日常生活を送っているとどうしても時には腹が立ってしまうような事がありませんか?

例えばプライベートで休みの日に何かをしている時などに相手の態度や言動などに腹が立ってしまったりするような場合や、会社で勤務している時に関わった相手に対して腹が立ったりなど、日常生活で気分を害する時は様々な事があると思います。

生きているとしょうがない事ですが、出来れば腹が立つような事などは避けたいですよね。

しかし、避けたいと思ってもどうする事も出来ない場合もありますので、いかにそのような局面に立たされた時にどう立ち振る舞うのかという事が大事になります。

ちなみに、腹が立った時には様々な言葉でその状況や怒りを表現する事が可能なのですがそんな言葉のひとつに憤慨という言葉があります。

意外と憤慨するという言葉は知られていなかったりして意味が通じなかったりする場合もあるのですが、言葉を正しく理解しておかないと時に恥ずかしい思いなどをしてしまったり、相手から下に見られてしまうような事などもあります。

どうしても日常的に使っている言葉ではない場合は意味などが薄くなってしまい、意味や使い方などを忘れてしまう場合などもありますので、この機会に憤慨という言葉の意味や使い方などを改めて知る機会として利用してください。

なので今回は憤慨という言葉をテーマにして憤慨という言葉の使い方や類語についてご紹介していきます。

憤慨ってどういうこと?

憤慨という言葉は知っている人は知っているのですが、知らない人は全くわからない様な言葉でもあります。

何故かと言えば憤慨という言葉がかなり漢字が難しい言葉になっていますので、漢字の意味どかわからないという理由がかなり多いです。

しかしきちんと意味を理解していればそこまで難しい意味合いにもなりませんし、意味から漢字などもある程度想像できるようになったりします。

大抵の漢字は意味から漢字が成り立っている場合が多いので、まずは意味を正しく理解した上で漢字なども関連付けて覚えるようにすれば記憶に定着します。

なので、まずは憤慨という言葉の正しい意味を理解するところから初めていただく必要性があります。

憤慨の意味

憤慨という言葉の意味ですが、先ほど口頭でもご紹介した通り基本的には怒りの感情を表すときに用いられる言葉としても知られています。

私たちは日常生活で相手や自分、もしくは環境などに対して強く怒りを感じるような場面があると思います。

そのような時に使う事が出来るような言葉でありますが、どちらかといえばこの言葉は日常生活の中ではそこまで聴く頻度は少ないかもしれませんね。

実際に自分がこれまで生活してきた中で憤慨という言葉を聞いたことがある方はあまり多くはないと思います。

それよりもどちらかといえば何らかの文献や本などで見かけたりする様な言葉である場合が多いと思います。

しかし時には日常生活で用いられることももちろんないとは言えませんので正しく理解しておけば必ず役に立ちますので、まずは憤慨という言葉の基本的な意味合いについてご紹介しますので、この機会に正しくインプットしておいてください。

ひどく腹を立てること

まずはじめにご紹介する憤慨という言葉の意味は「ひどく腹を立てること」というような意味合いを持っています。

これは先ほどから何度もご紹介している通り相手や自分、そして環境など様々な事に対して怒りの感情を持っている時に使われるような言葉です。

例えば他人の何気ない言葉に対して強く怒りを感じる場面もあったりしますし、自分が不甲斐ない様なことをしてしまった時に強い怒りを自分に対して感じる場合もありますし、なぜ自分がこの様な不遇な状況に陥ってしまっているのかその状況に対して腹を立てたりすることがあると思います。

その様な時に憤慨という言葉を使って表現することができ、怒りの感情を表すことができます。

しかし先ほどもご紹介した通り何かしらのことに対して怒りの感情を感じてしまった場合は日常生活においてはあまり憤慨という言葉は使わないと思います。

なぜならばあなたが怒った時の事を考えてみてください。

おそらく怒った時には「むかつく」とか「腹立つ」というような言葉を遣ったりする事の方が多かったりしませんか?
なので日常生活においてはそこまで利用される事がないのでいざ使われた時に一瞬意味を戸惑ってしまうような状況になってしまっているのです。

憤慨という言葉を使う場合はどちらかといえばある程度落ち着いた年齢の方が用いる場合などが多かったりする事が多いので、なおさら若い年代の方は知らないような言葉になるかもしれませんね。

しかしこの機会に憤慨という言葉を知っておけば活用できる場面も増えますし、冷静な大人の雰囲気を与える事もできますので、憤慨という言葉を理解するとともに言葉から相手に与えるイメージについてもある程度想像しながら使う場面を想像してみるとより視野が広がった言葉遣いができるようになるはずです。

