私たち住んでいる日本には高層ビルがたくさん存在しています。

昔と比べて今はたくさんの高層ビルが存在するようになり、いわゆる名物スポットとして利用されたりして人気を博してます。

なぜ高層ビルが名物スポットとして利用されているのかと考えた時に一番考え付く理由はやはり高層ビルならではのその高さからの景色です。

当然高さがあればその高さから周りの景色を見下ろせるようになるので、高さがあれば高さがあるほど広い景色を見渡せるようになりますので、綺麗な広大な景色を楽しむことが出来ます。

純粋にこの景色を楽しめるという理由から高層ビルはたくさんの方から人気があります。

一度でも景色を楽しんでみた経験がある方なら理解できると思いますが、高層ビルからの眺めはとても気持ちが良いものです。

いままでの人生でもしも高層ビルからの眺めを楽しんだ事がない方がいらっしゃるなら、もったいないので一度楽しんでみる経験をしてみることをお勧めします。

なので今回は高層ビルをテーマにして日本で有名な高層ビルや海外で有名な高層ビルなどについてもご紹介していきたいと思います。

いきなり海外を楽しむのはハードルが高いかもしれませんので、まずは国内の高層ビルの魅力などを知って、高層ビルの楽しみ方を理解してみてください。

️高層ビル14選!

今回は日本と海外の高層ビルをそれぞれご紹介していきたいと思いますが、高層ビルに関してはいわゆる都会に今や必ず存在している様な建物になっています。

高層ビルが都会の象徴として表されるようにもなっている様にもなっており、日本においても都会には高層ビルが立ち並んでいるような印象を持っている方はたくさんいるはずです。

当然ながら高層ビルを建てるということ自体があるけど技術力がなければ行えないことですし、圧倒的な存在感もありますので観光としても大きな効力を持っていると考えることができます。

高層ビルは一般的には超高層ビルと呼ばれて摩天楼とも呼ばれています。

意味としては天を摩するほどの高楼という意味を持っており、英語ではタワーとも呼ばれています。

今アメリカで大統領を務めているトランプ大統領も大統領になる前の時点で会社の社長として不動産などの事業を展開しており、有名なトランプタワーなどを所有していますが、トランプタワーもセレブ御用達の超高層ビルの事を指し示しています。

実際に世界で最も高い超高層ビルに関しては50年以上にわたりアメリカのビルが占めていましたが、近年のアジア諸国の経済力の発展に伴い今ではその座を譲り渡していると考えることもできます。

それくらいアジア諸国にたくさんの超高層ビルが出来上がってきており、日本においてもその一つであると考えることができます。

少し前までは日本において超高層ビルと聞くとそこまでイメージがなかったかもしれませんが、今ではたくさんの超高層ビルが出来上がってきています。

まさに日本の経済力の発展、そして技術力の向上という意味でも大きな力が手に入っている証だと考えることが出来ます。

日本と世界7ずつの高層ビルをご紹介


元々高層ビルと聞いて具体的にどれぐらいの高さのビルが高層ビルと呼ばれるのかあなたは正しく理解していますか?
意外とこの辺りの定義を知らない方が多いかもしれませんが、本来高層ビルと呼ばれる高さのビルに関する定義は存在していません。

つまり、どれくらいの高さがありどれぐらいの回数の建築物が高層ビルになるのかという定義はないので、基本的には私たちの認識しないと考えることができます。

しかしながら日本の法律において建築基準法第20条第1号では高さが60mを超える建築物に対してはそれ以下のものと異なる構造の基準を設定されており、絶対的な認識は何しても高さが60mを超える建築物は超高層建築と言われることがあったりするので、これが一つの指標になっていると考える例も存在します。

実際に超高層ビルの景観形成ガイドラインの対象も高さ60mを超える建築物とされています。

ちなみに広辞苑においては15階以上で100メートル以上の高さの建築物を超高層建築と呼ぶことが多いとされていたりするなど様々な場合によって定義は異なると考えることができます。

