人間にはどうしても集中しなければいけない時があります。

それは人によって違うかもしれませんが、集中してそれに取り組まなければ行けないようなときには、とてつもない世陰唇力でそれを成し遂げることもできるでしょう。

一方で、そこまで極限状態に陥っていなくても、ある程度は集中を必要としていることも多くあるのではないでしょうか。

きちんと起きて何か作業をしなければいけない時もありますよね。

こんな時には、極限状態の集中力ではなく、普通の集中力を必要とするものです。

ですが、ここで敵となるのは「眠気」です。

誰でも経験があるのではないでしょうか。

どうしても頑張らなければいけない場面で眠気に襲われて、それ以上どうしようもなくなってしまったときのことがあるでしょう。

それでは、眠たいと感じるようになってしまったときにはどのような対処をすれば良いのでしょうか。

また、どうして頑張らなければいけない昼間に眠気が襲ってくるようになってしまうのでしょうか。

人間が頑張らなければいけないタイミングで襲ってくるような眠気に対処するための方法を中心に「眠たい」と感じてしまったときの対処法についてご紹介します。

️どうしても眠たいときってある…

 人間にはどうしても眠たくなってしまうときがあります。

それが眠る前に襲ってくるのなら良いですが、そうとは限らないですよね。

大切な場面で襲ってくる眠気は、昼だろうと寄るだろうと関係ないものです。

もちろん、眠くて仕方がないと言ったときには眠るのが一番なのですが、そうできない事情のときもあるのではないでしょうか。

それでは、日中に眠たくなってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

また、眠くなってしまったときには、どのような弊害があるのでしょうか。

まずは、どうしても眠たくなってしまったときの状況について詳しく見てみることにしましょう。

日中に眠たい原因


 日中は普段は人間は起きている時間ですよね。

昼夜逆転している人でもなければ、日中は精力的に働けるはずの時間なのに、どうして眠たくなってしまうことがあるのでしょうか。

昼間に耐えがたい眠りに襲われてしまう人がいるのは、そう珍しいことではありません。

極限状態になればビックリするほどの集中力を出すことができる人であっても、普段は日中の眠さと戦っているということも珍しくないのです。

日中に眠たくなってしまう原因にはいくつかのものがありますから、原因が分かれば、それを排除することで眠気を抑えることができるかもしれません。

日中に眠たくて仕方ないことが多いという方は、ぜひ、下記を見て自分の日中の眠気の原因を見つけてみてください。

睡眠不足

 日中に眠たくなってしまう原因の大きなものとしては、まずは睡眠不足が挙げられるでしょう。

そもそも必要なだけの睡眠時間を取ることができていないので、日中に眠気が襲ってきてしまうのです。

人に必要なだけの睡眠時間は大体7時間程度と言われていますので、これ以下の睡眠時間の場合にはショートスリーパーでもない限りは眠気が襲ってくるのではないでしょうか。

また、夜更かしをしてしまったという自覚が、さらに眠気を引き出してくる可能性もあります。

人によっては7時間の睡眠をしていたとしても、足りないということがありますね。

時間のある時にはしっかりと自分の適切な睡眠時間を定めると良いでしょう。

この方法としては、まずは起床時間を定めて、その時間にすっきり起きられるまで毎日、30分ずつ睡眠時間を増やしていくのです。

そして、すっきり起きられた時間こそが、自分にとっての適切な睡眠時間だということになります。

その適切な睡眠時間が分かったのなら、できる限りそれくらいの時間の睡眠をとれるように頑張りましょう。

体内時計の狂い

 夜になかなか寝ることができず、ベッドに横になっているのに眠れない、その割に昼間には眠くなってしまうということが起きているのなら、体内時計がくるっている可能性を考えると良いのではないでしょうか。

人間には体内時計というものがあり、生きるためのリズムがそれによって整えられています。

このリズムのことは専門用語で「サーカディアンリズム」「概日リズム」と言い、これがくるってしまうと「夜に眠れないのに昼には眠くなってしまう」状態が起きることとなります。

