あなたは嫌いな人がいますか?

その人のどんなところが嫌いですか?

もしかしたら気づいていないだけであなたも嫌われる人になってしまているかもしれません。

嫌われる人になっていませんか?

嫌われる人の特徴を知り、自分と照らし合わせてみてはいかがでしょうか。

また、嫌われていることに気づけていない人は、嫌われる人が良く考えいる事もご紹介しますので見返してみてください。

更に自分が嫌いな人と上手く付き合うためにはどうしたら良いんかという対策も合わせてご紹介いたします。

嫌われる人の特徴

では嫌われる人の特徴をご紹介いたします。

自分が嫌われないように気を付けることにも活用してもらえますし、現在自分が嫌われる人になっていないかも確認できますよ。

参考にしてみてください。

否定する


嫌われる人は、何事も否定から入る人です。

大体人から何かを言われた時に、「でも」「いや」という言葉で否定することが癖のようになってしまっています。

否定ばかりする人の心理としては、自分の意見に固執しているため、人の意見を聞き入れることが出来ません。

また、視野が狭く自分の知っている範囲でしか物事を考えることが出来ないのです。

その為相手の気持ちを理解することはもちろん無理で、平気で人の意見や考えを否定してしまうのです。

自分の意見だけが正しい、相手は間違えているという前提のもと話を進めてしまいます。

否定ばかりされ続けると、次第に話すことすらしたくなくなってしまいます。

どんどん嫌われていきますね。

又は、こういう人なんだなと呆れられてしまいます。

自分の発言を思い返すと、否定の言葉が多いと思った肩は、早急にやめることをおすすめします。

まずは会話の中で「でも」「いや」という言葉を使うのを辞め、相手の話を最後までしっかりと聞いてみましょう。

その後否定すべき点があれば、「そういう考えも良いね。自分はこうも考えるよ。」と相手の言い分を受け入れたという事を伝えてから、自分の意見を発言しましょう。

これは正解・これは間違いという自分だけの理念も捨てて様々な情報が自分に取り込める状態を作ることも大切です。

上から目線

上から目線で話してしまう人は嫌われてしまいます。

もしかしたら自分では上から目線だと気づいていない人も少なくないですね。

知らず知らず上から目線で話してしまう人は、自分が一番になりたいと強く思っている人に多い傾向があります。

他の人よりも上に立っていたい、他の人よりも知っていたい、自分を一番だと思い込むようになり、相手を下に見てしまうのです。

また、逆に自分に自信がァなく、誰かに負けていることを悔しく思い、負けを認めたくないがあまり、相手に上から目線で話してしまうという人もいます。

上から目線で話すことで、自分のほうが上だと言い聞かせ安心を得ているのです。

上から目線を治すためには、周囲に認められたいという気持ちを抑え、自分を承認してあげましょう。

自分を褒めて周囲の人に判断してもらうのでなく、自分で自分を褒めましょう。

また、相手は自分と対等な人間である、自分は上でもなければ下でもないと思うようにして、相手の立場に立って会話をしましょう。

人の話を聞かない

人の話を最後まで聞かない人も嫌われます。

例えば、「この前新商品の○○が出たよね。それって実はさ・・・」と話している最中に「あー!あれね!あれ使ってみたんだけど、すごくいいよね!とっても便利でさ、毎日使っているんだど・・・」と人の話の合間に入り込んでくるのです。

また、自分の話に持っていく人もいます。

「あのね!今ヨーグルトにはまってるんだど、あのヨーグルトを食べ始めてから調子がいいんだよね。」

「ヨーグルト自宅で作れる機械買っったんだけど、あれって○○で○○で~○○なんだ~!すごくない?!」などとヨーグルトで体調が良くなったという話をしたかったのにも関わらず、それに一切触れることなく、ヨーグルトを作れる機械の話を始めてしまっています。

