皆様はいったいどのようなバイトをした経験があるでしょうか。

ちょっとおしゃれなバイトだとカフェスタッフと言う経験がある人もいるかもしれません。

大学生に一般的なバイトと言えば塾講師や家庭教師などではないでしょうか。

また、飲食系のバイトは青春というイメージですよね。

販売員などをやったことがある方もいるかもしれません。

ですが、日雇いのバイトをしてみたことはあるでしょうか。

あまりないという方の方が多いのではないでしょうか。

日雇いの仕事と言うと、何となく腰が引けてしまうという方も少なくないでしょう。

継続で行うバイトの方が一般的ではありますから、日雇いのバイトをしているというと、どのような仕事かそもそも具体的にあまりイメージがついていないかもしれませんね。

ここでは、そんな日雇いのバイトについて色々なことを紹介したいと思います。

今まではあまり日雇いのバイトに興味がなかった方でも、意外と楽しそうだと思っていただけるかもしれません。

単発ですぐにお金を得ることができる日雇いのバイトは、意外と大学生などには向いている職業かもしれませんね。

日雇いアルバイトが楽しいって噂を徹底調査

日雇いのアルバイトと言うと何となく怖そうなイメージであったり、何となく厳しそうなイメージであったりする人が多いようです。

また、どうしても継続したバイトよりは不安定になってしまいますので、継続してお金が欲しいと思っている方にとっては、魅力を感じないバイトであることは確かでしょう。

いちいち職を探すのが面倒くさいと思っている方もいるかもしれません。

確かに、そう考えてしまうことは悪いことではありませんし、そうした方が多くいることは事実のはずです。

ですが、一方で、日雇いのアルバイトが楽しいという声を聞くこともあるのです。

日雇いのアルバイトにはまってしまい、そうしたアルバイトを常に入れているという大学生もいるでしょう。

一度やってみると、継続しているバイトよりもずっと楽しくて苦にならなかったと考える人もいるのです。

何となく厳しそうだと考える一般的なイメージに反して楽しいという声があるというのは驚きですよね。

デメリットが多いことにも違いがありませんが、その楽しさに目覚めてしまう人がいることも確かなのです。

そう言ったことを考え併せてみると、何となく日雇いバイトに興味がわいてくるのではないでしょうか。

日雇いのバイトについては知らないことの方が多いはずです。

そんな日雇いバイトが楽しいという噂について、徹底的に調査してみることにしました。

日雇いとは?

