最近気づいたら体に肉がついていた…というような事がありませんか?

若いころはいくら食べても太らなかったし、そもそも太るという概念自体がなかったという方もたくさんいるのではないでしょうか。

確かに若いころは体の代謝も良いですし、気付かないうちに運動習慣が存在している事が多かったりもするので、いくら食べても太らない場合の方が多かったかもしれません。

例えば学校までの通学が今思えば自転車でかなりの距離があったのに行っていたなぁという事や、学校の授業で毎回体育があってハードな動きをしていたとか、毎日学校の部活を行っていてしっかりと体を動かしていたという事があったと思います。

しかし、それも学生のうちだけです。

社会人として活躍するようになった時には運動能力よりも仕事が出来るかどうかという事が重要になる為、毎日朝から晩まで仕事で時間を奪われて気づいたら残業をして家に帰っては寝るだけ、有意義な休みを迎えて体を動かそうと思っても週末は毎日頑張った自分へのご褒美という事で同期、友人、先輩などと誘われるがままに飲み会へ…そして土日は毎週の疲れが出て家でのんびりしてまた月曜日から仕事…これではいくら時間があっても体を動かす余裕なんてないですよね。

当然体はたるんできますし、太ってきたり体の筋肉が衰えて代謝が落ちてくるのは当然です。

そんな時に時間がなくても手軽にダイエット効果が見込めるものがないかなと悩む方も多いと思いますので、今回は手軽に実践できなおかつダイエット効果が見込めるストレッチをテーマにして、痩せるストレッチの方法をいくつかご紹介していきます。

️痩せるストレッチの方法を伝授!

社会人として活躍しているかその中には今の自分の体型について悩みを持っている方はたくさんいると思います。

先ほどご紹介した様に運動習慣がなくなってしまうという事も肥満の原因に考えられますが、それ以外にも普段の食事習慣などもお酒の席などが入ることにより乱れやすくなってしまいます。

まさに肥満まっしぐらの生活になりやすいということが挙げられるからです。

もちろんある程度自分なりに気配りを行って運動習慣を取り入れたり、飲み過ぎてしまったり食事習慣がバラバラになってしまいがちになった時にはそれなりに自分で摂取カロリーなどや太らないように食事習慣を元に戻したりすることを意識して行なっている方はそこまで悩むことは少ないかもしれません。

しかし仕事のストレスなどもあったり、長時間の労働なども重なったりしてしまったりするとなかなか意識するのが難しかったりします。

そんな時にはストレッチなどの比較的体に負担が大きくない運動で、かつちょっとした時間があればできるような方法を知っておけば気軽に運動を行うことができますので、忙しい方にこそ特におすすめの方法です。

何かしたいと思っているけどいつも何もできていない人にこそ痩せるストレッチの方法知っていただき、自分を変えるための努力を始めていただきたいと思います。

️ストレッチによるダイエット効果とは


人によってはたかがストレッチでどの様なダイエット効果が得られるのか全く理解できないし、激しい運動しなければ痩せられないに決まっていると考える方がいるかもしれません。

しかしながら必ず激しい運動を行えば痩せることができるというわけではありません。

確かに激しい運動を行えばカロリーを消費することが可能になるかもしれません。

しかし一概に激しい有酸素運動だけを行えばスムーズに痩せられるというわけでもなく、時にはストレッチなどの激しくない運動も重要性が高いという事を知って頂く必要性があります。

単純に痩せたいと思う場合、考え方としては自分が本来持っている自分自身の代謝で消費するエネルギーと、その日自分が動いた分のエネルギーを合計したものがあなたの1日の消費カロリーになります。

なので、その消費カロリーがその日一日に摂取したカロリーを上回っていれば痩せていくという考え方になります。

なので激しい運動を行えば消費カロリーが増える分余裕がでるため、痩せやすいと考えている人がいるかもしれません。

ですが、ストレッチによって得られるダイエット効果を利用すれば自分自身の代謝を良くすることが可能になります。

何もしなくても脂肪を燃焼する力を身につけることができるため、ダイエットに関して激しい有酸素運動に絶対に負けるかといえばそうではありません。

時には激しい有酸素運動を行うよりも良い効果を得られる場合もありますので、そのことを把握した上でこれからご紹介するストレッチによるダイエット効果をある程度を把握してみてください。