普通に生活していればなかなか高層ビルの定義について触れたり考えたりすることはないと思います。

自分が生きていく上で絶対的に大切な知識ではないと思いますが、このように様々な角度から日本を見てみることによってその背景を理解することができ、日本の素晴らしい部分に触れることもできますので、この機会に高層ビルを通して日本の素晴らしさ、そして海外の凄さを改めて理解してみてください。

️日本の7の高層ビル

まずは日本の高層ビルについてご紹介していきたいと思います。

現在の日本において様々な高層ビルが存在していますが、もともと昔を考えてみると日本で初めて超高層ビルと定義されたのは霞が関ビルディングです。

霞が関ビルディングは地上36階地下3階地上高147mの超高層ビルであり、三井不動産が所有者とされている東京都千代田区に存在している高層ビルです。

元々1965年から学校が始まり1968年に竣工されるなどして誕生しています。

今では高さが147メートルの高層ビルはそこまで驚くべき高さではないかもしれませんが、当時にとってはかなり高いビルという事で知られていました。

そこから日本の高層ビルの歴史は始まり今ではたくさんの高層ビルが日本においても存在していると考えることができます。

具体的に日本においてはどの様な高層ビルが存在しているのかそれぞれ特徴を交えながらご紹介していきたいと思います。

虎ノ門ヒルズ

まずはじめにご紹介する日本の高層ビルのひとつは虎ノ門ヒルズです。

虎ノ門ヒルズは東京都港区虎ノ門に存在しており2014年6月11日に開業した超高層ビルです。

虎ノ門ヒルズにおいてはその周辺に建設する4つのビルの総称として呼ばれており、複合施設の名前としても知られています。

虎ノ門ヒルズに置いて中核を担っている森タワーは1階は道路が貫通する様な構造になっており地上52階地下5階建てで高さが247mである超高層ビルとして知られています。

虎ノ門ヒルズに置いてはただの高層ビルと言うだけではなく、複合施設なので様々なテナントが存在しています。

例えば虎ノ門ヒルズには魅力あふれるショップやレストランなどがたくさん導入されており、例えばイタリアンとして大人気の虎ノ門ARBOLなどが入っており、おいしい魚料理などを楽しめるような場所が提供されています。

それ以外にも本格的なフレンチを堪能できるワインバルであったり、予約が取れないほど人気な五反田のスペイン料理店であるスペインバルジローナが導入されていたりするなど、たくさんの食を楽しむことができる場所としても知られています。

高層ビルにおいてレストランを展開すると言う事は絶対的に他の場所では楽しむことができない大きな魅力が一つ存在しています。

それは超高層ビルからの眺めと言っても過言ではありません。

一見して食事に関しては純粋にその食事の美味しさだけを考えられてしまいがちですが、食事を楽しむ場所であったり環境などが食事の印象を大きく変えてくれる効果を持っています。

超高層ビルの眺めを楽しみながら取れる食事はこれまで体験してきた食事よりも多くの感動とすばらしさを与えてくれるはずです。

これが高層ビルの楽しみに一つでもありますので、まだ高層ビルで食事を楽しんだ経験がない方は一度試しに利用してみると楽しい思い出が作れると思いますよ。

横浜ランドマークタワー


次にご紹介する日本の高層ビルのひとつは横浜ランドマークタワーです。

横浜ランドマークタワーは神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目に存在している高層ビルで170の専門店が並ぶショッピングモールとしての顔も存在しています。

横浜ランドマークタワーの様々な特徴が存在しており、69階にある日本屈指の高さを誇る展望フロアであるスカイガーデンや多目的ホール、国の重要文化財にあるドックヤードガーデンやホテルなども併設している観光スポットとして知られています。

それ以外にも多彩なおいしさが楽しめる食のエンターテイメントゾーンなども存在しており、焼き鳥、うどん、炉端焼き、タイ料理、海鮮レストランなど、様々な料理を楽しむことが出来る場所でもありますので、たくさんの年齢の方が楽しむことが出来ます。

これらも横浜ランドマークタワーの高層からの景色を楽しむことが出来る場所でもありますので、最高の景色と最高の料理を楽しめる場所としても知られています。

また横浜ランドマークタワーは様々なイベントなども行われており、ドッグヤードガーデンでは黒船来航から文明開化、高度経済成長時代を経て現在に至るまでの様々な横浜の歴史を楽しむことができるアドベンチャースポットなども用意されたりしているので、家族で楽しんだり、大切な人と休日を過ごすにはもってこいの場所でもあります。