そもそも日雇いバイトと言うのはどのような形態のバイトのことを言うのでしょうか。

何となくバイトと言うと継続的なバイトのことばかりが思い浮かんで、求人募集広告もそういったところばかりを見てしまっているかもしれません。

日雇いバイトという表現が何となく昔っぽい感じがして、現代にはそぐわないイメージも醸し出していますよね。

確かに最近は日雇いバイトという表現はしなくなってしまっているようです。

それでは、この日雇いバイトについて詳しい情報を見てみることにしましょう。

意味

日雇いバイトの意味は簡単で、その日一日だけのバイトという意味です。

一日単位で雇うバイトということなので、冷と言うという表現をしているのです。

日雇いバイトの場合には継続的に雇ってくれるというわけではありませんから、多くの場合には給料がすぐに手に入ります。

昔のように手渡しのバイトである可能性も高いですね。

最も、最近では多くの人が参加している日雇いバイトもありますから、直接手渡しはあまり見なくなってしまっているかもしれません。

日雇いであっても振込と言う可能性があるでしょう。

とは言え、一日だけ働いて、その日働いた分の給料をもらうことができるということには違いがありません。

人気の日雇い

日雇いと言うと種類がないようにも思われますが、最近では人気の日雇いバイトと言うものもあります。

時給が高い日雇いバイトもありますし、こうしたものに申し込んで採用されれば、一日働くだけでかなり稼ぐことができるでしょう。

また、時給が高くはなくても楽しいバイトと言うものもあります。

憧れていた世界を垣間見ることができるようなエキストラなどのバイトもあります。

人気のバイトの場合には、日雇いのバイトであってもそう簡単に採用されるわけではないでしょう。

すぐに申し込まなければ埋まってしまうバイトもあるのです。

人気が高い日雇いのバイトに採用されたいと思っているのなら、しっかりと準備をして申し込まなければいけません。

日雇いメリット

日雇い倍にはメリットがありますが、そのメリットは具体的にはいったいどのようなものなのでしょうか。

日雇いバイトのメリットとしてはどのようなものを数え上げることができるのでしょうか。

あまり実際にしたことがない人には思いつかないような日雇いバイトのメリットについて見てみることにしましょう。

メリットを数えてい見ると、日雇いのバイトも良いものかもしれないと思えるようになるかもしれません。

大きく稼げる


日雇いのバイトは大きく稼ぐことができるというメリットがあります。

一日中集中して働いているのですから、それは大きく稼ぐことができるでしょう。

例えば、時給1000円で8時間働いていれば、一日だけで8000円も稼ぐことができるのです。

一日で8000円も稼ぐことができるバイトはそうありませんよね。

その分だけ集中して長い時間を働いていなければいけませんが、一日頑張っただけでそれなりに大きい額を稼ぐことができるのなら、そちらの方が楽で良いと考える人もいるでしょう。

