いつも会社や組織の中で頑張っているあなた!

まずはいつもお疲れ様です。

毎日同じことの繰り返しだったり、ノルマを達成したり、上司の機嫌を伺ったり。

大人になって社会に出て、その中で生きているあなたはいつも頑張っていることでしょう。

しかし、仕事をしていて腑に落ちないことってありませんか?

仕事の効率が悪いことをさせられたり、給料が安かったり、残業がやたらと多かったり。

その中でも特に多くの人が経験している、そして嫌なのが上司からの腑に落ちない指示だと思います。

「いやいやそんな指示聞けるわけないじゃん」と思うこともあれば、そんな間の抜けたような指示かと思ったり、また自分を棚にあげた指示だったり、人を使うようなそんな偉そうな指示だったり。

「なぜこんな指示受けなければならないんだ」と思ったことはあなたもあるのではないでしょうか?

また「こんなできない上司」や「こんな嫌な上司になぜ指示を受けなければならないんだ」と憤りを感じることも私たちはあるのです。

今回はそんな上司からの指示について、腑に落ちないけど上司からよく言われがちな6個の指示を紹介していますよ!

上司からのへたな指示を受けているあなた!

みんな一緒ですよ!今回はそんなことを確かめたり、自分は間違っていない!と思うためにもぜひチェックしてみましょう♪

ダメな上司はたくさんいるのです!!

上司から言われる腑に落ちない指示とは?

そもそも上司から言われる腑に落ちない指示とはなんでしょうか?

たまに思うことがあっても何が腑に落ちないのか言葉にしづらい人もいると思います。

単純に言うと、下手くそな指示なのですね。

人の上に立つ器ではない人がそれを口にすると、本当に部下からは嫌われます。

「何を言っているんだこの人は、自分より仕事ができないのに」と簡単に見透かされているのですね。

それに気付かずに偉そうに指示をするので、さらに部下は怒っているのです。

具体的な指示や解決案を出したりせず、しっかりと部下と意思疎通もすることを
怠る上司の指示は腑に落ちないことだらけです。

ちゃんとコミュニケーションを上司からとって、分かりやすく、そして丁寧に指示をするべきなのです。

それが人の上に立つ者の責務だと言えるでしょう。

部下の怒りはマックス!腑に落ちない指示


そんな下手くそな腑に落ちない指示は、部下の怒りを必ず飼っています。

まずしっかりとしていない、上に立つべき人ではない人は、必ず嫌われます。

そしてしまいに言うことを聞かれなくなるのです。

それはそれでいいとして、いったい具体的にはどんな腑に落ちない指示があるのかまとめてみましたので、あなたも一緒に共感しましょうね!

きっとあなたの不満がここには載っていることでしょう。

雑用

雑用を頼まれたとき、「いやいや自分でやればいいじゃん。」と思うことがあります。

ちょっと動くだけなのに、簡単に部下を使ったりしてくるのですね。

かなりダメな指示だと言えるでしょう。

部下から尊厳や尊敬を集めている上司は、決まって自分で動くことが多いです。

行動的に見せてくれることで、こちらも行動的になれるのです。

そんなことも分かっていない上司は簡単に部下を使って、楽したり、部下を支配している感覚に浸っていて、本当にしょうもないのです。

雑用は部下の仕事という固定概念がまずあること自体、腹が立つのですね。

コピーして


よくある雑用として、コピーしてということがあります。

それくらい自分ですればいいでしょう。の典型的なことだと言えますね!

むしろコピーする時間なんてわずかですし、そんなことで部下の仕事の時間を削ることも非効率です。

そしてその指示の中で、大きさや何部コピーすればいいのか聞くと、めんどくさそうに答えたり、そんなのA4に決まっているだろうと怒られることもあります。

一応聞いただけなのに、そんな風に言われることはありません。

ゴミ捨てて

ゴミ捨て=部下の仕事ではないのです。

上司の中にはめったにゴミを捨てない人がいます。

いつも決まった人にゴミを捨てさせて、自分では捨てないのです。

そんなことが続くと本当にそれくらい自分でしてよと思いますよね。

さらにゴミを自分で捨てている上司を見るとなんだか安心しませんか?

