毎日、きちんと長時間の睡眠をとっているのになかなか疲れが取れない・・・そんな悩みを抱えていませんか?人は、眠ることによってその日の疲れをリセットし、翌日にフルパワーで行動できるようにパワーを蓄えているんですよね。

しかし、なかにはその悩みのように寝ているのに疲れが取れなくて翌日までにその疲れが響いて困ってしまっているかたも。

それって、ずばり”快眠”ができてないということなんです!快眠とは、気持ちよく眠ってしかも疲れを取り除いてくれる理想の睡眠のこと。

快眠ができないあなたには、きっと何かしらの原因があるんですね!
この記事では、快眠とはいったいどんなことをいうのか?また、快眠を促進するためのオススメの快眠グッズをご紹介しちゃいます!また、どうして今あなたは快眠ができないのかの原因についてもお伝えしているので、あわせてご確認くださいね♪
あなたの睡眠が快眠となり、翌日もフルパワーで活動できるよう応援しちゃいます!

快眠とは

あなたは、”快眠”ときくとどんな睡眠を思い浮かべますか?きっと、ぐっすり眠ることのできることだとか疲れがきれいにとれて目覚めがスッキリする睡眠など、人によってさまざまな定義を持っていることでしょう。

たしかにその定義で間違っていません!しかし、安眠と間違って理解してしまっている方が多くいらっしゃるんですよね。

気持ちよく眠れれば問題ない!と思っている方も、快眠グッズだけ知れたらいい!と思っている方も、少しだけお付き合いください☆

ここでは、快眠とはいったいどんなことをいうのかを簡単にご説明していきます♪あなたは、それらの項目にあてはまるような睡眠ができているでしょうか。

もしも、あてはまる数が少なければあなたは快眠できていないことのなります
そうなれば前日の疲れがぜんぜん取れなくて、毎日どこかいつも疲れたままで仕事や勉強に取り組んでいるのではないでしょうか。

また、快眠ができていないと楽しみにしていたことさえも、真剣に楽しむことができなくなるのでこまっちゃますよね。

では、さっそく「快眠」とはどのようなものなのかを見ていきましょう。

読みながら、あなたの睡眠状況と比べてチェックしてくださいね。

気持ちよく眠ること


快眠とは、快く眠るとかきますね。

ずばり、気持ちよく眠れることをいいます。

たとえば、不眠になっていてなかなか寝付けない、ねたはいいけれど夜中に必ず目が覚めてしまう、まだ眠りたいのになんだか心臓がドキドキして眠れない…などの症状があるかたは、快眠できていません。

それどころか眠ることに対して恐怖心を感じている方もいるのではないでしょうか?
一度快眠できると「あの気持ちいい眠りにつきたいからがんばろう!」なんて思えるようになるものです。

また、布団やベッド、ソファに横になったときになんともいえない解放感を味わうことができるんですよね。

伸びをしたら、もうそりゃあ体全体が伸びきっているような気がしてとても気持ちがいいもの。

気持ちよく、ぐっすり眠れていますか?

心地よい眠り

気持ちよく眠るは、心もからだもリフレッシュすることができますよね。

心地よい眠りとは、ホッとできるような眠りのことです。

眠る直前に悩んでいることを考えていると、安心して眠ることはできませんよね。

また、ミサイルがとんできたらあのアラートで起こされるのかと思うと、こちらもまた安心して眠ることができません。

心地よい眠りとは、もう眠ることだけに集中してほかの悩みなんて考えることもなく眠れることを言います。

すっきりする・・ということもありますが、どこか「はぁ~」と幸せなため息がついてしまうような眠りのことです。

この眠りから覚めると、どこか心も満たされているように感じられるのはとても不思議ですね。

肉体的にも精神的にも良質な眠りのこと


これまでに眠っている間に、私たちはパワーを回復しているとお伝えしましたね。

それって肉体的・精神的に回復を行っているということなんです。

快眠とは、そのような肉体的な疲れを解消してくれますし、さらに精神的に疲れていることまでもリセットする役割を行ってくれるんです。

それって”良質な睡眠”ができているからこそかなえられることなんです。

また良質な睡眠というのは、目覚めたときにスッキリしているもの。

前日の疲れを100%残さずに新しい自分として再出発できるようにしてくれるんです。

前日にはとても悲しいことがあったかもしれませんね。

しかし、良質な睡眠をとることによってその精神的苦痛までもリセットしてくれることがあるんですよ!
ですから、寝ておきてもまだ前日のいやなことを考えてしまったり、心が傷ついたままであるという人はしっかりと良質な睡眠をとることができていない、ともいえるんですね。