つまり、言い換えると、時差ボケが常に怒っている状態だと考えられるのではないでしょうか。

この状態になってしまうと、体内時計を戻さない限りは昼間に眠いという状態が変わりません。

体内時計の狂った状態を直すためには、時差ボケを直すためにすることと同じことをすれば良いのです。

昼間に適度に身体を動かしてみる、眠くても昼間には外に出て太陽を浴びるなどの方法で、体内時計を少しずつ元に戻すことができるでしょう。

食後に来る眠気


 食後も眠気が襲ってきやすいものです。

この理由は明らかで、食べたものを消化するために副交感神経が働いているからですね。

副交感神経はリラックスしているときに働く神経で、食べ物を消化するときには必ず働いています。

逆に、何かに集中しているときに働くのは交感神経の方です。

交感神経が働いているときには副交感神経は働きませんし、副交感神経が有意になっているときには副交感神経は働かない状態でしょう。

つまり、食後に眠くなって集中力が切れてしまうのは、完全に神経の働きが別な二つを同時にしようとしているからであり、精神力で保たなければいけない集中力よりも、消化という人間の身体にとっては当たり前の作用の方が優位になってしまうからなのです。

食後にどうしてもしなければいけない人は、完全に満腹状態になるのはやめた方が良いかもしれませんね。

最低限を食べて、まだ少しお腹が空いているくらいの方が集中力を保ちやすい状態になるのではないでしょうか。

たくさん食べてしまった後では身体がリラックス状態になってしまうのもおかしなことではありません。

薬の副作用

 薬の所為で眠くなってしまうというのも、もちろんありますね。

薬の中には眠気を誘うものもあります。

車の運転前などには飲まないようにと注意書きが書いてあるものもありますが、それは、薬の副作用として眠くなってしまうものがあるからです。

薬を飲まなければいけない時には、注意書きを読んでおくことにしましょう。

そして、薬の作用を優先するのか、それとも副作用を避けることを優先するのか決めた方が良いかもしれませんね。

どうしても副作用で眠くなってしまうことが分かっているのなら、絶対にやらなければいけないことの前に薬を飲むのはやめましょう。

同じ作用を持った薬でも、中には眠くなりにくいものもありますから、こうした薬を探しておくというのも良いかもしれませんね。

薬の副作用は避けにくいものですから、飲んでから副作用を避けるのではなく、飲む前に避けることを意識した方が良いでしょう。

病気の症状

 病気の症状として眠くなってしまうということもあります。

例えばナルコレプシーなどはその代表にあたるのではないでしょうか。

これ以外にも、神経系の病気でもそうですし、他の病気でも眠気がひどくなるということがあるかもしれません。

上述の原因以外で眠くなっていると考えられる方は、病気の症状かもしれないということを考えて、できる限り早く病院に言って検査してみて下さい。

特に、うとうとしている状態なら普通かもしれませんが、急に倒れてしまうほどに酷い眠気が襲ってくるよう場合なら、何かの病気の可能性があります。

意識を失ってしまうようなことになると危険ですから、ただの集中力不足だと考えずに、しっかりと自分の体の状態を確かめてみてください。

眠たいときの不調のあれこれ

 眠たくて仕方がないようなときには、ただただ眠たいというだけではなく、自分の身体にいくつもの不調が起こってしまうでしょう。

眠気そのものも辛いですが、その不調に悩まされてしまうということも珍しくはないはずです。

それでは、眠たい時の体の不調にはいったいどのようなものがあり、どのような不調に悩まされることが多いのでしょうか。

身体の不調に気づいたときには眠いということもあるかもしれません。

自分の身体について知っておくことは良いことなので、自分の身体が眠気に負けそうになっているときの状態を探って見ましょう。

体が気だるい

 眠気がひどい時には、身体が何となくけだるい状態になるのではないでしょうか。

急に身体がしゃっきりとしなくなり、何となく重くなったような感じがするのが眠気の副作用と言えます。

眠気が襲っているときには、病気の始めのような感覚を覚えるかもしれませんね。

どこか身体の動きが鈍っているようなことがあるのなら、睡眠不足を自覚するべきかもしれません。

特に眠気を最初に感じていなくても、身体の方が先に眠気を自覚しているということもあるでしょう。

全く眠くないような感じがしていても、体のだるさを感じているときには一寝入りしてみましょう。

随分身体が楽になるはずですよ。

集中力の低下

 多くの人が眠気を感じているときに、集中力の低下を感じるでしょう。

集中力は精神的なものなので、眠気を感じているときにはダイレクトに影響があるはずです。

そもそも、神経が昂っている状態の時に集中力ができるものなのです。

神経が眠りに入ろうとしてリラックス所歌になってしまっているときには、集中などできるはずもありません。

上でも説明しましたが、集中力というのは自律神経の中でも交感神経の働きによっておこるものです。

集中力を研ぎ澄ませているときには、身体が戦闘状態に入っているといっても良いでしょう。

戦闘状態に入っている身体の時には眠気が襲ってきません。

逆に、眠気を感じているときにはリラックス状態になっているので、こんな時に戦闘状態に入ることはできませんよね。

だからこそ、眠気を感じているときには集中力がなくなってしまい、自分でもおかしくなったくらいに思考が別の方に行ってしまうのです。

頭が回らない

 集中力がなくなってしまうのと同様に、頭が回らなくなってしまうようなことも起きます。

眠くなっているときには、脳が寝たいと欲しているのです。

寝たいと思っているときに勉強をしようと思っても、全く頭が回りませんよね。

眠気に負けそうなときに頭を回そうとしても、それは絶対に無理な話です。

逆に、自分では眠気を感じていなかったときであったとしても、頭が回らないと感じているときには、身体が眠いと思っている証拠なのかもしれません。

体が動かない

 眠いと思っているときには、身体も動かなくなります。

そもそもだるいと感じるようになってしまい、身体が重く思えてくるものなのです。

普段のように切れのある動きをしようと思っても絶対に無理があるでしょう。

切れのある動きをするためには、身体の集中力を高める必要がありますし、ある程度は神経を高ぶらせていなくてはなりません。

身体をリラックスさせたいと思っている時に、そのような神経の高ぶりを起こすのは難しいので、どう頑張って身体に命令したとしても、身体が重くて動かなくなってしまうのは当たり前ですよね。

