皆さん、貯金はしていますか?どちらかというと著者は貯金より投資派です。

やはりお金は持っておくよりも増やしたいタイプです。

ですが、掲示板を見ていても日本人は貯金が好きだなと思うほどに貯金している人も多いですね。

ですが、貯金が好きとはいっても、貯金が全くない世帯もまた三分の一にくらいはいると言われています。

確かに著者は投資派ではある者の不測の時に使うお金でしたらあります。

ですので、貯金の多い少ないはともかく困らないくらいのお金があるのは大切なことです。

ただ、貯金が少ないとか貯金がない人も決して不真面目に生活をしているわけではありません。

最近いろいろと値段も上がっていますので、節約が大変なのもそうですし、県営住宅や市営住宅は多くの人が入っていてなかなか抽選であれば当たらないこともあります。

そんななかなか貯められない方がお金を貯めることができるようにするにはどうしたらいいのかを見ていきましょう。

おすすめのお金の貯め方

では、なかなかお金を貯めるのが苦手な人でも難なく貯めることができる方法をいろいろと見ていきましょう。

1.小銭貯金


普段買い物をしているとお札でお金を払っても小銭が返ってきませんか?その小銭を貯める方法はおすすめです。

著者も昔現金支給だった職場があり、給与の小銭部分を貯金箱に入れておりました。

それを2年続けていたらなんと7千円くらいになっていました。

特に苦なくためることができましたし、そんなに労力を使っていないのに意外にもたまるのだなと感心したものです。

もちろんいくら貯めるのかにもよりますが、これが20年続けると7万円、40年続けると14万円となります。

継続は力なりですね。

このように小銭貯金をすることでお金がたまっていきます。

小銭貯金の方法を見ていきましょう。

1.毎日残った小銭を全て貯金箱へ

著者の場合は現金支給の給与をもらっていた時に実行しておりましたが、最近は銀行振り込みが圧倒的に多いので、普段の買い物の時に余った小銭を入れる方向性で行きましょう。

毎日となるともっと貯まる速度は速くなります。

ですので、毎日貯金箱に入れていく事で驚くほど速く貯金ができることがあります。

著者が貯金という方向性で考えるとしたら、この小銭も一通りたまったらネット銀行の定期預金に預け入れるなどを検討します。

ネット銀行は平均的に普通の銀行より金利が高めな傾向にあります。

著者なら迷わず小額投資をするところですが、投資に関する考え方や才能は人それぞれで、どうしても苦手な方も珍しくありません。

ですが、定期預金であれば投資が苦手な方でも安心して預け入れることができますね。

2.500円玉貯金

500円貯金も非常に話題になりましたね。

貯金箱もありますが、本型のものもあります。

ですので、コツコツと楽しみながら500円を積み立てることができるのです。

一時期大変話題になりましたし、今もそのように貯金している人もいるのではないでしょうか?