あなたは、いつまでもくよくよ悩んでいませんか?それは、睡眠を見直すチャンスです。

熟睡とも言う

快眠は、熟睡ともいわれます。

熟睡とは「ああ!ねた~!」という感覚になれる睡眠のことですよね。

また、ちょっとした物音では目覚めませんし、とても深い睡眠をとることができている状態になります。

人間は、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返すことで眠っていますよね。

ちょっと眠りが浅くなるといわれているときでも、深く心身ともにねむりに入っているんです。

そのため、快眠という名の熟睡をすることによって疲れはすっきりとれるし、目覚めた瞬間に「太陽をあびたい!」なんて思っちゃうほどに気分も爽快であることが多いんです。

あなたは、そんな気持ちに最近なりましたか?

安眠との違い

安眠とは、安らかなねむりのことですね。

快眠とは少し定義が異なっているんです。

快眠は、快く気分よく眠れること。

眠っている間にライムやレモンがとびかっているようなイメージです。

しかし、安眠は違うんですね。

安眠とは安心して眠ること

ずばり、安眠とはもう何にも心配することなく安心して眠ることをいいます。

やらなければならない仕事があるというのに、安心することはできませんよね。

その状態で眠ってしまうと「ああ、明日おわるのか」という不安に駆られながら眠ることになります。

そこに安心感はありません。

また、大好きな人が横に眠って安心できるときも”安眠”なんですね。

快眠できていないと安眠につながるし、安眠ができていないと快眠につながることがあるので睡眠を見直すことはとても重要だといえるんです。

快眠グッズのおすすめ10選

今、快眠の定義についてお伝えしてきました。

あなたは、いくつあてはまりましたか?目覚めたときに、心身ともにすっきりしている感覚はあるでしょうか?それとも「まだ寝たりない」なんて思う方もいるかもしれないですね。

少しでも自分は快眠できていないというのであれば、快眠できるように行動していきましょう。

しかし、何をどうすればいいのかわからないし、難しいことはやりたくない!なんて思っているのでは?
そんなあなたのために、快眠できるグッズを10個ご紹介します♪「そんなので眠れるのかよ」なんて声がきこえてきますが、効果あるんですよ~!快眠グッズは、それらを販売している会社が快眠できるために試行錯誤を積み重ねて作られた製品です。

だからこそ、効果を実感できるんですね。

快眠するための要素をそれぞれ含んでいるんです。

10個ご紹介するので、あなたの生活スタイルにあったもの、「これなら取り入れることができそうだな」なんて思うものから手にしてみてくださいね!
買いにお店に行く時間がない方は、通販を頼るのも手ですヨ☆

