みなさんは、ぐっすり眠れていますか?

「快眠」と言えるくらいの睡眠を取れていますか?

現代では、睡眠時間を削らなければいけないほど、いろんな誘惑がありますよね。

テレビやラジオは24時間やっていますし、インターネットではいつでも好きな動画が観れたりします。

映画やドラマもそうですよね。

また、眠らない街もあります。

いろんな欲求を満たすために、夜に活動するという方も多いのではないでしょうか。

そのような現代に生きていると、自然と睡眠時間が少なくなっていくのは当然の成り行きなのかもしれません。

ですが、人は寝なくてはいけない動物です。

一睡もしないで活動し続けることはできない動物なのです。

どうして睡眠が必要なのか?

この問いに、あなた自身がきちんとした答えを出すことができれば、たとえ睡眠時間が短くなってしまっても、その短い睡眠ながらも「快眠」することで、睡眠不足からくる疲労や病気の原因までもカバーできるようになると思います。

今回は、睡眠の質を考え、どうしたら「快眠」できるのかということを一緒に考えてみましょう。

夜眠れない人必見です

日本人は、海外と比べると睡眠時間が短い国民のようです。

睡眠時間が短いとうことは、「勤勉」や「真面目」という日本人の良さがよく現れていると思います。

もちろん、仕事だけでの表現ではありません。

日常の生活の中でも日本人は海外に比べれば、忙しいのです。

いろいろと。

逆に言うと、時間の使い方が下手なのかもしれません。

リラックスをする時間や息抜きの時間、そして、疲れやストレスを取る人間の最大の方法である睡眠に関する時間の使い方。

国が違えば、生活様式も違い、海外の人たちのようには行かないことが多いのも現実ですよね。

そんな忙しい日本人に今突きつけられている問題が、「睡眠」に関することも取り上げられます。

忙しいから睡眠時間が少なく、次の日の仕事や生活のパフォーマンスが落ちる。

そういうマイナス要因が堂々巡りをしているのに、改善するのが難しい。

そういう毎日の繰り返しでは、いつまでも日本は昔のように発展することができないのかもしれません。

忙しく、時間の使い方が下手なのであれば、海外と比べて短い睡眠時間の中でも「快眠」できるようにする工夫が必要となります。

その、短時間であっても「快眠する」方法を知ることで、全てが改善されるかもしれません。

疲れやストレスも取れ、次の日の全てのパフォーマンスが向上する毎日になれば、きっと日本は、もっと素晴らしい国になるのではないでしょうか。

そういう観点からも必要ですが、一番は、常に「快眠」することによって、自分の生活がよくなるということが最重要課題なのかもしれません。

おすすめの快眠方法を紹介!

快眠とは何でしょうか?

ぐっすり眠れることですよね。

睡眠時間をきちんと取ったはずなのに、疲れやストレスが取れないということがないようにするには、どうしたら良いのか。

テレビや書籍などでも特集が組まれたりして、知識はある方も多いと思いますが、実際にできている方は少ないのではないでしょうか。

人間には、睡眠が必要なのです。

睡眠は、起きている時に入手した情報や経験などを処理するために必要ですし、体の疲れ、心の疲れ、心身の疲れといういわゆるストレスを取るために必要不可欠なのです。

言わば、「絶対」です。

世の中に「絶対」というものはないと言いますが、「睡眠」に関してはその言葉は当てはまりません。

睡眠をしない生物は、地球上存在しません。

寝たつもりでもきちんと眠れていないということは、何一つ良いことはありません。

睡眠は、みなさん聞いたことがある「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の繰り返しで成り立っています。