そんな小さな雑用を部下に押し付けるのはかなり印象が悪いですし、さらに自分が出したゴミも片づけない小さな人だと思うことでしょう。

それは深く見ることもできて、ゴミを捨てないということは自分がしたことの処理をしないということです。

なので、いざという時部下を守れるのか、また自分の失態を押し付けたり、その処理を部下を巻き込んでするかもしれないと見ることもできます。

◯◯買ってきて

◯◯買ってきてということも部下であるあなたは、言われたことがあるのではないでしょうか?

◯◯買ってきてというのはたまにありますが、固定して何度も自分がそれを買わされにいかされると、これも自分で行けばいいじゃないかと思うことがあります。

これって部下の仕事なの?ぜったい自分じゃなきゃだめなの?と思うことはありませんか?

またいつも買っているものと内容はだいたい同じなものなのに、メーカーが少し違うだけで、納得していない感じを出されたり。

そんなことにこだわっている上司は実に小さな人だと言えるでしょう。

しかもそれにこだわっている訳ではなくて、勝手に変えたというのが許せないのですね。

実に腹が立つことですね。上司としてより、人間としてむかつくと思います。

イベントの幹事やって

ダメな上司はすぐに嫌な事やしたくないことから逃げて、部下にさせようとする傾向にあります。

特にダメ上司は決まって、イベントの幹事をやりません。

それは部下の役割と決めつけていますし、そういえばやると思い込んでいるのですね。

イベントの幹事を進んでする上司は逆に、部下から信頼されます。

そういう仕切りの場で、しっかりと仕切れる人が信用されますし、部下が着いて行こうと思える人だと言えるでしょう。

そんな上司とは違って、すぐにイベントの幹事をさせようとしてくる上司の指示は、聞きたくないもので、上司はいつも忙しいから代わりに自分がやりますよとの言葉は出てこないのですね。

相談したことが解決されない

何かあったら相談してください。

会議や集会のときにはそんなことを社長の前だったり、義務として言うでしょう。

しかし、実際に相談したところでこの人に解決できることなのか?と疑わしいことがあります。

さらに相談してみたところ、解決されないだけではなくて、それはあなたが悪いよと言う一点張りで、否定しかしないでしょう。

そもそも解決案は思い浮かんでいないのです。

これはこうした方が良いと言う、良い指示を部下に与えることができないのを隠すために、否定することしかできない上司もいるのです。

そんな上司だと部下が思ったら、もう相談されることはないですし、本当に無意味な時間ですよね。

上司同士で指示が統一されてない

上司が分かれている場合が、会社や組織の中で往々にしてあります。

そんな時一方の上司にはこうしてください。と言われて、もう一方の上司にはこうしてと違う指示を受けることがあります。

それってかなり困りますよね。

あの人がこうしてと言っていたのですが、と言っても、そんなの聞かなくていいと言われて、そのままそうしたら、もう一方の上司に指示通り動かなかったことを怒られますよね。

