世のなかに存在している言葉の中には複雑な意味合いをもっていたり、普段使わないために理解が難しい言葉がたくさん存在しています。

そもそも私たちは日本人でありながら日本語をすべて正しく理解していません。

日本語を研究している方や、日本語を教える先生であれば正しく理解している方もいるかもしれませんが、日本語ひとつをとってみても複雑な言葉や難しい解釈をしている言葉は存在します。

なので私たちが理解している日本語が全てではなく基本的な意味合いを持っているものや日常生活で多く使われるものに限定している場合が多いです。

それ以外の意味合いに関しては、過去にどれだけの勉強をしてきたかという事に依存してしまう傾向が強いです。

例えば、過去に勉強をたくさん行っている人はそれだけ知識として吸収されていますが、勉強などをあまりしてこなかった人は日常生活で使っている言葉以外には勉強したものしか残らないので、当然勉強してこなかった分、勉強してきた人よりも理解できない言葉が多いはずなんです。

そのように考えてみると、いかに物事を知るきっかけをたくさん作るかが大事であるという事に気づくと思います。

確かに必要ない事まで勉強する必要はないかもしれませんが、知っていないよりも知っている方が絶対に良いですし、いつか役に立つ時がきて、勉強していてよかったなと思える事があるはずです。

今回はそんなきっかけ作りも含めて、知らない言葉を知っていただきたいと思い、アイデンティティという言葉をテーマにして、アイデンティティの意味や使い方についてご紹介していきます。

️難しい言葉、アイデンティティ

あなたはアイデンティティという言葉の意味を知っていますか?
アイデンティティという言葉自体はたくさんの方が聞いたことがあると思います。

ある程度英語に詳しい方であったり普段アイデンティティという言葉を使う状況に身を置いている方であればその意味はよく知っているかと思いますが、普通の仕事をしている場合はなかなか知る機会もないです使う機会もない言葉だと思います。

アイデンティティという言葉と同じようになんとなく存在は知っているが今では知らないという言葉は非常にたくさんあると思います。

確かに難しい言葉ではありますがいつまでも知らないでいるよりかは、きっかけを作って言葉の意味を深く知ることがとても大事なのでこの機会にアイデンティティと言う言葉の意味を理解してください。

理解がちょっと難しい


英語の中には普段頻繁に用いるものだったりあるけど有名な言葉などが存在しているので意味を知っている単語や広くたくさんの人から用いられている単語が存在しているのは事実です。

交通の便が発達したり、インターネットなどによって離れた場所と人間のコミュニケーションが可能になった時代に突入し、外国の企業が日本に来たり、逆に外国に支社を作るなど、さらなるグローバルな時代になったからこそ、英語は世界共通語としての地位を確立しています。

なので、英語を話せるようになりたいと思っている方は多いですし、英語を話す必要性がある仕事が今たくさん生まれてきているのも事実です。

実際に英語を仕事で使っていない人でも単純にオッケーという言葉やモチベーションという言葉などは広く使われている言葉です。

日本でも気づかないうちに英語を使って話していることは多いです。

テレビなどでも取り上げられてる事がありますが、英語禁止ボウリングなどを聞いたことがある方も多いと思います。

あの番組を見たことがある方ならわかると思いますが、ちょっとした時間で私たちはたくさんの英語を喋っているという事実に気づくはずです。

しかし、それは比較的簡単な英語であり、ちょっと難しくなるとやはり使う機会もないので勉強をしていなければなおさら意味が分からないと思います。

しかし、そこでわからないから使わないという事よりも、わからないから勉強してみようかな、という意識を持ち続ければ、きっとあなたのスキルは上がってくるはずです。

そのチャンスを投げ出さずに、大切なきっかけとして受け入れるようにしてください。

️アイデンティティの意味

ではここからは具体的に気になっているアイデンティティという言葉の意味についてご紹介していきたいと思います。

まずアイデンティティという言葉に関して耳にする機会は少ないのですがもしあるとすれば仕事で聞くという事もあれば、何らかの文献を見ている中で使用される単語の一つという方が多い場合もあります。

職種にもよると思いますが、仕事でよく使われるようなビジネス用語としての一面や何かの説明をするときに用いられているような時に使われる単語でもあります。

この言葉さえ知っておけばそれに関する文献を見た時や周りから指摘された時に意味を正しく理解することにもつながりますので絶対に損はありません。

例えば、この店のアイデンティティは〇〇です、というような使い方をされています。

さて、どういう意味かわかりますか?