相手の話を聞くのではなく、相手の話を元に横取りし、自分の話をしてしまっているのです。

人の話を聞かないがために、相手が本当に伝えたかったことを伝えることが出来なくなってしまうため、話した後にモヤモヤするのです。

そのうち話したくないと思われます。

人の話をよく聞けていなかったなと思った方は、相手の話を最後までよく聞くようにしましょう。

そしてその話題に合った質問をし、相手の話題を広げるのです。

自分が自分がと会話の中で自己主張が強すぎると、相手に話をすることが面倒に感じてきてしまいます。

相手の話をよく聞くと意識するだけでも大分変ることが出来るので、始めのうちは、つい自分の話題にしたくてもグッと我慢してみてください。

評価・判断する

相手の事を評価・判断して物事を話す人も要注意です。

例えば「あなたは○○より○○だからこうしたほうがいいよ」「○○っていつも○○だよね」と自分の中の計りで相手を評価し、言葉にしてしまうのです。

誰でも他人と比べられたり勝手に評価されののしられるのは嫌ですよね。

あなたに何が分かるの!と言いたくなりますよね。

評価・判断するという事は、自分はあなたよりも上と言っているようなものですし、その人自身を見ているのではなく、誰かと比べたその人のしか見えていません。

何かをアドバイスするときは、人と比べたその人を見るのではなく、相手の本質を見極めて意見することが大切です。

無愛想

嫌いな人に無愛想になってしまうのはしょうがないともいえますが、できれば笑顔で話したいですね。

また、嫌いでも好きでもない誰にでも無愛想になってしまうという癖がある人もいるでしょう。

しかし、相手は自分の鏡です。

あなたが無愛想に話せば、相手も無愛想になってしまいますし、徐々にお互いが嫌な気持ちになってしまいます。

できれば人と話す時は、笑顔で話すと良いですね。

笑顔で話した方が声もかけられやすいですし、話しやすいと思ってもらえます。

鏡を見ながら自分の表情を確認してみてください。

確認しながら笑顔を作ってみることで、無理している感が無い笑顔が作れるようになるでしょう。

【無愛想については、こちらの記事もチェック!】

被害妄想が激しい

被害妄想が激しい人も嫌われやすいので気を付けてください。

被害妄想が激しいと、人とかかわることがうまくできず、この人は私を嫌っているかもと思うながら話すと、相手にもそれが何らかの形で伝わります。

ビクビクしているような感じ、逃げているような感じ、顔がこわばる、ネガティブな発言ばかりが多い、そうなると話している相手も自分は嫌われているのかもしれないから距離を置こう、あまり関わらないほうが良いのかもと思われてしまうので、他人との距離がどんどん開いてしまいます。