けしからぬ事に対していきどおりなげくこと

次にご紹介する憤慨という言葉の意味は「けしからぬことに対して憤りなげくこと」という意味合いを持っています。

憤慨という言葉を知らない方からすればこの意味に関してはちょっと理解するのが難しいかもしれませんね。

まずこの言葉の意味を知る前にそれぞれの言葉の意味を改めて理解しておく必要性があります。

まず「けしからぬ」という言葉ですが、この言葉は「道理や礼儀に外れていてよくない、、無礼な、不都合だ」というような意味を持っています。

そして「なげくこと」という言葉の意味は「現在の状況や最近起こった事態などに対して悲しく思い、それを口に出して言う、ひどく悲しむこと、溜息をつく、心から切に願う」というような意味を持っています。

これらを把握した上で本来持っている意味を考えてみると、意味としては「無礼な事に対してひどく悲しむこと」というような意味を持っていると考えることが出来ます。

つまり、相手に対して無礼な事をされたりしてこちらがひどく悲しい思いをしてしまった時には憤慨という言葉を使ってその状況や心情を表現することが出来るという事です。

おそらく憤慨という言葉を知っていたとしても先ほどご紹介した意味ばかりが先行してしまっており、このような別の意味を理解している方はあまりいないと思います。

しかし言葉についてよく知っておけばこの様な少し違ったニュアンスの意味合いも理解することが可能になります。

様々な意味が存在するということを理解し関連付けて覚えておけばより頭の中にインプットすることが可能になりますので、この様な意味も存在すると言うことを理解しておいてください。

激しい怒りの感情を抑えられない状態


次にご紹介する憤慨という言葉の意味は「激しい怒りの感情を抑えられない状態」という意味です。

この様にして考えると、今ご紹介した3つの意味はどれもある程度共通した意味合いを持っているということがわかりいただけたと思います。

そこまで大きな違いはないにしても若干程度意味が違っているというくらいの認識を持っていれば間違った認識にはならないはずです。

3番目のこの意味に関しては相手の行動や言動や自分自身に対して、もしくは今の現在の状況などに対して怒りを感じそれを抑えられない状況を示しているので、抑えきれないで今にも爆発してしまいそうなほどの状況を表しています。

若干程度他の意味よりも怒りのボルテージが上がっている状況などを示していますが、一般的にはかなり怒っている様な状況としてひとくくりにされて用いられていることがほとんどなので若干の違いについては少し意味が違う使い方もできるんだというくらいの認識を持っておいてください。

ややかしこまった言い方

憤慨という言葉についてはどちらかといえば比較的冷静な状況で使われたりする様な言葉だったりする認識を持っている方も多いと思います。

実際に憤慨という言葉は怒りという言葉の中でもある程度をかしこまった言い方である印象を受ける方が多いと思います。

例えば先ほどご紹介したように「むかつく」「腹が立つ」という言葉よりも「憤慨」という言葉の方がかしこまった印象を持つ方はたくさんいるはずです。

なので怒りを感じている中にもある程度落ち着いて状況を把握しているという様なニュアンスの違いを受け取ることが可能になります。

もちろん相手に対して腹が立っている状況は変わりないと思いますが、かしこまった言い方をしているが相手に対して与える印象としてはまだ子供っぽくなく大人っぽいよな印象を与える言葉にもなります。

同じ言葉の意味を使っていても別の言葉を使って表現するだけで相手に与えられる印象は全く違うということを理解しておけば、その状況その状況で適切な言葉遣いが出来る様になりますので、言葉の選び方なども勉強できる機会になるということを踏まえて憤慨という言葉を知るようにしてください。

新聞やニュースなどで見かける

先ほどご紹介した様に憤慨という言葉はどちらかといえば現実の世界や日常生活の中で聞いたりすることはあまり多くはありません。

おそらく怒りを感じた時にはそれ以外の言葉を使って表現したりすることが多くなるので、新聞やニュース若しくはインターネット上などで用いられることの方がはるかに多いです。

なのでその様な様々な媒体でこの言葉が使われている文章を確認した時に意味が理解できなければ、何を伝えたいのかが全く理解できずに間違った意味合いとして認識してしまう可能性もありますので、よく意味を知っておけば言葉の意味を間違えて受け取ることもなくなりますので正しく意味や使い方などを関連付けて覚えておく事をおすすめします。