もちろん一番良いのは全て良いバランスで行ったりする方が好ましいとは思いますので、自分なりに時間と相談したらどの様なダイエット方法を取り入れていくのかということを考えてみてください。

血行促進

ストレッチを行う事により得られるダイエット効果には血行を促進する効果があるといわれています。

ストレッチを行うことによって自分自身の体の血行を良くし身体全体の血の流れを促進してくれるという効果を得ることができます。

なぜこのような効果が得られるのかと考えた時に、そもそもストレッチに関してはスポーツや医療の分野において体のある筋肉を良好な状態にするための目的で行われてきました。

なのでストレッチを行う中でそれぞれ駆使する筋肉の部分を良好な状態になる為に引っ張ったりするような運動を行う為、それによって筋肉がほぐれて当然筋肉のほぐれによって凝り固まった血行の流れもよくなるという効果を得ることができます。

血行が促進されると自然と疲労回復効果なども出るため、普段の仕事が忙しかったりハードだったりして何もやる気がでない方にとっては逆にストレッチを行うことによって疲労回復効果を得ることができます。

適度にストレッチを行った方が自分の体にとって好ましい状況になると考えることができます。

特に普段から椅子や机などに向かって同じ姿勢を保ち続けてる様な事務作業をしている方にとってはどうしても足がむくんでしまったり、腰が痛くなったりして腰痛を持っている様な方がいると思いますが、その様な方にとってはとてつもなくおすすめな方法であると捉えることができます。

代謝アップ


次にご紹介するストレッチを行うことにより得られるダイエット効果には自分自身の体の代謝をアップさせる効果があると捉えることができます。

なぜ自分自身の体の代謝を上げることができるのかと言いますと、まずストレッチを行うことによって自分の体の筋肉をほぐすことができ、筋肉をほぐすことによってその筋肉が柔らかくなります。

そして筋肉が柔らかくなるということは自分の体が柔らかくなるということです。

あなたの周りにもひとりくらいは体が柔らかい人間がいると思いますが、体が柔らかい人間は様々な場面で代謝をアップさせることが可能となります。

なぜ体が柔らかいと代謝をアップすることができるのかといいますと、体が柔らかい方が何かの運動を行った時に当然ながら可動域が増えてくるのです。

例えば極端な例を挙げるとすれば体が固い人間と体が柔らかい人間がいたとして、何らかの動きを行った場合に、体が固い人間はその時に全体の筋肉の20%を使った動きをしていると考えた時に、反対に体が柔らかい人間が同じ動きをした時に全体の筋肉の40%を使っているというような状況が起こる可能性があります。

なので、同じ運動していたとしても体の柔らかい人の方が当然エネルギーの消費やトレーニング効果が大きくなるのですが、なぜかといいますと、体が柔らかいことによって関節の動く範囲が硬い人よりも広くなりその分全身を大きく動かすことが可能になるということが関連しています。

なので自然と何かの動きをするときも対象アップさせることができるため、日常生活においても基本的な行動の中で消費カロリーを増やす事などが可能になるのです。

筋肉を柔らかくする

次にご紹介するストレッチを行うことにより得られるダイエット効果には筋肉を柔らかくする効果があると捉えることができます。

これは先ほどから何度もご紹介している通りなのでそこまで難しいことではないと思いますが、そもそもストレッチを行う本来の目的が筋肉を柔らかくすることなのです。

本来ストレッチはスポーツや医療の分野において体の筋肉を良好な状態にするために筋肉を引っ張って伸ばすことを指し示しており、筋肉の柔軟性を高めて関節可動域を広げたりすることが本来得られる主な効果になるので、当然ストレッチを行うことによって筋肉を柔らかくすることができると捉えることができます。

また得られる効果はそれだけではなく、ストレッチを行う過程の中で呼吸を整えたり精神的な緊張を解いたりすると言う心身のコンディション作りにもつながっています。

なので体のストレッチを行うということは筋肉を柔らかくすると言う肉体的な面だけではなく、精神的な面までバランスを整えてくれる最適な運動方法であると理解してください。

体温が上がる

次にご紹介するストレッチを行うことにより得られるダイエット効果には体温を上げさせることが出来るという事が含まれています。

そもそも体温が低いとどの様な悪いことが起こるのかということを理解することが大切なのですが、体温が低い場合は健康だけではなく利用に関しても悪い影響を及ぼしてしまうことがあります。

