合宿という言葉をよく聞くと思います。

合宿というのは部活動の合宿、サークルの合宿、ゼミの合宿というような様々な合宿がある大学生でよく使われる言葉だと思います。

ですがこの合宿というのは時には問題が起きたりすることも多いですよね?

合宿をするからには全員が合宿にきてよかったと思えるような状態にしたいと思います。

部活動であれば能力の向上を目指したり、ゼミであれば勉強をして知識をつけたり、サークルで言う時も同じことが言えるでしょう。

合宿に参加して楽しかったというだけではなく、技術の向上や知識も多く取り入れたいと思うことが多いはずです。

今回はそんな合宿を成功させるためのポイントと注意点について話をしたいと思います。

合宿に参加したことがあるという人、これから合宿があるという人、合宿を企画しているという人様々いると思います。

大学生は特に楽しみなことが多いので、ワクワクすることが多いでしょう!

ですが合宿をする時には注意することも多いので、気を引き締めてから楽しむようにして、技術などの向上を図るようにしてくださいね。

では合宿をするにあたり、どの様なことを決めたりすれば良いのか、注意点やポイントについて細かく見ていきましょう。

大学生といえば合宿!


大学生の醍醐味と言えば、サークル、バンド、文化祭など様々あると思います。

ですがその中でも合宿というのは多くの大学生が経験するのではないでしょうか?例えば大学で合宿をしたりすることもありますし、どこか地方へ出かけるというようなこともあると思います。

合宿というのは年に数回のイベントでも思えるくらい楽しいと思う人もいるのではないでしょうか。

大学生の醍醐味でもある合宿はとても充実したものを与えてくれて、思い出にもなると思います。

大学生の合宿は絶対に楽しいと思う人もいるでしょう。

仲間と切磋琢磨して生活をするというのも1つの思い出になるので、時には競ったり、時には励ましたりと目標のために頑張るという人もいるのではないでしょうか。

その様な様々な経験をさせてくれるのが合宿でもあります。

ではどの様な人達が合宿に行くのかを見てみましょう。

サークルの合宿

サークルの合宿というのがあると思います。

サークルは様々なものがあり、軽音だったり、同好会のような形を取るのもサークルと言えるでしょう。

人数の規模はサークルにもよりますが、多いところだと普通に100人は超えるような状態になると思います。

軽音などの合宿の場合は各々が得意とする楽器の技術を上げたり、新入生などに教えたりとすることが多いと思います。

何より合宿というのは交流をする時間がとても長くなるので、自然と仲が良くなったりするということもあるのです。

また先輩からの助言なども聞くことができ、ゆっくりと時間が取れるようになります。

サークルの合宿は交流をするにはとても良い機会で、技術向上などにはもってこいの内容にもなっています。

スケジュールなどは仕切る人により異なりますが、基本的には合宿をしてよかったと思える内容が多いはずです。

好きなことに関して打ち込める時間があるというのは、家では取りにくい状況になることが多いので、それについて多くの時間が取れるというのも1つの利点なのではないでしょうか?

ゼミの合宿

ゼミの合宿では基本的に多いのは勉強会だと思います。

ゼミの内容にもよりますが、政治経済の勉強の場合は遅くまで勉強をしたりするということが多いと思います。

また卒業研究に向けての対策などをしたりする場合もあり、浅い歳から卒業研究をどうするかなど考えたりすることもあるのです。

ゼミの合宿は人数は少ないものの、関心のあるテーマについて研究をすることができる時間でもあるので、普段ではできないようなことが合宿ではできるようになるかもしれません。

その他所属団体の合宿

ゼミやサークルでも個人の集まりやその団体で合宿に行くということもあると思います。

例えばまだサークルなどになっていない活動部だったり、サークルを新たに立ち上げようとする団体も多いのではないでしょうか?

実際にサークルなどというのは年が経つにつれて人数は一定以上保たれますが、自分達から初めて部員などを集めて後の世代に引き継ぐということをしないと思います。

これはとても良い経験になるのではないかと思うのです。

自分達で何かをしようと、行動しようとしてサークルを立ち上げようとするというのはとても良いことであり、後に大きなサークルなどにもなるかもしれません。

その中で、まだ人数がいない時の合宿というのもあります。

もちろんやる事は普通のサークルと同じようなことですが、何よりどの様にしてサークルを盛り上げるのかという話し合いや、文化祭などはどうするかなどの話し合いを自分達で決めることができるというものがあります。

初めてのことに対してチャレンジをしていくということができるので、何かに所属しているという人や作ろうとしているという人達は合宿をして目標を決めると良いでしょう!

合宿成功のためには?

合宿の成功のためには様々なことが必要になると思います。

例えば準備を怠らないようにするというのは大前提のことです。

合宿先に何があるのか、何が揃っていて必要なものはあるのかなどを確認する必要があります。

キャンプ感覚になると全て自分達で揃えなければいけませんが、どこかの民宿などを借りたりする場合は必ず計画を持って行動をすることが必要になるのです。

また、合宿をするにあたっては、思い出を作りたいと思いますよね。

友達と1日中喋ったり、遊んだりするというようなこともあると思います。

せっかくなら良い思い出作りをしたいと誰もが思うはずです。

合宿を成功させるには準備と注意することなど様々なことが必要になります。

それは1人で決めるのではなく、皆が知っておかなければならないことが多いです。

では具体的にどの様なことについて気をつけるべきか見てみましょう。

準備や計画を怠らないこと

合宿をするというのは、知らない場所に行ったり自分達の技術を磨いたりする場所でもあるということを忘れないようにしましょう。

必ず計画を怠らないように行動をするというのが大事になります。

サークルやゼミ活動をする時間というのもある程度決めていたりすると思うので、その時になればちゃんと打ち込めるような環境にするのも大事であり、集中して取り組むようにしましょう。

常にダラダラとやるのは楽しくないですよね?

