私たちが生きていく為には食事をすることが絶対的に必要不可欠です。

食事をする事で生きるためのエネルギーを得ることが出来、それを消費しながら私たちは生きています。

栄養を摂取しなければ栄養失調などの病気にもなりますし、エネルギーがなければ生命活動を行う事はできません。

だからこそ私たちは毎日食事を摂取する必要があります。

また、生きるためにも必要ですが、生きる上での楽しみである事もひとつの大事な理由です。

おいしい食事を食べるという事はそれだけで幸せな事ですし、料理は人生の生きがいにもなり得ます。

しかしながら、一人暮らしをしている方や主婦の方などは毎日の食事を作る事が大変だと感じている方もたくさんいるはずです。

毎日体の事を考えた食事を作るのはとても大変な事です。

レシピを毎日考えるのもそうですが、食材を買いに行ったり、購入した食材を綺麗に使い切ったりするにはある程度考えて購入したり料理を作ったりしなければいけないからです。

しかし、そんな手間を大きく省ける方法が冷凍保存です。

冷凍保存をする事でいつでも好きな時に食事を楽しむことができるようになり、冷蔵保存と比べて長期間食材を保存する事ができますので、とても便利です。

しかし、冷凍保存にはメリットもありますが、デメリットも存在しています。

今回はそんな冷凍保存をテーマにして、冷凍保存する時に鮮度を保つ方法をご紹介していきたいと思います。

冷凍保存のメリット・デメリットとは?

普段から料理や食材を冷凍保存して活用している方はたくさんいらっしゃると思います。

冷凍保存をすることによって長期間料理や食材を保存することができますので、さまざまな面で便利であるということをご紹介しましたが、しかし冷凍保存におけるメリットやデメリットを幅広く理解している方はそこまで多くはないと思います。

冷凍保存する時に鮮度を保つ方法についてご紹介をして行く前に、まずは冷凍保存におけるメリットやデメリットを正しく把握することから始める必要性があります。

メリットやデメリットを正しく把握することで本当に冷凍保存が必要なのかどうか、または冷凍保存をする上で注意すべき点などが見えてくるはずです。

なのでまずは簡単にメリットとデメリットに分けて冷凍保存の特徴を紹介していきます。

メリット


まずは冷凍保存をする上でのメリットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

冷凍保存をする上でのメリットについては普段から冷凍保存を活用している方はある程度熟知していらっしゃると思います。

しかし普段から料理などを冷凍保存したりすることをしていないからすればまだまだ知らないメリットが存在していると思いますので、この機会に正しく把握してみてください。

雑菌の発生が防げる

まずはじめにご紹介する冷凍保存をする上でのメリットについては雑菌の発生を防ぐことができるということです。

これはどういうことかといいますと、どうしても冷凍保存ではなく冷蔵保存や室温保存を行っている場合は冷蔵保存している食材や料理に時間が経つと雑菌が発生してしまう可能性があるということです。

夏場に関しては比較的意識している方がたくさんいると思いますが、冬場などに関してはそこまで意識していない方がたくさんいると思います。

しかしながら見た目に大きな変化がなかったとしても、実際には料理の中に雑菌が繁殖してしまっている可能性があります。

そもそも肉や魚や野菜などの食品を室温に置いてしまうと仕事に味や栄養価は落ちて行き最終的には腐ってしまいます。

もちろん生鮮食品を常温で保存する形はあまりないと思いますが、これは冷蔵保存に関しても全く同じであり、室温よりも多少長持ちしますが、当然冷蔵保存では腐ってしまいます。

簡単に理解するために温度で説明するとすれば、一番借金が増えやすい温度は35度が目途になっており、雑菌の活動が遅延するのは10度以下とされています。

ちなみに10度以下冷蔵庫内の温度の目安となっており、家庭の冷凍庫内の温度はマイナス15度とされています。

このマイナス15度になれば雑菌の活動は停止するので、結果として雑菌の発生を防ぐことができると考えることができます。

雑菌が発生すると食中毒を招く恐れもあり、十分注意しなければいけない事なので、冷凍保存を活用していない方は食材が余ったり、料理を多く作りすぎた場合は利用してください。