この500円玉貯金ですが、意外にも数万円単位で貯まると言うこともあり、旅行の代金に当てると言うような方もいるようですね。

著者の父も、孫にランドセル買うためにと言うことで500円玉貯金をしてくれました。

それでランドセルを買ったのですが、大体50,000円位のランドセル無理なく買える位になっていました。

生まれた時から食べてくれたと言うことで、意外にも太い金額になるのでなどを届いたものです。

貯金箱のタイプにもよりますが、もう入りきらない位にまでたくさん貯めてから開けるとすごい金額になっていることもあるようですよ。

【500円貯金については、こちらの記事もチェック!】

3.家計簿を付け毎日使える限度を決める


貯金ができない人の特徴として、色々と生活費を使って思ってから貯金すると言うようなスタンスの人なのだそうです。

ですので、もう初めから貯金する金額を貯金としてはねのけた時点で家計簿を管理することで、貯蓄ができるようになるのだそうです。

ですので、大切な事はまず家計簿をつけ、限度額を決めることです。

後から少々触れますが、できるだけ固定費を減らした方が数万円台の節約になることがあります。

ですので、その条件をまず決めてしまいましょう。

その上で、試行錯誤した上で変動費を削るようにすることで、節約ができるようになります。

そのためにも大切なのはまず家計簿をつけることです。

どうしても家計簿が続かないって言う人もいるでしょう。

そのような人であれば、きっちり付けようとせず、大まかな家計簿で良いのです。

面倒であればレシートを貼り付けるようなことをしても良いでしょう。

実際にレシートを貼り付けるタイプの家計簿もあります。

最近はアプリでもそのように簡単に管理できるようなタイプのアプリがあるのだとか。

なんとレシートスキャンするだけで良いそうですよ。

自分で楽なスタイルを決めてください。

おすすめの節約方法

いざ節約しようと思うと、比較的簡単な節約方法から非常に難しいものまでそれぞれありますよね。

そして、皆性格が違いますので、できる節約方法とできない節約方法もありますし、やってみて苦痛が伴うか否かと言うのは分かれてきます。

ですので、いろいろなオススメの節約方法から、自分に合った節約方法を見つけ出しましょう。

1.固定費から先に削る

まず節約の王道と言える方法は、固定費から節約する方法です。

こちらの固定費であれば、数万円単位で削ることができるようになります。

都内の方だと難しいかもしれませんが、地方に行くとワンルームが3万円以下のような物件もたくさんあります。

中には水道代が込みと言うような物件まであるので驚きです。

この固定費を削る方法は大変有効ですので、独身の方はもちろんですがファミリー層の方、お子さんが独立した後の方、どの世代の方にとっても有効です。

著者が住んでいるところは地方ですが、70,000円位で駅近の新築、2LDKの物件に住むことができます。

ですが、これを少々レベルを下げ、築10年位と言うふうにしたらもう少し家賃が低いところに引っ越すことができます。

さらには、駅から少々離れる位のところであれば、もっと家賃は安くなります。

皆が持っている携帯電話やスマートフォンですが、こちらの通信費もまた固定費で減らすことで節約ができます。

できる範囲で格安スマホなどを検討しましょう。

さらには地方であると車が1人1台必須と言うような地域もあるでしょう。

車の本体、車検代、ガソリン代、その他諸々の維持費等含め、だいたい月換算にすると40,000円位かかるとも言われています。

ですが、これを手放すことで大きく節約に役立つのだとか。

この場合であれば、むしろ少々駅から近いところに越す代わりに車を手放すと言うような形にすることで節約できることがあります。

ただ、こちらは地方によって色々と違うところがありますのでどうしても車が必要な人もいることでしょう。

そのような場合は、二台持ちから1台に減らすと言うような選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

1.スマホを格安スマホに

多くの人が持っているスマホですが、普通のスマホ使うことで月々7,000円位かかるということも珍しくありません。

ですが、最近は格安スマホでプランによっては大体2,000円ぐらい持つことが持つことができるようになります。

ただ、確かに価格が安く魅力的なスマホですが、少々注意点もあります。

それは、壊れたときの対応です。

自分で治せるほどに機械に強い人であればまだしも、そうではない人にとっては、故障時にどこに持っていったらいいのかなどで悩んでしまう方もいるようです。

そのような方でしたら、格安スマホを扱っているところで、修理の受付もしてくれるようなところを選ぶようにしましょう。

最近は、イオンであったり、楽天などなど、いろいろなところが格安スマホの分野に参入してきています。

ですので、色々と見比べた上で契約をするようにしましょう。

その時に月々の料金ももちろん大切ですが、もし壊れてしまったときにどのようにしたら良いか分からない人はそのようなアフターフォローについてもしっかりと確認するようにしてください。