被害妄想が激しいという原因には幼少期のトラウマだったり、対人関係でのトラブルが原因だっりと人それぞれですが、まずは「嫌われる勇気」を持ってみてください。

人間誰しも誰かには嫌われます。

1000人中1000人に好かれる人なんでどこにもいません。

自分がどんなに努力しても嫌われるときは嫌われます。

他人に自分がどう思われているのかを気にしてばかりいると、自分の中だけで被害妄想は膨らんでしまいます。

また、被害妄想は深い思い込みです。

真実でも確信でもありません。

深く悩まないようにしましょう。

悩めば悩むほど被害妄想が膨らみます。

気にしない、まあいいや!と思うように心がけると、被害妄想から逃れられるようになりますよ。

陰口を叩く

陰口を叩くという事は、自分の価値もどんどん下げてしまっています。

人の悪いところ、粗さがしばかりしていると、どんどん自分もその悪いところが似てきてしますよ。

頭で思い口にし、意識が強く相手の嫌なところに向いている分、そうなりたくない嫌い嫌いと思っていることをしてしまうようになるのです。

相手の悪いところを探すのではなく、いいところを見つけるような癖をつければ、自然と人の悪口も思いつかず、陰口をたたかない人になれますよ。

不平不満が多い

ぐちぐちと不平不満ばかり言っている人は、周囲の人にも不快な思いをさせてしまっています。

文句ばかり言っている人が近くにいるとイライラしてきますよね。

そういう人に限っていざ自分が不平不満を言われると大激怒したり、自分のモチベーションが下がったと言いやる気をなくします。

不平不満をよく言ってしまう人は、マイナス思考です。

物事をポジティブな方向に考えられるように努力してみましょう。

また、不満があってもある程度自分の心の中に留めておくと良いです。

なんでもかんでも口に出してしまうと、文句ばかりの口うるさい人になってしまいますよ。

周囲の人のモチベーションまでもを下げてしまっているという事を自覚しましょう。

人を思い通りに動かそうとする

人を思い通りに動かそうとする人も嫌われてしまいます。

自分が指示したように相手が動かない、自分が進めた選択肢を選ばないとイライラするという人は、相手が思い通りに動くように指示してしまっていますよ。

人それぞれ考えは異なり、自分と全く同じ考えしか持っていないという人は少ないでしょう。

その為もちろん自分が思ったように相手が動かに時も必ずあります。

しかし、相手には相手の人生があり、生活があります。

自分以外の人間がどんな選択をしたとしても、しょうがないことなのです。

それなのに、思い通り動かない人に対してイライラしたり、暴言を吐けば、「何であなたにそこまで言われないといけないの」と思われるのは当然です。

逆に、自分の考えを押し付け、自分の都合が良い状態を作ろうとしている人は、他人の事由を認められていない自分勝手な人間です。

自分が全て絶対に正しい、自分の考え以外の考えはおかしいと思ってしまっていると、このような状態を作り出してしまいます。

また、相手に期待をしすぎているのです。

相手がなんとかしてくれる、こうしてくれれば助かるなどと、自分の事は自分でする、相手が予想外の行動を起こしても大丈夫な状況を自分で作る努力をしましょう。

嘘つき


グリム童話にもあるように人に嘘ばかりついていると愛想をつかされ、何も信じてもらえなくなってしまいます。

嘘をつくと、その嘘を更に隠すための嘘をつき、つじつまを合わせるための嘘を塗り重ねなければいけなくなり、どんどん嘘の塊となり、次第にその嘘は崩壊してしまいます。

嘘をつくという事は、自分も苦しめることになってしまうのです。

誰にも信じてもらえなくなったとき、悲しい思いをする、困る思いをするのは自分です。

嫌われるだけではなく、周囲の人からも嘘をつかれる状況に陥ってしまうかもしれませんよ。

子供の頃「嘘はついてはいけません」と教わったのにも関わらず、大人になるにつれ嘘が上手になってしまっている人も少なくありません。

嘘をつかずに会話をしましょう。

偉そうな態度を取る

そんな人とは一緒にいれば居るほどイライラしてしまいますよね。

また、よくレストランなどで店員さんに偉そうな態度を取る人も注意してくださいね。

恋人から嫌われる可能性がかなり高いですよ。

話している時にスマホをいじる

自分が話しているときにスマホをいじられたり、話す時にスマホを見ながら話してくる人を見ていると、「この人話す気あるのかな?」「話をしたくないのかな?」と感じる方は良いのですが、もしかしたら悪いことをしているという気持ちが全くなく、スマホをいじりながら会話している人もいるのではないでしょうか。

