近くにいる人、憧れの人がだんだんと恋愛の意味で気になってくるのは自然な感情です。

それでは、その気になる人にはどのようなアピールをすれば良いのでしょうか。

最終的にお付き合いをしたいと思っているのなら、受け身の体勢でいてはいけません。

気になる人とうまくいくためには、どのようなアピール方法を行えば良いのか、

相手からの脈ありサインにはどのようなものがあるのかについてまとめました。

気になる人に想いを告げたい!

気になる人ができたときには、その人と恋人同士になりたいと思う人が大半です。

好きだという気持ちが大きくなればなるほど、相手との未来を考えてしまうものでしょう。

自分の想いを相手に告げ、受け止めてほしいと思う方も多いのではないでしょうか。

なかなか告げられない人がほとんど

気になる人がいても、その想いを本人告げるのはなかなか難しいもの。

本人に伝えて拒絶されたらと考えると、告白を躊躇ってしまう人が多いようです。

片想いの間はずっと相手のことを好きだと思っていられますが、実際に想いを告げて拒絶されてしまったときには、気持ちを諦めなければいけません。

その怖さを考えると、容易に相手に自分の気持ちを言うことができる人は少ないのではないでしょうか。

また、実際に告白するとなると、経験不足に怖くなってしまうかもしれません。

人生の中で告白した経験が多い人はあまりいないでしょう。

皆、条件は同じだと分かっていても、自分から相手に気持ちを伝えるというのは怖いものです。

経験したことがない行動への恐怖感もありますし、相手から拒絶される怖さもあります。

色々な意味で「告白する」というのは怖いものなのです。

なかなか自分の気持ちを伝えられずに、結局「気になる人」は気になる人のままで終わってしまうということもあるかもしれませんね。

そんなときには、どうすれば良いのでしょうか。

”好きサイン”を出してアピールしよう

気になる人になかなか思いを告げられないのなら、好きというサインを出してアピールすることが大切です。

アピールして相手の気持ちを自分に向けることで、自分の気持ちを相手に告げやすい状態を作ることができます。

また、相手が自分のことを好きになってくれれば、相手から告白されることもあるかもしれないのです。

好きだというサインを送りもせずに、相手が好きになってくれるのを待っているだけでは、気になる人に振り向いてもらうことはできません。

また、いつまでも自分から告白することができずに悩んでいるだけになってしまうのです。

好きサインを出してきちんとアピールしておけば、消極的な恋愛で後悔するということもないでしょう。

相手が鈍い時でもめげずに、きちんとサインを出し続けることが大切です。

好きサインの出し方には様々な方法があります。

気になる人に適切にアピールをするための方法を、次でいくつかご紹介します。

どんなアピールをすれば良いの?

