生きていく為には必要な物がいくつもあります。

それは人によって違うのかもしれません。

何を大切にして何を優先して生きていくのか。

それは自分自身が決める事であり、誰かに決められる物では無いでしょう。

しかし、誰でも共通して必要なものがあります。

それはお金です。

お金が人生にとって必要だと言い切ってしまうと、どこか下世話な話の様にも聞こえてしまうかもしれません。

しかしながら、お金が必要な事は事実であり、それを否定する事ことが理想論なのでは無いでしょうか。

生きて行く為に必要な衣食住には全てお金が関わってきます。

勿論、お金さえあれば良いと言う事ではありませんが、お金がある事は大変重要な事です。

その為、私たちはお金を大事にして生きていかなければならないのです。

お金を大事にすると言う事は、極論使わないと言う事になるのかもしれません。

しかしながら、当然お金を使わずに生きていく事は出来ず、人はお金を使用する事で安定した生活をして行く事が出来る様になります。

問題なのは、お金をどこにどの位使っていくかというポイントなのです。

お金が無限にあるような大金持ちの人であれば、どこにお金をかけたとしても問題は無いのかもしれません。

しかし、そんな生き方をする事が出来る人はこの世の中にどれだけ居る事でしょう。

大半の方が決められたお金の中で、自分にあった生活をして行く事になります。

決められたお金を有意義に使用する為には、無駄な事にお金を使っては行けません。

何にお金を使い、何を節約するべきなのかをしっかり考えて行かなければならないからです。

その為にも、私たちは『節約』を意識して生きていく必要があります。

お金を増やすためにコストカットするべき10個のリスト

最近では、様々なメディアの中の特集で『節約』についての話が大きく取り上げられています。

その為、この言葉を一度も聞いたことが無いという人はいないのでは無いでしょうか。

節約とは、無駄な事を減らし必要な物にお金を使う事を指しています。

つまりは、お金を大事にしようという考え方の一つです。

ですが、何も考えずにお金を使用してきた人にいきなり節約を考えなさいと言った所で無理な話なのかもしれません。

節約を使用と試みた所で、実際にはどこを節約したら良いのか分からず、節約したつもりでも出来ていない事だってあるかもしれません。

節約をするにはコツがあり、それを知らずにむやみに節制を繰り返して居れば結局ストレスを貯める事になってしまうのです。

そこで、今回はおすすめの節約ポイントをご紹介させて頂きます。

気を付けるポイントはいくつもあり、そのすべてを実行する事が出来ればさぞかし多くの無駄を減らす事が出来るでしょう。

ですが、何事もやり過ぎては行けません。

あなたがムキになって節約を開始したとしても、ストレスを感じながらするのであれば意味が無いのです。

自分にあった方法を選び、厳選して行って行く事が重要なポイントなのではないでしょうか。

食費

家計を預かる主婦の方であれば、食費がどれほど大きな役割を果たして居るかが分かるでしょう。

月のやりくり費の中では上位を占めるものであり、これを節約する事が出来るかによって予算が大きく変わると言っても過言ではありません。

食費は、かけようと思えばいくらでもかける事が出来ます。

食材の全てを国産にこだわれは金額は跳ねあがります。

例え、そんなセレブのような使い方をしなかったとしても、毎食お惣菜を購入するようになればそれはそれで金額がかかります。

では自炊をすれば良いのかと言われればそこも難しい問題があり、使用する食材によっては外食より高くなってしまう事もめずらしい事ではありません。

その為、主婦の皆さんは予算に当てはまる食材を選びその中から何を作ったら良いのかを日々考えて居るのです。

それはとても大変な作業であり、時には嫌になる事もあるかもしれません。

嫌になってしまった時にはお惣菜に頼る事も良いのでは無いでしょうか。

たしかに、節約の面から考えればお惣菜は無駄遣いです。

