人もいる事でしょう。

そんな人達全員と交流を持つ事は、素晴らしい事ですがそんな事をしていては心がいくつあって足りません。

だからこそ、区切りをつける事も大事なのです。

ですが、人の上に立つべき人はそうは行きません。

みんな平等に接せなければならないのです。

もし、部下や後輩に好き嫌いが出来てしまうと接し方が大きく変わるかもしれません。

贔屓される方は何とも思わないでしょうが、反対に嫌われている人にとっては死活問題です。

同じ失敗をしても、好き嫌いで評価が分かれてしまうのであれば段々とやる気もなくなって行く事でしょう。

人間ですから、好みが分かれることは仕方の無い事です。

ですが、その気持ちを外に出してはいけません。

自分の中にしっかりととどめておく事でわ無駄な争いを起こすきっかけを減らしていきます。

より素晴らしい職場にして行くためには、良い職場環境を作る事も大切なポイントです。

その一端をになっているのが、上司だと言う事を忘れてはいけません。

聞き上手

男性の中にも、自分の話をしっかりと聞いて欲しいと思っている方は大勢居るかもしれません。

ですが、それよりもさらに女性の場合には自分の気持ちを聞いて欲しいと言う気持ちを強く持っています。

ストレスを感じたり、何か腑に落ちない事を見つけるとそれを解決する事にとにかく自分の気持ちを口に出して伝えると言う事をします。

それによって、自分の感情をコントロールしているのかもしれません。

他人に対して、自分の気持ちを話すと言う事は気持ちを整理する事にも繋がります。

自分が話している内容を自分で聞く事によって自分自身の頭の中をスッキリさせることが出来るのでしょう。

だからこそ、女性はとにかく話をしたがります。

ですが、忙しい時などなかなか真面目に話を聞く事が出来ない場合もあるかもしれません。

時にはそんな時があっても仕方の無い事ですが、いつもいつも部下からの訴えに対して適当に話をしているといつの間にか話をされる事が無くなります。

話をしてこないと言う事は、不満が無くなったと言う事ではありません。

不満のターゲットにあなたの対応も加わったっと言う事なのです。

その為、話を聞いてくれないあなたに対して不満や不信感をっ持つ様になってしまう事でしょう。

上司の仕事は、自分自身がバリバリ仕事をする事ではありません。

いかに多くの人材を効率的に動かすかと言う事にかかっており、言わばマネージャーのような存在です。

その為、各々の意見を聞く事はとても重要な事になります。

不満を抱えたままの人を放置しておくと、そこから派生して様々な文句が出て来る場合があります。

はじめは些細な出来事だったのにも関わらず、いつの間にか社内を揺るがすような大きな出来事になってしまって居る事もあるかもしれません。

その為、上司になる方は、きちんと話を聞いてあげる事を心がけましょう。

聞き上手な上司が居てくれる事で、日頃の不満を自分の中に溜めてしまう事が無くなります。

そうする事によって、会社や仕事に対するストレスを少しでも軽減させることが出来るかもしれません。

ただ話を聞くだけなので、その改善を100%行う事が出来るとは言い切れません。

中にはストレスを発散する事が出来ず、ストレスによって体を壊してしまう事だってあるかもしれません。

ですが、何もしないまま居る事と比べれば、確実にいい方法だと言えるのでは無いでしょうか。

人間、誰か悲しを来てくれ親身になってくれるだけで頑張ろうと思う事が出来る物です。

自分の力出はどうする事も出来ない事も、多くの意見を聞く事によって改善方法を見つけることが出来るかもしれません。

そのポイントをしっかりと押さえ、真剣に相手の話を聞くようにしていきましょう。

【聞き上手な人については、こちらの記事もチェック!】

相談事がないか頻繁に聞いてくる

相談事をきいてくると言う事は、それだけ相手に対して関心を持っていると言う事の現れなのでしょう。

最近の会社では、若い人を育てると言う事をしなくなりました。

その為、仕事ができない人はふるいにかけられて落とされていってしまうのでしょう。

ですが、それは将来の日本を考えても決して良い事出は無いでしょう。

日本国全ての仕事のレベルをあげていく為にも、土台をしっかりと固めることは大事なポイントです。

部下や後輩に対して、興味をもたない事は簡単な事です。

お互い独立した存在と言う事で各々ここで仕事に邁進擦れば良いのかもしれません。

ですが、多くの仕事の場合チームワークで行われています。

その為、単独プレーばかりしている人が集まったとしても決していい仕事をする事は出来ません。

互いが互いの仕事に対して興味を持ち支え合っていく事によって素晴らしい環境を作って行く事が出来るのでしょう。

その為にも、まずは上司の方は部下や後輩の精神状態をしっかりと把握してフォローするべき所はフォローしていくようにしていきましょう。

何もない時に、相談事を聞かれる事に対してめんどくさいと感じてしまう事もあるかもしれません。

ですが、本当に困っている時こそなかなか自分からは言い出しにくく感じる部分もある事でしょうその為、頻繁に気持ちを聞かれる事によっていざという時に自分の気持ちを伝えることが出来やすくなっている事でしょう。

