私たちは生きるためには食事をする必要があります。

私たちは生命活動を維持するためには当然ながらエネルギーを消費しながら生きています。

エネルギーがなければ生命活動を維持する事はできませんので、餓死してしまうのは当然の知識として持ち合わせているはずです。

だからこそ食事は人生においても楽しみであり、いきがいでもあります。

おいしい食事を食べれば自然と笑顔がこぼれますし、楽しい気分を味わうことが出来ますよね。

だからこそ食事は知らない相手と親睦を深める際であったり、既に親しい人間とは食事を共にする事によってさらに親交を深めたり、楽しい時間を体感する材料として使われる場合があります。

一緒に食事をするだけでも相手と共通の時間を過ごし、さらには食事をしながらたくさんの話が出来るため、普段聞けないような事も聞ける時間にもなりますし、、知らない一面をさらに知れるようにもなるからです。

だからこそ好きな相手を食事に誘ったりしますし、仲良くなりたいと思った人間に食事を誘う事は一般的な手法として知られています。

当然これはビジネスの場面でも用いられる場合が多く、例えば会社の上司であったり、取引先の人と食事をするような場面なども将来的に出てくる可能性はとても高いです。

普段から取引先の人間と会食を交えている方もたくさんいると思いますが、会食をする際には注意すべき点が存在します。

今回はそんな会食をテーマにして、良い関係を作るために必要な方法をご紹介していきたいと思います。

会食のマナーを抑え、商談率をUPさせよう!

今現在社会人として活躍しているビジネスパーソンの方については会食の意味はある程度知っている方が多いと思いますが、学生の方であったり比較的年齢が幼い方については会食がそもそもどういう意味を持っているのかわからない方も多いと思います。

会食とはそもそも一つの目的を元に人が集まって食事をするという意味合いを持っている言葉です。

目的に関してはもちろんビジネス以外の目的でも当てはまるため会食という言葉は様々な場面で用いられる言葉であると考えることができます。

しかしながら一般的に会食という言葉が使われる場合はビジネスにおいて取引先の人間や深い親交を持ちたい人と食事をする際に用いられる場合が多いです。

例えば、取引を行いたい会社の社長を接待するために食事に誘ったり、会社の上司に仕事の事を聞きたい時に誘ったりする場合などが多いです。

なぜわざわざ会食をする必要があるのかと考えた時に、先ほどご紹介した内容が関与するのですが、一緒に食事をするという事は共通の時間を過ごすことであり、普段聞けないような話を聞いたり込み入った話をする場面としては最適な時間として認識されているからです。

だからこそ会食を行うことによってビジネスの場面で有利な立場に立つことができると考えることができます。

しかし会食を行う際には最低限注意していただかなければいけないことが存在しており、それは会食に関するマナーです。

会食に関するマナーを守ることが出来なければ相手と良い関係を築くことは当然できませんし、場合によっては相手から嫌われてしまう可能性もあります。

だからこそ会食のマナーを抑えるという事は商談率をアップさせるということにもつながります。

なので会食に関するマナーを押さえる事は会食をする上で大事な事であり、必ずあなたの役に立つスキルであると考える事ができます。

会食時に気をつけるべきこと


会食をする際には気を付けなければいけないことが存在するということとそれが商談率をアップさせる上で必要であるという事を簡単にご紹介しました。

会食をする際には最終的な目的は商談を成功させるということももちろん存在しますが、場合によっては相手と親睦を深めるために行う場合もあります。

その最終的な目的を踏まえた上で大切なのは会食を行うことで相手に対しておもてなしを行うと言うことです。

おもてなし行えば自然と良い人間関係を築くことが出来ますし、相手に対する気遣いが会食としてもそのまま雰囲気作りにつながり、再びこの人と会いたいと思わせるわけにもつながります。

だからこそおもてなしをする際には必ずセンスや人間性が問われることも考慮して行わなければいけません。

では具体的にどの様な事を会食をする際に気を付けなければいけないのかという事を詳しくご紹介していきたいと思います。

頻繁に会食を行う方やこれから会食を行う予定がある方、そして今後のために役に立つことを事前に知っておきたいと考えている方はこれからご紹介する内容を改めて確認してください。