憤慨の使い方

ここまでは憤慨という言葉の基本的な意味であったりどの様な印象の言葉なのかということをご紹介していきました。

ここまでで紹介した内容を踏まえるとある程度憤慨という言葉の全容が理解頂ける様になったと思います。

しかし実際に憤慨という言葉を使って何かしらの話をしたり文章に書いたりする時には意味を知っているだけではまだマスターしたとは言えません。

意味を知った上でその憤慨という言葉がどの様な使われ方をするのかという様々な使い方などについても把握しておく必要性があります。

そして憤慨という言葉は似たような表現もたくさん存在していますので、それらの言葉の違いについてもある程度知っておく必要性があります
なのでまずは憤慨という言葉の基本的な使い方についてここからはご紹介していきたいと思います。

例文を交えた方がでそれぞれ意味を解説しながらご紹介していきますので参考にしてみてください。

身勝手な行動に憤慨する


まずはじめにご紹介する憤慨という言葉の使い方については「身勝手な行動に憤慨する」という例文が存在します。

この例文に関してはある程度憤慨という言葉の意味を正しく理解しておけばそこまで難しい例文にはならないと思います。

まずは憤慨という言葉がどの様な意味を持っていたのかもう一度思い出していただきたいと思います。

憤慨という言葉には「①ひどく腹を立てること②けしからぬ事に対していきどおりなげくこと③激しい怒りの感情を抑えられない状態」という意味が存在しています。

なので、この言葉の中で適切な意味を選んで考えてもらえれば理解いただけると思います。

大体ほぼ同じような意味になっていますので、その場合でも通用はしますが、一般的に理解されている意味としては「身勝手な行動にひどく腹を立てること」というような意味として解釈する事が可能です。

例えばあなたもこれまでの人生で誰かに対してひどく腹を立てて怒りの感情を感じた経験があると思います。

だいたい相手に対して怒りの感情を感じる場合は、相手が行ってきた行動に対して怒りの感情を持ったりすることが多いです。

特に相手が無神経なことをしてきた場合や、こちらをバカにしてきたり、周りのことを考えずに身勝手な行動をとっている姿を見て怒りの感情を覚える場合が多いと思います。

なのでその様な状況で相手に対して怒りの感情を持ってしまった場合は憤慨という言葉を使って、身勝手な行動に対して憤慨したという例文を用いることが可能になります。

彼は何かに憤慨している

次にご紹介する憤慨という言葉の使い方については「彼は何かに憤慨している」という例文が存在します。

この例文についても憤慨という言葉を正しく理解しておけばそこまで難しい例文にはなりません。

このレベルの意味としては「彼は何かに対してひどく腹を立てている」と解釈することができます。

日常生活において何かしらのことに対して腹が立ったり怒りの感情を持ったりすることはよくあることです。

しかしながらいちいちそれを表に出しているときりがありませんし、時と場合によってはその怒りの感情は強く我慢をしなければいけない様な状況も存在しています。

しかしながらなかなか怒りの感情を何事もなかったかの様に隠したりするのは簡単な事のようで実はかなり難しいことでもあります。

その様な時に隠そうと思っても隠せずに表情や仕草などでそれが周りの人にわかってしまった場合にこの様な例文を用いることが可能になります。

ひどく憤慨している様子だ

次にご紹介する憤慨という言葉の使い方については「ひどく憤慨している様子だ」という例文が存在します。

この例文についても単純な解釈で意味を理解することが可能になりまして、意味としては「ひどく腹が立っている状況だ」もしくは「ひどく激しい怒りの感情抑えられない状態だ」というような表現で理解する事が出来ます。

どちらにしてもそこまで意味は大きく変わりませんし、腹が立っている状況に変わりはありませんのでどちらでも解釈のしようがあります。

あからさまに周りから見て何かに対して怒りを覚えている様な状況の時に使うことができる言葉です。

憤慨して帰ってしまった

次にご紹介する憤慨という言葉の使い方については「憤慨して帰ってしまった」という例文が存在します。

この例文に関しても簡単に訳すことが可能になり、意味としては「腹を立てて帰ってしまった」という様な意味合いで解釈することができます。

よく相手に対して怒りの感情を持ったりした時に一つの行動としてその場から逃げる様に帰ってしまう様な対応をとってしまう方が存在します。

これはいわゆる仕方ない行動の一つにもなり、一種の防衛反応が働いてると考えることもできます。

自分を守るためにその場から姿を消すことによって冷静な自分を取り戻そうとしていたり、その場にいてしまうと相手に対して暴力をふるってしまう可能性があるので、相手が見えない場所に移動しようとしている様なことが考えられます。

その様な時にこの様な例文を用いることが可能になります。

憤慨の言葉をもらす

次にご紹介する憤慨という言葉の使い方については「憤慨の言葉をもらす」という例文が存在します。

この例文に関しては意味は「激しい怒りの感情を表した言葉をもらす」というような意味として解釈することが出来ます。

この例文に関しては少し受け止め方や解釈の仕方が難しかったりする場合がありますが、その理由としては憤慨という言葉の意味をそのまま当てはめようとした時に適切な言葉が用意されていないということが挙げられます。