自己同一性


まずはじめにご紹介するアイデンティティーの意味としては自己同一性という言葉で解釈することができます。

そもそも自己同一性という言葉が分からない方もいると思いますので自己同一性という意味を考えた時に、心理学と社会学においてあるものが何者であるかについて他の者から区別する概念や信念、品質および表現という言葉になります。

元々自己同一性という言葉に関しては当初自我同一性という言葉と言われていましたが後に自己同一性という言葉で表現することもできるようになっています。

なので様々な呼び名が存在しているということを認識してください。

しかしながら時にはアイデンティティと言う言葉は同一性とだけ言われることもあったりするので略称されて呼ばれることもあります。

元々は精神分析を担当している思想家であるエリク・エリクソンという人物による言葉で始まっており青年期の発達課題として表現されている言葉にもなります。

つまり、自分自身が何者であるのか、という事を考える事や認識する事も含まれていると考えられます。

自我同一性

次にご紹介するアイデンティティという言葉の意味は自我同一性という言葉です。

この言葉は、例えば青年期に考えた事として、大部分の方が過去に感じたことがある事として、自分は一体どういう存在なんだろう、これからどう生きていけばいいんだろう、どんな職業に就けばいいんだろう、社会の中で自分なりに生きて行くにはどのようにすればいいんだろう、というような疑問を抱いたことがあると思います。

むしろある程度大人になって年齢を重ねた時にもこのようなことを思ったりすることもあると思います。

このような自分に関する様々な疑問を通して自分自身を形成していく時期が青年期と呼ばれる期間になるのですが、このような疑問からこれこそが本当の自分であるという何らかの答えを見つけ出す時に得られる人間のことを自我同一性と呼ぶことができます。

そして、これが確定した時の答えこそがアイデンティティと呼ぶべき事なんです。

しかし、アイデンティティは先ほどご紹介したように幅広い意味を持っている単語であり、その答え自体もそうですし、考えている概念に関してもそうなので、広義的な意味でアイデンティティと称することが出来ます。

ちょっと難しいかもしれんが簡単に言うとすれば本当の自分と言う言葉、もしくは個性という言葉で表現することができることかもしれませんね。

身分証明

アイデンティティという言葉の意味と一つとして身分証明という言葉の意味も持っています。

先ほどご紹介したようにアイデンティティと言う言葉が自分自身の考え方や個性を表してる言葉として認識することができると表現しましたが、そのことを正しく理解していれば身分証明と言う言葉とある程度意味を合致させて考えることも出来ると思います。

身分を表すという事は、あなたがどういう人間なのかという事を示す意味でもありますので、そこで自分自身にかかわる事、自分自身の個性や、自分自身がどういう思いを持っているのか、という言葉と似ている表現で考える事ができるからです。

ちなみに知ってる人は知っていますが知らない方はびっくりすると思いますが何らかの認証データとして自分自身に関する情報をIDと言う言葉で表現することがあると思います。

この言葉に関しては気づいた方は頭の回転が早いと思いますがアイデンティティという言葉と書類を意味しているドキュメントの言葉の頭文字をとって用いられている言葉です。

つまり、identitydocument=IDという事です。

なので、身分証明という言葉はidentityという言葉で表現することが出来ます。

国・民族・組織などある特定集団への帰属意識

次にご紹介するアイデンティティという言葉の意味として国や民族や組織などある特定集団に対しての帰属意識を意味しています。

難しい言葉なので理解する事が大変かと思いますが、まず国や民族や組織ということを考えてください。

これは、たくさんの人が集まってできたものを指し占めしている言葉ですよね。

人がたくさん集まれば国ができますし、ある程度のまとまりができれば民族が生まれます。

そしてさらに小さい集団は組織と呼ばれます。

会社などもその一つであると考えることが出来ます。

このようにして人が集まる場所に対しての帰属意識という言葉を考えてみてください。

そもそも帰属意識という言葉はある特定の集団に対して一体感を持っているかどうかという言葉の意味を持っており、その一体感の程度がどれほどなのかということを表している心理的な状態を指し示している言葉です。

しかしながら言葉の意味意味が難しいのはここからで一体感の対象となる集団は主観的に確認されているものであれば翼実際にその集団の一員であるかどうかということやその集団が客観的に存在しているのかどうかと言う言葉全く問題ではありません。

