あなたは流行という言葉を聞いたことがありますか?

おそらく誰でも知っている言葉だと思いますが、世の中は常に様々な流行が存在しています。

流行はその時々において世の中全体で流行っている、若しくはある地域でより浸透しているものだと考えられます。

一般的にそれは集団において指し示す言葉ですが、個人的な流行に関してはマイブームという言葉も存在しています。

世の中全体を見てみると常にたくさんの流行が存在していることが分かると思います。

例えばそれはファッションであったり、物、音楽、人間、そして言葉など時には様々な場合が存在しています。

あなたの周りでも今話題になっていることが一つぐらいはあると思います。

特に若い年齢に関しては流行に敏感であり様々な流行を取り入れることが一つのステータスにもなっている場合があります。

しかし流行には当然ながら終わりが存在しています。

いつまでも同じ様な事がずっと流行り続けるというのはあり得ないですよね。

これまでの時代を考えてみると今では考えられない様なことでも流行っていたりするなど流行というものはとても面白いものです。

そしてそれと同時に懐かしいものでもあり、昔は流行っていたものなどを見つけたりすると懐かしい気持ちに駆られると思います。

今回は流行という言葉をテーマにして昔は流行っていたのに流行が終わってしまったものについてご紹介していきたいと思います。

終焉は必ずやってくる


流行という言葉を使うのであれば必ず終焉という言葉もくっついてくると思います。

それは、いつまでも流行り続けるものなどは存在しないので必ず終わりがやってくるということです。

あなたもこれまでの人生を考えてみて流行ってきたものやそれが終了してしまったものを考えてみてください。

おそらくたくさんの流行りが終わってしまった経験をしていると思います。

そもそも継続して流行り続けるということ自体が難しい話なので、だからこそ流行りという言葉が使われているのですが、永遠に流行り続けるのであればそれは一時の流行りではなくなってしまいますよね。

しかしだからこそ面白みがあると言っても過言ではありません。

一時の流行りであったとしてもその時確かにそれが流行っていたという事実があれば懐かしみ、思い出として残りわけなのでそれを忘れるという事にはつながらないからです。

流行が終わってしまったものに関してご紹介して行く前にまずは終焉という言葉について簡単に理解していただきたいので、終焉という言葉がどういう意味を持っているのか、どういう意味で使われるのかという事を簡単にご紹介していきたいと思います。

終焉とは

おそらく日常的な会話の中で終焉という言葉を使うことはあまりないと思います。

日常的に本などをよく読んだりする様な方や、文献などを見たりすることが多い方にとっては見慣れている言葉かもしれませんね。

しかし日常会話ではあまり使われないので意味を知らない方だったり初めて終焉という言葉を聞くという方もいるかもしれません。

終焉という言葉には私たちが一般的に知っている意味以外にもたくさんの意味が存在しています。

なので、ご紹介する意味の中には知らなかった意味が隠れていたという事もあると思います。

流行りが終焉してしまったものをご紹介する前に簡単に意味を知って頂き、より視野を広くして頂きたいと思います。

この機会に終焉という言葉の意味を正しく知り、自分自身の知識として吸収してみてください。

命が終わること

終焉という言葉の持っている意味のひとつとして「命が終わること」という意味が存在しています。

全ての物事に関しては大体の場合始まりが存在してそして終わりが存在しています。

永遠に終わらないものなどはあまり多くはありません。

それは今回ご紹介する流行りも同様でありそして命に関しても同じであると考えることができます。

私たちはこの世に誕生してある程度一般的な年数を経た後は死んでしまいます。

これまでの人類史上、いつまでも永遠に生き続けているという人間はあなたは見たことがないはずです。

必ず生まれてある程度の年月が経てば死んでしまうのが人間です。

いつまでたっても若々しくいられるわけではなく、年月が経てば老化が始まり自然と体の各器官は衰えていき、次第に衰弱していきその命は終焉を奏でます。

終焉という言葉は日常生活ではあまり使われず、命が終わることという意味を表している一般的な言葉は「死」という言葉が用いられる場合が多いはずです。

例えば多くの方が自分の身内が亡くなってしまった、若しくは自分の知り合いが亡くなってしまった経験をしたことがあるはずです。

その時にわざわざその人が終焉を迎えたという様な発言はあまりしないでしょう。

おそらくその表現をする時には「死んだ」「亡くなった」という表現を用いるはずです。

だからこそあまり知られていないという言葉でもありますが、意味を知っていないと正しい使い方などのできません。

日本人として生まれて日本語を使用しているのであればある程度一般的な言葉などは理解しておく方が好ましいので、いままで知らなかったという方は終焉という言葉をより理解していただきたいと思います。