怒られ損です。そしてだめな上司は、その指示なんか聞かずに、俺の指示で動けばいいんだよ!とむちゃくちゃを言われることもあるでしょう。

ちゃんと指示は統一しておいてほしいものです。

指示が自分だけでなくて、他の上司から出ると分かっている場合は多くあるでしょう。

そんな時に、この人がもしこう言ったら、自分がこう言っていたと伝えてねと優しく支持しておくのが良い上司です。

そんなことを予測できないことや、一方的に怒られること、また指示通り動いたのにこんな言われようかと思うのは無理ないでしょう。

「そこ」「あれ」が多い

腑に落ちない上司の指示は「そこ」「あれ」といった曖昧な指示が多いのです。

そこの取ってと言われて取ってあげたら、違って怒る。

今必要なもの分かるよね?や全然違うものを取ってバカにされる。

それはあなたが曖昧なことを言っているからですよ。

そんな風に思いますよね。

さらに聞き返したり、詳しく聞くともういいから違うことやってと言われるので、聞き返しづらく、そのまま行動したら違っていたなんてこともあると思います。

実にやりづらいですし、指示をしっかりと伝えない上司にまず問題があります。

分かりやすく伝えると、上から考えられなくては上司としてはダメでしょう。

考えて動けと言われて行動したら怒られる

よくありますよね。

考えて動け!そんな風に言われて、よしこれで動くぞと動いたらひたすら怒られる。

まず、怒ったらだめですよね。注意や教えならいいですが、なぜ怒りを覚えるのか。

そして、その人なりに行動したことをまず、褒めるべきです。

良く動いた、考えたなと言ってそこから改善点を伝えて、教えていくのが順序でしょう。

結局そんな腑に落ちない指示があって怒られると、仕事をする時にどうすれば叱られないかと考えてしまうのですね。

動けといった以上、そのアクションの責任を取るのも上司の責任です。

それを本人に怒るのはお門違いで、とても無責任だと言えるでしょう。

腑に落ちない指示の原因とは?

たくさんの腑に落ちない上司の指示があるのですね。

あなたの一つはきっと共感できたのではないでしょうか?

こんなことが多く日本では起こっていて部下の怒りを買っているのです。

それではそんな腑に落ちない指示には何か原因があったりするのでしょうか?

はっきりと認識できていない、まさに腑に落ちないそんな原因を今回は分かりやすく紹介しています。

そちらの方も合わせて見ていきましょうね!

意思疎通できてない

そもそも腑に落ちない指示がある場合は、上司と部下の間で意思疎通ができてないことが多くあります。

相手とよく会話をしたり、お互いをよく知っていないために起こってしまうのですね。

それはコミュニケーションが不足しているとも言えますが、それって部下のせいだと思いますか?

よく、部下から若い者から積極的に話しかけないと!と聞きますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

