今の世の中は昔と比べてグローバルな時代になっています。

インターネットの発達によって様々な人達と気軽に会話ができるようになり、通信手段も多様化し様々な事を世界に向けて発信できるようになりました。

また、海外の情報などをすぐに気軽に知れるようにもなり、便利な世の中になっています。

昔と比べて海外の事を知れるようになったおかげで海外に対しても興味を気軽に持てるようになりますし、今では日本においても外国の企業などがたくさん存在しています。

昔と比べて海外の情報に触れられるようになり、興味を持てるようになるということは自然と外国に対して関心を寄せて将来的に海外で働きたいと考える人が増えるようになりますよね。

今や仕事によっては英語を話せないとできないような仕事もたくさんありますし、日本の技術を海外に用いる事で大きく成功する事などもできるような世の中です。

なので、今回は海外で働くという事をテーマにして海外で働くおすすめの職業についてご紹介していきたいと思います。

️海外で働きたい!

人によっては今まで自分が育ってきた日本という土地ではなく、海外で働いて見知らぬ場所で成功を収めたいと考えている人はたくさんいると思います。

どうしても日本は島国でもありますので、海外と比べると独特な環境下に置かれていると考えることもできます。

海外の方が比較的様々なことにおいて自由度が高かったりもするので海外に対して関心を持っている方や憧れている方などはたくさんいるはずです。

しかしながら海外で働くということは当然日本で働くということと比較したときに大きな難易度だと思ったと考えることができます。

それは言ってみれば、海外で働くということはメリットもあればデメリットの存在するということです。

人によっては海外で働くということに関して良い面ばかりを見てしまって悪い面に着目せずに決断してしまっている方もいるかもしれません。

しかしながら海外で成功を収めたい、もしくは後悔せずに働きたいと思うのであれば必ずメリットとデメリットについては把握しておく必要性があります。

これは全ての物事に共通するかもしれませんが、良い面ばかりを見て悪い面に着目をしていなければ、理想と現実のギャップに耐えられなくなり、途中で諦めてしまうということにもつながってしまいます。

だからこそ海外で働きたいと強く思っている方は事前に海外で働く上でのメリットとデメリットを知っておきましょう。

事前にメリットとデメリットを知っておこう


では海外で働く上でのメリットとデメリットにはどの様なものがあるのかと考えた時に、ある程度海外の考え方や動向などについて理解している方であればそこまで難しくない問題になると思います。

