誇張という言葉をご存知でしょうか?

例えば「誇張な出来事」という表現もあれば「誇張した気持ち」という言葉で使われたりすることが多いと思います。

誇張という言葉は物事を大げさに表現をするという意味があるのです。

物事を伝える際には普通に言ったり、弱弱しく言ったりと人により違うと思います。

ですが例えば緊迫した雰囲気であれば強く、笑い話などをしている時は面白おかしくと、物事を伝えるためには様々な喜怒哀楽の表情で言うことが多いと思います。

そんな時に誇張して物事を伝えるという方法もあるのです。

誇張して伝えるということは、大げさに伝えるということであり、とてもインパクトがあると思いませんか?

例えばとても大事なことを話ししているときに、ヘラヘラとしていたり、気弱な状態で話をしていると「本当に大丈夫だろうか?」と思いませんか?物事を伝えるというというのは聞く人に対して、どの様に受け止めたのかでその重大さや、興味、関心などが関わってくるのです。

誇張をして伝えるとなると相手にはインパクトというものがあった方が良いですよね。

そんな時に誇張して伝える8個のテクニックというものがあります。

例えば抑揚をつけたり強調をしたりすることで、主張などがハッキリと伝わり、相手にも重大さというのが解るようになると思うのです。

では誇張して伝えるテクニックについてお教えしたいと思います。

物事を伝える時には誇張をして伝えることがポイントということを忘れないようにしましょう。

何かを伝えるときはあえて誇張した方がいい?

何かを伝えるときはあえて誇張をした方が良いです。

伝言ゲームなどもそうですが、物事を伝えるというのは様々な方法で伝わりますよね?例えば耳でこっそり伝えたり、記事などを見て情報を得たり、テレビを見たりと様々な所から物事が伝わってくると思います。

そうした時にどれが一番解りやすいと思いますか?重大に伝えられているというのはどれになると思いますか?これはテレビなどが一番伝わりやすいということなのです。

一見耳でこっそり伝えるというのもあるのですが、インパクトが弱く忘れてしまったりすることもあるでしょう。

なので伝言ゲームというものは耳から伝えるということが多いのです。

そしてそれをどれだけ覚えられるかということになると思います。

人に物事を伝えるというのは、その物事がどれだけ大きいのかを体で表現をすることができれば相手により解りやすく伝えれるものなのです。

何かを伝えるというときはあえて誇張をするようにしましょう。

そうすることでより相手に伝わりやすくなります。

誇張とは

そもそも誇張という意味を知らないという人もいるでしょう。

誇張というのは大げさに表現をするというようなことです。

どういうことかと言うと、大げさに表現をしているというような記事を見たことはありませんか?

例えば珍しい食べ物があったとして「この珍しい食べ物は今までに見たことがない」という表現をしている人もいれば「世界で始めてこの様な食べ物を見た!」という人では大げさの度合いというものが違いますよね?

この場合は後者の方がより鮮明に残るのではないかと思います。

誇張をするという意識はとても相手にインパクトを与えてくれるので印象として残りやすいのが特徴です。

大げさに言う方が、相手にとっては記憶に残りやすいということになりますね。

物事を大げさにすること

物事を大げさに伝えるという効果は相手にとっては記憶に残りやすいのが特徴です。

物事を大げさにするということは、相手によりその大げさな表現というのを焼き付けることができるということになるのです。

仮にこれが小さくて素朴な感じになってしまうとより相手にはイマイチに感じることが多いのではないでしょうか?

よくグルメレポートなどでもどの様に美味しいのか大げさに表現をしていることがありますよね?

これが仮に普通に「美味い」という表現だけだと相手にとってはどの様に美味しいのか解らないし、本当に美味しいのだろうかということになります。

ですがこと細かに、そして大げさに伝えるというのは聞いている人達にとって行って見ようかなという気にさせてくれますよね?

物事を大げさにする意味を持つ誇張という言葉は、とても大事なことなのです。

誇張して物事を伝えるメリット

誇張して物事を伝えるメリットというのは様々あります。

ですがそれと同じくデメリットも存在することを忘れないようにしましょう。

メリットとしては伝わりやすく、そして関心を引きやすいというものがあります。

面白さや楽しさを感じてもらえるというのはとても誇張をして伝えたかいというものがあると言うものです。

お笑い芸人の人達はよく大げさに伝えようとしますよね?