長期間保存できる


次にご紹介する冷凍保存をする上でのメリットについては長期間保存することができるということです
このメリットについては沢山の方が理解頂いてると思いますし、冷凍保存をする上での大きな目的の一つとなっています。

先ほどご紹介したように冷凍保存をすることによって雑菌の繁殖や発生を防ぐことができ、当然ながら食中毒や腐敗を防ぐことができますので、食材を長期間保存することが可能になります。

基本的に食材や料理などの腐敗や雑菌の繁殖、酵素の分解作用などを防ぐためには雑菌の繁殖とあとは外的要因である乾燥や酸化を防ぐことができれば長期間保存が可能となっていますので、当然冷凍庫に保存しておけば酸素に触れる機会は少ないですし、乾燥に関してもそこまで恐れることは必要ありません。

なので長期間料理や食材などを保存することが可能という結論に達することができます。

デメリット

ここまでは冷凍保存におけるメリットについて詳しくご紹介していきました。

冷凍保存におけるメリットについてはある程度の方が理解していただいてると思いますが、その反対となるデメリットに関してはそこまで熟知されていない場合が多いです。

一見すると冷凍保存はメリットばかりに感じるかもしれませんがよくよく考えてみると知らないデメリットが存在していますので、便利な方法ではありますが場合によっては冷凍保存しない方が良い可能性もあります。

なぜ冷凍保存しない方が良いのかということについても、デメリットをご紹介する中で考えてみてください。

鮮度が落ちる

まずはじめにご紹介する冷凍保存におけるデメリットについては鮮度が落ちてしまうということが挙げられます。

これはあまり知られていないデメリットになると思いますが、一見すると冷凍保存することによって雑菌の繁殖を防ぎ、食材や料理などを長期間保存することができるため鮮度が落ちることを防げると思い込んでいる方が多いのですがこれは間違いです。

確かに食品の酵素の働きをストップすることができるならば野菜などの栄養価の減少は防ぐことができます。

しかしながら、すべての栄養価を減少させられるかといえばそうではありません。

例えばほうれん草を3度から4度で9日間保存した場合は、ほうれん草に含まれるビタミンCは保存開始時の30%ほどまでに低下してしまいます。

なので想像よりも冷凍保存することによって栄養価は下がってしまうということが判明しています。

そしてもちろんこれは栄養価の種類によって変わってくるのですが、一般的にビタミンCなどについては水溶性である事が知られている栄養価です。

なのでその名前の通り水に溶ける性質を持っていますので、茹でるとさらにお湯の中に栄養価は解け出してしまい実際に摂取できる栄養価はさらに減少してしまうと言うことが考えられます。

もちろん溶け出してしまうのでスープごと飲んでしまうのであればそこまで恐れることはないかもしれませんが、単純に茹でるだけの場合は栄養価はさらに減少してしまう事を知る必要性があります。

なので冷凍保存すると言う事はメリットがある反面鮮度が落ちてしまうというデメリットが存在することを理解してください。

解凍に時間がかかる

次にご紹介する冷凍保存におけるデメリットについては解凍に時間がかかってしまうということが挙げられます。

これはご紹介した意味そのままになりますが、冷凍保存するということは当然食品や料理などは冷凍状態になってしまいますので、その料理を食べるときや食材を使う時には当然解凍作業をする必要性があります。

これはその料理や食材によってかなり違ってくると思いますが、場合によっては解凍作業をする時にかなり長い時間かかってしまうことが予想されます。

例えば、ほうれん草などは解凍作業をする際はそこまで時間はかからないかもしれませんが、お肉などの大きな塊を冷凍している場合は当然ながら解凍作業をする際にはかなり時間がかかってしまう事が予想されます。

たまに使うぐらいであればそこまで毎回時間をかける事に手間を感じないかもしれませんが、これが毎日続いてしまうと考えるとかなり面倒な作業に感じてしまう場合があります。

長期間保存できるというメリットがありますが、毎回料理をする際に解凍作業から行わなければいけないと考えてしまうと、結局長い目で見てみると時間を大きくロスしてしまうということにつながりかねません。

