私たち人間は感情が存在する生き物であり、日常生活の様々な事において感情を左右されています。

例えば、嬉しい事があれば当然嬉しい気分になりますし、人から嫌な事などをされてしまった場合には当然嫌な気分になるはずです。

所謂喜怒哀楽というものですが、これは私たち人間にとって様々な効果を与えてくれています。

一見するとただの感情という印象にしかならないかもしれませんが、感情から呼び起こされるパワーなどは様々な効果が存在します。

例えば怒りの感情などは当然腹立たしい気持ちになり、あまり良い感情だとは思われないかもしれませんが、見方によっては怒りの感情によって自分自身の行動力が飛躍的に上がる場合もあります。

言ってみれば一種の刺激として存在するわけなのです。

この刺激が私たち人間にとっては辛い効果もあれば良い効果を与えてくれる場合もあるのです。

そんな感情の中には感動する気持ちが存在していますが、感動している時には涙を流すと思います。

涙を流す、つまり号泣するという行為に関しても人間は良い効果を得ることが出来るといわれています。

なので適度に号泣する習慣やきっかけを作っておくという事はとても大事な事なのです。

なので今回は号泣をテーマにして、号泣するほど感動した事についてご紹介していきたいと思います。

最近、号泣してますか?

泣くという行為に関してさまざまなメリットがあるという事について触れました。

普段あなたは日常生活のなかやプライベートにおいて泣くという行為を取り入れていますか?

おそらく泣くということのメリットを理解した上で日常生活に取り入れてる方はあまり多くは存在していないと思います。

そもそも泣くという行為自体があまり良いことではないと認識されている可能性がとても高いです。

どちらかといえば女性の方は泣くという行為に関して寛容的な考え方を示している場合が多いですが、男性に関しては泣くという行為に関して否定的な考え方を持っている可能性があります。

俺は男は泣いてはいけないという固定観念を持ってしまっている方が存在しているというのも一つの理由だと考えられます。

女性が泣くという姿に関して抵抗を感じる方もあまりないかもしれませんが、男性が泣いている姿を見て抵抗感じる方が多いということもあり、いわゆる男らしくない行為として認識されている可能性があるからです。

しかしその様な固定観念を持って物事を見てしまっているのは自分の可能性を狭めてしまうという意味でもあまりお勧めできるものではありません。

号泣することは悪いことじゃない


泣くということが様々な面においてメリットを与えてくれる行為であると触れましたが、これには根拠が存在しています。

泣くという効果は実は科学的にも実証されているということが存在しており、例えば簡単にいえばストレス解消やリラックスするという面において非常に高い効果を発揮してくれる行為であると言われています。

今の世の中はストレス社会と言われており、特に日本においては仕事をするにあたって長時間労働は当たり前ですし、雇用形態に限らず高い質を求められる傾向がありますので、知らず知らずのうちにたくさんの方が多大なストレスにさらされています。

だからこそ普段の生活習慣の中でストレスを解消できる行為を少しでも取り入れておく必要があり、ストレスを解消することによって心身ともに健康な状態を維持することが可能となります。

だからこそ号泣するという行為も男だからとか、女だからといった固定観念で判断するのではなく、大切な行為のひとつであると認識し受け入れる事から始める必要性があります。

その上でまずは号泣するという行為が具体的にどのような効果が存在しているのかという事を詳しくご紹介していきたいと思います。

号泣するという行為に関するメリットを知り、その必要性を改めて理解してみてください。

ストレス発散

まずはじめにご紹介する号泣するという行為で得られるメリットはストレス発散効果です。

これは先ほどご紹介した通りですが、号泣すると自分自身の中に存在しているストレスを和らげる効果を持っています。

具体的になぜストレスを発散することができるのかと考えた時に、人間の体はストレスが溜まってしまうとコルチゾールが増加すると言われています。

しかし号泣することによってこのコルチゾールを低下させることが出来結果的にストレスを軽減してくれるという効果につながっています。

また、号泣するということは涙を流すと言うことで涙を流すことによってストレスホルモンを抑えることが可能になっていますので直接的にストレスを低下させることが可能であると考えることができます。

