日本語は海外の言葉に比べとても難解だと言われています。

その理由の1つに、様々な言葉が存在しているからです。

平仮名カタカナ漢字など、日本語には様々な文字が使用されています。

それらは全て使い方が違っており、言葉で話す日本語と書く日本語ではまた違った難しさがあります。

そこに、尊敬語や謙譲語などが加わる事により、難易度更に上がっていきます。

海外には尊敬語や敬語などといった概念がありません。

その為、日本語の勉強を海外の人がする事は大変難しく自分の母国語とは全く違った作りの言葉を覚えなければならないと言う事になってしまうのです。

だからこそ、日本語を利用する国は我が国しかなく、反対に文法の作りが分かりやすい英語が世界各国の共通語として使われているのきもしれません。

この日本語の難しさは、何も日本人には関係ないと言うことではありません。

例え日本人であろうと、日本語の難しさに根をあげてしまう人も勿論います。

ですせっかく日本人に生れたのであれば日本人としてしっかりと知識を手に入れていきたいとは思いませんか?言葉は常に変化して行きます。

その為、その変化を敏感に感じながら自分なりの方法で勉強をして行く事はとても大事なポイントです。

そうする事によって、自分の気持ちを常に高めていく事が出来るでしょう。

現実に満足してしまう事は簡単な事です。

ですが、それをせずに前に向かって進み続けることによって見える景色も変わって来ることしょう。

多くの言葉がある中で、今回は『慮』の言葉について御説明させて頂きます。

普段何気なく仕様しているこの言葉ですが、きちんと意味を知る事によった今までと違った見方をする事が出来るようになるかもしれません。

言葉を多く覚える事は、大きな力となりいつかあなたを助けてくれる時がやってくるでしょう。

そうなるには、まずは学んでいく以外に方法がありません。

言葉を学ぶ時は、いつもいつも難しく考える必要はありません。

興味を持ち、楽しみながら学ぶ事こそが一番の効率的な方法と言えるのでは無いでしょうか。

️「虜」が付く言葉、いくつ言える?

この世の中には、沢山の言葉が存在しています。

その言葉の中には、普段私たちが利用しないようなマイナーな言葉もある事でしょう。

もしかしたら、一生その言葉を使うことはない事もあるかもしれません。

それだけ仕様頻度の少ない言葉なので、例え意味が分らなくとも命に関わる事は無いでしょう。

ですが、知っている事によって、世界の見方が大きく変わる事もあるかもしれません。

何に興味を持ち、どんなことを学んでいくかは人それぞれです。

それを強要する事は誰にも出来ません。

何に興味をもち、何を学ぶかは自分が決める事なのです。

ですが、もしまだ何に興味を持つか決めてきないと言う人は言葉を学んでみてはどうでしょうか。

言葉を学ぶと言うと、どうしても難しく考えがちです。

ですが、そんなに堅苦しく考える必要はありません。

自分が普段使っている言葉に興味を持てば良いだけなのです。

普段何気なく使っている言葉の意味をより深く考えたり知ろうとする事で今まで見えなかった世界を見ることが出来るようになるかもしれしれません。

うる覚えで使ってきた言葉も意味を知る事によってより正しい言葉を使用することが出来るようになるので、正に一石二鳥でしょう。

自分が普段使いっている言葉の意味や種類を知り、楽しみながら学んでみてはいかがでしょうか。

「虜」に込められた意味


今回は、『虜』という漢字についてご紹介させていただぎす。

子供の頃は、初めての漢字を習う時はいつでもその言葉自他の意味を考えながら学んだものです。

ですが、大人びなると段々とそういった事をしなくなります。

漢字を文字の意味としてではなく、あくまでも読み方として理解して覚え行くので1つ1つの言葉の意味を考える事はなくなってしまいます。

その為、いざその言葉一文字の意味を聞かれてもうまく説明する事が出来なくなってしまうのです。

それは、本当の意味で言葉を理解している事にはなりません。

言葉の意味を明確に理解していなくとも会話の中から意味を考察する事は出来るでしょうがそれでは応用をする事が出来ず言葉のボキャブラリーを増やす事にも繋がらないでしょう。

