繊細な人と聞いてどのような人を思い浮かべますか?思いやりがある人や気を使いすぎるという人もいるでしょう。

中には、傷つきやすい、ネガティブだという考えの人もいると思います。

この様なイメージがある中、繊細な人は今は少なくなってきているのではないかと思うのです。

ですがこれは良いことでも悪いことでもありません。

繊細な人はいて当然であり、それぞれの長所と短所を持っています。

逆に繊細な人であるからこそ接することで、相手のことをより深く知ることができると思うのです。

「繊細だから気を使うのが嫌だ」という苦手意識を持つ人や「思いやりがあるから凄い良い人だよ」という考えを持つ人もいるでしょう。

それぞれで繊細な人というのはイメージがあり、繊細な人はそのイメージの中で生きていくので、時には傷ついたり、時には嬉しくなったりすると思います。

ですが大事なのは、その人が考え方を変えるのではなく、自分自身も考え方を改める必要があるということです。

繊細な人はこのような人なんだと考えることで、その人との接し方も解るでしょうし、良いところ悪いところを見つけられると思います。

そこで繊細な人の長所と短所を見ていくことでどの様にすれば良いのか解るようになると思います。

また、繊細な人はどのような人なのかを見ることで、もしかしたら自分自身が繊細なのかもしれないと思うことでしょう。

そんな繊細な人の15個の特徴について見ていきたいと思います。

繊細な人ってこんな人!あなたは当てはまる?

繊細な人というのはどの様な人ですか?

イメージがそれぞれ違うと思いますが、それは全てその繊細な人が持つ特徴でもあるのです。

例えば良いイメージで言うのであれば、思いやりがあって、いろいろな人と付き合うことができる、物事を心で感じ取ることができるなど、様々な良い特徴がありながら、マイナス思考で傷つきやすく、集中力が無いといった悪い特徴もあるのです。

繊細な人というのは物事に対して敏感でありながら、心も傷つきやすく、プレッシャーに弱いというイメージもあるかと思います。

ですがこの様に見ると悪いイメージだけではなく、ちゃんとした良いイメージもあると思うのです。

皆さんはどちらのイメージが強いですか?

友達にその様な人がいるという人は、どちらのイメージで繊細な人だと思っていますか?
逆に自分自身はどの様に感じますか?

もしかしたら相手の人が繊細と同時に自分自身も繊細なのではないかと思う部分があるのではないでしょうか。

人というのは自分は繊細である、その反対の大胆な性格であるというのは自分がそう思っていても相手からして見れば違う性格に見えるのです。

この様に思っていても、相手がこの様な性格だよと言うのであれば、相手が言うような性格なのでしょう!

「自分はこの様な考えだ」と言っても周りからみるとそう見えずに「逆のことを…」というようなこともあります。

自分では気付きにくいというのが性格ですが、繊細な性格だと尚更人から言われて気付くことが多いのではないでしょうか?

今一度自分がどの様な性格なのかを考えてみても良いと思います。

繊細な人に共通する特徴

繊細な人というのは様々な共通する特徴というものがあります。

それは思いやりがあったり、いろんな人と付き合えたりすることもありながら、集中力が無かったり、人ごみが苦手だという良いところも悪いところも全て行動で見えてしまうという点です。

例えば気を遣いすぎるという特徴は、人がいなければ気付かないことが多く、自分自身ではあまり気付かないことが多いです。

細かい部分を気にするのは繊細な人の見える特徴でもありますが、これは自分ではなく人から言われて気付くことが多いのではないでしょうか?

共通する特徴というのは全て自分自身でこの様な特徴があるというのが解り難いものばかりです。

もちろん自分で感じ取ることのできる特徴もいくつかありますが、基本的には相手の人から言われてという特徴が多いのではないでしょうか?

ではどの様な特徴があるのか見てみたいと思います。

物事を心で感じ取る


物事を心で感じ取ることができるというのは繊細な人に共通する特徴の1つでもあります。

心で感じ取るというのは、物事に対して、例えば嬉しいことや悲しいことがあればそれを心で感じ取ってよりその感情を出すことのできる人です。

例えば嬉しいと感じれば更に嬉しくなり、悲しいと感じれば更に悲しくなって泣いてしまうというような人です。

「感性が豊かであるという人」に似ているような部分が多いでしょう。

全ての物事を心で感じ取ることでより、その事に対して深みに思うことが多く、例えば嫌なことがあれば、それをずっと引きずってしまうのも特徴です。

しかし嬉しいことはずっと嬉しい思い出として残すことができるという人のことを繊細な人とも言います。

繊細な人の特徴でもありますが、物事を心で感じ取るというのは本人にしか解らない感性です。

よく自分自身を考えてその様な傾向があるのであれば、もしかすると自分は繊細な人なのかもしれないですよ?