細々と時間を積み重ねていくのが性格に合わないと思っている方は、大木稼ぐことができる日雇いのバイトを月に数日行うだけで、それなりのお金になりますよ。

先ほどの例に挙げたようなバイトを月に4回行うだけで32000円になりますから、大学生が稼ぐバイト代としては平均くらいにはなるのではないでしょうか。

それ以上稼ぐこともできますから、日雇いだからと言ってお金にならないというイメージは間違いです。

単発

日雇いのバイトは単発であることこそがメリットだと考える人もいます。

単発のバイトと言うのはデメリットにも数えられてしまいそうなものですが、そんなことはありません。

「単発で入れることができる」ということがメリットなのです。

単発なので、その日以外は拘束されないというところが良いところだといえるでしょう。

とても忙しい人にとっては、毎月毎週、必ず働かなければいけないことが苦痛だということもあるのではないでしょうか。

その点では、日雇いバイトの場合には、急に暇になった日に入れることができるので、忙しい中でも確実に稼ぐことができます。

また、やらなければいけないことが多い時には休むこともできますね。

単発だからこそ、自分のスケジュールを優先することができるというのがメリットの二つ目になるでしょう。

いろんな経験ができる

単発の日雇いバイトは、単発であるからこそ、色々な経験をするにはとても良いのではないでしょうか。

継続のバイトの場合には、一種類のバイトをひたすら長期間やり続けるということになりますから、経験としてはそれほど多くありません。

一つの仕事を深くやり続けるという方法で稼ぐことになります。

ですが、日雇いバイトの場合には広く浅く楽しむことができるというのが特徴です。

とにかくいろいろな経験をすることができるので、普通の人はできなかった体験もすることができるのはメリットですね。

人生を深めるためには色々なことができた方が良いでしょう。

その上にお金ももらうことができるのですから、学生のうちにしかできない経験をいくつも積むことができるというのがおすすめポイントだといえます。

色々なものを経験しているという強みは就職活動の時などにも役に立ちますし、自分の人生深めるという意味でも、とても良いのではないでしょうか。

日雇いデメリット

日雇いのバイトには当然のようにデメリットもあります。

良いところもあれば悪いところもあるのは当たり前ですよね。

それでは、日雇いのバイトのデメリットはいったいどのようなところにあるのでしょうか。

こちらについても詳しく見てみることにしましょう。

その上で、自分に合っているかどうかということを判断できると良いですね。

いつ仕事が入るかわからない

日雇いのバイトの場合には、良い募集があればすぐに申し込むという形になります。

自分のスケジュールに合っていれば申し込むことになるのですが、問題があるとすれば、この募集がいつかかるか分からないというところでしょう。

自分がお金を欲しいと思っているタイミングで募集があるとは限りません。

また、自分の時間のある時に募集があれば良いですが、その時期には全くないということもあるのです。

また、逆に、自分には時間がない時に興味のアルバイトを大量に募集しているということもあるかもしれません。

全体としては、いつ仕事が入るか分からないというのは問題ですね。

仕事が入るタイミングが分からなければ、一か月にどれくらい稼ぐことができるのかもわかりません。

自分の一か月の収入が分からなければ、計画を立てることも難しくなってしまいますよね。

これでは、計画的に何かをすることもできなくなってしまいます。

これが日雇いバイトのきついところですね。

募集自体もそれほど早くから入っているわけではないので、長期的なスケジュールを組むことができないのはでデメリットに入るかもしれません。

単発で自分のスケジュールを優先することはできますが、やはり不安定なことには間違いがないという解釈で良いのではないでしょうか。

肉体労働が多い

日雇いバイトの場合には、やはり肉体労働がとても多くなってしまいます。

頭を使うようなバイトは、それほど日雇いのバイトには見られません。

体力勝負のバイトがとても多いので、あまりエネルギーがないという方にとっては辛いものが多いかもしれませんね。

体力勝負で一日中立っているようなバイトを、割が良いと考えるか、それとも割が悪いと考えるかは微妙なところでしょう。

体力がある方にとっては、それほどきついことでもないと考えますが、それだけエネルギーを使うのに、割に合わないと考える人もいるかもしれませんね。

肉体労働の場合には、給料と自分が失ったエネルギーの間で、釣り合いを取れていると考えられるかどうか言うところが決め手になるでしょう。

必然的に、日雇いのバイトは体力がない人には向いていないということがベストになってしまうのは仕方ないことですね。

もし体力に自信があり、それを消費することが辛いことではないと考えている方には、日雇いバイトはおすすめですが、それを嫌いだと思っている方にはおすすめできません。

スキルが身につかない

日雇いバイトは基本的には、広く浅く色々な世界を見るというものになります。

条件に合えば色々なバイトをするでしょうから、経験値が上がっていくということには違いがないのです。

ところが、その代わりに、深い知識やスキルはあまり期待することができないでしょう。

スキルを身に着けるためには、しっかりと長いこと仕事をしていなければいけません。

スキルを身に着けるためには、ある程度は経験値も必要になるからです。

日雇いバイトは経験値を得るためのバイトとは言えないですから、スキルを求めている方にとっては、あまり魅力的とは言えないバイトだということが確かです。

その代わりに、広く浅く色々なことを経験したい方にはおすすめですね。

忘れ物をできないというプレッシャー

日雇いバイトの場合には、その場で色々な支払いが行われることも多いので、忘れ物を絶対にすることができません。

印鑑など必要なものを忘れてしまったら、支払いの面で不安に思ってしまうことが多いでしょう。

そのため、その場限りで必要なものをきちんと持っているかどうかと言うのがプレッシャーになってしまうことは絶対にありますね。

人との関わり合いが広く浅い

日雇いバイトでは、その場であった人と協力してバイトを行うことも多いでしょう。

ただし、その人と深く付き合うことはなく、その場で別れれば終わる関係性だというのがとてもあっさりしていますね。

人との関わり合いがとても広く浅くなるのです。

こうした付き合いが楽だと考えることができる人には良いかもしれません。

ですが、人との関わり合いが苦手な方、その場であった人と仲良くすることができない方にはお勧めできません。

どちらかと言うと、そのまま深い関係になれるように頑張りたいという方は、長期の継続的なバイトをした方がずっと良いでしょう。

広く浅い関係の場合には、深い付き合いをする人とは異なった接し方になりますから、そういったものが下手な人に日雇いバイトは向いていません。

日雇いが楽しいと思う7個の理由

日雇いバイトはやってみた人から「楽しかった!」と言う言葉を聞くことがよくあります。

それにはまってしまう人もいるのです。

ですが、その理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

メリットやデメリットの面からではなく、実際に参加してみた人の視点から見てみることにしましょう。

実際に参加している人は、どうして日雇いが楽しいと思うのでしょうか。

友達と参加できる

日雇いのバイトが楽しいと思われる理由の一つには、友人と参加することができるというものがあるようです。

普通のバイトでは友人と一緒に行うことはできませんよね。

どちらかと言うと、バイト先で友達を作るということの方が多いのではないでしょうか。

そんなバイトに友達と一緒に参加することができれば、何となくバイトをしているというよりも、二人で遊びに来ているという印象が強いかもしれません。

また、二人で同じ経験をしているという印象もあるでしょう。

それでお金を稼ぐことができるのですから、きずなが深まったという声もあるようです。

一人で参加するのは大変かもしれませんが、中の良い友人と一緒なら、肉体労働でも楽しいと思えるかもしれませんよね。

イベント系が多い!

