あなたは流行という言葉を聞いたことがありますか?

おそらく誰でも知っている言葉だと思いますが、世の中は常に様々な流行が存在しています。

流行はその時々において世の中全体で流行っている、若しくはある地域でより浸透しているものだと考えられます。

一般的にそれは集団において指し示す言葉ですが、個人的な流行に関してはマイブームという言葉も存在しています。

世の中全体を見てみると常にたくさんの流行が存在していることが分かると思います。

例えばそれはファッションであったり、物、音楽、人間、そして言葉など時には様々な場合が存在しています。

あなたの周りでも今話題になっていることが一つぐらいはあると思います。

特に若い年齢に関しては流行に敏感であり様々な流行を取り入れることが一つのステータスにもなっている場合があります。

しかし流行には当然ながら終わりが存在しています。

いつまでも同じ様な事がずっと流行り続けるというのはあり得ないですよね。

これまでの時代を考えてみると今では考えられない様なことでも流行っていたりするなど流行というものはとても面白いものです。

そしてそれと同時に懐かしいものでもあり、昔は流行っていたものなどを見つけたりすると懐かしい気持ちに駆られると思います。

今回は流行という言葉をテーマにして昔は流行っていたのに流行が終わってしまったものについてご紹介していきたいと思います。

終焉は必ずやってくる


流行という言葉を使うのであれば必ず終焉という言葉もくっついてくると思います。

それは、いつまでも流行り続けるものなどは存在しないので必ず終わりがやってくるということです。

あなたもこれまでの人生を考えてみて流行ってきたものやそれが終了してしまったものを考えてみてください。

おそらくたくさんの流行りが終わってしまった経験をしていると思います。

そもそも継続して流行り続けるということ自体が難しい話なので、だからこそ流行りという言葉が使われているのですが、永遠に流行り続けるのであればそれは一時の流行りではなくなってしまいますよね。

しかしだからこそ面白みがあると言っても過言ではありません。

一時の流行りであったとしてもその時確かにそれが流行っていたという事実があれば懐かしみ、思い出として残りわけなのでそれを忘れるという事にはつながらないからです。

流行が終わってしまったものに関してご紹介して行く前にまずは終焉という言葉について簡単に理解していただきたいので、終焉という言葉がどういう意味を持っているのか、どういう意味で使われるのかという事を簡単にご紹介していきたいと思います。

終焉とは

おそらく日常的な会話の中で終焉という言葉を使うことはあまりないと思います。

日常的に本などをよく読んだりする様な方や、文献などを見たりすることが多い方にとっては見慣れている言葉かもしれませんね。

しかし日常会話ではあまり使われないので意味を知らない方だったり初めて終焉という言葉を聞くという方もいるかもしれません。

終焉という言葉には私たちが一般的に知っている意味以外にもたくさんの意味が存在しています。

なので、ご紹介する意味の中には知らなかった意味が隠れていたという事もあると思います。

流行りが終焉してしまったものをご紹介する前に簡単に意味を知って頂き、より視野を広くして頂きたいと思います。

この機会に終焉という言葉の意味を正しく知り、自分自身の知識として吸収してみてください。

命が終わること

終焉という言葉の持っている意味のひとつとして「命が終わること」という意味が存在しています。

全ての物事に関しては大体の場合始まりが存在してそして終わりが存在しています。

永遠に終わらないものなどはあまり多くはありません。

それは今回ご紹介する流行りも同様でありそして命に関しても同じであると考えることができます。

私たちはこの世に誕生してある程度一般的な年数を経た後は死んでしまいます。

これまでの人類史上、いつまでも永遠に生き続けているという人間はあなたは見たことがないはずです。

必ず生まれてある程度の年月が経てば死んでしまうのが人間です。

いつまでたっても若々しくいられるわけではなく、年月が経てば老化が始まり自然と体の各器官は衰えていき、次第に衰弱していきその命は終焉を奏でます。

終焉という言葉は日常生活ではあまり使われず、命が終わることという意味を表している一般的な言葉は「死」という言葉が用いられる場合が多いはずです。

例えば多くの方が自分の身内が亡くなってしまった、若しくは自分の知り合いが亡くなってしまった経験をしたことがあるはずです。

その時にわざわざその人が終焉を迎えたという様な発言はあまりしないでしょう。

おそらくその表現をする時には「死んだ」「亡くなった」という表現を用いるはずです。

だからこそあまり知られていないという言葉でもありますが、意味を知っていないと正しい使い方などのできません。

日本人として生まれて日本語を使用しているのであればある程度一般的な言葉などは理解しておく方が好ましいので、いままで知らなかったという方は終焉という言葉をより理解していただきたいと思います。

最期を迎えること

次にご紹介する終焉という言葉の持っている意味のひとつとして「最期を迎えること」という意味が存在しています。

この言葉の意味に関しては先ほどご紹介した命が終わることと少し似ている風に捉えることができるかもしれませんね。

先ほども紹介したように全ての物事に関しては終わりが存在しています。

例えば冒頭でご紹介した流行りに関してまったく同様であると考えることが出来ます。

過去に流行ったファッションや食事、物などは必ず流行った場合終わりを迎えたはずです。

なので、使い分けるとすれば先ほどご紹介した命が終わる事は人間に対して、そして今ご紹介している「最期を迎えること」という意味は物等に対して使われる場合が多いのです。