なので面倒くさがりな人にとっては解凍に時間がかかる事が大きなデメリットとして感じられる場合があるという事です。

冷凍保存する時に鮮度を保つための10個の注意点

ここまでは食品や料理を冷凍保存する際のメリットやデメリットについて詳しくご紹介していきました。

改めて冷凍保存する上でのメリットやデメリットを知って頂くと今まで知らなかった様な事が存在していたことに気付いた方もたくさんいらっしゃると思います。

大きなメリットを与えてくれる反面、知らないところでデメリットがあった場合は時によっては冷凍保存することが必ずしも正しいことではないという判断を下せるようになったと思います。

しかしながらそれを差し置いてでも冷凍保存をすることはとてつもなく便利なことであることに変わりはありません。

その上でもしも冷凍保存するのであればやはりなるべく鮮度を保ったまま保存することができるならば、かならず知っておきたいですよね。

なので冷凍保存する時でもなるべく鮮度を保つためにおこなっていただきたい注意点について詳しくここからご紹介していきたいと思います。

普段から日常生活で冷凍保存を活用している方も、今回ご紹介する内容で知らない項目があった場合はこの機会に覚えて普段の日常生活の中で活用してみてください。

またこれまで冷凍保存をする習慣がなかった方は食品を長期間保存できる新しい一つの選択肢ということで冷凍保存を選択肢に入れてみてください。

1.新鮮なうちに冷凍する

まずはじめにご紹介する冷凍保存する時に鮮度を保つための注意点の一つとしては新鮮なうちに冷凍をするべきであるということです。

なぜ新鮮なうちに冷凍しなければいけないのかと考えた時に、当然ながら食材や料理に関しては時間の経過とともに雑菌が発生したり、酵素の分解作用などによって栄養が失われてしまいます。

ちょっと考えれば分かるかもしれませんが、新鮮な状態で冷蔵庫に入れるのとある程度時間が経った状態で冷凍庫に入れるのとでは全く最終的な結果は変わってしまいますよね。

当然ながら鮮度が高い状態で冷凍庫に保存した方が最終的に食材を食べるときに摂取することができる栄養価も高い状態で食べることができます。

栄養価が高い状態で食べる事が出来るという事は鮮度が高い状態で食べられると言うことにつながります。

なので、もしも料理を大量に作って食べきれない場合に数日経ってから冷凍保存をいつもしている方は必ず食べきれないと早めに判断してその場ですぐに冷凍保存する様に工夫する必要性があります。

少しでも食べきれるかどうかわからないなと頭の中をよぎってしまった場合は早いうちに冷凍保存をすれば最終的に食材を食べる時に新鮮な状態で食べることができますので注意して考えてください。

冷凍するものを決めて、買ったらすぐに冷凍する

食材や料理に関しては新鮮なうちに早い段階で冷凍する必要があるということをご紹介しました。

なので買い物に行って食材を購入した時に、もしも大量に購入したり、数日間は使わない様な食材を購入してしまった場合は必ず冷蔵保存するのではなく冷凍保存する様に工夫する必要性があります。

予め何を冷蔵保存し何を冷凍保存するのかということを考えて行動しておけば、判断が遅れてしまって最終的に鮮度が低下してしまうということを防ぐことにつながります。

またもう一つ注意していただきたいのは、めんどくさがりな人によく見受けられることですが、例えば大量の料理を冷凍保存しているとして、毎回毎回料理を解凍して食べられるぶんだけ食べた後にまた冷凍するような事を行っている人がいます。

一見すると問題ないように見られがちですが、これは料理に大きなダメージを与えることにつながりかねません。

なので、食べられる分だけを解凍するように工夫する必要性がある事を覚えておいてください。

2.熱いまま保存しない

次にご紹介する冷凍保存するときに鮮度を保つための注意点の一つとして、食材や料理を保存する時には熱いまま保存しないということが挙げられます。

例えば食材や料理などを保存する際に、食材によっては事前に加熱処理をした上で冷凍保存をしたりする場合が存在しています。

それ以外にも、出来たばかりの料理の食べきれない分を温かいまま冷凍庫に入れて保存をしようとする場合が存在していますが、これは絶対に行ってはいけません。

めんどくさいかもしれませんが、冷凍保存する場合は必ずその保存するものの温度が常温まで低下するまで待っていただく必要性があります。

先ほどご紹介したように確かに冷凍保存する場合はスピードが命であり、あまりもたもたしてしまっていると雑菌が発生したり、酵素が分解されて鮮度が落ちてしまうことも考えられますが、これに関しては話は全く別であると捉えていただく必要性があります。