お酒は基本断らない

まずはじめにご紹介する会食をする時に気を付けなければいけないことは基本的にお酒は断らないということです。

まず基本的に会食を行う際は時間に余裕がある夜に行われる場合が多いです。

夜に食事を共にすると言う事は基本的にお酒を飲む場合が想定されます。

もちろんお昼だったとしてもお酒を飲む方であれば一緒にお酒を飲む必要性があります。

なぜお酒を断ることがタブーとされるのかと考えた時に、お酒を飲む方であればお分かりいただけると思いますが、自分がお酒を飲むのに相手がお酒を飲まない場合は相手に気を使ってしまいますよね。

さらに一緒にお酒を飲むということ自体が相手と親睦を深めることにつながりますし、せっかく会食をするのに相手がお酒を断ってきた場合は雰囲気が台無しになってしまう可能性がありますし、人によってはそれが気に入らないと考えられる場合もあります。

もちろんお酒に関しては強い弱いが存在しているので、あまりお酒が強くない方にとっては苦痛に感じるかもしれませんが、お酒が弱いのであれば弱いなりに自分のペースで飲めば良い話です。

もちろん人によってはお酒が弱い人と一緒にお酒を飲むと気を使ってしまってあまり好きではないという方やその場が盛り上がらないと感じる方もいるかもしれませんので、その場合は事前にある程度お酒が強い人をセッティングするなど対策を行う必要性があります。

なので例えお酒が弱かったとしても、相手がお酒を飲む場合は必ずお酒を断らない様に注意する必要性があるということを理解してください。

おしぼりはキレイに置く

次にご紹介する会食をする時に気を付けなければいけない事はおしぼりは必ず綺麗に置く必要があるということです。

必ず食事をする際にはおしぼりが渡されると思いますが、渡されたおしぼりに関しては必ず綺麗に畳んでおく必要性があります。

なぜおしぼりを綺麗に置く必要性があるのかと考えた時に、もしもあなたが相手と会食をする時に相手がテーブルの上でおしぼりを汚く置いていたり、行儀がなっていないような行動をとっているのを目にした場合は当然ながら良い気分はしませんよね。

一緒に食事をするのですから当然ながら向かいに座っている人のマナーはある程度目につく場合が多いです。

おしぼりを綺麗に置くと言うことぐらいはちょっと意識すれば簡単に行えることですし、相手が目上のかたであるならば当然おしぼりを綺麗に置くぐらいの心遣いは考えなければいけません。

人によってはおしぼりを汚くテーブルの上に放置してしまっている姿を見た時に、なんとなく自分は気を使わなくて良い人間だと判断された様で良い気分をしない方も存在しています。

なので必ずおしぼりに関しては綺麗に置く必要性があります。

ちなみにこれはお箸のマナーに関する面でも同じであり、箸を置く際には必ず右から左に箸の先端を向けるように置く必要性があります。

万が一箸の先を相手に向ける様な形をしている場合は絶対的に失礼にあたりますので注意してください。

お客さんより先に食事に手を付けない


次にご紹介する会食をする時に気を付けなければいけないことはお客さんより先に食事に手をつけないということです。

例えば自分自身が会食をする際に招待したお客さんがまだ到着していないのに料理が先に運ばれる場合や、相手が到着して料理が目の前に揃っている状況を考えてください。

その際には必ずお客さんが料理に手をつける前に自分が気をつけてはいけないということです。

基本的に食事をとる際のマナーとして目上の人が先に食事に手をつけるということがマナーとされています。

もしも逆の立場で考えてあなたが招待された側として一緒に食事をした際に自分が食事をとる前に相手がガツガツと食事を先にとり始めてしまった姿を見るとあまり良い気分はしないはずですよね。

もちろん優しい方であれば気にしないかもしれませんが、最低限のマナーとして当然知っておくべき知識になりますので必ずお客さんより先に食事に手を付ける様なことはしない様にしてください。

スマホを机の上に置かない

次にご紹介する会食をする時に気を付けなければいけないことはスマホを机の上に置かないということです。

この点に関してはわざわざご紹介するまでもないと思いますが、人によっては会食をするときに机の上にスマートフォンを乗せたまま食事をする人がいますがこれはあからさまに相手にとって失礼です。