1.じんわりアイウォーマー

最近は、蒸気でホッとアイマスクなど目元を温めるグッズが大量に販売されるようになりました。

しかし、蒸気でホッとアイマスクは使い捨てなので経済的に考えるとちょっと手を出しにくくなってしまうんですよね。

しかし、じんわりアイウォーマーは違います♪
なんと、そのじんわりアイウォーマーを使いたいときだけ電子レンジでチンすればいいんです。

そうすると中に入っている亜麻の実があたたかくなり、そのままアイマスクとして着用できます。

亜麻の実は自然に冷めていきますし、また使いたいときには電子レンジでチンすればいいだけなんです。

とっても経済的ですし、簡単にあたためることができるのでグッズを使うのに時間をかけたくない方にオススメ。

2.ねむりーど

ねむりーどは、ぬいぐるみの中に鼓動を感じさせるメカが入っているものです。

あなたは「寂しくて」眠れないなんてことはありませんか?それはきっと大人になってから感じるようになったのではないでしょうか。

幼いころはお母さんやお父さん、ご兄弟と一緒に眠ることによってそんなことを感じなかったはず。

それって隣に寝ている人の”鼓動”を感じることができていたからなんですよね。

このねむりーどは、そんな鼓動を演出してくれるんです。

小さな鼓動を起こす機械を小さめの羊のぬいぐるみにいれることによって、そのふわふわのぬいぐるみを持ちながら眠ることができるんです。

それも20分間だけ鼓動がおきているので、その間に良質な睡眠へ導いてくれることも。

本来は子供向けに販売されているものですが、ちょっと寂しかったりするときには安心できる鼓動をきいてみてはいかがでしょうか?なんともいえない、落ち着く懐かしい感覚になれるはず。

3.究極の眠れるCD

究極の眠れるCDとは、そのCDを流しておくだけで自然な眠りに導いてくれる音楽集です。

音楽といっても激しいメロディなどではなく、小鳥のさえずり、波の音など自然の音が中心に集められています。

また、人工的につくられたメロディが収録されているものもありますが、それは眠りにつきやすい波動を用いているんですよね。

アルファ波なんていわれています。

目を瞑れば、きれいな森林のなかにいて近くには小川が流れていて、その上で小鳥が鳴いている。

そんなことをイメージできるんですね。

このようなヒーリングCDというのは、さまざまなものが販売されています。

ディズニー好きであれば、ディズニーのオルゴールが収録された眠れるCDがおすすめ。

あなたの好みにあったものに確実に出会えるので、探してみて損はありません

4.抱き枕

あなたは、眠るときにどんな体勢で眠りますか?どんな体勢であっても、何かを抱きしめて眠るのとそうではないのとではまったく眠りに入る具合が違うはず。

ずばり、人というのは大人になってもどこか母親を求めていることが多いんですね。

それは本当に母親の横で眠りたい、というわけではなく、幼いころに感じたあの安らぎを感じたいんです。

そのとき、抱き枕を抱きながら眠ればその安らぎを得ることができます。

また、それだけではなく近くに誰かがいてくれる、なんていうホッとした気持ちにつながることも。

抱き枕というのは、腕まわりだけで抱きしめるのではなく、足も一緒に交えることができる大きなサイズが多いです。

全身でなにかにひっついて、眠ってみませんか?
ただのクッションのようなものもあれば、ブタやヒツジなど動物をモチーフにしたもの、アニメキャラをモチーフにしたもの、アイドルの写真がプリントされているものなどありますから、あならたが見ていて安心できるものを選んでくださいね!おすすめは、動物モチーフでふわふわした感触のものです。

5.ナイトウェーブ

ナイトウェーブは、あなたの呼吸を管理してくれる眠りの装置です。

ブルーライトが点滅するのですが、あなたはその点滅にあわせて呼吸を行うだけ。

そうすることによって、自然と眠りに入ることができるんです。

実は、眠りと呼吸ってとても深い関係があるんですよね。

呼吸が浅いと深い睡眠に入ることはできません。

でも自分では、呼吸が浅くなっているのかわからないもの。

そんなあなたにオススメなのが”ナイトウェーブ”なんです。

乾電池で動きます。

心もからだもリラックスできる呼吸方法で眠りにつきましょ♪また、これは某有名深夜番組でも1位を獲得したすぐれもの!そのアイテムをいちはやくつかってみてくださいね。

6.ネムリエール

ネムリエールは、さきほどご紹介した「ねむりーど」と似た商品になります。

人間に似た鼓動をきくことによって、安らかな睡眠へ導入していくアイテムになります。

ねむりーどと何が違うかといいますと、ぬいぐるみの種類が違うんですね。

ねむりーどはヒツジのぬいぐるみしかありませんが、ネムリエールはちょっとかわいいクマさん、大人も使用することのできる丸いフォルムの黒色や茶色のふわふわ生地のものになります。

出張先などでヒツジのぬいぐるみを持っていると、なんだかおかしく思われそうだとか人目を気にしてしまうのであれば、ネムリエールにしてみて!
こちらもねむりーどと同じで乾電池で動きます。