話が理解できない

 頭が回っていない状態にあるときには、話しを理解する能力も下がってしまいます。

話を聞くというのは意外と難しいもので、他の雑音の中から相手の声をまずは探し出さなければいけません。

その上で、さらに、その声を「ただの音」から「理解できる言葉」にまで自分の中で処理しなければいけないのです。

普通の状態の時には、これを完璧に行うことができるでしょう。

ですが、眠気が襲ってきているときには、色々なステージでこれができなくなってしまっているのです。

まず、色々な雑音の中からターゲットとする音を探し出すことが困難になってしまうかもしれません。

また、次には、入ってきた言葉を理解するのが難しくなっているでしょう。

まして会話をする場合には、自分の考えをまとめてそれを発信しなければいけませんから、眠気に襲われているときにはかなり困難な作業であるのことに違いありません。

すぐ疲れる

 身体が眠いと思っているときには、睡眠不足の状態にあるようですが、さらに眠気に襲われているときにはすぐに疲れるという特徴もあります。

すぐに疲れてしまって、あまり長期間エネルギッシュに働くことができなくなってしまっているのです。

すぐに疲労を感じるようになったら、慢性の寝不足状態で、常に体が眠気を感じている状態にあるのかもしれませんね。

重たい頭痛

 ねむけをかんじているとき、睡眠不足に陥ってしまっているときには、重たい頭痛を感じることもあるようですね。

目の奥の方が痛む頭痛を感じることもあるようですが、また、人によっては頭自体がとても重いように感じることもあるようです。

どちらかというと、鋭い頭痛というよりは鈍痛という方が近いかもしれません。

全体にとても重い感じがするので、それが原因で頭が働かないのではと思う方もいるようですね。

実際には眠気を感じていなかったとしても、頭の重さや頭が回らない状態になっているのは、、眠気の所為ですね。

テンションが上がらない

 普段は明るくて社交的な人でも、そんな気分になれないという人もいます。

テンションが上がらずに何となく気持ちが落ち込んでしまうということがあれば、それは眠気のせいかもしれません。

何度もご説明している通り、眠気と神経の繋がりはとても深いのです。

だからこそ、テンションを上げるために必要な神経の昂りが全くない眠い状態の時には、気持ちを挙げていくことができなくなってしまうのです。

自分は鬱になってしまうのではないかと思っている方もいるかもしれませんが、一度思いきり寝てしまうと、そんな気分が晴れるということもあるかもしれませんね。

️早く布団に入って寝たい!