一般的なマナーとしてそもそも食事をする際にスマートフォンなどを扱うのはタブーとされています。

これは会食だからというわけではなく、一般的に食事をする際にも考えられるマナーの一つです。

そもそも食事をとっている時間なのですからスマートフォンなどを確認する時間ではないですし、もしも会食をしている時に相手がいちいちスマートフォンなどを頻繁に確認したりしている姿を見ると、こちらも気を使ってしまいますし、まるで自分との食事をないがしろにされている様なイメージとして捉えられる場合がありますので、完全に相手に対して失礼に当たってしまいます。

人によっては重要な報告があったりするなどで逐一確認したいと思う場合もあるかもしれませんが、必ずその場のマナーに従った行動をとる必要性がありますので会食をする際は相手をおもてなししている時間であるということを必ず根底に考えた上で行動をする必要性があります。

音を出して食べない

次にご紹介する会食をする時に気を付けなければいけないことは音を出して食事をしないということです。

これは食事をする際のマナーになるのですが、基本的に食事をする時には音を立ててはいけないという事がマナーの1つとして知られています。

これまでの人生でおそらく食事をするときに音を立てて食べている人と一緒に食事をした経験がある方はたくさんいると思いますが、大抵の場合はその事を聞く場合は不快な気持ちになるはずですよね。

せっかく一緒に食事をして楽しい気分になろうとしているのに、たったこれだけのことで相手から印象を落とされてしまうのは完全に損になってしまいます。

なのでもしも普段から食事をするときに音を出して食べている方は外食の際は注意して音を立てない様に口をしっかりとしたままものを噛んだり、口に物が入っている状態で話をしない様に心がける必要性があります。

席次を守る

次にご紹介する会食をする時に気を付けなければいけないことは席次を守るということです。

まだ社会人として活躍していない方や、社会人になりたての方であればわからない方も多いかもしれませんが、席次とは会合や儀式などでの座席の順序のことを指し示している言葉です。

つまり簡単には会食をする際に座るべき席のことを意味しています。

どこに座っても同じじゃないの?と考える方もいるかもしれませんが、一般的にビジネスマナーの1つとして部屋の中に存在している席には上座と下座が存在しており、これは目上の人やお客様が座るべき席のことを意味している言葉です。

簡単に言えば上座が目上の人やお客様にできるだけ座っていただく席であり、下座が招待した側の人間が座る席になります。

これはビジネスマナーにおいても基本的なひとつでありこれを知っていなければ相手に対してかなり失礼な行動に繋がってしまう可能性がありますので注意してください。

まず基本的な知識として入り口から最も遠い席が上座となり入り口に最も近い席が下座となります。

なぜこのように席次が決まっているのかと考えた時に、その根底にある考えとして目上の人に景色を楽しんでもらうという心遣いによるものが存在しています。

マナーに厳しい方からすれば席次を守らないで案内されてしまうと扱いがないがしろにされてしまったと怒る方も存在しますので必ずビジネスマナーの1つとして守る様にしてください。

香水はNG

次にご紹介する会食をする時に気を付けなければいけないことは香水はNGであるということです。

これはどういうことかといいますと食事をする際に匂いが強い香水などはつけるべきではないという考え方です。

この件に関してはちょっと考えればわかることだと思いますが、食事をする時には当然一緒の時間を楽しむということも含まれますが、純粋にそのお店で出された食べ物を美味しく頂くということも一つの目的ではあります。

では食事を楽しむということを考えた時に、食事の楽しみ方としては当然料理の見た目であったり料理の味や雰囲気、そして香りなどを楽しむのが一般的です。

しかしもしもあなたが料理を楽しみたいと思った時にあなたの席の近くに香水の香りを身にまとった人間が近くに座っていると考えると当然料理の楽しみが半減してしまうことが考えられますよね。

もちろん料理を食べる以前に香水の匂いが適度な匂いではなく、かなり強い匂いであった場合はたったそれだけのことで相手を嫌いになってしまいかねませんよね。

なので基本的にビジネスマナーとして強すぎる香水はNGですし、食事の際においては論外であるということを理解する必要性があります。

店員さんへの気配りも配慮する

次にご紹介する会食をする時に気を付けなければいけないことは店員さんへの気配りも配慮する必要性があるということです。

例えばあなたが会食をした時にあなたがおもてなしをされたと考えてください。

その時におもてなしをしてくれた人間があなたには丁寧な対応していたとしても、料理の注文や料理の配膳を行っている店員に対して失礼な対応や言動などを行っている姿を見かけたとしてください。