最期を迎えること

次にご紹介する終焉という言葉の持っている意味のひとつとして「最期を迎えること」という意味が存在しています。

この言葉の意味に関しては先ほどご紹介した命が終わることと少し似ている風に捉えることができるかもしれませんね。

先ほども紹介したように全ての物事に関しては終わりが存在しています。

例えば冒頭でご紹介した流行りに関してまったく同様であると考えることが出来ます。

過去に流行ったファッションや食事、物などは必ず流行った場合終わりを迎えたはずです。

なので、使い分けるとすれば先ほどご紹介した命が終わる事は人間に対して、そして今ご紹介している「最期を迎えること」という意味は物等に対して使われる場合が多いのです。

流行りの終焉とは、「流行りが最後を迎えること」という意味として解釈することが出来るのです。

なので終焉という言葉に関してはある程度利便性の高い言葉であり、様々な場合において終わりを迎える時に表現することが可能であるという解釈をすることができます。

よく考えてみれば様々な日常生活におけるもの事に関してこの言葉を使うことができるはずです。

ほぼ全てのものに関しては始まりがあれば終わりが存在していますので、今ご紹介している流行りではなくても通用する言葉でもあるのです。

例えばスポーツなので試合が始まって試合が終わった、これに関しても使おうと思えば使えるはずです。

「試合の終焉を迎えた」というように表現する事だってできるはずです。

なので私たちが使っていないだけで意外と終焉という言葉を使える機会はたくさん身近に存在していると言うことがわかりいただけるはずです。

臨終のとき

次にご紹介する終焉という言葉の持っている意味のひとつとして「臨終のとき」という意味が存在しています。

終焉という言葉を知らない方の中にはさらに臨終という言葉も知らない方がいるかもしれませんね。

臨終という言葉は「人が亡くなる間際、もしくは生きを引き取る際」の事を指し示している言葉です。

なので、これまでの人生で「ご臨終」という言葉を聞いたことがある方がたくさんいると思います。

これは病気などで生命が終わりを迎えそうになっている時などに使われており、例えば病院などで入院している身内が亡くなりそうになった時や、亡くなった時などに使われるような言葉です。

なのでこの言葉をよく考えてみれば先ほどご紹介した命が終わることという意味と全く同じ意味として捉えることが可能になります。

表現される言葉が違うだけであり意味は同じなので、実際に日常生活なのでもし使われる機会があったとすればほぼ同じ意味として考えることができます。

大切な人が亡くなった経験をしたことがある方はおそらく聞いたことがあると思います。

ちなみにこの言葉に関してはかなり昔から存在している言葉であり、なんと平安時代中期にも登場していたと言われています。

などで歴史あることがあったとしても知られています。

身の落ち着くところ

次にご紹介する終焉という言葉の持っている意味のひとつとして「身の落ち着くところ」という意味が存在しています。

この言葉を聞くと解釈が難しかったりすると感じる方がたくさんいると思います。

なぜ解釈が難しいのかと言いますと、単純にただ自分自身の身の落ち着くところを表している言葉なのか、それともこれまでご紹介してきた意味に則って自分自身の命がなくなると言うことに関連した言葉なのかということがわからなく感じる方がいるかもしれませんね。

しかしこの場合のみの落ち着くところという言葉の意味は、「隠居して晩年を送るところ」というような意味を持っています。

なので死という言葉とはまったく違う意味としてとらえられています。

隠居は「それまであった立場などを他人に譲って悠々自適の生活を送ること」という意味を指し、晩年は「一生の終わりに近い時期、年老いてからの時期」という意味を指し示しています。