そもそもどんな上司か分からなかったり、部下からだと話しづらいなんて常識ですよね。

それを上司も経験してきて分かっているはずです。

なので、上司から積極的にコミュニケーションをとるべきだと思います。

そんな上司だと部下からも接しやすくて、意思疎通が簡単にかつ迅速に行えますよね。

それをしないといつまでたってもすれ違いや、腑に落ちないことが続くのです。

時間もかかりますし、お互いいい思いをしません。

とても非効率なことなので、上司が先頭にたって部下と意思疎通を図るべきです。

【意思疎通については、こちらの記事もチェック!】

理解できてない

そもそも上司が部下の事をしっかりと理解できてないことが、腑に落ちない指示を出すことになります。

部下がこれを言われたらいやだ、また部下にこんなことを頼むべきではないと理解していないのです。

人の上に立つ以上、部下よりやはり上手でなくてはいけません。

つまり人間として、観察力を持ち、その人に応じた指示の仕方を考慮すべきです。

そこまで出来ていて初めて上司だと言えることでしょう。

ただ何年もいる古株なだけでは、部下はまず尊敬しないでしょうし、何年もいてこれなのかと思っていることでしょう。

曖昧な指示

曖昧な指示が一番腑に落ちません。

しっかりと手順を説明したり、こうしてほしいからこうしてという因果を教えてもらわないと、部下も分かる訳ありません。

これくらい分かって当然ということでも、初めに軽く言ってみてリアクションを見てもらいたいものです。

また、責任感がないため、はっきりとした指示を出すことができないのです。

責任を取るという心構えなら、こうして、または自由にしてとはっきり言えるのです。
良いと思うや、ダメなんじゃないの?などと言われたら、どっち?!だと思いますよね。

上司は常にはっきりしないと部下はついてこずに、その指示も腑に落ちないままでしょう。

感情的な態度を取られる

これは一番腑に落ちない指示で、そしてダメな上司の最たるものです。

仕事上の指示で感情的になられると、その感情に意識が行ってしまい、なかなか本筋や本当にしてほしい指示が見えてきません。

単純にこの人を怒らせないようにするにはどうしようと、多くの人が思うことでしょう。

当たり前ですよね。怒られたくなんてないですし、仕事よりそっちに目が行ってしまうこともあります。

また仕事上上手くいかせることよりも、その人が納得できる、楽しくできる、また腹がたったから曖昧な指示や雑な指示を出す。

怒りながら指示を出す。

そうなったらもう上司は終わりです。

そんな人に人がついてくるわけないですし、いくら筋が通っている、業務上に正しいことを言っていても、怒っていたらその人の信頼は一気に離れていくことでしょう。

一方的

一方的にこうして!と言われても腑に落ちないこともありますよね。

別にそうしなくても、本当はこっちの方が絶対効率がいいのにと思うこともあると思います。

しかし、そんなことを言わせないように、一方的に申し付ける、指示を出す上司がいるのです。

それは腑に落ちないことでしょう。

ただ自分の意見を通したいだけと言うこともあり、部下の意見を聞き入れようとしません。

正しい上司は部下に発言する機会を必ず与えてくれます。

そしてそれを否定せずに、分からないことがあれば、なんで分からないんだと怒るのではなくて、しっかりと教えてあげて、また勉強になったなと言ってくれるのです。

そこが大きな格の違いなのです。

自己保身

多くのダメ上司が持っているもの。

それは自己保身です。

上司もさらに上司がいます。

そんな人からしっかりと評価を得るために、必死になっている人がいます。

そうなってくると実にやっかいで、部下にさんざん雑用やきついことをさせて、自分を守ろうとします。

また、自分が楽をするための指示が多く、自己保身に走っているのです。

なので、その指示は腑に落ちないのです。

自分が楽をしたいだけでしょ。と軽く見抜かれているのですね。

腑に落ちない指示の対処法

そんな腑に落ちない指示がたくさんある世の中ですが、ただ腑に落ちないだけはダメですよ!

腑に落ちないことは往々にしてありますが、しかし、それにこちらも黙っているだけではやってられないのです。

さらにはっきりさせないとこちらが不利になったり、ミスだと言われてしまうので、そうならないためには対処法があります。

本当は上司が責任を持てと言いたいところですが、まず言う価値はないでしょう。

それに時間と体力の無駄です。

そんな腑に落ちない指示をする上司は、部下の声に耳を傾ける、そんなできた人間は皆無に等しいと思っても結構です。

なので、こちらが一枚でも二枚でもなって、そんな上司を軽くこなしていきましょう。

とりあえずやってみて不都合な点を相談

何にしてもそんな上司はいちゃもんを付けてくるものです。

なので、とりあえずやってみましょう。

そして不都合な点があったら相談して、また何か言われたらそのままやってあげましょう。

腑に落ちなくて、ずっと突っ込んでいても、いたちごっこです。

根本的に改善することは気にせずに、いい意味で言われた通りにしておけば、まず無難でしょう。

なんとなくで終わらせない

何か腑に落ちない指示をもらったときに、なんとなく分かったではなくて、しっかりと理解しましょう。

そうしなければ、なぜその時ちゃんと聞いてこなかったんだと言ってきます。

本来は上司がちゃんと言ってあげないのがダメなのですが。

そんなことも言ってられないので、指示をもらったとき、聞きづらいかもしれませんが、詳細をしっかりと聞いておきましょうね。

そうすれば、何か指摘されることは少なくなるでしょう。

また相手にもなんとなくで終わらせないようにしましょう。

あなたがいつも詳細をしっかりと積極的に聞く事で、上司もこの部下にはしっかり言わないとまた聞き返されるぞと、また保守的になります。

なので、あえてその保守的にするためにも、しっかりと聞き込んでいきましょうね!