実際にこの効果を踏まえた上でこれまで人生で泣いてしまった経験を思い出してみてください。

号泣すれば号泣するほど泣き止んだ後はある意味自分の気持ちがすっきりした状態を認識したことがある方が多いのではないでしょうか。

これは今お伝えしたストレス解消効果によってある程度自分の心の中に溜まっていたストレスが発散されたものによる感覚があると捉えることができます。

なのでプライベートなどの生活習慣の中で自分が感動して涙を流したりできる環境を整えておくことは大切なことであるといえます。

気持ちの整理


次にご紹介する号泣するという行為で得られるメリットは気持ちの整理をすることができるということです。

これはどういうことかと言いますと、泣くことによって自分が抱えている様々な気持ちを整理することが可能になるということです。

でも人間であればその時抱えている様々な感情が入り混じってしまい、気持ちの整理ができずにストレスを感じたり、いっぱいいっぱいになってしまうことがあると思います。

そのような時は無理に気持ちを整理しようと考えずに、時には思いっきり泣いてみるのも一つの手段です。

まずは自分の感情に素直になって思いっきり泣いてみることによって涙とともに心の中に溜まっている言葉にできない様な感情や気持ちを流すことが可能となります。

先ほどご紹介したストレス解消効果も相まって、号泣した後がストレスが軽減した状態である程度気持ちが軽くなり、余裕を持てるようになるはずです。

この状態になって初めて気持ちを整理することが可能な状況になりますし、泣きながら少しずつ気持ちの整理を行って行ける場合もあります。

なので受け入れやすい体制を作るという意味でも号泣するということは大切なことです。

気持ちの整理がつかない時には号泣できる様な体制を整えておく事が一つの解決手段になるということを理解してください。

頭が良くなることも

次にご紹介する号泣するという行為で得られるメリットは頭が良くなるということです。

涙を流すだけで頭が良くなれる様になれば苦労はしないと感じる方もいるかもしれませんが、確かに泣くだけで純粋に知能レベルが上がるのかと言われればそうではありません。

先ほどご紹介した様に泣くということはストレス解消にもつながり頭の中がスッキリする様になりますのでそれが最終的に元気に繋がっていくのです。

具体的には元気な状態に繋がっていくことによって覚醒効果の快感を繰り出してくれるようなセロトニンが分泌される様になります。

このセロトニンが分泌されると純粋に何かに対するやる気も向上するようになります。

人間にとってやる気などの精神力は大きく全ての物事に関与しています。

集中できる状態と集中できない状態でなのかの物事を行った場合、たった少しの精神状態の違いだけで得られる事はまったく違ってきます。

やる気も全く同じで、やる気があるときとやる気がないと家では得られるものが全く違ってくるのです。

なので自分の精神力を高める号泣するという習慣を定期的に行うことによって、物事の取り組み方の質を上げてくれたり、覚醒状態に変化させてくれるので、結果的に自分の頭が良くなるということも関与してきます。

脳の活性化

次にご紹介する号泣するという行為で得られるメリットは脳が活性化するということです。

なぜ号泣するということで脳が活性化する様になるのかと考えた時に、先ほどご紹介したように号泣することによって脳が覚醒状態に変化するという事が一つの理由になっています。

セロトニンが分泌されることによって覚醒状態になっていき、脳が活性化していくことによって様々なメリットを引き起こしていると捉えることもできます。

またそれ以外に対しても涙を流すことによって余分な水分を排出してくれることで顔のむくみが取れたり、小顔効果が得られたり、泣いてスッキリする事によって睡眠の質を上げられるようになったといった様々な日常の中の細かいメリットも得られるようになります。

涙を流すということはこれほどまでに大きなメリットを得ることが可能になるということを理解した上で生活習慣に取り入れていただくと、より自分の健康を向上させることが可能になると捉えることができます。

号泣するほど感動したこととは?

ここまでは号泣することによって様々なメリットを得ることができるということをご紹介していきました。

泣くだけでこれほどまでに多くのメリットを得ることができるということを知らなかったかたはたくさんいたと思います。

しかしメリットを知ったことによってこれから生活習慣に取り入れて活用していただくことが可能になると思いますので、積極的に取り入れていただきたいと思いますが、具体的にどの様な事が号泣する、もしくは感動するという気持ちにつなげられるのかと考えた時になかなか思い浮かばない人もいるのが事実です。

定期的に泣きたいと思っている方はある程度泣くためのツールを理解している方が多いと思いますが、普段あまり泣くということに関して意識していなかったかたは具体的なツールがわからない方がいるのも無理はありません。

なのでここからは号泣するほど感動したことについて具体的にご紹介していきたいと思います。

もしも今後号泣することを日常生活の中に取り入れてみようと考えており、なおかつ具体的なツールがわからないという方はこれからご紹介する号泣するためのツール、方法を参考にして取り入れてみてください。