7.湯たんぽ

昔なつかし”湯たんぽ”は、冬に大活躍!冬場ってどうしても、布団のなかでも寒くなりがちですよね。

かといって、寝ている間ずっとエアコンやストーブをつけておくわけにはいきません。

それは睡眠の質をさげることもありますし、なにしろ電気代がかかってしまいますからね。

でも寒すぎて眠れないのはこりごり!というあなたに”湯たんぽ”がオススメです。

湯たんぽとは、その容器にお湯をいれてフタをして布団にいれこむだけ。

冷えがちな足元に湯たんぽをおくと、なんともいえない安堵感につつまれますよ。

また、お湯を入れるのが面倒くさいという方は、電気湯たんぽがおすすめ。

お湯をそそぐ湯たんぽは、お湯がさめたらそこまでですが電気湯たんぽはその必要がありません。

また、湯たんぽに抵抗がある方というのは、そのデザインが気に入らないという方が多いですよね。

今では、動物の形だったり、ふわふわのぬいぐるみの中に湯たんぽをいれるというものまで販売されています。

使わないときには、インテリアとしても活用できるのですよ。

8.アロマオイル

アロマには、さまざまな香りがあります。

蒸気を発生させる装置やろうそくの炎の力で蒸発させる方法など、あなたの生活スタイルにあわせて行ってみてください♪
おすすめの快眠できるアロマオイルは、ラベンダー、ベルガモット、オレンジスイート、イランイラン、ゼラニウムです。

これらを単独で香りを楽しむのもいいですし、あなたのお好みにあわせて混ぜてみるのもOK!
しかし、レモンやグレープフルーツは目をさませる効果があるので眠る前には使わないようにしてくださいね。

9.ブリーズライト

眠りにつけないのは、いつも鼻がつまっているような気がするからなんだよねぇ。

というそこのあなた!ぜひブリーズライトを使ってみてください♪ブリーズライトは、鼻に装着することで鼻の軌道を広げる役割をしてくれます。

よく外国人の男性が鼻につけているCMの、アレです。

つけるだけで鼻息が通りやすくなるなんて、信じられないですよね。

しかし、鼻息を通しやすくするために形作られているんです。

サイズもありますから、あなたの鼻のサイズにあわせて選ぶことを忘れずに!小さい鼻の方が大きめサイズを使うと、うまく機能しません。

筆者は最初にサイズがあると知らずに大きめサイズを購入したのですが、うまく装着できず父親にあげました…。

10.快眠枕

快眠枕ってご存知ですか?睡眠にとても重要なのは、マットレスなどの敷き布団と枕といわれているんです。

高さが高すぎる枕だったり、低すぎる枕だと首や肩に負担がいきがちになり、熟睡することができません。

熟睡どころか、眠って起きたら疲れが増加しているなんてことも。

そのようにしないのが”快眠枕”なんですね。

快眠枕とは、快眠するためだけにつくられた枕なんです。

高さや固さなどあらゆる計算がされています。

メーカーによって値段も特徴としているポイントも違うので、あなたの求める睡眠にあったものを選ぶようにしましょう。

できれば、枕をあなた専用につきってくれる”オーダーメイド枕の専門店”にいき、世界でひとつの枕を作って欲しいのですが。

これは2万円を超えてしまうことがあるので、まずは快眠枕を購入して経過をみるのでもいいでしょう。

快眠するためには?

これまでに快眠グッズをご紹介してきました!気になるアイテムはありましたか?
そのグッズを購入して使うだけでも今よりも快眠できるでしょう。

しかし、もっと快眠を増進させるためにあなたにはできることがあるんです!
また、今は快眠グッズを購入する余裕はないという方でも快眠をしたいですよね。

そんなあなたたちのために、ここでは快眠するために今日からできることをアドバイスいたします!
どれも気をつければ確実にできるものですから、ぜひ取り組んでみてくださいね。

就寝前にはリラックスモードに切り替える

あなたは、眠る前になってから緊張するようなことを行っていませんか?たとえば、ずっと気になっていたサッカーの生中継をみていたり、片思いのあの人に連絡を使用か迷ってドキドキしていたり、明日の出来事について必要以上に心配しているのではないでしょうか。

