あなたは、おもてなしの心とはどのような心の持ち方だと思いますか?

日本は、おもてなしの文化があるといわれ、数多くの外国の方からとても高い評価を得ています。

また、東京オリンピックのプレゼンでも使われた「おもてなし」という言葉でもあるため、それまでは重視しなかった方も少しずつ気になる対象になっているのではないでしょうか。

そんな「おもてなし」ですが、日本にで生まれ育ったとしてもなかなかどのようなものなのかをはっきりと理解していない方が多いのも事実です。

しかし、観光業やホテルなどを営んでいる方、またはサービス業で毎日多くの方と出会うことが多い方にとって、おもてなしとはどういうことなのかを理解しておくことは不可欠です。

しかし、それを理解せずにまたは勘違いしている方が多いんですよね。

この記事では、おもてなしとはいったいどういうもなのかをご説明します。

また、おもてなしをする際に少し工夫するだけでもっと相手を喜ばせることの出来るヒントもご紹介しています。

ぜひ、この記事を参考にして日本文化のひとつである「おもてなし」を使いこなせるようにしてみてください。

あらゆるサービス業に就いていない方であっても、それは私生活でも必ず役に立ってくるはずです。

日本の文化、おもてなし

日本といえば、どのような文化を思い浮かべますか?もしかしたら、武道のようなサムライとか武士とか、和食、着物…なんてさまざまなことが思い浮かびますよね。

特に和食などの懐石料理などを食事しにいくと、とてつもない”おもてなし”をされることがあります。

高級料亭であればあるほど、またはそうではなくてもおもてなしをしっかりしてくれるお店には、特別視してしまうものです。

では、その日本文化ともいわれるおもてなしですが、あなたはそれをどのように説明しますか?相手を思いやる?それとも、相手に不快な思いをさせない…?

人それぞれによって、おもてなしに対する気持ちが全く違うものなんです。

しかし、おもてなしにはきちんとした定義があります。

それを聞いたら「ああ!なるほど!」なんて納得できるかもしれないですね。

よく使う言葉であるし、きっとご自身もおもてなしをしている身であるにも関わらず、しっかりと説明することはなかなか難しい言葉なのです。

さっそく、おもてなしとはどういう意味なのか詳しく見ていきましょう。

また、多くの方におもてなしという言葉を知らしめることになった、東京オリンピックのプレゼン、また日本人だからこそおもてなしの心を持ちたいその理由についてそれぞれ見ていきましょう。

おもてなしとは?

おもてなしとは、簡単に説明すると「心をこめて、相手への接待やサービスを行なうこと」です。

そのおもてなしというのは、ちょっとしたことで感じられることもあれば、高級なお店に行くことでしか感じることが出来ないこともあります。

身近で感じられることといえば、友達や知人のホームパーティに呼ばれた時などにも感じることが出来ますよ。

来客があることを想定したお菓子や飲み物、部屋の整備などがなされているんです
座ったらすぐにお茶を出してくれて、食べやすい大きさにカットされた果物やお菓子、ケーキを出してくれる。

それって、相手のことを思って”おもてなし”をしているのです。

そのおもてなしの心がない人の家にいったら、おもてなしの心がある人とは違って「迎えられている気持ち」を感じることが出来ないものです。

そうです。

おもてなしとは、”あなたのことを受け入れますよ。

とても質の良いサービスをしますよ。

心地よい空間を提供しますよ”といっているのと同じかもしれません。

接待なんていうと、会社の重役さんや取引先との関係を思い浮かべることがあるかもしれません。

その際だって、相手に嫌な思いをさせないように出来るだけ心地よくその場にいてもらえるように、いろいろと工夫をするのではないでしょうか?

それは自分の会社の利益を上げるためにやっていることかもしれません。

しかし、それだけではなく実は「おもてなし」までしっかり出来ているんですね。

また、おもてなしをさりげなくするのもとてもすばらしいことですが、気持ちを込めておもてなしをすればするほど、そのサービスの質はよくなります。

そして相手に必ず伝わるものです。

日本中のほとんどのスーパーやコンビニで買い物をすると、「ありがとうございました」とか「いらっしゃいませ」なんて普通に声をかけてもらえますよね。

しかし、外国では日本では当たり前のようなその光景が見られないこともあります。

また、おつりの渡し方にしても「まるで心がこもっていない人」と「買ってくれたことに感謝している人」というのは、言葉を交わさなくても分かるものです。

そのちょっとした”おもてなし”の心があるかないかによって、その店の評判が悪くなったり良くなったりするのです。

もしも、現在サービス業を行なっている人はお客様に対しておもてなしが出来ているでしょうか?もしかしたら「所詮バイトだし」「誰もみてるわけないし」なんていう理由で、冷たい態度で接客をしているかもしれませんね。

しかし、それは相手に確実に伝わっているものであり、ひそかにあなたの評価を下げていることになるのです。

しかし、おもてなしの心―相手に心地よい空間を提供しようとする気持ち―を少し持つだけで、それは変わっていくものです。

滝川クリステルさんのプレゼンでも話題になりましたね!

また、おもてなしという言葉が注目されるようになったのは、東京オリンピックの際に滝川クリステルさんがプレゼンで発言したことから始まりました。

それまでにもホスピタリティを追求している業種・職種では、おもてなしについては注目されていました。

しかし、あのような世界の現場において「おもてなし」という言葉を使ったことは、世界中に日本文化であるおもてなしを広めることになったのです。

それに滝川クリステルさんの話し方も落ち着いていて、日本人の「静」のイメージを連想させるものでした。

たった5文字の「おもてなし」という言葉ですが、そこにはたくさんの愛と相手を思う気持ちが詰まっているのです。

そのプレゼンを見て、日本人でもおもてなしという言葉を知った方もいるかもしれませんね。

そのような機会に日本文化であるおもてなしを知ることが出来たのは、とてもラッキーだと思いましょう。

せっかく日本に生まれ、または日本で過ごしているのですから昔から言い伝えられている、日本人らしい「おもてなし」の気持ちを大切に生きていってほしいものです。

日本人らしいおもてなしの心を!