しかしながら海外で働きたい漠然の思いだけを持ち続けてきた方にとっては具体的なメリットやデメリットが分からないと思います。

しかし人間は本来元々何も知らない生き物です。

何も知らないということは悪いことではありませんが、一番大切なのは必ず行動する前に学んでおくということです。

なので漠然とした思いだけを持ち続けてきた方はこの機会に正しい知識を事前に身に着けて将来に備えるようにしてください。

️海外で働くメリット

まずはじめにご紹介するのは海外で働く上でのメリットについて考えていきたいと思います。

海外で働くのメリットを考えるときに大切なのは、日本と比べた時に海外で働く上で良い部分について理解しておくということです。

先ほどご紹介したように日本は島国であり、他の国が隣接しているという様な土地ではないため、そこまで強く外国の干渉を受けて育ってきた文化ではありません。

もちろん戦争なのである一定の時期に支配されていた様な経験はあるかもしれませんが、それは他の国と比べると圧倒的に少ない経験になります。

その様なこれまでの歴史などにも考えを及ばせた上で海外の文化なども理解しながら海外で働くメリットについて考えてみてください。

実力主義の社会


まずはじめにご紹介する海外で働くメリットのひとつは実力主義の社会だということです。

日本においても外資系の企業はたくさん存在しています。

これまでに日本の企業ではなく外資系の企業で働いた経験がある方はよくご存知だと思いますが、基本的に海外の企業は全ての物事において実力主義で評価されています。

一方日本の企業はというと年功序列の制度があったりしますので、勤務経験がある程度長い人間の方が偉いという様な風潮が存在しています。

なので例えば年齢が上で実力が伴っていない人間だったとしてもある程度勤続年数が長いというだけで評価対象になってしまうということです。

しかしながら海外においてはその様なことは全く通じません。

海外では基本的に実力主義で物事を判断されていますので、年齢なのは関係なく実績が全てという考えになります。

しかしこの点においてはどちらかといえば日本の方が特殊であると考えることができ、一般的に考えて企業はボランティア団体ではありませんので、当然自分たちの利益を追求していく必要を貫くことが大切です。

なので利益を出せる人間が評価されずに、利益を出せない人間が評価されるという事は基本的にはあり得ないのです。

日本においてもどちらかといえば営業会社などはこの風潮が存在しており、年齢に関係なく実績が全てという会社ももちろん日本の企業には存在しています。

しかし、それでも年齢が上の人の方がある程度優遇されていたり、年齢で判断されているケースなども多く存在していますので、圧倒的な違いとして存在していると考えることが出来ます。

なので年齢だけで評価されたくないという実力主義の考えを持っている方は海外で働いた方が大きなメリットを得ることが可能になると捉えることができます。

個人の意思を尊重する

次にご紹介する海外で働くメリットのひとつは個人の意思を尊重するということです。

これはどういうことかと言いますと、どちらかといえば日本の企業に関しては個人ではなく組織の意向を大事に考えている傾向が存在しています。

実際に日本の企業で働いている方はこの点を強く感じたことがあると思います。

自分が本当はこうしたいのに会社がああしろと命令されたからああするしかないという事は日常茶飯事なはずです。

しかしながら海外の企業は全く考え方が異なっており、海外の企業に関しては日本の企業と反して組織の考えよりもどちらかといえば個人の意思を尊重する様な傾向が存在しています。

つまり個人の意思やスキルアップを重要視してくれるという事に繋がります。

具体的にどの様な違いが起きるのかと考えた時に、自分がどうしてもやりたいと思った仕事に関しては積極的にやらせてもらえる環境になり、自分がどうしてもやりたくないと思った仕事はやらなくても良いという事が比較的多い状況になります。

この様な考え方は人によってはとてつもなくメリットがある状況だと判断することができます。

例えば自分の持っているスキルをとことん突き詰めていきたいと考えている人間からすれば、この仕事が自分のスキルを伸ばすのにとても適応していると考えて仕事のみを選ぶことが可能ですし、この仕事は自分の持っているスキルを生かすことができないし、自分のスキルを伸ばすことにも関わりがないと判断すればしなくても良いからです。

なので一つの分野を突き詰めてスキルアップを行っていきたいと考えている方からすれば海外で働くひとつのメリットであると捉えることができます。

残業がなくなる

次にご紹介する海外で働くメリットのひとつは残業がなくなるということです。

これはある程度の年齢の方や、社会人として働くビジネスパーソンの方であればご存知の方も多いと思いますが、自分的に日本と比べて海外は残業を行うことがほとんどありません。

つまり定時で自分の家に帰宅することが可能ということです。

これは日本の企業にとっては絶対にありえないようなことですよね。

どちらかといえば日本は今でこそ海外の思考を取り入れて残業の時間を減らして、本来指定の業務時間にどれだけ質を上げることができるかということに注力していますが、まだまだ残業がとてつもなく多い会社はたくさん存在しており、無駄な残業を行っている会社はたくさんあります。

しかしながら海外においては日本の様に残業した人間は偉いと考えられてはおらず、むしろ残業たくさん行っている人間はダメな人間であると考えられています。

考え方の違いかもしれませんが、そもそも残業は仕事が定時で終わっていない人間が行うことであり、それは自分が仕事ができないということを周りの人間に示していることに他なりません。