 眠気を感じているときにはどうしたら良いのでしょうか。

眠気を感じて寝そうになっているときでも、他のことから睡眠不足を自覚してしまったときでも、一番良いのは早く布団に入って寝てしまうことでしょう。

すぐに布団に入って十分な睡眠時間を取ることができれば、それだけでだいぶ気持ちが楽になるのではないでしょうか。

また、不調を感じていた身体も楽になることに気づくかもしれません。

時間がある方には何よりも良い方法ですよね。

眠いと思ってしまっているときには、あまり我慢をすることなく寝てしまった方が効率が良くなりますよ。

どうしても我慢しなきゃいけないとき

 ただ、寝るのが一番良いとはいっても、どうしても我慢をしなければいけない時もあるでしょう。

昼間に眠気を感じているときには、どうしても我慢しなければいけないことの方が多いかもしれませんね。

仕事の最中に寝るわけにもいきませんし、授業中に寝るわけにもいかないでしょう。

家の中にいる方も、やらなければいけないことが山積みになっているはずですから、そう簡単に布団の中に入って十分なだけ寝ることなどはできないはずです。

そのような時にはどうすれば良いのでしょうか。

️眠たいのを我慢する11個のテクニック

 眠たい時でも我慢しなければいけないシチュエーションはたくさんありますよね。

そんなときに使うことができるテクニックをいくつかご紹介します。

自分に合ったものでなければ眠気は消えていきませんが、自分に合った方法を見つけることができれば、少しは眠気が楽になるはずですよ。

まずは色々な方法を試してみると良いのではないでしょうか。

つねる

 痛みは神経を覚醒させるためにはとても有効な方法です。

だからと言って簡単に自分に痛みを与えることはできないはずですが、それでも、抓るという方法を使えば簡単に眠気を打破することができるはずです。

抓ることでピリッとした痛みを感じることができるので、それで少しの間だけでも自分の脳が目覚めてくれるはずです。

ただし、あまりに繰り返していると痛みに慣れてしまって、あまり眠気には対抗できなくなってしまうこともあるでしょう。

何度かだけ通じる眠気打破の方法だと考えると良いかもしれません。

また、あまり自分に強すぎるほどの痛みを与えることができないというのも弱点ですね。

ですが、静かにひそかに行うことができるのは良いかもしれません。

眠気を感じてしまっているときには、ぜひ試してみてください。

目薬をさす

 目薬を差すという方法もあります。

一時的にでも目のあたりがすっきりするので、目が閉じてしまいそうなほどの眠気に襲われているときには良いのではないでしょうか。

目薬にもいろいろなものがありますから、スースーするメントールタイプのものを使うと、その刺激で目が開くようになるでしょう。

また、自分で自分を抓ったときと同じように、自分の身体に刺激が与えられるので、それが神経を高ぶらせて、眠気を打破することとなるはずです。

あまりメントールが強いと痛みが強く感じてしまうこともありますから、自分が耐えられる程度の目薬を選んでください。

ドライアイ用のものを選ぶと、特に目に不調がない時でも連続して使うことができますよ。

コンタクトレンズを使っている方などは、自分の目の保護のためにも持ち歩いていると良いかもしれませんね。

ペンで刺す

 自分で自分に痛みを与える方法としては、ペンで自分の腕を指すという方法もあります。

抓るのが怖いという方は、ぜひペンで刺して痛みを感じさせてみて下さい。

皮膚の弱い部分を狙うと痛みが強く感じられるはずです。

ただし、この方法を眠い時に行うと、力加減を間違ってしまう可能性もありますので、それだけは気を付けるようにしてください。