日雇いのバイトには色々な種類がありますが、その中でも多いのがイベント系のものです。

イベント系のものは自分が参加する側になっていることの方が多いと思いますが、そのときには味わうことができないような裏側を支える仕事を知ることができるというのが、日雇いのバイトが楽しかった理由の一つになるようですね。

イベントの生の興奮具合も楽しむことができますし、さらにお金を稼いで新しい経験をすることもできるというのは、とても楽しいことに違いありません。

当日にイベントの生の興奮感が伝わってくる場所で働くことで、何となく働いていることも楽しいと思ってしまうかもしれません。

運が良ければイベントをしている芸能人の方を見かけることくらいもできるかもしれませんね。

緩い

日雇いのバイトには、とてもゆるいという印象を抱く人も多いようですね。

長期で継続で気に行うものではないので、ガチガチに「これをしてはいけない」「これをしなければいけない」と胃雰囲気は漂っていません。

その場に集まった人で作り上げていく仕事なので、何となく緩くて、その場で対応していくものが多いのではないでしょうか。

バイト先の雰囲気がピリピリしていることが多かったという人からしてみると、日雇いバイトの緩さは何とも言えずに良いもののように目に移ることもあるようです。

ルールが厳しすぎるところで働いていると、そのルールに縛られて楽しむどころではないと言こともありますが、日雇いバイトの場合にはそんなことはありません。

もっとゆるくて、少し楽をしながら働くことができるイメージだと思えばよいのではないでしょうか。

高時給

日雇いバイトの場合には、普通の飲食業などよりは高次急である可能性が高いですね。

肉体労働であり、突かれる分だけ少し高めに時給が設定されているのです。

そのため、疲れることはありますが、その分だけお金を払ってもくれるので、損をしたということはないでしょう。

楽に稼ぐことができたと思っている人もいるかもしれません。

実際には仕事の内容などから判断しなければいけませんが、どちらにしても、低時給で働かされるよりはずっと良い、割が良いと感じる人は少なくないようです。

普段体験できないこともできる

日雇いのバイトをしているときには、普段は体験することができないようなことも体験できるという強みがあります。

普通のバイトだとある程度ジャンルが限られてしまいますが、日雇いのバイトではそんなことがありません。

超短期のバイトではありますが、普通はしないと思っていることを体験することができるので、色々な面を見ることができるというのは魅力的なのではないでしょうか。

確かに一つの職を長期で続けるのも良いかもしれませんが、普段は絶対に体験できないと思っていることを体験できるのは、人間的な深みを出すためにも絶対に必要なことだと考えると、日雇いバイトの魅力が分かりますね。

種類が多い

日雇いのバイトのジャンルはとても広くあります。

色々な作業をしなければいけないものもありますが、中には、ただ立っていることが主な仕事ということもありますよね。

種類が多いので、選び放題というのはとても嬉しいことかもしれません。

一つの仕事に飽きてしまったとしても、他の仕事を選ぶことができるので、常に新しいものに触れていること楽しいと思う人もいるでしょう。

種類の多さは長期的なバイトよりもずっと多いはずですし、普段は見かけないようなバイトを見つけることもできます。

そういったところを日雇いのバイトの魅力と考えている人もたくさんいるのではないでしょうか。

出会いがあることも

日雇いのバイトは一日だけのバイトであることから、出会った人間とその場で深く付き合うようなことはできません。

広く浅くの付き合いをすることはありますが、それが逆に魅力に見えるということもあります。

つまり、出会いが増えるのです。

色々な人と出会うことができれば、その人たちと連絡先を交換することもできますよね。

連絡先を交換してその後の連絡を取ることができれば、新しい友人や新しい恋人ができるに違いありません。

大学生くらいであっても、入学してから2年ほどたってしまうと、出会いがなくて困っているという人もいるでしょう。

冷糸のバイト先で好みの異性に出会うことができるかもしれませんし、それが後の縁の始まりになるのだとすれば、とても楽しいバイトだといえるでしょう。

おすすめの日雇いお仕事10選

日雇いのバイトと言っても今は色々な種類があります。

おすすめの日雇いバイトにはいったいどのような種類のものがあるのでしょうか。

よく募集がかかっているような日雇いのバイトを集めましたので、興味がある方は、ぜひこちらのおすすめの日雇いの仕事について見てみてください。

イベントスタッフ

日雇いのバイトで多いのはイベントスタッフですね。

例えばニコ生の会議などのイベントスタッフから、アイドルのコンサートのスタッフまで色々なスタッフがあります。

ンあと鳴くプロがやっているように思われるスタッフですが、実はこうしたものはバイトで補われていることもあるというのが面白いですね。

何かのイベントの裏を見てみたいと思っている方は、ぜひ参加していただきたいところです。

現場の生の雰囲気を味わうこともできますし、その裏でどのような仕事が行われているのかということも知ることができるでしょう。

引っ越し

引っ越しやのバイトの場合には、長期的なものもありますが、中には超短期でのバイトということもあります。

肉体労働なので、人手が足りない時には短期で人を雇うこともあるということですね。

重いものをバランスよく運んだり、素早く片付けて行かなければいけないのは大変ですが、普段は自分がしてもらう側の仕事を経験できるというのは楽しいことかもしれません。

引っ越し業者は長くするには肉体的にとても大変かもしれませんが、一日だけの限定で行ってみるのなら良い経験になるでしょう。

ティッシュ配り

道を歩いていると見かけるのがティッシュ配りのバイトです。

普段は無視してしまっているかもしれませんが、このティッシュ配りのバイトをしてみると、何気なく無視されるのがとても傷つくことであったり、受け取ってもらえることの嬉しさを感じるのではないでしょうか。