だからこそ海外で勤務をするということは誰にも引け目に感じることなく、定時で帰社する事が可能になるというメリットに繋がります。

定時で帰宅をすることができれば毎日の平日の時間だったとしてもたくさんのプライベートの時間を得ることができますので、その時間を有効活用すれば自分のスキルをさらに伸ばすことも可能になりますし、充実した人生をさらに歩める可能性も高くなると考える事ができるのです。

プライベートときっちり分ける

次にご紹介する海外で働くメリットのひとつはプライベートときっちり分けることができるということです。

基本的に日本の企業と比べて海外の企業は残業がほとんどありませんので、プライベートの時間を大きく作ることが可能になるとご紹介しました。

海外の企業から言わせれば日本の企業は働きすぎと言われており、仕事に大きく時間を奪われている状況だと判断されています。

確かに仕事を行うことはとても大切なことでもありますが、それ以上に家族を大事にすることが最も大切であるという考えも根幹の部分に存在していますので、海外の企業で働くことができればプライベートをきっちりと分けることができ、プライベートを大きく充実させることが可能となります。

長い時間会社に拘束されることがなくなりますので、自分の時間を思う様に満喫することができますので、あまり日本の企業の様に長時間会社に時間を拘束されたくないと考えてる方からすればプライベートが充実できる海外で働く方がより魅力的であると捉えることができます。

スキルアップができる

次にご紹介する海外で働くメリットのひとつはスキルアップをすることができるということです。

これはどういうことかと言いますと、先ほどご紹介した様にまず自分がやりたいと思える仕事を選択することが可能になりますので自分のスキルアップに繋がる仕事をより積極的に選択していくことが可能となります。

さらにプライベートの時間を大きく作ることが可能になりますので、その時間を使って自分の伸ばしたいスキルに注力することができます。

また海外の企業に関しては日本の企業と比べてもしも対応が悪かった場合、退職するのが当たり前という風潮が存在しています。

日本においてはあまりにも退職回数が多かったりする場合は信用できない人物であると考えられてブラック企業に勤めている方も簡単には辞めたりしない選択を取らざるを得ません。

しかし海外においては自分の為にならないと思うのであれば退職するという選択は当たり前だと考えられていますので、日本と比べて転職回数が多い少ないと言うのはそこまで重要項目では存在していません。

純粋にその場所にいても勉強にならないと言うこともあれば、その様な会社に長く居座ってその会社に貢献をしてしまうと、そのような一般的によくないとされている会社が長く生き延びてしまうことにもつながりますので社会的にもすぐに辞めても良いという風潮なのです。

なので自分が興味がある企業に対してどんどん積極的に行動することが可能となりますのでより良い条件の会社にどんどん転職をすることが可能になります。

結果的にスキルアップに繋がることができますし、キャリアアップにもつながると前向きに捉えることが可能になります。

転職がしやすい

次にご紹介する海外で働くメリットのひとつは転職をしやすいということです。

これは先ほどご紹介した通りですが、海外においては日本と比べて転職をするという事のハードルがかなり低く設定されています。

ハードルが低く設定されているというのは、単純に転職の際の面接が簡単であるという意味ではなく、自分のプラスにならない様な会社やブラック企業などに対してはすぐに退職をしても良いという風潮のため、退職回数など問われることはないということです。

もちろん著しく何度も何度も転職を繰り返し、そのために短期間で仕事を辞めている人間に関しては若干の警戒はされるかもしれませんが、、理由が伴っていればそこまで重要視はされないという事です。

冒頭でもご紹介しましたが海外の企業は実力重視の会社であるため、実力が認められればしっかりと会社に貢献することができ、年齢などは関係なく認めてもらえることができます。