つまりこれがどういうことかと言いますと必ずしも何らかの集団に自分自身が所属していなかったとしてもその集団に対しての帰属意識が高ければそれで良いと言うことです。

なので、属しているかは問題ではなく、あくまで意識という部分に対しての考え方を意味している言葉だと判断した方がわかりやすいと思います。

特定のある人・ものであること

次にご紹介するアイデンティティという言葉の意味は特定のある人や物であることという意味を持っています。

これに関しては全くその言葉の通りのままの意味はになりますが特定の人物や特定のものであることをアイデンティティと言う言葉で表現できます。

つまり、あなたはアイデンティティという言葉で表現することが出来るんです。

不思議かもしれませんが、それもアイデンティティという言葉の意味であり、表現する事が可能なので、かなり広い範囲の意味を持っていると理解していただけると思います。

個性

次にご紹介するアイデンティティという言葉の意味は個性という言葉です。

これはそのままの意味ですが例えば自分自身の個性をアイデンティティと言う言葉で表現することができます。

つまり私のアイデンティティは明るい性格ですと言えば自分の個性は明るい性格であると表現する事もできますし、奇抜な服装をしている方にすごいファッションだね、といえばこれが私のアイデンティティなので、という言葉で会話することが出来ます。

知っていれば、広く使える言葉になりますよね。

ちなみに、冒頭の部分で出した例文ですが、この店のアイデンティティは〇〇です という例文もこの店の個性が〇〇です、というような表現で表すことが出来ます。

つまりは、お店の特徴という言葉でも同じような意味合いとして用いることが出来るかもしれませんね。

自分が自分であると認識すること

アイデンティティという言葉が持っている意味は自分が自分であると認識することという意味も含まれています。

これに関しては先ほどご紹介した自己同一性という項目ととても似ていることかもしれません。

自分は一体どういう人間なんだろうということに悩んだ時に最終的に出した答えがそのまま当てはまる可能性があるからです。

つまりどういうことかと言いますと悩みがあった時に考えて自分はこのような性格をしているから自分なんだという事や、自分はこういう風に物事を考えるべきだ、という事を大切にもっており、それが自分を表すひとつの理由となっていれば、まさに自分が自分である事を認識するために必要な事であり、それがすべてになります。

そう考えると、自分が自分であると認識する事との因果関係がより密接になりますよね。

なので、答えがそのまま当てはまるという事です。

若しくは過去に導き出した答えではなくて、これまでの様々な経験と踏まえて新しく導き出した自分が自分であると認識する答えが当てはまる場合もあります。

ちょっと複雑かもしれませんが自分が自分であるためにと言うことを考えてその時に大切だと思い浮かんだことがアイデンティティになり得るという事です。

自分が誇りに思うこと

アイデンティティという言葉が持っている意味は自分が誇りに思うこと、という意味も持っています。

先ほどご紹介した自分が自分であると認識することに少し共通しているかもしれませんが、自分の中で大事に思っていることを実行することは自分が自分であると認識することにも多少なり繋がっている意味として捉えることができます。

自分が誇りに思っている事は誰でも、一つくらいはあると思います。

例えば、それは過去の成功体験であったり、自分が常に頭の中に保ち続けているような、大事にしている考え方など、様々な種類がありますが、それは問わず、大事にしているものであれば、それはあなたのアイデンティティになるはずです。

ある意味、大事にしている事や、誇りに思うことなどは自分自身が生きていく上でとても大事な事だったりもします。

例えば、何かの局面で自分がぶれそうになってしまった時に、誇りに思う事や、大事に思っている事などを持ち続ける事でぶれなくなったり、冷静になることができたりもしますので、早い段階であなた自身が大事な事を見つける事も大切です。

自分のキャラクター

アイデンティティという言葉が持っている意味の中に自分のキャラクターというう言葉の意味も含まれています。

早い話で言えば個性と言う言葉ととても似た表現で表すことができると思います。

後えば、身の回りにいる人の中で常に明るくて誰かを表したりすることに長けている人がいると思います。

その人にとっては自分のアイデンティティは人を笑わせたりすることである可能性が高いです。

何かしらの自分自身の個性であったり特徴ということをアイデンティティと言う言葉で表すことができるので結果的には自分のキャラクターを表す言葉の意味としても使うことができます。

自分自身のアイデンティティをしっかりと持つことで自分のことを周りの人が認識してくれることにもつながりますし、そのことについて自分が自信を持てば周りの人から認めてもらえる可能性も高くなります。