また、色がついてしまう可能性もありますので、使うペンやそのペン先には気を付けるようにしましょう。

流血沙汰になってしまうほどに刺してしまう必要はないので、ちょっとピリッとした身を感じるくらいにしておくと良いですよ。

顔を洗う

 家にいるときなどは顔を洗うというのが良いかもしれません。

また、男性の方なら顔を洗うことで眠気を追い払うこともできるでしょう。

顔を洗うことで、目のあたりに漂っていた眠気が出て行くのではないでしょうか。

また、顔を洗う行為は起きた直後にも行うでしょう。

普段の生活習慣によって、顔を洗ったことが「起きた」という意識を作り出すことにもなります。

ただし、女性の方の場合には化粧が落ちてしまうという難点もありますね。

家の中で化粧を気にしなくて良い時には行ってみてください。

顔を洗うときには、できる限り冷水にすると良いですよ。

冷たい水の方が刺激になって、より目が覚めるのではないでしょうか。

ビンタしてもらう

 自分で自分に痛みを与えるのが怖いという方は、ぜひ、ビンタをしてもらってください。

自分で自分に与える傷みとは異なる痛さがありますから、それで目が覚めることもあるでしょう。

また、びんたの場合には、そのシチュエーションだけで目が覚めます。

誰かから合意の上とは言え、危害を加えられるということが刺激の一つとなるのです。

自分の身を守ろうという気持ちにもなりますから、これが眠気を打破するには必要なこととなるのです。

ただし、怪我はしないように気を付けてくださいね。

また、知り合いにビンタするというのまた、ある意味でとてもエネルギーの必要なことになります。

友人には必ず事情を説明するようにしてください。

また、噂にならないように人目のつかないところでビンタするようにしてくださいね。

ストレッチをする

 ストレッチをして身体を働かせるというのも良い方法ですね。

しっかりと神経を高ぶらせることができますし、軽い運動をすることで重かった身体がすっきりすることもあるのではないでしょうか。

ストレッチは本格的に行うようなものでも良いですが、軽くデスクの前に座ったままできるようなものでも構いません。

ストレッチで身体をほぐして少し温めてあげると、だいぶ身体が起き上がってくれるでしょう。

ひどい眠気の際には、思い切って立ち上がって動いてみるのも良いかもしれませんね。

運動をする

 どうしても眠気がひどい時には、運動をしてみても良いでしょう。

運動をした後には交感神経がばっちり働いている状態にありますから、眠気も飛んで行ってしまうのではないでしょうか。

ただしタイミングもありますし、汗をびっしょりかくような運動をした後には、疲れて眠くなってしまうということも考えられます。

軽く身体を動かしてウォーミングアップをするような程度の運動でかまいません。

また、具合が悪くなるほどの眠気のときには運動という方法は避けた方が無難ですね。

あまりに集中力がない状態で運動をしてしまうと、怪我する可能性が高くなってしまいます。

怪我はしないように、そして周りの人に迷惑をかけない方法を考えて運動をしてみてください。

軽くウォーキングをしてみるというのが、一番妥当な方法かもしれません。

コーヒーを飲む

 古くからある方法ですが、コーヒーを飲むというのも良いでしょう。

コーヒーを飲むというよりも、カフェインを飲むという方法です。

カフェインは神経を高ぶらせる効果がありますから、コーヒーを飲んで眠気を打破するというのは妥当な方法だと言えるでしょう。

ただ、その一方で、コーヒーを飲むことが眠気にどれくらい即効性があるのか分からないという難点もあります。