人と話す時は相手の目を見て話すという事が基本ですよね。

スマホを見ながら会話をしている人はスマホと会話しているのでしょうか。

スマホを見ながら話すという事は、話を真剣にしていないのだろう、話気がないのだろうと相手を不快にさせてしまいます。

また、スマホが会話するテーブルの上にあるだけで、親密感が失われるという研究結果さえもあるのです。

スマホは両者の親密度を下げる壁となってしまいます。

相手を見て会話をしましょう。

不衛生

不衛生な人は嫌われます。

誰でも不衛生なものには近寄りたくないでものです。

それが本当は清潔な人に対して不衛生だと避けるのはただのいじめですが、本当に不衛生な人は自分が気を付けなければいけませんね。

例えば体臭が酷過ぎたり、口臭がすごく酷い、髪がべたついている、毎日同じ服を着ているという人は、相手に不快感を与えてしまい避けられてしまいます。

最低限清潔に保つという事はマナーです。

自分さえよければ良いではなく、相手の事も考えて清潔にしましょう。

目を見て話さない

目を見て話していないと、挙動不審に見えたり、相手を拒絶しているように感じさせてしまいます。

また、後ろめたい気持ちがあるのかとも勘違いされてしまうこともあるでしょう。

目を見て話だけで、相手への気持ちの伝わり方も大きく変わります。

自分の話を聞いてほしい時こそ、相手の事を深く知りたい時こそ、真剣に目を見て話すことをおすすめします。

自慢しかしない

人の自慢話ほど聞いていてつまらないものは無いでしょう。

自慢話している側は気持ちが良く楽しいかもしれませんが、されている側は退屈ですし少々であればまだしも長ったらしく自慢されているとイライラまでしてきます。

自慢話はほどほどにすべきです。

相手に自分のすごいことを認めてもらいたいという気持ちもわからなくないのですが、小さな子供でもないのです。

自慢話ばかりしている人は幼い子供と一緒です。

その話を聞きたいという人が居れば堂々と話しても良いのですが、自分からクイ気味で自慢するのは良くありません。

昔の話ばかりをする

昔の話を長々としてしまう人いますよね。

昔の話にはためになることもあるのですが、自慢のように昔のやんちゃ、昔の栄光を離し続けられてしまうと、つい「だから何?」と言ってしまいそうになりますよね。

やはり時代の流れに沿い、状況もやり方もすべてが変わっていきます。

時代にの流れに沿った会話が出来ていないと、うっとおしいと思われてしまいます。

昔の話を聞きたいと頼まれた時は話しても良いのですが、自分から昔の話ばかりしてしまうのは避けたほうがよいです。

昔ばかりに捉われしがみついている可哀そうになってしまいます。

現在の話をしてくれる人に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

正当化しようとする

何でも自分を正当化してしまう人嫌がられてしまいます。

自分の間違いを認めるという事はとても大変なことでしょう。

辛い事かもしれません。

しかし、それを認め改善することで自分も成長できます。

ミスしてしまっても間違いを認めて頑張る姿は周囲の人にも許してもらえるでしょうし、助けてもらえます。

しかし、自分の間違いを認めることなく、正当化してしまっている人はミスを許されることも、助けてもらうこともなく、ただただ嫌われて避けられてしまいますよ。

自分の過ちを「みんなしている事だ」「悪くない事だ」と正当化してしまう人も、言い逃れをする悪人です。

「あの人もやっていましたよ?」と責任転嫁する人も最悪です。

自分は悪くないと判断し、それ以上人として成長することもなければ、どんどん悪い方向にばかり進みます。

最後は自分が痛い目に遭ってしまいますので気を付けましょう。

ネガティブ

ネガティブな思考にばかりなってしまう人は「あの人といると自分まで気分が悪くなってしまうから一緒に居たくない」と思われ避けられてしまいます。

最初はネガティブな考えから救い出そうとして手を差し伸べてくれる人もいるかもしれません。

しかし、どんなアドバイスにもネガティブで変わろうとしない人は見放されてしまうでしょう。

また、ネガティブな感情のまま「何をやってもダメだ」「どうせ無理だ」と思ってばかりいると、本当に何もできない人なってしまいます。

時に自分の行動を反省することは大切ですが、気持ちを切り替えポジティブに物事を考えることも大切なことです。

ネガティブな感情で負の連鎖を招くより、ポジティブに考えたほうが明るく楽しくすごせますよ。

無神経

人が悲しんでいるとき、怒っている時、緊急事態にヘラヘラしていたり、平気で人の傷つくことを言ってしまうような無神経な人は、嫌われます。

無神経な人は自分だけが良ければそれでいい人間に見えます。

時に場の空気を読んで行動するという事は大切なことです。

もしかしたら周囲の空気をあえて変えるために無神経な態度を取っているのかもしれませんが、真剣な場、深刻な場ではやめましょう。

また、相手の気持ちになって発言しましょう。

自分にとってはそれほどでもない悩みでも相手にとっては大きな悩みなのかもしれません。

そのたった一言の無神経な言葉で取り返しのつかないことになってしまうこともあるのです。

無神経な言葉を言ってしまったなと思ったときは早急に謝罪し、反省したほうが良いでしょう。

嫌われる人が考えていること

嫌われる人はどうして人に嫌われることをしてしまうのでしょう。

嫌われたくてしている訳ではないのですね。

自分中心

性格的に自分中心になってしまう人は、人に嫌われることをしてしまいがちです。

自分の事しか見えていないのです。

自分が物凄く好きで大切にしたい、自分に利益があり続ける人生を歩みたい、他の人から求められたい、忍耐力が無い、自分にスポットライトが当たっていないとイヤという人は自分中心になってしまいます。

自分中心な自分を治したいと思ったときは、自分に当てていた注目を他者に当て、周囲の人に関心を持ってみましょう。

また、自分はこうしたいという感情を制御できるようにしましょう。

我慢をし思い通りに行かない事もあるという事を経験し耐えるのです。

自分が人に迷惑をかけていないかを考えてから行動するのも大切です。

自分を客観的に見て、自分だけが得をし周囲に迷惑をかけてしまっていないかを確認してみてください。

みんな敵だと思っている

周囲の人が敵に見えてしまっている人は、嫌われる態度・行動をしてしまいます。

周囲の人が敵に見える原因としては、自分が忙しい時、辛い時に周囲の人は楽しそうに過ごしている、なんだか今日は誰にも話しかけられない、といった時に、敵に見えてしまいます。