しかしながら憤慨という言葉の意味を正しく理解しておけばある程度言葉のニュアンスからどの様な意味を表しているのかということは次第に分かってくると思います。

憤慨という言葉は基本的には怒りの感情を表してる言葉になりますので、憤慨の言葉といえば怒りの言葉と解釈することができますので、ある程度のニュアンスや意味を理解しておけばそこまで難しい言葉でもありません。

なのである程度想像力を働かせながら言葉の意味を理解することも時には求められるので注意してください。

そんなことで憤慨しても意味がない

次にご紹介する憤慨という言葉の使い方については「そんなことで憤慨しても意味がない」という例文が存在します。

この例文に関しては解釈はとても簡単です。

この例文の意味としては「そんなことで腹を立てても意味がない」というような意味で解釈することが出来ます。

時には相手や自分、そして環境などに対して腹を立ててもどうしようもないような事もありますよね。

例えばそもそも気にしたり考えたりしたところでその状況が変わるわけではないということや、あまりにも一般的に考えて取るに足らない様な出来事であった場合などがあると思います。

そのような時に使われる例文として解釈することができます。

しかしながら人によって価値観というのは違うものなので、時と場合によっては相手の気持ちを考えられない様な発言につながりかねませんので、使う時にはある程度注意しておく必要性があります。

憤慨して涙が出てきてしまった

次にご紹介する憤慨という言葉の使い方については「憤慨して涙が出てきてしまった」という例文が存在します。

この例文に関しては単純に「腹が立って涙が出てきてしまった」という様な意味として解釈することができます。

誰しもがこれまでの人生で一度は経験したことがあると思いますが、基本的に相手や自分、環境などに対して怒りの感情を持ってしまった時にあまりにも強い怒りを感じてしまった時には自分自身でも驚いてしまうほど涙が出てきてしまう様なことがあると思います。

ちなみにこの作用に関してはある程度理由などが判明しており、怒りの感情に限らずに悔しい時などに関してもいわゆる感情が高ぶった時に関しては落ち着かない状況になってしまうはずです。

なので精神的に緊張したり落ち着かない様な状況になってしまった時には人間の体の交感神経が刺激されてしまうことによって涙が出てくると言われています。

当然ながら涙を流すことに抵抗がある人もいると思いますので、その様な時には深呼吸をしたり、自分の感情と正しく向き合ったりする事によって涙が抑えられる場合がありますので、少し工夫をしてみると良いでしょう。

この様に自分の感情が高ぶってそれが起点になって涙が出てきてしまう時に表現される様な言葉でもあります。

憤慨の類語

ここまでは憤慨という言葉の使い方についてある程度例文を交えてご紹介していきました。

例文を交えながら意味を理解していただければある程度憤慨という言葉の使い方をマスターいただけたと思います。

しかし最後に注意していただきたいのが憤慨という言葉に関しては他に同じ様な意味を持っている言葉がたくさん存在しています。

そもそも同じ様な意味を持っていることがたくさんあるからこそ日常生活ではそれ以外の言葉が使われているという状況が発生しています。

なので似ている言葉、つまり類語に関してある程度理解してその意味の内容なども区別しておくことによってより上手に言葉の選択ができる様になり話が上手にできる様になります。

言葉はたくさん存在しており、その場その場で適した言葉を選択するという事はいわゆるセンスが問われる様なことにもなります。

しかしセンスとは生まれ持ったものではなく、様々な知識や経験を糧にしてたくさんの引き出しを作ることによって生み出すことができる後天性のものです。

なのでたくさんの言葉を知り自分のセンスを上げてより話が上手な人間になれる様に似ている言葉に関してもある程度知識を身につけておいてください。

怒る

まずはじめにご紹介する憤慨という言葉の類語については「怒る」という言葉です。

おそらく日常生活なので憤慨という言葉が当てはまる場面で使用されるのはこの言葉である可能性がとても高いです。

そもそも憤慨という言葉がこの言葉を表して表現されているという風に認識することも可能になりますので、当然ながら怒るという言葉を普段から使っている方のほうが多いはずです。

では改めて怒るという言葉はどの様な意味を持っているのかと考えた時に、怒るという言葉は「腹を立てる、激しく動く、荒れ狂う、角ばってごつごつしている」というような意味を持っています。