それを見て私達は笑うというようなことをすると思います。

この様に誇張して物事を伝えるメリットの最大の利点は、楽しいという気持ちを大いに出させてくれるのです。

とても伝わりやすく、そして関心も持てるというのはとても良いことですよね。

誇張して伝えるからこそ、相手も記憶に残りやすいということになるのです。

では詳しく見てみたいと思います。

伝わりやすい

伝わりやすいというのは誇張して伝えるメリットの1つです。

大げさに表現などをすることで相手に解りやすく伝えることができます。

そして体を使って表現をするというようなこともできると思います。

「いっぱい」という表現をする時に子供達が手を広げて大きく回したりしますよね?

その時と同じような表現をするとより相手に記憶が残り伝わりやすくなるでしょう。

誇張というのは大げさに表現をすることで相手に伝わりやすくなるのです。

関心を引きやすい


関心を引きやすいというのも1つのメリットになるのではないかと思います。

例えば相手が気になるという事に対して大げさに伝えるということをすることで、更に相手の興味や関心を引きやすくさせるというものです。

例えばゲームの新作や、新商品の発売などをする時にはプレゼンテーションをしますよね?その時にときには大げさに、時には静かにと抑揚をつけて喋ることがあると思います。

この様な方法をして関心を引き出すということもあるのです。

海外などの有名なプレゼンテーションは人の前でいかに商品の説明をするかということと同時に、その人のプレゼンテーション能力も試されることがあります。

そのプレゼンテーションというのはまさに誇張して伝える場面というのもあると思うのです。

関心を引き出すというのは相手の興味をこちら側に集中するというものです。

時には大げさにすることも必要な場合があるのです。

ですが少し注意が必要なのは、誇張な表現をする時には時と場所を選ぶことが必要になります。

面白さや楽しさを感じてもらえる

面白さや他の差を感じてもらえるというのは何よりの利点になるのではないかと思います。

テレビに出ている芸能人の人達は面白いものを作ろうと必死に演じたり、ドキュメンタリーやバラエティなどに出演していたりしますよね?

面白さや楽しさというのはより大げさに表現をすればするほど、見ている人達も楽しく感じてもらうことができるのです。

この誇張のポイントというのは自分が大げさにして楽しいと感じることではなく、見ている人達も同じような気持ちにさせてくれるということが何よりもポイントになります。

お笑いや、漫才などはやっている本人たちも楽しいし、見ている人達も楽しくしてくれますよね?それと同じような形になるのが誇張という表現なのです。

自分も話していて楽しい

自分も話しをしていて楽しいという気分にさせるのがメリットにもなります。

暗い気分や、落ち込んでいる状態なのに誇張の表現をして励ましたり、話す相手を見ていると楽しくなりますよね。

嫌なことを忘れたりするというときにでも誇張という表現を使うことで、より楽しくなるのではないかと思います。

自分自身も誇張をして話すということがあるのではないでしょうか?相手を喜ばしたりするために大げさにするというようなこともあります。

また、その楽しさというのはその時その場にいる自分だけが味わえるものです。

これも覚えておくようにしましょう。

誇張して伝える方法を知る前に…

誇張して伝える方法を知る前に注意することがあります。

いわゆるデメリットに関することなどもあるので、よく見ておくようにしましょう。

例えば大げさに表現をするといっても、事実を表現しなければ意味が無いということになるのです。

嘘をついてはいけないということですね。

大げさに表現をしたことが本当は嘘だったということになると、友達関係や信頼関係にヒビが入ってしまいます。

誇張をして伝えるというのは真実でなければいけないということを覚えておきましょう。

そして仕事などの大事な場面で誇張した表現で言うというのもNGです。

基本的には相手を楽しませたりするときに誇張するという表現を使うので、大事な会議の時だったり、大事なプレゼンテーションの時には真面目に取り組むようにしましょうね。

他にも誇張して伝える際には注意をすることがたくさんあります。

それを守らないと嘘つきと思われても仕方ありません。

とても良い表現の方法の1つですが、使いどころを考えることが重要になるのです。

嘘は絶対禁物!


嘘は絶対に禁物です。

何があっても嘘をついてはいけません!

仮に嘘をついてしまうと相手との信頼を失ってしまう可能性があります。

言葉というのは相手と話をしている際に、受け止める相手がどの様に捉えるかで変わってきます。

基本的に言葉のキャッチボールというのを常にしていると思うので、その状態の時に誇張して本当の真実を伝えるというのは相手も喜ぶでしょうが、それが嘘だったという場合はとても傷つけてしまい、逆効果になる可能背があります。

嘘というのは絶対に禁物なので、嘘をつく上で誇張な表現をするというなことは絶対にしないようにしましょう!