思いやりがある

思いやりがあるという人も繊細な人に共通する特徴があります。

特に仲間間の間でというのはとても強い思いやりがあったり、家族間でもその様な傾向が見られると思います。

常に相手のことを考えて、相手のことをどう思っているのかなどを気にしたりしてしまうことが多いですが、思いやりを持って行動をすることが多いです。

また、常に自分を優先するのではなく相手を優先して考えてしまう傾向も多いのが特徴です。

相手を優先にして考えてしまうので自分のことは気にしないでという形になることが多いのも特徴です。

気を使いすぎる

思いやりに近いような感覚ですが、気を使いすぎるというのも1つの特徴です。

これは相手が仮にどこか行きたいとなっても相手のことを考えて「いいよ!」と言っているということです。

本当は他にも行きたいところがあるけれど、と内心は思っているにも関わらず相手にはそれを打ち明けずに相手の好きなようにさせるということが多いです。

気を使いすぎてしまい、時には体調がフラッと悪くなるというのも特徴かと思います。

気を使うのは体力がとても必要になるのです。

相手のことをそれだけ考えているという意味にもなりますが、気を使いすぎると体力の低下や、ストレスなども貯まってしまい、そうなった頃には体調を崩していたりするといったことが多いです。

繊細すぎるというのもありますが、相手のことを常に考えようとして自分自身のことを考えていないという人もいるので、繊細な人が友達にいるという人や、自分自身が繊細だという人は気をつけるようにしましょう!

いろんな人と付き合える

いろんな人と付き合えるというのは良い特徴だと思います。

これは誰とでも接することができるということで、人脈の幅が広がります。

好き嫌いというのがあまりなく、誰がきても平等に接することができるというのは凄いことです。

いろんな人と付き合うということは、人生の中で様々あると思いますが、必ずしも皆が好きだというのが無いと思うのです。

その中でも平等に付き合うということができるのはとても素晴らしいです。

この様な特徴もあるという人がいるのであれば、もしかすると繊細な人なのかもしれません。

優柔不断

優柔不断という言葉はご存知でしょうか?優柔不断であるという性格も繊細な人の特徴であると言えます。

優柔不断というのは決断力が欠けている人のようなことです。

例えば2つの物があり、どちらか1つを購入しようと迷っているとします。

その時にずっとどちらが良いか迷っているという人が多いのではないでしょうか?その時にずっとどちらかを考えてしまうという人も多いのではないでしょうか?

それこそが優柔不断という性格なのです。

物事の決断力が少し欠けていることから、様々な人に多いのではないでしょうか?

優柔不断というのはどちらも選べない、どちらの物にも魅力があるという見方ができますが、他の人から見れば早く決めれないのだろうかという決断力が欠けているということになります。

優柔不断とはあまり良い意味では使われませんが、繊細な人は物事をよく真剣に考えてしまう傾向があるため、自分に後悔をするというのを嫌います。

なので優柔不断な性格になってしまうのも1つの特徴であるかもしれません。

細かい部分を気にする

細かい部分を気にするというのも繊細な人の特徴であると言えます。

気にしなくて良いということを気にするような性格です。

例えばニュースなどを見て、全く関係のないことなのにそのニュースのことが気になって気になってしょうがないということが多いです。

細かい部分まで自分で調べて納得のいくまで見るまではいけない、という性格の人は繊細な人であることが多いです。

細かい部分を気にしたり、また納得のいくまで自分が調べるというのもポイントになると思います。

自分自身の性格を見てそのような傾向になっていませんか?

はっきり物事を言えない

はっきり物事を言えないという人も繊細な特徴の1つです。

優柔不断に当てはまることが多いですが、いろいろな意見を持っており、決断力があまり出ない発言が多いということがあるというのも特徴です。

はっきりと言わない分、濁すような意見が多いというのも特徴の1つです。

例えば「これはどういうことなんだ」と親から怒られたときに、様々なことを説明しようとして頭がこんがらがるということはありませんか?その様な状態になることが多いというのが繊細である特徴なのです。

マイナス思考

常にポジティブで考えていないというのも1つの特徴です。

とにかく物事をマイナスな方面に捉えてしまうことが多いです。

マイナス思考というのは、常に物事を悪い方向に考えてしまうことで、ふとしたことでも「もうダメだ、自分には無理だ」といつも悲観的な考え方をしてしまうのが特徴です。

繊細な人はよく相手のことを気づかったり、思いやりもあったりしますが、その分何か喧嘩などがおこってしまうと直ぐにマイナス思考に捉えてしまい、「友人とは二度と遊ばないんだろうな、もう会話することないんだろうな」という考えになってしまいます。

子供のような考えになるというのも1つの特徴であり、嫌なことがあると子供のような嫌がりなどをするのも特徴です。

マイナス思考はなればなるほど自分自身にとって良いことがおこらなくなるので、気をつけるようにしましょう!