なので良い意味でも悪い意味でも実力主義であるということを前向きに利用して自分のスキルアップに基づいた転職が行いやすいという大きなメリットに繋がるのです。

柔軟な発想力がつく

次にご紹介する海外で働くメリットのひとつは柔軟な発想力が身につくということです。

これはどういうことかと言いますと、そもそも日本と比べて海外は島国ではなく、他の国が隣接した様な国である場合が多いです。

特に大陸続きの国に関しては四方が他の国で構成されているような場合もたくさん存在しますので、当然様々な人種、民族、宗教などが集まって暮らしているという状況なのです。

当然ながら人種や民族、宗教などが違うということはそれぞれの尊重されるべき考え方が違うという状況になります。

しかし日本人は島国なので当然住んでいる人の大半が日本人であるため、共存という事に対して慣れていないのです。

しかしその反面海外に住んでいる人は様々な考え方や尊重すべきことが違うのが当たり前になっているので、それらを全て受け入れていないとたった少しの作業においても全く前に進むことができない状況が頻繁に起こり得ています。

なので簡単に言えば慣れていないことを避けるのではなく、状況を全て受け入れて自分だったらその上でどう行動すべきなのか、ということを考えて主体的に行動する力が求められます。

なのでこれまでと違った凝り固まった考え方ではなく柔軟な発想力を身につけることが可能になるということにつながります。

自然と英語力が身につく

次にご紹介する海外で働くメリットのひとつは自然と英語力が身につくということです。

これは考えてもらえればすぐに分かると思いますが、そもそも海外で働くのであれば当然その働く場所のメインとなる言葉を使える様にならなくてはいけません。

当然ながら日本で働く場合は周りに日本人が日本人ばかりなので英語などを使う事はありませんが、海外ではたくさんの外国人と一緒になって作業を行います。

なので、英語が必須ですし、英語が使えなかったとしても簡単な英語などを使ってコミュニケーションを取らないといけません。

しかしながら机に座って英語を勉強するよりも、実際の現場で英語を使った簡単なコミュニケーションを徐々にとっていく方が自分自身の英語力ははるかに早い期間で身につけることができます。

なぜなら英語が使えなければ話をすることができないのです、そんな状況に立たされた人間は絶対的に必死になるはずです。

必死になった方が考えて行動しますし、熱意も違ってきますので、より早く理解できるようになり、気づけば実践的な英語力が身についていたという事に繋がります。

️海外で働くデメリット

ここまでは海外で働く上でのメリットについてある程度ご紹介していきましたが、おそらく自分自身の想像よりもたくさんのメリットが存在していることに気づけたはずです。

しかし良い部分があれば反対に悪い部分も存在しています。

なのでここからは海外で働く上でのデメリットについてご紹介していきますので、もしも将来的に海外で仕事をしたいと考えている方がいらっしゃるならば、必ず自分が後悔しないためにもデメリットの部分にもしっかりと目を通した上で、自分が乗り越えられるかどうか、若しくはメリットと天秤にかけた時にメリットの方が上回れば前向きに検討する様に慎重に判断してください。

雇用の不安定

まずはじめにご紹介する海外で働くデメリットに関しては雇用の不安定さがあります。

これは海外のメリットの部分の裏面に該当すると考えることができますが、海外においては先ほどご紹介してように実力主義の風潮高いので、実力がない人間に対しての理解があまり存在していません。

なので実力が発揮できなかった場合に悩まされる場合もありますし、さらに海外で働く場合は当然ビザの問題が避けることができません。

働きたいのにビザの延長許可が下りていないから働けなくなったということも時には存在します。

また海外にはレイオフという言葉が存在しており、これは簡単に言えば一時的な解雇と考えることが出来ます。

例えばあるサービスの需要が不安定になった時に再度需要が高まるまでの間は一時的に仕事を休んでもらうようなものです。

いわゆる人件費を抑えるための手段になるのですが、日本においてはこのような制度もないため、どうしても安定を求める日本人には辛い環境です。

だからこそ雇用の不安定さが海外で働く上ではデメリットになってしまいやすいととらえることが出来ます。

自分に合わない恐れ

次にご紹介する海外で働くデメリットに関しては自分に合わない恐れが存在します。

海外で働く場合は日本と違い、職場とプライベートをある程度区別して考えている会社が多く存在しています。

だからこそ日本の様な団体主義ではなく、個人主義を大事にされており、職場以外での付き合いはあまり多くは存在していません。

なので基本的に周りが助けてくれる環境ではなく、あまり周りの人間とコミュニケーションを日本人の想像レベルまで深められるものではないので、そのギャップがドライであると感じてしまう傾向があります。