さらに重大な病気になってしまったり肌を老化させてしまったりするので、体温はできるだけ上がっている方が良いとされています。

体が冷えていると肩こりや頭痛や腰痛など様々な不調を引き起こしてしまいますし、体の代謝を低下させてしまう可能性もあります。

しかし体温を上げる事によって先ほど挙げた様々な不調を回避することが可能になりますし、体の代謝をさらに引き上げるという良い効果を得られることが可能になります。

なので体の体温を上げることによって様々な他の良い効果を得ることができることに対しての因果関係を持っているととらえることが出来ます。

低体温で常に悩まされている方にはとても向いているダイエット方法であり、冷え性で悩んでいる方は女性の方が圧倒的に多いので、女性に最適なダイエット方法であるとも考えることが出来ます。

️ストレッチはゆるいダイエット向き

ここまではストレッチを行うことによって得られるダイエット効果についてご紹介していきました。

激しくない運動であるストレッチに関してもここまでダイエット効果を得られるということがわかりいただけたと思います。

しかしながら開くまで理解していただきたいのはストレッチはゆるいダイエット向きであるということに変わりはありません。

もちろん毎日継続的にしっかりとストレッチを行っていただくだけで代謝を上げることができますし、きちんと食事の習慣なども気をつけることができれば無理に激しい運動を取り入れなくても痩せることは可能になるかもしれませんが、水泳などの消費カロリーが高いよな運動を日常的に長時間行うことと比べた場合であればやはり激しい運動を行った方が消費カロリー自体はすぐに上げることは可能になります。

などでストレッチに関してはどちらかといえば爆発的なカロリー消費を行うものではなく、ゆるく長く自分で行っていけるダイエット方法であると考える必要性があります。

この部分を勘違いしてストレッチをすればすぐにダイエット効果が現れると考えている方がいるかもしれませんがそれは基本的にはありえないということを理解していただく必要性があります。

すぐに効果が出るわけではない

ストレッチに関しては1日2回行っただけですぐに効果が得られる様なものではありません。

どちらかといえば長く継続して行なっていくことによってどんどん効果を高めていくことが可能になる方法です。

なぜならば先ほどご紹介したようにストレッチは主な目的として体の筋肉を伸ばして体を柔らかくする効果を持っているとご紹介しましたが、体が柔らかくなるようになるには1日2日あれば柔らかくなる様になりますか?
筋肉が硬くなっている人間が次の日に相当体が柔らかくなってしまったという様なことは基本的にありえないですよね。

毎日毎日筋肉の伸ばし運動を続けていくことによって最終的に数ヶ月後に体の柔らかさを大きく実感することができたという様なことが一般的です。

毎日の努力なくして効果を得ることは基本的にはできません。

そもそもダイエットというものは簡単に効果が得られる様なものではなく、継続的に努力を行ってこそ初めて効果を得られる様なものです。

しかしながら難しく考える必要性もありません。

まず痩せるということだけを目的にするのであれば自分が毎日消費しているカロリーと自分が毎日摂取しているカロリーを正しく正確に把握しておき、それを計算して実践していけば必ず痩せていくはずなのです。

そしてそこにストレッチなどの他の効果を取り入れる事によってさらに痩せやすくするというようなイメージを持ってもらえれば理解してもらいやすいと思います。

なので、気長に行う必要性があるという事は理解しておいてください。

ゆるく気長にダイエットしたい人向け

ストレッチはすぐに効果が出る様なものではないとご紹介しました。

などでストレッチに関しては長く続ける気持ちで最初から行なっていただく必要性があります。

だからこそストレッチの最初の時はそこまできっちりとしたメニューを行うよりも、単純に筋肉の疲労回復効果を得るために行うくらいの軽い気持ちから初めて見た方が意外と長く続く可能性も高まるかもしれません。

初めから極端なダイエット効果を意識してストレッチを行ってしまった場合は、ストレッチの効果などを感じるまでの期間が長かったりするので、途中で効果が無いと判断してやらなくなってしまったりする可能性があるからです。

もちろんある程度始めにストレッチが気長にダイエットしたい人向けの方法であるということを理解している方であればそのようなことはないかもしれませんが、それでも効果を実感するまでは少し寂しく感じてしまうものなので、最初は自分の生活習慣の中での負担にならない程度に気軽に行っていただく必要性があります。