映画・アニメを見て

まずはじめにご紹介する号泣するほど感動することのひとつは映画・アニメです。

普段から映画やアニメが好きでよく頻繁に見ているという方はたくさんいると思います。

その様な方は意識していないかもしれませんが、映画やアニメを見ていくにあたってある程度頻繁に泣くことを行っている方が多かったりします。

なぜなら映画やアニメなどにおいては自分の感情を高めてくれる様な仕掛けが存在している場合が多いのです。

例えば映画などについてももちろんジャンルは様々あると思いますが、感動する映画はかなりの数が存在していますし、アニメに関しても感動する様な仕掛けを取り入れているアニメはたくさんあると思います。

日本は特にアニメ大国と言われており、様々なアニメが存在していますので、感動するようなアニメを選択すれば毎回涙腺を刺激してくれるような作品に出会う事はそれほど難しいことではありません。

映画やアニメに関しては感動する場面ではそれなりに演出が凝っており、まず絵で感動する描写を味わうことができますし、耳で感動的な音楽を再現されて感動するシーンであると認識する事も可能になりますので、日常生活の中において感動させられやすいともいえるツールに該当します。

なので単純に号泣したいと思った時にはその分野に長けたジャンルの映画とアニメなどをレンタルしたり、閲覧すれば比較的気軽に号泣する事が可能であると考えることが出来ます。

比較的気軽に感動を味わうことが可能ですし、さらに映画・アニメのレンタル自体も最新作だったとしてもワンコインで借りれる場合も多いですし、漫画に関しては単行本など購入してもワンコイン以内、レンタルならさらに安くすみますので、状況に沿って自分が好きなものを好きな時に低価格で楽しむことができますので、お金をかけたくないという方にも安心して利用していただく事が可能な方法のひとつです。

感動話を聞いて

次にご紹介する号泣するほど感動することのひとつは感動話を聞くということです。

感動するような話を聞くと言うことは日常生活のあらゆる場面で該当するシーンがあると思います。

例えば友達と一緒に居酒屋などに入って友だちの話を聞いたりする場合や、プライベートでテレビ番組がどう見ていた時に芸能人がこれまでに経験してきたような感動的な話を暴露するような内容だったり、様々なシーンがあると思います。

このようなシーンを利用すれば号泣するひとつのきっかけとして活用する事が可能になり、人伝いに直接聞いたりするのであれば、その人との人間関係を築ける場としても活用することが出来ますので、良い関係を築けるというメリットなども付随します。

どんな形でも良いので感動出来る様な話を聞く場面をセッティングするのはとても良いことです。

もちろん毎回毎回身の回りに感動した出来事を話してくれる様な人が現れるという事はないと思いますので、それ以外の時にはテレビの番組とか、YOUTUBEなどで感動するような話の動画な度を楽しんだりするなど、自分なりに工夫すればいくらでも感動する話を見たり聞いたりする事は出来ます。

中にはインターネット上などで感動するような話などを文章で投稿しているような人も存在しますので、そのようなものを利用すればいつでも好きな時に感動話を楽しむ事が可能になりますので、自分に合った方法で感動話を見たり聞いたりすれば好きな時に号泣できる様になると思いますよ。

大切な人が亡くなった

次にご紹介する号泣するほど感動する事のひとつは大切な人が亡くなった時です。

これは出来事としてはそこまで頻繁に起こりうることでもありませんし、あまり起きて欲しくはないと思うことかもしれませんが、大切な人がいなくなってしまった時は誰しもが悲しい気持ちになりますよね。

そんな時には自然と自分の目に涙が浮かぶものです。

大切な人であればあるほど身近であればあるほどその死は悲しいものですし、簡単に乗り切れるようなものではなくなります。

しかし人はいつか亡くなってしまうものであり、必ず乗り越えていかなければいけない事でもあります。

なので、悲しいと思う気持ちも大切ですが乗り越える事で自分自身の強さを身に着けるチャンスでもあります。

またその人のことを想って泣いてくれる人間がいるということはとても幸せなことであるということを考える必要性があります。

号泣することによって気持ちの整理をすることができるということも先ほどご紹介しましたので、悲しい時には素直に我慢せずに涙を流して気持ちの整理をすることでその現実を受け止めをやすくすることも可能になりますので、大切な人が亡くなった時には思いっきり泣いてあげてください。

一人ぼっちになった時

次にご紹介する号泣するほど感動する事のひとつは一人ぼっちになった時です。

感動といえばそれは嬉しい事であると認識している方がたくさんいるかもしれませんが、感動という言葉の本来の言葉の意味は感情、情動、気力などの総括的用語であり、ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされる事という意味を持っています。

なので、必ずしも嬉しい事や興奮を指し示すだけの言葉ではありません。

それを踏まえた上で考えた時に、自分自身がひとりぼっちになってしまった時には寂しさであったり孤独を感じることによって感動してしまうことがあると思います。

人間はたった一人だけでは生きていくことはとてもつらいことなので、自分を支えてくれる身近な人の存在であったり、自分のことを理解してくれる存在がいるということはとても幸せなことであり大切なことなのです。