おそらくその様な姿を見かけると気分が悪くなってしまいますし、自分に対して丁寧な対応しているのは猫をかぶっているのではないか?と考える事もあると思います。

なので結果的に相手に悪い印象を与えてしまうことに他なりません。

などで相手と会食をする際には必ず相手だけではなくそのお店の店員さんに対しても丁寧な対応や気配りを行う必要性があるということです。

手皿しない

次にご紹介する会食をする時に気を付けなければいけないことは手皿しないということです。

手皿というのは食事をする時に箸で料理を口に運ぶ際に使っていない手を食べ物の下に添えて食べ物が床に落ちない様に行う動作のことです。

一見するとこの行為は上品な食べ方ってあると勘違いされてしまいやすいのですが、手皿をするという事は自分が料理を食べる際に「私は下手な食べ方をしているんです」ということを強調していることに他なりません。

なので会食の場に関してある程度マナーを心得ている方からそれは食べる時に手皿をしている人間を見るとそれはマナーを理解していない人間であると判断されてしまいます。

一般的に勘違いされやすいのでたったそれだけのことでそこまで憤慨する形はいないと思いますが、人によってはこの行動一つだけで印象を下げてしまう場合もありますので注意してください。

タブーなネタは持ち出さない

次にご紹介する会食をする時に気を付けなければいけないことはタブーなネタは持ち出さないということです。

これは具体的にどういうことかといいますと会食を行うときには当然ながら一緒に食事をするわけなので、一緒に食事をするということは長い時間一緒に時間を共にするので当然様々な話をする必要性があります。

一般的には相手と親睦を深めるためには相手との共通点を見つけ出したり、相手が好きな話題を投げかけて相手にその話をしてもらい気分を良くする必要性があります。

しかしながら話をするのが下手な人に限って会食をする時に相手にとってタブーなネタを持ち出したりする場合があります。

当然ながら人それぞれ立場や状況などが関係して話をしたくない内容が存在します。

当然そんな内容をわざわざ話させたり、こちらが投げかけたりすると相手はこちらに対して失礼な人間だと思ったり、二度と会いたくないと思われてしまいかねません。

なので相手が嫌がる様な話題は極力避ける必要があるということです。

政治

タブーなネタの1つとして政治が存在しています。

なぜ政治が話がタブーとされるのかと考えた時に、ある程度年齢が上の方であればあるほど政治に関して自分なりの解釈を持っていたり考え方を持っている場合があります。

なので政治の話になってしまった途端にいきなり話に火がついてしまうこともあったりするので、本来行いたい話が出来なかったり、話が食い違ったりすることによって相手がこちらに対して不快な気分を持ってしまうこともあります。

もちろん絶対的に話題としてタブーとされるというわけではなく、相手が話題を誘ってきた場合は当たり障りない返答をすることに努めるくらいの気遣いを持っていれば問題はありません。

しかしながらこちらから積極的に政治が話を持ち出したりする事は極力避ける必要性あります。

宗教

次にご紹介するタブーなネタの1つとしては宗教が存在しています。

なぜ宗教の話がタブーとされるのかと考えた時に、宗教に関しては歴史的な争いがつきものです。

もしも相手が何らかの宗教に入っていた場合は自分の宗教以外を認めていない場合なども存在しており、その宗教の話から火がついて政治の話と同様に話の内容が議論的になってしまったり、話が平行線になってしまって相手と関係が悪くなってしまう場合も考えられます。

せっかく楽しい時間を過ごそうと思っているのですからわざわざ争いの火種になるような話題をこちらが与える必要性はないので、宗教的な話は基本的に行う必要性がないということを理解してください。

野球

次にご紹介するタブーなネタの1つとしては野球が存在しています。

なぜ野球で話がタブーとされるのかと考えた時にこれまでの話の内容からある程度想像つくと思いますが、野球に関しては人によってはかなり熱心な考え方を持っている場合もあります。