簡単に行えるということを理解してそれが日常生活で習慣化するくらいまで行い続けることができれば少しくらいメニューを増やしてもおそらく負担になる様なことは少なくなると思いますので、自分の中で工夫しながらストレッチのメニューやストレッチとの向き合い方についても考えてみてください。

️痩せるストレッチの方法

ここまではストレッチはゆるいダイエット向きであるということを簡単にご紹介していきました。

ストレッチの効果やストレッチの本来のポジション付けなどがある程度理解いただいたところで、ここからは具体的に痩せるストレッチの方法についてご紹介していきたいと思います。

ストレッチと一言に言っても様々な人間の体の部位のストレッチが存在しています。

なのでそれぞれの体の部位別にストレッチの方法を適切にご紹介していきたいと思いますので、自分が気になっている部位が存在するのであればその部位を重点的に行っていただければより効果が見込めると思いますので、自分の中で工夫しながらどの部分を重点的にやるのかという事なのを踏まえながらストレッチの方法を理解してみてください。

足のストレッチ

まずはじめにご紹介する痩せるストレッチの方法の一つ目は足のストレッチです。

足のストレッチに関しては当然足の筋肉を伸ばして柔軟性を引き出すということも関係していますが、関節を整えて良い状態に整理する効果もあり、血行やリンパの流れを良くして体を温めることで老廃物の排出を促したり、疲労物質を除去したり呼吸を整えてリラックス感をもたらしてくれます。

または足に関しては人間の体の中の筋肉の大部分を占めていると言われています。

なので下半身の筋肉をしっかりとほぐしてあげる方が身体全体の代謝を考えた時に大幅に上げる事が可能になります。

もちろんだからといって足ばかり行うとではなく全身バランスよく行う必要性はありますが、積極的に足のストレッチを行うことによって大きな効果を見込むことが可能となりますので積極的にチャレンジしていただきたいストレッチの部位として認識してください。

ふくらはぎのストレッチ

まずご紹介するのは足のストレッチの中でもいわゆるふくらはぎのストレッチに当たる方法です。

ふくらはぎに関しては比較的疲労物質などが溜まりやすかったり、むくみが激しくなってしまいやすい箇所でもありますので、事務作業などを日常的に行っている女性の方には特に行っていただきたいストレッチになります。

ふくらはぎのストレッチを行う場合は何かしら自分の目の前に壁が何かしらのものなどが存在している状況で体重を支えてくれる存在がある場所が好ましいです。

その状態で壁に両手をついて片足を後ろに出してください。

そしてそのまま腰を下に降ろしていき前に出した足のふくらはぎがしっかりと伸ばす様にしてストレッチを行ってください。

ちょうど「く」の字のような状況を想像してもらえるとわかりやすいかもしれませんね。

この時にかかと上から膝下全体に筋肉がストレッチされているという事を感じて頂く必要性があります。

ストレッチを行う場合は必ずどこのストレッチを行っているのか、その筋肉がしっかりと伸びているのか確認しながら行い必要性があります。

ちなみにこの時にストレッチをしている足の反対の足をしっかりと後ろまで伸ばすことによって、逆の足のふくらはぎのストレッチにもなりますので交互に行っていただくとバランスよくストレッチを行うことが可能になりますので試してみてください。

太もものストレッチ

次にご紹介するのは足のストレッチの中でもいわゆる太もものストレッチに当たる方法です。

太ももは先ほどご紹介したように全身の筋肉の中でもかなり大きな筋肉に当たるので、この筋肉をしっかりと柔軟性を確保し伸ばすことによって代謝を大きくアップさせることが可能になりますので積極的に取り入れていただきたいストレッチの部位になります。

太もものストレッチに関しては横を向いて寝た状態か立った状態で行って頂きます。

まず横向け寝で行う場合は下にくる膝を90度を目安に分けて、膝の裏を同じ側の手で固定してください。

そして上にくる足のつま先をもう片方の手でしっかりと思って膝をぐいっとまげてください。

ストレッチはたったこれだけです。

しっかりと伸ばしている時に太ももの筋肉が伸びてるかどうか確認しながら伸ばしていただき、それはしっかりと確認した後は逆の足を行っていただくので、逆に寝て同じようにフォームを意識して行ってください。