なのでこの意味を全て把握しておけばそこまで想像するのが難しい言葉ではないと思います。

おそらくある程度年齢を重ねたかたで自分の知り合いに隠居生活を送っている方もたくさんいると思います。

人の人生の大半を占めるのはやはり仕事に携わっていた時間だと思います。

しかしある程度年齢を重ねれば体力の衰えますし、考える力も当然驚いて行きます。

これまで長い間ずっと走ってきたからこそ、最後はゆっくりしたいと考えるのが人間ですので、隠居生活を夢見て今を走り続けている方はたくさんいると思います。

おそらく終焉という言葉にこの様な意味が含まれていたということはなかなか気づいている方は少ないと思います。

ある一つの言葉に着目して様々な意味を考えてみると知らなかったことを知れるチャンスが眠っているので、もしも知らなかった場合はこの知識として会得してみてください。

隠居して晩年を送ること

次にご紹介する終焉という言葉の持っている意味のひとつとして「隠居して晩年を送ること」という意味が存在しています。

これに関しては先ほどご紹介した「身の落ち着くところ」という言葉とほぼ同じような意味を持っていると解釈することが出来ます。

「身の落ち着くところ」という言葉の意味は死ぬ間際だけではなく、結婚するなど自分自身の生活の安定した平和な生活を意味している場合もありますが、それとは別に隠居して晩年を送るという言葉はその意味だけを表しています。

この様に考えるとたくさんの意味が存在していますので、使う場合も使われて意味を理解する場合も難しかったりする可能性がありますが、正しく意味を解釈しておけばある程度理解する事ができるはずです。

多くは人に対して使う

終焉という言葉に関しては多くの場合人間に対して使われることが多いです。

これまでご紹介してきた意味を把握していればお分かりになると思いますが、ご紹介してきた大半の意味合いは人間に対して指し示されている言葉の意味です。

もちろん中にはそれ以外の者に対して指し示している意味も含まれていますが、圧倒的に人間に対する意味としての割合の方が多いです。

実際に日常生活で終焉という言葉を聞く場合大半が人に関して指し示して使われています。

例えば亡くなりそうな人に対して「あの人はもうすぐ終焉を迎えそうだ」という風に表現したり、もうすぐ会社を定年で退職しようとしている人は「私は終焉を迎えてゆっくりと田舎で生活をしたい」という風に表現したりすることが出来るでしょう。

物の終わりも終焉と言う


終焉という言葉の多くは人間に対して使われるとお伝えしましたが、もちろんそれ以外にも物に対して使われる場合もあります。

なので幅広い世の中に存在している様々なことに対して指し示して使うことができる言葉であるということがお分かりいただけます。

具体的には冒頭でご紹介したように世の中に存在しているたくさんの流行りに対しても使うことができます。

例えば今流行っているファッションが存在していたとしましょう。

ファッションに関してはおそらく長くても1年程度くらいしかファッションは流行ったりしない場合が多いと思いますが、それを終焉という言葉で表現するのであれば、「今年流行したファッションは終焉を迎えた」という風に表現したりすることが出来ます。

それ以外にも、「WindowsXPが終焉を迎えた」という風に表現したりすることが出来ます。

なので、このような例文のようにたくさんの事に対して指し示して使うことが出来ます。

昔流行っていたのに終焉した7個のもの

ここまでは終焉という言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきました。

終焉という言葉の意味を理解したところで、ここからは昔流行っていたのに終焉してしまった流行りについてご紹介していきたいと思います。

思い返してみれば、たくさんの流行りが終焉を迎えてしまったと考えることができます。

これからご紹介するものの中には、そういえばそんなものがあったなと懐かしく感じる様なものがたくさんあると思います。

自分の過去を振り返りながらこれからご紹介していくものを想像してみると楽しい気持ちになれると思いますので、確認してみてください。

ゾイド

まずはじめにご紹介する昔流行っていたのに終焉してしまったものはゾイドです。

ゾイドはタカラトミーから販売されているおもちゃシリーズの一つとして知られています。

自分自身が子供の頃にゾイドで遊んでいた記憶がある方もいると思います。

ゾイドは基本的に動物をモチーフとしており、架空の兵器の組み立ておもちゃを中心としており、テレビアニメなどのメディアミックス展開を行われていたひとつのコンテンツとして知られています。

テレビアニメでゾイドを見てわくわくした気持ちになっていた方はたくさんいると思います。

一般的には1980年代にゼンマイモーターの動力によって歩行するなどのミミックを有するおもちゃとして人気を博していました。

それ以外にも1990年代末に再び展開されており、販売元のトミーが合併することによってタカラトミーになってはだんだんと商品展開では下火になっていき、あまり日の目を見ることがなくなってしまいましたが、その後商品が再びリリースされるようになってからは他社の参入が行われる様になり、今現在でも販売などが行われています。

昔と比べると認知度が低下してしまった傾向にありますが、それでも根強い人気を誇っており、マニアの方などは今でも好きな方がたくさんいると思います。

年代的には今現在20~30代後半までの方が対象にあたると考えられます。

ゾイドシリーズに関しては動物をモチーフとしているとこを紹介した通り、動物の中でも人気がある絵画などがモチーフとされていたりするので、子供の男の子などから絶大な人気があるシリーズです。