仕事など大事な場面での誇張もNG

仕事などの大事な場面でも誇張をする表現はNGです。

例えば重大な会議とかプレゼンテーションなどがあると思います。

基本的には根上の人達に対して会議などをしたりすることもあるでしょう。

皆が真剣に会議をしている中、誇張な表現を使い説明をしてしまうと「ふざけているのか!」と怒鳴られたりすることがあるかもしれません。

誇張して伝える表現は使い方次第では時と場合を選ぶようなことになるのです。

エンターテイメントの様な形では良いのですが、重要な時、会議などで使う場合はしないようにしましょう。

楽しむというときに使うようなものなのです。

話を盛る程度で抑えよう

話を盛る程度で抑えることも必要です。

これがエスカレートしてしまい、大げさに表現をしすぎると過剰評価をしてしまう恐れがあります。

過剰評価というのは買被ったりするというような意味ですが、例えば面白い作品があるということについて友人と話をしますよね?

その時にどれくらい面白いのかというのを誇張で表すとします。

それを気になった友人はその作品を見るというようなことをするかもしれませんよね?その時に「絶対にオススメだから!

だって他の作品にはないくらいのものがあるんだよ!それに…」といった多くの評価をしてしまうと友人も期待をすることになると思います。

その期待に胸を躍らせた友人はいざ見てみると「そうでもなかった…」と思いがっかりさせてしまうかもしれませんよね?

人によりその評価というのは違いますが、話を盛りすぎるとその先には過剰評価などが待っていたりするようなこともあるのです。

話を盛るというのは適度にすることで、その大きさを十分に伝えることができます。

面白い話や重大な話も同じです。

抑えるようにして相手に伝えることがとても大切になるのです。

嘘をついてしまうと…

仮に嘘をついたとすると、どの様な結果がくると思いますか?例えば辻褄が合わなくなるというのがあると思います。

友人の話をしていてその友人と実際に会ったら全然違うじゃないか!となることがありますよね?また、一度ついてしまった嘘をそのまま通さなくてはいけないということもあります。

これはとても辛いことであり、嘘をついてしまったらその嘘を通さなくてはいけません。

仮に正直に「嘘だったんだゴメン」ということを言うのであっても相手からの信用というのは無くなるのではないでしょうか?誇張という言葉は場所を選びますが、嘘は絶対についてはいけないことなのです。

ではどの様なことが起こってしまうのか具体的に見てみましょう。

信用がなくなる

まず信用というものが無くなります。

これは嘘をついていたという事から、相手が自分達のことを信用しなくなるというようなことです。

これは嘘をついていたら当たり前のことになると思います。

そもそも信用というのは相手は自分達のことを「信じきる」ということであるので相手が信じているのであればこちら側は「裏切れない」という気持ちになるはずなのです。

ですがこの嘘というのはその様な意識がなく相手をおちょくったりしたいという気持ちやいじめるという形で言われることが多いです。

また苦し紛れに嘘を言うというようなこともあるのではないかと思います。

信用というのはそれほど相手が信じてくれているという行為になるので、その行為を裏切るということは、信用がなくなっても仕方の無いことなのです。

辻褄が合わなくなる

辻褄が合わなくなるというようなこともあるでしょう。

例えば嘘を言ってしまい、後日確かめてみると食い違いというものがあったというようなことはありませんか?

よくドラマやアニメなどで事件がおこった際に、その人達のアリバイというものを聞きますが、実際にその場所に行くと違うことをしていたというようなことがあると思います。

それも食い違いということになりますよね。

基本的に嘘というものをついてしまうと、その通りになっているのかが解らなくなります。

また辻褄が合わないということは、本当はどの様だったのかという疑問も出てくるのではないでしょうか。

この様なことになってしまっては関係が崩れてしまっても仕方ありませんよね。

嘘をつくというのは止めるようにしましょう。

嘘で固めなければならなくなる

嘘をついてしまうとその嘘をずっと通さなくてはなりません。

それが嘘だと仮に解ってしまった場合が、辻褄が合わなくなるといった形になるのです。

例えばA君とB君にそれぞれ何をしていたかということを言う時にA君の方には「買い物に行っていた」と話すけれど本当のことをB君に話す際に「家にいた」と言っていたします。

この時にA君とB君が話をしている時にA君が「そういえば買い物に行ってたらしいよ」と聞くとB君は「あれ?家にいたんじゃ…」ということになりますよね。

この時に本当のことを言うのではなく、両方に嘘のことを言うと辻褄が合うようになると思います。

B君の方にも「買い物に行っていた」というようになると辻褄があい、自然に聞こえますよね?