外国人が日本人に持っているイメージといえば、静かだったり、あまり意見を言わない…なんてネガティブなものがあります。

しかし、おもてなしのしっかりしている飲食店やショップに入った後の外国観光客の方は、そのおもてなしに心を打たれることが多いんです。

海外では、おもてなしの心を持って営業しているお店ももちろんありますが、日本ほど多くはありません。

日本では、ほぼ全ての店舗においておもてなしの気持ちがいきわたっています。

というのも、働いている本人たちは、それがおもてなしなんてわかってもいないことが多いんです。

バイトにせよ社員にせよ、その企業に入ればその会社の”方針”に従うことになりますね。

必ず、いらっしゃいませを言いましょう、なんて当たり前のことですが、それを指針にしている企業もあります。

場合によっては、出勤したらその用語を全て読み上げてから店頭へ出る…なんてこともあります。

それは、働くものにおもてなしの心を学ばせると同時に企業のイメージアップもしているのです。

そうやってやらされている人にもおもてなしをすることはできますが、できれば自分から率先しておもてなしをしたいものですよね。

日本人なのだからこそ、日本人にしかできないキメ細やかなサービスを提供していきたいはずです。

日本人という特性を生かして、日本人らしい”おもてなし”をしていきましょう!

おもてなしで喜んでもらう工夫12個

おもてなし・・・といっても、実際にどのようなことをすればいいのか、なかなか分からないかもしれないですよね。

しかし、日本人だからこそ、日本に住んでいるからこそ「おもてなしの心を大切にしたい」と思えたのなら、あなたは必ず素晴らしいおもてなしを提供することができるようになるはずです。

ただ相手の立場にたって、相手が心地よいように過ごせるようにするのは誰だって出来るものです。

そうであるならば、その基本的な気持ちや行動に加えて、もっと人が喜んでくれるようなおもてなしをしたいと思いませんか?

ここでは、おもてなしをする時にぜひ工夫していただきたいポイントを12個ご紹介しています。

既に実践している方もいらっしゃるかもしれません。

そうであるならば、それだけではなくほかの要素も足してみることをオススメします。

そして、おもてなしをグレードアップさせてあなたオリジナルのおもてなしを提供し、誰かを喜ばせてみては?

しっかりプランを考える

まずは、どのようにして相手を喜ばせるのかプランをしっかり考えましょう。

何事も戦略が大事になってきます。

やる気はあっても、その戦略がしっかりしていなければそのやる気は水の泡になってしまうことだってあるのです。

そうもしてしまえば、モッタイナイ!まずは、相手にどうやって喜んでもらいたいのかをしっかりイメージしましょう。

もしも飲食店経営者であれば、どのようなおいしさを提供したいのかを考えるべきです。

お客さんが心から感動するような味を提供する?それとも食べてて元気な気持ちになれるものを提供するのでしょうか?

それによっては、どの食材を使うのかまで全く変わってきますよね。

もしも、お金持ちレベルを対象にしているお店であれば、それなりにラグジュアリーでゴージャスな、そして質素な…お料理を提供しようと考えるかもしれません。

全てはお客様のためです。

ただお店に来て食べて、満腹になって帰る。

だけではないのです。

食べることによって、どのような気持ちにさせたいのか?

そうさせるには、どのようなお料理を提供するのか?

また、どのような店内インテリアであれば、その料理に意識を集中させることができるのか…などなど考え出したらキリがないですね。

そのように、全ての方向からしっかりとプランをたてることです。

そうやってしっかりとプランを立てることによって、あなたの実現したいおもてなしが姿を現しやすくなります。

お出迎えする

お客様がいらしたときには、お出迎えをしましょう。

想像してみてください。

あなたはおなかがすいて、とある飲食店に入りました。

すると店員がいるのに、こちらを見向きもしないのです。

それどころか、目が合っても「いらっしゃいませ」の一言もないんです。

そのような場合は、どのように感じるでしょうか?食券式の食堂であれば、それが普通かもしれないですね。

しかし、レストランなどにいった時にそのような態度で迎えられてしまうと「店やっていないのかな」「今入っちゃいけなかったのかな」「気づかれてない?」なんて、お客様を不安な気持ちにしてしまいます。

しかし、いらっしゃいませと笑顔で言うだけで快くお店の中に入れるものです。

それに人は、第一印象で相手を理解しようとします。

それはお店であっても同じことです。

もしも、いらっしゃいませもないお店だったらそれ程度の店と認識します。

また、いらっしゃいませとはいっても面倒くさそうな顔をしていたら、とても嫌な気持ちになるものです。

その日は仕方なくそのお店で食事をするかもしれませんが、二度とその店にやってくることはないでしょう。

人は、思っていてもそのことを口に出す人、そして出さない人がいます。

出さない人が多いため、そうやってどんどん人気がなくなってしまうのです。

歓迎ムードをつくる

お出迎えをして、「来てくれてありがとう!」という気持ちを伝えましょう。

歓迎している雰囲気を出すのです。

そうすると、ココに来てよかったなんて安心することができますよね。

さきほどもお伝えしましたが、迎える気持ちがない店にいてもとても居心地が悪いだけです。

また、家にお友達を呼ぶ時なども歓迎しているムードを出すことで「きてよかった」と思ってもらえるのです。