それって、リラックスモードには入れていないことになるんです。

人は、すぐに寝ようと思えば眠れるものです。

しかし、リラックスモードになっている状態で眠るか、そうではない状態で眠るかによって、その睡眠の質は変わってきてしまうのです。

寝ている間も緊張感を保ちやすくなると、夜中に何度も飛び起きてしまうなんてことも。

また、ストレスがひどい方は寝汗をかいてしまうてこともあるんです。

では、どうしたら眠る前にリラックスモードになれるのでしょうか?

寝る1時間前にぬるめのお風呂にゆっくり入る

あなたは、眠る30分以内に熱いお湯に浸かっていませんか?熱いお湯に入ったあとにお布団に入ると、とっても気持ちがいいものですよね。

しかし、それってあなたの神経を目覚めさせてしまっていることになるんです。

そうしないために、できる限り眠る前の1時間前くらいにぬるめ湯のお湯に浸かるようにしましょう。

そうすると副交感神経を優位にすることはできるので自然とリラックスモードに移行しやすくなります。

人肌程度の温度の飲み物を飲む

眠る前にとても熱い飲み物だったり、極端に冷たい飲み物をのんでいませんか?それって、熱いお湯と同じで神経を目覚めさせてしまいます。

眠る前の2時間以内くらいになったら、人肌にあたためた飲み物を飲みようにしましょう。

お水であれば、常温で常備しておくといいかもしれないですね。

リラックスできる音楽を聴く

さきほど究極に眠れるCDをご紹介しました。

そのような心からリラックスできるような音楽をきいてみましょう。

どこか激しい音楽、ロックなどはきかないように。

また、音楽によってひとりひとり思い入れがあるものですよね。

その際に悲しい思い出だったり、気持ちが極端に高揚してしまうような音楽は絶対に聴かないこと。

そうするとやはり、あなたの神経を目覚めさせてしまうんですよね。

なかにはポップで明るい音楽を聴きながら眠るのがすき!という方がいますが、翌日疲れていませんか?
あなたが寝ていると思っていても、うるさい音楽が流れていると脳は休むことができないんです。

脳ってあなたが思っているよりも賢いので、何かが話していたりすると「きかなきゃ!」と神経をはりめぐらしてしまうんですよね。

しかし、リラックスできる音楽であれば脳はそこまでキャッチしないのでリラックスできるんです。

弱い光の間接照明に切り替える

眠る寸前まで、蛍光灯のあかりをつけていませんか?それってあなたの神経を目覚めさせる悪い習慣です。

できれば、眠る1時間前くらいからは蛍光灯は消して、弱い光のなかで活動するようにしてください。

豆電球がある方は豆電球をするのもいいですし、小さな間接照明を持っているのであればそれを遣いましょう。

できれば、オレンジ色に近いカラーの明かりにすることで心をより安らげるように。

白熱灯の明かりは神経をさまさせる色合いでもありますから、寝る前にはつけないようにしてくださいね。

また、つける必要があるのであれば早めに消せるように活動してください。

ベッドの上で無理のない程度のストレッチをする

眠る前に、ストレッチをしましょう♪呼吸は激しくなるものではなく、ゆっくりと吸ったりはいたりできるものがいいですね。

そうすることでほどよく体中の筋肉をほぐすことができるんです♪カラダがこわばりすぎているということは、カラダ全身が緊張しているということ。

その緊張のまま眠っても、熟睡できません。

適度なストレッチをすることで、今日1日がんばってくれた体に感謝の気持ちを伝えながら、こわばりや緊張をほぐしてあげましょう。

朝起きたときのカラダの軽さがまったく変わってきますよ!