一人ぼっちになってしまうとそれらの存在を認識することができなくなってしまい、とても辛い状況に立たされるということが理解いただけると思います。

なので一人ぼっちになってしまうということはあまり良い意味ではありませんが感動することの1つとして捉える事が出来ます。

友達に助けてもらった

次にご紹介する号泣するほど感動する事のひとつは友達に助けてもらった時です。

おそらくこれまでの人生の中で自分の友達に助けてもらった経験をしたことがないということはほぼいないと思います。

具体的に自分が困った時に手を差し伸べてくれたような状況であったり、知らず知らずのうちに友達から元気をもらっていたりするなど、友達に助けてもらうという経験は様々な場合に起こり得る事です。

たとえば自分が落ち込んでいる時に、いつも冗談を言ってくれる友達がいれば友達にその気がなくても冗談で笑わせてくれて助けてもらったという経験などがある方もたくさんいると思います。

言ってみれば友達がいてくれるということだけでも助けてもらえるということにもつながります。

友達がいなければ自分が立ち直ることができなかったという様な状況もあると思いますので、その状況が深刻であれば深刻であること友達の大切さを再認識することができると思います。

なので友達に助けてもらうということは強く心を動かされるものであり、感動することが出来る一つの大きな要因であるととらえることが出来ます。

結婚式に参加して

次にご紹介する号泣するほど感動する事のひとつは結婚式に参加した時です。

ある程度の年齢になれば身近な友達などが結婚をする事もあると思います。

友達が多いければ多いほど結婚式に招待してくれる可能性も高いと思いますので、知り合いが増えれば結婚式に参加する可能性も高まると思います。

結婚式に参加したことがある方であればわかると思いますが、結婚式には結婚する人から親に対して感謝の気持ちを述べたり、周りに対して感謝の気持ちを述べるような演出があったりしますし、友人のスピーチであったり、友人の成長した姿などを見たりすることが出来る機会がたくさんあります。

なのでその様な場面に触れることで意識せずとも目頭が熱くなってしまうことはたくさんあると思います。

結婚式中はご紹介したような様々な要因で涙を流すことが頻繁にあると思いますので、結婚式に参加するということは身近な出来事の中で号泣できる体験の一つであると考えることができます。

好きな人と付き合う事ができた時

次にご紹介する号泣するほど感動する事のひとつは好きな人と付き合うことができた時が挙げられます。

人生を生きていれば必ず気になる相手は好きな相手ができる場面が必ずあると思います。

恋愛に関しては楽しいことだけではなく、辛いこともあります。

しかしそれを乗り越えて行くことによって自分自身や相手も一緒に成長することができ、その先の幸せを共有することが出来、素晴らしい人生を送る事が出来ます。

そんな素晴らしい恋愛のはじまりのときは大きな幸せからスタートすると思います。

それは自分が好きでやまない相手と相思相愛になり、付き合うと言う親密な関係をスタートさせることが可能になった時です。

相手のことを思うだけで胸が苦しくなったり、胸がドキドキしたりする様なそんな存在の人と親密な関係を送ることが可能になるということは人によっては涙が出てきてしまうほど嬉しいことだと認識する場合が多いです。

なので大好きな人と付き合えるという場面は号泣するほど感動することができるひとつの体験であると考えることが出来ます。

号泣できるほど感動する映画・アニメ

ここまでは号泣するほど感動することについてご紹介していきました。

ちょっと考えてみるだけで号泣するほど感動するようなことは日常生活の中に様々ありふれているということがお分かりいただけたと思います。

様々な感動する出来事について理解いただいたところでここからは号泣することができる感動する映画やアニメなどについてご紹介していきたいと思います。

映画やアニメなどが好きな方がたくさんいると思いますが、そんな映画・アニメ好きには絶対的に見て頂きたい作品が多数存在していますので、今回はピックアップしてより号泣できるような作品をご紹介しますので、まだ視聴した事がないような作品があれば参考にして楽しんでいただければと思います。

