日本語には様々な意味を持つ言葉があります。

ですが、私たちが日常的に利用する言葉はその中でもほんの僅かなものしかありませ。

使わない言葉が殆どだと言っても過言ではありません。

使わないと言う事は、それだけその言葉を意識して生活していないと言う事なのでしょう。

その為、日本に住んでいる者でありながら言葉の意味を知らずに過ごして居る事も多々あります。

言葉を知らないと言う事は、それだけ物事を考え得るきっかけを失っていと言えるのかもしれません。

自分の興味がある事以外に目を向ける事が無ければ私たちはいつまで経っても新しい言葉を知る事はありません。

知らなくとも、困る事は無いのかもしれません。

ですが、それは勿体無い事だとも言えるでしょう。

せっかくこの国に住み、日本という国で暮らしているのであればより多くの言葉を学び自分の物にして行くべきです。

それをする事が出来れば、自分の中でのボキャブラリーを更に増やす事が出来より良い人生に繋げる事が出来るでしょう。

知識を増やす事は、単に自分の中の学力を上げることだけではありません。

より多くの経験をする事にも繋がり、人生の経験値を上げることが出来るきっかけとなるでしょう。

その為にも、多くの言葉に興味を持ち意味を理解する事は大変重要なポイントなのです。

多くの言葉がある中で、今回ご紹介させて頂く言葉は『憂慮』という言葉です。

子ど達に取っては帆殆ど馴染みが無く、読み方さえ分からない事もあるでしょう。

また、大人の人であっても、意味をしっかりと説明する事が出来る人は意外と少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、この馴染みの少ない言葉を多くの方が理解する事が出来るように、分かりやすくご了解させて頂ければと思います。

️憂慮の意味とは?