復唱する

まず、責任逃れをされないように復唱しましょう。

そうすればいざという時、これ復唱しましたよねと言えることになります。

また復唱をしている時に、上司が勘違いしていたり、しっかりと伝えなきゃいけないことを伝えていないことに気が付くこともあります。

実に面倒なことですが、さらに面倒になる前に対策をしておきましょう。

そして復唱していることは周りの人も聞いていることになります。

それは何か責められた時に、きっとかばってくれる人もいると思いますし、あなたのミスではないことがはっきりすることでもあります。

それをもし上司のさらに上司がいる場合は、ぜひ活用しましょう。

復唱をしていることがその上司の上司もしっかりと聞いているはずなので、おかしいとろこがそこであれば、上司を指摘してくれることでしょう。

また、これも何かあった時に、君がしっかりと教えておかなかったからだと、責任をしっかりと取るべき上司にむけてくれますよ♪

遠慮をせずに指示をされた場合、特に曖昧な指示の場合だとしっかりと復唱することを忘れずに行いましょう!

さらに復唱することは、その言われた指示をしっかりと自分の中に刻み込むことにもなるので、おすすめです。

しかし、ダメな上司は毎回復唱されることに違和感や自分が間違っているのを探られているみだいだと、嫌な解釈をする恐れがあるので、復唱することは毎回せずに曖昧な指示の場合などと、回数を多くしないようにしましょう。

あまり復唱ばかりしていると、物覚えが悪いとこっちが良い風に思われないこともあるので気を付けましょう!

でも分かっていますよ!指示があいまいだから部下はこうやって復唱せざるを得ないのです。

面倒くさいでしょうが、ダメな上司のせいで失敗しないためにも活用しましょうね♪

わからないことははっきりと伝える

遠慮することはありません。

わからないことははっきりと伝えましょう。

それを教えてあげるのが上司の務めです。

わからないまま仕事を進めてしまうと、細かい上司はわからないまま進めるな!と自分があいまいな指示のせいで部下が理解できていないのに、怒ってきます。

また分からないことを細かに聞いておくことで、何かあったときに、「これ確認しましたよね?この通りしたのですが「と反論できる対策になります。

ただ言われるがままなのが嫌な場合は、このように言ってもいいと思いますよ!

しかし、分からないことを分からないという時は決まってそんな上司は上げ足を取ってくるので、分からないことを伝える仕方も注意が必要です。

もしあなたの知識がまだ言われたことにない場合は、分かりません!と言い切ってしまうと火が着いてしまいます。

分からないことは分からないと堂々ということは、恥ずかしいことでもあるので、「まだ知らない事なのですが」と下手に出ることをおすすめしますよ!

またそんな上司は分からないことを一緒に考えることはしないので、自分で何が分からないのかピックアップすることも必要になってきます。

それはあなたの問題解決能力が養われることでもあるので、ぜひそうしましょう。

わからない点をこちらもあいまいしてしまうと、あいまいな上司からさらに怒られてしまいます。

実に身勝手な怒りですが、あなたもそこはしっかりとしておきましょうね♪

立ち止まらせる

上司のダメな腑に落ちない指示に多くみられるのが、何かをしながら指示したり、すれ違いざまにさらっと指示を出すことです。

聞き返す時間もないほど、さらっといい加減に伝えて消えていく。

そんな指示は本当に困りますよね。

その時は分からないことがあっても、とりあえず止まってもらいましょう。

確認でも復唱でもなんでもいいです。

上司のペースに持って行かせないようにするのも、曖昧な指示を防ぐ対策だと言えますよ。

そもそも立ち止まらずに指示を与えて、それ通りにしてもらおうと言うのが甘いのです。

しかもそれがあいまいな指示だと本当に腹が立ちますよね。

そしてその人の中での失敗をしてしまったときに、ちゃんと言ったじゃんと言われてしまうのです。

実に自分勝手な上司ですが、ちょっと待ってください!

もう少し教えてもらっても良いですか?

