大好きな相手とディープキスをうまく活かせるためのテクニックってご存知ですか?ディープキスをうまく活かせることで、その先に繋げることができます。

またぎこちないディープキスでは相手を満足させることができず、あなたの自信がなくなってしまうかもしれません。

そうならないために、ディープキスのテクニックをしっかりと身に付け相手を満足させるとともに自分自身のステップアップにもつなげてみてはいかがでしょうか。

他人に聞けないディープキスの仕方

ディープキスってどうやってやるの?なんて今さら周りの人には聞けないですよね。

「そんな、中学生みたいな事を言って…」なんて言われてしまいそうで凹んでしまいそうです。

今さら他人に聞けないディープキスの仕方についてこちらではどのようにすればディープキスがうまくいくのかを考えていきたいと思います。

まずはあなたがディープキスを上達し、どのように相手とその先に進んで行きたいか、などよく考えて試してみてください。

こちらに記載されていることがあまり自分に合っていないのであればその都度調整し、あなたに似合うディープキスの仕方を手に入れてください。

ディープキスの仕方は人それぞれ


ディープキスの仕方は人それぞれなのです。

ディープキスはこうでなくてはいけないやディープキスの教科書のようなものは存在しているようで存在していないのです。

要はあなたが、どのようにディープキスを楽しみたいかが大切なのです。

他人がどうのこうの良い話を聞くのではなく、あなたが実際に感じたことをもとに、ディープキスの仕方を習得していけば良いのではないでしょうか。

他人と比べるのではなく、あなたオリジナルのディープキスの仕方を習得していってください。

マスターすれば相手を骨抜きに出来る

また、ディープキスをマスターすれば相手を骨抜きにできる事は間違いありません。

しかし自分のやり方と相手がこうして欲しいと言うやり方がマッチしていればの話です。

もし、あなたが独りよがりなディープキスなのであれば相手は満足すらできないことでしょう。

しかし、ディープキスをマスターをし相手とディープキスを楽しめるようになれば、あなたとのディープキスを出てから求められるようになるのかもしれません。

そのようになれば大したものです。

ディープキスがマスターが出来るように、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

5個のテクニック


ではここからはディープキスについての5個のテクニックについて、掘り下げて話をしていきたいと思います。

ディープキスのテクニックをマスターすることで、相手に満足をさせるディープキスができるとともに相手を骨抜きにしている姿を想像し、相手を喜ばせてみてはいかがでしょうか。

さらに、ディープキスのテクニックを覚えることであなた自身の自信にもつながっていくことでしょう。

1、初めはソフトキスから始める

まずはいきなりディープキスから始めてしまうと相手から聞かれる場合がありますので、元は柔らかにソフトなキスから始めるようにしてください。

唇と唇が触れる程度の柔らかいフレンチキスのようなイメージで、あまり激しくならず触れ合う感覚を楽しんでください。

チュッチュッと音を立ててみてもいいかもしれません。

舌は唇が開いたら入れる

相手の口の中に下を入れるのは、唇がそっと開いたら入れるようにしてあげてください。

自然な流れで、フレンチキスからのキスをさらに濃厚なものにするために、唇が開いたら相手の口の中へ下を入れてみてはいかがでしょうか。

フレンチキスのやり方はこちらの記事をチェック! →

強引に舌を入れるのはNG!

ここでNG行動は、強引に舌を入れてはいけません。

強引に相手の口に舌を入れてしまえば、相手がびっくりするとともに、あなたに対して焦っているようにも感じられますので積極的になるのは少し待って、ゆっくりとキスを感じながらディープキスに繋げていきます。