日本人はつい自分の国の文化を軽視する傾向にあります。

ですが、私たちの住むこの国には素晴らしい文化が山ほど存在しているのです。

その事を忘れる事無く常に前向きに学ぶ姿勢を持つ事がこれからの人生には必要な事なのでしょう。

『虜』という言葉の意味を学ぶ事をきっかけにより多くの言葉の意味を学んでみてはいかがでしょうか。

そうする事によって、今まで断片的にしか知る事の出来なかった言葉の意味をしっかりと理解する事が出来るでしょう。

そうする事によって、自分の気持ちを言葉にしたり相手の思いを受け止める事がより的確に出来るようになるかもしれません。

いけどりにする

『虜』にはまず、生け捕りにするという意味があります。

その為、『捕虜』などの言葉の漢字として使用される場合があります。

魅了する

『虜』には捕まえるというような意味がありますが、それは何も無理やりに行う事を指す事ばかり出はありません。

例えば、アイドルなどがファンを魅了する事に対してもこの言葉を仕様する事があります。

素敵な人が多くの人々を魅了する。

そんな時に仕様されれば、この言葉の持つ意味もどこか明るく感じる事が出来るかもしれません。

この様に言葉によってイメージは大きく変わる事が多々あります。

だからこそ、多くの意味を知る事によってその漢字の奥深さを学ぶ事が出来るでしょう。

とりこ

この言葉は、魅了する事と類似している言葉の一つです。

とらえるのは、何も体だけでは無いのでしょう。

アイドルなどに心を奪われ、追っかけなどに走る人の事を『とりこになっている』と指す場合があります。

これは正に、この漢字にピッタリな意味合いでしょう。

捕まるといった意味で仕様される場合にはどこか暗い印象を持たせる言葉ですが。

それ以外であれば明るく素敵な言葉としてとらえることも出来るでしょう。

️「虜」が付く言葉一覧!


言葉の意味をただ断片的に学んだとしても、なかなかイメージが付きにくい事もあるかもしれません。

そこで、ここからは『虜』の言葉を使った言葉をいくつもご紹介させて頂きます。

例え同じ漢字を使ている言葉だとしても、その言葉の持つ意味は大きく変わっている場合もあります。

普段何気なく使っている言葉の中にも、同じ感じを持ちながら意味合いが全く違うものがある事も珍しい事では無いでしょう。

今一度、それらの言葉を冷静になって学んでみる事によってより言葉の面白さを感じる事が出来るようになるかもしれません。

日本語の面白さは尽きることが無く、学べば学ぶほどその奥行きの深さにはまっていってしまう事でしょう。

多くの言葉を学びながら自分なりの解釈の仕方を探してみてはいかがでしょうか。

考慮

この言葉の意味は、多くの情報を使って良く考えるという意味があります。

虜には捕まえるという意味や、とりこにするなどの意味があります。

その為、その捕まえる対象を情報と言うものに変える事によって、この考慮するという意味の漢字として採用されたのかもしれません。

最近では自然災害なども多発しています。

その際『様々な情報を考慮して対策をしています』などといった言葉の使い方をされる場合があります。

これはそれだけ多くの情報を元に考えていますという意味が込められて居るのでしょう。

配慮

これは、相手に対して気を使う時などに仕様される場合があり『はいりょ』と読みます。

『ご配慮頂きありがとうございます』などといった謙譲語としても仕様される場合もあり、目上の人に対してや取引先の人などに、使用される場合もあるでしょう。

多くの事に気を使う人の事を指す言葉であり、多くの事を考え高度しているからこそ気持ちを配るという意味でこの漢字が使用されているのでしょう。

【配慮の意味は、こちらの記事もチェック!】

遠慮

これは、相手に対して気を使う時などに使用される言葉です。

『虜』にはとりこにするやとらえるなどの意味がありますが、この言葉はその前に『遠』という言葉が使用されています。

つまりそういった行為から離れていると言う事なのでしょう。

虜にすると言うと、どしらかというと距離が違いイメージではありますが、そこから離れると言う事は相手と距離を持つと言う事でありそれによってお互いの距離間も遠い物になって行くのでしょう。