特に阪神と巨人に関してはかなり熱狂的なファンも多かったりするので、これまでご紹介してきた内容と同様に議論的な話になったり火がついてしまうことも考えられます。

なのであまり野球に関して話題を振りすぎると相手が熱心であればあるほど気が入ってきてしまいますので注意してください。

これをやっておくと高感度UP!接待マナー8つの基本

ここまでは会食をする際に注意すべき点についていくつかご紹介していきました。

一緒に食事をするということだけでもこれほどまでにたくさんのことを注意しなければいけないということが改めて理解いただけたと思います。

ある程度基本的なことを理解いただいた上でさらに会食の席で相手に好印象を持ってもらうためにさらに気をつけていただきたい接待マナーが存在しています。

あまりマナーについて詳しくない方であればこれまでご紹介してきた内容だけでもいっぱいいっぱいになってしまう可能性がありますが、あくまでこれまでご紹介してきた内容は会食をする上でごくごく基本的な内容になります。

むしろ知っていて当たり前くらいのレベルになりますので、結果を求めるのであればさらにこれからご紹介する好感度アップのマナーを身につけておく必要性が求められます。

基本的な知識自体がなかった方はまずは基本的な知識を身につけた上で、これからご紹介するステップアップのためのマナーを身に付けるようにしてください。

相手の好みに合わせて店を選ぶ

まずはじめにご紹介する好感度アップの接待マナーのひとつは相手の好みに合わせて店を選ぶということです。

当然ながら人間であれば好きな食べ物や嫌いな食べ物が存在しているはずです。

相手の好きなものが分かっていれば相手の好きなものが揃っているお店を選ぶことで相手が良い気分になってくれるでしょうし、相手が好きなものがわからなかったとしても、相手の年齢や性別などを考慮した上である程度好きそうなものを事前に考えておくことくらいは可能な範囲ですよね。

例えば年齢がかなり召されている方に油っぽいものが多い料理を提供するお店を選んでしまうと相手からすれば口に合わない可能性があります。

どんなに高級なお店だったとしても、口に合わない料理が中心の店は嬉しいはずがありません。

なので相手がどの様な形なのかある程度にサーチをかけておくことは絶対的に必要なことになりますので、さらに高感度を上げたい場合は必ず行ってください。

手土産や2次会の準備も

次にご紹介する好感度アップの接待マナーの1つとして手土産や2次会の準備も行う必要性があります。

もしもあなたが会食に誘われた側だったと考えてみてください。

もしもお店を出ようとした時に手土産を持たされたと考えると当然嬉しい気持ちになりますよね。

さらにお店を出た後にもしもお酒を長く飲むのが好きな方であれば1次会で終わってしまうのは寂しいものです。

などで相手がお酒が好きな方であるとある程度わかっている状況であるならば2次会の手配なども行っておけばさらに関係性を深めることが出来ますし、相手からすればそれを見越して手配をしてくれていたという事実だけでも気分を良くするポイントになります。

なので相手のことをしっかりと考えた上で事前に手数を踏んでおくことが相手の好感度を上げることに繋がると言うことを理解してください。

会食前にお店の視察

次にご紹介する好感度アップの接待マナーの1つとして会食前にお店の視察を行うということが挙げられます。

これはどういうことかといいますと、もしも会食をする際に予約をした店が実際に足を運んでみたら想像よりも拙いものであったということが十分考えられるからです。

しかし実際に一度足を運んでおけばその後店の雰囲気を理解することも出来ます。

お店に到着して失敗してしまったと思うことを未然に防ぐことができますので、必ず会食を行う際に一見のお店を予約する場合には視察を行っておくということが好感度アップの秘訣にもつながるということです。

お迎え・お見送りまでしっかり行う

次にご紹介する好感度アップの接待マナーの1つとしてお迎え・お見送りまで必ずしっかりと行う必要性があるということです。

これは相手の立場に立って考えてみれば容易に想像することができることではありますが、あなたが大切な誰かを接待使用と考えるのであれば当然その方に対してお迎えとお見送りに関してはきちんと最後まで丁寧に行う必要性があります。

例えばどんなに相手と話が盛り上がったとしても、最後の別れ際までマナーがしっかりしているのとそうではないのとでは大きな違いが生まれます。

例えば遅い時間まで共にし、最終的にタクシーなどで帰宅する際、相手の乗ったタクシーが見えなくなるまでお辞儀をしているのとそうではないのとでは大きな違いがあります。

相手のことを接待しようと思うのであれば、詰めが甘い接待をするのではなく、最後までしっかりと力を入れて成功させるくらいの気合が求められます。

最初と最後のちょっとした気遣いの差で相手に対する印象は大きく変わるということを事前に知った上で行動をしてください。

お酒は控える

次にご紹介する好感度アップの接待マナーの1つとしてお酒は控えるということが挙げられます。

お酒が好きな方であれば尚注意していただきたい点になりますが、どうしてもお酒を飲んでしまうとお酒が好きな方は自分のペースでグイグイと飲んでしまいたい気持ちに駆られてしまいやすいです。