気になる人には自分からアピールしなければ気持ちが伝わることはありません。

相手に自分の気持ちを分かってもらうためにも、また、自分と同じ気持ちになってもらうためにも、様々な方法でアピールをする必要があるでしょう。

それでは、どのようなアピールをすれば相手に同じ気持ちになってもらうことができるのでしょうか。

相手気持ちに訴えかけるようなアピール方法を見てみることにしましょう。

相手の趣味に興味を持つ

気になる人にアピールをしたい時には、まずは相手の趣味に興味を持つことが大切です。

好きな相手にアピールするためには、まずは、相手とたくさんの話をしなければいけません。

その上で、相手に「この人は自分に興味を持ってくれている」と思わせなければいけません。

趣味は相手が楽しいと思って行っていることですから、それに興味を持ってくれる人には、当然、好感度が上がるでしょう。

話も弾み、一緒にいること自体が楽しいと思ってくれるようになるかもしれません。

相手の趣味が変わったものなら、最初は自分も一緒に楽しむことは無理かもしれませんが、その時には相手の話を興味深く聞いてあげることにしましょう。

趣味についての話は聞いてもらっているだけでも楽しいものです。

時折、興味があるということを示すために、質問をしてみると良いのではないでしょうか。

自分が相手に興味を持っているということをしっかり見せることが大切です。

気になる存在に変わるきっかけになる

相手の趣味に興味を持つことで、相手にとってもあなたが「気になる存在」になります。

「なぜ自分の趣味に興味を示してくれたのか?」「どうしてこんなに楽しそうに話を聞いてくれるのか?」という純粋な疑問がまず生まれます。

また、趣味のことを楽しく話すことができる相手して認識してもらうことができます。

さらにそこから、「自分の趣味について楽しく話を聞いてくれる存在」になり、さらに進めば、「一緒にいて楽しい存在」になるのです。

一緒にいて楽しいと思えるということは、相手のことが気になる存在になるまであと一歩でしょう。

ただの友人、もしくは知り合いだった人から、気になる存在に変わるきっかけとなるのが、相手の趣味に興味を持つということなのです。

自分を隠さない


自分をアピールするときには、自分のことを隠さないということも大切です。

相手に良いところを見せようとして、本来の自分からかけ離れたことをしてしまう人もいます。

それで相手に気に入られれば良いですが、普段の自分と違うことをしていると、どこかでボロが出てしまいます。

また、無理して相手にアピールしていると、だんだんとアピールしていることに疲れてしまいます。

相手にも不自然なところを見せないためにも、アピールしているときには普段の自分を隠さないようにしましょう。

アピールの結果、相手が折角自分のことを好きになってくれても、それが本当の自分じゃなければ辛いだけです。

素直で真っ直ぐな人に惹かれやすい

人は、素直でまっすぐな人には惹かれやすいものです。

誰もが本音と建て前を持って生きているからこそ、まっすぐな人には惹かれるものなのです。

アピールするときにも、素直でまっすぐな方法で、自分を隠さずに相手にぶつかると、相手はその素直な心根を認めてくれるでしょう。

また、そうした素直な好意に対しては、好意を抱きやすいものです。

相手の好意に裏がないとはっきり分かるからこそ、相手のことを好きになることができるのです。

自分を隠したアピールをしていては、どこか不自然なところが出てしまうでしょう。

それよりも、飾らずに相手に好意をアピールする方が、相手からの好意を得やすくなります。

相手と目を合わせる

単純ではありますが、相手としっかり目を合わせるというのは大切なことです。

人の目は多くのことを語りますから、とても印象に残りやすいものです。

「どんな人だった?」と誰かかから聞かれたときに、相手の目が印象的だと、「印象的な人だった」と思われやすくなるのです。

そのため、相手の目をしっかりと見つめて、自分の印象を相手に残すのです。

また、相手の目をしっかり見つめるということは、他の意味でもアピールに大切です。

誰でも、好きな人のことはじっと見つめてしまうでしょう。

相手のことが気になっているから、見ずにはいられないのです。

そして、誰もがそのことを知っています。

つまり、自分が誰かから見つめられているときには「こんなにじっと見つめてくるということは、相手は自分のことを好きなのかもしれない」と思うようになるのです。

つまり、じっと相手のことを見つめるというのは、相手に自分の気持ちに気づいてもらうという点では、とても有効な手段なのです。

その後は言葉を使ってアピール

相手のことをしっかりと見つめることも大切ですが、言葉を使ってのアピールももちろん大切です。

視線だけで自分の気持ちを分かってもらうだけではなく、言葉を使ってコミュニケーションすることが大切なのです。

視線だけでは、アピールとしては少し弱いかもしれません。

「あまり話したこともないのに、じっと見つめられる」というのは、一種の気持ち悪さも感じます。

相手のことを見つめるときには、その後に言葉を使ってきちんとアピールしましょう。

コミュニケーションができていなければ、一方的に見つめるだけになり、それだけでは相手に自分の気持ちが通じることはありません。

相談を持ちかける

相談を持ち掛けるというのは、相手に近づく一つの手段です。

二人で問題を共有するということになりますから、自然と距離が近くなるのです。

個人的に話す機会も増えますし、相手と秘密を共有しているようで、自然と仲間意識が芽生えるでしょう。

相談を口実にすれば、色々なことを話すこともできます。

そうした流れから、「相手のことをよく知っている」状態を作るのです。

もちろん、相談をしていく中で、他のプライベートな話をできるようになるかどうかは、話術に掛かっているでしょう。

相談のみで関係が終わってしまっては意味がありません。

ですが、相談というツールを利用することで、気になる人と沢山の話をする機会を得られるという意味では、相談はとても重要なアピールのための材料になるでしょう。

他の人とは違うということをアピール

相手に相談を持ち掛けるということは、相手のことを頼っているということにもなります。

誰しも、他人から頼られると嬉しいものです。

自分の価値が上がったように感じるからです。

単純に世話好きの人もいるかもしれません。

相談を持ち掛けるというのは、相手に「あなたに頼っています」「あなたを信頼しています」というサインを送ることになります。

こうしたサインはとても重要で、自分にとって相手が特別な人間である、相談を持ち掛けられるほどに信頼している相手である、

他の人とは違う存在であるということをアピールすることができるのです。

自分にとっての相手の価値がとても高いのだということは、しっかりと相手に分かってもらうことが重要です。

LINEなどを頻繁に送る

LINEなどを頻繁に送るというのも、アピールとしては良いでしょう。

人間は、興味を持っていない相手のことは、すぐに忘れてしまいます。

物理的に一緒にいる相手なら忘れることがありませんが、離れると相手のことを考える時間は少なくなります。

ですが、現代では通信機器が発達して、いつでもメッセージを簡単に相手に送ることができるようになりました。

つまり、物理的に離れているときでも、相手に自分のことを考えてもらえるようになるのです。

そういった意味で、気になる相手にメッセージを送るというのはとても大切です。

もちろん、高頻度で送っていては、相手も辟易とするでしょうし、返事を求めるとウザったいと思われるかもしれません。

適度な頻度を保つことは大切ですが、相手に少しでも自分のことを考えてもらえるように、LINEを頻繁に送るのは良い手段でしょう。

相手との接触回数を増やす事がミソ

相手との接触回数が多ければ、それだけ相手のことが気になるようになります。

相手と一緒にいる時間が長ければ、相手のことを良く知ることができるので好意を抱きやすくなるのです。

LINEは、物理的に一緒にいるわけではありませんが、相手に自分のことを考えてもらうという点では、相手との接触の一種に含められるでしょう。

LINEを多く送ることで、相手との接触回数を増やすことができるのです。

仕事を手伝う

相手の仕事を手伝うというのも良いかもしれません。

相手から「頼りになる」という印象を抱いてもらうためには重要です。

相手の仕事について何も分からなければ、手を出すと逆に迷惑になってしまうかもしれませんが、

相手の仕事内容が分かっているのなら、相手に手伝いを申し出てみましょう。

自然と会話も増えますし、相手からの好感度も高くなります。

自分の仕事を終わらせてから手伝う

相手の仕事を手伝うときには、自分の仕事を終わらせてから手伝うことが大切です。

自分の仕事を放りだしてまで相手を手伝っていると、相手からは重く感じられてしまいます。

何のためにと不審な目で見られるかもしれません。

また、相手が責任感の強いタイプだと、自分の仕事を放りだしてまで他人の世話を焼くことに対して嫌な顔をするかもしれません。

自分の身の回りのことを終わらせて余裕があるようなときだけ、相手の仕事を手伝うということは忘れないようにしてください。