この「憂慮」という言葉は、『ゆうりょ』と読みます。

意味としては何か、物事に対して心配している際に使用される事が多い言葉です。

そのまま『心配している』と相手に伝える事も方法の一つですが、それをあえて直接的に言わず、オブラートに包んだ言い方をしているのです。

大人になると、自分の意見を素直に伝えることが出来なくなってしまいます。

自分の意見を伝える事は良い事だとは分っては居る者の周りとの関係性をきにしてなかなか本音を伝える事が出来なくなってしまう場合もあるのです。

そんな時、この言葉を使う事によってどこか自分の意見を少し隠したような、大人な言い方をする事が出来るようになるかもしれません。

言葉を知っていると言う事は、それだけ多くの話し方をする事が出来ると言う事です。

それは、臨機応変に使いこなす事が出来ると言う事だけでは無く、自分の気持ちを素直に相手に伝える勇気を持つ事が出来ると言う事なのかもしれません。

心配する


この『憂慮』という言葉の中に宇含まれている心配するという意味は、何もおろおろと心配している姿を表す訳ではありません。

この場合に表現されている姿は、どちらかというと心配して強い危機感を持っているという状況を指しています。

ですから、もっと深刻な強い姿を表して居るのです。

心配の仕方は人によって異なります。

自分の事以外にも家族の事となると、ついソワソワしてしまう事もあるかもしれません。

ですが、ただやみくもに心配するよりもきちんと危機感をもって対応する事が重要な場合も多々ある事でしょう。

そんな状況にピったりなのがこの言葉に含まれた意味合いなのでしょう。

思いわずらう

心配しているという気持ちは、余りにも長く持ち続けているとマイナスの感情になってしまう事があります。

状況を受け入れる事が出来ず思い悩んでしまう事だってあるでしょう。

そんな状況も『憂慮』という言葉の中には含まれています。

長い期間考え、危機感を感じているそんな状況を示しているのがこの言葉なのです。

自分の状況を端的な言葉で表現する事が出来るのも、日本語の面白いポイントです。

強い危機感を含んでいる

ただ心配しているというだけでは、その先の感情まで読み取る事は出来ません。

心配して、怒っているのか悲しんでいるのか。

その先の考えかた次第で文章の意味合いは大きく変わってくる事でしょう。

『憂慮』という言葉には、心配しているだけでは無く危機感を感じているという感情も含まれています。

その為、自分の感情をより分かりやすく表現する為にはそれにあった言葉を知り利用する必要があるでしょう。

それをする事が出来れば、より多くの人に自分の気持ちを分って貰う事が出来るでしょ。

最近の人は、コミュニケーション能力が低下していると言われており自分の気持ちをなかなか上手く表現する事が出来ない方も多くいると言われています。

ですが、こうして言葉を多く知る事によってより表現の幅を広げて行く事が出来るでしょう。

️憂慮の読み方


日本で使用されている言葉の中には、漢字が含まれています。

漢字は元々は中国からやってきたものです。

ですが、今の日本で使用されている言葉は、中国からそのままやってきた言葉ともまた
違っており、日本独自の文化として成長してきた言葉です。

漢字の読み方にはいくつか種類があります。

その為、全く知らない言葉を見た場合なんて読むのか悩んでしまう事もあるでしょう。

知らないままに読んでしまって恥ずかしい思いをしてしまう事も十分に考えられます。

だからこそ、多くの言葉を知る事はそういった状況を回避する事にも繋げる事が出来るのです

憂慮=ゆうりょ

『憂慮』という漢字は『ゆうりょ』と読みます。

それぞれ他の言葉の際でも、使われやすい読み方の一つなので、違和感無く読む事が出来るでしょう。

今度、この言葉を使う機会がもしあれば、是非自信をもってこの読み方を発してください。

知らない事はダメな事ばかりではありません。

自分の中の知識を深めて行けばいいだけの話です。

ですが、大人になると段々と効きにくい状況になてしまうのもまた事実です。

他人に聞いて恥ずかしい思いをしてしまうのであれば、出来るだけ自分自身で学ぶ癖を付けることも恥をかかない為には必要なのかもしれません。

️憂慮の類語

『憂慮』という言葉には、似たような意味を持つ言葉がいくつか存在しています。

一つの言葉歯科知らないと、どうしてもあたりさわりの無い言葉しか作る事が出来ませんが、多くの言葉を知っていれば自分の気持ちに一番あった状況の言葉をチョイスする事が出来るでしょう。

