あなたは、フラッシュモブって知っていますか?

フラッシュモブとは、急に不特定多数の人が踊ったり歌ったりのパフォーマンスをはじめること。

そしてその行為が終わった際には、なにごともなかったかのように解散するものです。

他人がやっているフラッシュモブに出会うと、とても感動しますよね。

それに「自分もフラッシュモブでプロポーズされたい!」なんて思っている方もいるはず。

でもフラッシュモブってそもそも何かを知っていますか?

この記事では、フラッシュモブについて詳しくご紹介します!

また、フラッシュモブとはどんなときに行われるのか、また一般的にはどう思われているのかもお伝えしていきますね♪

フラッシュモブってなに?

あなたは、フラッシュモブを見たことがありますか?

動画サイトなどで検索をすれば一発で見ることができます。

何もない平和な日常のシーンに急に、少ない人から順々に多い人までもが踊ったりうたったりするパフォーマンスのことです。

そのため、何もしらない人にとっては「いったい何がおきたの!?」なんてビックリすることも。

また、このフラッシュモブを使って何かのお祝いをしたり、プロポーズをするというカップルも増えているんですよ!

実際に筆者も神奈川県にある八景島シーパラダイスでこのフラッシュモブプロポーズを見ました。

とても感動的!筆者のように感じている人は多いものの、その実態を詳しく知らない人が多いはず。

あなたは、フラッシュモブはなにかと聞かれて相手が納得できるように説明できますか?
まずは、フラッシュモブとはどういうものなのかを確認しておきましょう。

突然始まるパフォーマンス

フラッシュモブは急にパフォーマンスが始まります。

イメージするのであれば、東京ディズニリゾートのパレードのクライマックス、USJの盛り上がっているパレードのようなものが、何も予告ナシに急に始まるんです!

そのため、何も知らない人にとってはびっくり仰天たまげることになります。

では、突然始まるパフォーマンスにはどんなものが含まれているのかをチェックしましょ!

フラッシュモブでは、歌をみんなで歌うパターンが多いです。

しかし、歌を歌わず音楽を流すだけして流してフラッシュモブを行う場合もあります。

歌は、最初は一人だけが歌い、そして次に2,3人が加わって歌い、さらにはフラッシュモブに参加するすべての人が歌に参加するようになります。

そのため、大きな合唱になるので遠くにいる人でも「何かやってるぞ!」なんて野次馬が始まることも。

これらの人々はネットなどで呼びかけて集まり、最初で最後の本番。

練習ナシで行っていることが多いんです。

それでも一体感を出す合唱は感動モノ。

ダンス

フラッシュモブといえばダンス!

最初は、数人が踊っていたけれども歩いていくうちにまるでミュージカルの世界にいるかのように、さまざまな人たちがダンスをしていきます。

それは、見ている人の心をウキウキさせてくれるもの。

また、そのダンスの一体感は歌以上にスゴイ!本当にまるでUSJや東京ディズニディゾートのパレードを見ているかのような気持ちにさせてくれるんです。

演奏

フラッシュモブでもこっているものでは、生演奏が始まることも。

急に楽器を持った人たちがあらわれて、演奏を始めるんです♪

これは何かに授賞式だとかお祝い事にはとても多いサプライズですね。

この日にためにしっかり練習してきた人たちなので、さらに迫力もスゴイことに。

参加者は歩行者やお客さんのフリ

フラッシュモブって最終的には、たくさんの人々が踊ったり歌ったり、演奏したりしていますよね。

しかし、最初はほんの数人しか歌ったりしていません。

それに、その踊りだした人をみて当然のように”驚いているふり”をしている人もフラッシュモブの仕掛け人なんて普通のこと!そうなんです。

フラッシュモブの参加者は、歩行者やお客さんのフリをしているんです。

そのため、本当にターゲットにされている人はなにがなんだか分からない状態に。

しかし、そんなカオスな状態がすばらしいパフォーマンスの仕上げをしてくれるんです♪

とあるタイミングでパフォーマンス開始

フラッシュモブってどんなときに始まるか知っていますか?