せっかく好きなことに関して打ち込める時間というものがあるのならば、それに対して必死に練習をしたり、技術を磨いたりしたいと誰もが思うはずです。

時には遊ぶことも必要だと思いますが、基本的には学びにきているということを忘れないようにしましょうね。

せっかくなら良い思い出作りたい!

合宿の成功の秘訣はなんといっても思い出作りです。

良い経験になったと後々で思えるようなものにしたいと誰もが思うはずです。

サークルでは部長や責任者が、ゼミでは先生が計画や企画を考えることが多いでしょう。

ですがそれも皆で決めてみてはどうでしょうか?

思い出作りというのは1人ではできないことで、皆との交流や会話などがあってからこそできるものです。

1人で作り上げるということは基本的には無いので、せっかくなら良い思い出作りをするために、皆で考えるというのはどうでしょうか?

合宿を成功させるポイントというのは他にも様々あると思いますが、その1つは皆で計画や企画を練るというようなこともあると思うのです。

仮にゼミの場合は先生に要望を出してみるのも良いと思います。

自分達が主役になるので、どの様にしたいかを皆で考えるというのも良いでしょう。

合宿前にポイントと注意点を知っておこう


合宿をする前にはポイントと注意点を知っておくことが大事です。

例えばどの様なルートで行くのか、合宿に行く場所はどこで、何があるのかなどを知っておく必要があると思います。

そして必ず持っていくものというものがありますよね。

何か忘れていないかをよく確認しておく必要があり、何かあった時に近くに何があるのかと確認をする必要もあります。

例えばコンビニの位置はどこか、1日の予定はどの様になっているかなどを知っておくことが必要になると思います。

この様な事前確認などは必ず合宿を成功させるための重要なポイントになるのです。

この様な情報はゼミの先生や部長などだけが知るのではなく、皆が知って初めて行き渡るものでもあります。

1人や複数だけというのではなく、参加する皆が必ず知るべきなのです。

大学生の合宿を成功させるためのポイントと注意点

大学生の合宿を成功させるためのポイントと注意点についていくつか話しておきたいと思います。

例えば誰が何をするのか分担を決めたりすることはとても重要です。

会計などをするいわゆる幹事をする人や、予約などをして場所を確保する人、どの様に進めるのかを決める進行役の人など分担を決めることが成功させるためのポイントになるでしょう。

また、サークルのメンバーやゼミのメンバーにどこに行きたいのかということを聞くのも良いです。

皆が行きたいと思うような環境で、技術などを向上をさせるというのはモチベーションが比較的に上がる傾向があるので、事前のリサーチをしておくということも大事になります。

他にも様々な注意点やポイントがあるので詳しく見ていきたいと思います。

合宿係の分担を決める

合宿の係りや分担を決めるということはとても大事なことです。

全てを誰かに任せるというのではなく思い出作りをするのであれば自分達で物事をこなさなくてはなりません。

具体的には幹事をしたりする人やどの様に企画を進めるのかという人があてはまりますね。

この様な分担して考えるというのはとても良いことです。

ですがその内容が決まったのであればそのままにするのではなく、皆に共有をしていかなければなりません。

仮に新規のサークルなどの場合はここでコミュニケーション能力というものが生かされる時になるのではないかと思います。

合宿の分担を決めることで、それぞれに特化した分野というものがあると思うので、何をどうするのかということを決めやすくなる利点があります。

それを決めた上で皆に話すというのはサークル内などでの交流にも繋がりますよね?考えても解らない場合という時は必ず皆と共有して考えると良いでしょう。

予約する人

予約をすることが大前提になるのが合宿です。

例えば予約する人がいなければ合宿をする際に泊まる宿などを確保できなくなります。

予約をするというのはその日に空きがあるのかどうかを探す人のことであり、環境なども聞いておくことが必要になるのでとても重要な役割があります。

例えば夜中などに楽器を演奏できる環境にあるのか、深夜帯にも出入りをして良いのかなどはその合宿先の宿で全て決まることだと思います。

広い体育館のようなものはあるのか、勉強会できるスペースはあるのかなど様々なことを予約先に聞かないといけなくなります。

自分達はこの日に行くということを決めたのであれば、その日に必ず予約をしなければいけないということなのです。

例えば何ヶ月も前であれば、要望の所に泊まることはできるでしょう。

しかし数週間前、2週間前になるとどんどん厳しい状況になってくるのです。

それは何故かというと他にも同じように考えている人達や、観光などできて泊まるという人達も多いからなのです。

予約をする人に分担をされた人はとにかく、いろいろな条件が揃っているところを探して直ぐに電話などをして早めに予約を取るようにしましょう。

そうしないと、合宿で行きたいと思っている場所に行けなくなる可能性も出てくるのです。

連絡をする人

連絡をする人もとても大事な分担役です。

常にサークル内のメンバーには連絡が行き渡るように連絡先を知っておく必要があります。

今の時代はスマートフォンを皆が持っているのでLineなどのグループで連絡を取り合うことが多いと思います。

ですが反応が無いというときは電話をしますよね?

Lineの音などを切っている場合もあるので、その時は普通に電話をかけるという方法を取ると思います。

当日になっても集まらない、遅れているのか解らないという時に直ぐに連絡できる人がいるととても良いです。

連絡をする人は1人ではなく、数人いても良いでしょう。

全員の連絡先を知るという必要があるので、大変だとは思いますが連絡をする人がいるととても安心できるのではないかと思います。