コンサルタントという言葉をよく耳にするのではないでしょうか?コンサルタントというのは職業の一種でもあり、どの様な職種かと言うと顧客が問題を抱えているときに助言をしたり対策案を出したりするような職種のことです。

簡単に言うのであれば、アドバイスをしたりしてその問題に対して解決に導くというような考えで良いでしょう。

しかしコンサルタントというのは様々な種類があることをご存知でしょうか?例えばITコンサルタントというのはITを専門的に扱うものであり、経営コンサルタントであれば経営に関する助言、建築コンサルトタントは建築に関する助言など様々なコンサルタントというのがあるのです。

基本的にこのコンサルタントの仕事というのは助言をすることで相手がいかに儲かるかということを考えると良いでしょう。

仮に助言などをしたりしても、クライアント側が得をしないと意味がありませんよね?クライアント側のサポートを行ったりすることもコンサルタントの仕事でもあります。

いかに相手が助かると思うようなことをするのかがコンサルタントの仕事をする上での鍵になります。

コンサルタントはこの様なことを聞くと難しいと思いますが、なとうと思えばすぐになれるというのも特徴の1つです。

そんな人にコンサルタントになるための9個の方法というものがあります。

コンサルタントの仕事をしてみたい、興味があるという人はこの9個の方法を経験しつつコンサルタントになると良いでしょう。

コンサルタントというのはどの様なものなのか、実際に直ぐになれたりするのか不安という人もいると思います。

コンサルタントは種類がたくさんあるので自分にあったものになるのが一番ですが、それ相応の技術やマーケティング、教えていく上でのスキルなどが必須になります。

それをふまえたうえで、コンサルタントになってみたいというのであれば是非経験をしてみてください。

ではコンサルタントについて詳しく見て行きましょう。

️コンサルタントになりたい

コンサルタントになりたいと思う人は少なからずいるでしょう。

コンサルタントになりたいと思う人はまずコミュニケーション能力を一番に力をつけることをオススメします。

なぜならコンサルタントで必要なものは何と言っても相手の企業先と話すことができるコミュニケーション能力だからです。

例えば新たな企業先に「この様な点があるのですが…」といくつかの問題点を言われると思います。

しかしその時にコミュニケーション能力がなければ会話などが続かずに止まってしまうからです。

理由を詳しく聞こうとしてもその場で止まってしまうようなこともあるでしょう。

コンサルタントになりたいと思う場合、そのコミュニケーション能力が第一に必要になります。

他にもコンサルタントになりたい場合は、対応力も必要になるのです。

対応力とは相手が何と言うかに対する答えにもなります。

対応が柔軟であればあるほど、相手の問題点に対して考えて発言をすることができ、コンサルタントを行ううえでも役に立つのです。

コンサルタントの対応力というのはいかなる時でも発揮せねばいけません。

そのためにはコミュニケーション能力も必要になるでしょう。

考え方を変えたりするという方法も必須になります。

問題に対して1つの見方をするのではなく、第三者から見たり、様々な視点から変えたりすることで、新たな導きを出すこともできるのです!

なろうと思えばすぐになれる?


コンサルタントになりたい!と思った時に直ぐになれるのか?という疑問があると思います。

例えば先ほど言ったようにコミュニケーション能力と対応力が無いとなるのは難しいと思います。

他にもその専門的な知識が必要になるので経営コンサルタントに関することは経済関係や経営に関する知識も必須になってくるでしょう。

ITの場合はIT関係の知識と様々な専門のコンサルタントがあるので、それに対応した技術などが必須になります。

仮に直ぐになりたい!と思う人がいるのであれば、この知識などを蓄えた上で、コンサルタントとして雇っている会社などに面接などを行ってみてはどうでしょうか?面接などを受けることでその会社関連に入ることができます。

コンサルタントに直ぐになりたい!と思う人がいるのであればこの選択肢が一番早いと思われます。

また資金に余裕があるという人がいるのであれば、自営業としてコンサルタントになっても大丈夫です。

しかしながら自営業をするにしても専門的な知識が必要になりますよね?簡単にという形であれば企業への面接が一番良いでしょう。

️コンサルタントについて

コンサルタントとはそもそもどの様な仕事なのか考えたことはありますか?コンサルタントについてあまり知らないという人も多いでしょう。

コンサルタントというのは元はコンサルティングという言葉からきています。

コンサルティングというのはいわゆる専門的な知識などを使い相手の企業先に解決策を出すというものです。

その解決策というのは数ヶ月のものではなく、数年かけるものもあるかと思います。

それは企業の内容によりけりですが、これを聞くだけだと面白いと思うかもしれませんよね。

確かにコンサルティング、コンサルタントという職種はとても面白みがあります。

ですがそれと同時にプロジェクトにより激務に変わってしまうのです。

ではそのコンサルタントについて詳しく見て行きましょう。

コンサルタントという仕事内容


コンサルタントという仕事は具体的に何をするのかご存知ですか?ただ提案をすれば良いというものではありません。

相手の問題を解決する案、方策を提供したりするのもコンサルタントの仕事です。

アドバイスなどもそうですが、一番は相手の問題を「解決する」ということにあるので、この解決ができなければ仕事にはならないと思います。

相手の企業が求めるような解決策を出したりするのもまた仕事の1つになるのです。

そしてその会社を大きく発展させたり経営などの強化をさせたりするのもコンサルタントの仕事です。

コンサルタントというのにも様々な企業がありますが、優秀なところだと仕事がとても多く、1日の時間がほとんど忙しいというのが毎日続きます。

常にコンサルタントの仕事をしているという人は時には激務のような仕事が待っているでしょう。

ですがそれほどやりがいのある仕事とも言えますよね。

では具体的な仕事内容について見てみましょう。

顧客が抱える問題を解決するための方策を提供する

企業から相談が来ると思います。

「うちは人手が不足していて経営も…」というような内容で相談に来る企業もあると思います。

その時の問題を解決するための方策を提供するのがコンサルタントの仕事でもあります。

例えば「新規で入る募集人数を増やしてみてはどうでしょうか?」というものや「経費を少し下げて人件費を増やすというのは?」というような具体的な解決策を提供するのが仕事になるのです。