周りの冷凍の物を解凍してしまうことも

なぜ熱いまま食材や料理を保存してはいけないのかと考えた時に考えられる理由の一つとしては、冷凍保存する際にもしも冷蔵庫の中に他の食品や料理を保存していた場合は、他の食品や料理に影響が出てしまうからということが考えられます。

具体的にどういうことかといいますと、例えば先ほどご紹介したように冷凍庫の中はマイナス15度で一般的には設定されています。

当然ながらかなり大きな冷凍庫であったとしても密室空間ですし、そこまで極端に広くはないので、その中に暖かい物が入ってきた場合は隣り合わせの食材や料理は影響を受けてしまいますよね。

特にかなり温度を高く保った料理に関しては水が沸騰するのが100度なので、それに近い温度の状態であると考えると温度差が激しくなってしまいます。

またどれだけ冷たい空気の中であったとしても、100度のものが急激に温度が冷めるわけではないので、当然ながら隣に置いているものは温度が高くなり、冷蔵庫の中に入っていたとしても一部溶けてしまうことが考えられます。

その様に考えると隣り合わせに置いているものが冷蔵庫の中に入っているにもかかわらず、解凍されてしまう可能性があります。

当然ながら解凍されてしまうと水分が流出してしまいますし、それによって鮮度が低下してしまう可能性もあります。

なので冷凍保存する際は早く冷凍保存したいという気持ちはわかりますが、焦らず常温まで下がるのを待った上で冷凍庫に入れるようにしましょう。

3.冷凍にかかる時間を減らす工夫をする

次にご紹介する冷凍保存するときに鮮度を保つための注意点の一つとして、冷凍にかかる時間を減らす工夫をするということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、なるべく食材や料理など冷凍保存する場合には、冷凍するまでの時間を早く行う必要性があるということです。

どうして時間をかけずに冷凍する必要性があるのかと考えた時に、当然ながら冷凍するまでに時間がかかってしまいますと、それまでにかかってしまう時間分食材や料理などが鮮度が低下してしまう可能性があるからです。

もちろんそこまで極端に恐れる必要はあるわけではないのですが、早く冷凍させられるに越したことはありませんので、冷凍する場合はなるべく食材や料理を早く冷凍状態に持っていくために工夫を行えるのであれば、おこなっていただく必要性があるということです。

具体的にどの様にして早い時間で冷凍状態に持っていくかという事に関して詳しくご紹介します。

金属製のトレイなどを使う

まず事前に考えていただきたい予備知識としては、急速冷凍をする上で大切なのが温度の関係です。

一般的に氷の結晶が成長しにくい温度はマイナス40度付近であると言われており、その一方で氷の結晶が最も大きく成長するのはマイナス5度からマイナス1度の間と言われています。

この温度帯に止まる時間が長ければ長いほど氷の結晶は大きくなっていくわけなのですが、ダメージを最低限に抑えるためにはマイナス5度からマイナス1度の温度帯をいち早く抜けて食品全体を凍らせる必要性があります。

市販で販売されている様な冷凍食品に関しては、当然会社が行なっているのでマイナス35度以下で急速冷凍をさせることができるのですが、一般的な家庭の冷凍庫の温度ではこの温度帯を通過するのにかなり時間がかかってしまい、最終的に氷の結晶が大きくなってしまうということがあります。

なので冷凍にかかる時間を減らす必要があるということなのですが、具体的な方法としては冷凍する際には食品が厚みがあるものであれば厚みを減らして小分けしたり、保冷剤を活用して早く温度を下げる様にしたり、冷凍庫に急速冷凍モードがあるなら急速冷凍思うを活用し、温度が伝わりやすい金属製のトレイがあるのであれば金属製のトレイに乗せて冷凍するなどの工夫が求められます。

たった少しの工夫で冷凍状態に持っていく時間が大幅に減少される場合がありますので、冷凍庫を活用する頻度が高い方については予め準備をしておく必要性があります。

4.冷凍中は酸化や乾燥から防ぐ

次にご紹介する冷凍保存するときに鮮度を保つための注意点の一つとして、冷凍中は酸化や乾燥から防ぐということが挙げられます。

先ほどご紹介したように、雑菌の繁殖と外的要因である乾燥や酸化を防ぐことができれば長期間保存が可能になるので、当然ながら冷凍をする間は酸化や乾燥から食材や料理を防ぐ必要があります。