次に立って行う場合ですが基本的な形は全く同じです。

しかし立って行う場合は太ももを伸ばす川の膝のところにクッションを置いていただく必要性があります。

クッション置かないと体の体重が膝にかかってしまい、膝を痛めてしまう可能性もありますので十分注意しながら行っていただく必要性があります。

肩のストレッチ

次にご紹介するのは肩のストレッチです。

方は一見すると肩だけと区別して捉えられてしまいそうですが、よく考えてみると方はその他の上半身の他の部位に影響を与えている筋肉にもなりますので、とても重要な筋肉であるということがお分かりいただけます。

なので肩の筋肉を柔らかくすれば他の部位にも良い影響を与えてくれると考えられます。

特に長時間のデスクワークなので同じ姿勢を保ったままパソコンを扱っている様な形は肩が凝ってしまう可能性も高いので、積極的に行っていただければ肩こりの解消にもつながりますのでおすすめです。

肩のストレッチに関しては一般的に有名なストレッチが肩回しです。

肩回しはショルダーロールとも呼ばれており、日本的にどの様な場所でも簡単に行うことができるストレッチです。

ショルダーロールのやり方はまず円を描く様に肩を回していくことで肩関節につながる筋肉をしっかりとほぐしながら肩の可動域を広げていくことができるストレッチ方法です。

これは椅子に座っている状態でも椅子から立っている状況でも気軽にどちらでも行うことができます。

やり方はまず上半身をまっすぐにした状態でゆっくりと肩の関節をできる限り大きく動かしながら前の方向へ回してください。

そしてその後は後ろの方向に肩の関節を大きく動かしながらまわしてください。

これをだいたい3回から5回程度繰り返して交互に行っていただければストレッチ終了です。

ウエストのストレッチ

次にご紹介するのはウエストのストレッチです。

ウエストのストレッチは体のラインを形成する上でとても大切なストレッチであり、特に女性に関してはキュッと引き締まったウエストのくびれを作ることが可能になるストレッチとしても知られていますので、より女性らしい体のラインを形成することが可能になります。

男性は女性のウエストのくびれに女性らしさを感じることもかなり多いので、普段から気をつけてストレッチしておけば男性を魅了することが可能にもなりますのでおすすめです。

ウエストのストレッチの方法に関しては立った状態でできるストレッチが存在しており、場所を取らないのですぐに実践することが可能な方法です。

まず足を肩幅くらいに広げてそのまま立った状態で胸の前でしっかりと手を合わせてそのままか半身を固定させた状態で上半身だけ右の方向へまずひねってください。

そして上半身をひねった後はゆっくりと真ん中に戻して今度は逆の左へ上半身をひねってください。

そして再び真ん中に戻したら今度はまた右を行っていただき、両方を1回づつで1セットにし合計で10セット程度行っていただければストレッチ終了です。

当然ながらウエストのストレッチを行うときもちゃんとウエストの部分に筋肉が伸びているかどうか確認をしていただき、できれば毎日鏡などを見ながら行うことによって自分のくびれなどを確認しながら行うことができますので、自分の体の変化を読み取れる様な状況で継続して行うことが大切です。

お尻のストレッチ

次にご紹介するのはお尻のストレッチです。

お尻のストレッチはあまり知られていないかもしれませんが、時には腰痛の改善に繋がったり、場合によってはお尻の筋肉を伸ばす事で肩こりなども解消できる場合があります。

要はお尻の筋肉が硬くなることで骨盤の傾きが悪くなり全てが悪くなってしまうということが原因につながっている様です。

なので骨盤をしっかりと本来あるべき状態に戻すことによって体の不調が一気に治ることも考えられますので積極的に行っていただきたいストレッチの一つです。

お尻のストレッチに関しては椅子に座った状態でできるストレッチがあり、まず椅子に座った状態で片足をもう片方の膝の上に置いてください。

この時くるぶしが膝の上に乗る位置を意思し、背中がなるべく丸まらない様に軽く胸を張った状態でおへそが乗せている足につく様なイメージで上半身を前に倒してください。

そして両方のお尻が画面から動かない様に注意し自然な呼吸で左右20秒を目安に筋肉を伸ばしてください。

これが椅子に座った状態で出来るストレッチであり、座って行うストレッチに関しては、両足を伸ばして座っていただき、片方の足の膝を外側に曲げて外のくるぶしが反対の膝の上あたりに来る様に乗せてください。