遠慮しているという言葉は、決して悪い言葉ではありません。

それだけ相手の状況を考えて行動していると言う事であり、優しさのある行動なのでしょう。

捕虜

この言葉は『虜』の意味をとても分かりやすく使っている言葉です。

これは読んで字のごとく、どこかに無理やり拘束されて居る人の事を指します。

政治的圧力によって捕虜となってしまう人も入れば、テロの被害にあい捕虜にされてしまう場合もあります。

『捕虜』という言葉には、決して良いイメージはありません。

最近出はテロなどの活動も多く、それによって多くの尊い命が犠牲になっているといった現状もあります。

その際に『捕虜』と良い言葉を聞くと意に知れぬ恐怖を抱いてしまう事もあるでしょう。

私たち人間は、いつどこでそんな被害にあってしまうか分かりません。

今の日本はとても平和な国なので、つい他人事のような気持になってしまいますが世界のどこかでは今でも当たり前のように戦争が起きている所もあり常に命の危険を感じている人だって居るのです。

言葉の意味をしっかりと理解する事によって、今この正解でどんな事がおきており自分たちが何をすべきなのかという現実に対してしっかりと向き合う事が出来る事もあるかもしれません。

遠慮深謀

こちらの四文字熟語の意味は、深く考えを巡らせるという言葉の意味と、その後遠い先のことまで見通しているという意味が合わさって出来た言葉です。

その為、先々までみこした周到綿密な計画などに対して使用する言葉でしょう。

人生には何がおこるか分りません。

楽しい事もあれば辛い事もあるかもしれません。

それによって悩み動揺する事だってあるでしょう。

少し手も、安定した生活を維持する為には多くの事を考え行動する事が大事なのかもしれません。

そんな考えの深い方に対してこの言葉は使われるのでしょう。

四文字熟語の場合は、意味を知らないと自分が褒められているのか貶されて居るのかわからなくなってしまう事があります。

しかし、言葉の意味を知る事によって瞬時に反応する事が出来るようになるのでより楽しく多くの人とコミュニケーションを取る事が出来るようになるでしょう。

この様に、日本語には漢字同士をあわせて新たな意味を作るといった言葉もあります。

簡単な四文字熟語であれば、学校で習う事もありますがそれ以上はなかなか知る機会がありません。

その為、自分で興味を持つ事が無ければ知ることが出来ない言葉と言う事になります。

多くの言葉に触れたいと思うのであれば、四文字熟語もまた大事なポイントとなるでしょう。

️「虜」のつく漢字いっぱい覚えよう!

いかがだったでしょうか。

いきなり『虜』の付く言葉と言われても、イメージしにくい事もあるかもしれません。

ですが、こうして改めて表にしてみる事によってその言葉の多さが理解出来たの出は無いでしょか。

この様に、私たちは普段あまり意識せずに多くの言葉を当たり前のように使用しています。

ですが、その言葉の意味をしっかりと理解する事が出来て居るかどうかは別問題であり、ついつい雰囲気で会話を流してしまっている事もあるかもしれません。

意味がなんとなく分って入れば、それで済んでしまう事もあるでしょう。

ですが、そのまま分からないままの言葉を放っておくと、いつまで経っても曖昧のままです。

一つ曖昧にしてしまえば次から次に曖昧な言葉が出てきてしまう事でしょう。

しかりと言葉を学びたいと思うのであれば多くのことを曖昧にする事無くしっかりと考え思考する事が大事なポイントです。

言葉を学ぼうというと、つい机にしがみついて難しく考えるようなイメージをもってしまうかもしれません。

ですが、言葉が生き物です。

机に座って居るだけでは見えない景色もある事でしょう。

多くの人と話をしながら生きた言葉に触れる事によって、多くの言葉を自分の物にしていく事が出来るかもしれません。

その中で、気になった事や分からない言葉を机を使って学べば良いのです。

私たちの人生はまだまだこれからです。

例え、80歳でも90歳でも学ぶ気持ちさえあればいつだって成長して行く事が出来るでしょう。