ですが頑張り続ける事はストレスを貯める事に繋がります。

節約は終わりがある事では無く、一生続く考え方です。

その為、常に真正面から向き合て居れば時に息切れしてしまう事もあるかもしれません。

そうなってしまわないように、時折方の力を抜いてみる事も必要なのではないでしょうか。

食費は、節約の成果が如実に分かる部分です。

その為、多くの人が節約と言えばまずは食費を削る事をイメージするかもしれません。

ですが、食事は生きてい為にはとても重要な事です。

その為、その食事がつまらない物になってしまわないように、多少の息抜きをしながら頑張っていきましょう。

コンビニ代

コンビニはとても便利な物です。

一人暮らしをしている方からすれば、仕事を終えて帰宅する頃にはスーパーは開いていない事が多々あります。

そんな時、コンビニがある事によって、食事の準備など様々な面で手助けして貰う事が出来るでしょう。

コンビニが無ければ生きていけないと感じている人も多いのでは無いでしょうか。

ですが、そんな便利なコンビニも勿論盲点はあります。

それは金額が高い事にあります。

スーパーの倍近くの値段で販売されている物もあり。

常識的に考えれば無駄遣いに入るのかもしれません。

しかし、便利さを考えればそれもまた仕方がないと感じる人も居る事でしょう。

コンビニは本当に便利な物です。

その為、使いたい気持ちも十分に分かります。

しかし、何事にも限度があります。

たまにはスーパーに良き、買いだめなどをする事が出来るものは買いだめをする事で少しはコンビニ通いを軽減される事が出来るかもしれません。

便利な物ばかりに目を向けて居ては、いつまで経ってもお金を貯める事は出来ないでしょう。

少しの努力が節約に繋がる場合も多々あります。

飲み代

これは、お酒を飲まない人にとっては無駄遣い以外のなにものでも無いでしょう。

もし旦那さんが
毎週の様に飲み歩いて居るようであれば、奥さんは間違いなくお金が勿体無いと感じる物です。

ですが、これもいきなり全てを廃止する事は出来ません。

この飲み会によってストレスを発散して、明日に繋げる元気を貰って居るのかもしれないからです。

その為、飲み会の全てを辞める必要はありません。

時には外で飲んで憂さ晴らしをする事も、大切な事でしょう。

しかし、問題は頻度です。

毎週のように出歩くのであれば、それは行き過ぎです。

奥さんがイライラする事も十分に想像出来ます。

許される範囲というのであれば、月に1.2回でしょうか。

それぞれのお家のルールがありますので、この数字が正しいかどうかは分かりません。

家族でしっかり話し合われる事をおすすめします。

電気代

電機は人間が生み出したとても便利な物です。

その為、今を生きる私たちにとって電機は無くてはならない物でしょう。

ですが、何事も使いすぎは良くありません。

限られた資源はお金を払って手にしています。

その為、むやみやたらに使用するのではなくきちんと考えながら使う必要があるでしょう。

最近では大半の家電背品が電気を使用して動いています。

その為、電気が無いと、、動かない物が多く生活して行く事が出来ません。

その為、電気を全く使用しない生活は不可能です。

ですが出来るだけ使わないように生活する事は出来ます。

無駄な電気を使用しないように、使っていない部屋の電機は付けない。

使用していない家電の主電源を切るなど細かな部分で節約して行く事が出来るでしょう。

ですが、中には使用しなければならない物もあります。

近年の暑さは異常なものがあり、室内が35度を超える事もめずらしい事ではありません。

そんな状態でクーラーを使用しなければ間違いなく熱中症になってしまいます。

年配の方で例え暑さを感じて居なかったとしても、体は悲鳴をあげています。

そんな時は節電など気にせずドンドン使用する事をおすすめします。

節約を意識して電気を使用しないようにする事は大事な事でしょう。

ですが、そのせいで体を壊したり、命を危険にさらしてしまっては何の意味もありません。