2.公共料金のプラン変更をする

公共料金は基本的に変動する料金ではあるものの、こちらもプランを変更することによって大きく節約することができます。

例えばですが日中家にいないのであれば、日中の電気代が少々高くなる代わりに、夜間の電気代が安くなるようなプランを申し込めば大きく節約することができます。

一人暮らしの方であったり、時折築年数が古く水道がマンションで1つしかないと言うところであれば、水道代が込み入っているところがあります。

そのようなところに角会をすると言うのもいいかもしれませんね。

気になるプランの変更方法ですがお住まいの地区の業者のサイトを見ると見つかることがあるので、調べてみましょう。

2.コンビニで飲み物を買わない

コンビニは24時間営業であることから大変便利です。

いろいろなところに立っていることから、ついつい立ち寄って飲み物を買ってしまったりします。

ですが、そのような24時間営業に適するような利益を稼ぎ出すには少々価格設定が高くなっています。

ですので、極力飲み物買わないようにしましょう。

極力、自宅からお茶をもっていくようにするなどをすれば月々3,000円位の節約になることがあります。

それは、例えば100円の飲み物30日間買ったとしたら、それぐらいの金額になるからです。

ただ、今朝も地方に積んでいますが中にはスーパーが遠く、近くにあるのはコンビニだけと言うような地域もあるんですよね。

車だとそこまで感じませんが、車の免許がないとか、経済的な問題や健康の問題で車を持っていない方でしたら、スーパーまでバスで行くような形になります。

そうするとバスなどの交通費の往復などを考えると結局はコンビニで買ってしまった方が安いと言うようなケースもあります。

ですので、飲み物を極力買わない選択も大切ですが、ケースバイケースです。

3.安物買いの銭失いをしない

最近、色々と100円ショップもありますので安い物が色々とある状態です。

確かに安いものお得にゲットできた喜びは大きいですよね。

著者も買い物が好きなので大変よくわかります。

ですが、やはり、中にはすぐに壊れてしまうようなものもあるのです。

そのような時に、また新しく買い換えるって言うのを繰り返すと、結局は普通に安売りでないものを長く使ったほうがお得であるケースが多いです。

ただ、こちらも色々と違いがありますので各分野ごとに注意して見てみましょう。

例えばですが、消耗品で、なおかつあまり力を必要としない場合は100円ショップの方がお得であるケースが多いです。

ですが、消耗品で、かつたくさんの量を消費するものであれば、100円ショップだと少々損になる可能性があります。

例えばですが、セロテープがたくさん欲しい時は長さを見てみましょう。

普通に売っているものの方が、量が多く、計算していくと普通に買った方がお得であることがあります。

また、使い捨てにしたいものであれば、100円ショップの方が良いケースもあります。

4.省エネタイプの家電を選ぶ

昔はクーラーといえば非常に贅沢品で電気代は非常に空と言うイメージがありました。

ですが、昨今は気温も非常に高くなり、熱中症の危険が出てくるようになったのです。

ですので、無理にエアコン我慢することで医療費がかかり、結局は損をするということがあります。

ですので最近は快適に、なおかつ省エネタイプの家電を選ぶということが重要になりつつあります。

いろいろな条件があるので一概には言えませんが、仮に1ヵ月24時間ずっと稼働させ続けたとしても、電気代が3,000円上がる程度と言うようなエアコンもあるようですね。