言葉は、使う事によってみについていきます。

その為、自分の中の知識を増やしより良い言葉をチョイス出来る環境を整えてみてはいかがでしょううか。

気がかり

これは、単純に気にしているという意味合いです。

物事がどうなるのか気になる。

あの問題が佳克したのか気になる。

そんな感情を示した言葉です。

この言葉には、その先の感情が入っておらずどちらかというと、と手尾分かりやすい言葉と言えるでしょう。

危惧

これは、どちらかというとネガティブな感情を持っている時に使われる言葉です。

もしかしたらこれは上手く行かないのでは無いか。

私には無理なんじゃないか。

そんな気持ちをまとめて表現しているのが、この言葉なのです。

『ネガティブ』と言った方が周りには伝わりやすい場合もあります。

ですが、それではあまりにも軽すぎる印象になってしまう事もあるでしょう。

そんな時、この言葉を使用する事によって、より自分の状況をあらわす事が出来るかもしれません。

憂惧

これは心配して居る状況を指しており、更に恐れている事も含まれています。

そのため、こうなったらどうしよう。

あんな状況になりたくない。

そんな心配の心を表しているのがこの言葉なのかもしれません。

心労

これは心配のあまり、心が疲れてしまう状況の事を指します。

心労と言うものの、これがあまりにも大きければ心だけでは無く体にも影響を及ぼす場合が多々あります。

その為、この言葉を使用する際には、是非早急に物事を解決する事が出来るように動く事が大切です。

心労の感じ方は人によって大きく違います。

例え他の人から理解されなかったとしても、自分の感覚を大事にしていきましょう。

️憂慮の使い方

言葉の意味を知った所で上手く使いこなす事が出来なければ、その言葉を知った事にはなりません。

例え日常生活の中でなかなか使う機会が無いと感じている方も、意味をきちんと理解する為にはあえてその言葉を使って見る事も大事な事でしょう。

まら意味をつらつらと説明されても、イマイチピンと来ないという方も例文を使う事によってより使う機会をイメージしやすくなります。

そうする事に取って、より自分の中の理解を深めることが出来るでしょう。

日本語はいつも使っている言葉ですが、実は奥が深く学ぼうとすればする程自分の中で迷子になったよな感覚になる事もあります。

上手く進める事が出来ず投げ出したい気持ちになる事もあるでしょう。

ですが、そんな時もきちんと一つ一つの意味を学ぶ事を止めなければいつの間にか多くの言葉を知識として自分の中にしまっておくことが出来るでしょう。

憂慮すべき事柄

これは危機感をもたなければならない状況・多くの問題がある中でも、この状況は良くないなどという意味合いを込めた言葉です。

これを使用する事によって、自分の状況をより明確にする事が出来るでしょう。

何が優先で何がそうではないのか。

その事実を知る事によって、私たちの日々は変わって来るのかもしれません。

憂慮に耐えない

心配し、危機感を感じている状況が辛い。

心苦しい。

そんな状況を表している言葉です。

問題を憂慮する

自分の目の前にいくつも問題がある場合、何をどうしたら良いか悩む時間も必要でしょう。

そんな時には、この言葉を使用して自分の状況をより分かりやすく周りに周知する事も良いでしょう。

『心配している』というとどこか締まらない状況になりがちですが、漢字でまとめる事によってより深刻さを出す事も出来るでしょう。

また、その状況を文章に起こす際もこれらの言葉を使用する事によってより状況を分かりやすい説明する事が出来ます。

憂慮すべき状態

『危機感を持ってください』『深刻な状況になってますよ』そんな状況を表しているのがこの言葉です。

相手がのんびりとしている場合には、こういった言葉を利用する事により、危機感をしっかりと伝えることが出来るのかもしれません。

憂慮には及ばない

これは相手に対しての、優しさの思いが入っています。

『心配しなくても大丈夫です』『きちんと行う事が出来ます』そんな意味合いがこの文章にはあるのでしょう。

家族や友達など、身近な人の場合には『心配しなくても大丈夫』という言葉を伝えることが出来ます。

ですが、仕事相手などの場合にはそれでは余りにラフ過ぎると言う事もある事でしょう。

そんな時に役立つのがこの言葉なのです。

行く末を憂慮する

これは、この出来事に対して危機感を感じ心配している様子を表しています。

その出来事が何なのかは、その人にしか分りません。

政治や経済のような重い話なのかもしれませんし、自分の子供の事など家族に関する事かもしれません。

『心配している』というと、どこかぼんやりとした印象になりがちですが『憂慮』という言葉を使用する事によってより強い意思を示す事が出来るようになって居ます。

️難しいけど憂慮を覚えよう

『憂慮』という言葉を、日常的に使用する機会のある人は余りいない事でしょう。

その為、子供がこの言葉を難しいと感じるのと同じように、大人もまた難しいと感じる事もあるのです。

中には、読み方すら分からないという方が居たとしても珍しい事ではありません。

この様に、難しい言葉はつい敬遠されがちです。

余り使う機会に恵まれないと言う事もあり、段々とその言葉の意味だけでは無く存在事態を忘れてしまう事もあるでしょう。

確かに、この言葉を知る事が無かったとしても生きていく事には何の支障もありません。

この先一生この言葉を使わずとも困る事は無いでしょう。

ですが、せっかく日本語として存在している言葉です。

何も使わずにそのまま化石にしてしまうのは勿体無いとはおもいませんか?

日本語には、つい分りずらい言葉などがそのまま使われずに忘れられてしまう事が多々あります。

ですが、その中には美しい日本語が沢山あるのです。

私たちは、その美しい日本語の存在を忘れては行けません。

例えなかなか知る事が無かったとしても、知識として自分の心の中に留めて起きましょう。

子供たちも、無理に難しい言葉を使う必要はありません。

ですが、知っていることによって見えてくる世界もあるかもしれません。

これからの人生がよりよい物になるように多くの言葉に興味をもっていきましょう。