自分はそれだけではまだ理解しきれていません!としっかりと言いましょうね。

何も間違ったことは言っていないのです。

もしそれでも上手く理解できずに、失敗をしてしまって、他の上司に叱られたときは、あの上司の人が立ち止まらずに行ってしまったので聞くことができなかったと言いましょう。

そうすれば、ちゃんと立ち止まって教えてあげなきゃだめじゃないか!ときっとできる他の上司ならその上司に言ってくれることでしょう。

自分なりの答えを出してみる

さんざん聞いたのに、まだ腑に落ちない曖昧な指示を出す上司がいます。

そうなったら正直もう当てになりません。

自分なりに解釈をして、仕事をしましょう。

もし失敗してもそんな上司のことは周りも分かっていますし、おそらくその上司の上司に当たる人もいい加減な人だと分かっているでしょう。

その失敗の責任は上司にしっかりと行くこともあるので、思い切って仕事をしてみましょう。

また失敗をしたときは、しっかりと上司にこう言われた通りにしましたと言いましょうね!

ポジティブに受け取る

ポジティブに受け取ることは難しいですが、あなたが同じような人間にならないためのいい鏡だとも言えますね。

こんな上司には絶対ならないんだと言うことを学んでいると思ってもいいでしょう。

また、この人こんなに曖昧な指示だけど、自分が上司になったらもっといい指示が出せるぞといい勉強や予備知識になることでしょう。

曖昧な指示を出す上司を利用して、自分が良い上司になる情報だと思いましょう!

上司必見!腑に落ちないと言われた時は?

それでは腑に落ちないと残念ながら言われてしまった上司の方。

それはあなたに大きく原因があると思っていいでしょう。

例え問題が多い社員がいたり、物覚えの悪い社員がいたとしてもその上に立っているのがあなたです。

ならばもっと上手でいたり賢くいましょう。

決して感情的になってはいけません。

そういわれた時点で問題がありそうですが、その先をしっかりと納得させてあげるのが上司の仕事ですよ。

一旦間をおく

腑に落ちないと部下から言われたとき、何?!と言い返していませんか?

それはダメです。何か原因が必ずあって、腑に落ちていないのです。

どっちに原因があったとしてもそんなレスポンスをしたら、本題が見えてきません。

さらに怒られるのがいやなので、意志疎通することに距離を取られますよ!

まず、落ち着いてください。そして一旦間をおきましょう。

そうすることで、なぜかと言う本題に意識が向いていき、問題解決につながるでしょう。

なんで分からないんだと感情的にならずに、何で理解させてあげられなかったのか、原因を一緒に考えましょう。

指示後、手順を相手に説明してもらう

腑に落ちないと言われた場合、まず指示をした後に、その手順を相手に説明してもらいましょう。

その中に分からないところや抜けているところがきっとあるはずです。

上司のあなた。それくらい賢く部下とやりとりをしましょう。

決して上司が部下より頭が悪かったらその関係性はなりたちません。

そんなに部下も甘いものではないですし、頭の切れる部下もたくさんいるのです。

腑に落ちないことはそのままにしないで解決させよう(まとめ)

つまり腑に落ちないことは上司からさんざん言われて、そんな曖昧な指示は往々にしてあるのですね。

根本的に直してもらおうとしたら、大きな闘いになってしまうでしょう。

なので、腑に落ちなくても平和的に解決していきましょう。

対策がしっかりとあるので、分かりづらいなと思ったときは、部下のあなたがもう上手になってあげましょうね。

そうしなければ、きっと分からないことは分からないままでしょう。

上司に期待はせずに、あなたが賢くあってくださいね♪

期待するだけ時間と体力の無駄ですし、言い合いになることも避けましょうね。

そういう人は自分を守ろうと必死になるので、さんざんなことになってしまうでしょう。

そんなことには付き合わずに、今回の対策を利用してみてください♪

またこれから上司にあなたもなっていく可能性があると思うので、決して同じようなダメ上司にはならないように!

またさらに賢い良い上司になるために、今の上司から反面的にこっそり学んでしまいましょうね♪