自分の体を一番に考えて行動する事をおすすめ致します。

水道代

水道代の節約は、主に家に居る主婦の方の考える所でしょう。

普段の家事やお風呂など、使用する場所は限られています。

その為節約を意識する事は出来ますが、なかなか減らす事が出来ない部分でもあるでしょう。

水道代の節約として有効だと考えられている事に、シャワーの量を調整することがあげられます。

最近ではシャワーヘットを交換して節約する事が出来るようなグッズも販売されています。

そういった物を使用するだけでもだいぶ節水に心がける事が出来ます。

その他にも水の出しっぱなしを意識するなど、ちょっとした事を考えるだけで私たちの中で節水を意識づけて行く事が出来ます。

毎日意識して行う事によって、大きな変化は無かったとしても、コツコツとした小さな努力を積み上げて行く事が出来るでしょう。

ガス代

ガスは、基本的に料理とお風呂に使用されます。

その為ここを節約する事は難しいポイントです。

料理で火を使わないようにすれば良いのかもしれませんが、それも度を過ぎると本末転倒のような気もします。

その為、ガスの節約は簡単に出来る物ではありません。

最近では、ガス会社の自由化が進みガス会社を自分で選ぶ事が出来る時代になりました。

その為、使用量を減らす事が出来なかったとしても会社を変える事によって節約に繋げる事が出来るかもしれません。

まだまだガス会社を変更する事は社会に根付いては居ません。

ですが、いち早く取り組む事でより行けっかを持つ事が出来るでしょう。

携帯代

昔は固定電話が主流でした。

その為、電話が家計を圧迫するなど全く想像する事が出来なかった事でしょう。

ですが、最近は違います。

使用量が1.2万となる事もめずらしい事では無く、更にそこに本体代金の分割などが備わる事によって、支払額はとても大きなものになる事でしょう。

家族が多ければ多い程その負担は大きく、月に10万円越えてしまうという人も少なくないのかもしれません。

その為、携帯代を節約する事が出来れば家族にとってとても大きなプラスになる事でしょう。

携帯代の節約として一番おすすめの方法は、格安スマホに変更する事です。

最近では多くの会社が格安携帯を販売しており、スマホも勿論用意されています。

これを利用する事で、携帯代をぐんと下げる事も出来ます。

以前はその性能に不安を感じる声も多々ありましたが、実際使用してみると大手のキャリアと遜色なく十分に使用する事が出来ます。

携帯は私たちの生活の中でもはや手放す事が出来ない物になって居ます。

ですから、携帯をもたないと言う事は不可能です。

その為、使わないという選択をするのではなく、いかに使用しながら節約する事が出来るかどうかを考える必要があるのでは無いでしょうか。

美容代

美容代は、人によってその金額がマチマチです。

その為、全くかからない人も居れば、かなりかかってしまう方も居る事でしょう。

どこにお金をかけるかは自由です。

その為、美容代に多くのお金をかける事は悪い事ではありません。

しかし、美容代などの場合は成果がなかなか見えずらい部分もあります。

その為、ついかけすぎてしまう事もあるでしょう。

そんな時は、最初から月の予算を決めておく事をおすすめします。

月の予算を決めておけば、後は何に使っても問題はありません。

自分の生活に合わせた予算を組めば、無駄使いとならずに過ごす事が出来るでしょう。

美しさを追求する余り、ついあれもこれもとなってしまう事もあるでしょう。

ですが、何事も節度をもって行う事が大切です。

無理して行ったとしても、結局長続きさせる事は出来ないので、無理の無い範囲で行う事が長い目で見ればいい結果を産む事もあるでしょう。

美容院

髪の毛は女の命なんて言い方をする事もあります。

それほどまでに、多くの女性が大事にしている部分なのかもしれません。

通う頻度はマチマチですが、平均して年に3.4回は行くのでは無いでしょうか。