では具体的に酸化や乾燥からどの様にして食材や料理を守っていくのかと考えた時に、冷凍保存をする際には食材や料理をラップなどに包んで冷凍保存したり、保存袋などに入れた状態で冷凍保存することが求められます。

その際に関しても、保存袋などに入れる際には極力酸素をなくす様に工夫を行ったりする必要性があります。

このような細かいことに気を使ってたった少し工夫をするだけで全く違った効果を得ることができるようになりますので、鮮度を高く保つためにはこのような工夫を行うようにしてください。

5.下ごしらえをしておく

次にご紹介する冷凍保存するときに鮮度を保つための注意点の一つとして、事前に冷凍する前の下ごしらえをしておくということが挙げられます。

具体的にどういうことかといいますと、冷凍する前にある程度下ごしらえをすることによって鮮度を高く保ったまま冷凍することが可能になります。

下ごしらえはどの様な事を行うのかと考えた時に、例えばお肉などを冷凍する際は鶏の胸肉などを冷凍することもあると思いますが、鶏の胸肉などはパサつきが気になってしまう方も多いと思います。

その様な方は事前に胸肉を冷凍する場合、マヨネーズを塗った状態で冷凍することによって解凍した時にしっとりとした仕上がりで美味しくいただくことができます。

また魚などに関しては魚の内臓を事前に取って冷凍したり、エビに関しては背ワタを取って冷凍したりすることによって、鮮度を高く保ったり、解凍してからの作業を極端に減らすことによって、鮮度が高い状態ですぐに食材として利用することが可能になります。

なので多少面倒がかかるかもしれませんが、事前に下ごしらえをすることによって鮮度を高く保った状態で美味しく食べることが可能になります。

6.水気をできるだけ取っておく

次にご紹介する冷凍保存するときに鮮度を保つための注意点の一つとして、水気をできるだけ取っておくということが挙げられます。

なぜ水気を切る必要があるのかと考えた時に、もしも水気が多い状態で食品や料理などを冷凍してしまった場合は、当然冷凍することによって水分が氷の結晶に変化するようになります。

水分が氷の結晶に変化することにより、細胞が受けるダメージが多くなってしまいます。

なので冷凍する前に、ある程度水気は取っておくことができれば取っておいた方が鮮度を高く保つことにつながります。

なので具体的には肉や魚などについては、事前に塩などを振っておき下処理をする必要性があります。

事前に使用することによって、使用食品にかけるとその食品の水気を抜くことが可能になります。

塩をかけてしまうとパサパサした食感にならないか心配になる方がいるかもしれませんが、事前に水分を抜き出した方が氷の結晶を小さく抑えることも出来ますし、生で凍らせるよりもダメージが少ないので、食材として利用した時に美味しく食べることが可能になります。

まだあまり知られていませんが砂糖も同じ様に水分を引き出す作用を持っており、甘い果物などを冷凍する場合は、砂糖などをまぶしておくことがおすすめです。

なので食品によって塩や砂糖などを使い分けて下処理を行うという事や、クッキングペーパーなどで事前に水分などをある程度吸収した状態で冷凍するように工夫してください。

7.冷凍庫は詰めて置いていく

次にご紹介する冷凍保存するときに鮮度を保つための注意点の一つとして、冷凍庫は詰めて置いていくということが挙げられます。

なぜ冷凍庫の中の食材や料理を詰めておくことが鮮度を高く保つことにつながるのかと考えた時に、例えば冷凍庫に食材や料理を保存する場合、隣に事前に冷凍されているものが存在している場合はその隣のものが保冷剤の役割を果たしてくれます。

何もない冷凍庫の中にたった一つだけ物を入れるよりも、事前に凍っているものがたくさん存在してる状態で詰めて冷凍庫の中に食材や料理を入れた方が、より入れたものが急速に冷凍される可能性が高まりますので、必ず冷凍庫に食材や料理を詰める際には詰めて入れるようにしてください。

