近年、共働きの家庭が急増し、それに伴った悩みも増えているようです

「共働きになってから、妻がイライラ・カリカリしている…何故だろう?」
「仕事に家事に育児

私(妻)ばかり動いているのに夫は気づいてくれない!」
こうした気持ちのスレ違いが夫婦間で生じ、お互いにピリピリしてしまうことが多いのだとか…

家庭円満な共働きを目指そう!

今回コチラの記事では、共働き家庭に起こりがちなトラブルを解消するために役立つ情報を掲載しています

夫も妻も、そして子供達にとっても円満な家庭が築けるお手伝いが出来ればと思っています

共働きなら知っておきたい、よくある家族ルール

妻が働き出したその日から、家族の生活は一変

ただでさえ忙しい朝の時間帯が、さらにバタバタおおわらわ!なんてことも

「あれどこ!?」「お弁当まだ!?」「お迎えのバス来ちゃうよ!早く早く!」「会社に間に合わない!」
まるで嵐か戦争のような光景です

生活を豊かにするために共働きを選択したのに、
「妻が働きだしてから、家庭が回らなくなった!」「ママがお仕事に行くようになってから家の中が汚い!」なんて言われてしまっては本末転倒、元も子もない、ですよね

こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、”家族ルール”は必要なのです

それでは、数ある家族ルールの中でも、多くの家庭で実践されているものをいくつかご紹介しましょう

家事の分担


働き出した妻

仕事から帰宅すると、朝食に使った洗いかけの食器が流し台にたっぷり…

「あー、食器を洗わなくちゃ」
食器を洗い始めて直ぐ、ハッと気が付きます

「あ、洗濯を取り込まなくちゃ…」
洗濯物を取り込んで、畳んでいたら、またハッとします

「お風呂掃除もしなくちゃ…」「おトイレも汚れてる…」「夕飯作らなくちゃ…、なに作ろう…」
このように、妻が仕事を終えて帰宅した後も、”やらなければならないこと=家事”が、ドッサリと待ち構えている訳ですね

妻側の負担は計り知れません

無理が祟って(たたって)体調を崩したり、精神が不安定になることもありますから、夫側からのサポートはあってしかるべきでしょう

体力的にキツイものは夫、軽いものは妻

平均的に見て、女性よりも男性のほうが筋力があり、比較的タフです

家事の分担をする際には、それらも考慮しておくと、お互いに不満を感じることなくスムーズに決めることが出来るでしょう

例えば、
・夫…風呂掃除・トイレ掃除・ゴミ出し・布団干し
・妻…料理・洗濯・掃除・買い出し (※買い出しは夫婦一緒に)
上記の夫婦の家事分担では、汚れを強くこすったり雑巾をかけたり重いものを運んだりと、体力的に大変な家事を夫に任せており、妻側には普段やり慣れている家事を任せています

「これはあなたの分担でしょ!」はナシ

もちろん、パートナーが体調を崩していたり、仕事で忙しく、分担していた家事に手が回っていないような時は、率先してパートナーを手伝う・助ける姿勢や柔軟性を持ち合わせておきましょう

「いつでもサポートに回るよ!」というスタンスでいることが、お互いにとって最も望ましい関係性だと思います

妻が夫にやって欲しいと思っている家事

①朝のゴミ出し
②風呂掃除
③トイレ掃除
④自分のこと
(※筆者調べ)

「妻が夫にやって欲しいと思っている家事」で最も多かった意見は、「朝のゴミ出し」でした

これは筆者も予想していたのですが、予想が当たって嬉しいというよりも、「やっぱりそうだよね(笑)」という納得した感じです

子供の支度や自分の仕度、それから家族みんなの朝食の用意で大忙しの朝は、たかがゴミ出し1つでも大変な重労働

妻が何も言わなくても、自分から颯爽とゴミ捨てに言ってくれる旦那さんは、傍(はた)から見てもポイントが高いですね

ちなみに、④の【自分のこと】とは、「自分(夫自身)のことは自分でやってちょうだい!」ということのようです

脱いだ靴下やシャツをその辺に脱ぎ散らかしたり、食事の後の食器を片づけずに放置したり、などなど、だらしのない旦那さんを持つ奥様からの貴重なご意見でした

夫のお世話も、最早家事の一部になってしまっているのでしょう(笑)

全国の旦那さん、自分のことは自分でやりましょうね!