ですが罪悪感を感じるのは嘘をついた本人です。

嘘で固めるというのは嘘をつき続けるということであり、取り返しのつかないことになってしまうこともあるのです。

嘘で固めなければいけなくなる前に、まずは嘘をつくということを止めるようにしましょう。

話を聞いてもらえなくなる

話を聞いてもらえなくなります。

嘘ということは、その話も嘘なのではないかとなり、本当のことを言ってくれないという人とは会話をしたくないということになります。

嘘をつきすぎると信用されなくなるということにもなりますが、何より一番は話を聞いてもらえなくなるというようなことがあるのです。

嘘というのはその嘘を聞く人が必要になりますよね。

ネットなどでは情報が様々飛び交っているので嘘の情報も多くあると思いますが、その様なものに惑わされず本当のことを見抜くということが必要になると思います。

誇張して話をしていたことが嘘ということは、それほど大げさな表現をして本当のことを言っていてもそれも嘘だと思われても仕方ありません。

その様な状態になってしまうと誰からも話をされなくなり、聞いてもらえなくなるでしょう。

ホラ吹きだと噂される

ホラ吹きだと噂されるというのもあります。

ホラ吹きというのは大げさなことを言うという人のようなことを言います。

これは話を盛りすぎるということで噂されることが多いです。

更に言うのであれば信憑性にかけるというようなことにもなります。

基本的にホラ吹きというのは嘘をつくことも多く、その分信用などが無いというのが特徴です。

「誇張に表現をして伝えていたものが実は嘘であり、本当はこうだった!ホラ吹きだ!」というようなこともあるかもしれません。

噂というのは直ぐに広まるので、この様な思いをしたくないという気持ちがあるのであれば、しないようにしましょう。

誇張して物事を伝える8個のテクニック

誇張して物事を伝える前に注意すべきことをお教えしました。

特に嘘というのは絶対にしないようにしましょう。

それを守れる人であればこの伝える8個のテクニックを駆使して、相手に物事を伝えてみてください。

例えば喋りに抑揚をつけるというのは軽く言うと強弱、強調するところや弱くするところなどをつけるという方法があります。

これは強く言うというところは、相手にとっても重要な箇所という認識をすることができるので、このテクニックは有効と言えるでしょう。

他にも表情を豊かに話すというのも1つの方法です。

何事も表情で相手がどの様に思うのかも決まってきます。

例えば誇張して話をしているのにも関わらず、悲しい顔をしてしまうと相手も悲しい気分になると思いますし、逆に嬉しい気分で話をしていると聞いている側も嬉しくなるのです。

顔というのは常に見られているものであり、相手や自分を表す表現には持ってこいのものです。

この様な様々なテクニックがあるのが誇張の特徴でもありますが、独自のものを身に着けてみても良いでしょう。

では細かくその8個のテクニックについてみてみたいと思います。

喋りに抑揚をつける

喋りに抑揚をつけるというのはとても大事なテクニックの1つです。

喋るというのは普通に喋ったりすることもあれば、強気に喋ったり、または弱気に喋ったりとその喋り方で相手がどの様な状態なのかということが解りますよね?

例えば「元気だよ」という言葉でもよわよわしく言ってしまうと「本当に元気なの?」と思われてしまいますし、強気で明るく言うと本当に元気だということが伝わると思うのです。