そして背中が丸まらないように注意して自然な呼吸で左右20秒目安に筋肉を伸ばしてください。

椅子に座っている状態も地べたに座っている状況もそこまでストレッチ方法に変化はありませんので、しっかりと注意すべき点を理解した上でストレッチを行っていただければ良い効果を得ることが可能になりますので実践してみてください。

首のストレッチ

次にご紹介するのは首のストレッチです。

首が凝ってしまっている人には最適なストレッチ方法になりますが、首が凝る原因は様々な原因が考えられます。

そもそも日頃の姿勢が悪かったり、目の疲れや睡眠不足、筋力低下など様々な原因が考えられるのです。

日常的に首の疲れが顕著に現れるという方は早い段階で首のストレッチを行っていただければ改善が見込める場合もありますので、積極的に行ってみてください。

まず首のストレッチの方法としては首の横を伸ばす方法が存在しており、これは両手をまず後ろに回して片手で別の手の手首をつかんでください。

そのままつかんだまま下に伸ばして掴んでいる手の方向に首を倒して5秒たったら力を抜いて最初の姿勢に戻ってください。

これを3回繰り返していただき同じ様に反対側の腕も同様にして行なって、3回繰り返してください。

そして行った後は最初に倒した方向に今度は腕を使って倒していただきます。

やり方としては腕を頭にまわして耳を押さえて横に倒して5秒たったら力を抜いて元の状態に戻してください。

これを左右3回繰り返して1セットです。

これを行えばしっかりと首周りの筋肉をほぐすことが可能になりますので、首回りの筋肉が張っている状態であれば試してみてくださいね。

【ストレッチについては、こちらの記事もチェック!】

️ストレッチダイエットにプラスの要素を

ここまでは体のそれぞれの部位別に適切なストレッチ方法をご紹介していきました。

もちろんご紹介したストレッチ方法以外にも様々なストレッチが存在していますので、あるけど基本的なやり方に慣れてきたらその他のストレッチも導入して様々な体の筋肉を伸ばせる様に自分なりに工夫してみるとストレッチの幅が広がりとても面白いと思いますので試してみてください。

しかしこれまでご紹介してきたストレッチを行えば必ず痩せるとは言い切れません。

もしもさらにダイエット効果を見込みたいと考えるのであればさらにご紹介するプラスの要素を取り入れていただければ、なおダイエット効果を高く見込むことができますので、よりスピードを意識してダイエット効果を得たいと考えている方は併行して実践してみてください。

適度な食事制限

ダイエットにプラスの様子を与える方法はやはり何と言っても適度な食事制限を行うという方法です。

これはどういうことかと言いますとまず、基本としては低カロリー高タンパクな食事を摂取する必要性があります。

当然ながら私たちがエネルギーを摂取する場合は食事をする時になりますので、極端な話食事を減らせば摂取カロリーは少なくすることができますので、後は消費したカロリーが摂取カロリーを上回ればそれを続けていけば痩せないはずがないのです。

また、たんぱく質は筋肉を形成する上で大切な栄養素なので、筋肉を維持したままダイエットを行う事が出来ます。

なので、代謝が上がった状態を維持したままダイエット出来るという事です。

しかし体を動かすことを考えた時に多少のエネルギーがないとそもそも体を動かせないので、あくまで全く食べないということではなくバランスよくエネルギーを摂取するように心がけるということが大切です。

なのでできれば糖質や脂質などが低い食品を摂取していただくと高い効果が期待できます。

ライザップのメニューなどを参考にすれば高い効果が得られると思いますが、完全に糖質を抜くのではなく、夜はごはんを茶碗半分だけにするとか、後はサラダをたっぷりお腹いっぱいになるまで食べるとか、出来るだけ糖質たっぷりなおかずは避けて低糖質なメニューに置き換えるなどの工夫をすればすぐに痩せられます。

早く効果を得たいが為にライザップのメニューを真似して全部糖質抜く人がいますがあれは相当本格的な物なので、全部抜くのは危険です。

下手をすれば倒れてしまう事も考えられますので絶対にしないでください。

なので、極端な話ちょっと糖質を意識して減らすくらいで最初は問題ありません。

慣れてくればさらにそのほかの食事メニューなども意識するというように継続すればすぐに効果を得ることが出来ますので、工夫してみてください。