これにより、その案でいこうと相手の企業が思った時に実践すると思います。

それは数日で終わるものではありませんよね?数週間以上かかったり、時には数ヶ月、数年とそのプロジェクトが長ければ長くなるほど、こちらの仕事も長くなっていくのです。

ですがそれほど問題を解決するというのは時間をかけるというものだと覚えておくと良いでしょう。

短時間に解決できるというような方法もありますが、頭の考え方にもよるのです。

今後の方針についてアドバイスをする

今後の方針についてのアドバイスをするというのもあります。

コンサルタントはまれにアルバイトとしても募集をしていますが、アルバイトになるとこの様なアドバイス関係が多いと思います。

「会社が倒産しそうだがどうすれば良い?」という問題に対して「この様にすれば良いですよ」と教えることができる人もコンサルタントである仕事になるのです。

コンサルタントを利用するというのは1つの考えでは浮かぶことができないから他の企業の力を借りるという考えで良いでしょう。

アドバイスをするというのは何よりも重要なことであり、必須の仕事内容だとも言えます。

必要な資格はない

コンサルタントは専門的な知識や技術を覚えなければいけない!と思って資格が必要なのでは?と思う人もいるのではないでしょうか?ですが実際にコンサルタントには必要な資格が無いのです。

よく英語も話せた方が良いというのも聞いたりしますが、これはあった方が便利だよというのであって必須ではないのです。

コンサルタントという職業は先ほども言ったコミュニケーション能力と対応力が必須になってきます。

面接の時でも答えが無い問題を問われたりすることがあると思います。

その時にいかに答えるかというのをコンサルタントでは多く見るのです。

例えば「あなたはどちらを選択をしますか?」という答えに対して「どちらかと取ります」という人もいれば「どちらも選ぶことができません」と答える人もいるでしょう。

理由を明確に言えることができれば大丈夫なのです。

答えるというのは対応力の一部にもなるので、その理由を答えることができるかどうかを一番に見ます。

コンサルタントというのは専門的な技術や技量があっても、コミュニケーション能力や対応力が無ければやっていけない職種なのです。

分野によって関連資格はある

分野によっては関連資格はあります。

例えば先ほど言った英語ですが、海外にもコンサルタントとして出ている場合は英語の資格は必須になると言えます。

他にもITや経営、全てのことを受け持つ総合コンサルトというのもありますが、分野によっては「この資格が大前提である」というのもあるのです。

面接などの募集情報にも専門的なコンサルタント企業になると「この検定2級以上を所持している人のみ」というような条件つきの募集も多くあると思います。

分野によっては関連資格はあるので、その企業を見て必要などうかを見ると良いでしょう。

コンサルと略されることが多い

コンサルと略されることが多いです。

あまり聞かないという人もいますが、働いている人達は自分達のことを「コンサルしている人達は…」というような言い方をしたりするのではないでしょうか?コンサルタントという言葉は少し言い辛いですよね。

その時にコンサルと略して話すことが多いです。

また仕事先でも仲の良い企業と話す際に「我々コンサルは…」というようなことを言うと思いますが、それは身内間だけにして企業先に対してはキチンとした言い方で交渉をするようにしましょう。

コンサルタントの種類

ではコンサルタントの種類というのはいくつあるのか知っていますか?種類だけでも多くあるのが特徴です。

もしかしたらこの職種だったら入れるかもしれない!という職種もあると思います。

コンサルタントの代表的なものは全ての相談を受け持つ「総合コンサルタント」というものがあります。

これは専門的なものではなく、全ての企業からの相談や問題を受け持ちますよという意味なのです。

全ての企業からの相談などを受け持つというのはとても幅が広いと感じますよね?ですが専門的なところを選ぶという人もいます。

総合的なところというのはそれほど知識も満遍なくあるということではありますが、専門的なコンサルタントと比べ少し劣るように見えてしまうからです。

自分自身がいざコンサルタントになりたいと思っても解らないという人はまずは総合コンサルタントに行って、後に専門的なコンサルタントに移行などをしても良いのではないでしょうか?ではその総合コンサルタント以外にはどの様な種類があるのか見てみたいと思います。

経営コンサルタント

経営コンサルタントというのはよく聞くかと思います。

経営コンサルタントというのは経営に関する内容のことです。

営業に関しての相談や、内面などの強化などがあります。

一般的にはこの経営コンサルタントを頼るという人も多いのではないでしょうか?企業などを見ると経営コンサルタントを主にしてしている所は多くあると思います。

それほど中小企業などが多いということにもなるので、常にこの経営コンサルタントは忙しいというイメージもあるのではないかと思います。

ビジネスコンサルタント

ビジネスコンサルタントというのもあります。

人材開発などに関してのコンサルタントを主としている職種です。

ビジネスに関することであればこのビジネスコンサルタントに頼るという方法を取ると良いでしょう。

よく新しくビジネスを開拓したという出来立ての企業などはお世話になるのではないでしょうか?ビジネスコンサルタントというのは人材開発の他にも組織開発をメインとしているので、その様な関連に就いてみたいという人はビジネスコンサルタントに就くと良いでしょう。