傷つきやすい


傷つきやすいというのは繊細である人にとってもあがるポイントの1つであり、特徴でもあります。

全員がそうですが、ちょっとしたことで直ぐに傷ついたりする傾向があります。

例えば驚かせる目的でちょっとしたサプライズやお化け屋敷などで除け者状態にさせられるなど、ちょっとした冗談でも相手はとても親密に受け止めてしまい、傷ついてしまうことが多いのが特徴です。

これは繊細であるからこそ傷つきやすいとも言えます。

何故なら傷つきやすいというのは、相手のことを考えて思いやっているからこそであり、仮にその相手から悪ふざけで何かやられた、となれば信用は無くすのが当たり前です。

それが原因でずっと話さなくなったという人もいるでしょう。

傷つきやすい性格をしているので、余程のことがない限りは、その様な悪ふざけなどもしないようにしましょう。

仮に自分自身がその様なことで友達とトラブルがあったという過去があるのであれば、あなたは繊細であるということになります。

傷つきやすいのは人誰もがそうですが、特に繊細な人というのは誰よりも敏感に物事を感じ取ってしまうので、傷つきやすいのです。

キャパオーバー

キャパオーバーという言葉はご存知でしょうか?これは例えば自分の仕事が行き詰っているとします。

その時に更に追加の仕事がどんどん増えてしまい、やる事が多くなってその許容範囲を超えてしまい、自分ではどうしようもできない状態のことを言います。

更に言うと、自分ではどうしようもできないので、全てを投げている状態のことをキャパオーバーと言います。

これは仕事でよく使われる言葉でもあり、軽いストレスが超えたという意味でもあるのではないでしょうか。

簡単に言うと、自分の許容範囲を超えてしまったということです。

仕事でも頼まれることが多いと思いますが、その範囲を超えて、一気にやる気が無くなるということでもあるので、繊細な人はこの様なことになる確立が高いのです。

集中力がない

集中力が無いというのも繊細な人の特徴です。

繊細だから逆に集中力があるのではないかという考えの人も多いと思いますが、その逆なのです。

集中力が無いということは、それほど他の物事が気になっているということでもあるのです。

集中力というのは他のことを気にせずに、その1つのことに集中して物事を行うことですが、集中力が無いというのは、他のことも気になってしまい手付かずの状態になっているということになります。

これは繊細であるからこそ集中力が無いということなのです。

これも繊細な人の特徴であり、1つのポイントです。

仮に自分自身もその様な感じだと思い当たることがあれば、もしかすると繊細であるのかもしれません。

お腹が空くと不機嫌になる

お腹が空くと不機嫌になるというのも繊細な人の特徴です。

これはお腹が空くことでストレスが溜まるというのと同じで、常に満足をしていないと気がすまないということになります。

食べ物というのは人を活気的にさせると同時に毎日食事を摂るので重要なことですが、これが少しでも欠けるだけで少し不機嫌になってしまうことがあるのです。

1日3食というのは常識ですが、それが1つでも退いてしまうとどんどん苛立ってきてしまうのです。

何か常識的な行動やその行動から違うことをするだけで不機嫌になるのと同じ原理ではないかと思います。

お腹が空くと不機嫌になるのも繊細だからこその特徴なのかもしれません。

プレッシャーに弱い

プレッシャーに弱いのも1つの特徴です。

物事を敏感に感じ取ることができ、周りの人の目線も気になると思います。

例えば試合でのプレッシャーなどが良い例でしょう。

試合でこのシュートが入らなければ負けるといったバスケの試合では、フリースローという誰にも邪魔されずにシュートを打てるチャンスを貰うことができます。

しかしこの時に外してしまうと、周りからの目がとても気になってしょうがないです。

観客からは野次などが飛んでしまうこともあるでしょう。

この様なプレッシャーには物凄く弱いのが繊細である特徴の1つです。

アートや音楽に触れるのが好き

アートや音楽に触れるのが好きで常に音楽を聞いている、アートに触れているという人は繊細な人かもしれません。

「NoMusicNoLife」という言葉をご存知でしょうか?これは簡単に言うと「音楽が無ければ人生ではない」という意味であり、音楽と常に一緒に生きているという意味でもあります。

アートや音楽が好きな人は常に音楽を聞いていたり、アートに携っていると思います。

毎日音楽を聞いているという人が多いのではないでしょうか?