誇張に伝えるというのは大げさに伝えるという意味があるので、抑揚をつけるというのは一番の基本となるテクニックと言えるでしょう。

大事なところは強調する

大事なところは強調して言う必要があります。

例えば相手に大事なことを伝える時に「絶対だぞ!」と言うときがありますよね。

その事がとても大事だから少し強く言ったりしてしまうときがあるかもしれません。

これと同じように、誇張して伝えるということは、強調するところをハッキリと言うということでもあるのです。

大事なところはより強調をして、軽い話の場合は軽く、というような抑揚をつけることでも、相手により記憶に焼き付けることができるでしょう。

身振り手振りを大きくする

身振り手振りを大きくするというのも誇張して伝えるテクニックの1つです。

よく子供などが身振り手振りをすると思いますが、それと同じような表現をすれば良いのです。

例えば小さいというのでも「これくらいの小ささ」と指で円を書いて表現をしたりしますよね?これも実は身振り手振りをして相手に伝えている誇張の1つなのです。

無意識にやっているという人もいるかもしれませんが、その無意識に話すということがとても大事になると思います。

人というのは成長するにつれて身振り手振りを使用して話すということが少なくなってきています。

なのでこの様な表現も時には必要になるというテクニックなので覚えておいて損はないでしょう。

表情豊かに話す

表情というのは相手の表情を変えることができます。

悲しい表情をするのであれば、相手も悲しい表情をしますし、笑顔であれば相手を笑顔にすることだってできるのです。

表情を豊かに話すというのはそれほど相手にどの様な感じなのかというのを伝えやすくする方法でもあります。

例えばその当時の出来事が嬉しいことであれば、笑顔で話をしたりするでしょうし、悲しい出来事であれば悲しい表情で話すということになると思います。

その表情も誇張の1つであるということを覚えておいてください。

少し大げさに表現をするとなると笑ったり、時には泣いたりというようなこともあるかもしれません。

ですがそれをする事で、相手もあなたの気持ちを考えて笑ったり、一緒に泣いたりしてくれるのではないかと思います。

相槌もオーバーリアクションで

相槌などをする時もオーバーリアクションですることが誇張のコツでもあります。

適当に流すような相槌なのではなく時には「本当に?!」というような驚くオーバーリアクションをしても良いでしょう。

リアクションというのは相手の様子を伺うことができます。

相手も誇張に話しているのであれば、こちらもその誇張に乗っても良いのではないでしょうか。

また、楽しい話をしている時は相手も笑顔になっているはずです。

その時はこちらも笑顔になって聞くというのが一番ですよ!

具体的な数字は大きめに話す

具体的な数字というのは大きめに話すということが必要です。

例えばその数字が100という数字だとしてそれが重要だと言うのに、あまり強く言わない、強調しないとなると重要な数字なのかどうかということが解らなくなりますよね?

商品が100%ついてくる!となると「おお!」という形になりますが、商品がついてくる!となると「抽選なのかな?」と思う人もいるかもしれないです。

具体的な数字というのは大きめに話すということをすれば、相手にもより強調して聞くことができるので、数字などを言う時は大きめに話すようにしましょう。

嫌味なく自慢を言う

嫌味というものなく自慢を言うのも誇張して伝えるテクニックの1つです。

よく自慢などを話ししている時に「もっとこうなっていればね…」というような嫌味を言う人が多いですが、それを相手が聞いていると少し不快な思いにさせることが多いのです。

嫌味を極力言わずに相手に自慢を言うというのは誇張して伝えるテクニックにもなるので、覚えておくようにしましょう。

ウザがられないようサラッと話す

ウザがられないようにサラッと話すというのも必要になります。

例えば聞いていて「ウザいな」と思う時がありませんか?その様なことにしないようにサラッと話すというのもテクニックの1つになるのです。

「ウザがられない」というのは相手を不快にさせたり、嫌な思いをさせずに話しを聞いてくれるような態勢でいさせるということでもあります。

少し難しいと思う人もいるかもしれませんが、頑張りましょう。

想像力を豊かにする

想像力を豊かにするという方法もあります。

基本的には大げさに伝えるという意味でもありますが、想像力が豊かにすることでより多くのものを相手に伝えることができるようになるというのが1つのテクニックです。

想像力というのは自分の中にあるものであり、どの様に考えるのかというのを一気に引き出してくれるものです。

この想像力が豊かであればあるほど、誇張して伝える際にとても重宝することになるでしょう。

想像力がある人は物事を伝えることが基本的に上手いです。

それは頭の中で既にどの様にして話すのか、どの様な内容を話すのかと考えることができるからです。

このテクニックを駆使して物事をより誇張に伝えて、相手を楽しませたりするようにしましょう!

相手の反応を見ながら話す

相手の反応を見ながら話すというのも誇張して伝えるテクニックの1つです。

相手の反応を見ることで次にどの様にして伝えるかということを考えて相手に話すことができます。

またこれができる人というのは基本的に「空気が読める人」という認識で良いです。

周りを見るというのはとても難しいことであり、察するとなると更に難しいことでしょう。

しかしこのテクニックを使用するということは、相手の話を聞きつつ、反応などを見て、どの様にして言うのかということをよく観察している人のことでもあるのです。

誇張のテクニックの中では少し難しいと思いますが、誇張して伝えるということをするのであれば、必須のテクニックになるのではないかと思います。

誇張して物事を伝えるときは十分注意しながら!

いかがでしたか?誇張して物事を伝える時のテクニックをお教えしました。

ですが注意が必要です。

先ほども言ったようにメリットはありますがデメリットも多くあり、特に嘘をつくというようなことは絶対にしないようにしましょう。

ですが正しい使い方をすれば、相手を喜ばせたり、楽しませたりすることができるのがこの誇張という表現です。

テクニックを駆使して正しい使い方をするように頑張りましょう!