このあたりのギャップを覚悟しておかないと自分に合わない環境かもしれないと感じてしまう場合があります。

なので普段からあまり職場において馴れ合いを好まない方は良いかもしれませんが、助け合いやコミュニケーションを望む人からすれば辛い環境になる事は理解しておかなければいけません。

日本にすぐに帰れない

次にご紹介する海外で働くデメリットに関しては日本にすぐに変えることができないという事が存在します。

これはどういうことかと言いますと、例えばあなたが単身で海外に就職していると仮定した場合、日本で何かしら家族に関してトラブルや問題が起きた時にすぐに帰って対処する事が出来ないという事です。

人によっては結婚した状態で単身赴任で海外に来ている方がいるかもしれませんが、その場合でも家族に何かあってもすぐに帰る事はできませんし、親や親戚であった場合も同様です。

またもしも日本に恋人を残したまま海外に来てしまっている場合は、海外で長期休暇を取らない限りは日本に戻って恋人に会うこともままならない状況になると理解しておく必要性があります。

もちろんそれなりの事情があるならば海外の会社もある程度は相談を受けてくれるかもしれませんが、どうしてもキャリアを優先したい方もいるはずです。

なので何かしらの心配事がある状態で海外に移住しようと考えている場合はあまりお勧めは出来ないと言えます。

️海外で働くうえで、おすすめの職業

ここまでは海外で働くデメリットに関してご紹介していきました。

海外に憧れているといっても様々な状況を考慮した上で選択をしなければ結果的に公開してしまう可能性が存在するということがお分かりいただけたと思います。

ここまでご紹介したメリットやデメリットを踏まえた上で、それでも海外に行きたいと思う方は自分の意思を尊重して海外でのキャリアを積むことが多いに有意義だと思いますので、チャレンジして頂きたいと思います。

その上で海外に行きたいと考えている方にはさらに予備知識として知って頂きたいのが、海外で働く場合、職業によっては海外で仕事をする上で非常に仕事がしやすい場合があるという事です。

もちろん今回ご紹介する職業以外にも様々な職業が海外で活躍することが見込まれるものがあると思いますが、様々な職業がある中でより海外で活躍しやすい職業についてピックアップしていますので、将来的に海外に行きたい方は参考にしてください。

今勤めている企業の海外支店

まずはじめにご紹介するのはもしも今あなたが勤務している会社に海外支店がある場合、その海外支店へ行きたいと願いを出すという事です。

もしも海外志向が強い方で、今勤務している会社に海外支店があるならばその海外支店に勤務したいということを上司に相談するのも一つの手です。

海外で今まで経験したことがない全く新しいことを始めるよりもこれまで経験してきたノウハウを活かせる様な仕事の方が断然活躍できるチャンスが見込めます。

また、海外支店がある場合でも基本的な教育理念などもそこまで変わらない場合が多いと思いますので、あとは現地の環境でうまく結果を出せばよい話です。

新しい会社で何かを行うよりも幾分かやりやすい状況である事に変わりはありませんので、海外支店がある場合は選択肢の一つとして考えるのがおすすめです。

海外での営業

次にご紹介する海外で働く上でおすすめする職業は営業です。

海外の営業と聞くとある程度難易度が高く感じてしまうかもしれませんが、営業経験が豊富にある人間であれば非常に重宝される場合があります。

なぜかと言いますと、例えばあなたがある海外の企業に営業として雇われたとします。

そこで海外の企業があなたに期待するのは、海外に存在する日系法人に対しての営業です。

なので、海外にいながら同じ日本人を相手に営業を行ってもらうという事です。

当然日本人なので日本語で喋った方がスムーズに相手と会話することができますし、海外にいる中でそもそも日本人であるということが珍しく貴重な存在である場合がありますので、日本人は日本人同士で営業を行ってもらった方が日本の文化をお互い理解した上で営業を行えるのでうまくいきやすいのです。