実は、何かしらのタイミングでスタートさせることを約束していることが多いんです。

例えば、ある人(フラッシュモブをスタートさせる役割の人)がバク転をしたら、タンバリンをたたいたら、歌いだしたら…などなど一見「変なの~」といいたくなるようなもの。

そのサインをキャッチした、その人の近くにいる参加者が加わり、それをみて少し遠くの人が加わる・・という構図になっています。

最近よくおこなわれているプロポーズのフラッシュモブでは、プロポーズをする新郎が歌いだしたり、ダンスしたりなど何かしらのアクションをとり始めるのが多いようです。

フラッシュモブの目的

フラッシュモブって見ている人だけではなく、参加している人にとって楽しめるイベントごとですよね。

しかし、どうして人々はわざわざ目立つようなフラッシュモブをおこなうのでしょうか。

実は、フラッシュモブをおこなうにはそれぞれの目的があるんです!

さきほどお伝えしたプロポーズなどのお祝い事もそうですし、そうやって大きく伝えることによってメッセージ性を強くする意味があるんですね。

では、詳しくフラッシュモブがどんな目的を担っているのかを確認していきましょう。

注目を集める

フラッシュモブって始まればさまざまな人の目線を奪ってしまうものですよね。

そのため、注目を集めるためにわざわざフラッシュモブをおこなう人たちがいます。

今では、個人であってもスマホやデジカメで録画した映像を好きなときに好きなだけインターネット上にアップロード可能ですよね。

それに「イイネ」がつけられて、相対的評価がされやすい現代。

だからこそ、自分が人気になりたいから、私たちはこんなことができるんだぞなんてことを伝えるために、フラッシュモブをおこなっている人もいます。

フラッシュモブに参加したことがない人にとっては、「どうしてあんなに恥ずかしいことができるんだろ」なんて思うかもしれません。

でも実際にやれば「人からの目線」がとっても気持ちよく感じるんですよね。

注目されるのってイイものです。

感動サプライズ

こちらは何かのお祝いなどをメインにするときにフラッシュモブをすることがあります。

例えば、この記事で何度も登場していますが”プロポーズ””昇進のお祝い””転職””結婚”のお祝いなどになります。

そのため、感動サプライズのフラッシュモブにはそのターゲットとなる人の知り合いが多く参加していることが多いです。

注目を集めたり、人を楽しめるためにおこなっているフラッシュモブというのはネットなどで参加者を集っていることが多く、まったく知らない人どうしがフラッシュモブしているんですよね。

でも感動サプライズフラッシュモブでは、やはりそのターゲットをよく知るものがフラッシュモブすることによって、お祝いのきもちを伝えることができますし、ターゲット側もとてもうれしいですよね。

メッセージを伝える

何かのメッセージ、例えばお祝いの言葉もそうですし、激励の言葉もそうです。

それらを伝えるときには、そのメッセージにあったメロディや音楽、ダンスなどでフラッシュモブを行います。

そして、メッセージを伝えるんです。

それはいつもがんばっていてなかなか報われない方への激励かもしれません。

いつもがんばっている人に対する感謝の気持ちかもしれません。

また、これからもがんばりましょうという言葉かもしれません。

人それぞれですが、フラッシュモブでは注目を集めるだけではなく心も奪ってしまうのでメッセージを伝えやすいという利点があります。

人を驚かせる


フラッシュモブは、急にさまざまなところで歌いだしたり、ダンスを始めますよね。

そのため、人を脅かせるにはピッタリ!