口から入れているものが、どれくらいの早さで眠気にまで到達してくれるのかが分からないのです。

大体30分から120分ほどすると効いてくるとは思いますが、個人差もありますので、本当にコーヒーが自分の眠気覚ましに最適なのかどうかというのは、試してみないと分からないですね。

この方法で効かないという方は、カフェインが効きにくい、もしくはカフェインが効くまでが長いということなのではないでしょうか。

ガムを食べる

 取り敢えず、ガムを食べるというのも良いかもしれません。

ガムを食べると、口を動かしているとだいぶ眠気が飛んでいくのではないでしょうか。

何もしていないで、ただ頭だけを使っているときには眠気がひどくなってしまうものですから、とにかくガムを食べて口を動かして眠気を追い払うのです。

ガムを食べるときには、メントールが含まれているようなスースーするものを選ぶようにしてください。

刺激があるものなら、より、脳が目覚めやすくなりますよ。

気持ちもすっきりするはずですから、ガムを食べて酷い眠気を追い払うようにしてくださいね。

仮眠をとる

 眠いと思っているときに十分に寝られないことはよくありますが、そんなときでも少し眠るだけで随分と楽になることも少なくないはずです。

十分な時間がない時には仮眠を取ることにしましょう。

仮眠をとると、10分でも15分でも身体も脳もすっきりして感じるはずです。

最も、20分ほど寝てしまうと、もっと寝たいという気持ちになってしまいますから、15分程度に収めておいた方が良いですね。

短い時間に集中的に寝ることで、しばらくは眠気を感じずに済むことは間違いないのです。

仕事中であっても、休憩時間に仮眠をとるのは有効な方法ですよ。

ただし、仮眠をとったからといって満足することなく、しっかりと夜には十分な睡眠時間を取ることが大切ですから、それは忘れないようにしてくださいね。

ツボ押し

 どうしても眠気がひどい時にはツボ押しを試してみるのも良いですよ。

眠気に効くツボとしては、頭のてっぺん部分をぐっと押す方法などがあります。

ツボは自分が痛いと思ったところが、一番自分の身体が悪くなっているところだとも言われています。

ツボを知らなくても、痛いと思っているところをマッサージしていれば、それだけでだいぶ眠気が冷めていくこともあるかもしれません。

ちなみに、眠気に効くツボは頭以外にも中指の付け根などや、目頭が良くききますので、ぐっと疲れを癒すようにして押してみてください。

ただし、あまり痛みを感じないような押し方をしていると、逆にリラックスしてしまう可能性がありますので、少し痛いと感じるような押し方を心がけてくださいね。

【眠気覚ましについては、こちらの記事もチェック!】

️どうしても眠たいときに、お試しあれ

 いかがでしたか?
 どうしても眠たいと感じてしまうときも、人間には必ずあるでしょう。

その原因に心当たりがある方は、眠いと感じる原因に自覚がある分だけ、余計に眠気に勝てなくなってしまうでしょう。

眠気がひどい時に一番良いのは、まずは寝てしまうことのはずです。

あまりに辛いと感じているときには体の不調もひどくなっていますから、無理して起きているよりも、ずっと寝てしまった方が楽になることには違いないのです。

ですが、寝られないということも十分にあるはずです。

昼間には仕事もありますし、すぐに寝ることができないような場合には眠たいのを抑えるためのテクニックを利用して眠気を押さえられるように頑張ってみましょう。

中には自分には合わないような方法もあるはずです。

繰り返しているうちに効かなくなってしまう方法もあるかもしれません。

ですが、色々な方法を試すメリットはあるでしょう。