しかし、周囲の人はそれほど気にしていないだけで、助けを求めれば手を差し伸べてくれる人もたくさんいるはずです。

敵のように見えたときに自分を塞ぎこんでしまうと、人に嫌われる人になってしまうので、敵に見えた時こそ敵だと思うのではなく、助けを求めてみましょう。

自分のほうが上だと思っている

自分のほうが上だと思っている人も嫌われやすい行動をしてしまいます。

なぜ自分の方が上だと思うのでしょうか。

何が基準ですか?
どんな基準を自分自身の中で設定していたとしても、人には誰しも長けている部分と欠けている部分があります。

その為、比べたところでここは負けるけどここは勝っているという部分が必ずあります。

要は自分が一番すごい人間だなんてことはないのです。

それでも自分のほうが上だと思ってしまう方は視野がとても狭くなってしまっています。

上を見ればすごいと思える人がたくさんいるはずです。

どうしても相手を下にしか見れないのであれば、下を見て比べるのではなく、上を見て自分の劣等感を感じながら精進してみましょう。

すると下に見られていた人の気持ちが良く分るはずです。

自分に自信がない

自分に自信がないがゆえに相手に嫌われることをしてしまっている人もいます。

自分に自信がないという方は、自分の出来る得意なことを紙に書き出してみるのも一つの手です。

自信がつきます。

また、小さな目標を立て、達成することで自分はやれば出来ると自信がついてきます。

更に自分と他者を比べるのをやめましょう。

自分は自分。

それでよいのです。

他者と比較し続けてもキリがありません。

自分の短所は受け入れるしかありませんし、長所は認めてあげればよいのです。

自分は恥ずかしい人間だ、何も出来ない人間だ、そんなことを思う必要はありません。

自分の中で自分を認めてあげるだけで自ずと自信はついてきます。

思いやりがない

思いやりが無いと人が嫌がることを平気でしてしまいます。

思いやりを持って行動するためには、相手の立場に立って物事を考えましょう自分がその立場に立った時、こんなことをされたら嫌だろうと思う事をしなければよいのです。

また、自分がその状況に立った時に、どんな助けを必要とするだろうと考えれば、思いやりのある行動が出来るはずです。

大勢の中で思いやりを持って行動したい時は、周囲を広く見て困っている人は居ないかを確認してみてください。

また、相手に思いやりを持って優しく接するためには、自分の事を大切にすることも重要です。

思いやりをもってしてあげたことが相手にとっては有難迷惑という事も残念ながらあります。

しかし、そんな時、自分がしたことを責めないようにしましょう。

思いやりを持って行動したいと思った結果したことなので、悪気はないはずです。

そこで自分を責めてしまうと、次に行動するときに恐れてしまい、結果自分で壁を作り、相手に誤解される行動をしてしまうようになります。

中には人の思いやりを拒む人もいますが、それはそれです。

自分が良いことだと思ってしたことを責め続けるのはやめ、自分をほめてあげましょう。

相手に感謝の気持ちを忘れないという事も大切です。

自分が相手に思いやりを持って行動するときに、感謝の言葉を期待して行うのは間違えです。

見返りを求めた優しさは良くありません。

しかし、自分がやさしく助けてもらったときに、感謝の言葉を伝えるという事は忘れないようにしましょう。