なので怒るという言葉の基本的な意味の中に腹を立てるという言葉が存在していますので、この二つの言葉はほぼ同じ意味で似ている意味であると解釈することができます。

しかし怒るという言葉の意味の中にはおそらく自分自身が認識している意味以外にも新しく知るような意味が存在しているはずです。

この様に似ている言葉を知る過程の中で今まで知らなかったような新しいことを知れる様なチャンスがまだまだたくさん存在しているはずです。

このように新しい知識を連鎖的に結ぶ付けていきながら理解していくととても暗記もしやすいと思いますので、様々な事をインプットするようにしてください。

腹をたてる

次にご紹介する憤慨という言葉の類語については「腹をたてる」という言葉です。

この言葉に関しても日常生活で憤慨するという言葉の代わりに多く使っている場面があると思います。

そもそもこの言葉に関して意味を考える前に、先ほどご紹介した怒るという言葉の基本的な意味の中に腹を立てるという言葉が存在していますので、この時点で憤慨という言葉と腹を立てるという言葉がほぼ同じ意味であるという方程式が成り立っていますね。

しかし念のために腹を立てるという言葉の基本的な意味について理解していきましょう。

腹を立てるという言葉の意味には「怒る、立腹する、物事に不平や不満、焦りなどを覚えるさま」という意味を持っています。

なのでこの時点で憤慨=怒る=腹を立てるという言葉の図式が成り立ちますね。

腹を立てるという言葉の中には単純に怒りの感情以外にも、不平不満や焦りなどの感情も入り混じっているという事がお分かりいただけたと思います。

このような本来認識している以外の言葉の意味もこの機会に覚えてみると面白いと思います。

憤る

次にご紹介する憤慨という言葉の類語については「憤る」という言葉です。

憤るという言葉は憤慨の憤という言葉が混じっていますので、漢字が似ているという事は意味も似ていると推測することが可能になります。

その点を考慮した上で憤るという言葉の意味を見ていくと、意味としては「腹を立てる、不満を抱く」という意味を持っています。

腹を立てるという言葉の意味が混じっていますのでこれまでにご紹介していた言葉と全て同じ様な意味合いであると解釈することができます。

しかし中には不満を抱くという言葉の意味を持っていますので、その点を考慮すると先ほどご紹介した腹を立てるという言葉と少し根本的な意味が似ている言葉であると解釈することができます。

しかし、不満を抱いたときはその不満を抱いたものに対して怒りの感情を持ったりすることがほぼ同じ割合で存在すると思いますので、結局すべての意味と似ていると考えてもおかしくはなりません。

激昂する

次にご紹介する憤慨という言葉の類語については「激昂する」という言葉です。

激昂するという言葉に関してはあまり一般的に知られていない場合が多いかもしれませんね。

激昂するという言葉自体が少し難しい漢字をしていますので、そもそも読み方自体がわからないという方もいるかもしれません。

激昂するという言葉は「げきこう」するという読み方になり、激昂するという言葉の意味は「頭に血が上った様になって心身が正常の状態でなくなること、感情がひどく高ぶること、ひどく怒ること」というような意味を持っています。

難しい漢字を使っていますが意味としてはそこまで難しいものではありません。

基本的に激昂するという言葉は怒りの感情を表すときに用いられる言葉であり、憤慨するという言葉のひどく腹を立てることという言葉の意味と似ていると解釈することができますので、憤慨という言葉と激昂するという言葉は似ている意味として解釈することが可能になります。

どちらかといえば怒りの感情をかしこまった言い方に変化させている節もあるので、その点ではほかの言葉よりも憤慨という言葉に近づけたような言葉であると解釈する事もできます。

このように言葉のちょっとしたニュアンスや受け取るイメージの違いなども理解しながら学んでいくとより理解度が増していくと思いますよ。

憤慨の正しい使い方を覚えよう

今回は憤慨するという言葉をテーマにして憤慨するという言葉の使い方であったり、憤慨という言葉の意味、憤慨という言葉に似ている言葉についてご紹介していきました。

たった一つの言葉に関してもこの様に掘り下げて様々なことを考えていくうちに様々な新しい発見に結びつける事が可能になったと思います。

この様に掘り下げて物事を様々理解して行けばたくさんの知識を身につけるチャンスが巡ってくると思いますので、正しい使い方だけでなくその他の言葉の様々な見識を深めるという意味でも今後新しいことや知らないことについてはどんどん入っていく姿勢を大切にしてみてください。

様々な知識を身につけてより今の状態からレベルの上がった適切な会話を行える様になれば必ず身の回りにいる人間から今までとは違った雰囲気を感じ取ってもらえるはずです。

様々な知識を増やしてセンスのある言葉の選択をできるようにしてみてください。