だからこそ、大事な話をする事も出来るのかもしれません。

相手に対して思っている事は、口に出して言わなければ伝わりません。

あなたがもし本当に部下や後輩の事を思っているのであればその気持ちをしっかりと伝えて行きましょう。

どんな相手からでも、自分の事を考え行動してくれる人が傍に居ると言う事はそれだけでも十分幸せな事です。

その関係性をしっかりと築いて行く為にも、時にめんどくさいと感じつつも毎日の声掛けはとても大事な行為と言えるでしょう。

日々続けていきことによって相談しやすい環境を作っていく事が出来るようになっております。

言動に一貫性がある

会社の大きさによってもまちまちですが、大企業ともなれば社長と全く話をした事が無いと言う事も珍しい事ではありません。

その為、実際は違う者のつい自分の上司が一番偉いような気持ちになってしまいます。

ですから、そういった目で見られる上司の方はつい。

調子に乗ってしまう事もあるでしょう。

自慢するだけなら誰でも行う事が出来ますが、相手の思っている事を考え部署を円滑に動くよに言葉をかけたり行動する事はとても大事なポイントだと言えるでしょう。

それをする事によって、日頃からコミュニケーションを取りやすい環境を整えることが出来ます。

また、部下や後輩に尊敬される事は重要なポイントです。

例え、もめ事が発生してしまった場合でも、お互いに信頼関係がしっかりと出来て居ればそこから関係が大きく崩れることがありません。

また、上司がきちんと自分の気持ちを受け止めてくれているかによって、気持ちにも大きな原価が出てくる事でしょう。

だからこそ、きちんと話をする事は大事なポイントなのです。

その中で自分の意見を明確にし、物事の方向性を示す事も需要なポイントです。

一度話した事に対して意見がドンドン変わって来るような事があれば、たちまし信頼は低下しててしまいます。

信頼を勝ち取る事は難しい事ですが。

その信用を無くしてしまう事もあっという間の出来事なのです。

だからこそ、上司になる方々は自分の中の気持ちをしっかりともっていかなければならないでしょう。

話を真剣に聞く

何に悩み、何を考えどんな思いを抱えているかは本人にしか分かりません。

例え相談されたとしても、その理由のどこに悩むのか分からない場合もあるでしょう。

人の心は繊細であり、他人から見ればなんともないような出来事でも、本人にとっても大問題の場合もあるでしょう。

その為まずは相手の思いをきちんと受け止めることが重要です。

自分が真剣に話をしている事に対して、茶々を入れたり真面目に話を聞いてくれないと言う行為は間違いなく部下や後輩からの評価を下げる事に繋がってしまうでしょう。

そうなってしまわない為にも相手の話をきちんと聞くと言う事を常日頃から心がけて行きましょう。

それを実生活でもする事が出来る様になれば、職場で自然とその行動を取る事が出来ます。

例え、対策案を出す事が出来なかったとしても話を真剣にきいてもらう事が出来ただけでも、自分の心が落ち着く場合があります。

人に気にかけて貰えるだけで救われる部分が確かにあるのです。

その為にも、上司となる人にはこのスキルをきちんと身に付けて頂ければと思います。

部下を成長させてくれる

人の上に立つと言う事は、自分の事だけ考えて居れば良いと言う事ではありません。

あなたの仕事は自分自身が頑張る事では無く、多くの後輩や部下を円滑に動かしより多くの利益を生み出す事なのです。

他人を動かす事は難しく、自分の考えが相手に上手く伝わらない事もあるでしょう。

そのせいでイライラする事もあります。

ですが、そこでイライラしても何も得る物はありません。

相手が萎縮してしまう可能性もあり、職場の雰囲気は最低です。

もしあなたが上司になるような時は部下を育てる事が自分の仕事だと考え、遂行して行きましょう最初は教える事を面倒に感じる事もあるかもしれません。

ですが、一度しっかりと仕事を教える事が出来れば、その後はスムーズに一人で仕事が出来るようになります。

その為、最初しっかりと時間をかけてあげる事によって、その人の可能性を開花させることが出来る可能性もあるのです。

理想の上司は努力でなれる!(まとめ)

理想の上司と聞いて、あなたは一対どんな人を思い浮かべるでしょうか。

人によっては芸能人などをあげることもあるかもしれません。

メディアの中に居る彼らは、言わなば空想の世界の住人でありドラマなどの役の場合には、現実をもしした理想がたっぷり詰まった物もたたある事でしょう。

その為、それを家でやろうとしてもなかなか上手く行かず現実にぶつかってしまう事もあるでしょう。

人間長い時間を過ごして入れば悩む事もあるでしょう。

その悩みに対して、繋い友達に相談するのも良いのかもしれません。

ですが、悩みの内容によっては誰か他の人に話をしたいと思う事もあるかもしれません。

そんな時、きちんと声をかけてくれる人が身近に居たら堂でしょか。

気持ちが落ち着き前向きに考える事が出来る様になる場合もあるでしょう。

相手の気持ちに寄り添い話を聞いたりする事は、メディアの中に出てくるような理想の上司とはほど遠いのかもしれません。

ですが、実際に本当に良い上司として多くの人に慕われる人は見た目だけが格好いい人他の出は無く、きちんと部下や後輩の気持ちを考えてくれる人を指すのかもしれません。

もし今後、あなたが上司になる時があるのであればまずは人間同士の繋がりを大事にし相手の気持ちを考える努力をして行きましょう。

そうする事によって、素晴らしい上司に一歩近づく事が出来るかもしれません。

良い上司を目指す余りついつい優しくなり過ぎてしまうケースも多々ありますのでお互いの気持ちをきちんとかんがえつつ良い事は良い。

ダメな物はダメとしっかり切り替える事を身に付けて行きましょう。