相手を思いやる気持ちの現れですよ。

嫌われる人との付き合い方

周囲に嫌いな人がいるという場合、それは嫌われやすい特徴のある人なのでしょう。

上記の紹介で、「あーあの人こんな感じ!」と思った方も少なくないでしょう。

そこでそんな苦手な人とどうやったらうまく付き合っていけるのか、自分が傷つかなくて済むのかをご紹介します。

受け入れる

1つ目の方法は「受け入れる」です。

嫌いな人を嫌いなままでいるという事は自分もストレスが溜まり疲れてしまいます。

そこで嫌いな人を受け入れてみるのはどうですか?
嫌いな人を好きになれと言っている訳ではありません。

嫌いな人のどこが嫌いなのかを見つけてみてください。

例えば無神経なところが嫌い、上から目線なところが嫌いなどと嫌いなポイントがあるはずです。

しかし、○○だから○○さんが嫌いとなってしまうと、相手を全否定してしまっています。

嫌いな部分はあるけれど、あの人にはこんなすごいところがある、こんなところは好きという部分があるはずです。

すると、あの人のここは嫌いだけど、ここは好き、と全面的に嫌いだった人が受け入れられる人へと変わります。

そうすることで、自分の心も少し楽になるはずです。

あの人はこういう性格の人なんだと受け入れられるはずです。

話を流す

嫌いな人が言う事を、何もかも正面から受け取ってしまっていたら心が持たなくなってしまいます。

色々な人間が居て生き方があり、考えも異なるため、話し合って分かり合える人もいれば、いくら話し合っても平行線で分かり合えない人もいます。

そういう相手と正面から何度もぶつかっても疲れるだけですし、意見を飲み込むことも難しいはずです。

そんな時は相手の話を流してしまいましょう。

全てを受け止めすべてに対して考え込む必要はないのです。

時に話を聞き流し気にしないという事も、自分の心を守るためにとても大切なことですよ。

あの人の話を聞くと気分が滅入る、傷つくことばかり言ってくる人の話は受け止めることなくサラッと流してしまいましょう。

関わらない

最終手段は関わらないという方法ですね。

やはりどんなに上手く付き合っていこうとしてもうまく付き合えないほど自分とは合わない人と長くいれば居るほど、どんどん嫌いになっていき、ストレスも溜まってしまいます。

関わらない事も可能な関係性の場合は、関わらないようにしましょう。

どうしても職場などで会わなければいけないというときは、当たり障りのない態度を取り、極力関わらないようにします。

嫌いな人に挨拶をするときに顔に出てしまう、話を無視するなどは、逆上させてしまい更に面倒なことにもなりかねません。

至って普通に最低限の挨拶会話だけをし、極力関わる時間を減らすと良いですね。

嫌われる人の特徴を知って対処しよう(まとめ)

嫌いな人を嫌い!と思うだけでは自分が疲れてしまうだけです。

嫌いな人のどんなところが嫌いなのか、その人はどうしてそんなことをするのか、何を考えているのかなどを考えることで、なんだか怒りが少しだけ怒りが治まってきませんか?
カッなって立ち向かうと、自分も疲れてしまうので、相手を冷静に分析してみてください。

また、人のふり見て我ふりなおせという言葉もあるように、自分も人に嫌われるようなことをしてしまっていないか確認してみると良いですね。

人間関係は複雑で難しいものですが、お互いに認め合うという事は円滑に関わっていく事にとても大切なことですね。