友人には内緒で自分だけフラッシュモブに参加することにしておいて、いざフラッシュモブがはじまると自分も驚いているようなフリをして急にフラッシュモブに加わる。

友人だけではなくそばにいた他の人までビックリしてしまいますよね!それに人間ってどこかで非日常を求めているもの。

だからこそ、脅かせるのは悪くないですし楽しいんです。

人を楽しませる

フラッシュモブの最終的な目標とは、どんな場合であっても人を”楽しませる”ことかもしれません。

フラッシュモブはリズミカルな音楽にあわせてダンスしたり、歌ったりしますよね♪それってまるでパレードをみているようで、見いている人って見ているだけで心がワクワクするものなんです。

暗いニュースがとびかう現代だからこそ、そうやってフラッシュモブをすることによって、多くの人に楽しさと元気を与えることができるんですよね♪

フラッシュモブの例


あなたは、フラッシュモブときいてどんなものをイメージしていますか?

これまでの記事のなかに、激励するときだとかプロポーズするときだとか少しだけ例をだしたので、それがイメージになってしまっている方もいるでしょう。

しかし、フラッシュモブをするには、どんなことでも目標・目的にしていいんです!これまでに実践されたことのあるフラッシュモブのなかから、大きくジャンルわけにしました。

「告白やプロポーズ」「ありがとうの感謝の気持ち」「おめでとうのお祝いのきもち」「娯楽という楽しんで欲しいきもち」に大きくわかれます。

それぞれのフラッシュモブには、どんな特徴があるのかをチェックしていきましょう。

告白やプロポーズのフラッシュモブ

告白やプロポーズのフラッシュモブの典型的なパターンは、「いつものデート」から始まります。

いつものように待ち合わせをして、食事をしたり、会話を楽しんだり、遊んだりする。

そのデートの最後に、急に男性が踊りだします。

また、女性がサプライズをおこなう場合は女性が踊りだすことも。

その姿に、相手はビックリしてしまいますよね!

だって今まで普通に会話をして一緒にすごしていた人が、突拍子もなく踊りだしたり謡ですのですから。

しかし、それがフラッシュモブのスタート合図になり、さまざまな方がダンスや歌を歌いながら近づいてきたり、二人の間を囲んでくれるようになります。

そして、最後になるとその計画者が相手に告白やプロポーズをする・・・というもの。

既にフラッシュモブが始まった時点で告白・プロポーズされる側は「何か起こる」ということが分かりますが、そのドキドキしたきもちと一緒にフラッシュモブを楽しむことができるんです。

また、テーマパークなどにあらかじめ相談をしておけば、フラッシュモブをするエリアだけフラッシュモブで使う音楽をスピーカーから流してくれることも。

ありがとうのフラッシュモブ

何かお礼のきもちを伝えたいとき、いつものようにその相手との食事などを済ませ…るかとおもいきや、そのレストランの中のお客さんがみんな踊りだしたり、買い物に来たお店のお客さんや店員さんが踊りだしたり。

そして、その計画者も一緒に踊ったり歌います。

そのときのメロディは、ターゲット相手の好きな音楽だったり、”ありがとう”の気持ちを歌っている歌が多いよう。

また、フラッシュモブの最中に計画者がお手紙などを読み上げて花束とプレゼントを渡すなんていうものよくあります!

プロポーズとは違って、一人だけではなく団体を対象にすることも。

おめでとうのフラッシュモブ

結婚や婚約祝い、出産祝い、誕生日のお祝いなどなどおめでとうのきもちをあらわしたいシーンってたくさんありますよね。

そんなときにフラッシュモブを使います♪

某有名自動車会社では、「母親記念日」なんていって出産を経験したお母さんを対象におめでとうのフラッシュモブキャンペーンをおこなっていました。

それだけではなく、転勤がきまったとき、部署異動がきまったとき、留学がきまったときなどそれらの仲間たちがつどい、フラッシュモブをおこなうことも。

そのとき、必ずおめでとうを伝えるためにあらかじめ集まっていることが大前提。

ですが、なかには何も伝えずにそのことをなかなか理解できないターゲットも。

すぐに理解できる・できないにしろ、こうやって大勢の方におめでとうなんていってもらえることは、なかなかないですよね。

そのため、感動で涙を流す方もいます。