子どもは動物が好きですし、かっこいい動物に憧れる場合が多いので、ゾイドシリーズは一定の需要があります。

今では終焉してしまった懐かしい流行りのひとつとして認識することが出来るはずです。

AIBO

次にご紹介する昔流行っていたのに終焉してしまったものはAIBOです。

AIBOは懐かしく感じる方もたくさんいると思いますが、かつてソニーが販売していたペットロボットとして知られています。

AIBOという名前は略称された言葉であり、本来のネーミングはArtificialintelligencerobotの略称であり、この文字をとってAIBOという名前になっています。

ちなみに知っている方もいるかもしれませんが、姉妹機として二足歩行ロボットであるQRIOというロボットなども開発されていました。

AIBOに関しては全長約30cmの動物型ロボットとして知られており、4足歩行することができ子犬に似た動作をしていることから子供が遊ぶおもちゃとして知られています。

また一番の目玉としては、ユーザーとのコミュニケーションを介して成長するのに設定されているという点です。

コミュニケーションの中から成長していくという事はとても画期的であり、当時はとても素晴らしい商品としてたくさんの方に人気がありました。

また専用のメモリースティックを返してユーザーが自らプログラミングをすることも可能であったことからその挙動を楽しんだりすることが可能になっていました。

この商品が成功を収めたことから、今現在に関してはエンターテイメントロボットと呼ばれる市場の開拓がされており、この分野の商品がたくさん販売されているということでも知られています。

なので、言ってみれば今現在世の中に存在しているエンターテイメントロボットの先駆け的な存在である、つまりパイオニア的存在であると考えることができます。

今ではこのロボットで遊ぶ子供は少なくなったかもしれませんが、そのロボットを受け継いで様々な商品が開発されているという点において、素晴らしい功績を収めている昔の流行りと考えることが出来ます。

プリ帳

次にご紹介する昔流行っていたのに終焉してしまったものはプリ帳です。

プリ帳は今では意味がわからない方がいるかもしれませんが、昔は相当流行ったものです。

今現在では撮る人は少なくなっているかもしれませんが、昔はプリクラという写真を撮る機械がブームでした。

若い女性が特に利用しており、プリクラを介して自分の写真を撮影することによって自分の姿が美しく撮影することができるということでも知られていました。

現在はインスタグラムなどで写真を撮って共有していたりするので、根底にあるものはそこまで変わっていないかもしれませんが、昔はプリクラ機で撮影、今ではスマートフォンという媒体が変わっているだけでやっている事はそれほど変わってはいません。

プリクラを撮ったあとは、それがシールになって出てきます。

それをノートなどに貼って自分のオリジナルのプリ帳を作っていました。

今でも押し入れなどを探してみると懐かしいプリ帳が出てきた!というようなことがあるかもしれませんね。

昔の自分の姿を見て懐かしい気持ちになれるかもしれませんし、プリ帳自体に様々な思い出を感じると思います。

ベイブレード

次にご紹介する昔流行っていたのに終焉してしまったものはベイブレードです。

ベイブレードは1999年7月からタカラトミーから発売されている現代版ベーゴマです。

ベーゴマと呼ばれるものがわからない方もいるかもしれませんが、ベーゴマは大正時代から高度経済成長期にかけて日本の子供たちの遊びに盛んに取り入れられていたおもちゃの一つであり、バイ貝の殻に砂や粘土を詰めて紐で回したのが始まりといわれています。

いわゆるコマの事を指し示しているのですが、ベイブレードに関しては2001年から2002年に全国の小学生の間で代流行したことでも知られており、今現在でも根強い人気を誇っており、それ以降も2008年と2015年に第二世代、第三世代と商品は発売されています。

元々伝統的な存在だったおもちゃであるベーゴマを改良して競争性を発展させたり商業玩具として販売したものとして知られています。

具体的には自分だけのベイブレードを所有して様々なパーツを付け加えて自分だけのオリジナルのカスタマイズをすることができるということが魅力の一つでした。

当時はテレビアニメなどで放送されており、たくさんの子供たちが自分のベイブレードを作って様々な遊びをしていました。

一般的に考えるとコマは地味な遊びかもしれませんが、ベイブレードに関しては様々なパーツがメタルチップな加工がされていたりするので、なんとなく武器を扱っているかのようなかっこいい感覚を持って遊ぶことが出来ました。