映画編

感動する映画とアニメ作品をご紹介していきたいと思いますが、まずは感動することができる映画から紹介していきます。

映画は私たちが感動することができる魅力的な方法の一つです。

映画を見ることによって様々な感覚を刺激されて感動を覚えることが可能になります。

視覚聴覚が刺激されるのはもちろん、その話を理解してそれぞれの立場に立って物事を考えた時に初めて感動を得られるような場合などもたくさんあります。

考える力をより使えば使うほど大きく感動することが可能ですし、ただ見ているだけでも自然と感動することが出来るような作品もたくさんあります。

これからご紹介するの映画は見ているだけですぐに感動できるような映画ばかりですので、考えるのが苦手な方でも安心してみてみてくださいね。

余命1ヶ月の花嫁

まずはじめにご紹介する感動する映画は「余命1ヶ月の花嫁」です。

余命一ヶ月の花嫁は1人の女性が送った闘病生活を題材としているノンフィクション物語の映画です。

元々乳がんであることを宣告されていた主人公である長島千恵の最大の夢であるウェディングドレスを着るという夢を叶えるために恋人である赤須太郎、そして友人が計画して婚姻届けを出さずに結婚式を挙げるというのが主な内容になっています。

当然乳がんを宣告されてすぐにそれを受け入れることができず、一緒に生きていくということを決意するまでに様々なストーリーが存在しています。

映画においては榮倉奈々さんや瑛太さんが主なキャストを務めています。

まさに感動せずにいられないような内容であり、たくさんの方が涙した映画の中でも特に心に衝撃が走るような内容となっています。

この映画を通していま自分が生きていられることに対する感謝であったり、自分にとっての幸せとは一体何なのかということを考えさせられる感動映画となっています。

タイタニック

次にご紹介する感動する映画は「タイタニック」です。

タイタニックのジェームズ・キャメロン監督が手掛けた作品である事が知られており、今も昔も有名な感動的な映画の代表作です。

公開されたのは1997年でありながら、今でも感動する映画としてその名前が知られています。

タイタニックは実際に1912年に起きたイギリス客船タイタニック号沈没事故を元にしたラブロマンス大作です。

前半はラブストーリーで構成されており、後半はパニック映画さながらの緊迫感の溢れる状況を映している展開となっています。

主演はレオナルド・ディカプリオが務めており、ヒロインはケイト・ウィンスレットが努めています。

まさに純愛を描いた作品となっており、いつの時代の人間が見ても感動するような内容をなっており、20年たった今でも感動の名作として必ずその名は出てくるので、まだ見たことが無い方は一度ご覧になってみてください。

【泣ける映画については、こちらの記事もチェック!】

アニメ編

ここまでは感動する映画について簡単にご紹介していきましたが、ここからは感動するアニメに関してご紹介していきたいと思います。

アニメに関しても感動できるものは多数存在しており、今や映画と対等なくらいにわたりあっていると考えても過言ではありません。

子どもから大人まで簡単に見ることが出来、気軽に感動して涙を流せるような作品は多数存在してますが、その中でも特に感動できるような作品をご紹介していきたいと思います。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

まずはじめにご紹介する感動するアニメは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」です。

この作品は漫画だけではなくアニメ、映画、実写ドラマ化されていたりするなど様々な媒体で活躍している作品です。

元々超平和バスターズと言う幼馴染6人組で結成したなんでも平和目的とするグループの活躍を題材にしているアニメなのですが、ある日突然一人の友人が死んでしまったことが気にそこから距離が生まれてしまい集まる事がなくなってしまったというあらすじから物語はスタートします。

しかし、そこからあることをきっかけにして再び絆を取り戻していくというストーリーになっています。

友達との大切な絆などを再確認させてくれるようなストーリーになっているので、友達の大切さや人と人との絆を深く感じたい方にとって最も感動する事が出来る作品なので、一度ご覧になってください。

ONEPIECE

次にご紹介する感動するアニメは「ONEPIECE」です。

ONEPIECEは言わずと知れた有名なアニメ作品であり、べースは漫画作品から始まり現在に至っては劇場版アニメなどでも公開されている世界的な有名な作品です。

ONEPIECEの関しては今更説明しなくてもたくさんの方が知っていると思いますが、今とは違い海賊が無数に存在する世の中でひとつなぎの大秘宝と呼ばれるワンピースを探し、それを見つけたものに与えられる称号、海賊王を目指すために海賊になる主人公ルフィとそれぞれの夢を達成するためにルフィと行動を共にする仲間たちのエピソードが主に描かれていますが、作品のあらゆるところでそれぞれの仲間たちのエピソードや、戦いの中で訪れる感動などを幅広く描いた作品でもあり、ところどころ感動できる場面が存在しています。

週刊少年ジャンプの作品という事もあり、バトルも大きなテーマとなっていますが、子どもが観ても大人が観ても感動してしまう深いストーリー構成なども魅力のひとつです。

今では海外でもONEPIECEを知っている方がたくさん存在していますので、まさに日本人であれば必ず見ておきたいアニメ作品のひとつです。