内容も様々で単にカットだけの人も居ればカットやパーマなどをする人も居る事でしょう。

この部分は、自己満足と言われればそれまでですが節約するのがとても難しい部分でもあります。

例え、他人から見れば大した変化が無かったとしても自分の中では大きく変わっていると言う事もあるでしょう。

行く事によってストレス発散に繋がっている人だって居るかもしれません。

その為、宇やたらめったら無駄だとは言い切れない部分です。

最近ではクーポンなどを使用したり、インターネット予約をする事によってポイントを貯める事が出来る物が多く用意されています。

その為、そう言った物を利用して少しでも節約に励んで見てはいかがでしょうか。

チリも積もれば精神は意外と大切なのかもしれません。

交通費

会社に行くにしても、学校に行くにしても電車やバスに乗る事になればお金はかかる物です。

それが交通費です。

交通費を節約する為には、様々なルートを検索して一番お得な場所を利用する事をおすすめします。

しかし、中には一本しか行き方が無い場合もあるでしょう。

そんな時は、交通費を支給してくれる場所で働く事をおすすめします。

学校の場合は、交通費を支給してくれる場所は殆どありません。

その為、他の部分で節約するしかないでしょう。

しかし、仕事の場合は場所によっては交通費を支給してくれる所があります。

その為
、そういった場所を選ぶ事によって自分の中での交通費を節約する事が出来ます。

正社員で無くとも、交通費を支給してくれる所は沢山あります。

その為、そういった場所を探してみてはいかがでしょうか。

書籍代

趣味の世界は誰かにとやかく言われる物ではありません。

他人から見れば単なるガラクタにしか見えなかったとしても、本人からすればとても重要な物である事だって十分に考えられます。

その為、自分が理解出来ないことであったとしてもむやみに批判する事は良くないでしょう。

例えば、本などの書籍の場合購入するとお金がかかります。

また、保存する場所も必要となる事ともリ、嫌煙される事もあるでしょう。

ですが、何に癒しを求め何を大切にして行くかは本人の自由です。

もし書籍を購入する事が生きがいなのであれば、それを批判する事はいかがな物でしょうか。

もし、他の部分を全て我慢して限られたお金を使用しているのであれば誰にとやかく言われる事も無いでしょう。

趣味の世界があるからこそ、人は頑張って日々を過ごす事が出来るのかもしれません。

そういった意味でも、なんでも感でも節約する事は良い事とは言えません。

最近出は、電子書籍の普及も進んでいます。

人によっては場所を取らないのでそちらの方がいいと思う方も居るかもしれません。

自分にあった方法を選択しつつ、上手に趣味の世界と付き合って行く事も重要なポイントでしょう。

タバコ代

タバコは、ここ数年でドンドン値上がりをしています。

その為、これを無駄だと言い切ってしまえばそれは簡単な事なのかもしれません。

しかしながら、本当にタバコを吸う人は、一箱1万円になっても欲しいと言っている人がいました。

実際に買うかどうかは分かりませんが、それほどまでにタバコの事を愛しているのは事実です。

今では、喫煙する事が出来る場所も少なくなり、多くの喫煙者が肩身が狭いをしている事でしょう。

ですが、そんな状況であっても愛煙家の方はタバコを辞めようとは思わないのです。

それは一種のいぞでもあると言えますが、それと同時にストレス発散にもなって居るのです。

今の時代はストレスの多い時代となって居ます。

その為、時には自分の中でストレスを上手に解消する事も必要でしょう。

そういった意味ではタバコを吸う事も100%悪い事とは言えないでしょう。

人によってはタバコの煙がいやだから、辞めて欲しいと思う方も居るかもしれません。

しかし、趣味嗜好はそれぞれです。

ある程度マナーを守って使用しているのであれば無下にする事は出来ません。

もしどうしてもタバコを辞める事が出来ないのであれば、それも仕方がない事です。