何か一つ自分の中で光るアイデンティティを持っておけば様々な局面で役に立つということを知ってください。

️アイデンティティの類語

ここまではアイデンティティという言葉の意味合いについてご紹介しました。

アイデンティティという言葉一つとってもたくさんの意味合いが存在しているので覚えるのは難しいかもしれませんが、一つ一つの意味を関連付けて覚えることである程度頭の中にインプットすることができますのでこの機会に覚えておいてください。

そしてアイデンティティという言葉がたくさんの意味を持っていることを知ったところで、アイデンティティという言葉がどういう言葉に似ているのかという、類語について簡単にご紹介していきたいと思います。

広い意味をもっていますので、様々な言葉で類語として表現できる言葉です。

実際に意味を理解していく中で、この意味は別の意味でも表すことが出来そうだ、と感じた方もたくさんいるはずです。

これからご紹介する言葉の意味も改めて自分の頭で考えて、感じながら確認してみてください。

同一性

アイデンティティという言葉の類語として同一性という言葉で表すことができます。

同一性という言葉自体の意味としては哲学上最も基本的な概念の一つであり、物事がそれ自身に同じであることを指し示している言葉です。

これは結果的に自己同一性という言葉と全く同じ表現として考えることができますので最終的にはアイデンティティと同一性という言葉が似ている言葉であるもしくは同じような言葉の意味を持っていると会食することができます。

独自性

アイデンティティという言葉の類語として、独自性という言葉で表現することが出来ます。

独自性という言葉の意味合いとして他と違いそれだけに特有の性質という言葉の意味を持っています。

つまり他と違ってそれだけに特有の性質を持っていると考えると、それは個性や特徴という言葉で表現することが出来ます。

ここでピンと来る方も多いと思いますが自分自身のキャラクターをアイデンティティという言葉で表現することができますので、結果的には個性や特徴ということは自分自身のキャラクターを表す言葉であるアイデンティティという言葉と同じであると解釈することが出来ます。

なので、アイデンティティ=独自性という言葉で表すことが出来るのです。

一致

アイデンティティという言葉の類語として一致という言葉で表現することができます。

これはつまりどういうことかと言いますと、自分が自分である事や自己同一性という意味合いとして用いられる場合があるという事です。

結局、自分が自分であることや自己同一性という事は一致という言葉ととても似ています。

自分と一致する、という意味合いとしても解釈できますので、似ている単語の意味として一致という言葉が考えられるという事です。

身元

アイデンティティという言葉の類語として身元という言葉を使って表現することができます。

もともとアイデンティティという言葉が身分証明という言葉として用いることができる単語なので、その意味を考えると身元という言葉と同じような意味合いとして表現することができるということです。

結局は身分証明と言う言葉も自分の身元を明かすということと全く同じなので身分を証明することは自分の身元を明かすということと同じなのです。

なので、アイデンティティ=身元という言葉で表現できるようになります。

本質

アイデンティティという言葉の類語として本質と言う言葉で表現することができます。

アイデンティティーの言葉の意味として自分が自分であると認識すること、自分が誇りに思うことという意味合いを持っているので、意味を考えてみると、結局は自分が大事に思っている本質を言い表している事にとても似ているのです。

なので、物事の本質という言葉を使って大事な部分を話したりするように、自分にとって大事な事を話す事はとても似ているので、本質という言葉を使って表現する事もできるので、結果として類語になるという事です。

自己認識

アイデンティティという言葉の類語として自己認識と言う言葉で表現することができます。

まずそもそもの自己認識と言う言葉は自分が存在するという理解でありさらにそれは他の人々が同様に自己認識するという理解を含んでもかまわないと言う意味合いを持っています。

この自己認識という言葉の意味を理解して、アイデンティティという言葉の意味と重ねて考えてみると、アイデンティティには自分が自分であると認識することという意味が含まれています。

なので、結果的に言葉の意味合いはとても似ている事がわかりますね。

なので、アイデンティティ=自己認識という言葉で表現することが出来ます。

️アイデンティティの使い方

ここまではアイデンティティという言葉の類語についてご紹介しました。

アイデンティティという言葉自体がたくさんの意味を持っていたので類語自体もたくさん存在しています。

アイデンティティーの言葉の意味と似ている言葉について理解したところでここから具体的にアイデンティティという言葉の使い方についてご紹介していきます。

アイデンティティという言葉の意味を知っていても実際に使い方が分からなければ日常会話などでも用いることができませんので積極的に正しく使っていくことが求められます。

なのでアイデンティティと言う言葉を間違わずに使うためにここからはアイデンティティという言葉を含めた例文をご紹介していきます。

例文を確認していく中で意味であったりどの様にして使って行くのかということを確かめながら見ていくことでより自分の実戦でのスキルとして身に付きますので、そのあたりを意識して例文を確認してみてください。