2、舌に力は入れずディープキスをする

ディープキスのポイントとして、舌に力が入っていれば舌が硬くなってしまいますので、なるべく力を入れず柔らかい舌遣いでディープキスをしてみてください。

舌が硬いとその硬さが気になり、ディープキスを相手が楽しめなくなる場合がありますので、できるだけ柔らかな舌を心がけるようにしてください。

そうすることで相手もあなたに対する安心感や心と体を許す準備ができるのかもしれません。

とろける様なキスを心掛ける

まるで相手を届けさせるようなキスを心がけるのもポイントです。

あなたがガチガチになって緊張していたり、相手が緊張している様子であればその緊張をほぐすように丁寧に優しく、とろけるようなキスを心がけていきましょう。

また、相手が緊張しているようであれば「力を抜いてみて。」など言葉かけをしてみてもいいのかもしれません。

相手の舌の感触を感じる

また、あなたもディープキスを楽しめるために相手の舌の感覚をよく感じてみましょう。

相手がどのような舌遣いをしてきますか?相手があなたの口の中に入れてくる舌遣いで相手もディープキスを楽しめているのかがわかります。

元は相手も紀子違ないキスだったのがディープキスに入るにつれて徐々にキスに慣れてきた様子なのであれば、ディープキスの成功と言えるでしょう。

3、とにかくリラックスして行う

先ほども少し触れましたがとにかくあなたも相手も、リラックスをして行うようにしましょう。

緊張しすぎて舌を噛んでしまったり、相手の唇を噛んで痛い思いをさせてしまったなどと言う失敗があれば、それこそ恥ずかしいですのでまずは互いにリラックスをしてキスをするようにしてください。

準備ができたと思ったらキスを始めてください。

緊張する=ディープキスは早い

ここで、双方に言えることなのですが緊張するとディープキスが早くなる可能性があります。

まずはしっかりとフレンチキスのような唇と唇が触れ合うだけのキスを楽しんだ後、次にディープキスに進むわけなのですが、ディープキスが早すぎると相手にも焦っているように感じられてしまうためムードもなくなります。

なので、相手が彼女であればムードしっかりロマンチックなものに変えるために、キスから丁寧に始めるようにしましょう。

4、キスの間に甘噛みを挟む

キスとキスの間に軽くハオ使い相手の唇や舌を甘噛みしてみましょう。

歯を使わずに唇だけのキスだけでは甘すぎるキスになってしまいます。

少し辛さを入れて甘噛みを挟むことで、よりディープキスが楽しいものに変わっていくでしょう。

緩急をつける

ディープキスの間間に、緩急をつけるとさらにディープキスが盛り上がることでしょう。

つまり、舌遣いや動きなどの速さを早くしてみたり、又は遅くゆっくりと相手の温度を感じるようにキスをしてみたりと強弱をつけてみるといいかもしれません。

そうすることで、フレンチキスからディープキスまた強弱がつくことでキスに飽きが来ません。

舌の動きにも緩急をつけると◎

さらに、細かい事までお伝えいたしますと下の動きにも緩急をつけるとより効果的だと言えるでしょう。

そうすることで、相手のペースや顔色等も伺いながらディープキスを進めることが可能になります。

早すぎてもダメですし、遅すぎても飽きてしまいますので、できるだけ緩急をつけることで、ディープキスを楽しめるのではないでしょうか。

5、気持ちよく驚かす

ディープキスをただしているだけではなく、強弱をつけたり速さを変えたり、様々なことをするのですが何より大切な事は、相手がまたは自分が互いに気持ちよくディープキスができているかが重要なのです。

気持ちよく心地のいい驚きで相手を喜ばせて上げましょう。

キスからディープキスに入った時にも、うまい舌遣いで相手を気持ちよくさせさらに、相手を驚かせてみてはいかがでしょうか?さらに、互いの気持ちも高揚しディープキスが進むにつれ、次のステージへ行ける準備が出来るのではないでしょうか。

インパクトが大事

また、気持ちよくさせるためにインパクトも必要かもしれません。

ディープキスの時に大きく口を開がばっと相手の口をくわえるような形もしてみたり、相手を押し倒す勢いでディープキスを少しずつ激しいものにしてみても良いのかもしれません。