なので営業経験がそれなりにあれば日系法人に関しての営業を任せてくれる場合が多いので、おそらく最初に想像した以上よりも難易度は下がるはずです。

もしも海外で営業を行うのであれば、おそらく海外に進出している様なメーカーや、そのメーカーに商品を納める電子系や機械系、半導体系などの商社が多いので、そのあたりの知識を身に着けておく必要性があります。

駐在員

次にご紹介する海外で働く上でおすすめする職業は駐在員です。

しかしながら全く駐在員として働いた経験がない方にはあまりお勧めは出来ません。

あくまである程度勤続年数が長く経験や知識などを出せるレベルまで自分のスキルが伴っている場合に限ります。

なぜなら駐在員として採用される場合、現地採用に比べて会社が負担するコストが大きいためより専門的な知識がある人材向けの求人がどうしても多く存在しているからです。

要はお金がかかるのである程度優秀なレベルの人間が欲しいという事です。

また場合によっては海外で働くことを前提とした上でまずは駐在員候補として日本で2年ほど働いて適性を判断した上で海外赴任するパターンを多く存在しているので、いきなり海外に行くには少し抵抗があるという方向けのプランなども用意されていますので、ある程度安心して海外勤務に臨むことがで可能なのもおすすめな理由のひとつです。

Webエンジニア

次にご紹介する海外で働く上でおすすめする職業はWebエンジニアです。

主にこれまでの経歴としてIT関連の会社に勤務してきた経験がある方などは海外でもそのスキルを大きく活躍させる事が可能です。

通しても私たちは海外で聞くとある程度主要国家を思い浮かべたりする場合が多いですが、それ以外にも途上国などでたくさん募集が掛かっています。

Webエンジニアといっても様々な分野が存在しますので、自分に合った分野での求人を見つける必要性がありますが、マッチングした場合に関してはそのスキルを大いに活用する事が可能です。

主に言語に関しても英語が基本となっているため、場所が海外に変わり、用いる言葉が英語になるだけでそれ以外は環境としては変わらない場合などもありますので、それさえ乗り切れば活躍する事はそこまで難しくはありません。

金融・証券系

次にご紹介する海外で働く上でおすすめする職業は金融・証券系です。

具体的には銀行マンや証券会社などに勤めている経験がある方はかなり重要があります。

もちろん日本の企業に就職した方でも、数年間ほど海外に出張して経験を積むと言う事は基本的に多く存在しているのですが、どうしても数年後には海外から戻る為、人員が不足してしまいやすいのです。

なので、駐在員として海外に残って勤務してくれる人間は貴重な人材になる為、中途採用で募集している場合なども多く、勤務する事がしやすいと考える事が出来ます。

️憧れの海外での仕事にチャレンジしてみよう!

今回は海外で働くということをテーマにして、海外で働く上でのメリットやデメリット、そして海外で活躍することができる職業について簡単にご紹介していきました。

今まさに社会人として働いている方で海外で活躍したいと考えている方や、将来的に日本ではなく海外で仕事を行ってみたいと考えている方は今回ご紹介したメリットやデメリットを踏まえた上で、自分にとって日本と海外どちらがメリットが大きい存在なのかという事を考えて決断してください。

また、必要に応じて今後の携わる職業についても注意して選択する必要があるという事を理解して行動していくようにしてください。

人生は一度しかありませんので、心残りを作らないように積極的にチャレンジしてみてくださいね。