それほど物事に対しては敏感であり、そのことについて繊細に受け止めることができるので、音楽などに触れるのが空きだという人はもしかしたら繊細な心を持っているのかもしれません。

人混みが苦手

人混みが苦手だという人も繊細な人の1人だと思います。

周りの目が常に気になっているので、その様な人混みも辛いと感じる人が多いのです。

また、人が多すぎると常にその波に沿って移動をしなくてはいけません。

繊細な人の中にはマイペースで動く人が多く、自分のペースで動くことが多いので、人混みの中を嫌う傾向があります。

自分のペースで見て回りたい、人が少ないところに行きたいなど、そのプレッシャーに押しつぶされることも多いので、繊細な人がいる場合は人混みを避ける傾向があります。

繊細な人の長所・短所

繊細な人の共通する特徴について話をしましたが、あくまでも特徴であり、長所や短所ではありません。

では長所や短所はどの様なものがあるのでしょうか?

自分自身は繊細な人だと思う人は考えてみてください。

他の人には無いものがあるのであればそれは長所になります。

また相手に不快に思われていると思う部分があればそれは短所になるのです。

繊細な人というのは長所もある分、必ず短所というものがあります。

その短所とも向き合って生活をすることで、相手との接し方も変わるでしょうし、友達が繊細な人は知ることでどの様に接すれば良いのかと考えるようになると思います。

長所

繊細な人の長所は物事を感じ取ることができるという特徴から、空気が読めたりすることができる、一緒にいて心強いという点があげられます。

空気が読めるというのは相手のことを気づかうということで、他の人よりも直ぐに空気を読むことができるというのが長所です。

更に言えば相手がどの様に思っているのかなどを察知することもできると思います。

そして一緒にいて心強いという点は、常に何か物事に対して気を配っていて、友達も大切にするという傾向があるのでその様な長所が生まれてくるのです。

繊細だからと言って短所ばかりではなく長所も少なからず存在するのです。

では細かく見て行きましょう。

空気が読める

空気が読めるというのと空気が読めないというのでは大きな違いがあります。

その場の空気というのはその時にしか解らないことですが、その時に直ぐに感じ取ることができるというのが長所です。

相手のことを考えたり、常に周りの人達の目や気持ちを考えてきたりしてきたので空気が読めるというのは1つの長所でもあるのです。

どんな人とでも平等に接することができるので、仮に相手が嫌な人であろうとも、ちゃんとした正論を相手に言うことができるのも長所の1つです。

一緒にいて心強い

一緒にいて心強いというタイプも繊細である人の長所と言えます。

相手のことに気を配ることができ、相手のことを考えて行動をしたりすることができるので、一緒にいる時でもとても心強く感じることが多いのではないでしょうか?

何かトラブルのようなことがあっても直ぐに助けてもらったり、直ぐに相談に乗ってくれるという人はいませんか?

その人はとても相手のことを気にかけて相談に乗ってくれたり、助けてくれたりする人なのではないでしょうか?

いろんな人と接することができるので、この様な助け合いなども長所の1つなのではないかと思います。

短所

長所をあげましたが、短所はどの様なものが思い浮かびますか?

繊細と聞くと長所より短所が思い浮かんでしまうというような人が多いのではないでしょうか?ですが短所もある中、長所も同じくらいあるのです。

でも短所が多いというのはマイナスなイメージをよく持っているからです。

ではそんな短所というのはどの様なものがあるでしょうか?例えば傷つきやすい、ネガティブであるというのは短所の1つかと思います。

相手から気をつかってもらうのは嬉しいがこっちが気をつかってしまうというのも短所に入るのではないかと思います。

細かく見て行きましょう。

傷つきやすい

傷つきやすいというのは短所の1つです。

繊細な分、相手のことを考えたり、自分の心はピュアだという考えでも良いでしょう。

繊細な人は嫌なことは直ぐに顔に出たりしますが、感情が豊かな部分もあり、ふとしたことで傷つきやすいというのが短所になります。

冗談などが通じないというのも短所だと思います。

何もかも鮮明に受け止めてしまうという点は他の性格ではあまりないように思えます。

ですが裏を返せば相手のことを思っているということにもなるので、傷つきやすい分それほど相手のことを考えるという長所に変えても良いのではないでしょうか?