そこまで電気代がかからないのであれば、むしろ暑さを我慢するよりかはエアコンを使ったほうがお得になります。

また、冷蔵庫についても買い換えるのであれば24時間稼働するものですので省エネタイプを選ぶと非常にお得です。

5.家庭菜園を始める

最近、色々と野菜も高くなっていますよね。

可能なものは出来る限り家庭菜園をしてみてはいかがでしょうか?
例えばですがトマトは比較的簡単にできるようです。

簡単にできる野菜としてトマトが挙げられるのは、少々放置しても大丈夫な位高野でも育つと言う特徴があるからです。

そのトマトの他にも、ししとうやピーマンなど色々と、育てやすい野菜はあります。

著者の父も、孫がトマトが好きだということでトマトを喜んで作っていますが結構量ができるものです。

トマトも買えば4個で398円位します。

ですので、そのようなものは積極的に作っていくようにしましょう。

家庭菜園と言うと、庭や畑がないかとダメかっていうとそうではありません。

プランターでできるものもありますので、ベランダに置くというのも手です。

そのように育てやすい野菜を家庭菜園をして、野菜代の節約を図りましょう。

6.クレジットカードで払ってポイントを貯める

こちらの向き不向きがありますが、あったらあっただけ使ってしまうタイプでなければクレジットカードを使ったほうが断然オススメです。

それは何故かと言うと、クレジットカードを使って支払いをし、一括払いをする状態でもポイントを貯めることができるからです。

ポイントは、金券にも変えることができますし、いろいろな使い道があります。

著者のオススメは楽天カードです。

まず、第一に非常に門戸が広いところがありますので、非正規雇用の方であっても審査に通ると言うことも可能だからです。

ですが、支払いが少しでも滞るとすぐにカードが止まるということがありますのでそこは気をつけてください。

そして、楽天カードだと、楽天ポイントが付きます。

この楽天ポイントも非常に使い道が広いですので、楽天ショップ内の商品を買うこともできますし、最近は薬局など実際の店舗でも楽天ポイントを使うことができます。

さらには楽天トラベルなどのポイントを使うことができるので、節約に大きく役に立ちます。

【クレジットカードについては、こちらの記事もチェック!】

7.自転車通勤する

お住まいの地域にもよりますが、出来る限り自転車で通勤するようにすると、車の維持費や、バス代や電車代などの節約になります。

こちらは、交通費が出ないところにお勤めの方であれば、そのような節約は必ずするべきです。

ただ、交通費が支給されると言うことであればその限りではありません。

確かに健康に良いのでそのようにするのは大切ですが、例えばですが自転車で通勤をし、着いたらもうくたくたと言うような状態になると仕事に支障が出ます。

ですので、無理のない範囲でなおかつ、その節約方法が必要な方はそうするようにしましょう。

おすすめの預け先は?

このように貯金をするというのは非常に素晴らしいことですが、やはり預け先を考えたいですよね。

では、どのような銀行に預けるのが良いのでしょうか?一つ一つ見ていきましょう。

1.金利が高い銀行

最近、日本の金利は非常に低い事は有名ですよね。

著者もその年代には入れませんでしたが、著者より少し上の世代の方だと、普通預金の通帳に10年間預け入れていると元本の2倍位の金利がついていた時代もあったようです。

ですので、最近はお金を積極的に増やそうと思うと、お金を預け入れるという方法ではなく投資と言う方法取る人が、圧倒的に多いです。

ですので、金利が高い銀行なんてないのではないかと思いますが、意外にもそのようなところはあります。

確かに投資のような高い金利と言うわけにはいきませんが、日本の低金利に比べると、圧倒的に金利が高いと言うところがあるのです。

やはりせっかく熱切れるのであれば金利が高いところがいいですよね。

ですので、そのような特徴があるところを一つ一つ見ていきましょう。

1.ネット銀行は高金利

日本の人口が低金利なのは非常に有名ではあるものの、ネット銀行はおしなべて高金利な傾向にあります。

高金利で言うとなんだか怪しく感じるかもしれませんが、これにはれっきとした理由があるので決して怪しくありません。

気になる理由としては、やはりネット銀行は店舗を持っていないので、店舗を持っている銀行に比べるとコストが断然安いのです。

まず、人件費は企業にとってとても大きいものですが、ネット銀行であれば人員を割く必要があまりないので、人件費がそこまでかからないのです。

だからこそ、このような高金利をつけても全く問題がないのですね。

さらには、最近出てきたサービスですので、店舗を構えている普通の銀行に比べると、まだそこまで顧客がいない状態です。

ですので、この高金利で客寄せをしたいという思いがあります。

ですので、ネット銀行は高金利なのです。

2.宝くじ付き定期預金

1億円の宝くじを目指して宝くじ券を購入している人も多いのではないのでしょうか?
確率が低いことからそのような宝くじ離れはあるものの、やはり買わないとそのようなチャンスにも恵まれませんよね。

でも、こんなジャンボ宝くじ定期預金があるのはご存知でしたか?
預け入れる期間は3年間で、利率は半年ごとに見直される特徴があるようです。

そして預け入れる金額が増えれば増えるほどプレゼントされる宝くじの枚数が多くなります。

ですので、より一億円が当たるチャンスが増えると言うわけです。

しかも、このジャンボ宝くじは発売してから2週間後に、自宅に送り届けてくれますのでわざわざ宝くじを購入しに出向くと言うことがないのです。

しかも、変わり種としては、当選祈願までしているそうですよ。

興味がある方は宝くじ付き定期預金を検討してみてはいかがでしょうか?