ですが、そのたばこ代を捻出する為にはある程度他の事を我慢する必要があります。

それでもなおタバコを吸いたいと思うのであれば、それもまた必要経費なのかもしれません。

ギャンブル

ギャンブルは、基本的に人生を崩壊させる可能性があります。

その為余りおすすめ出来る物ではありません。

しかし、多くの人がそう思っているのにも関われず、ギャンブルが無くならない理由はよほど多くの人がギャンブルを楽しんでいるからなのでした。

ギャンブルには、中毒者を出すほどの独特の楽しさがあります。

勝てば億万長者になる事だって夢ではありません。

その為、多くの人がムキになって多くのお金を注ぎ込んでいるのです。

冷静になって考えれば、馬券を買わずにお金を貯めた方がより的確にお金を貯める事が出来るのでは無いかという問題です。

ですが、そこには楽しさがありません。

もしかしたら、これで億万長者になる事が出来たのかもしれない。

そんなワクワク感を感じたいが為に、多くの人がギャンブルを楽しんで居るのでしょう。

ギャンブルは犯罪出はありません。

自分の気持ちを大切にして、お金を使用していけば良いのです。

自分の気持ちを冷静に判断する事が出来るかどうかが、社会に出て働く事が出来る大人なのかどうなのかの分かれ道なのではないでしょうか。

お金を増やすためには?

お金を増やす為には、お金を稼ぐ事が重要です。

多くの収入があれば多くのお金を増やす事が出来ます。

ですが、どんなに頑張って仕事を下としても、いきなり収入が増える事はありません。

一攫千金を目指して転職するという考え方もあるかもしれませんが、それはかなりのリスキーであり家族が居るひとなど守るべきものがある人にはあまりおすすめ出来る方法では無いでしょう。

また、収入がどんなに多い人であったとしてもその分多く使用してしまっているのであれば結局手元には何も残りません。

入ったら入っただけ使用する。

そんな使い方を繰り返して居れば、間違いなく破滅してしまう事でしょう。

お金を増やす為には、稼ぐ事も重要です。

ですがもっと重要な事はそのお金をいかに効率的に使用して無駄の無い使い方をする事が出来るかという部分いかかっています。

例えお給料が全く増える予定が無かったとしても、そのお金を上手くやりくりする事が出来ればお金は確実に増やす事が出来ます。

もちろん収入は大事!

お金を貯めようと思った際、把握して欲しい事があります。

それは必要経費です。

家賃や光熱費など、生きていく為には必ずかかるお金があります。

その金額を把握する事が出来れば、お給料引くその額がおのずとやりくり費と言う事になるでしょう。

やりくり費を把握する事が出来れば、そのなかからいくら貯金するのかを決める事も出来、計画的にお金を使用する事が出来る様になるでしょう。

その為、その金額を把握する事はとても重要なポイントです。

ここで一つ注意して欲しい事があります。

それは、必要経費とお給料がほぼ変わらない場合です。

その場合は、どんなにお金を貯めようと思った所で実際に貯める事は出来ません。

殆どが削る事が出来ない部分なのですから、当然と言えば当然の事でしょう。

その為、このような場合にはやりくり費などと考えている場合ではありません。

まずはお給料を増やす事が先決です。

仕事によっては入社して間もない頃はなかなかお給料が上がらない時期もある事でしょう。

安定している事で知られて居る公務員でさえも、基本的には年齢給です。

その為、大卒で入社したとしてもそう多くのお金を貰う事は出来ません。

その為、貯金もなかなか増やす事は出来ないでしょう。

そんな時は、焦らず時期を待つしかありません。

急いで転職を下としても結局経験値がゼロになってしまうだけです。

急いでお金を増やす事ばかりに固執するのでは無く、自分の身の丈にあった生活をしていけばいいのです。

収入を増やす事が出来れば、お金もおのずと貯めていく事が出来るでしょう。

それまで気長に真面目に生活して行く事をおすすめします。

でも支出を抑えるのも大事!