浅い睡眠の「レム睡眠」と深い睡眠の「ノンレム睡眠」が90分ごとに訪れ、脳や体を休めたりするのです。

リラックスする


睡眠前にはリラックスすることがとても重要です。

神経が高ぶったままでは、熟睡することは難しいというのはよくわかると思います。

起きていて活動している間に、経験する様々なことや活動したことでの体の疲れ、それらが神経を高ぶらせてしまったりします。

それらが、睡眠前まで続いているのであれば、睡眠に支障が出てきます。

ですので、起きている間に高ぶった神経などを落ち着かせ、睡眠に入るようにすることを心がけたいところです。

その、高ぶった神経などを沈める方法の一つにリラックスするということが挙げられます。

人によってリラックスする方法は様々だと思います。

ゆっくり湯船に浸かったり、ヒーリング音楽を聴く、少量のお酒を嗜むなど色々と方法はあると思います。

カフェインは避ける

カフェインは、神経を高ぶらせるという興奮剤のような効果があるのはご存知だと思います。

そのカフェイン入りの飲み物で代表されている飲み物はコーヒーだと思いますが、寝る前の2時間くらい前にコーヒーを飲むことはオススメできません。

他のカフェイン入りの飲み物でも同様です。

人は本来、日が沈むと休み、日が昇ると活動するという生活をしていました。

電気が発明されて、普及したお陰で、夜でも昼のように明るくすることができ、活動ができるようになりした。

そのような長い年月の文明変化と技術の変化の中に生きてきた人間は、睡眠のサイクルなどが狂ってしまっているというのは、ある意味かわいそうな症状なのかもしれません。

ご飯は摂らない

寝る直前や睡眠前の2時間くらい前には食事は終えるようにしましょう。

その理由は、食べたものを胃の中で消化するということにエネルギーを浸かっているからです。

腹一杯食事をとった後に眠くなるということがよくあると思いますが、その理由は、胃に体のエネルギーが集中しているからで、他のエネルギーを使う要因を胃に集中させているからなのです。

食べ物を目の前にして、思ったことはありませんか?

「この食べ物を食べた後、胃の中で消化されてしまうという胃の力や役割はすごいな」ということを。

どんな食べ物でも、消化して栄養素に変えてしまう胃は、本当にスゴイと思います。

その消化してしまうにはやはりエネルギーを使うというのは、なんとなくでも想像できると思います。

寝る直前などに食べた物を消化するために、体のエネルギーが胃に集中すると、いくら目を瞑って寝たとしても胃や内臓は活発に動いているということですので、睡眠の邪魔をしてしまっているということなのです。

ですので、寝る時間が決まっているのであれば、最低でも寝る2時間以上前には食事を終えるようにしましょう。

もし、どうしてもお腹が空いてしまって眠れないというのであれば、消化の良い物を食べるか腹八分目とは言わず、腹6〜7文目を心がけて、軽い食事にするようにしましょう。

食べた物を消化するということにエネルギーを使うというのはおわかりなったと思いますので、寝る直前などにどうしても食べたいときは、消化の良い食べ物にすると、その胃の消化するというエネルギーを使うことの時間が短くなりますよね。

どうしてもという時は、消化の良い食べ物や消化の早い食べ物を取るようにしましょう。

それだけでも、睡眠に入る時間はだいぶ違ってくると思います。

軽い読書


寝る前に読書をされる方も多いと思います。

私もその一人です。

寝る前に漫画でも雑誌でも本でも、何かしら読んでいます。

途中、やはり眠気に襲われ眠りについてしまいます。

最近は、タブレットやスマホで本が読める時代になっていますので、いつでもどこでも本が読めるという便利な時代ですが、そのようなタブレットやスマホで本を読むのであれば、睡眠の妨げにならにような光の調節機能があるもので読むようにしてください。

タブレットやスマホの光は睡眠の妨げになっているという情報は聞いたことがあるとおもいます。

でしたら、朝起きれないという方が朝目覚まし時計が鳴った後にタブレットやスマホを操作する何かのアプリで目覚めるようにした方がいいと思います。

なかなか眠れないという方で、もし寝る前にタブレットやスマホを操作しているのであれば、今後、寝る前には、なるべくタブレットやスマホを操作することはしないようにしてみてください。