お金の使い方


今までは片働き(かたばたらき)で、全ての支出は夫の収入で賄ってきたけれど、いざ共働きになると夫婦二馬力で収入が増加

お財布事情にも大きな変化を迎えます

光熱費や家賃の支払いは半分に

夫と妻で家事の分担をするように、毎月の支出も分担して支払えば、両者が感じている金銭面での負担が軽減されるかもしれません

ここでも、1つ例を挙げてみましょう

・夫…住居費・水道光熱費 (固定費を支払う)
・妻…食費・備品消耗品費・医療費 (変動費を支払う)
上記では、家賃や電気・ガス・水道代などの光熱費といった”固定費”を夫が支払い、妻は月ごとに支出が変動する食費や消耗品費、医療費を支払っています

お金が絡むと、どうしても「私のほうが多く支払っている!」「節約して欲しいのに協力してくれない!」という不公平感・不満感を感じやすく、例え夫婦であってもトラブルに発展しやすいので、そうならないためにも夫婦でようく話し合って決めましょう

趣味や個人の支払いは自分でする

ちなみに、共働きの場合、習い事・美容代・自分の趣味にかけるお金は、自分のポケットマネーから捻出するのがベターなようです

これに関しては夫と妻の収入の度合いに寄って意見が分かれますが、ストレスを溜めずに済ませるためには、これも必要な”分担”なのかも知れませんね

しかしながら、いくら自分の収入で趣味の物を買うからといって、「これはあまりにも高すぎる!」とビックリされてしまうような高額な買い物は、パートナーに事前の相談もナシに決めてはいけません

どれにいくら使ったか家計簿をつけておく

もし余裕があるなら、夫と妻それぞれが、「今月いくら使ったのか」、その内訳を家計簿に付けて”見える化(物事の全体が【見える=分かる】ようにすること)”しておくと、お互いに安心感や信頼感が生まれます

ただ、家計簿をつけ慣れていないと、いちいちノートを広げて細かい数字を書くことを面倒に感じて長続きしない、ということもありますよね

家計簿と聞くと、大学ノートに細かくビッシリ金額と商品名を書き連ねていく様子を想像しがちですが、今はスマホでレシートの写真を撮るだけで一括管理してくれるアプリが存在します

そういった家計簿アプリを活用すれば、自分の収支を管理するのもさほど難しくありません

★家計簿レシーピ!レシートで簡単節約人気の無料家計簿アプリ(googleplay)

飲み会代や食事代は報告する

先ほどの項目で、【趣味や個人の支払いは自分でする】とありましたが、それは友人知人との飲み会代や同僚との食事代なども含まれています

誰とどんな場所でどのようにお金を使ったのか、パートナーに明確に報告することは、より良い夫婦関係を築くための重要なルールと言えるでしょう

カレンダーを共有する

共働き家庭では、夫・妻共に多忙を極めるため、お互いのスケジュールが不透明で、すれ違いが生じやすいという悩みがあります

そんな時は、カレンダーを共有できるアプリを活用すると、非常に快適にスケジュールシェア&チェックできますよ

お子さんのいる共働き家庭では、マストアイテムならぬマストアプリとしてすでに浸透しているようです

★カレンダー共有:TimeTree家族や恋人のスケジュール帳(googleplay)

貯めた家事を週末に終わらせるのもOK

それから、家事を毎日完璧にこなそうと思うと、食事を早く切り上げたり睡眠時間を削ったりと、無理をし過ぎてしまうこともありますから、「完璧にこなすのは無理!」だと、割り切った考えかたも必要なのではないかと思います

シンクの洗い物や洗濯物は、溜めておくと悪臭がしたり汚れ落ちが悪くなってオススメしませんが、フローリングの掃除や食品の買い出しなどは、少々溜めてからでも問題なし

ただし、お子さんがハウスダストアレルギーで、毎日のお掃除が欠かせないという場合は、クイックルワイパーや足裏にモップの付いたスリッパなどを活用して、小まめにお掃除をしておくと良いでしょう