流行りの終焉とは、「流行りが最後を迎えること」という意味として解釈することが出来るのです。

なので終焉という言葉に関してはある程度利便性の高い言葉であり、様々な場合において終わりを迎える時に表現することが可能であるという解釈をすることができます。

よく考えてみれば様々な日常生活におけるもの事に関してこの言葉を使うことができるはずです。

ほぼ全てのものに関しては始まりがあれば終わりが存在していますので、今ご紹介している流行りではなくても通用する言葉でもあるのです。

例えばスポーツなので試合が始まって試合が終わった、これに関しても使おうと思えば使えるはずです。

「試合の終焉を迎えた」というように表現する事だってできるはずです。

なので私たちが使っていないだけで意外と終焉という言葉を使える機会はたくさん身近に存在していると言うことがわかりいただけるはずです。

臨終のとき

次にご紹介する終焉という言葉の持っている意味のひとつとして「臨終のとき」という意味が存在しています。

終焉という言葉を知らない方の中にはさらに臨終という言葉も知らない方がいるかもしれませんね。

臨終という言葉は「人が亡くなる間際、もしくは生きを引き取る際」の事を指し示している言葉です。

なので、これまでの人生で「ご臨終」という言葉を聞いたことがある方がたくさんいると思います。

これは病気などで生命が終わりを迎えそうになっている時などに使われており、例えば病院などで入院している身内が亡くなりそうになった時や、亡くなった時などに使われるような言葉です。

なのでこの言葉をよく考えてみれば先ほどご紹介した命が終わることという意味と全く同じ意味として捉えることが可能になります。

表現される言葉が違うだけであり意味は同じなので、実際に日常生活なのでもし使われる機会があったとすればほぼ同じ意味として考えることができます。

大切な人が亡くなった経験をしたことがある方はおそらく聞いたことがあると思います。

ちなみにこの言葉に関してはかなり昔から存在している言葉であり、なんと平安時代中期にも登場していたと言われています。

などで歴史あることがあったとしても知られています。

身の落ち着くところ

次にご紹介する終焉という言葉の持っている意味のひとつとして「身の落ち着くところ」という意味が存在しています。

この言葉を聞くと解釈が難しかったりすると感じる方がたくさんいると思います。

なぜ解釈が難しいのかと言いますと、単純にただ自分自身の身の落ち着くところを表している言葉なのか、それともこれまでご紹介してきた意味に則って自分自身の命がなくなると言うことに関連した言葉なのかということがわからなく感じる方がいるかもしれませんね。

しかしこの場合のみの落ち着くところという言葉の意味は、「隠居して晩年を送るところ」というような意味を持っています。

なので死という言葉とはまったく違う意味としてとらえられています。

隠居は「それまであった立場などを他人に譲って悠々自適の生活を送ること」という意味を指し、晩年は「一生の終わりに近い時期、年老いてからの時期」という意味を指し示しています。

なのでこの意味を全て把握しておけばそこまで想像するのが難しい言葉ではないと思います。

おそらくある程度年齢を重ねたかたで自分の知り合いに隠居生活を送っている方もたくさんいると思います。

人の人生の大半を占めるのはやはり仕事に携わっていた時間だと思います。

しかしある程度年齢を重ねれば体力の衰えますし、考える力も当然驚いて行きます。

これまで長い間ずっと走ってきたからこそ、最後はゆっくりしたいと考えるのが人間ですので、隠居生活を夢見て今を走り続けている方はたくさんいると思います。

おそらく終焉という言葉にこの様な意味が含まれていたということはなかなか気づいている方は少ないと思います。

ある一つの言葉に着目して様々な意味を考えてみると知らなかったことを知れるチャンスが眠っているので、もしも知らなかった場合はこの知識として会得してみてください。

隠居して晩年を送ること

次にご紹介する終焉という言葉の持っている意味のひとつとして「隠居して晩年を送ること」という意味が存在しています。

これに関しては先ほどご紹介した「身の落ち着くところ」という言葉とほぼ同じような意味を持っていると解釈することが出来ます。

「身の落ち着くところ」という言葉の意味は死ぬ間際だけではなく、結婚するなど自分自身の生活の安定した平和な生活を意味している場合もありますが、それとは別に隠居して晩年を送るという言葉はその意味だけを表しています。

この様に考えるとたくさんの意味が存在していますので、使う場合も使われて意味を理解する場合も難しかったりする可能性がありますが、正しく意味を解釈しておけばある程度理解する事ができるはずです。

多くは人に対して使う

終焉という言葉に関しては多くの場合人間に対して使われることが多いです。

これまでご紹介してきた意味を把握していればお分かりになると思いますが、ご紹介してきた大半の意味合いは人間に対して指し示されている言葉の意味です。

もちろん中にはそれ以外の者に対して指し示している意味も含まれていますが、圧倒的に人間に対する意味としての割合の方が多いです。

実際に日常生活で終焉という言葉を聞く場合大半が人に関して指し示して使われています。

例えば亡くなりそうな人に対して「あの人はもうすぐ終焉を迎えそうだ」という風に表現したり、もうすぐ会社を定年で退職しようとしている人は「私は終焉を迎えてゆっくりと田舎で生活をしたい」という風に表現したりすることが出来るでしょう。

物の終わりも終焉と言う


終焉という言葉の多くは人間に対して使われるとお伝えしましたが、もちろんそれ以外にも物に対して使われる場合もあります。

なので幅広い世の中に存在している様々なことに対して指し示して使うことができる言葉であるということがお分かりいただけます。

具体的には冒頭でご紹介したように世の中に存在しているたくさんの流行りに対しても使うことができます。

例えば今流行っているファッションが存在していたとしましょう。

ファッションに関してはおそらく長くても1年程度くらいしかファッションは流行ったりしない場合が多いと思いますが、それを終焉という言葉で表現するのであれば、「今年流行したファッションは終焉を迎えた」という風に表現したりすることが出来ます。

それ以外にも、「WindowsXPが終焉を迎えた」という風に表現したりすることが出来ます。

なので、このような例文のようにたくさんの事に対して指し示して使うことが出来ます。