その人気ぶりは全国大会が開催されるほどでした。

しかしそんな爆発的な流行りもだんだん落ち着き、今ではまさに終焉を迎えてしまったように人気ぶりはなくなっています。

ビーダマン

次にご紹介する昔流行っていたのに終焉してしまったものはビーダマンです。

ビーダマンはタカラトミーが販売していたビー玉を発射する二頭身の人形のおもちゃです。

ビーダマンに関してはお腹の部分や頭の部分の穴、若しくはマガジンにビー玉をはめ込んで背中の部分にあるトリガーやサイドの持ち手でビー玉を押して様々な部分に存在しているホールドパーツとの反発力によってビー玉を発射する人形型のおもちゃであり、一般的にはビー玉を発射するための装置になるのですが、実際は様々な改造をすることによって沢山の弾を発射することができるようになっています。

例えばスーパーボールやプラスチックの玉やピンポン玉、鉄球などといった様々なジャンルが存在しています。

元々初期のものに関しては1993年に発売されており、ボンバーマンのキャラクターを使用した商品として開発されて、その後はドンキーコングやミュータントタートルズ、魔法陣グルグル、ロックマンエグゼなどといったたくさんの人気なキャラクターを使用して開発されていました。

最終的には2007年から2010年までは商品展開を休止しているという結果に終わってます。

しかしながら相当な人気ぶりで、これまでにたくさんの商品が販売されてきました。

おそらく今現在の20代の方などはビーダマンで遊んだ経験がある人もいると思います。

男の子の子供であれば、必ず誰もが触ったことがあるようなおもちゃとしても知られていましたので、今考えてみると相当な流行りだったと考えることが出来ます。

ブラウン管テレビ

次にご紹介する昔流行っていたのに終焉してしまったものはブラウン管テレビです。

ブラウン管テレビは、今現在は使われていないテレビの種類のことです。

今現在の30代以降の方については当然のように知っていると思いますが、若い子どもたちなどは分からないかもしれませんね。

昔はテレビを見るにしても今の様な液晶タイプのものではなく、全体的に大きめの構造であるブラウン管テレビが主流でした。

ブラウン管テレビに関しては、ドイツもカールフェルディナントブラウンが発明した図像を表示する陰極線管を指し示しており、ブラウン管は日本語における通称のことです。

今では考えられないかもしれませんが、その時の天候などによってテレビの映りが悪くなることがあったりした時に、テレビの上の部分や横の部分を自分の手で強い力で叩いたりするとテレビの画像が元に戻ったりすることなどもよくありました。

今は液晶タイプのテレビが販売されていますので、その様なことをすることがなくなりました。

人によっては少し寂しい気持ちになるかもしれませんが、これも時代の流れとともに技術革新として廃れていってしまいました。

しかしこのように考えると昔に存在していたのに最近は見なくなってしまったようなものなどはたくさん存在しています。

ブラウン管テレビもそのひとつであると考えることが出来ます。

カセットテープ

次にご紹介する昔流行っていたのに終焉してしまったものはカセットテープです。

カセットテープは磁気テープメディアの種類でテープがむき出しのオープンリールに対してカセットに入った状態で使用したりするものです。

今現在はなかなか見ることがなくなってしまいましたが、マニアの方は今でも保有しておりカセットテープを使って音楽を聴いたりすることが楽しみにしている方もいるかもしれませんね。

今では音楽を聴くとなるとスマートフォンを経由したりして楽しんでいるかもしれませんが、昔は録音する際や音楽を聴く際にはカセットテープが一般的に使用されていました。

昔はコンパクトで持ち運びもしやすかったので重宝されていましたが、技術が発展すると同時に廃れていってしまった一つの流行りとして考えられます。

終焉を迎えた懐かしいものたち

今回は終焉をテーマにして、終焉の意味や過去に流行ったものについてご紹介していきました。

こうして考えてみると、今はなくなってしまった流行りが懐かしく感じる方もたくさんいると思います。

しかしながら冒頭でもご紹介したように流行りには終焉が存在するものです。

今の時代を生きている若い人たちも、ある程度年齢を重ねれば今流行っているものが懐かしく感じるようになるはずです。

これは人類が存在する限り永遠になくならないものであり、これに関しては終焉はないのかもしれませんね。

たまには終焉を迎えてしまった懐かしい物を見つけて思い出を思い返してみるのも楽しい事ですので、捨てずに持っておくといつかその気持ちを味わうことが出来るかもしれませんね。

楽しい過去の思い出を時間がある時に見つけてみてくださいね。