ネガティブ

ネガティブな考えをしてしまうというのも短所の1つです。

ネガティブな考えは全ての行動に影響を与えてしまうので注意が必要です。

いつもネガティブに考えていたり、行動をする前から決め付けているというのも短所に繋がりますが、物事を細かく捉えすぎずにポジティブに考えることも大事だと思います。

ネガティブに考えるというのは誰でもしてしまいがちですが、繊細な人は特に多いので注意をするようにしましょう!

マイナスな方向に考えてしまうと全てがダメになってしまうこともあるので、特に直ぐにネガティブになってしまうということがあれば注意をして、少しでも前向きに考えるようにしましょう。

気を遣う

相手が気を遣うことは嬉しいですがこちらが返って気を遣うはめになってしまうというのも短所の1つです。

人というのは気を遣われるのがあまり好きではありません。

何か申し訳ない気持ちになるからです。

ですが、繊細な人はどんな人に対しても気を遣って喋ったり、行動をしたりすることが多いです。

相手からすると気を遣わなくて良いのにという考えにもなりますが、それを言ってしまうともしかしたら傷ついてしまうかもしれないという、こちらの逆に気遣いが出てしまうので、これも短所の1つになるのではないかと思います。

打たれ弱い

打たれ弱いというのも1つの短所です。

何事も考えて行動をするタイプであり、勢いに弱いです。

そのため「これに行こう!」ということに反論などができず、流れにのりやすいのも1つの短所と言えます。

自分は嫌だけど皆が推してるから行こうかなというような形になってしまいやすく、嫌なものは嫌ということもできない環境になることが多いです。

繊細な人におすすめの仕事!

繊細な人におすすめの仕事というものがあります。

長所や短所があってもそれを生かして仕事をすることも可能になるのです。

例えば自営業では自分の好きなことができるので、長所を生かしたものをすれば良いし、医療関係のものは常に相手に気を遣う仕事ばかりです。

繊細だからと言って私に合う仕事が無いと考えないようにしましょう。

長所などを生かせる仕事はこれから挙げる例よりも多く存在します。

これだけではないので、自分自身で生かせる仕事を探すことが重要になるのです。

ではどの様なおすすめの仕事があるのか見てみたいと思います。

自営業

自営業というのはどの様なものを自営業として仕事をするかによります。

例えば好きな趣味について自営業をしようという考えでも良いでしょう。

社長は自分自身になりますし、人を増やすかどうかも自分で決めることができます。

予算はいくらか、他の人のことを考えつつ、自営業であれば仕事ができるというのでオススメな1つの職種なのではないかと思います。

また自営業は好きなタイミングで辞めることも可能です。

選べるという点から自営業は良いでしょう。

医者

人に常に気を遣うという延長線で医者になるという選択肢もあります。

医者というのは常に患者さんを診ていき、どこか悪いところはないか、どの様な症状なのかを把握する必要があります。

時には手術などをしたり、応急処置といったこともしないといけません。

なので医者になるというのは、繊細な人である特徴の気を遣うということや、細かい所まで気にするというのがとても役に立つのです。

何故かというとよく調べてみると違う病気が発覚したということが多いですよね?

それは医者の人が気遣って他のところも調べてみようということになるので、とても繊細な人にとっては向いている仕事なのではないかと思うのです。

介護

介護も1つのオススメな職と言えます。

介護はお年寄りの人達のお世話をする仕事であり、常にお年寄りと一緒に触れあいながら生活をするというものです。

危ないことはないか、レクリエーション中に危険なことはしていないかなど、常にお年寄りのことを見なければいけません。

ふとしたきっかけで事故になってしまう可能性も高いため、何かに気を配るという点では繊細な人がすることをオススメします。

また、中にはデイサービスなどの介護の仕事もあり、お風呂に入れたり、食事を一緒に摂ったりといった病院と同じようなことをすることもあります。

そんな時に、常に気を配れる人であればあるほど介護というのは大活躍をするので、いろいろな人と付き合えるという特徴も生かしつつ、この仕事に就いてみてはいかがでしょうか?

繊細な人の特徴や長所・短所を知ろう(まとめ)

繊細な人の特徴や長所・短所を知ることで見方が変わってきたのではないでしょうか?

繊細な人というのは悪いイメージだけでなく良いイメージもたくさんあり、普段から苦手だという人も接し方を変えれば、苦手という意識が無くなるかもしれませんし、繊細な人というのは意外にも多くいます。

それほど相手に気を配るということもありますし、時にはネガティブな考えにもなったりしますが、繊細な人ということを知ってどの様に今後接するようにするかが大事になってくるのではないでしょうか?