それだけでも入眠に違いがあるかもしれません。

話が少しそれましたが、寝る前に読書をするということは、頭の中をリセットする役割があると思います。

起きている間に活動していて、いろんな情報を頭に詰め込み、経験し、喜怒哀楽をしていると思いますが、それらがリセットできないまま眠ると、睡眠にはよくありません。

それらをリセットする意味で、小説などの物語を頭に入れたり、雑誌や漫画などで起きて活動している時とは違う物を頭に入れると活動していた情報などとは全く違ったことが頭に入り、リセットの役割を果たします。

まるで、長距離ランナーがゴールしてからすぐ止まって休むのではなく、少し走ったり歩いたりるするのと同じ感覚です。

寝る前の読書ということは、頭の中でも同じようなことをしていると考えていただければ良いと思います。

日常を離れた話しなどで、頭の中をリセットするという役割もありますし、字を読むということは、読んだ文章を理解し、イメージしたりするので、頭を働かせることになりますよね。

ですので、当然疲れてきますよね。

それが、入眠にはちょうど良いです。

私の個人的な趣味のようなモノなのですが、読書をするのなら、紙媒体のものをオススメします。

紙の匂いや質感、文字のインクの匂いなどもそうですが、紙媒体のモノはその時の自分を知るバロメーターになると思います。

いくら、「本を読むぞ!」と気持ちが向いていても、読んでみると文字が全然読めていなかったり、内容が全く頭に入って来ないということがあると思います。

そのような時は、疲れているんだなと私は思い、読書を止めてリラックスするようにしています。

疲れなどは、自分で感じない場合もありますので、そのような本を読む、ページをめくるという動作が、疲れなどを知るには手っ取り早いものだと思います。

そのような観点も含めて、寝る前に読書の習慣がない方でも、何かしらの本を読むということをしてみてはどうでしょうか。

音楽

寝ながら音楽を聴いているという方も多いと思います。

そのような時は、どのようなジャンルの音楽を聴いていますでしょうか。

私は、小さい頃は、よく音楽を聴きながら眠っていました。

今は、音楽を聴きながら眠るということはなくなりましたが、寝ながら聴く音楽でも寝る前にリラックスするための音楽であっても、自分が「落ち着くなぁ」と感じる音楽を聴くようにしてください。

ジャンルは、なんでも良いと思います。

人によって感性が違いますので、一概に「この音楽が、寝る前や寝ながら聴くのには良い」とオススメするのは難しいと思うからです。

ヒーリング音楽であっても、ヘビメタであっても、ジャズやロック、ポップスやクラシック、ワールドミュージック、日本の演歌であったとしても、ご自身が聴いて「落ち着く」や「リラックスできる」などの感覚がある音楽が一番良いと思います。

その日その日で聴く音楽が違うように、体の感覚も違うものです。

ですので、毎日聴く音楽が違っても全く問題ありません。

そもそも、なぜ音楽を聴くのでしょうか。

楽しんだり、ファンな歌手などの音楽を楽しむという「楽しむ」ということが根底にあると思います。

寝る前や寝ながら聴く音楽だからといって、全く興味のない音楽を聴く必要はないと思います。

もしかしたらなのですが、学生の頃など、難しい内容の授業受けていたり、本を読んだりすると眠くなったという経験があると思いますが、音楽でも同じかもしれません。

全く興味のない音楽を聴くと眠れるということが、もしかしたらあるのかもしれませんよね。

でも、音楽という特性を考えれば、耳に心地よかったり、落ち着くと感じる音楽の方が眠る時にはぴったりだと思いますので、選曲のチョイスはその時々の自分にチューニングを合わせて選んでみてください。

音楽を聴くということでも、リラックスするという効果がありますので、眠る時や寝る前に聴くというのはいいことです。

高ぶった神経を沈める方法の一つですので、その時の自分の感覚に合った「リラックスできる」音楽を聴くことをオススメします。