秋グルメを満喫するイベントなども展開されているので、気になる方は足を運んでみてくださいね。

ミッド・タウンタワー

次にご紹介する日本の高層ビルのひとつはミッドタウン・タワーです。

ミッドタウン・タワーは東京ミッドタウンにおける主要な建物の一つであり東京都港区赤坂9丁目に存在している高さが248cmの超高層ビルです。

ミッドタウン・タワーはオフィスビルとしては機能のほか、ザリッツカールトン東京のホテルが入居しているビルとしても知られています。

元々気持ちよくスマートに働けることを第一に考えたオフィスゾーンとしてその場所は提供されており、最先端のセキュリティシステムはもちろんのこと企業の生産性をサポートするビジネス機能を豊富に揃えているタワーとしてのコンセプトが存在しています。

超高層ビルならではのスカイロビーが備えられており、訪れる人が景色を楽しむことができるような工夫がなされています。

ミッドタウン・タワー以外にもミッドタウン・イーストそしてミッドタウン・ウエストが展開されており、ビジネスイベントや国際会議、ファッションショーなどを楽しむことができるホールなども備えられており、地下鉄の駅にも隣接している恵まれたオフィスビルとしても展開されています。

もちろんミッドタウン・タワーは純粋にビジネスの場としてだけではなくショップやレストランなども導入されており、たくさんのことを楽しめる複合施設としての一面も覗かせています。

レストランなどは24時まで営業を行っていますので夜景を楽しむにはもってこいの場所でもありますし、ゆったりと大人の時間を満喫できる場所でもありますのでデートスポットとしても知られています。

東京に足を運ばれた際には楽しんでいただけるスポットなので楽しんでみてください。

新宿パークタワー

次にご紹介する日本の高層ビルのひとつは新宿パークタワーです。

新宿パークタワーは東京都新宿区西新宿3丁目に存在している超高層ビルであり、ホテルやオフィス、ショールーム、イベントホールなどから存在している複合施設です。

高さの異なる3連のブロックからなるユニークな外観が特徴的でなんと晴れた日には富士山までその景色を望むことができると言われています。

新宿パークタワーの高さは235mの超高層ビルとしても知られています。

新宿パークタワーにおいてはテナントの多くはオフィスでもありますが、最上部にホテルとしてパークハイアット東京が導入されており、地下一階には約30店舗のレストランとショップ街が存在していることでも知られています。

なのでビジネスマン以外にも来訪者はたくさん存在しており、当ビルの1階にはアトリウム空間が存在しているのでその空間を利用して様々なイベントなども行われています。

駅などにも隣接している状況で設置されていますので、交通の便も非常に便利なので脚を運びやすいのも特徴的なので、通われた事がない方は足を運んでみると楽しめますよ。

あべのハルカス

次にご紹介する日本の高層ビルのひとつはあべのハルカスです。

あべのハルカスは大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目に存在している高層ビルで高さはなんと300メートルを超える日本で一番高い高層複合ビルと言われています。

一日に約73万人が行きかうとされているJRと地下鉄の天王寺駅と大阪阿倍野橋駅のターミナルに立地していますので、交通の便も良いですし、足を運びやすいという点においてたくさんの方から愛されているスポットです。

様々なイベントが展開されており、レストランはもちろん展望台や美術館やホテルなども存在しているビルとしても知られています。

レストランに関しては和洋中などは全て存在しており、ビュッフェであったりカフェ、レストランバーなども存在しているなど、たくさんの楽しめるお店がたくさん展開されています。

また、あべのハルカスは大人だけでなく子供も楽しめるような工夫がなさられていることもあり、夏休みの時期にはハルカス展望台に巨大滑り台が設置されて夏休みイベントとしてその時々にあったイベントを開催されています。

たくさんの楽しいイベントを楽しむことができますし、様々なテナントも導入されていますので飽きずに長時間楽しむことができる場所としても知られています。