アイデンティティを失う

まずはじめにご紹介するアイデンティティを使った例文はアイデンティティを失うという言葉です。

まずアイデンティティという言葉がこの例文ではどのように使われているのかという事に着目してみてください。

この場面では失うという言葉が使われていますので、自己同一性、個性、自分が自分であるものという意味が用いられると判断することが出来ます。

つまり、自分にとって大事な事や考え方、個性を失ってしまったという事に気づくはずです。

なので、何かショックな出来事があったんだろう、と判断できますので、相手に話を聞きますよ、と答えれば相手は悩みやショックを受けた内容を共有して話してくれるはずです。

このように使えば、何かしらの自分を揺るがずような事が起きた際に表現することが出来ます。

アイデンティティの欠如

次にご紹介するアイデンティティを使った例文はアイデンティティの欠如という言葉です。

アイデンティティの欠如という言葉に関しては、先ほどご紹介したアイデンティティを失うという事ととても似ていると思いますが、意味は若干異なります。

アイデンティティの欠如と言う言葉に関しては自我の欠如を考えることができます。

自我が欠如しているという事を考えると最終的には自分自身の意思が欠落している人間だと判断することができます。

これがどういうことかと言いますと結局は主体性のない人だったり自分から行動を起こさない人であるということを考えることができます。

つまり、会社などにおいて誰かから指示をされるのをいつも待っていて、自分で物事を考えて行動しようとしない人のことを表しており会社の中で怒られるべき対象になるということです。

よく何もできないような新人に対して先輩がもう少し自分の頭で考えろ!という言葉を使って怒っているのを見かけますよね?
もしくは、アイデンティティが欠如している!という言葉で叱責をされてしまう場合があり、それが主な使われ方だったりします。

アイデンティティの確立

次にご紹介するアイデンティティを使った例文はアイデンティティの確立という言葉です。

アイデンティティの確立という言葉を考えてみるとアイデンティティと言う言葉はそもそも身分証明、特定の者である、自分が自分である事という意味を持っているので、確立という言葉を考えると、自分の在り方を証明するという事に繋がります。

なので、アイデンティティ(自分であるための事)を確立するというような考え方として通用します。

例えば、我が国のアイデンティティという言葉を用いれば、国としての在り方、というような意味合いを表すことが出来ます。

つまり、自分にとって大事な事を確立するというような意味としても解釈することが出来ます。

アイデンティティクライシス

次にご紹介するアイデンティティという言葉を使った英語の例文はアイデンティティクライシスと言う言葉です。

アイデンティティクライシスという言葉を聞くと難しいイメージがありますが、まずクライシスという単語の意味を理解しましょう。

クライシスは、元々危機という言葉をもっています。

実際に使われる場面としては経済上の危機や情報などを表す言葉であり元々の語源はラテン語の設定や転機という言葉であり、分かれ道や重大局面という意味としても使われることがある言葉です。

なのでピンチとチャンスという二つの意味が含まれていると考えることができます。

その上でアイデンティティクライシスという言葉を考えてみるとこの言葉の意味は自己喪失と言う言葉として捉えることができます。

若者に多くみられる自己同一性の喪失であり、具体的に説明すると自分は何なのか自分にはこの社会で生きていく能力があるのかと言う自分に対する疑問にぶつかり心理的な危機状態に陥ることを意味しています。

つまり冒頭でもご紹介した自我同一性の意味とかなり似ていることが理解いただけるはずです。

️あなたのアイデンティティは?

今回はアイデンティティという言葉の意味や類語、実際に使い方などについてご紹介しました。

アイデンティティという言葉たった一つだけでもたくさんの意味や解釈の方法があるということに気付けたと思います。

アイデンティティという言葉さえ理解しておけばビジネス上においても何らかの文献などで説明文を見たとしてもすぐに意味が分かるようになると思います。

それと同時にアイデンティティを持つということはとても大事なことであるということがお分かりいただけたと思いますので、あなた自身がブレない為にも自分自身を振り返って自分自身のアイデンティティは一体何なのかと言うことをよく自分自身が理解することが大切です。

自分自身のアイデンティティを大事にしてこれからより良い人生を過ごしてください。