また、配っている人が気候によってはとても大変な思いをしているということも分かるはずです。

あまり普段は気にとめるようなことではないからこそ、実際にそれをしている人がどのような気持ちで働いているのかということは、知っておくと良いかもしれませんね。

ポスティング

ポスティングのバイトもあります。

これは、広告などをそれぞれの家のポストに入れるという作業です。

普段マンションなどに住んでいる人は、帰ってきてからポストを見て、要らない広告はすぐに捨ててしまっていますよね。

そんなすぐに捨てられてしまうような広告を地道に入れていく作業がポスティングなのです。

基本的には一人で行う内容ですから、それぞれのポストに広告を入れながら、色々なことを考えてしまうかもしれませんね。

交通量調整

交通量調整というバイトもあるようです。

混んでいる道で交通整理をしたり、工事の時に交通整理をするというのが、このバイトの内容です。

何となくプロの警備員が行っているような印象もあったかもしれませんが、実はこういった交通量整理ではバイトも多く活躍しており、誰にでもできる内容だったというのは驚きですよね。

事故が起きないようにしっかりと自分が責任をもってしなければいけない大変さもありますが、道路に立って流れを調整しているのがだんだんと楽しくなってきたという声もあるようです。

撮影エキストラ

撮影のエキストラはとても人気が高い仕事ですし、こちらもすぐに申し込まなければすぐに埋まってしまうでしょう。

撮影のエキストラは生で芸能人を見るチャンスですし、うまくいけば自分が少しくらいは映っているかもしれません。

そう考えると、憧れの世界を垣間見ている気分になって良いのではないでしょうか。

華やかな世界に憧れている方は、ぜひエキストラでその世界を味わってみて下さい。

エキストラとは言え、現場の雰囲気を味わうことは自分の人生にとっても良い経験になることに違いありません。

憧れの人を近くで見るチャンスもあるかもしれないですし、そういった意味でもおすすめのバイトですね。

テスト監督

大学生に募集がかかることが多いのが、テスト監督のバイトなのではないでしょうか。

模擬試験や色々な資格試験の監督と言うのは基本的に日雇いのバイトであることが多いですね。

このバイトは仲介会社に登録しているとメールが来るので、それを通じて応募することになります。

人気のバイトなので、すぐに申し込まなければ、すぐに埋まってしまうでしょう。

テスト監督は立っているだけの仕事であることが多いですが、ずっと立ち続けていなければいけないバイト内容のこともありますので、それが辛いという声もあります。

座って行うことができれば良いですが、立ち続けている場合には、足や腰に限界が来ることも珍しくないようです。

また、テスト時間の間には何もできないというのもストレスになるようですね。

暇で眠くなっても寝ることができないのが、かなりつらいという人もいるようです。

それでも時給が高いというのが魅力的なところでしょうか。

日雇いで稼ごう!(まとめ)

いかがでしたか?
日雇いのバイトという表現は今ではあまり効かなくなってしまいましたね。

どちらかと言うと「超短期バイト」などの表現をされることが多くなっているように思えます。

これらのバイトは基本的には募集の際にも継続的なバイトとは異なるページに掲載されることが多いはずです。

また、インターネットなどでも募集がかかることもありますし、仲介会社に登録しておくと、それらがお知らせできますので、そういったものを利用すると良いでしょう。

日雇いバイトで働くのは、仕事を見つけてさえしまえば難しいことではありません。

ただし、仕事は取り合いの形になりますので、条件の良いものが見つかったらすぐに応募しなければいけません。

ある意味で、とてもバイタリティが高い人でなければ、日雇いバイトをいくつも行って稼ぐことができないかもしれません。

それでも色々な経験をできるというメリットはありますし、楽しいという印象を持っている人がいることを考えると、一度は経験しておきたいという人も少なくないのではないでしょうか。

長期で継続して行うバイトよりも、実はそういったものの方が楽しいという人もいますので、ぜひ一度は自分で経験してみてください。