お給料をいきなり増やす事は出来ません。

どんなに働いた所で、収入は決まっている場合が殆どであり頑張ったからと言ってお給料が2倍にも3倍にもなる事はありません。

社長などの会社を経営している側の人であればそんな事もあるかもしれませんが、一般人から考えればそんな事はまずありえません。

正に夢物語でしょう。

そんな夢物語の時間を使うのであれば、真面目にお金について考える事のほうがよっぽど賢明です。

お金について考える時に、最も重要な事があります。

それは稼ぐ事よりも貯める事です。

お金を稼ぐ事はとても重要な事です。

ですが、それは一日や二日で急に出来るようになるものではありません。

どんなに努力下としても、それが報われるとは限らず時間がかかる場合が殆どです。

ですが、お金を貯める事は誰にだってする事が出来ます。

お金はやみくもに貯めようと思っても貯める事が出来る物ではありません。

しかしながら、自分が本当に必要なものとそうでない物を見極める事によって、自然と節約して行く事を身に付けて行く事が出来るようになるでしょう。

最初はなかなか思うように進める事が出来なかったとしても、気が付けば自然と出来るようになっている物です。

重要なのは、いかにお金を貯める事に意識をもっていく事が出来るかどうかなのでは無いでしょうか。

お金を貯めるコツを掴む事が出来れば、無理なく節約をすすめて行く事が出来ます。

無理をしない事によって、自分の中のストレスを貯める事無くスムーズに作業を進める事が出来るようになるのでは無いでしょうか。

節約志向でお金を増やす!

お金は人生を豊かにします。

お金がある事によって得る事が出来る物も沢山ある事でしょう。

ですが、お金さえあれば後は何も要らないかと聞かれればそんな事はありません。

お金は勿論必要ですが、お金だけで良いとは言えないでしょう。

その為、そのバランスを見極める事がとても重要なのです。

お金は使い方によってはいくらあっても足りないと感じるでしょう。

同じように1万円を貰ったとしても、使い方は人それぞれでありいかに有効に使う事が出来るかどうかは本人の意思にかかっています。

上を見たらきりがありません。

どんなに満たされた生活を送って居たとしても、それに気が付く事がなければ、自分自身の心を満足させる事は出来ないでしょう。

その為、お金の価値観はしっかりともっておかなければなりません。

それを養う事が出来なければ、例えどんなに沢山のお金があったとしてもその使い道を考える事が出来ず常に満たされない毎日を送る事になってしまうでしょう。

そんな人生は幸せとは言えません。

お金の価値観をしっかりと自分の中で捉える事が出来れば、お金を大事に使用する事が出来ます。

その為、節約意識も自分の中でしっかりともって生活する事が出来るでしょう。

自分の生活に満足する事が出来れば、今置かれている状況で十分満たされた日々を送る事が出来るでしょう。

それをする事が出来るかどうかが大きな問題なのです。

節約志向というと、どうしてもせこせこして貧乏くさいような印象を持たれてしまう事もあるかもしれません。

しかし、節約志向とはお金を大事にする考え方の事を指しています。

限られたお金を大事にする事が出来るかどうかによって私たちの日々は全く違った形となる事でしょう。

【節約したいなら、こちらの記事もチェック!】

お金を増やすために挑戦してみて!

いかがでしたでしょうか。

自分のあった節約方法を見つける事は出来ましたでしょうか?

節約する部分は、どんな事であっても構いません。

食費を節約する人も居れば、衣服を節約する人も居るかもしれません。

どんな事を節約して、どんなものにお金をかけるかは本人の自由なのです。

例え反れが、他人から見れば無駄な事に思えたとしてもそんな評価を気にする必要はありません。

あなたの人生は、あなたの物です。

その為、優先する物も自分自身で決めれば良いのです。

例え他人から何を言われようとも、自分の中で大切にするものを守る事が出来るのであれば節約をする事ぐらい分けないでしょう。

節約は、自分との戦いです。

その為、なんでも間でも我慢する事はおすすめ出来ません。

そうしてしまうと、ストレスが溜まり継続する事が出来ないからです。

生活を圧迫する事無く、出来る範囲で頑張る事が節約の基本なのでは無いでしょうか。

お金は大事な物であり、限りある物です。

いくら毎月お給料が入るからと言って全てを使ってしまっているようではいざという時に何もする事が出来なくなってしまいます。

その為私たちは、自分の生活を維持させる為にも、お金を貯めておく必要があるのです。

いざという時に困らないように、しっかりと節約をしてお金を貯めていきましょう。