もしも事前に何も入っていない状況なのであれば、予め保冷剤などをいくつか購入しておけば保冷剤を事前に凍らせてを置くことによってその効果を引き出すことができます。

また先ほどご紹介したように、冷凍する際にはこまめに小分けにしておくことによって、取り出しやすくもなりますし、たくさん冷凍したものを入れることができたり、細かく整理することも可能になりますので、冷蔵庫の使い方を工夫することによって鮮度を高く保つことができます。

8.保存袋は使いまわさない

次にご紹介する冷凍保存するときに鮮度を保つための注意点の一つとして、保存袋は使いまわさないということが挙げられます。

冷凍保存する際に食品や料理などを保存袋を使って冷凍保存する方はたくさんいると思いますが、中には保存袋を使い回しで利用している方もいます。

しかしながら保存袋を使います事は、衛生的にあまり良くはありません。

もちろん綺麗に洗ってしっかりと衛生的に良くした状態で自然乾燥させて、殺菌してある状況なら問題ないかもしれませんが、保存袋はいちいち乾かすのがめんどくさいですし、保存袋の隅のところの汚れまで綺麗に洗ったりするのが難しかったりします。

なので、保存袋はその都度新しく購入して利用するのが望ましいです。

しかしながら節約をしたいと考えてる方もいらっしゃると思いますので、その場合は必ず綺麗に洗ったり乾燥させてしっかりと菌を除去する必要性があるということを覚えておいてください。

9.なるべく空気に触れさせない

次にご紹介する冷凍保存するときに鮮度を保つための注意点の一つとして、なるべく空気に触れさせないということが挙げられます。

これは先ほどから何度もご紹介していますが、食品や料理などは当然空気に触れてしまうと酸化して雑菌が多くなってしまいやすいです。

なので当然ながら冷凍保存する際も、なるべく空気に触れさせないことが鮮度を高く保つための注意点に繋がります。

なので例えば保存袋などを使って保存する場合に、保存袋の中にたくさん空気が入ってしまっている場合は、きちんと保存袋の中の空気を一度抜いた状況でしっかりと保存するようにしてください。

もしも保存袋の中にたくさん空気が入ってしまった状況で冷凍保存してしまうと、完全に冷凍される前の段階までは酸化が進んでしまう可能性がありますので注意してください。

10.日時の表示を忘れずに!

次にご紹介する冷凍保存するときに鮮度を保つための注意点の一つとして、日時の表示を忘れないということが挙げられます。

冷凍保存をしたからといって、永遠にその食材や料理を保存することはできません。

時間的に一つの目安と考えていただきたいのですが、家庭の冷凍庫のパワーから考えると大体保存できるのは数週間から1か月程度です。

意外かもしれませんがそれ以上保存してしまうと食品自体が悪くなってしまい、食べた時に違和感を感じてしまう可能性もあります。

中には食べられるものもあるかもしれませんが、基本的にお勧めは出来ません。

冷凍庫に保存しておけば空気に触れる可能性がないと思っている方がいるかもしれませんが、冷蔵庫を開け閉めしたりするときに周りの空気が入ることも考えられますし、当然湿度も気温や時期によって変化します。

なので、必ず冷凍保存しているからといって長い期間使わないのではなく、ある程度の時間までしか保存はできないという事を理解してください。

なので、冷凍保存する際には冷凍保存をした日にちなどのメモも一緒につけておく事でいつまでに食べないといけないという事を把握できるようになりますので、工夫して利用しましょう。

まとめ

今回は冷凍保存をテーマにして、冷凍保存のメリットやデメリット、そして冷凍保存する時に鮮度を保つための注意点などをご紹介いたしました。

人によっては新しくメリットやデメリットを知ったという方や冷凍保存する時の注意点なども今まで知らなかったことがあったと思います。

新しい知識を学んで自分の頭の中にインプットし、その情報をうまく使いこなすことによって自分の普段の生活をより良いものに変化させることができます。

特に食事に関しては毎日行う大切な行為ですし、私たちの健康を左右する大切な項目にもなります。

今回ご紹介した内容は食品の栄養に関する大切な知識にもなりますので、これまで間違った方法を行っていた方は正しい方法、正しい知識を身に着けて日常生活の中で役立ててみてください。