3.自動積立定期預金

やはり中にはどうしても貯金が苦手な人もいるでしょう。

そして、つい給与が出たときに貯金の分を向けておくのを忘れてしまうような人もいるかもしれません。

そこまでそそっかしくないとは言っても、日々の忙しさで、ついついそのような振り分けを忘れてしまうことも珍しくありません。

そんなことに非常に助かるのは自動積み立て定期預金です。

自動積立定期預金であれば、指定した日に自動的に積立預金のほうに振り替えてもらえます。

その他にもボーナスの時は増額できるような設定ができる場合もありますし、大体のところでは、その自動積み立てをしている金額のほかに、追加で入金することができるところも多いです。

また積み立て期間についても色々と取り決めができます。

特に、積み立て終了する期間を設けずに積み立てをずっと継続する方法もありますし、あらかじめこの日に終わらせようと言う日を設定することも可能です。

また払いだしについても、積み立て残高の1部を払い出すような設定までできます。

ですので、より自分の都合に合った方法を選ぶことができるのですね。

いろいろなところで自動積み立て定期預金の商品がありますので、ご自身に合うサービスを選びましょう。

4.財形貯蓄

もし、お勤めのところで最近財形貯蓄をしているのであればぜひ導入してみましょう。

こちらは、給料が出るときにもうすでにその財形貯蓄部分が減った状態で入ってきますので、銀行で積み立てるまもなくほぼ強制的に貯金ができます。

ですので、貯金がどうしても苦手で、企業にそのような商品があるのであれば積極的に導入しましょう。

財形について調べてみると、いろいろな特徴があるのに驚きます。

まずは、マイホーム購入や、様式など目的に応じた財形があるようです。

大まかに分けて、先ほど挙げた2種類の貯蓄とその他のも含めると3種類あります。

また、基本的に、5,500,000円までは、非課税ですので、普通の貯蓄に比べると財形貯蓄がお得な傾向にあります。

ですので、もしお勤めのところに財形貯金があれば利用しない手はありません。

日本人は貯金好き

世界中の人に身近な人がいると言うわけではありませんが、世界の人と比較してみても日本人の貯蓄実況大変有名ですよね。

著者は掲示板が好きでよく見ますが、貯蓄に関する悩みは非常に多いです。

貯蓄ができないと言う悩みに対して辛辣なまでのレスをしている人も目立ちます。

ただ、世界の貯蓄事情を調べてみると、意外にもそこまで貯蓄に関して無関心の国もあるようですね。

例えばですが、その具体例を挙げるとするとアメリカです。

なんと、貯蓄の平均額は500,000円だと言うのです。

日本だと、本当に心もとない貯金だと思ってしまいますよね。

ただ、アメリカだと、貯蓄はそんなにないけれど投資の文化が浸透しているのだといいます。

日本人だと、投資は怖いとか、ともすればギャンブルと混同しているような人も多く見受けられます。

ですのでアメリカの人であれば、貯蓄よりも投資となっているようです。

では、日本人の貯蓄に関する特徴などを見ていきましょう。

また、貯蓄に最適な方法なども考えていきます。

1.将来への漠然とした不安

日本人が貯蓄する理由としては、やはり将来への漠然とした不安が大きいです。

確かに、好景気の時とは違う不安感が色々とある時代です。

終身雇用ではなくなりましたし、年金額もだんだんと心もとなくなり、著者は40代前半ですが、著者が老後を迎えるような時代になると、年金がもう出ないのではないかとの声もあります。

そのようなことから、将来について楽観視できず、ついついお金をため込むところがあるのです。

確かに、お金があれば9割の事は解決します。

例えばですが最近共働きをしつつ、家事を外注するということが出てきましたね。

それは、やはりそのような家事労働を外注してお金を使うことによって、奥さんの収入が入り続けることに価値を見出しているのです。

最近は、よりお金が得られる方向性に行くことを奨励されています。

例えば女性でしたら一生働き続けるとかそのような感じにです。

やはりそれも皆将来への漠然とした不安があるからこそです。

2.無駄遣いをせず節約して貯金するのが得意

不安感から貯蓄と言うとあまり人生を楽しんでいない間がありますが、それでも無駄遣いをせずに節約して貯蓄をするのが得意な日本人は非常にそのようなところが美徳だと思われます。