寝る1時間前からは身体に刺激を与えない

また、眠る前お1時間前からは極度な刺激を与えないようにしましょう。

与えないというのは、あなたの脳やカラダに対してです。

夜になるとどうしても活動的になってしまう人がいますが、それは早起きをしてからやることにしてください。

では、カラダに刺激を与えてしまうのってどんなことなのかチェックしていきましょう。

カフェインを摂らない

眠る前にカフェインが含まれている飲み物を飲んでいませんか?コーヒー、コーラ、紅茶などにはカフェインが含まれています。

どうしても眠る前にコーヒーを飲まないと眠れないというのであれば、カフェインレスのコーヒーを飲むようにしてください。

カフェインというのは、栄養剤なんかにも含まれているように「目を覚まさせる」効果があるんです。

それにカフェインのとりすぎはカラダに負担になる、なんていわれていますよね。

あなたの体のためにも眠る前には、カフェインを摂取しないようにしましょう。

もしも、眠る前に飲む習慣があるものがあるのであれば、その成分について検索してみて。

それでカフェインが含まれていると検索結果にでたのであれば、飲むのをやめましょう。

テレビやスマートフォンを見ない

テレビやスマホ、PCからはブルーライトが出ています。

それって脳を活性化させる効果があるんですね。

また、テレビやスマホなどを見ているとどうしても知りたい情報が次から次へと出てきてしまい、なかなか見るのをやめることができないのではないでしょうか。

それは睡眠時間を短縮する原因にもなりますし、その明るさが脳を活性化させてしまいます。

ということは、いざ眠ろうとしても体は疲れていて眠いと実感しているけれども脳が活性しているので眠りにつけないんです。

人は眠れないと思うとますます眠れなくなるもの。

そんな悪循環に入っている回数が多いのであれば、眠る1時間前までにはアラームをセットしてスマホやパソコン、テレビを消すように心がけてください。

寝酒はしない

寝る前にお酒をのむと酔っ払って気持ちよく眠ることができますよね。

それを”寝酒”といいます。

たしかに気持ちよく寝売れるような気持ちがするのですが、実際はカラダ葉起きている状態になっているんです。

というのも、人というのはお酒に含まれているアルコールを分解するのに大忙しなんです!
また、アルコールを分解すると尿意をもよおしやすくなり、せっかく眠れても夜中に目覚めてしまうなんてことも。

それもまだ寝たい気持ちがあるのに、目がさめてしまってなかなか寝付けなくなってしまうんですよね。

そのまま朝をむかえて、カラダの疲れはとれないままに会社にいくことになってしまうことも。

考え事や悩み事はしない

寝る前って暗いし、静かだし、いろいろなことを考えてしまいますよね。

しかし、考えれば考えるほどにどんどん考えが進んで、しまいには朝を迎えてしまうかもしれません。

また、悩みを思い起こすだけでも緊張状態になり、脳が目覚めてしまいます。

そうしないためにも眠る前には考え事や悩み事は想像しないようにしてください。

考えるのであれば、その日1日のなかであったうれしかったことに対する感謝の気持ちを自分やその相手に伝えるようにしてくださいね
そうするだけでも目覚めってとってもよくなるので不思議ですよ。

また、眠いときに考え事を考えると悪い方向に考えがちです。

大事な悩みこそ朝のうちに考え、決断をくだすようにしてくださいね。

耳栓をする

雑音がうるさくてなかなか眠れない!という方にとって、耳栓は欠かせないものですよね。

しかし、耳栓をしているという違和感、また外の音を聞き取れないことに対して余計に脳が神経をはりめぐらしてしまうのです。

せっかく熟睡しようとしているのに、あなたのカラダは正反対のことをしているんですね。

うるさい対象をなくすように努力するほうが熟睡できます。

睡眠環境を整える

睡眠環境を整えるのもとても大事!
それにはどんなものがあるのかみていきましょう。

季節によって室温を変える

寒い時期には部屋を暖かくするようにし、また暑い時期には部屋を涼しくするようにしましょう。

そのような適温にすることでカラダの負担をなくします。

まとめ

今回は、快眠についてご紹介してきました!参考になりましたか?
あなたが日ごろの習慣としている”あのこと”が睡眠の質を悪くしていたんですね。

その習慣を見直し、さらには快眠できるグッズを活用して熟睡できるようにがんばりましょう!
そして毎日100%のあなたで仕事や勉強ができるようになっちゃいましょうね!