家事お助け機を活用

「どうしても手が回らないの!」という時には、家事を補助してくれる機械の購入を検討してみるのも良いかも知れませんね

代表的なのは、フローリング掃除はお安い御用!なルンバ

そして、水道代節約にも一役買ってくれる食洗器や、自動で洗濯⇨乾燥までやってくれる乾燥機付き洗濯機などなど

「購入したいけど夫が理解してくれない」というかたは、この記事を見せるなり、実際に使用しているかたのレビューなどを見せるなりして説得してみましょう

こうした家事を補助する機械は、お値段が少々割高なので「ぜいたく品だ!」と言われがちですが、節電・節水が期待できるので、使い方によってはいずれ元が取れる可能性も

行きは仕事、帰りは家のことを考える

会社で仕事をこなしてきた後は、気持ちの切り替えに時間がかかることもしばしば

「上司に怒られた…」「お仕事でミスしちゃった…」と、暗い気持ちを引きずったまま帰宅すると、家族に心配をかけたり気を使わせることにもなり兼ねません

例えば、自宅に帰る前にコンビニに寄って、好きな味のアイスやスイーツをイートインコーナーで食べて気分転換をはかる

普段の帰路を遠回りに変更して、運転しながら好きな歌を大声で歌う

などといった方法で、気持ちの切り替えをしてみると良いかも知れせん

ちなみに、筆者の友人は、「髪ゴムをほどいて髪の毛をほぐす」「お気に入りのカフェで甘いお茶を飲んでから帰る」と気持ちがスッキリと切り替わるのだとか

帰宅するまでの間に、うまく気持ちの切り替えが出来ないと悩んでいるかたは、ぜひ自分ならではの”切り替えスイッチ”を見つけてみて下さいね

共働き妻の切り替えスイッチ

①好きな物を食べた時(意見の大半は甘い物・お酒)
②買い物する時(化粧品・洋服など)
③汗をかく(ジム・打ちっぱなしなど)
④タイムカードを押した時
(※筆者調べ)

やはりと言うか、「共働き妻の切り替えスイッチ」で1番多かった意見は好きな物を食べた時でしたね

家族に内緒でコッソリ美味しいものを食べる背徳感を楽しみにしている人もいるみたいです

仕事も家事も育児も頑張っているのですから、これくらいのご褒美があって当然

ダイエットには悪影響かも知れませんが、自分の切り替えスイッチとして確立しているのなら、少々のカロリーオーバーは目をつぶっても良いでしょう

④は、気持ちを切り替えるための心得を習得している熟練者の意見でしょうか?タイムカードを押した瞬間に気持ちが切り替えられたら、真っ直ぐ帰宅して家事に取り掛かれそうです

他にも、少数ですが、「腕時計を外した時」「コンタクトを外した時」などといった意見がありました

皆さんも、ぜひ参考にしてみて下さいね

子育ても半分ずつ

先述した家事・支払いの分担に加え、育児に関しても分担は必要です

「私にばかり育児を押し付けて…!」と妻の不満が爆発する前に、キチンとした分担表を作成しておくことをオススメします

基本的なことは妻が

とは言っても、妻に比べて夫の育児レベルは超初心者(もちろん育児上手なかたもいますが)

「何をどうしたら良いのか分からない!」「育児用品のしまってある場所すら分からない!!」という夫はゴロゴロいます

そんな超初心者な夫の育児ぶりを側で見てイライラするくらいなら、いっそ基本的なことは妻が担当するということにしてしまいませんか?オムツ替え・ミルク・着替えは妻が行い、使用済みオムツを捨てる・使用済み哺乳瓶を洗う・汚れた服を洗濯機に入れるといった至極簡単な作業は夫が行う

妻の担当した部分も徐々に覚えてもらい、ゆくゆくは妻と同じレベルにまで達してもらうというのも良いでしょう

子育てで妻が忙しい時は夫が手伝う

そして、妻が多忙な時には、自信をもって育児を手伝えるように、普段から育児を意識して過ごしましょう

そのためには、オムツやお尻ふき・哺乳瓶や粉ミルクと言った育児用品の保管場所の把握と、それらの育児用品をどのように使うのか、といった基本的な知識を蓄えておかなければなりません

妻が自宅にいる時の育児風景をつぶさに観察する、また妻に教えを請うなどして、育児力を身に付けていきましょうね

努力している夫の姿に、妻が惚れ直すこと間違いなし、ですよ