その時の雰囲気により調節は必要ですが、インパクトを残すことが大切なのかもしれません。

また、インパクトを残すことで、相手はあなたのテクニックに驚くことと、またはそのテクニックに感動することでしょう。

このように、嬉しいインパクトを残すことによりさらに気持ちが高まり、キスに対する概念も更にいいものになっていくのではないでしょうか。

テクニックだけじゃないディープキス

ディープキスをするときに、必ず心がけて欲しい事はテクニックだけじゃないということを心に置いておきましょう。

ディープキスをするときに、必要なのはその場のふいんきや場所、タイミング、自分や相手の気持ちなど様々な複合されることが折り重なり、ディープキスが関西と近づくのです。

どれか1つがかけていても何かぎこちないディープキスになってしまったり、ディープキスの先にあることを急ぎすぎてしまっては元も子もありません。

相手の気持ちが覚めてしまう場合もありますので、必ずディープキスを行うときには周りの環境にも気をつけるよう配慮が必要です。

雰囲気が一番大事

まずは何においても雰囲気が1番大事なのではないでしょうか。

そのため、雰囲気作りが1番の肝になります。

やはり雰囲気が出来上がっていないのに、早々とキスを始めてしまっていても相手はあなたの事を「焦りすぎじゃない?」なんて感じてしまい気持ちが冷めてしまう場合もあります。

まず、相手の気持ちをよく考え相手の様子を伺い、ぴったりなタイミングを見つけてディープキスを行うようにしましょう。

そのために、雰囲気作りはもちろんのこと、いいムードや場所のセッティングも大切なのです。

そのためにも雰囲気作りが2人の気持ちを盛り上げるために1番大切ではないでしょうか。

その気にさせる雰囲気作りが重要

やはりディープキスがしたいとストレートに伝えるのではなく、相手にもディープキスがしたくなるような雰囲気作りを心がけることが大切です。

そのため、ディープキスがしやすいような場所づくりや環境、雰囲気を整えておく必要があります。

どれかが揃っていないのにスタートを始めてしまえば、やはり相手が不安になってしまったり緊張させてしまったり、またはあなたが先走っていると感じられたりしてしまいますので必ずその気にさせるための雰囲気作りを重要視するようにしてください。

ドキッとさせる事がコツ

雰囲気がしっかりと整ったところで、さらに相手をドキッとさせるようなことをする事がポイントです。

つまりどういうことかといいますと、優しくキスをするのですが、キスからディープキスへ入る瞬間に、少しだけ息を荒くしてみたり相手へあなたの興奮しているような様子を伝えてみても良いのではないでしょうか。

さらに、ディープキスで雰囲気をしっかりと盛り上げていけるよう、相手のペースを見ながらディープキスも進めるようにしてみてください。

”香り”と”間接照明”がポイント

雰囲気作りに重要なポイントとしては、明るすぎず暗すぎない間接照明とアロマのような素敵な癒される良い香りをセットしておくことがポイントです。

つまり、香りと間接照明があればその場の雰囲気もやや作れている、または完成しているように感じます。

しかし部屋が散らかりすぎていたり、もので溢れかえっていては雰囲気も台無しになってしまいますので、片付け等はきっちり済ませておくといいかもしれません。

まずは、身の回りの整理整頓と香り、間接照明を取り入れてチャレンジしてみてください。

ディープキスを上達させたい!

ディープキスがいまいちうまくいっていないと感じている方にもっとディープキスを上達させるために必要なポイントや練習方法などをご紹介していきたいと思います。

普段あなたがリラックスできる場所で行うようにしてみてください。

ディープキスを上達させることで、相手を喜ばせることにもつながりますのでぜひディープキスを上達させるために練習を密かにしてみてはいかがでしょうか。

飴を使って訓練する

まずは、飴などをなめているときに飴を使って訓練してみてはいかがでしょうか。

しかし、友達のいる前や、家族がいる前で飴を使ってディープキスの練習をするのはあまり向いていませんので、気分が静かで落ち着いて行える場所を選ぶようにしてください。

例えば、寮生活などで2人部屋であれば、相手の人が寝静まってから行うようにするといいかもしれません。

では、実際にどのように飴を使って訓練をしていくのかご紹介していきます。