しかしながら相手のおもてなしするという場においては必要以上にお酒を飲んでこちらが酔っ払ってしまうというのは一番最悪な状態です。

相手によっては優しい形であれば気を使わないでくださいと言葉を添えてくださる方もいるかもしれませんが、あくまで接待を行うがまま相手におもてなしをするために参加しているので、必要以上にお酒を飲んで相手のことを気遣えない様になってしまっては意味がありません。

なので必要以上にお酒を飲むことはしないようにしてください。

相手の飲み具合、食べ具合を伺う

次にご紹介する好感度アップの接待マナーの1つとしては相手の飲み具合や食べ具合などを常に伺うということです。

これはどういうことかといいますと、例えばお酒が好きな方であれば当然お酒を飲んでグラスが空きますよね。

そんな時に一言次のお酒を伺ったり、ビールや焼酎などを注ぐなどの気遣いが必要です。

もしも相手がお酒に弱い方だったり、なるべく控えたいと思っていらっしゃる方ならばお酒以外の飲み物が必要かを伺ったりするなどの気遣いをするということです。

これは食事に関しても同じで、かなり食べ物を多めに食べられる方であれば、追加注文が必要かどうか伺ったり、もしも相手があまり手をつけていない様であれば相手が好みのものでなかったかどうか気遣ったりする必要性があるということです。

話が途絶えないように気を配る

次にご紹介する好感度アップの接待マナーの1つとしては話が途絶えないように気を配るということが挙げられます。

一緒に食事をするということは当然様々な話をするのですが、接待に慣れていない方の場合は話を相手に振るのが苦手な方も当然存在しています。

しかしながら相手と信頼関係を築く上で様々な話を行うことが必要不可欠です。

なので話が途絶えない様に様々なことに気を配りながら相手に対して話題を投げかける必要性があります。

その際には相手が好きそうなことや興味がある様な事を掘り下げながら相手に伺ったり、相手との共通点などを探るために何かこちらの話題を提供したりする必要性があります。

また相手よりも話しすぎない様に自分はある程度までしか話さない様に心がけることも相手が良い気分で話を続けてくれるひとつのポイントになります。

事前に話をまとめておく

次にご紹介する好感度アップの接待マナーの1つとしては事前に話をする内容をまとめておくということです。

これはどういうことかといいますと、先ほどご紹介した話が続い内容に気を配るという項目にも似ている部分になりますが、会食を行う前に相手とどういう話題を話せばよいのか考えておくという事です。

ある程度頭が回る方であれば問題ないかもしれませんが、通しても目上の人と食事を共にする際には緊張して頭が回転しない場合がありますので、相手とどういう話をするのかという事は事前に色々ピックアップした上で話題をチョイスする必要性があります。

またもしもその会食の中でこちらが相手に対してビジネスの場面で訴えかけたいことを話したいとするのであれば、自然とその話が出来る様な流れを作り上げる必要性がありますので、その行いたい話の内容に沿って話の流れを考えておくという事も求められます。

などで時間に余裕があるのであれば事前に相手のことをリサーチして相手がどういうことが好きで、普段からどういうことを考えているのかということなどをある程度相手の立場に立って理解する必要性があります。

会食を成功してビジネスチャンスをつかもう!(まとめ)

今回は会食をテーマにして、会食時に気をつけるべきことや好感度アップの接待マナーなどに関してご紹介しました。

今まで会食を行ったことがない方からすれば全く知らないような内容ばかりだったかもしれませんが、会社員として働いてる方であればいつか必ず会食をしなければいけない時がやってくるはずです。

そのような時に会食のマナーも知らない様では必ず苦労してしまうことが予想されますので、早い段階である程度のマナーを知っておくという事はむしろチャンスにつなげることができると前向きに捉えてください。

会食を成功することはビジネスチャンスをつかむということにもつながりますので、会食のマナーを会得するという事は自分にとって絶対的にプラスになるスキルであるということを理解いただいた上で、今回ご紹介した内容を身につけてみてください。