やはり、必要なところにこそお金をかけることこそが重要です。

いろいろな家庭診断のことや、貯蓄額を聞く掲示板などで本当に数千万単位貯めていると言う書き込みもちらほらと見ます。

本当にそれぐらい貯めているかどうかの真偽は謎ですが、収入を増やしつつ、うまく節約をしお金を貯めていくのが得意な人が多いのだなと感心したものです。

3.目標を持って貯めることが大切

ただ、お金を貯めるのはやはり楽な作業ではありません。

ですので、目標を持って貯めないと途中で頓挫してしまうことがあります。

やはり、「お金を貯めなくてもいい」と言うのは日本においては大変危険です。

やはり、そこはアメリカと違うところで、貯蓄に関する考え方、教育に関する考え方は違います。

アメリカはどちらかと言うと学費を貯める発想がないのだそうです。

それはアメリカで高等教育を身に付けようとすると奨学金を借りるのが一般的なのたそうです。

ですので、親が働いてお金を貯めると言う思考があまりないのだそうですが、日本は奨学金に対するネガティブなイメージもあり、親が教育資金を貯めるのはある意味当然と言う考え方があります。

「ではアメリカ式で!」と行きたいところですが、皆がお金を払ってもらって学校に行っているところを1人奨学金を背負っていることで、もしかしたらその事を悲しむお子さんもいるかもしれません。

ですので、教育費等もできるだけ貯めれる限り貯めた方が良いのは言うまでもありません。

そう考えると、日本は貯蓄を使う時が複数あります。

それはマイホームであったり、教育であったり、老後資金であったりなどです。

4.時間がかかる節約は逆に無駄

よく節約のために、スーパーをはしごし最安値のもの買っていく節約をしている人いますよね。

確かにそれはそれでいい運動になって楽しい!と思っているのでしたらまだしも、しんどいと思っているのであれば、このような時間がかかる節約はやめましょう。

むしろ、その時間がかかる節約にかけている時間を、例えばですがアウトソーシングの仕事で稼げれば、節約以上のお金を得ることができるのです。

ですので、時は金なりということも視野に入れましょう。

5.節約とケチは紙一重

節約良い事ですが、ケチともなると少々聞こえが悪いですね。

やはり、交際費等を減らすのは大変危険です。

やはりなんだかんだ言って人とのつながりは必要です。

最近、貧困が問題になっていますが、彼らの問題は交際費に使うお金すらなく、孤立していくところにあるといます。

もちろん、人付き合いが苦手な人を責めるわけでは無いのですが、やはり人付き合いはあった方が良いのは言うまでもありません。

ですので、交際費を極端に減らす事はせずうまく節約するようにしていきましょう。

貯めるだけではダメ!

こんなにも貯蓄が大好きな日本人ですが、先ほども言ったように、不安定な世の中です。

ですので今貯蓄を貯めるだけではやっていけません。

ですので、使う所には使い、より大きなリターンを得られるようにしましょう。

1.自分への投資も大切

やはり、自分への投資ができるのであれば積極的にしていきましょう。

何か近くいることで年収が上がりそうだとかそのような事はありませんか?

例えばですが、母子家庭の方のお母さんが意を決して看護師免許を取得するようなこともあります。

このような投資であれば、ゆくゆくは稼ぎという形で大きなリターンがあります。

ですので、自分への投資を積極的にしましょう。

2.投資して増やすことも検討しよう

このように資格を取得してから仕事で大きなリターンを得るっていうのは非常に良いことです。

ですが、皆が皆そのような方法に向いているわけではありません。

やはり、ある程度の適職は大切です。

なかなか仕事面での投資が難しい方は、株などの投資でお金を増やしていくことを考えていきましょう。

著者の妻もとちらかと言うと、そのような仕事でリターンを得るようなタイプではなく、投資でリターンを得る方が向いているタイプです。

このように向き不向きがあります。

まずはデモで試してみませんか?

3.人のために使うと自分に舞い戻ってくる

やはり、最近は1人でも行きやすい世の中にはなってきましたが、まだまだ人の助けがあると非常に助かる世の中です。

ですので、人のために使うっていうのもいいですね。

そうすると、自分に舞い戻ってくることもあるからです。

情けは人のためにならずとはこのことですね。